「減ずる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 減ずる[動詞]
興味を減ずる  暑気大いに減ずる  租税が減ずる  威力を減ずる  損害を減ずる  さを減ずる  価値が減ずる  喰するを減ずる  効果が減ずる  R=3.3に減ずる  数を実際あったよりも著しく減ずる  兵力を減ずる  五六を減ずる  味を減ずる  感嘆は毫も減ずる  物質的欲望を減ずる  價値を減ずる  力を減ずる  今後勢いを減ずる  食物を減ずる  人員を減ずる  所得を減ずる  感が、少しでも減ずる  半分に減ずる  報酬はいよいよ減ずる  妖怪を減ずる  向上とともに減ずる  従つて痛痒は減ずる  死罪から一等を減ずる  五等を減ずる  徒刑一年半から一等を減ずる  所得大に減ずる  幸福を減ずる  三分の一を減ずる  却って三割くらい減ずる  産額が減ずる  一度ずつ減ずる  度を減ずる  それを減ずる  菜食ならば著しく減ずる  需要が減ずる  はいよいよ多くなろうとも減ずる  荷物を減ずる  だんだんに減ずる  これは減ずる  死一等を減ずる  榮養力を減ずる  ことも減ずる  二分の一以下に減ずる  数を減ずる  邪視力も大いに弱り減ずる  鼠害を減ずる  評価を減ずる  価値を減ずる  千分一に減ずる  度はかえって減ずる  需要を減ずる  動揺もいくぶんか減ずる  変化と共に必ず多少は減ずる  食を減ずる  糧を減ずる  能率を減ずる  お客も次第に減ずる  犠牲を減ずる  風力の減ずる  輝を減ずる  面白みは減ずる  営養をも減ずる  圧力が減ずる  アからウへ向ってまた減ずる  價値が減ずる  時と共に増すとも減ずる  今度もなお減ずる  急激に減ずる  光力の減ずる  さとともに減ずる  一〇分の一に減ずる  不断に減ずる  こともなく又減ずる  血液の減ずる  感覚力を減ずる  頒つによりて減ずる  ば分の減ずる  増し或は減ずる  光芒太だ減ずる  三十円まで減ずる  風情を減ずる  客足を減ずる  五分の一以下に減ずる  売行きを減ずる  却つて効果を減ずる  價値は減ずる  其事の恥づべきは少しも減ずる  水が減ずる  事の恥ずべきは少しも減ずる  対象を減ずる  働きを減ずる  度も減ずる  反転作用を減ずる  



前後の言葉をピックアップ
原水爆  ゲンスヴィル  減ず  原図  現ずる  減ずれ  原生  絃声  現世  現勢


動詞をランダムでピックアップ
いきつけせけくつがえさ取りしまり食い違い学べる咲かそ立ち戻りまどろめ滴らすひっぱろ持上げる反する揺さぶっ狭めあるきはじめ燃え広がる思い知らせ引き返さ座り込ん
形容詞をランダムでピックアップ
好き好きわるくっ少う硬かっ多からまっしろく暖かうよんどころ無し馬鹿らしかっ好い長たらしかっ面映ゆ願わしいしたわしくなまめかしきうら寂しい暑けれ残り多くらうとおかれ