「汲み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 汲み[動詞]
白拍子のながれを汲み  手桶に汲み  風物記は汲み  意を汲み  樹木からさへ汲み  樹木からさえ汲み  霊感を汲み  うちへ汲み  勇気とを汲み  滾々として汲み  ぬいにとっては汲み  水を汲み  伝統をうまく汲み  努力が汲み  真水を汲み  中に汲み  幾度となく汲み  たびも汲み  新たに汲み  志だけをお汲み  茶釜から茶を汲み  ぼうで汲み  中からすいすい汲み  下から飛び飛び汲み  心を汲み  茶を汲み  心もちを汲み  中を汲み  金性水まで汲み  金性水を汲み  程をお汲み  下女とが汲み  ふもとに汲み  下肥えを汲み  事情を汲み  流れを汲み  酒泉を汲み  酒を乞いて汲み  杯を汲み  道徳的内容を汲み  心底を汲み  作家の汲み  作家的経験から若い時代の汲み  幸福を汲み  仕方がなく汲み  昨夜水を汲み  ゆうべからの汲み  風が汲み  水を忘れず汲み  感情を汲み  手取川まで汲み  ところへ汲み  千里の浜まで汲み  ところまで汲み  潮水を汲み  三度も汲み  思想を汲み  默つて茶を汲み  何でも汲み  汐の汲み  汐を汲み  潮を汲み  お酒を汲み  ポンプで汲み  アリアリと汲み  跡を汲み  彼等は汲み  清水を汲み  悲哀を汲み  厚意だけを汲み  ここを汲み  ことを汲み  石炭を汲み  糞便の汲み  さがあり、汲み  翌朝水を汲み  此山へ汲み  臣自身此山へ汲み  源泉を汲み  水をお汲み  甘酒を汲み  誰か水を汲み  十五杯も汲んでは被り、被っては汲み  酒を汲み  湯柄杓で汲み  お湯を汲み  意が汲み  五分間も廻さなければ汲み  泉まで汲み  それをわざわざ汲み  水を汲み換え汲み  いま水を汲み  意図を汲み  離杯を汲み  思いがはっきり汲み  裡も少しは汲み  坂の下まで汲み  心をお汲み  寛容とを汲み  お湯まで汲み  一杯をなみなみと汲み  浴槽は汲み  返事、汲み  下り立ちて汲み  中から信仰を汲み  味によって汲み  涌出けるを、汲み  自然を深く汲み  五百杯でも汲み  必然水を汲み  水も汲み  偽りなくうつし汲み  洞から水を汲み  湯を汲み  早や汲み  海水を汲み  能く汲み  澄美を汲み  気持ちを汲み  共同井戸から水を汲み  山ほど大きく汲み  二度、汲み  断片中に汲み  愛情の汲み  これこそ嬉しけれと、汲み  間なく汲み  直ちに其意を汲み  さはどうにも汲み  意味を汲み  賀客と汲み  ところをお汲み  茶碗で汲み  妙味の汲み  なかに汲み  さを汲み  うちから、汲み  大井戸まで汲み  酒が汲み  伝を汲み  雇つて甕に汲み  一日仕事でよく汲み  富田五郎左衛門のながれを汲み  力を汲み  諸人と共に汲み  意味が汲み  愛情とを汲み  いのちを汲み  存在を汲み  白湯に汲み  精神をよく汲み  馬柄杓で汲み  元旦若水を汲み  井戸まで汲み  流れも汲み  井戸を汲み  教訓をすら汲み  心持を汲み  ところは、汲んでも、汲み  二斗樽を背負って汲み  情を汲み  価値を、汲み  血を汲み  面影が脈々と汲み  井水の汲み  老媼茶を汲み  岸で汲み  水はなかなか汲み  井戸へ汲み  科學者もまだ汲み  



前後の言葉をピックアップ
熊本  熊山  クマラスワミー  熊ん蜂  クマーオン  ぐみ  くみ  組も  組みかえる  


動詞をランダムでピックアップ
ころば変わっ立てこもりけし飛ばこじあけよ凝る追わきざみつけ書き記さ立ち回りさがすむずかっくすぶら染め付けよとりいる揉み合わみとめ貸せ締め切らとびあるく
形容詞をランダムでピックアップ
くやしゅう物恐ろし鬱陶しき軽くっ尊けれ疑深重ししちくどいかん高く長閑けき印象深いこまかきしおらしかっうすぐらいむつかしかっうら淋しき注意深ぬくう目ざましい恥ずかし