「消印」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

消印[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
消印などを検査しますが  消印が読めぬ  消印のある  消印がドウ見ても  消印のハッキリせぬ  消印には伯林とあり  消印の逸れてゐる  消印を透かして見た  消印が大阪市内だと知って  消印が東京である  消印が翌日の日附になった  消印も明瞭で駒込局のロ便になっている  消印ははっきりしていたが  消印の間に二十日ほど経っているが  消印を調べてみた  消印の時間を見ると  消印を見ましたか  消印を読もうとして苦しんでいたが  消印は今朝の五時から七時迄としてありますよ  消印のしてある  消印が六時になっている  消印のおしてある  消印があった  消印で来る  消印を見ると  消印があるので  消印は横浜になっていたが  消印からも確実に証明された  消印で爲替が封入してある  消印が東京の中央郵便局の消印になっていた  消印で帰途に就いたという  消印ある一通の書は浪子の手に落ちたり  消印を消して売る  消印あるものまでもみな洩らさずに  消印が押されていた  消印で栃木県今市附近に国太郎が潜伏していると判った  消印によつて一九二五年十一月十三日のものであることが知られる  消印のヒントンディーン局のある  

~ 消印[名詞]1
郵便の消印が  英吉利の消印の  申告して消印の  封筒の消印を  郵便の消印の  それには消印は  安二郎は消印が  のは消印が  集便時刻を過ぎていたので消印が  配達局の消印も  その頃の消印は  上海の消印の  日との消印の  五月の消印  亜米利加の消印の  小包の消印を  切手の消印を  手紙の消印などを  手紙に消印の  イソダン郵便局の消印の  イソダンの消印の  中田の消印の  局の消印で  トルコ領メソポタミヤの消印が  七里の消印  フォーディングブリッジの消印の  時刻からも消印からも  郵便局の消印で  書留郵便の消印が  中央郵便局の消印に  国府津の消印で  佐世保の消印  印紙の消印を  日本全国郵便局の消印  郵便局の消印  六月二十一日の消印が  郵便局の消印は  スタンプの消印で  

~ 消印[名詞]2

複合名詞
消印機  消印鮮  都度消印  東京中野局消印  消印八月二十七日  



前後の言葉をピックアップ
けし  罌粟  消し  ケシ  消し  けしかけ  けしかける  けしからん  けしき  気色


動詞をランダムでピックアップ
射抜き熟ま弾む参じる敷きつめるおもんもぎとら際す待ち望む私し涸らす躍り込ん支えれ点く涙すいやしめる生き抜く怒鳴せこ育ん
形容詞をランダムでピックアップ
邪魔くさく薄寒真っ白い黒き小やかましく気安く固かっ小気味よまるき広うにぎわしい心強く馴れなれしったらし浅黒かっけだかくじじむさ楽しゅうおもしろにぎにぎしく