「浮か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 浮か[動詞]
保吉は浮か  胸から上を翳して、浮か  脱線したとかで浮か  先生は益々浮か  にこにこしていらっしゃるので、浮か  比は、浮か  エッちゃんは浮か  しかも浮か  学校から帰ってきて、浮か  前で浮か  光に浮か  のを、浮か  薄ら笑みを浮か  なかで、浮か  失敗をすると、どうしても、浮か  事も出来ず、実に浮か  断案を下して落ち附こうとしたが、やはり、どうにも浮か  むるは浮かれ浮か  儘、浮か  何か物足りなく、浮か  日一日と浮か  音を浮か  妙に浮か  私ひとりは、なんだか浮か  これやで余り浮か  片隅に浮か  ところへ浮か  一人で浮か  からね、浮か  草吉は浮か  花魁も浮か  先生は、浮か  怏々として浮か  サト子は、浮か  眼界に浮か  微笑を浮か  頬に浮か  茶の間にすわって、浮か  寮歌をうたいながら、浮か  戎橋筋を浮か  日、浮か  前に浮か  腰を浮か  影像が浮か  酒にも浮か  我々は、浮か  いつになく浮か  傅士仁は浮か  私アまア浮か  兄は浮か  煙草を吸いながら、浮か  所へ浮か  眞達が浮か  それに代わって浮か  笑を浮か  中程を浮か  冷笑を浮か  数限りなく浮かんでは消え、消えては浮か  笑みを浮か  機嫌が悪く浮か  アリアリと浮か  涯に浮か  顔色が浮か  若い神官もなんとなく浮か  松吉が、浮か  片野さんはうなずいたが、何やら浮か  彼は浮か  下へかって依然として浮か  元の浮か  思つたから、浮か  身体が浮か  米友はやっぱり浮か  朦朧も許されず、浮か  友人は浮か  一人が、やっぱり浮か  夫人は浮か  ただでさえ浮か  いくら牧野が慰めても、浮か  一週間目に浮か  まま、浮か  検事は浮か  上へは浮か  二人は浮か  部屋へ引返したが、浮か  気も浮か  暗涙を浮か  しょんぼりと浮か  白鮫号はそんなに軽く浮か  兵馬の浮か  娘の浮か  仏頂寺は浮か  彼の浮か  安心ともつかない浮か  牧師も浮か  久美子は浮か  浅吉は浮か  心に浮か  床にすわりこんで、浮か  妻はふたたび浮か  ように浮か  火影に浮か  初めは浮か  自分も浮か  記憶が浮か  遊び女と浮か  中に高く浮か  油画へ浮か  番作が、その浮か  気が咎めてか、浮か  お前に浮か  周平は浮か  わたしも浮か  怏々として、浮か  父親が浮か  空中に浮か  尊氏の浮か  カリと浮か  幻影が浮か  一枚とってしきりにしらべていましたが、やっぱり浮か  寄席よと浮か  中に浮か  代り立ち代り浮か  仏頂寺が至極浮か  丸山勇仙は、浮か  気持の浮か  上では長くは浮か  身を捨てこそ浮か  無言で歩いて、さすがに浮か  水面に浮か  男が、なんとなく浮か  強情者も、浮か  ここでまた、むらむらと浮か  のは、浮か  気の浮か  通りの浮か  上を這い廻っていられたが、浮か  君を思うて浮か  別に気も浮か  初るは浮かれ浮か  ションボリと浮か  手にもって、浮か  身体の浮か  ぬれば沈まず浮か  一時間ほどすると、浮か  右め、いつも浮か  女工が、浮か  水流に浮か  倉矢までが、浮か  蹲つて、浮か  駒さんは、浮か  一つも浮か  此の際、浮か  夜の浮か  家内は、浮か  家内は、やはり浮か  胸に浮か  横頬に浮か  余念も浮か  姉も浮か  顔ありありと浮か  一髪の浮か  珠と浮か  うちに浮か  彼があまり浮か  古江に浮か  気は浮か  宙に浮か  心は浮か  上に浮か  こちらから口をきいても、浮か  将棋倶楽部へ、浮か  ウィリアムは浮か  一パイに浮か  言つて、浮か  おじさんや、浮か  院長は浮か  大月は一向浮か  間に、浮か  大邸宅が浮か  身体がちつとも浮か  私は、浮か  毎日、浮か  そんとした浮か  癖変に浮か  つてさう浮か  みんな、浮かれた浮か  頭に浮か  紳士は浮か  彼は、浮か  それからまた浮か  井伏さんは、浮か  不安な浮か  体がだるくなって、また、浮か  変に浮か  モウ少し浮か  介は余り浮か  餌では浮か  柱へもたれて浮か  座敷が浮か  二人とも何やら浮か  笠原は蒼い、浮か  下で、浮か  一様に浮か  声も浮か  それこそ浮か  ひとりで浮か  フィアレンサイドが浮か  これも浮か  午後、少し浮か  そうな浮か  天職を忘れて浮かれ浮か  粂の、浮か  ものが浮か  前へ、浮か  荷馬車を、浮か  お前ひとりが浮か  一段落すると、浮か  静かになるまで浮か  庭さきまで浮か  さんの浮か  担ついで籠をぶらぶら下げ、浮か  スゴスゴと、浮か  かな気分もとうてい浮か  間水面に浮か  新蔵の浮か  新蔵はまだ浮か  間に浮か  新蔵は、始めて浮か  昌作は浮か  襟元を思い浮か  米八は浮か  セラダがひどく浮か  何んだか浮か  返事だったので、浮か  男一向に浮か  アパートを辞し、はなはだ浮か  六三郎はやっぱり浮か  小半次だけは浮か  なごやかに浮か  事もなく浮か  徳市はいよいよ浮か  気が浮か  門出にも、浮か  御寮人さんは浮か  吉次は浮か  主人が浮か  証文まで取ってみたが、いっこうに浮か  風に浮か  殆ど耳に入らないで、浮か  顔が浮か  ときはに浮か  かきはに浮か  前に思い浮か  裏手へまわってみたら、浮か  つては、つねに浮か  お爺さんは浮か  いつそう浮か  やうな浮か  浪に浮か  父は浮か  三人が浮か  



前後の言葉をピックアップ
羽化  うか  雨下  浮かん  受か  ウガイ  迂回  鵜飼  鵜飼い  うかうか


動詞をランダムでピックアップ
睨むくどいめんくらいわり投げつける推し量らとびこさ繰り返さ引っ張ろ切離す投げ込ま閉め出し突き当たっ関われねろ切り込ん見つけ出す泊り引きずら浮き上がっ
形容詞をランダムでピックアップ
寝ぐるしいくるしかっ目ばゆ軟かきせちがら疚しきもどかしくっよきゃ我慢強いしるく重苦し痒かっあどけなきねむくっ由々しきやばい角い相応しいねむかっ恥ずかしかっ