「淀ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 淀ん[動詞]
男は一寸云い淀ん  流れが淀ん  パーソナルコンピューターは淀ん  氣がつくと、青く淀ん  空が淀ん  ごみが淀ん  時その青黒く淀ん  乳白に淀ん  底に淀ん  大気は淀ん  ちょっと云い淀ん  ところだけを堰きわけ、淀ん  滓が沢山淀ん  水の淀ん  霞の輝いて淀ん  光に淀ん  小川が淀ん  奥底に淀ん  下に淀ん  騒然一団になって立ち淀ん  大気が淀ん  淵をなして、淀ん  水に飛び込むと、淀ん  気が深く淀ん  灰が、いっぱい湿って、淀ん  水が淀ん  空気は淀ん  町を圧する重く淀ん  白つぽく淀ん  途中でいい淀ん  生活に淀ん  飽和して重く淀ん  鉱泉が淀ん  そこに淀ん  上に淀ん  蒼々と淀ん  夕空が重く淀ん  身内に淀ん  續いて淀ん  霧が淀ん  復一はさすがに云い淀ん  空気が淀ん  むーっとして、重々しく濁り淀ん  大気の淀ん  方に淀ん  水が黒く淀ん  鉄も少し云い淀ん  霜は云い淀ん  空を映してどんより淀ん  水が、とろっと淀ん  薄白く淀ん  胸から腰と次第に迫り出して、青く淀ん  変に淀ん  紫色に淀ん  水がどんよりして淀ん  冷やかに淀ん  土地、淀ん  ように淀ん  女の深く淀ん  水と淀ん  ようにぞろり満ちて淀ん  胸に濃く淀ん  寂寥が濃く淀ん  蒼黒く淀ん  廂間から淀ん  三度云ひ淀ん  停止して淀ん  鼠色に淀ん  薄闇が淀ん  のに淀ん  風の淀ん  茶の間には淀ん  花が淀ん  ところに淀ん  空気がどんよりと淀ん  空気が重々しく淀ん  そうに淀ん  小六はすこし云い淀ん  濁りに淀ん  タンクに淀ん  音を立てて、その息苦しい淀ん  さを堰き止められて、なまあたたかく淀ん  もの、淀ん  親爺は、淀ん  バクテリアで、毒々しく淀ん  さうに首だけ覗いて淀ん  暖く淀ん  香りが淀ん  赭くなっていい淀ん  気分が静まり淀ん  そこへ立ち淀ん  静かに淀ん  空気が重くどんよりと淀ん  激流がおさまり、みるも淀ん  底にも淀ん  陽がのろりのろり淀ん  言ひ淀ん  輪は淀ん  無気味に淀ん  不安が濃く淀ん  声が沈んで濁って淀ん  黒青く淀ん  陰気にむすぼれ淀ん  下に黒く淀ん  事で忽ちいい淀ん  水は青く淀ん  空気がいささか重く淀ん  人波の淀ん  



前後の言葉をピックアップ
澱む  淀む  澱め  淀め  淀屋橋  よどん  澱ん  世直し  夜中  ヨナカニコエヲ


動詞をランダムでピックアップ
破っ縛せ目ざす盛り上がる揚がらふりしきっ射る住みつい乗切れ突合せ列びまわら整える数えあげれうけもち競い合いはもひっ込み引合せるにらみあい
形容詞をランダムでピックアップ
怪きほこらし余儀なけれなるう珍しゅう照れくさたゆき懐しくっ良かれ奥深かっかたくるしく腹立たしき心憎し見にくし手緩かっ愛づらしいたけりゃ大人しかっ眠たき物物し