「演ぜ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 演ぜ[動詞]
其惡戲を演ぜ  コンビで演ぜ  パリで演ぜ  活劇が演ぜ  格闘が演ぜ  事件が演ぜ  狂態を演ぜ  狂言が演ぜ  芝居を演ぜ  凶行が演ぜ  墓地で演ぜ  凶行の演ぜ  田舎芝居が演ぜ  ことは演ぜ  題をかえて演ぜ  ところが演ぜ  二の舞が演ぜ  合ひで乱戦が演ぜ  前に演ぜ  英国で演ぜ  やうには演ぜ  悲喜劇が演ぜ  劇が演ぜ  次から次へと演ぜ  俳優によつて演ぜ  大歌劇とが極めて楽しく演ぜ  間に演ぜ  舞台で演ぜ  歌舞伎が演ぜ  歌舞伎俳優に依つて演ぜ  國で演ぜ  變更して演ぜ  千八百八十年二月に初めて演ぜ  同年三月三日レシデンツ座で演ぜ  飜案が演ぜ  舞臺に演ぜ  伊右衛門を演ぜ  衣装にまとわれて演ぜ  中に演ぜ  能楽堂で演ぜ  五番が演ぜ  所作の演ぜ  場面が演ぜ  歌舞伎俳優によつて演ぜ  手が、繰り返し繰り返し演ぜ  処で演ぜ  芝居は続けて演ぜ  活動が演ぜ  言葉で演ぜ  標準語で演ぜ  惨劇の演ぜ  決戦の演ぜ  なかで演ぜ  下で演ぜ  戯曲座で演ぜ  光景が演ぜ  ざまじい一場が演ぜ  戯曲の演ぜ  争奪が演ぜ  自由劇場によつて演ぜ  世話場が、演ぜ  猿楽を演ぜ  悲劇が演ぜ  悲喜劇が屡々演ぜ  大騒ぎを演ぜ  それは演ぜ  白兵戦が演ぜ  劇団によつて演ぜ  近代劇が演ぜ  途が演ぜ  作も、演ぜ  芝居が演ぜ  物が演ぜ  中で演ぜ  果し合いは演ぜ  場面の演ぜ  芸事も演ぜ  ものが演ぜ  成功をもって演ぜ  喜劇が演ぜ  男性が演ぜ  自作を演ぜ  獅子舞が演ぜ  井上円了氏の演ぜ  上で演ぜ  蜻蛉返りを演ぜ  女優に演ぜ  註文どおりに演ぜ  舞台で嘗て演ぜ  醜態も演ぜ  ひんぱんに演ぜ  笑劇でも演ぜ  所謂歌舞伎俳優によつて演ぜ  劇の演ぜ  はりなどは演ぜ  乱民的暴行の演ぜ  光景が、どうして演ぜ  舞臺で演ぜ  能役者によりて演ぜ  コメディイ・フランセエズで演ぜ  名優に依つて演ぜ  日本語で演ぜ  者によって演ぜ  教会ばかりで演ぜ  修羅場が次々に行われ演ぜ  地上で演ぜ  またまた惨劇が演ぜ  河畔で演ぜ  舞台として、演ぜ  方が主として演ぜ  二の替に演ぜ  帝国劇場に演ぜ  隣室で演ぜ  前方で演ぜ  眼前で演ぜ  芝居に演ぜ  始末が演ぜ  ものを演ぜ  竹棒渡りまでも演ぜ  痴愚が演ぜ  俳優によって演ぜ  如何に演ぜ  演者の演ぜ  三十六番斬を演ぜ  俳優によりて演ぜ  冒険が演ぜ  劇場で演ぜ  演技の演ぜ  感覚とによつて演ぜ  戯曲が演ぜ  芸を演ぜ  大修羅場が、演ぜ  悲劇の演ぜ  伎楽が演ぜ  時に演ぜ  ギリシア悲劇を演ぜ  



前後の言葉をピックアップ
縁戚  縁石  厭戦  沿線  えんぜ  演説  えんぜつ  エンゼル  エンゼルフィッシ  エンゼン


動詞をランダムでピックアップ
すされ訝る出盛る会っ響く探る切り落とす絶入り連れ添い就けうごけるねかし立ち上がっしてやろ靡かはみ出す奏する浮べうごかし遊ばす
形容詞をランダムでピックアップ
よろこばしい凄まじい黴臭いどすぐろき眩しき訝しおっかなく重たく浅ましこく清々し弱う濃くてあつし物すごく硬う手酷くはずかしかっ