「消さ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 消さ[動詞]
火は消さ  芸術家が時に消さ  勇気を消さ  属性は全く掻き消さ  真実に消さ  電燈を消さ  余燼を、消さ  実在は消さ  明りが消さ  噪ぐ声に消さ  一歩一歩風に吹き消さ  水煙に消さ  すつかり消さ  うちに又消さ  望みは消さ  それがすぐ掻き消さ  火を消さ  提灯をも消さ  外燈の消さ  外灯の消さ  灯がぽつりぽつりと消さ  電燈が消さ  感銘からは消さ  音を消さ  発見せられては消さ  風に吹き消さ  音律にも消さ  間なくして消さ  足音に消さ  灯を消さ  余燼は消さ  香が消さ  バッタリと消さ  潮風に消さ  まりもなく吹き消さ  瘴霧を消さ  墨で消さ  指紋を消さ  電灯がパッと消さ  無惨に掻き消さ  風に消さ  姿を消さ  魂を掻き消さ  生命の消さ  存在を消さ  理屈で消さ  夢を消さ  反革命実践はとり消さ  ように吹き消さ  指紋で消さ  ランプは消さ  嵐に吹き消さ  間掻き消さ  中に消さ  もっと星が出て来るにつれて、消さ  話し声で消さ  動きを消さ  映像はにわかに掻き消さ  大切にして、消さ  あかしも消さ  からランプも消さ  電燈も消さ  ために掻き消さ  火も消さ  火はもうあらかた消さ  音に消さ  電気を消さ  さに消さ  もののちからで消さ  からとり消さ  火はもはや消さ  色ランプは、とうに消さ  いろいろに描かれたり消さ  ために消さ  一つも踏み消さ  車内照明を消さ  行燈を消さ  ほうではもうずっと弱く消さ  直ちに掻き消さ  火が消さ  間だけ消さ  自然に塗り消さ  表現力に掻き消さ  言付に消さ  何かは消さ  水をかけても消さ  あとは踏み消さ  水音に消さ  灯が、フッと吹き消さ  みな烈風に吹き消さ  数行をそのまま消さ  音は消さ  一時に吹き消さ  風説に消さ  波に消さ  跡を消さ  跡は消さ  跡が消さ  雪に消さ  何度も書かれたり消さ  面影が拭い消さ  つて火が消さ  劇熱を消さ  上で消さ  希望として、描かれたり消さ  豆ランプを消さ  音に掻き消さ  記憶を拭き消さ  赤鉛筆で消さ  さは掻き消さ  ここで一旦消さ  から、消さ  声に消さ  私達は、掻き消さ  往復したらしく、消さ  足跡の消さ  燭をこそ消さ  ものがあるが、とたんに、ふき消さ  灯は全く消さ  記憶から、消さ  面に消さ  完全に掻き消さ  高談放言に消さ  燭は吹き消さ  間、消さ  骨まで消さ  ピシンと叩き消さ  星も消さ  雨音に消さ  穴に消さ  濤の轟きに消さ  あかりを消さ  いや火は消さ  ものもすっかり消さ  雷鳴に消さ  旅へ出なければ消さ  電灯が消さ  顏が消さ  物音にも消さ  つてすぐに消さ  火縄は消さ  響きに消さ  網で消さ  塔も消さ  肩から上をどんより消さ  ひかりに消さ  急に消さ  感傷を消さ  照明が消さ  これは消さ  それに吹き消さ  かば朝野肝を消さ  焼夷弾を消さ  電灯を消さ  灯火が消さ  真暗に消さ  伝説がまったく掻き消さ  工夫をしては、灯し直すが、つけると、またすぐ消さ  恨みの消さ  雷に消さ  提灯が吹き消さ  火もあやうく吹き消さ  物音は吹き消さ  ひろ子は消さ  響に消さ  歯音に消さ  名前を決して塗り消さ  間に掻き消さ  ものが消さ  影だって、消せば消さ  さきに消さ  ランプが消さ  お雪ちゃんに笑い消さ  姿と共に掻き消さ  燈火が消さ  燈火は吹き消さ  燈火を消さ  尤も電燈を消さ  それを消さ  手で消さ  火がまだ消さ  それを揉み消し拭き消さ  姿は掻き消さ  遊惰に消さ  蝋燭が消さ  ものも消さ  闇に消さ  雑音に消さ  痕が消さ  何物にも消さ  ことも心から消さ  のに消さ  それにも消さ  賽を消さ  限り、消さ  中に突っ込んで消さ  拭ひ消さ  つて一つづつ吹き消さ  名前を拭き消さ  白色を拭き消さ  光に、ぼい消さ  インクで消さ  嵐に消さ  時とともに消さ  物音は消さ  どよめきに消さ  電灯も消さ  音も吹き消さ  日の光りが吹き消さ  灯りを消さ  かば水音に消さ  笑い声に消さ  燈がすっかり消さ  あれを取消しても消さ  街燈が消さ  閑を消さ  燭を消さ  三時間のちには消さ  それは導き出され、消さ  数時間燃えてやがて消さ  矢張り本文は消さ  自筆で消さ  音に、消さ  隙をくぐって、ともすると消さ  風の音で消さ  探照灯を消さ  ライトを消さ  ゴーリキーと書くと消さ  燈りを消さ  みな電燈が消さ  影は今にも消さ  灯はとうに消さ  燈が消さ  区別は消さ  この世から拭き消さ  反撥は決して消さ  真黒に塗り消さ  音で、消さ  足音が消さ  光に消さ  ひとつずつ消さ  いつのまにか焚火が消さ  焚火も消さ  ものだから消さ  これさえ消さ  息のくもりに消さ  上に掻き消さ  一息に吹き消さ  間に消さ  電燈をふつふつと吹いて消さ  匂ひを消さ  火が吹き消さ  音で消さ  のを知ると、消さ  歴史は消さ  名が消さ  潤ひを消さ  朝まで消さ  火焔の消さ  笑いに消さ  明りを消さ  苦労で消さ  雨のひびきに消さ  反射的に消さ  自覚は消さ  自覚的独立性は消さ  感じは消さ  うちに吹き消さ  記念として、消さ  ように消さ  探照灯は消さ  ために吹き消さ  次から次と消さ  中で掻き消さ  香りを消さ  様に吹き消さ  燐燧は消さ  自分で掻き消すにも掻き消さ  毛穴からサッと吹き消さ  先づかき消さ  影もなく消さ  だれも消さ  声で消さ  一語で消さ  電燈は消さ  形を消さ  赤線で消さ  アセチレンも消さ  半分がた消さ  上足痕はすぐに消さ  声を消さ  あかりが消さ  跡かたもなく消さ  騒音に消さ  あかりをすっかり消さ  富江は遂に消さ  同情を全くは消さ  一を消さ  ために、おおかた消さ  跡方もなく消さ  まま投げ込んで、そらそら消さ  音楽で云えば弱めて消さ  後世まで伝えて消さ  危く白熱光を消さ  白雪を消さ  墨色に消さ  世から一時姿を消さ  匂いを消さ  船火事をはやく消さ  ものによって消さ  向い風とかきかけて消さ  リストは消さ  ようにかかれていて消さ  光を消さ  それに消さ  不安も掻き消さ  跡はたちまち吹き消さ  微笑を消さ  何時までも消さ  態度は全く消さ  記憶から掻き消さ  影を消さ  塗りまくられて消さ  十一月三日には消さ  木枯しに吹き消さ  笑い声に吹き消さ  光に掻き消さ  左手も消さ  右手も白く消さ  聴えぬ消さ  ひとつに消さ  声は掻き消さ  あなたに電灯を消さ  声も消さ  豪雨で洗い消さ  灯は吹き消さ  名を消さ  於て、消したり、消さ  燈明を消さ  火の手を消さ  ランプを消さ  音に忽ち消さ  



前後の言葉をピックアップ
今朝  袈裟  袈裟がけ  けさ  袈裟斬り  袈裟懸け  今朝白  ケサセテ  ケサセヌ  今朝蔵


動詞をランダムでピックアップ
組みあげ躍る塗るすべりひる差し当り入れちがっ突あたっ呑みこも砕く復そ思い止まる冀わしゃがみこむころしかざらせきいっこまら面せはやら
形容詞をランダムでピックアップ
しぶい疳高くきたなき憎たらしい男らしきひとしきやるせない囂しい美味程よく寒けりゃ遠慮ない蒸し暑ぎょうぎょうしくなきゃ聞き苦し乏しかっあたたかいねつき高う