「湧き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 湧き[動詞]
血が湧き  豊かに湧き  苦痛が湧き  童謠東西に湧き  雑音が湧き  念が湧き  想像力が湧き  底深く常に湧き  あとからあとからと湧き  中に湧き  気持が湧き  奥底より湧き  文字が湧き  内部より湧き  胸へ湧き  ように湧き  理性なしに湧き  泉が湧き  喜びに湧き  白根山一帶を蔽うて湧き  愛が湧き  涙がどっと湧き  ことから自然と湧き  底から幸福が湧き  涙が湧き  善の湧き  誕生と共に湧き  衝動が湧き  清水に、湧き  悲哀やひるみが湧き  ものが湧き  蛆の湧き  どこかに湧き  心が湧き  うちに湧き  内に湧き  泪が湧き  清清に湧き  昼夜間断なく湧き  必然的に湧き  聴衆は湧き  心臓を湧き  一同は又湧き  さが湧き  話が湧き  金切声が入りみだれて湧き  桃色に湧き  要望が湧き  ジュウジュウとあぶくを湧き  心に湧き  それから急に湧き  子供は湧き  うちにお湧き  声が湧き  温泉が湧き  心持を湧き  ものに湧き  熱愛のために、湧き  考えが湧き  空想が湧き  其欲望の湧き  ものが、むらむらと湧き  何処かしらに湧き  こころが湧き  蛆が湧き  先途と湧き  鼎の如く湧き  まり露はに湧き  やうに湧き  胸中に湧き  胸底に湧き  評判で湧き  胸に湧き  煙が湧き  不安が、ムラムラと湧き  勇気が湧き  私はむらむらと湧き  胸を突いて湧き  刹那、湧き  眼で眺め、湧き  湖水は湧き  叫び声が湧き  清泉が湧き  鈴の音に湧き  仙台市民は、湧き  黒石油だけが湧き  石油が湧き  怒りが湧き  荘厳に湧き  喚声が湧き  可なり湧き  泪が堰き切れず湧き  瘴気の湧き  讀經が湧き  美辞麗句がおのずからに湧き  気辛いし、湧き  急に湧き  歌声が湧き  松戸与三は、湧き  必然によって湧き  血潮は湧き  善心が湧き  間で湧き  悲鳴が湧き  狂乱が、湧き  一度に湧き  空想の湧き  金は湧き  さのまじった憤りが湧き  冷泉が湧き  それにつれて湧き  日本の湧き  愛情が湧き  感慨が湧き  峡谷を湧き  海は湧き  ウルリーケはこもごも湧き  偏見が湧き  間に湧き  念がむらむらと湧き  一緒に湧き  そこからむくむくと湧き  自分に湧き  大難が湧き  敵愾心が湧き  心持が湧き  四辺に湧き  批評が湧き  雲の湧き  雲が湧き  柳へ向けて湧き  感興が湧き  床下あたりから、賑々しく湧き  好奇心を湧き  印象、湧き  水銀が湧き  興奮の湧き  亢奮で湧き  切り口から樹液が湧き  階下に湧き  地上に湧き  力で湧き  涙の湧き  血を湧き  かたまりに湧き  勃然として湧き  自分自身で湧き  裡に湧き  彼自身も亦周章てふためいて湧き  うねりをもつて湧き  高級車におさまり、湧き  エネルギーが湧き  水が湧き  うばと呼べば湧き  悪口をいうと、忽ち湧き  傍に行くと、すぐに怒って湧き  湯が湧き  自然に湧き  念仏を申すと、忽ち湧き  間は湧き  二丈あまりも湧き  念仏を唱えなければ、湧き  足音を聞けば、湧き  水がたちまち湧き  盛んに湧き  清水が湧き  そこから水が湧き  一斉に低いながら湧き  底より湧き  人気は湧き  霧が湧き  城中に湧き  ぼうふらが湧き  胸にも湧き  刺戟によって、湧き  うちが湧き  あたりに湧き  膿の湧き  声の湧き  茶釜が湧き  いつまでも歩いてゐねばならぬごとき思ひ湧き  心にでも湧き  期待が湧き  上から一面にモウモウと湧き  好奇心は湧き  近所に騒々しく湧き  後から後からと湧き  お玉杓子が湧き  痛憤に湧き  引き切りなしに湧き  場内一面に湧き  ワーワーと湧き  波が湧き  何処からともなく湧き  胸ふさがり、湧き  下から泡をふいて湧き  ひと頃問題を湧き  微笑が湧き  恐怖が湧き  ように、湧き  心中に湧き  底からしみじみと湧き  幾個か湧き  程烈しく湧き  本性から尽きず湧き  此国土へ湧き  疑惑が湧き  あとからあとへと湧き  ひかりがうらうらと湧き  何か湧き  九月に入ると湧き  隅から好感が湧き  為めに、湧き  胸から頭まで湧き  その男に対してふいふいと湧き  中に、黒く高く湧き  自責の念が湧き  雲がむらむらと湧き  現実性を帯びて湧き  中にごたごた湧き  嫌悪の湧き  中が湧き  蓑を鳴らして湧き  哀れさ、またはゆくりなく湧き  虫の湧き  声が一層烈しく湧き  反感が湧き  一時に湧き  底力強く湧き  一面に湧き  音響が湧き  幸ひ湧き  ニース全市は湧き  プロヴァンス一帯は湧き  口笛が湧き  汗が湧き  文久二年とともに湧き  金切り声に彩られて湧き  水の湧き  事件が、湧き  慟哭が湧き  事件が湧き  温熱が湧き  勇気とを湧き  峯から峯へと湧き  街路は湧き  周囲に降って湧き  潮の如く湧き  心配が湧き  中の湧き  果てしもなく湧き  から騒ぎがまた湧き  頭に湧き  好奇心が湧き  太陽を囲んで湧き  心も湧き  気持さへ湧き  感情すら湧き  ホロホロと湧き  悪血がむず痒いほどに湧き  闘志が湧き  血汐の湧き  背にまきて、見れば湧き  朦々として湧き  清泉処々に湧き  興がいよいよ湧き  話題が湧き  フイに湧き  濛々として、湧き  駒井甚三郎は、おのずから湧き  我胸に湧き  聲が湧き  濛々と湧き  悲鳴叫喚が湧き  雲行きが湧き  音楽が湧き  憎しみとが、湧き  ッて湧き  仇心が湧き  底で湧き  灰とに湧き  響が湧き  問題が湧き  むかむかと湧き  ドクドクと湧き  元気が湧き  容器へ湧き  話がふって湧き  馬鹿囃子が湧き  ように、若々しい湧き  わたしは、思わず湧き  黒い雨雲が湧き  糸口を見つけて湧き  気力が湧き  興味が湧き  閃めきて湧き  疑念がおのずから湧き  草の根から水の湧き  黒雲が湧き  視線を避けながら、湧き  ぱいに湧き  匂が湧き  抱きしめたい心がむらむらと湧き  縁から天然の湧き  倚りかかり、湧き  夜空想が湧き  いものが湧き  通りうまい水が湧き  ふつふつと湧き  やつてゐるうらうら湧き  わたくしは湧き  あらたに湧き  なかをたえずさびしく湧き  光が湧き  穴があれば、はいりたい、そう思って湧き  気分が時々湧き  情が次第に湧き  それを抑えれば抑えるほど、呪わしい憤りが湧き  つたとき脈管内に湧き  泉の湧き  微かに湧き  問題が新らしく湧き  職業的興味は再び湧き  紅蓮渦を巻いて湧き  身に湧き  興が湧き  穴から水が湧き  考えでも湧き  油然と湧き  熱湯が湧き  波濤として湧き  後から、絶えず湧き  同情は湧き  生活の湧き  頸筋から腋の下に湧き  音が湧き  胸にも、ひとしく湧き  旅心を湧き  覚悟が湧き  敵味方から一時に湧き  声は湧き  山全体から吹き湧き  血の湧き  淺緑と湧き  浅緑と湧き  村中が湧き  あとからあとから涙が湧き  愛欲が湧き  追憶が湧き  体内に閉じこめられて轟き出す湧き  軍隊が湧き  騒ぎが湧き  緩怠心が湧き  のが、また湧き  峻厳に湧き  隣室に湧き  靄が湧き  なかに湧き  塊がだしぬけに湧き  滾々として湧き  油然として湧き  附随して湧き  熱情を湧き  戦慄が湧き  空気が湧き  時、湧き  山巓に湧き  騒音が湧き  血は湧き  人気ばかりで湧き  一隅に湧き  満場再び湧き  見物は湧き  血も湧き  障害が湧き  悲しみが湧き  小川からも湧き  先から、かげが湧き  それが湧き  かなしみを湧き  悲しみは湧き  心の湧き  それに湧き  全身に湧き  猛然として湧き  濃やかに湧き  滾々と水の湧き  面白い窪みをもくもくと湧き  君は知らじな湧き  胸が湧き  氣持が湧き  氣持が何故湧き  さの湧き  気持ちばかりが湧き  懐しみが湧き  思いが湧き  悲劇が湧き  別に愛情の湧き  水が湧いてまたすぐ湧き  一瞬間でも湧き  もののおのずから湧き  押し合いぶつかり合い融け合って、湧き  ように盛り上がって湧き  好奇心がむらむらっと湧き  興味を湧き  鈴の音にまじって湧き  戦意とみに湧き  精神から不断に湧き  大潮を湧き  波を湧き  疑問が湧き  中空へ湧き  一斉に湧き  潺湲として湧き  間近かに湧き  ジンジンと湧き  ワアハハと湧き  物音が湧き  俄にすさまじく湧き  助役も湧き  反抗心が湧き  ほのぼのと湧き  さがぎりぎり湧き  喚声が、湧き  何事か湧き  矛盾からシミジミと湧き  ここに湧き  気勢が、湧き  感興の湧き  豊かに、その盛りあがり、湧き  今年は一向に湧き  むりにもモチーフを湧き  何かが湧き  泡が湧き  方から湧き  どこからともなしに湧き  思い出が湧き  頭は、なおも高く湧き  上でひっそりと黙って湧き  胸に高く湧き  底に湧き  胸もなし湧き  ジャズで湧き  記憶がむらむらと湧き  中で湧き  危惧とで湧き  力が湧き  焦慮が湧き  なつて湧き  奮ひ立ち湧き  ワッと湧き  音が、湧き  あたり一面に湧き  顔が湧き  人気を湧き  いちめんに片靡きに湧き  二個所に湧き  雲、湧き  胸には、湧き  無尽に湧き  内部からも湧き  形を変えて湧き  勢込んで、むくむくと湧き  一たん胸に湧き  声は、湧き  感情につれて湧き  我裡からのみ湧き  連珠の如く湧き  ふいに涙が湧き  志が湧き  場面に対して湧き  混乱が湧き  笑顔が湧き  内心に新しく湧き  間じゅうの、あの抑えても抑えても脈々と湧き  波よ、湧き  地より湧き  冬子は脈々と湧き  地に湧き  地べたが湧き  かなり好奇心も湧き  心がむらむらと湧き  血潮が湧き  新たに強く湧き  今日もなお湧き  みずから専有欲の湧き  上から黒雲が湧き  岩角をつき破って湧き  気持で、湧き  各所に湧き  くりと湧き  太陽もすっかり墜ち、ずいと湧き  底で轟々と湧き  此方からも湧き  揃へて湧き  淙々と湧き  濛と湧き  雲を湧き  さに、初めて湧き  盃をあふれてひろがり湧き  酒があんなに湧き  誠意を湧き  胸に時々湧き  絶え間なく湧き  感情が湧き  新館のが湧き  血に湧き  私は湧き  本統に強く湧き  清水の湧き  これは、相当湧き  幾度も湧き  ところにあって湧き  かし稀にのみ湧き  悲しみ一時に湧き  胸一杯に湧き  卵が湧き  芳香が湧き  面に湧き  帆を揚げますと、湧き  風も絶えて、湧き  そのまま眼をまわして、又もや湧き  沈潜からじかに湧き  底から更に新らしく湧き  蕃紅花色に湧き  心におのがじし湧き  不安が湧き  小説となって湧き  心もちが湧き  渋が湧き  山に湧き  知識からだけは湧き  必らず湧き  水の如く湧き  風呂が湧き  流は人知れず湧き  切迫感を湧き  仕事が湧き  空をおほひて湧き  黒雲とが湧き  雲がむくむくと湧き  湖中に湧き  奥底に湧き  から次ぎへと湧き  魅力に、人知れず湧き  事件を湧き  ゴボゴボと湧き  心へ湧き  ペテンから、湧き  群集は湧き  江戸は湧き  岩のくぼみに湧き  密雲が湧き  杯に湧き  好意とが湧き  地平線上に湧き  陰鬱な怖や戦きが湧き  音になって湧き  気分が湧き  騒音に湧き  笑声が湧き  キリもなく湧き  町で湧き  逆まいて湧き  金色にかがやいて、湧き  打り当り、湧き  色々な湧き  念さへ湧き  哄笑が湧き  豊かな湧き  感興が、おのずから湧き  身内に湧き  人間が湧き  活動へ入り込もうとして湧き  声がわっははと湧き  さ、湧き  胸一ぱいに湧き  うちには湧き  清水はいまもこんこんと湧き  潮の湧き  自分だけに湧き  押し出し所に湧き  渦巻が大きく湧き  心を湧き  血潮が悉く湧き  胸を湧き  態度で、湧き  胸を鳴らして湧き  想念が湧き  哀しみの湧き  胸は湧き  情は更に烈しく湧き  楽しい確信を湧き  上に湧き  期待に湧き  ほのかに湧き  其心に湧き  念頭に湧き  ものがほろほろと湧き  地中より湧き  情が、むらむらと湧き  塊が湧き  一番先に湧き  憧憬が湧き  心持ちが湧き  泉ありて湧き  つて不意に湧き  考へも湧き  人に気づくと、突然湧き  それからそれへと湧き  気がむらむらと湧き  感激が湧き  ために湧き  努力と、湧き  如くに湧き  飢えに目覚めて、湧き  中心に湧き  蜂が湧き  忿りも湧き  声々の湧き  ものを湧き  時、一層高く潔く、且つ湧き  四字からひとりでに湧き  地下から頻りに湧き  無数のおもひが湧き  無数のおもいが湧き  原子野に湧き  ように盛りあがり湧き  どよめきが湧き  歌声は湧き  さでむくむくと湧き  なかから天に向って湧き  混沌とした湧き  四阿からオルケストラが湧き  かたをながむれど湧き  けり遠く湧き  飛潭の湧き  時あって湧き  鬨の声が湧き  教団中が湧き  動揺が湧き  全部ぞろぞろと湧き  季節には再びなみなみと湧き  目覺め、湧き  中から何か湧き  机からさえ、公然と湧き  髣髴として湧き  燃料とが湧き  叛乱が湧き  勲功に向かって湧き  方面に当たって湧き  虹をかけながら湧き  情熱の湧き  心は、ちっとも湧き  於ては、湧き  次から次へと湧き  人気が湧き  一しょに湧き  乱雲が、もくもく湧き  乱雲が湧き  乱雲がもくもく湧き  冷汗が湧き  黒雲がもくもく湧き  感坐ろに湧き  泉は何とつきず美しく湧き  前には、泡立ち、湧き  下にゆたかに湧き  観客は湧き  裾から泉が湧き  喊声が湧き  周囲に湧き  悔恨が湧き  江戸はほとんど湧き  地からむくむくと湧き  峰がむくむく湧き  四方から何時ともなく湧き  後から雲が湧き  助力せん心の、世に美しくも湧き  皆自然に湧き  寺院は湧き  群に湧き  羽虫が湧き  モックリと湧き  反感がムラムラと湧き  若い胸に湧き  白椿が、まだ疎に咲き残って、絶えず湧き  噂に湧き  拍手が湧き  水がごぼごぼと湧き  様に湧き  香いとで湧き  喧囂と湧き  自然と湧き  気持ちが、押さえても押さえても湧き  底からでも湧き  泉の如く湧き  上にも湧き  人氣が湧き  



前後の言葉をピックアップ
わき  沸き    和木    わきあが  沸きあが  わきあがっ  沸きあがっ  沸き上がっ


動詞をランダムでピックアップ
繋がり罹ろ書けよ立退くくらす撰し刺し殺す差迫りまじりつっきら付け込ん生い育て抱きつい交しおしのけよ潮垂れ交わす調子づき止まれる喋っ
形容詞をランダムでピックアップ
疳高き長から弛い押しつけがましいいみやましかっいわけない煩かっ心細し悪からなまめかしいあしけれ著しゅうにがき吝く堅からうすら寒つつましく情けない人恋し