「清」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 清[形容詞]
可憐清  から清  潔清  小田清  マスト清  さ清  ニ清  景清  ランレ清  たまたま清  おとなしい清  同じく清  美濃清  今清  必ず清  ちと清  井戸清  大戸清  身清  甘美清  

~ 清[形容詞]
波間の清  魂の清  明治の清  しろ魂の清  月の清  さや清  情熱の清  此の清  力と清  志を清  一瞬間だけは清  樽屋の清  道具類の清  声の清  甥の清  養子の清  前の清  心の清  尼僧の清  ものの清  船乗の清  血の清  のは清  さも清  明星の清  小田原の清  水の清  人は清  昔は清  青の清  空氣の清  肉体の清  

[形容詞]
清数  清さ  清夜  清以外  清無垢  清ん  清みても言  清三  清六  清楽  清気  清ヲ  清七  清素  清八  清一  清宵  清方  清んで訓  清の  清上  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
清しい眼さえも黒く動かさない  清と云う  清の末年にいた  清の二つの女学校があった  清暑堂の御神楽があり  清と畑尾とはこんな談話をして居た  清とは四五年振に  清は前に立つて微笑みながら  清がさう  清は病院の見舞客のやうな労り半分の返辞を続けて居た  清に話しかけた  清は鏡子を車寄せの方へ導いて  清とお照は相談をひそひそとして居たが  清はお照の持つて来た  清の子の千枝子が庭口から入つて来た  清と英也と秋子と千枝子が並んで食べて居た  清は薫のバロンを持つて  清の妻の都賀子が来たので  清の熊野に立てる  清に関係がある  清という親切な老婢が出る  清からもらった  清がわざわざそれを拾ってもってきてくれる  清のようにちやほやしてくれる  清は時々台所で人の居ない  清の云う  清がこんな事を云う  清はいよいよおれを可愛がった  清は可愛がる  清に話した  清は早速竹の棒を捜して来て  清は火鉢で乾かして  清が物をくれる  清に聞く  清は澄したものでお兄様はお父様が買って  清の眼から見ると  清はおれをもって  清がなるなると云う  清にどんなものになるだろうと聞いてみた  清はおれがうちでも持って  清に答えた  清は何と云っても  清には菓子を貰う  清が何かにつけて  清は十何年居た  清も兄の尻にくっ付いて  清に聞いてみた  清に来るなら来いと  清はたとい下女奉公はしても  清に渡してくれと云ったから  清の所へは折々行った  清はおれを前へ置いて  清の自慢を聞いていたか分らぬ  清を尋ねたら  清の夢を見た  清に聞いてみたら  清は笑って答えなかった  清へ手紙をかいてやった  清は心配しているだろう  清が笹飴を笹ごと食う  清なんてのは見上げた  清に逢いたくなった  清の事を考えながら  清の事を考えている  清をつれて  清はこんな時に決して笑った  清は今に返すだろうなどと  清の心を疑  清の美しい心にけちを付けると  清を踏みつける  清をおれの片破れと思うからだ  清がよく云ったくらいだ  清もおれの傍を離れずに済むし  清だけに手紙で知らせろ  清の手紙をひらつかせながら  清といっし  清の手紙で湯に行く  清にかいてやったら定めて驚く  清を呼び寄せて喜ばしてやろうと思ったくらいな  清といっしょになるに限る  清への返事をかきかけた  清が面白がる  清の心配は察しないでも  清の注文通りの手紙を書く  清の事が気にかかる  清の身の上を案じていてやりさえすれば  清に通じるに  清の事を話す  清や帰ったよと飛び込んだら  清とうちを持つ  清は玄関付きの家でなくっても至極満足の様子であったが気の毒な事に今年の二月肺炎に罹って死んでしまった  清が死んだら  清の墓は小日向の養源寺にある  清しくなって  清が京屋のとなりへ移って来た  清で四人で大騒ぎをしようというので  清愈ならん  清しい目で熟と視ました  清しい目ににわかに情熱が溢れて来た  清という女中を呼んで下せえ  清は考え込んだが  清なりやというに  清の節を守り  清の位に置くと  清なるにあらず  清に維持して  清を挑む  清は角右衞門の帰りが遅いから案じて居ります  清は堪えかねて泣きながら  清の段玉裁は更に之に注して  清しい声がして  清しい声で鳴く  清拙派のある  清という二人の女中が居りました  清に嚇された  清が外套をきせかけてやる  清は片づけ  清は娘に云いつけた  清を押し上げ  清はしばらく黙って  清はおかしい秘密話でも打ちあける  清もいつか真面目な眼付きになって  清かりし  清かりしをもて  清淡雅致の一室を聯想すべけれど  清に送り迎えさせましたが  清は加藤と使いに出て居りませんよ  清には滿洲から起りました  清の中世以後となると  清の李蓮英も隨分蓄財して  清に降  清に降つた  清の康煕帝や乾隆帝の擧行した  清の西太后が光緒帝を廢して  清女夜寒児や月に泣きつ  清しい声を鈴に合せて  清という婦人があった  清隠を好んで  清が死ぬまでは  清が左近の身の廻りの世話をやって  清が左近の居間へ米やミソをもらいにくると  清が死んでからは  清が死んでから  清に孕ませた  清を馬丁の倉三と一しょにさせ  清にも命じて  清はワラにすがっても  清の生んだ  清の気質をうけた  清の野郎が行方知れずになりましたか  清が明に取ってかわった  清んで言ふ  清が顔を出したので  清に答えておいて  清は一寸眠れなかった  清は気味が悪くて眠れない  清の荷物や見馴れた  清が変梃なものを齎した  清はそれを瓦斯の火で沸しに  清を除いて  清は別なことを主張しだした  清まで笑い出したが  清が来訪者の名刺を持ってきた  清が猶更恐がる  清を伴さして  清とを呼んだ  清は腑に落ちぬ  清はその室を恐がって  清しい目を自分に注いでいた  清しい目で自分を見た  清にお負けなさいますな  清しい目を充分に開いて  清潔き家ぞと見るも  清お清といひ続け  清にして  清快な風趣がある  清快な感じを持つ  清という女中が居た  清が下りてきた  清は階段の下に一寸立ち止って  清に一寸参ったって訳さ  清へ注意を向け始めていた  清と顔を合せる  清の眼は妙に黒目が小さく見えた  清は時々側にやって来て  清へまで及んでいった  清が時々京阪の弁を使う  清が保子そっくりの眼付をする  清とを近づける  清が果して英子の後身だとするならば  清のことをうっかり打明けようとした  清と英子とが同一人であるかも知れないという  清に逢って  清にゆっくり逢いたいという  清の身の上に種々な想像をめぐらしながら  清がいない  清の姿は見えなかった  清に逢う  清はいつまでも出て来なかった  清の真白い顔が入口から覗いていた  清はいきなり二人の間にはいり込んで  清は云った  清がそれを引取った  清が立去ってしまった  清は一体幾歳になる  清がまたやって来た  清は云い捨てておいて  清を相手に暫く無駄口を利いていたが  清がやって来ては  清の顔をじっと見てると  清は扉を開くと  清も別に話題を探すらしくも  清が出てゆくと  清を前にして酔っ払ってゆく  清が室から出ていった  清がまたやって来ても  清は寄ってきて  清は声高く笑って  清は歩み寄ってきて  清とこうして戯れてる  清は卓子の端につかまって立ちながら  清は素早くそれを取上げてしまった  清から遠ざかろうと思ったり  清にぶつかってみようと思ったりした  清から遠ざかろうと  清と英子とは同一人であるかも知れないという  清のことを思い出して  清の方へ惹かされていった  清と顔を合せると  清に心惹かされてる  清が英子であるかどうか分らない  清は向うの室から出て  清の言葉と竹内らしい笑声とを思い出した  清が来る  清がそっとはいって来た  清は黙って  清は何とも答えないで  清は急に彼の方へ向き直った  清は口を尖らしてみせた  清は無理に引止めた  清は喫驚した  清は眼と口とで微笑んだ  清が云う  清は低く云った  清はなかなかやって来なかった  清の家がどの方面にあるかを知らなかった  清の姿を見出さないと  清はひょっくり霧の中から現われてきた  清は少し離れてついて来たが  清は心もち肩を峙てて  清は先を続けた  清の言葉を本当だとすれば  清から来る  清は一寸足を止めた  清は落着いた  清は後から追っかけてきた  清は後からふいに呼びかけてきた  清は呟いていた  清になお二三度言葉をかけられたが  清は突然立ち止って云った  清はがっかりした  清はそう云って  清の美しい二重眼瞼の眼がすぐ前に見開かれていた  清の言葉に顔を挙げて見やると  清は後について来ながら云った  清が何のつもりでそういうことをした  清に面して立たなければならなかった  清の方へ惹きつけた  清を連れて歩いてたという  清を手に入れようとは  清は時々やって来た  清との噂が立ってから  清は割り込んできた  清は向うの隅に立って  清の顔を見た  清は睥むような眼付をした  清のことを思っている  清とのことも知られてるに  清のことも保子のことも遠くへ距っていた  清がやってくると  清の許へ行きつけてから  清のことだなと思った  清と或る種の親しい関係に在る  清とのことは単なる一時の遊戯に過ぎないし  清という者がありながら  清とのことや其他のことを考え合わせると  清との単なるいきさつの腹愈せとして  清は薄暗い横町の方へ曲り込んでいった  清は足を止めて  清はまた尋ねてきた  清は暫く何やら考え込んでいたが  清と一緒に歩き廻ってたか  清は呟いた  清は俄に彼の眼の中を覗き込んできた  清は独語のように呟いて  清は肩掛の中から突然云った  清は一寸肩を震わした  清は立ち止った  清は周平の肩から肩掛を引ったくりながら  清は帯の間から鍵を取出して  清は室の隅に肩掛とコートとを脱ぎ捨てた  清は縁側に出て  清はいやに鋭い眼を見据えてきた  清は頬を膨らまして  清の云った  清は云って  清は彼の様子に眼を止めて  清の手を取って  清は暫くつっ立っていた  清が眠っていた  清と綺麗な一夜を明かした  清はすやすや眠っていた  清は静かに上半身を起して  清へ書いてる  清にも恋していたかも知れません  清と大に仲のいい  清とかいう女のことも御注意なさい  清の顔が覗き出していた  清はそれを持ち去ろうともせず  清がすぐ側に坐って  清を引寄せて  清を押しのけ  清を識っている  清に家督を嗣がせ  清も十七で死んだ  清があたかもお安と同い年で死んだので  清も手が放せない  清が物を刻む  清が出て来て  清がしきりに笑っている  清はへえと云って  清は流し元に曲んで  清を十時前に寝かす  清に膳を下げさしていると  清が下女部屋の戸を開けて  清の手にした  清はそれからすぐ起きた  清は妙な顔をして  清が突然台所から顔を出して  清が持って来た  清の影も音もしないとなると  清に家賃を持たしてやると  清が台所で働く  清に云いつけて  清にちょっと上の坂井まで行ってくるからと告げて  清に濡手拭を絞らして  清にいいつけて  清が御給仕をしながら  清に氷嚢へ冷たい水を入れて来いと命じた  清は朝の通り金盥に手拭を浸けて持って来た  清はすぐ立って  清に命じた  清に何返と  清と小六とで受持った  清が突伏した  清を寝かしてやって下さい  清が自分の前に小さな膳を控えたなり  清を起した  清に洋灯を点けさした  清を呼んで  清は困った  清が声を出して笑った  清を連れて  清は大きな声を出して笑った  清の帰った  清が坂井からの口上を取り次いだので  清をやって  清しい目許に笑を浮べて  清しく言います  清の康煕帝が明末の遺臣を擯斥し  清がひとりで番をしていた  清のほ  清の脅えた  清と並んで  清と敏子とは仏壇の方を一度も見ずに  清をつれ  清の肩を掴まえて云った  清も弱るし  清を挟んで  清の足つきを見ていると  清の足つきを見ていた  清だけ負ってもらわないか  清を振り返った  清と定雄の間へ割り込んで来た  清はいつも母親の方の味方をするに  清を負う  清は母と父とが自分のことで先から険悪になりかかっている  清の方を振り返った  清と千枝子をつれて  清にやった  清に一声吹いてみせると  清も急ににこつき出して  清も両手の笛を替る替る吹き変えては  清の来る  清は母親に云われる  清と定雄とが前と後とで竹笛を鳴き交せて  清もいつの間にか上手になって  清の背中を眺めながら  清は窓にしがみついた  清が一人いて  清を対手にしながら話し込む  清が独り留守をしていた  清がお勝手口の方へちょっと出ていった  清の奴め青い面して震えていやがったが  清がさぞおどろいて  清というのは大阪の或る学校を卒業して  清に逢ったに  清はどんなに驚いているか  清をうながす  清は俄かに昂奮する  清はあるきながら話し出した  清と舟遊びでもしているだろうと  清は路ばたに咲いている  清は僕の腕をつかんで  清はその時のさまを思い出した  清の話を聴きながら  清も僕もしずかにあるきながら話して来た  清はあざわらう  清は苦しそうな息をついた  清がるすだッていいましたら  清がそういいましたよ  清がバタバタ中だんまであがって来て  清はチョイとおもてをのぞいてみて  清はたすきをはずしながら  清のほかにゃア牡猫だッていやアしない  清み梅の花心に咲きて  清の字をかえて  清の太祖が遼東一帯の地を斬り従えて  清はしなやかな指先で前髪の後れ毛を撫で上げながら  清に出逢った  清に出逢わなかった  清の着物の紫縞が眼に止ると  清へも冗談口一つ利かなかったが  清を待ち受けた  清はもう次の朝から庭へ出て来なかった  清も見物したし  清と洋太郎とがまたちらと目配せした  清全寺ッて言う  清なる眼を再び紙上に注ぐ  清快を欠いている  清しい音を立て  清しい音を立てて  清はまず不思議に思った  清への責任も少なくなる  清はそれを受けとって  清の口上をみなまで聞かず  清にそれを渡して  清は座敷を出た  清がはいって来て  清しい目で優しく見越す  清がためにもこの上なき供養となりまするので  清というがあって  清がみそめてしまった  清の父が見て  清の恋物語に持込んで  清常に至つては壽阿  清ならしむる  清とお徳が行っていて  清から苦情の出る  清が磯に丁寧な言葉を使った  清が声をかけた  清の居る  清がせっせと針仕事をしている  清が心配そうに訊いた  清は呆れて  清が声を出してくれた  清が問い返した  清は大急で夕御飯の仕度に取掛った  清とお徳が外に出ていた  清はお源を見て  清が傍に居るので  清はお徳を睨む  清が問うた  清は日の暮になっても  清画しおわった  清からしめた  清淡なる  清が著作した  清は卒業する  清が卒業証書を握  清の乗つた俥の輪がきら  清の眼には確かに美はし  清やかに鋭い声を発する  清を相手にして  清の身代を作りあげた  清しい目で屹と見て  清は既にお察しの事と思うが  清は余り長くつけて置いては  清の文字通りの献身的な努力もあったらしい  清は猛然奮い起った  清しい目で私の顔をつくづく見ていた  清と云い話し  清に教えて居た  清しい目で私の顔をつく  清お清とすぐ呼ぶ  清暑堂の御神楽と混淆して居ないとも限らない  清はこの頃ではすっかりなれてしまった  清の小説筆記の類から二百二十種の怪奇談を抄出した  清に至るまでの  清が来ましたぞ  清に物をうらせて  清の家はかげも  清の姿が水口の前にあらわれた  清に会った  清の雍正十年六月の夜に大雷雨がおこって  清はビールのビンを手にして  清の頭に昨夜の光景が映つた  清は背後の食卓にゐる  清は金を出した  清は先に立つて出ながら  清は聞き  清はとかとかと一人になつて歩いた  清はその風の吹く  清はほつとした  清は先づ立つてゐる  清はそれへとおりて  清はマラソンの稽古をしてゐるな  清は皆がゐなく  清は恐る恐る後の方を見た  清を尽し  清初詩家の随筆書牘なぞを読もうとした  清の大宗の軍兵に一泡噛ませ呉れ  清とその男とのことになっていった  清はもと静岡で女工をしていた  清は男を捨てて  清は逃げ廻っていた  清のことを話してる  清に近づいていった  清が何だか晴れやかな華々しいものに思われた  清が上半身を見せた  清は化粧刷毛を投げ出して向き直った  清の側にいる  清に親しんでいった  清がそこへ出てる  清へそのことを頼んでみた  清は不思議そうに私の顔を見た  清へは何だかそれが出来なかった  清と約束した  清が出て来てくれなかったら  清は私の前につっ立って  清がやって来ても  清は大抵の者と知り合いらしかった  清は答えていた  清は怒った  清が立って  清は大きなコップに麦稈のついてる  清の混血児顔が一人違っていた  清が暫く話をして  清のことが頭に映ってきた  清の名を口にしなかった  清に出逢うと  清の身体のどこといわず  清の身体に絡みついてゆく  清がしゃがんでいた  清は立上って  清が来ると  清の見舞物に恐縮していた  清は愉快そうに一人ではしゃいでいた  清の方にねじ向いてる  清は勿論父の眼付を感づいてるに  清は時々かすかに身震いをして  清がつけ廻されてる  清はぼんやり云っていた  清が殆んどでたらめに云った  清を見つめ初めた  清は少し身を引いて  清に対する父の凝視には誰も気付かないらしかった  清に夢中になろうとは  清に対して全然性的無関心でいたら  清につき纒ってる  清は次第に醜くなる  清やお新や母の証言があった  清を殺す  清と父との間柄は何一つ発かれなかった  清の趙翼といふ有名な史學者の説によると  清の字を取って  清の竜蔵もあるべき  清の弟に福二という人は海岸の田の浜へ婿に行きたるが  清にからかはれると  清と結婚した  清の倅は双肌を抜いで  清の家へ行つて見ると  清に煽てられた  清だと聞いたんで  清と一処に酒を飲む  清は一体何処に越したの  清や汝喧嘩は時のはづみで仕方は無いが気の毒とおもつたら謝罪つて置け  清の高宗が辺外諸部との交通を禁止した  清の聖祖は鎮撫に名を藉りて兵を出し  清の乾隆帝は之に反して  清や汝喧嘩は時のはずみで仕方はないが気の毒とおもったら  清が言葉を道理と聞く  清を罵り叱って  清は今がたすやすや睡ついて起き  清をばいたわる  清むべき  清と云ふ  清の二男常之助が立てる  清の阮葵生の書いた  

~ 清[名詞]1
外で清と  叔父の清とは  帰つた後で清と  六畳では清と  神代より清の  事ながら清は  清田の清に  目を清  十年来召し使っている清という  おれには清の  母が死んでから清は  これこれだと清に  のかと清に  時などは清に  いつでも清に  のは清の  今までも清に  家を畳んでからも清の  何と思って清の  三日前に清を  顔になるかと清に  それを思うと清なんて  空を見ながら清の  心配をすればするほど清の  のは清を  田舎へ来てみると清は  椽鼻で清の  今日は清の  事を清に  東京から清を  東京へ帰って清と  真心は清に  東京で清と  坊っちゃん後生だから清が  瞳の清  水の清  茶人めいたる清  中に就いて清の  明に背き清に  鎮魂祭と清  かつらと清んで  女中の清が  用事を清に  晩も清は  そこへ清が  驚きから醒めずにいる清を  様子には清まで  子供達や清が  子供二人に清を  晋吉と清とは  子供達と清とを  綾子と清とを  のは清ばかり  晋吉と清とが  ぱッちりと清  貌をふり上げて清  優美な清  関東で清  肉そのものに清  中の清  今私も清も  勝手では清が  台所から清が  方で清が  時は清を  そこへ清の  こちらから清に  米と清が  掛蒲団を清に  声を出して清に  宗助は清に  湿布は清と  たびに清が  米が清を  子守の清が  子守の清の  家に残して清を  定雄は清の  中に清を  子の清の  後ろの清を  今度は清と  一人児だった清は  千枝子と清の  定雄は清と  二つを清に  定雄は清に  疲れで膨れていた清も  千枝子は清の  うちに清も  ひとり息子の清という  帰郷して清に  息子の清に  そうに立っている清を  今までは清も  月夜を清  清明の清の  色に清  シーッと清  シーツと清  何時か清  家に帰りて清  国民を清から  食品として清  内に清は  夕日に清の  希望に充ちた清の  暇つぶしに清を  目たたきもしないで清  名は清と  念入りに清に  判然と清  唐と清とが  作者は清の  時徐かに立ち上って清  清凉山の清の  五ツ六ツ年上の清の  倅の清と  名の清  蔭で清をば  所と清  人は清の  

~ 清[名詞]2
この清  ついでに清  早速清  何だか清  やっぱり清  軽く清  まだ清  黒く清  潔清  且つ清  遂に清  たまたま清  なお清  そのうち清  次に清  わざわざ清  もう清  さだめて清  その清  温清  良清  重清  まず清  定めし清  しかるに清  殊に清  一度清  さんざん清  

複合名詞
鮮美清麗  三木清  清寂  清ちやん  日清戦争記念碑  日清戰爭後  祖父清公  弥平兵衛宗清  宗清殿  景清  宗清  守忠教但馬守経政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人  風清百畝田  清洌  清ッ  清琴楼  清奇  明暢清朗  日清戦争  清ちゃん  清朗  清掻  日清  清ちや  清さん  俗名宗清民  左大臣清平  清平が辱  清平  清平が池  清霜  清祓  清目  横山由清君  大野清敬君  横山由清  坂本清馬君  清味  清麗  日清汽船会社  清逸  上清逸  瞬間清逸  時清逸  日清戦争以来日本  それ以来清逸  清逸一人  星野清逸兄  このごろ清逸  清逸自身  ぶきっちょうに清逸  夜清逸  清吟雑夢寐  山水清絶  日清戦争後  清党工作  清女学校  清修館  鳥居清忠氏  明治二十八九年日清  清むること  清信女  谷川士清  平成清  清徹さ  清國何者そ  清砂通り  清冷  南清  小松清  小松清氏等  小松清等  小松清氏  三木清氏  吉岡清十郎  清十郎  清洗者  清心様  清げ  上清宮  神西清  鳥居清満  江戸桜清水清玄  清満  鹿嶋屋清兵衛さん  清兵衛  川尻清譚君  氷川清話  天帝清太  清太  清大  清軍  征清  日清戰爭  曹洞宗東清寺  東清寺本堂建立  清淨無垢  清淨  金親清  上清  清公使館通訳官浙江  下清二明其心一以對中越之上乎  四清淨戒  命清淨律儀  釈清妙童女  清婦湯他  大方清  日清談判破裂  日清談判  清溝  柳瀬清八  日上様清八  清八  佐藤清君  清衡  清こ  日清役  北清事変  清右衛門  清縄  清吟  藤原清忠  後年日清  君清良  中條清教生交退  あした清  木村清君  清淺晶玉  清韵  日清戦役  清一色  清服  玉清観  清堂  学校カラ帰ルト河井ノオヂサンガ清チヤント一シヨニ来テヰテ  帰リニ清チヤント坂道ノトコロデケイ馬ゴツコヲヤツタガ雪駄ヲハイテヰタノデマケテシマツタ  清チヤンハカケナガラ勇マシイカケ声  紀清  清しき  清艶  清衣  清雲縹緲  日清日露  三木清論  矢張り三木清  ヒューマニスト三木清  清朗和順  石田清右衛門  後輩三木清氏等  純潔郭清会  三木清氏達  河水清徹  石清虚  船清  中清  清ずし  清高  清兵衞  清運動  清國留學生  清國  西風吹送野望清  平清  雲接二蓬莱一七十洲一洗心身清レ従レ水  桝本清  如何ニ岩下清周ニ重刑  清國ガ此レ  屬國トセンガ爲ニ起リタル日清戰爭  日清戰爭ニ於テハ清國ニ從ヒ  日本ガ東清鐵道  澄清  僧源清  積リテ清ル事ナキカ如シ  裴世清  掌客裴世清  臣清麻呂  清君来訪  清君  日清戦争以前  ソヴェート清党運動  清無垢  潔清上品  清義烈  和敬清寂  北清  清聽  清醇  夏清十郎  小沢清  清兵衞さん  薬屋清  二十七清  亀清  海風清砂  二月末高木清寿氏来訪  清渓  日清日露戦争  清躯鶴  清洒  秋篠月清集  清む月  月清集  西島清太氏  心清  齊清四代  創建清眞寺碑  清眞寺内  清眞寺  創建清眞寺碑記賜進士及第戸部員外郎兼侍  創建清眞寺碑記  修清眞寺碑記  小松清氏訳  清正之  家人神吉清兵衛  向後日清戦役  清さん自身  時清さん  親清兵衛景延  清廷  清帝  清凉  高浜清様  丞粕谷十郎倉富利秋板垣七之助東郷八右ヱ門黒田清兵衞澁澤隆榮高橋門次澁谷安右ヱ門眞鍋武利楠次郎正幸清浦善次郎平田東右ヱ門野村惣三郎中田清次郎安田作右ヱ門岡崎藤助井上次郎淺野長義松井藏  清長  魚清  文士画家一時競つて魚清  清後  神田連雀町金清楼  金清楼  松本重清画酔月亭撰新橋雑記  清右衞門どん  清琴樓  すし清  清初  昨年清國  理学者兼清博士  奇人的理学者兼清博士  見え兼清博士  玉川清右衛門  とき兼清博士  清正記  清徹  倉光清六君  神田清右衛門  日清日露役  一番清さん  清さん清さん  清ムル其一ナリ  日清豆粕会社  清まわり  盛華院清  小田清三夫妻  小田清三自身  被告ハ清三ガ  セバ清三ハ  清三ガオキタラドウスル積リダッタカ  被告ハ清三ニ恨ミガアルノカ  シカシ私ガ一番タマラナイノハ清三ガ道子  私ニハ清三ガ道子  スルトソノ時不意ニ清三ガ目  ト云イマスト清三ハ床  清三ガ  清三ガ意識  清三夫妻  門前清  日清以後  二軍営一秋気清数行  松坂屋清兵衛  清献遺言  清九郎  清教派的  清母娘  清夫婦  清はみ  山浦清麿  清麿  運転手高辻清  同夕運転手高辻清  高辻清  明清  日清役平壌戦  鹿島屋清兵衛さん  鹿島清兵衛  井下清君  國清寺  天台國清寺  江清うし  日清戦争前後  七兵衛景清  おい清公  清公  文字清  文字清さん  常磐津文字清  秋田清  北清見聞録  清一統志  日清談判ハレツシテ  日清戰役  清気盈  清ちゃんみたい  范志清  范志清未亡人中敏  清太夫  天気清朗  奥田清十郎  淡路守清房  清房園城寺  龜清  日清役以後  日清戦争以後  吉岡清君  東清鉄道関係者  日清露三国  きの清麗  清衡朝臣  清衡存生  清麗巧緻  一代清衡  清十郎様  清さま  額づえついていた清十郎  吉岡清十郎先生  清十郎先生  吉岡清十郎宛  吉岡清十郎どの  吉岡清十郎  英雄生ル所山河清シ  日清戦争当時  北清事件当時  北清事件  清會典要義  清律例要義  當時清國禍機  北清事變  清代  太清二年  革命以來南清地方  南清地方  清時代  明清時代  乾清宮内  清窓浄机  日清戰役前後  日清戰役後  當時北清在留  清革命  清末  清節  判官菅原清公  唐大使藤原清河ら  日清戰役以後  清童  吉岡清十郎門下  ところ吉岡清十郎  清女たち  みな清女  清女  近く清  而非二制レ治清レ  清律  元明清時代  清むる根本  間清聽  明季清初  皇清經解  續皇清經解  清國行政法  網清  森田清翁  清楽  日清国交破裂  亀清楼  日々清透  望月朴清  清むとかや  支那明清  水清兮  村田清風  清超  日清戦争時期  清津  清経  荘一清  北清島町  通り下谷北清島長  景清公御廟所  景清廟  以前清島町時代  下谷北清島町  清島町  合田清氏  清氏  妙清寺境内  清澄明徹  清荒神  清節孤痩  清む  清涯亭  足利清女どの  清躯  鈴木清  清忠  沢村清十郎  日清戦争劇  鳥居清貞  密話清  相田清祐  祐筆相田清祐  相田清祐殿  近く相田清祐  七変目景清  庭柯烟露清  庄司清喜  盲景清  長江水清シ  山家屋清兵衛  マア日清戰争  日清戰争  清兵  我清氏  清殿  日清戦争以来  清廷之  露清密約  露清特約  露清条約  自ら清韓両国  清麗さ  雲清寺  判官清高  判官佐々木清高  清淨圓滿  清國漫遊  日清戰爭以來  清國保全主義  清國保全  清國分割  露清條  自ら清韓兩國  日清戦争後三国干渉  旧臣錦織剛清  錦織剛清  人半谷清寿氏著  いつか清洒  守護代清高  田中陶清  宮司田中陶清  地頭三河守清房  日清講和談判  それ以後清  喜多武清  日清戦争前  東清鉄道あたり  中村清右衛門  眉目清  生地山寒海水清  清悦孤貧頌  清烈  楼閣清集等  清僧  先輩三木清氏  消息東湖訪問心中清淨  明治二十七八年日清戦争  伜清二郎  秀清  黒沼彦四郎伴清  遊女屋三浦屋清兵衛  武池清二郎  清メ風伯  宰相清忠  右大弁清忠  康清  中原清景  由井清氏  由井清氏藤野漸氏相田義和氏  由井清  前日清戦争  烟霞泉石滿襟清シ  清様  清坊  清忠ら一部  宰相清忠ひとり  日清戦争凱旋  清どん  清クン  清健  清波  神西清君  清忠たち列座  日清戦役後  吉村清尚君  丸清  清朗明晰  清一人  清仏  清忠説  冷泉為清卿  冷泉為清  明清あたり  日清戰爭前  兄頼清  清聚庵  紺尾清桝川仙右衛  貴島清  清麗楚々  息子清七  清七  清七放逐  弥兵衛兵衛宗清  弥兵衛宗清  井上清虎  清凌  兵衛尉清綱さま  清綱さま  小笠原次郎長清  夏清十郎歌念仏  清十郎ぢ  清溪  木下清七殿  清七殿  鹿島屋清兵衛  娘景清  清兄さん  清しき喇叭  清しげ  玄清等  弟子玄清  玄清  清童ぶり  清さん君  清二郎  上布屋清二郎  清二郎さん  清洒風雅  清麗サフィア  兵頭清  清輔  倒懸清影落江隈  清影  清拭日  影横斜水清淺  清淺  日清両国  日清戦争中戦場  清悦  田所清名様  桝本清氏等  清戯  滿洲北清  日清間  清國問題  国学者神宮清臣先生  神宮清臣  如水軒圓清  黒岩清九郎さま  清九郎さま  清九郎たち  黒岩清九郎  二天流黒岩清九郎  赤岩清九郎  清九郎一人  清朗さ  井上清氏  清村井庄兵衛  小西清七郎氏  米清修好條  日清戦争時代  清棲伯  清冷肌  山清路  清正妻  始め景清唐糸等  違つた一種清  清霊  神西清氏  清むる神聖  折柄日清  和気清麿  清娯  清麗玉  清凉世界  清凉感  春章清長政演ら天明  つて清長  後年鳥居清長ら  石川豊信鳥居清  鈴木春信勝川春章鳥居清長  画工鳥居清長鈴木春信ら  清長栄  鳥居清長  清長歌麿二家  絵師清満  清倍子  政信清満  画工清長  天明五年鳥居清  清長時代  これ鳥居清信以来春章文調清長ら  鳥居派五世清満  文化初年鳥居清長歿  歿後鳥居清峰二代清満  清峰  鳥居清  清日本少年  清寧  清しき風  清ムルヲ旨義トスルヨリ  村上清  清原清岡  鷹峯風清月白  清教派  清浦子  良清  日清戦争頃  良清朝臣  清客  美濃清  美濃清一人  清水連嶺  清教主義者  清教主義  尾形清十郎  清むるときは手  清入道  清渓ヲ発シテ三峡ニ  三木清君  清西  西村清休居士  清休  家先清休君  一子東清  東清  清休君一人公  所謂落胤東清  六代東清君母儀  六代西村東清信士  庶子東清  姪清常  清常  十二代清常  眞志屋十二代清常  戒譽西村清  證譽西村清郷居士  清郷  皆十二代清常  清常系  法諡寂苑院淨譽玄清居士  清砂通  清長型  箔料ニトテ清衡令レ献二砂金一云々  清衡令レ押二領王地一  父清衡  父経清  元清  三木清氏等々  代々清僧  夜毎清麗  清操  経清  子清衡  三木清氏等  三木清等  清凉殿  清気機  色清げ  清洌さ  昔白竜清冷  鳥清  清一統圖一  遺文林郎斐世清使國  清一統圖  哲学者三木清氏  景清戦い  景清見参疲れ  景清ここ  景清涙池  日清戦後  清鮮  三木清賞  日清戰爭終局  日清戰爭平和  日清戰爭中  ほか和清  涵虚混太清  清けつ  清紫  神崎清氏  小松清その他  清泊  赤倉清復活  相役横田清兵衛  候横田清兵衛  大徳寺清宕和尚  春日清鶴  清鶴両君  清痩  呂清  上野清  中条澄清  初め上野清  日清戦役前  清導寺  清導寺谷  半井清氏  清冷凜烈  清羮  清羹  田清  日清戦争後一年  清渭  清砂アパート  清ぼん  二代目清兵衛氏  先代清兵衛氏  清津湯  其子清輔  梅清処塾  磯山清兵衛  磯山清兵衛氏  山本清  清土  高本清  清長一枚  旧友坂井清君夫人同道  清元清寿会さら  露清韓語科  東清鉄道沿線  事件落着後清廷  記者清果一籃  尻清兵衛  河上清君  清麗そのもの  前田清君  清貞純真  清龍寺  梅津清源  清盛観  清党  室清め  清韓  征清戦争  清人  清趣  陳清  清仏戦争  春木清  清少年  雪野清  清韻  清淨塵埃  芝清  愛弟清君  清少年ら  清君ら  上日清事件  軍営秋気清  清友亭  清友亭位ひで  作兵衛英清  英清  山辺清流  井上清  澄清洗  清淨界  粥清  清透  清列  月清入道  清僧たち  清夢  宋清  清亮  福島清  子清輔  六条清輔  清輔の  憲清  清輔卒後九条家  村松茂清  寂性清寥居士  清しき声  高清  清讀  清巖  清友  東清倉庫  お前東清倉庫  清湘老人  清洒以外  折清  代々清兵衛  清党ニ付テ  矢野清舵手  瞳清しゅう  磯清氏著  元明清  清通丸  清君たち  浅草清島町  心清げ  廿四日朝頓首望月清平様才谷拝机下EOS  一件ハ石清ニ  清渓寮  一九四〇年三月三木清序論一  金兵衛尉清定  清露兩國  露清両国  露清  清国領土中  酒井清兵衛  清むる風習  清麻呂  清麻呂姉弟  清麻呂自身  神聖清淨  大野清兵衛  同志鈴木清  茶屋宗清  主人宗山清兵衛  宗山清兵衛  清兵衛殿  座付茶屋宗清  二場宗清  清兵衛どの  清これ  清初更俗強制  清むる  清自身  日清戰役後一時朝鮮  清凉山  清兵衛老爺  清勁暢達  清絶  助役北川清  清寧記  清寿さんげ  清寿  井戸清  頃清  日清戦争中  清長寺  一種清寂  清泉いさよ  清日子清原  清寧天皇成務天皇  藪内清氏訳  清愁  清雲香  大戸清上これ  興清滅洋  清二代  明清以後  日清戰役時代  日清宣戦布告  時清  水谷清  くせ清さん  清む音  つて清座  半井清庵  清庵  清凉里  山県虎清  二あな清明け  あな清明け  白樺清しき  清寧天皇  原口清  大元清二郎氏  清怨等  清境  空疎清朗  四境清平  樸透清  清木先生  清木博士  清木大人  清木教授  日韓清古代  渡清  瀬清  左中将清経  清宗  安達清経  清童女  没羽箭張清  張清  吉岡清十郎一門  兄権佐清長  兄清長  斎藤清二郎  清むべ  ゑり清  山田清  清心  厳清会稽人  レ清語  レ清云云  謂下厳清於二  



前後の言葉をピックアップ
清子  潔子  清里  清沢    清々      清水谷  


動詞をランダムでピックアップ
につく居よ弥立ち暴れれわきかえり引き降ろし小切っ現ずる休まっつよまっ討ちとり繰ら保てる預かれる思はほめ締め殺す書取り申し立てれ
形容詞をランダムでピックアップ
しめっぽかっやすかっかぐろはかばかしからわびし七面倒臭ねつき物珍しきエラ近かれきたなけれ難かっじょさいないさとう物凄いきつきあやういくどい