「溯っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 溯っ[動詞]
方へ溯っ  川沿いを溯っ  から谷を溯っ  岸を溯っ  のを見ながら溯っ  水をわたって溯っ  どこまでも溯っ  川を溯っ  著作者にまで溯っ  川上に溯っ  遠く祖先に溯っ  堤を溯っ  岸について溯っ  動機を溯っ  動機に溯っ  歴史を溯っ  時間的に溯っ  文献を溯っ  当時まで溯っ  揚子江でも溯っ  昔に溯っ  以上に溯っ  常識以上に溯っ  風に溯っ  前期資本主義をば更に溯っ  十五町ばかり溯っ  一任賜るなら、遠く溯っ  揚子江を遠く溯っ  長江を溯っ  水を溯っ  のも、また溯っ  時代の、また溯っ  時代に溯っ  上代まで溯っ  ことから次第に溯っ  源まで溯っ  向う岸を溯っ  事にまで溯っ  ここを溯っ  上流に溯っ  本原に溯っ  時代まで、溯っ  流れを溯っ  それより溯っ  流を溯っ  前に溯っ  方から溯っ  はじまで溯っ  頃まで溯っ  問題にまで溯っ  神田川を溯っ  沿岸を溯っ  不撓さ、さらに溯っ  午後をなお溯っ  千住くらいまで溯っ  方へ漕ぎ溯っ  こっちへ溯っ  それからそれへと溯っ  ななめに溯っ  川千鳥が啼いて溯っ  頼朝と溯っ  前に、溯っ  テームス川を溯っ  根本に溯っ  五・一五事件や更に溯っ  光線を溯っ  会談が溯っ  経歴を溯っ  江戸時代に溯っ  自然史的発生秩序を溯っ  初めに溯っ  島々谷に沿って、溯っ  今から、ずっと溯っ  父母未生以前に溯っ  ものは溯っ  から、すこし溯っ  原因に溯っ  十里余も溯っ  長良川を溯っ  上流を溯っ  病友はまたずっと溯っ  前へは溯っ  遙に溯っ  上流へと溯っ  小さな鮎が溯っ  沖ばかりを溯っ  動機がもしもありとすれば、遠く溯っ  それから遠く溯っ  本源まで溯っ  秩父更に溯っ  山伏道も、溯っ  上まで溯っ  過去に溯っ  ポンチャナクから少し溯っ  時代を溯っ  出生にまで溯っ  中世に迄溯っ  習慣、溯っ  古代に溯っ  大川を溯っ  上へ溯っ  出来事を溯っ  逆に溯っ  幾年も溯っ  河を溯っ  時よりも、さらに溯っ  



前後の言葉をピックアップ
坂上田村麻呂  坂の下      さかのぼっ  遡っ  遡ら  さかのぼら  溯ら  遡り


動詞をランダムでピックアップ
もりあげるそがふりはらいくすぶっ努め取りそろえ塾し頑張りゃ息詰ら立た切り返すうちしおれ呼ぼまとまれくだい待ち焦がれ語らっ丸めよ澄み切ろ拗る
形容詞をランダムでピックアップ
そらぞらしく恋しけれあおうまましき淋しかるからたくまし小うるさおぐらくなまなましく物凄まじき重くめずらしかろ痒くあやうし酷う弛き根づよ忌々し気障っぽく