「気色ばん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 気色ばん[動詞]
やうに烈しく気色ばん  葉はひどく気色ばん  片隅に引いて行きながら、すこし気色ばん  滝本は思はず気色ばん  吉川隼人が、気色ばん  中にはかなり粘っこくなったり、気色ばん  彼女はやや気色ばん  呂布も気色ばん  向はうとする気色ばん  ように、少し気色ばん  から、ハッと気色ばん  女も気色ばん  帆村は気色ばん  銀様は気色ばん  自発的に気色ばん  浅田は気色ばん  支倉は気色ばん  何も気色ばん  眉がやや気色ばん  北原が、案外に気色ばん  参謀長が、やや気色ばん  これも気色ばん  助七は気色ばん  兵馬が少し気色ばん  兵馬はまたも気色ばん  卒倒するばかりに気色ばん  相手に気色ばん  玉藻もすこし気色ばん  はずみから、つい気色ばん  今度は少しく気色ばん  声音が気色ばん  圭子が気色ばん  頭目は気色ばん  堀も気色ばん  彼はいささか気色ばん  蜂須賀巡査は、いささか気色ばん  高坂はやや気色ばん  ナターリヤ・ガヴリーロヴナがさっと気色ばん  助は気色ばん  大名心理が出て、気色ばん  手を掛けながら、気色ばん  目には、気色ばん  左右太も、気色ばん  刀を持って気色ばん  彼が気色ばん  



前後の言葉をピックアップ
気色ばま  気色ばみ  けしきばむ  気色ばむ  けしきばん  消口  消しゴム  消ゴム  消し炭  消炭


動詞をランダムでピックアップ
だぶん引っ返そ延せ立込み伸びゆき魘され鎧い附けりゃこまりきっ見やんたちのぼれ造ら行けれかね強まれ積み抱え込ん立合う
形容詞をランダムでピックアップ
勿体なく冷たかろしちくどくきむずかしくでかかっなきゃわすれがたい凛々し人恋し久しかろ生々しい短し赤い速くっむごたらしく長かっ心弱くとめどない土臭くせち辛く