「波打ち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 波打ち[動詞]
ように波打ち  玉の如く光りながら波打ち  胸は、大きく波打ち  夢中で波打ち  一目散に波打ち  二三間で波打ち  響を波打ち  海面は色濃く波打ち  胸の屡々波打ち  毛の重なり合い、あるいは波打ち  眼は細く波打ち  ように撚じれ、波打ち  胸大きく波打ち  日本に波打ち  激流を作って波打ち  小さな弟と、波打ち  岸辺は波打ち  胸に波打ち  肉も、張りきって波打ち  引幕の波打ち  心はどんなにかハラハラと波打ち  



前後の言葉をピックアップ
なみいる  波うた  波打た  なみうち  波うち  波打  浪打  波打ちぎわ  浪打峠  波打っ


動詞をランダムでピックアップ
かえらはじまら閉める断ち切れ吹きまくれとろかせ進めれ申し聞けつたえる飛降りろ逐う滴らし休み挽くつまぐるたどりつか騒ぎゃ舁か発ちうわる
形容詞をランダムでピックアップ
程よかっ勇ましき長かれ焦げ臭く小さ勿体らしい気持ちよい黒う薄暗し遠慮なし薄寒目覚しくすけれ分厚きむづかし惨い畏れ多い寂しくっ遠白てあつ