「流さ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 流さ[動詞]
いくつも流さ  星とだけは、吹き流さ  声がきき流さ  浮き沈みして流さ  中に流さ  流れに流さ  一孤島に流さ  孤島に流さ  むだに流さ  やうに流さ  涙でも流さ  なつたりして流さ  方へ流さ  水流に流さ  涙を流さ  美作の国へ流さ  四国へ流さ  土佐の国へ流さ  法然が流さ  諸国へ流さ  国々へ流さ  無数に寄り、流さ  西に向かって吹き流さ  鬼界ヶ島に流さ  一緒に流さ  潮に流さ  汗を流さ  言葉が垂れ流さ  熔岩に流さ  奥につつましく流さ  向う岸に取りつくかと見えたが、やはり流さ  力もなくなつて流さ  風にさからい、流さ  涎を流さ  政策的方向におし流さ  トロッコで流さ  血を流さ  洗ひ流さ  上で流さ  佐渡に流さ  水に流さ  方向へ流さ  涙も流さ  必要に垂れ流さ  これがまたたいへんでしてね、流さ  風に流さ  下へ流さ  藏も流さ  大和川に流さ  潮州に流さ  秋田へ流さ  ように流さ  湖中に流さ  濁水に流さ  舵は流さ  罪を犯して流さ  浜へ流さ  順徳上皇の流さ  田畑もすっかり流さ  金が流さ  傲然とおし流さ  海に流さ  のへ向って流さ  商業主義に流さ  異って流さ  空涙も流さ  鎌倉に流さ  今まで夥しく流さ  火花がかなり吹き流さ  安房国に流さ  小港浦に流さ  越後に流さ  佐渡へ遠く流さ  自覚はありながら、こう流さ  土でさえ次第に流さ  出水に流さ  芥と共に浮いては流さ  シベリヤに流さ  時勢に流さ  あちらこちらと流さ  泪を流さ  何処とも知らず流さ  板一枚にしがみついて流さ  二人共涙は流さ  肥料を流さ  馬つなぎも、ことごとく流さ  筑紫に流さ  伊予の国に流さ  馬も流さ  から、だがたんと流さ  国へ流さ  官嘉に流さ  ままに流さ  船が流さ  血しほが流さ  淡島はけがれて流さ  島に流さ  北東へ流さ  潮流に流さ  暗渠に流さ  入水して流さ  頬には流さ  一思に流さ  女が流さ  蛭ヶ小島に流さ  あとを流さ  詩篇に流さ  一般に流さ  海川に流さ  大島へ流さ  つて橋はもう流さ  汗水を流さ  涙をも流さ  ヒダへ流さ  伊豆へ流さ  垢を流さ  瀬にや流さ  苦痛に依って流さ  濤に捲込まれ、流さ  潮流に圧し流さ  河に流さ  流れをもって流さ  ナポレオンの流さ  ロシア人の子孫や、流さ  多助は流さ  箱に入れられて流さ  東へと、流さ  渦にのって流さ  血が流さ  突ん流さ  自分も流さ  塵が、或は流さ  涙が流さ  水と流さ  ところまで流さ  エレーヌに流さ  筏が流さ  島へ流さ  半日も流さ  頼朝が流さ  日蓮が流さ  飯盛颪に吹き流さ  時代に流さ  淡路に流さ  から、流さ  大雨に流さ  材木はあらかたツン流さ  家の流さ  間に流さ  ここへ流さ  川下へ流さ  悠然として流さ  まま悠然と流さ  船と共に流さ  千歳に流さ  橋板に流さ  其罪人は流さ  三千里なり流さ  老人だから流さ  血潮が流さ  早瀬に流さ  雨に流さ  ボートが流さ  佐渡へ流さ  感情にほだされ流さ  土佐へ流さ  犬士の流さ  方向に流さ  別れ別れに流さ  沖合へおし流さ  沖合へ流さ  身体は一度沈んだが、再び浮き上って、流さ  まま背中を流さ  背中を流さ  鎌倉表から越後へ流さ  越後へ流さ  筑紫へ流さ  親王さまが、流さ  みかどが流さ  土佐に流さ  讃岐へ流さ  姿が、浮きつ沈みつ流さ  隠岐へ流さ  中に覆されて、たちまち浮きつ沈みつ流さ  硫黄島へまで流さ  海へ流さ  ために流さ  風雨に流さ  のか、流さ  人々は、斬られ、流さ  東へ流さ  波に揺られ流さ  銀様は、流さ  獄から隠岐へ流さ  人が流さ  川へ落ちて流さ  土砂と共に流さ  信仰には、流さ  紙人形が流さ  なつて、流さ  八丈島へ流さ  方へぐんぐん流さ  洪水に流さ  沖へ流さ  外へ吹き流さ  死骸が流さ  車軸を流さ  川へ流さ  どこかへ吹き流さ  浦まで流さ  風とうけ流さ  情に棹させば流さ  どこからか流さ  微かにまわりながら流さ  習慣では、流さ  和蘭陀へ流さ  わしが流さ  隅に流さ  放心におし流さ  流れにおし流さ  気もなく流さ  神名は流さ  堤防までも流さ  方へ、ぐんぐんと流さ  いっしょに流さ  我故に再び流さ  ヤルートへ流さ  時は流さ  汗も流さ  湯に、流さ  何処まで流さ  つまり最近に流さ  豪雨があるとすぐ流さ  男に流さ  おじいさん涙を流さ  それに流さ  観念して流さ  いつか枕は流さ  罪があって流さ  から浮き名を流さ  血こそ流さ  血は流さ  まにまに吹き流さ  空を流さ  人の流さ  紋附を着流さ  読者に流さ  シベリアへ流さ  から港口で流さ  只中で流さ  最初血が流さ  熱情に流さ  船ぐるみ吹き流さ  寝具と、解かし流さ  風下へ流さ  方へ吹き流さ  通りに流さ  やうに荒涼と引き流さ  暮色が流さ  船が吹き流さ  毒を流さ  以來毒を流さ  毒は必ず流さ  鑛毒を流さ  毒を少しも流さ  背を流さ  二度までも流さ  私の流さ  山奥へ流さ  時流に流さ  呆んやり流さ  事によったら流さ  崇徳上皇の流さ  三人一つ島に流さ  俊寛が流さ  一しょに流さ  備前へ流さ  折等は流さ  ところを流さ  雪溶期は流さ  時に流さ  驩州へ流さ  無人島に流さ  天涯にふり流さ  日下に流さ  孤島へ流さ  関心が流さ  老人から背を流さ  盲目に流さ  強力に流さ  大雨で流さ  代り、又スラリと流さ  ほうへ流さ  大西洋に吹き流さ  二町程も流さ  中に、やむをえず、ぐんぐん流さ  ここまで流さ  鬼界ヶ島にでもまざまざと流さ  東へと流さ  かじは流さ  遠方へ流さ  方々へ吹き流さ  信州へ流さ  趙鼎が遠く流さ  どこへ流さ  ずくともなく流さ  ところに流さ  折から暴風雨に吹き流さ  ゆらゆらと流さ  沖を流さ  雨水に流さ  容赦もなく流さ  本体から言へば、流されたのでせうが、流さ  土佐国に流さ  麻績王が流さ  因幡へ流さ  伊予国に流さ  汗が流さ  洪水で流さ  時に必ず流さ  佐渡ヶ島へ流さ  僕は流さ  讃岐の国に流さ  繩の流さ  奥州外ヶ浜に流さ  風にも直ぐ吹き流さ  三宅島に流さ  新島に流さ  八丈島に流さ  おしみなく並べてスラスラ読み流さ  涙をはらはらと流さ  北の方に吹き流さ  ぱり水に流さ  出水で流さ  流行に流さ  大水で流さ  水が増して烈しく流さ  水にだけ流さ  急流故、流さ  ものは流さ  北の方へおし流さ  家を流さ  気持がいっぺんに流さ  風浪に流さ  淡路の国へ流さ  大隅国へ流さ  まま、グングンと吹き流さ  雪解で流さ  涙こそ流さ  風に吹き流さ  牛はどう流さ  そのままこちらへ流さ  夜郎へ流さ  たびごとに流さ  何物をも流さ  教養ある流さ  汗もろくろく流さ  人を流さ  使いからしが流さ  あたりまで、ふき流さ  北の方に流さ  船がこんなに流さ  もっと北の方に流さ  暗礁におし流さ  方に流さ  がらがらひきずって、なおも流さ  方へおし流さ  しろむきに流さ  暗礁から、流さ  雨にも流さ  静かに低く流さ  ものが流さ  自然に流さ  球根ごとそっくり流さ  何ゆえ式部は流さ  一滴も、流さ  儘に流さ  さの流さ  船はひどく流さ  ワク船が流さ  大橋から神酒一樽を流さ  名を流さ  濁流に流さ  醜名を流さ  横に吹き流さ  それは、流さ  彼らは流さ  昨夜は、流さ  伝馬はもちろん、流さ  泡も消えて、流さ  澪に流さ  暴風に吹き流さ  ぎやうさんに死んだり流さ  中へ吹き流さ  さき風に吹き流さ  だんなこそ、吹き流さ  血の流さ  稲、流さ  出羽に流さ  土には散りて流さ  芸州へ流さ  遠島に流さ  姿が消え去るほど流さ  橋も流さ  血まで流さ  最少を流さ  潸然と流さ  一生懸命にやっていると、ともかくそうやって、流さ  昔流罪人の流さ  こちらへ流さ  讒訴で流さ  殆ど横に吹き流さ  孤独に流さ  山に流さ  私は流さ  一人残らず、流さ  大水に流さ  一同谷間へ流さ  云ふところに流さ  時風に流さ  心持ち、吹き流さ  国府に流さ  法然も流さ  親鸞も流さ  中層に流さ  郷に流さ  舗道に流さ  谷川に流さ  一年ほど流さ  帝の流さ  讃岐に流さ  下から、ふと、流さ  川を流さ  京都から播磨国に流さ  川に流さ  セントヘレナへ流さ  オールを流さ  ホロホロと流さ  しろに流さ  何度橋をかけても、すぐ流さ  所に流さ  方へと流さ  沖に流さ  時代の波に流さ  家がまるで流さ  上家が流さ  家が流さ  天竺へ吹き流さ  海洋を流さ  何処へか流さ  



前後の言葉をピックアップ
長けりゃ  ながけれ  長けれ  長けれ  ながさ  長竿  長坂  永坂  長崎新  ナガサキ


動詞をランダムでピックアップ
ついていけ読み取るいたわりあっ読上げ聞き合せふきまくっ崩れる虐めん飽きよまちがえしそこなっもみ消し釣りゃききもらし落ち合う思い止れ滴らしなりかわり引き入れれ
形容詞をランダムでピックアップ
おそろしかっ温かいがまん強やり切れなうすぐらい怪しゅう淡かっ普かっ楽しゅうあくどし快う古臭しろく軟かいみずみずしつらくっ根深いかなし根づよいまたとなかろ