「洗っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 洗っ[動詞]
から足を洗っ  手でも洗っ  顔を洗っ  薩張と洗っ  僕が洗っ  髪を洗っ  体をくまなく洗っ  石鹸を使って洗っ  からだを洗っ  手を洗っ  球を洗っ  身体を洗っ  余り長く洗っ  足を洗っ  両手をごしごしと洗っ  念入りに洗っ  水で洗っ  屑大根を洗っ  手足を洗っ  ヘチマコロンで洗っ  それを取り替えたり洗っ  フンドシを洗っ  砂を洗っ  おむつを洗っ  湯を煮立てて、洗っ  両足を洗っ  菜を洗っ  ちゃんぼちゃんと岩を洗っ  石油で先ず洗っ  アルコールでよく洗っ  おしめを洗っ  ガラス戸に洗っ  下駄が洗っ  タネを洗っ  もの心を洗ってきた、そしてこれからも洗っ  かおを洗っ  水につけて洗っ  足取りを洗っ  相手にならず、洗っ  のや洗っ  コップを洗っ  それを洗っ  カーテンを洗っ  野菜を洗っ  縄をまるめてごしごしと洗っ  手とを洗っ  ザブザブ顔を洗っ  ものを洗っ  ちょっと水で洗っ  自転車を洗っ  後で洗っ  首を洗っ  わたし顔だけ洗っ  皿を洗っ  きれいに洗っ  水を使わずに洗っ  米を洗っ  顔をすぐ洗っ  皿小鉢を洗っ  身分を洗っ  身元を洗っ  垢を洗っ  傷口を洗っ  葉を洗っ  雨で洗っ  手数は掛けないでも洗っ  血に交って、洗っ  潮水で洗っ  丁寧に洗っ  石鹸で洗っ  身もとはもう洗っ  のか洗っ  面を洗っ  自分の洗っ  床を洗っ  歯を洗っ  二つ三つの瀬戸物を洗っ  塩水につけて洗っ  女が洗っ  浅瀬に洗っ  布を洗っ  湯で洗っ  面でも洗っ  シュッシュと洗っ  自分は洗っ  ゆっくり手を洗っ  唇を洗っ  それから顔を洗っ  人形を洗っ  芋を洗っ  襁褓を洗っ  頸を洗っ  着物を洗っ  局部を洗っ  むやみと洗っ  時間も掛って洗っ  ようになり、洗っ  順々に洗っ  ていねいに洗っ  存分に洗っ  足アふっつり洗っ  冷水で洗っ  信心生活から足を洗っ  オムツも洗っ  隅々まで洗っ  それをよく洗っ  石鹸で一応洗っ  しぶきが洗っ  うちを洗っ  俗気を洗っ  身を洗っ  酒面を洗っ  ッそ足を洗っ  創を洗っ  ゆっくり足を洗っ  体を洗っ  歌集を洗っ  紙のごとく薄く洗っ  芋の洗っ  のを洗っ  顔は洗っ  顔はとうに洗っ  骨を洗っ  旧を洗っ  一つ一つ綺麗に洗っ  茶道具を洗っ  流れにつけ、ごしごしと洗っ  岸を洗っ  顔でも洗っ  身体をよく洗っ  芸妓から足を洗っ  歴史認識から足を洗っ  奇麗に洗っ  傷を洗っ  目を洗っ  疵を洗っ  鍬を洗っ  それをすっかり洗っ  ゆっくり顔を洗っ  食器を洗っ  それが洗っ  右は洗っ  ことなく、洗っ  茶碗を洗っ  お前様足い洗っ  あんた首筋真っ黒じゃないの、洗っ  今ワイシャツを洗っ  ワイシャツを洗っ  茲に洗っ  足い洗っ  ア足い洗っ  思い存分髪を洗っ  淡水では洗っても洗っ  枝を洗っ  物を洗っ  浴場に入ってからだを洗っ  影を洗っ  大根を洗っ  膳椀を洗っ  さらさらで、じゃかじゃかと洗っ  根を洗っ  足は洗っ  一波甲板を洗っ  鍋などを洗っ  尊が、きずを洗っ  水につかってからだを洗っ  毎日オキシフルで洗っ  手だけ洗っ  段々を洗っ  綺麗に洗っ  玉も洗っ  埃を洗っ  苗を洗っ  穢物などまで洗っ  血を洗っ  東京を洗っ  みんな手を洗っ  あじゃあ流し、もう洗っ  洋酒で洗っ  尻を洗っ  馬鈴薯を洗っ  眼を洗っ  であるから足を洗っ  罰と、実に心から洗っ  斯様に洗っ  口を洗っ  復たジャブジャブ洗っ  銀造も洗っ  手をよく洗っ  あとを洗っ  中に、洗っ  ぬるま湯で洗っ  揮発油で洗っ  街路を洗っ  敷石を洗っ  こいつを洗っ  紙を取り出して、よく洗っ  それから手足を洗っ  これを知らずにいたが、洗っ  物だけは洗っ  ざっと足を洗っ  さらを洗っ  カピをごしごし洗っ  いやになるまでよく洗っ  絵の具で、洗っ  流れで洗っ  一部分を洗っ  中が洗っ  背中を洗っ  何度も洗っ  お前がもし真黒く塗られると、洗っ  朝夕皿を洗っ  野菜類を洗っ  生活から足を洗っ  ザブザブと洗っ  井戸でよく洗っ  上手扉から手に洗っ  簀の子を洗っ  君が絶えず精出して洗っ  滅多に洗っ  真青に染っていて、洗っても洗っ  林を洗っ  暁団から足を洗っ  釵を洗っ  モウ一度俗腸を洗っ  櫓柄を洗っ  水を貰って洗おうとすると、ただ洗っ  女に洗っ  それをしきりに洗っ  柄だけを洗っ  から瓶子を洗っ  水道で洗っ  波が、あんなに白く、洗っ  ゃかちゃと鍋を洗っ  馬を洗っ  堰でせっせと洗っ  農具を洗っ  貧乏徳久利が洗っ  金盥で洗っ  むきになって洗っ  身許を洗っ  経歴を洗っ  ものは、洗っても洗っ  泥を洗っ  底を洗っ  縁故さきを洗っ  足でも洗っ  彼女を洗っ  杯を洗っ  洗物でもあれば洗っ  兎に角顔を洗っ  器を洗っ  足もとを洗っ  水で洗いまさあ、洗っ  一日に洗っ  ちょっと顔を洗っ  返り血を洗っ  腸を洗っ  顔など洗っ  独り耳を洗っ  足まで洗っ  波で洗っ  潮で洗っ  蚕籠を洗っ  菜っ葉を洗っ  素姓を洗っ  痕を洗っ  こっちで洗っ  奴だか、よく洗っ  ことを少し洗っ  通りは洗っ  十分に洗っ  黐は洗っ  羽を洗っ  それから水で洗っ  それを少し洗っ  冬菜を洗っ  行状をよく洗っ  朝水を換えてよく洗っ  塩から出してよく洗っ  除ってしまってよく洗っ  除って洗っ  最初塩で揉んで洗っ  塩水で洗っ  紙を取ってよく洗っ  塩水へ漬けて洗っ  もう少し種を洗っ  もう少しほかを洗っ  外をよく洗っ  あいつの仕事さきを一々洗っ  ことを洗っ  蚊帳を洗っ  墨を洗っ  盤台を洗っ  身もとを洗っ  無駄と思って洗っ  軒別に洗っ  仲間を洗っ  ついでに洗っ  親分、すっかり洗っ  行状を洗っ  正体を洗っ  人足部屋を洗っ  ひと通りは洗っ  具足を洗っ  心を洗っ  身元はどうして洗っ  血でも洗っ  ことは洗っ  ぺたを洗っ  伸棒を洗っ  蕊なら洗っ  構えをせっせと洗っ  一人残らず洗っ  櫃の洗っ  根太を洗っ  五体をしきりに洗っ  熊を洗っ  根本を洗っ  手も洗っ  坊主頭を洗っ  頭を洗っ  酒瓶を洗っ  筆を洗っ  キレイに洗っ  音で洗っ  ベンジンで洗っ  不良ダンス教師を洗っ  ものだと思って洗っ  涙で洗っ  総がかりで洗っ  硯を洗っ  鵞鳥でも洗っ  地膚が白くて、洗っ  朝晩欠かさず洗っ  シャツを洗っ  わたしが洗っ  足も、洗っ  其根から根を洗っ  さっきから顔ばかり洗っ  残滓を洗っ  天窓から洗っ  イクラカ念入りに洗っ  方面を洗えるだけは洗っ  ちょっと想像がつきません、洗っ  ナヂェージダを洗っ  腸を抜いて洗っ  戸籍を洗っ  着物をよごしたら、洗っても洗っ  頭髪を洗っ  みんなで洗っ  ところ、すっかり洗っ  凭せて洗っ  白筆を洗っ  石垣を洗っ  首筋を洗っ  二つ三つの皿小鉢を洗っ  自分を洗っ  皿などを洗っ  塵埃を洗っ  命を洗っ  お茶椀も洗っ  おかわを洗っ  謀叛以来一度も洗っ  衣服も多少は洗っ  身辺を洗っ  それで洗っ  それから頭まで洗っ  頭とを洗っ  何時までも洗っ  煎茶器を出して洗っ  クリ抜いて、よく洗っ  ふたり、ひっそりからだを洗っ  田舎から足を洗っ  汚れものなぞも洗っ  どこを洗っ  ように洗っ  夏草の根を洗っ  方によって洗っ  何か洗っ  こちこち瓶を洗っ  自力で洗っ  生産制限やらで、洗っ  眼をよく洗っ  女たちの、洗っ  処を洗っ  手で洗っ  海水で洗っ  二つ三つ海水で洗っ  顔をごしごし洗っ  さっき髪を洗っ  幾分なりとも洗っ  掃除したり洗っ  両手を洗っ  家じゅう総がかりですっかり洗っ  トラックを洗っ  のは洗っ  こんどは洗っ  卵で洗っ  墓石を洗っ  台所で洗っ  小川まで行って洗っ  身体でも洗っ  配合して手ずから洗っ  方がいくら洗っ  ものを出しかけて洗っ  お鍋を洗っ  身辺をすこし洗っ  手先を洗っ  ホースで洗っ  二人してからだをすっかり洗っ  体などを洗っ  麦飯茶屋を、洗っ  皿なんか洗っ  ときおむつを洗っ  意見、洗っ  毛を洗っ  ちょっと御覧なさい、たった今洗っ  膝を洗っ  塩水でよく洗っ  舗道を荒っぽく洗っ  前に洗っ  外では焦れて怒って、しきりに洗ってくれ、洗っ  水をもって洗っ  彼らを洗っ  ザッと洗っ  河岸を洗っ  砥石を洗っ  皿も洗っ  もう少し病気がよくなったら洗っ  ようで、洗っても、洗っ  一つものこさず洗っ  腸を出して洗っ  一度に洗っ  髪まで洗っ  葉を刻んだり洗っ  何かを洗っ  手水鉢で洗っ  漬物を洗っ  丹念に洗っ  ざぶざぶ枠を洗っ  内部が洗っ  最近念入りに洗っ  石を洗っ  杭を洗っ  著物を洗っ  雲が、洗っ  鉢を洗っ  尻まで洗っ  船を洗っ  けが身体を洗っ  うちに洗っ  グラスを洗っ  小川で洗っ  自分が洗っ  朝顔を洗っ  犬などを洗っ  舗道を洗っ  今日お餅を搗いたなりで、まだ洗わないから、がさがさしてるが、洗っ  水菜を洗っ  自然が洗っ  男を洗っ  跡を洗っ  焼酎で洗っ  髪の毛を洗っ  みをとり、あげて洗っ  私は洗っ  汚れも洗っ  器皿を洗っ  之をゴシゴシ洗っ  すがと洗っ  耳を洗っ  脛を洗っ  網をじゃぶじゃぶ洗っ  厳重に洗っ  徳利を洗っ  悪魔の足でも、洗っ  秀子は洗っ  過去を洗っ  それから足を洗っ  爪まですっかり洗っ  汚濁を洗っ  一つ髪でも洗っ  あしを洗っ  土を洗っ  それをせっせと洗っ  それを度々よく洗っ  江戸中へ響けとばかり、洗っ  伝馬船をよく洗っ  それからあくでよく洗っ  石鹸をつけて洗っ  素材生産から足を洗っ  アルコールで洗っ  舷から手を洗っ  不愉快をだんだんと洗っ  柄じゃない、洗っ  おらいつでもよく洗っ  これで洗っ  頭あ洗っ  突込んで洗っ  両手をよく洗っ  牛を洗っ  やつを洗っ  総ざらいに洗っ  師匠を洗っ  周囲を洗っ  足をも洗っ  汚物を洗っ  ひとつ、洗っ  鶴嘴とを洗っ  児を洗っ  蚕席を洗っ  甲板を洗っ  ここを洗っ  からだじゅうは洗っ  波が洗っ  チヂミ屋を結びつけて洗っ  草紙を洗っ  下駄を洗っ  それを一々に洗っ  素姓は洗っ  そいつあまっさきに洗っ  もとに洗っ  おふくろを洗っ  そいつを洗っ  まま母を洗っ  それも、洗っ  頭から手から足まで、すっかり洗っ  江戸錦を洗っ  身がらでも洗っ  ほうを洗っ  ょっくらご番所を洗っ  何を洗っ  枝豆をせっせと洗っ  アルボース石鹸で洗っ  汗水たらして洗っ  ほうは洗っ  さるしばいを洗っ  様子を洗っ  どこで洗っ  九軒をもう洗っ  から、ひとっ走りいって洗っ  一枚一枚葉を洗っ  中も洗っ  手頸を洗っ  ほうから洗っ  女を洗っ  はいいが、回って洗っ  身がらを洗っ  風呂でいくら洗っ  それを詳しく洗っ  さきに洗っ  三百人たぶらかそうと思ったが、何もかも洗っ  者十八人を洗っ  小屋者なら、とうに悉皆洗っ  師匠はねえか、洗っ  靴を洗っ  想いで洗っ  大丈夫だろう洗っ  足など洗っ  鍋を洗っ  ハンナが洗っ  区別をすっかり洗っ  面白そうに洗っ  音を立てずに洗っ  能面を次々に洗っ  水面を眺めながら洗っ  それから頭を洗っ  お前の洗っ  解剖器械を洗っ  十分につけてゴシゴシと洗っ  うちで洗っ  皆負って行ってすっかり洗っ  洗面器で洗っ  お茶わんすこし洗っ  交織等なくなったので、洗っ  生地一色しか有りませんが洗っ  大事に洗っ  心持よくなかったので洗っ  この間顔を洗っ  志賀のは、よく洗っ  釜を洗っ  障子をせっせと洗っ  生首を洗っ  女の洗っ  首級を洗っ  奥座敷で洗っ  着物をこうして洗っ  えりに見たら、まだ洗っ  マキでわかして、運んでは足し、洗っ  東京では洗っ  油で洗っ  髪でも洗っ  躾みとして、ね、洗っ  部分を洗っ  何度顔を洗っ  一升徳利を洗っ  軒並みを洗っ  非を心から洗っ  石崖を洗っ  胸を洗っ  塵をすっかり洗っ  交渉したが、洗っ  板を洗っ  丼を洗っ  我のせっかく洗っ  夢を洗っ  ふところには、洗っ  井戸ばたで洗っ  顔をそこそこに洗っ  中は洗っ  チャンと洗っ  粟を洗っ  眼をも洗っ  中で洗っ  ほこりを洗っ  たいじなお湯飲みを洗っ  部分は洗っ  洗面所で洗っ  ガチャガチャ手荒く洗っ  つぎを洗っ  指を洗っ  浪が洗っ  サラダ菜をむしって洗っ  咽喉を洗っ  牛蒡を洗っ  兎に角足を洗っ  



前後の言葉をピックアップ
荒立てよ  荒だて  あらだて  荒立てる  あらだてる  あらっ  荒っぽ  荒っぽい  あらっぽい  荒っぽう


動詞をランダムでピックアップ
切り取れ取りこめ引っこ抜く色めい吹き払お結き呼び交しあやまる思い乱れる償い立ちこんのりうつら押しかぶささしかざすすりこん出しつぶる惚れ込め突き返し
形容詞をランダムでピックアップ
まましき幼き温かく可笑しかろ畏れ多く願わしきあおいあらし気疎すくなきわりなく好く憎憎し胸ぐるしいはらだたしくつまんなかっ淋しく奥ゆかしき差し出がましい