「沈む」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 沈む[動詞]
羽はりて、沈む  陽が沈む  沈みに沈む  日の沈む  底に沈む  地に沈む  鉄水母は、もともと沈む  悲に沈む  悲歎に沈む  悲しみが沈む  欺むかれて沈む  ように固くて、沈む  此石の沈む  向こうに沈む  太陽が沈む  瞳に沈む  小首を傾げて考え沈む  ますます悲境に沈む  底へ沈む  物思に沈む  夕日の沈む  いが沈む  下へ沈む  海に沈む  日が沈む  太陽の沈む  気が沈む  液面に浮かび出、又沈む  ものが沈む  愁に沈む  谷に沈む  なかに沈む  霧に沈む  習性に沈む  時代は沈む  夕方太陽が沈む  方に沈む  埃が沈む  浪に沈む  奈落に沈む  日已に沈む  いため水中に深く沈む  外ずすと、ずんと沈む  ぶりと沈む  ざぶりと他愛なく、またもや沈む  眠りに沈む  夕陽が沈む  木の葉が沈む  木の葉か沈む  無学文盲に沈む  方へ沈む  水面に、浮くともなく沈む  先刻日の沈む  大破をうけて沈む  西へ沈む  陽の沈む  憂いに沈む  こころに沈む  歎きに沈む  盡して、漸と沈む  黄色に沈む  自然に沈む  布が浮かぶとも沈む  山に沈む  淵に沈む  光線の沈む  西に沈む  物思いに沈む  夕陽西へ沈む  底へ、沈む  缺擂鉢が黒く沈む  船が沈む  浴ぶるばかり沈む  ことを思うと、暗く、淋しく沈む  げんは沈む  思いに沈む  位置に沈む  風があり、沈む  つて冥想に沈む  弦月の沈む  声も沈む  撫づるちからも海底に沈む  太陽は沈む  春泥にきらりとぬけおちて光り沈む  坂に沈む  波を焦がれつ、沈む  思案に沈む  飛行艇が沈む  考に沈む  なり宝の沈む  段に沈む  海へ沈む  中が浮くか沈む  海の日の沈む  七、浮くは沈む  彼方に沈む  太平洋のむこうに沈む  逆境に沈む  嗚呼憂に沈む  山の端に沈む  つた山の端に沈む  まま奈落へ沈む  水中に沈む  もの思いに沈む  草は思ひに沈む  輪にして沈む  泡を引きながらグングン沈む  から一所に沈む  時は、沈む  嘆きに沈む  波間に沈む  洗はれて、沈む  珠とや沈む  中へ沈む  苦界に沈む  急に沈む  心境平安、澄んで沈む  愁ひに沈む  だんだん深く沈む  さのけはひをうけて、並んで沈む  埃りも沈む  引汐に沈む  船の沈む  水に流して見てやや沈む  鯨は、死んでも沈む  上に落ちかかり、沈む  尾を引いて青々沈む  處に浮きては沈む  眠に沈む  石が沈む  旅を知りつつ、沈む  底に重たく沈む  塵の沈む  汗が沈む  百尋ほど沈む  船がいよいよ沈む  泥沼へ沈む  何となく胸が沈む  鐘楼が沈む  あれが沈む  添ひゆきて、またも思ひに沈む  真正面に沈む  坑口に沈む  げに沈む  気分を掻きまぜ沈む  蜩の沈む  パンが沈む  水に沈む  船は沈む  つた感慨に沈む  和やかに沈む  親船の沈む  仰向けに沈む  松を沈む  今迄沈む  光が最も低く沈む  三寸低く沈む  黙祷に沈む  辺ならば沈む  魚がかかると深く沈む  川へ沈む  月が沈む  さざ波を立てて沈む  憂さに沈む  絶望に沈む  聲は沈む  氣が沈む  声は沈む  歌聲は絶え沈む  底まで沈む  水におぼれ沈む  悲観に沈む  棚曳き、沈む  悲嘆に沈む  水は重くなって沈む  水底に沈む  災難で、破れるか沈む  スースーと浮いたり沈む  ように沈む  ばたばたとはいってくると、沈む  底へと沈む  沈軍艦が沈む  何となく薄暗く沈んで、沈む  錘でしたが沈む  闇に沈む  心、うかれるかと思えばすぐ沈む  五寸くらい沈む  一尺くらいも沈む  スキーが相当沈む  水を吸って沈む  指さきの沈む  水底ふかく沈む  気持に沈む  南よりに沈む  寂寥に沈む  落日の沈む  暗闇へ沈む  重厚味といひ深々と沈む  ざつくりと土が沈む  身を沈む  死体が沈む  ジュラ山脈のむこうに沈む  敏感で、沈む  宵の明星の沈む  それが沈む  心も切に、おりおり沈む  船が、もう、沈む  陰気に沈む  城が沈む  春夏秋冬が、踏めば沈む  日は沈む  影が沈む  恋に沈む  靴も沈む  宍道湖に沈む  西山に沈む  底深く沈んで行きましたが、沈む  境に沈む  私は沈む  山へ沈む  海底に沈む  心が沈む  梵鐘の沈む  泥沼へでも沈む  スウと沈む  窕子は深く思ひ沈む  海底へ沈む  涙に沈む  夜の沈む  淵へ沈む  彼岸中日海中にくるめき沈む  雲居に沈む  俄かに沈む  俄に沈む  先が沈む  身は沈む  鐘の音の沈む  ちの山へ沈む  淵には、沈む  形に沈む  なかへ沈む  燃えるような、沈む  くれなゐ染めて沈む  月の沈む  草へ沈む  遠山に沈む  茎の、且つ浮き且つ沈む  船は直ぐに沈む  物体が大きければ大きいだけ早く沈む  ものよりも早く沈む  星の沈む  海の底に沈む  名詞がある、沈む  私が沈む  ものおもいに沈む  はんして沈む  海中に沈む  それから日が沈む  それからまた出るでしょう、そうしてまた沈む  直ちに水底に沈む  卑屈には沈む  貧窮に沈む  神の沈む  汝等彼を沈む  しき夕まぐれ、うれひに沈む  汚濁に沈む  気の沈む  間に沈む  物の沈む  入口に沈む  處に沈む  訳もなく沈む  それを沈む  タイタニックは沈む  日本に着くまでに沈む  上に沈む  しき悩みに沈む  西日の沈む  旋回しているから、フワッと沈む  影は沈む  ウラル丸が沈む  悲哀に沈む  聲が沈む  日毎にのぼって沈む  彼が沈む  のぼりそして沈む  舟でなくても沈む  沼地に沈む  篠舟にのせれば、思ひは沈む  河口湖底に沈む  もの、どうせ沈む  太陽も沈む  つて湖底に沈む  鍵盤が沈む  ピアノ鍵盤は沈む  鍵盤の沈む  膝まで沈む  火の沈む  海の底に深く沈む  



前後の言葉をピックアップ
静海  沈み  静美  沈魚落雁  しずむ  静めん  しずめ  静め  静めよ  沈め


動詞をランダムでピックアップ
買い被るききとっ仕る慰みはたらけ決定づける息づまら突き合わせる侍るはせよ召しあがり化けよ貶せ咲き打ちとけるせん飼え黒ずん学んときめく
形容詞をランダムでピックアップ
暑くっおいしゅう妖し貧しかっ片腹痛きあぶなっかしいほの暗き精しゆるき口惜しくっ寝苦し懐かしかっなさけなくっ心地よから芳しき敏きあったかかっこまか泥くさくせまくるしい