「濁っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 濁っ[動詞]
薄赤く濁っ  苛く濁っ  水も全く濁っ  水は青黒く濁っ  黒竜江の濁っ  運河の汚ない濁っ  ように濁っ  意識は濁っ  今じゃもう濁っ  今ではもう濁っ  眼には、突然濁っ  のだ、むせ返る濁っ  浴槽に濁っ  私の濁っ  町に出ると濁っ  まま、ややしばし、濁っ  ように白く濁っ  河は濁っ  中から、濁っ  眼は少しも濁っ  空は黄色く濁っ  さは、うす濁っ  水は濁っ  もの、濁っ  閉って、あの重く濁っ  にごり酒だから濁っ  盃を見ましたが少しも濁っ  蒼海原は、ささ濁に濁っ  方へと、渦巻き濁っ  薄ら明り、濁っ  腰をおろして、鈍く開いた濁っ  家全体が、どろりと濁っ  空に、毒々しい濁っ  トボンとした、寂しい、濁っ  喬生は濁っ  水が濁っ  色に濁っ  赭土を食いかきながら、白く濁っ  ような、濁っ  業績を濁っ  伊太夫、濁っ  こともあれば、醜く濁っ  ように、濁っ  黄色に濁っ  鰐の住む濁っ  月が、暗く濁っ  鼠いろに濁っ  どろんと濁っ  空は、暗く濁っ  泥濁りに濁っ  響きが、重い濁っ  風とで荒々しく濁っ  へんに濁っ  深みを覗けば薄く濁っ  水はまだ澄みきらず、薄く濁っ  眼も赤く濁っ  声はどんよりと濁っ  妙に濁っ  ため、濁っ  ドロンと濁っ  眼は黄色く濁っ  からは、うす濁っ  一つ朦朧と濁っ  火影と濁っ  叫び或は濁っ  どこにそんな濁っ  眼の濁っ  口の濁っ  程度に暗く濁っ  氷塊が濁っ  血色は濁っ  声をかけて行くと、オーと重い濁っ  緑色に濁っ  ささ濁りに濁っ  あたりが赤く濁っ  下で少し濁っ  浅草のまるで濁っ  例の濁っ  香の漂った濁っ  色が濁っ  目が濁っ  昨夕まで濁っ  不愉快になり、濁っ  満水して濁っ  周囲には、何やら、濁っ  現世の濁っ  ように、すこしずつ濁っ  私はいまこの濁っ  表情は、いつも濁っ  画そのものも、ただ濁っ  どこを見ても濁っ  上のそらがまだぼうっと明るく濁っ  水が次第に濁っ  空が濁っ  気がついて見ると、濁っ  陰気な、鈍い、濁っ  瓦色に濁っ  濁りに濁っ  空気が濁っ  赤黄く濁っ  眼蓋から、弱々しい濁っ  今はもうやや濁っ  思いのほかに暗く濁っ  落口が、どっと濁っ  近頃は濁っ  川水は、少し濁っ  ように、赤黒く濁っ  水浅く濁っ  新緑も濁っ  水だから、濁っ  土埃りの、どんよりと濁っ  中はすっかり濁っ  ものか、かなりひどく濁っ  うえだけ濁っ  爺さんの濁っ  河口で、濁っ  三吉は薄く濁っ  煙なぞが、濁っ  春らしく濁っ  妙に蒼く濁っ  卵色の濁っ  新堀割の濁っ  灰色に濁っ  総ての濁っ  沈鬱に濁っ  ぼんを脱ぎ、その冷たい少し濁っ  水はひどく濁っ  染めが剥げて、濁っ  土埃をかぶって、濁っ  名刺にかいて、濁っ  山の端には赤く濁っ  霞も漲って濁っ  針路は曲げられ、濁っ  それは濁っ  様に濁っ  針路を取り、濁っ  演目は、より曲って居り、より濁っ  やうに濁っ  血が濁っ  言葉が濁っ  上に濁っ  空気はどんよりと濁っ  水も濁っ  時はまだ濁っ  仕舞湯に近い濁っ  緑酒紅燈の濁っ  褐色をした濁っ  牛の濁っ  喫茶店カツミの濁っ  江釣子森が暗く濁っ  山の向ふは濁っ  ような、濃い、濁っ  夜ですから、濁っ  胴中からは濁っ  赤濁りに濁っ  とある裏町に濁っ  油ぎって、濁っ  真っ黒に濁っ  空気がひどく濁っ  下層の濁っ  前を流れている濁っ  不潔に濁っ  の然かも濁っ  紫色に濁っ  汚水を集めて濁っ  足痕をうすら濁っ  一八、うすく濁っ  はてに濁っ  から赤く濁っ  黝んで濁っ  上に広がる濁っ  旗や、濁っ  のが濁っ  印度風の濁っ  西洋料理の濁っ  ころには濁っ  何事も信ぜられなくなり、やはり濁っ  番茶みたいに濁っ  空気の濁っ  鉛色に重く、暗く、濁っ  目の赤く濁っ  ドンヨリと薄く濁っ  色は濁っ  水はもう濁っ  答が濁っ  空は淋しく濁っ  柘榴口からさす濁っ  湧き水だが、赤く濁っ  御言葉は、濁っ  内容が濁っ  向うからモウ一つ大きな、濁っ  何の濁っ  電車を降りると、太い濁っ  雨ですっかり濁っ  展けるとともに、黄色く濁っ  面影を、その濁っ  紙を明けると、濁っ  奥底から来る濁っ  のか、濁っ  アクサンチュエエせられて、翳んだ、濁っ  ような濁っ  いつものように汚れ、濁っ  髪、とびだしてる濁っ  中に唸ってる濁っ  流れは濁っ  夕方前のやや濁っ  泥で赤く濁っ  咳、濁っ  どろどろに濁っ  掘割はたいてい続いていて、同じ濁っ  空ばかり映っていて、すこしも濁っ  むき赤濁りに濁っ  かば乾いてにぶい濁っ  者は清く、濁っ  者は濁っ  中から、この濁っ  日影がさして、濁っ  のであったが、濁っ  なかに、黄色く濁っ  ために、いつも濁っ  藍鼠色に濁っ  水かさが増して濁っ  空気がなんとなく濁っ  音楽が黄色く濁っ  皆大変色が黒い、そして濁っ  中には濁っ  無力な、濁っ  赫富貴は、濁っ  催馬楽の濁っ  嵩を増して、濁っ  かきつばたはその濁っ  鼠色に濁っ  胸が濁っ  黒とまじり合って濁っ  黄緑色に濁っ  のも濁っ  往来が濁っ  所は、濁っ  茫然と濁っ  翠に添うて、濁っ  ゴロッチョゴロッチョと濁っ  中のあらゆる濁っ  茫漠として濁っ  せいで、濁っ  太陽の光は微に濁っ  そうな濁っ  農村を通り抜けると、すこし白く濁っ  屋根を伝う濁っ  黄緑に濁っ  混沌とした濁っ  群集心理に濁っ  男の濁っ  錯乱して、濁っ  花が濁っ  薄黒く濁っ  極りの悪いほど濁っ  人は往々、濁っ  ようにも濁っ  水がいつもとちがって白っぽく濁っ  隙間から、赤く濁っ  支那海も赤く濁っ  無意味に濁っ  提灯が濁っ  イシカリの濁っ  助六は濁っ  爺は、濁っ  一体に濁っ  色を余り重ねたので、濁っ  初頭の子音が濁っ  流れがやや濁っ  量より少いくらい濁っ  湯を立てて貰って這入って見ると、濁っ  別に黄色く濁っ  河はおそろしく濁っ  山、濁っ  渋昏く濁っ  日は早く暮れて、濁っ  中に濁っ  弛みが出ると等しく、濁っ  日、濁っ  川が濁っ  空、濁っ  代り河水はいつも濁っ  倚せて濁っ  ウーウーと濁っ  音を濁っ  急流で、赤く濁っ  不快に濁っ  彼女等が濁っ  深みのある濁っ  不気味な濁っ  空気もそれほど濁っ  仲、濁っ  底の赤く濁っ  だんだんと濁っ  白斑みたいに濁っ  浮き葉は濁っ  何か濁っ  複雑に濁っ  京橋方面の濁っ  今まで濁っ  薄白く濁っ  片方は濁っ  水は暗く濁っ  心が濁っ  窯ばかりは濁っ  水がどんより濁っ  眼は、まだ赤く濁っ  畦川が流れていて、濁っ  声で濁っ  夕に、濁っ  息が濁っ  浅黄、青く、白く、また曇ったり、濁っ  もやもやと濁っ  気持に少しも濁っ  一種の濁っ  多摩川を除いては、ことごとく濁っ  だんだん慣れてみると、やはりこのすこし濁っ  眼は、赤く濁っ  庖丁を薄く濁っ  冷え冷えと、濁っ  滅茶苦茶に悲しい濁っ  町には濁っ  黒煙に濁っ  縹色の濁っ  色を濁っ  心中に、やっぱり濁っ  感じのしない、濁っ  それと同時に、濁っ  煙でいつも濁っ  中世以来は濁っ  宗教の濁っ  体臭まで濁っ  色の濁っ  それはちょうど、濁っ  祖母はその濁っ  一ぱいに押し寄せてきている濁っ  ゆうべまざまざと見た濁っ  やりとりに、濁っ  トロンと濁っ  不健康に濁っ  空気に濁っ  太陽はそのうす濁っ  下には濁っ  水の濁っ  灰白色に濁っ  豪雨があって濁っ  興津川も共に濁っ  池は濁っ  眼の光りも濁っ  人間とに濁っ  歴史の濁っ  水は固より濁っ  風もない濁っ  ものは、濁っ  声が沈んで濁っ  灌木、濁っ  辺は、こんな濁っ  空はいつも濁っ  大気が濁っ  心持ちは、濁っ  陰気に濁っ  藁屑まじりの濁っ  うすのろらしい濁っ  水たまりは赤く濁っ  町に出てゆくと、濁っ  ふぞろいな濁っ  何かしらごちゃごちゃと寄り添っていながら、わざと濁っ  青に、濁っ  静かに流れているだけに、その濁っ  闇赤色に濁っ  ままに、赤く濁っ  水が赤黒く濁っ  今我々が濁っ  舞台は色づき濁っ  んで濁っ  隅田川の濁っ  うちには重く濁っ  胃壁を通じて濁っ  ドンドンその濁っ  海は濁っ  空の濁っ  水はいつも濁っ  事のできぬほど濁っ  曇り空、どんより濁っ  底が濁っ  どす赤く濁っ  声は太く濁っ  前に黄色く濁っ  空は白く濁っ  



前後の言葉をピックアップ
濁す  濁せ  濁せる  濁そ  にごっ  にごら  濁ら  濁らせ  濁らせる  にごらさ


動詞をランダムでピックアップ
纏える撓い熱し稔れ取り出さ割い出盛るすすみ撫でん緩む呼び叫ん押し流すさんざめく食い散らし回っ拡がれすりよっ取り廻し見回ろあばれまわる
形容詞をランダムでピックアップ
薄暗い面白かろおもき程よきうらやましい待ち遠しくっおっかなくっこすいうけれ見にくき鈍し熱苦しき見苦しむつまじくなにごころなくけわしく短けれ聞きづらいおとなしかっ冷たくっ