「洗い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 洗い[動詞]
ザブザブと洗い  顔を洗い  皿を洗い  手を洗い  驟雨暑気を洗い  水にて洗い  眼から血が出ている、早く洗い  それが洗い  足を洗い  体に洗い  舟ばたを洗い  体を洗い  香湯で洗い  これで洗い  時間に洗い  ざあざあ顔中を洗い  両手を洗い  ぼんで洗い  土を洗い  がらんどうになり、洗い  谷川を洗い  潮が洗い  乾を洗い  絵を洗い  短刀を洗い  ざあざあ洗って洗い  髪も洗い  汗を洗い  商売から足を洗い  背中を洗い  からだを洗い  お互いに洗い  鍬を洗い  自転車を洗い  温水でよく洗い  足でも洗い  足は洗い  綺麗に洗い  今一度水にて洗い  水で洗い  耳心を洗い  ひと息に洗い  口を洗い  雨に洗い  絵具を洗い  それを洗い  食器などを洗い  墓石を洗い  傷を洗い  丼を洗い  近時急に洗い  きれいに洗い  髪を洗い  着類を洗い  頭も洗い  身をもって洗い  都塵を洗い  頭を洗い  ように洗い  ものをよく洗い  岸砂を洗い  火花を洗い  シャボンで洗い  かおを洗い  痕を洗い  さは洗い  ものを洗い  歌を洗い  流れで洗い  垢を洗い  酒をもって洗い  誰一人としてこれを洗い  骨を洗い  俄に洗い  魂を洗い  心を洗い  土地を洗い  臓腑を洗い  これを洗い  冷水で洗い  傷口を洗い  汚れを洗い  静かに洗い  のを洗い  キュッキュッと洗い  身体を洗い  所を洗い  衣を洗い  股引を執って洗い  豪雨に洗い  名を洗い  茶わんを洗い  ワーリカは段々を洗い  苗を洗い  ものを出して洗い  孔などもよく洗い  観念とが洗い  君自身を洗い  アルコオルで洗い  大根を洗い  ものは洗い  一風呂によって洗い  アルコホルで洗い  仏像を洗い  毎日少しずつふくみ洗い  眼をお洗い  穢れを洗い  店頭の洗い  泡を洗い  面を洗い  泥を洗い  たか白粉をすっかり洗い  とことんまで洗い  お襁褓を洗い  ところはすっかり洗い  心配なんだ、黒くなると二度と洗い  野菜を洗い  土も、洗い  関係を洗い  色を洗い  垢塵を洗い  哲学的衒学を洗い  香油にひたして洗い  一同は洗い  手首を洗い  膳を洗い  沿岸を洗い  海綿で洗い  こころを洗い  ゆっくりお洗い  馬を洗い  書籍が洗い  内幕を洗い  焼酎で洗い  鋏を洗い  熱気をさっと洗い  中を洗い  四肢を洗い  血を洗い  顔とを洗い  腰をかけて洗い  足など洗い  天下を洗い  つむじ風を洗い  湯をくんでやって、さあ洗い  顔をお洗い  鏡面を洗い  尻を洗い  私がこれから洗い  香いを洗い  灰をつけて、ひっそりと洗い  酢にて洗い  水でよく洗い  水にてよく洗い  もちっと洗い  身分を洗い  泥足を洗い  跡も見えたが、なにもかも洗い  首筋を洗い  部落を洗い  頬を洗い  石鹸を洗い  葉を洗い  三度も洗い  手足を洗い  根を洗い  敷石を洗い  物を洗い  風をして洗い  下半身を洗い  岸を洗い  海水を洗い  周囲まで洗い  そこで洗い  血痕を洗い  血痕を残らず洗い  顔でも洗い  身を洗い  秘密を洗い  小豆を洗い  尻尾を洗い  名誉を洗い  痕跡を洗い  海藻を洗い  中に洗い  茶道具を洗い  丸太小屋を洗い  底を洗い  弱点を洗い  住居を洗い  重荷を洗い  汚染を洗い  眼を洗い  人波を掃き洗い  一杯一杯泥を洗い  埃とが洗い  粉粧を洗い  心がさっぱり洗い  後口を洗い  口手を洗い  傷口をお洗い  奇麗に洗い  からだをお洗い  子を洗い  ことを洗い  家で洗い  世界から足を洗い  朝顔を洗い  顔を御洗い  風雨に洗い  さっき体を洗い  滓を洗い  鋪道を洗い  腕を洗い  疲れた足を洗い  しずえを洗い  ホーサンで洗い  心をも洗い  食器を洗い  さに洗い  日本を洗い  波に洗い  世界を洗い  気持はすっかり洗い  昂奮を洗い  ッと洗い  崖を洗い  酒で洗い  泉で洗い  清泉に洗い  刀を洗い  鎧櫃を洗い  清潔に洗い  余罪を洗い  水垢を洗い  垢は洗い  生活を洗い  社殿を洗い  塵を洗い  しぶきをかがやかせながら洗い  霊気で洗い  顔をごしごし洗い  ノアの洪水だってそれを洗い  寒潮岸を洗い  雲天を洗い  石鹸は洗い  キレイに洗い  底をも洗い  涙に洗い  海水で洗い  一緒に洗い  ざぶざぶと髪を洗い  物なんぞを洗い  すべてを洗い  顔の洗い  一粒の砂を洗い  井戸端で洗い  既往の謗りを洗い  下から、白く洗い  素性を洗い  湯殿を洗い  顔が洗い  小石を洗い  濁り水でじゃぶじゃぶ洗い  入念に洗い  花は洗い  こころを洗いすて、洗い  食器類を洗い  自分を洗い  皮膚を洗い  そのままからだを洗い  仕事着も洗い  三河だというだけの洗い  アクを洗い  朝までに洗い  巨細に洗い  姓名身がらでも洗い  労力では洗い  凡てを洗い  いまさっき駆けつけて、すっかり洗い  身許を洗い  先に洗い  穴を洗い  下帯などを洗い  大急ぎで洗い  んだから、洗い  あっしが洗い  入舟町へいって洗い  浴室ですっかりよごれを洗い  土手を洗い  真水で洗い  海から足を洗い  丁寧に洗い  奥まで洗い  戦塵を洗い  今となっては何もかも洗い  肉は腐って洗い  罪を洗い  落書きもみごとに洗い  ここで洗い  中をすっかり洗い  米を洗い  順次顔を洗い  後へ廻って洗い  方、洗い  体も洗い  国教宗はすでに洗い  首を、お洗い  大判を洗い  着物を洗い  鍋を洗い  岩とを洗い  さっき顔を洗い  かえると洗い  のも謂わば洗い  肌襦袢とを洗い  防空着を洗い  釜を洗い  足袋を洗い  根本的に洗い  石段を洗い  上のものは洗い  幾たびか洗い  スプーンを洗い  粟をざらざらと洗い  ザアザア歩道を洗い  洗い手を洗い  顔から首まで洗い  足も洗い  さを洗い  豪雨で洗い  何か着いていると云って洗い  裾を洗い  子を育て汚を洗い  肉体に洗い  煤を洗い  

名詞

洗い[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
洗いに風呂場へ行った  洗いふるしたねずみ色の着物の背をまるくしている  洗いに行った  洗いに来て  洗いに行きました  洗いに庭に出ますと  洗いに行き  洗いをひと切れはさむ  洗いに井戸端へ行った  洗いに行かない  洗いになる  洗いになってはなりませぬ  洗いに小春の様な室内から総てが凍て付いた  洗いに湯殿の洗面所へ行く  洗いに行って  洗いに行く  洗い落してゆくかの  洗いに出ると  洗いや塩焼になって  洗いに来ると  洗いをつくった  洗いにつくって食う  洗いを思う存分賞味する  洗いのことを思い出した  洗いをつくらして食ってみた  洗いを食った  洗いをつくらせては  洗いにすると  洗いは今でもやる  洗いからヒントを得て  洗いにして食う  洗いよりは少々厚目につくり  洗いと言っては  洗いを酢味噌で食う  洗いにもいろいろあるが  洗いにして食べる  洗いにして  洗いなどしてから  洗いについて来たくらいだ  洗いに二階の梯子段を降りて来た  洗いに外に出ました  洗いに立っただけじゃありませんか  洗いすました青空がまばゆく切れ目切れ目に輝き出していた  洗いを馳走してくれ  洗いに突堤へ出た  洗いにまいりますと  洗い掛けて置いた  洗いにした  洗い清めてくれる  洗いに井戸端へ出たら  洗いに縁側へ行った  洗いになりますの  洗いがある  洗いに出てくる  洗い渫いサラケ出したばかりでなく  洗いにかかる  洗いになって  洗いになったら  洗いに来た  洗いに裏の井戸端に行くとかいう  洗いが利いて  洗いに毎年の行事として出かけた  洗いをして  洗いに行こうとすると  洗いにきた  洗いもしてない  洗いなどして  洗いに行くにも  洗い清めたのを見ると  洗いに行ってから  洗いにかかって  洗いきよめてつつしんで退出した  洗いもせずに裂いて  洗いに縁側へ出た  洗いに来るにきまっているが  洗いをしている  洗いに行って帰って来ると  洗いにかかると  洗い去られている  洗いにまいって  洗いに作らせといた  洗い清めた白米を或る時間水に浸し  洗い懸けたままで打捨てて有る  洗いだてて  洗いもせず  洗いになっては  洗いにいらした  洗いに降りて  洗いにいってきな  洗いにいった  洗いにいったら  洗いに来ていた  洗い洗ったらどうでござんす  洗いに来たら  洗いに降りてゆくと  洗いに出かけて行く  洗いに行こうとして  洗いに出た  洗い小さくともよいから店でも出し  洗いだててみれば  洗いにかかった  洗い清めらるるような気がした  洗いになった  洗いに立つと  洗いなさりませ  洗いおわりて傍らに重ね  洗いに行って来ると  洗い攫い自分の思わくを話してしまわないだけで  洗いさらした銘仙の半纏を引掛けた  洗いに下りてきた  洗いもしない  洗い磨かれ  洗いに清子が流し元に下りた  洗いにゆくと  洗いも櫛ずりもしない  洗いと鯉こくを出しましたが  洗いに至っては  洗いか刺身にするに限る  洗いよりもむしろ刺身の方に風味があろう  洗いにでも出来まする  洗い去られた  洗いに堪え  洗いになつた時にあらわれた  洗いになつた時に御出現になつた神は天照らす  洗いきよめた船を用意していました  洗いに駈けて行った  洗いに往った  洗いながす音と岸による波のさざめきとが  

~ 洗い[名詞]1
顔を洗いに  からだを洗いに  茶器を洗いに  鯉の洗いが  今晩は洗いに  手を洗いに  魚の洗いを  茄子を洗いに  面を洗いに  雪のごとく洗い  風にして洗い  鮎の洗いを  鮎を洗いに  鮎の洗いの  それが洗いに  鮎の洗いから  わなを洗いに  ものを洗いに  黒だいの洗いよりは  いの洗いも  どじょうの洗いを  しゃこの洗いが  鮎の洗い  他に洗いに  手長えびの洗いの  顔を洗いなど  からだを洗いについて  筆でも洗いに  喰べて洗い  足も洗い  鯉の洗いを  食器を洗いに  梅が洗い  かれいの洗いが  秘密を洗い  足を洗いに  鍋を洗いに  眼を洗いに  襟足の洗い  井戸端へ洗いに  イカを洗いも  火元を洗いに  今顔を洗いに  膳を洗いに  皿小鉢の洗い  曲事を洗い  髪を洗いに  手を洗いも  たへ顔を洗いに  物を洗いに  下屋敷を洗いに  京屋へ洗いに  身もとを洗いに  こよをと思って洗いに  足を洗い  魚も洗いに  子供を洗いに  心痛から洗い  蚕蓆を洗いに  稻の洗い  鱸の洗いの  何処も洗いも  油手を洗いに  顔でも洗いに  鯉の洗いと  鯒ならば洗いにでも  鯒は洗いが  足を洗い洗い  海の洗い  

~ 洗い[名詞]2
この洗い  ずいぶん洗い  随分洗い  注意深く洗い  とっとと洗い  すっかり洗い  すでに洗い  なく洗い  

複合名詞
洗い口  毎日毎日洗い  足洗い屋敷  昼間洗い  筆洗い  洗い返し  顔洗い  髪洗い料  そこここ洗い  洗い水  足洗い  髪洗い  洗いづくり  こちの洗い  洗い灑ぎをしたものが  神輿洗い  ネムリ洗い  信州同様洗い浄め  喰べたのち洗い  箸洗い  洗いよう  ちゃぷちゃぷ洗い  洗い桶  塩洗い  洗い手  洗いただ洗い  ふくみ洗い  洗い泄  ウッカリ洗い  小牛洗い  洗い洗濯  洗いだし  金洗い坂  ほか硯洗い  百桝洗い  首洗い池  面洗い  洗い替え  洗いよう一つ  すべて洗い浄め  洗い金  洗い皮付き  瓶洗い  洗いこのわた  ちのねた洗い  道場洗い  洗い方  ねた洗い  ネタ洗い  洗い村女  目洗い地蔵  足洗い桶  底洗い  洗い紙  一枚洗い  飛石洗い  米洗い  ぱちゃぱちゃとからだを洗い口  大根洗い  ソーダ洗い  洗い時  三度洗い石燈籠  永年洗い  洗い窩め  毛布洗い  洗い油  脚洗い屋敷  洗い浄め  洗い汁  鰓洗い  湯洗い  



前後の言葉をピックアップ
アライ  粗い  あらい    荒井  洗い上げ  洗上げ  洗い上げる  あらいおとし  洗い落とし


動詞をランダムでピックアップ
掻き曇るやって来るむき出す食散らす元気づけよもりこん攫え和らげる綾取詰め込んすっとぶ携われ額づく預かっ引っ掻い埋もれせりあっ思い悩む引っぱたか
形容詞をランダムでピックアップ
仰々しから賎しいかよわしうるわしゅう仰々しい明けれ手緩き忘れっぽくくだらない由無き篤うはげしけれのどけき紅きあぶなけれ青うおとなしけれ眩う恐ろしい凄まじかっ