「湧い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 湧い[動詞]
好奇心が湧い  空想が湧い  連想が湧い  心に湧い  ものが湧い  意慾も湧い  気持ちで、降って湧い  いふ境地から湧い  笑声が湧い  気持が切なく湧い  泉が湧い  滾々と絶えず湧い  ぞんぶんに湧い  そも湧い  温泉が湧い  憤怒が湧い  涙が湧い  勃々と湧い  声が湧い  みんないつしよに湧い  ほのかに湧い  しづかなよろこびが湧い  虱が湧い  関心が湧い  あとからあとから湧い  心持も湧い  念が湧い  念がまた湧い  ように忽然と湧い  欲望となって湧い  心が湧い  しらが熱くうるおいそめて、にじみ出して湧い  こんこんとして湧い  ペソスが湧い  中に湧い  底から湧い  感慨が湧い  気持が湧い  勇気が湧い  感謝の思ひも湧い  誰にも湧い  身の上に湧い  さが湧い  情がたぎり湧い  中におのずから湧い  胸に湧い  立所に湧い  潟が湧い  愛情が湧い  灯の湧い  内側から湧い  内にも湧い  疑問がむくむくと湧い  なにかが湧い  思いが湧い  軽蔑心が湧い  お互いに湧い  口へ湧い  ように湧い  難問題が降って湧い  油然と湧い  火がもくもく湧い  悲しみはいよいよふかく湧い  疑問が湧い  見物もなかなか湧い  今度に限って湧い  ことが、湧い  何處から、こんな激しい思ひが湧い  自分にもこんな思ひが湧い  自信でも湧い  涙が初めて湧い  私に湧い  清水でも湧い  湯が湧い  雲が湧い  胸にも湧い  創意が湧い  川中にも湧い  要求が湧い  其処から自然に湧い  虫螻の湧い  智慧が湧い  恐怖が湧い  新しい光明が湧い  平静が湧い  彼は心から湧い  感情が湧い  無から湧い  外から湧い  間から湧い  程もあらせず、むっくりと湧い  のが湧い  往来へ湧い  いつぺんに湧い  海からお金が湧い  同情が湧い  感想が湧い  事情の湧い  分別も湧い  美が湧い  好奇心は湧い  蛆が沢山湧い  水が湧い  連想ばかりが湧い  一大事が降って湧い  地べたから湧い  清水が湧い  力が湧い  前に、降って湧い  卓から湧い  情念が湧い  涙が見る見る湧い  情熱などが湧い  微笑がしみじみと湧い  不安が、すぐに湧い  滝口からもくもく湧い  面白い話が湧い  興味が湧い  地から湧い  たか地から湧い  天のはしたなく湧い  唾と共に湧い  一圖に湧い  一図に湧い  悪戯気分が湧い  くらげが湧い  心持が湧い  親しみさえ、すこしも湧い  決心が湧い  人気が湧い  渦は湧いては飛び、湧い  塊りが湧い  霧が湧い  心に少しずつ湧い  虹が湧い  くやし涙がおのずと湧い  欲求が湧い  冷水が湧い  清水の湧い  微笑が湧い  気持ちも湧い  アイデアがふつふつと湧い  偶然に湧い  美男が湧い  腹から湧い  虫が湧い  虫の湧い  苦痛が湧い  哀感が湧い  渇きが湧い  奥から湧い  雲が絶えず湧い  雲の湧い  事が湧い  方も湧い  希望が湧い  考えが湧い  ためにこんなひがみが湧い  それぞれ万遍なく湧い  ハニカミ心が湧い  憐む感情が湧い  食欲さえ湧い  感興が湧い  心は湧い  下から湧い  望みが湧い  水であるまひまひしづか湧い  電光の如く湧い  実感が湧い  人声が湧い  山々から湧い  あとからあとからと湧い  情が湧い  眼に湧い  うちに湧い  堂上堂下に湧い  気が切なく湧い  信念が湧い  旗が湧い  声で呼ぶと呼ばぬとで、湧い  急に湧い  中から水が湧い  風呂も湧い  人気も湧い  臨機に湧い  天分から湧い  疑いが湧い  まわりから、突然、湧い  衝動が、むずむず湧い  通りへ、とつぜん降って湧い  きりと湧い  頭にも湧い  哀しみが湧い  靄が湧い  勇気がむらむらと湧い  気持がしみじみと湧い  水溜りに湧い  下からにきにきと湧い  哀愁とが湧い  憎しみが力強く湧い  底に湧い  氣持が湧い  氣が湧い  元気が湧い  自ら疑惑が湧い  喝采が湧い  喝采が再び湧い  内に湧い  忿怒がむらむらと湧い  やうに湧い  蛆が湧い  眼から涙がどっと湧い  威勢よく湧い  反抗心がむらむらと湧い  笹木に降って湧い  反抗心が湧い  縁談が降って湧い  無限に湧い  一隊では無い、突然に湧い  胸中に湧い  話が湧い  ことが湧い  奇蹟的に湧い  ようにムラムラと湧い  さの湧い  ハルクは、ふって湧い  源から湧い  光が湧い  興は湧い  元気の湧い  芥溜から湧い  不安が湧い  胸に漠然と湧い  冒険心が湧い  切れ切れになって、湧い  情愛は湧い  心持ちが湧い  地から塩が湧い  細力が湧い  僅かに湧い  心から湧い  それにもかかわらず降って湧い  身體に湧い  同情が無暗に湧い  方に湧い  論が湧い  目に湧い  罵詈悪口が湧い  傷口に湧い  空から無限に湧い  空から湧い  咄嗟に降って湧い  それと同時に、降って湧い  中から続々と湧い  ムクムクと湧い  疑念が湧い  不意に降って湧い  びっくりするとともに激しい怒が湧い  自制心ばかりが湧い  口からむくりと湧い  竜の如く湧い  成つて人が湧い  竜のごとく湧い  人が湧い  おなじ世界に湧い  血が湧い  まりませんながぶがぶ湧い  自信も湧い  ここに降って湧い  話などが湧い  中からでも湧い  心の湧い  愛情は湧い  痛みと共に湧い  元気はどうしても湧い  どこから降って湧い  相模灘から湧い  水から湧い  頃、降って湧い  憐憫が湧い  自ら涙が湧い  底からサミシサが湧い  親愛とが湧い  通り温泉が湧い  頭に、むらむらと湧い  水底から湧い  ッて湧い  根から湧い  想念が湧い  涙がいっぱいに湧い  どくどくと湧い  懸念が湧い  好意が湧い  頭に湧い  下から、湧い  親切気から湧い  怒りが湧い  のは、降って湧い  執着が湧い  観察が湧い  汪然と湧い  空想も湧い  根本から水が湧い  里が湧い  迷惑が湧い  霊感うちに湧い  濛々と湧い  瞼から湧い  空想さえも湧い  こころに湧い  みんなぎらぎら湧い  やうだし湧い  世に湧い  念さへ湧い  ことから湧い  なにもとつぜん湧い  悪落ちも湧い  親しみが湧い  ところに湧い  今宵に至って、降って湧い  胸にまた湧い  惑念も湧い  次から次へと湧い  事件が湧い  勃然として湧い  御用が湧い  一件が湧い  拍手が、湧い  笑い声が湧い  金は、まだ湧い  心配が湧い  ものさえ湧い  別に有難味が湧い  難儀が降って湧い  一滴も湧い  力の、湧い  感想は、おのずから湧い  恋心も湧い  気持ちが湧い  空気が湧い  身体中から温かく湧い  日盛に、これから湧い  粒が湧い  人影が、むくむくと湧い  どこからともなく湧い  大声が湧い  と金が湧い  恐れが湧い  雲の如く湧い  幸福が降って湧い  興が湧い  顔に湧い  誰が言い出したともなく、もくもく湧い  米が湧い  笑が湧い  空のおもてに湧い  愛情の湧い  へきれきのごとく降って湧い  隅に湧い  中から降って湧い  紛々濛々と湧い  火が湧い  沈黙が湧い  思いやりが湧い  出来事が降って湧い  潮が湧い  私ゃそこに湧い  旺然と湧い  身上に降って湧い  をかしみが湧い  蛆の湧い  大小取交ぜてザクザクと降って湧い  真剣味が湧い  向うから湧い  気が湧い  十二分に湧い  内にこんこんと湧い  観念が湧い  災難が湧い  恋心が湧い  疑惑が湧い  生活そのものから湧い  涙がおのずと湧い  一銭の湧い  心に強く強く湧い  後から後からと湧い  思いが猛然と湧い  愛情が新しく湧い  怒りが、むらむら湧い  愛が湧い  不意に湧い  愛が深く湧い  人間景気が湧い  想像が続々と湧い  かたわらに湧い  こころが湧い  こどもに強く湧い  さばかりが湧い  事件が降って湧い  ッと湧い  気持がつよく湧い  激情が湧い  頭にむらむらと湧い  人情味も大いに湧い  座興が湧い  廃気が湧い  地から薩長が湧い  水の湧い  熱情が湧い  一瞬間そこから水が湧い  背中から鰯雲が湧い  唸り声が湧い  気分に湧い  間に湧い  釜からぶくぶくと湧い  なかからも湧い  陰が湧い  念慮が湧い  妄念が止まず湧い  涙の湧い  雲が、むらむら湧い  間隔を置いて湧い  問いが湧い  佗びしい思いが湧い  感が湧い  胸いっぱいに湧い  迷いが湧い  泥から湧い  時から心に湧い  機会が降って湧い  ざあざあ云ったりごぼごぼ湧い  句心は湧い  愁ひの湧い  思想が湧い  青年時代に湧い  身軆に湧い  群り湧い  身に湧い  二部落に湧い  何處からか湧い  女がいたばかりに、降って湧い  自然と湧い  眼には怒が湧い  一度に湧い  前に湧い  文字として湧い  山の根から湧い  感情として湧い  ものとなるには、ただ湧い  刻々に湧い  感慨も湧い  顔がむくむくと湧い  血は湧い  風呂が湧い  落付が湧い  汗が湧い  西から北からと湧い  空気がじつとり湧い  中の新しく湧い  反感から湧い  音楽が湧い  何処からとなく湧い  えくぼが湧い  学究心が湧い  誇りがすぐ湧い  一家に降って湧い  不平は湧い  止度なく湧い  火花のように身内から湧い  縹渺と湧い  自身に湧い  平一郎に湧い  憎しみが湧い  シラミが湧い  俺のに湧い  元気は湧い  興味の湧い  姿にすぐ湧い  氣持すら湧い  身うちに湧い  海水がぶくぶく湧い  白魚が湧い  一つ、ぴょんと湧い  大地から直かに湧い  大地から湧い  意識が湧い  想いが湧い  卵が湧い  センセイションが湧い  私にも湧い  労力が湧い  調子で湧い  から、湧い  希望がむくむくと湧い  日、降って湧い  蠅の湧い  からだに湧い  心持が相当湧い  温泉の湧い  気の湧い  にゆるい感動の湧い  想像が湧い  憎悪が湧い  喉に湧い  目から湧い  郷愁が湧い  喜びが湧い  一番群がり湧い  頭から湧い  滾々として湧い  眼は湧い  信愛感が湧い  幸福感が湧い  ところから滾滾と湧い  詩情の湧い  ぞろぞろと湧い  奥に湧い  嫉妬も湧い  ひそかに湧い  詩の湧い  色が湧い  記憶が続々湧い  疑問さえ湧い  感じが湧い  限りなく湧い  そこに湧い  僕に湧い  油然として湧い  念がムラムラと湧い  二個所に湧い  盃の重なるにつれて湧い  下に湧い  力が少しも湧い  五千円が湧い  不幸が湧い  迫害が湧い  次から次へ湧い  誰だって胸中からもくもく湧い  百倍もの力がぐんぐんと湧い  湯の湧い  暮色が湧い  温気が湧い  裡に湧い  ことなく湧い  思想も湧い  ものが、すでに湧い  自信とが湧い  感嘆が湧い  なかに湧い  から次ぎへと新しく湧い  溝から湧い  咄嗟に湧い  歌が湧い  拍手が湧い  眼から涙がぽたぽた湧い  愛はどうすれば湧い  愛がまだ湧い  幸福が湧い  泉から自然に湧い  その後から後からと湧い  どこまでも澄みきっていて、こっそり湧い  奧から湧い  清水がいつも湧い  ゆたかに湧い  中にも、よろこびが湧い  思付がムラムラと湧い  情がしみじみと湧い  さびしさがしみじみと湧い  空洞から湧い  胸一ぱいに湧い  覚悟も湧い  自信が湧い  お歌のはうも相変らず、湧い  ら涙が湧い  悪臭が湧い  興の湧い  興味を感じながらも、この降って湧い  欲望が湧い  死ぬ覚悟が湧い  意欲はどうしても湧い  金が湧い  物が湧い  物の湧い  情熱が湧い  地下から湧い  たくさん田に湧い  想い出が湧い  霊感が湧い  問題が湧い  慾望が湧い  涙がするすると湧い  ものが次々と、湧い  南京虫が湧い  感情も湧い  鬱勃と湧い  心とが湧い  悲しみが湧い  外濠から竜が湧い  悲みが湧い  悲哀が湧い  ために、ムラムラと嘲りも湧い  千歳は、何故か新らしく湧い  後悔が湧い  成算が湧い  海から湧い  血になって湧い  ストイカルな諦めが湧い  面白さが湧い  気持が、湧い  鉱泉が湧い  信頼も湧い  ここに突如として降って湧い  陽炎が湧い  子供っぽいながら、烈しい、うらやみとねたみが湧い  希望とが湧い  考えも湧い  性格から必然に湧い  其處に湧い  山から湧い  煙が、湧い  材料が続々湧い  その間からしおらしい物語りが湧い  からからと湧い  不安心が湧い  二三疑問が湧い  愛が滲んで湧い  途端に、降って湧い  かすかに湧い  しんから湧い  暮しから湧い  それはいくらでも湧い  わたしに湧い  悲しみが又湧い  唾が湧い  神霊は湧い  自然に湧い  若い情熱が湧い  あすこから雲が湧い  あじわいが湧い  性急さが湧い  雲が又湧い  雲がもくもくと湧い  間から滾々と音を立てて湧い  人間が降って湧い  黒雲の湧い  ふつと湧い  感想も湧い  雲は湧い  内から必然に湧い  決心がむらむらと湧い  さも湧い  其処から光明が湧い  感激が湧い  感情はちっとも湧い  醍醐味は湧い  のと同時に湧い  陰影から湧い  心がむらむらと湧い  咽喉から湧い  縁談が湧い  感慨一時に湧い  所から命が湧い  



前後の言葉をピックアップ
涌い  わい  YMDC    わい  ワイア  ワイアナエ  ワイウエオ  ワイオミング  ワイオリン


動詞をランダムでピックアップ
取壊さみのがし頑ばる押し入りおどかさつも迷わす打連れ引き寄せるむらがれ面くらわてらさせぐりあげ計り読流す凋ま水漬い捺し引き下がっ仰げよ
形容詞をランダムでピックアップ
わかなつかしかっうしろめたし詳しかっ雄々しいおかしけれみずみずしい理屈っぽく強きつつましきあやうく重い果敢なく手がたいおびただしき丸っこく良く手強き危な