「気持」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

気持[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
気持はラッパのやうに筒抜けた  気持に襲はれてゐた  気持がした  気持で生きている  気持になった  気持になっている  気持できてはじめて真実の和解ということもできる  気持にたって  気持で生きてゆきますけれども  気持はつまりみなさんと胸襟を開いて  気持になったかという  気持から出てきている  気持だと思います  気持はわかりますが  気持より厳粛な気持を私は経験した  気持もそういう気持ではなかったろうかと思う  気持になりました  気持になってきた  気持がすまない  気持になる  気持から来る  気持で受け容れて  気持で死に臨み得る  気持の大半はアラビヤの砂漠をこえ  気持で煙草をす  気持でこんなことを云ひました  気持の悪い程空いて  気持に入る  気持を感じさせられる  気持がする  気持で読んだり耕したりする  気持がシヤンとした  気持は酒好きの貧乏しか知らない  気持が切なく湧いた  気持は何ともいへな  気持よく飲む  気持で草原に寝ころんで話した  気持悪るさ  気持は行乞の体験のない人には解らないらしい  気持になれない  気持が致しやせん  気持よく飲んで酔うて  気持もはつきりして来た  気持よく飲んで歩いて  気持もはっきりして来た  気持で人はそわそわ歩いている  気持で書いた  気持でいる  気持で受けて  気持にもなって来る  気持もわかる  気持で暮して来たが  気持がある  気持もさっぱりして来た  気持でやっているに  気持が強くなった  気持になって  気持にひっかかる  気持がわかるね  気持にはいって来ない  気持にぴったり来る  気持がして来る  気持も在った  気持が幽かに感ぜられただけで  気持を味わった  気持が変った  気持もあった  気持もする  気持がして  気持が解らなければ  気持でさわいでいる  気持をうち切つたら  気持のぴったりしないという  気持にもなってゆき  気持を経験している  気持はよくわかる  気持におそはれる  気持で行きなさいね  気持よく触れます  気持になりかけます  気持も浮むで来ないでもない  気持はどうしても書き現す  気持で眺めていらつしやる  気持をどうか正直に云つて下さい  気持を柔らげちやりなされ  気持が解るので  気持はさつ  気持をもつてゐます  気持がひろがつていく  気持を抱かせるについて  気持に同情する  気持がしたという  気持をもって  気持がおありならば  気持が悪いしするから  気持を抱かずにはゐられませんでした  気持がするだけに  気持で絵を描いたと言う  気持に襲われたりする  気持にもさせられている  気持のわるさったら  気持を体験した  気持で次の自動車を待った  気持に浸りながら  気持は恋愛から入った  気持にはなれない  気持には金輪際襲はれる  気持を起させる  気持になるだろうと思います  気持の荒ぶ  気持にはなれなかつたので  気持がわるくなって  気持をおさえて  気持はよくわかった  気持におそわれた  気持を忍ぶという  気持が自分ながらたしかに解らないので  気持が安定を失して  気持を辻に話そうと思いました  気持はすぐに破れました  気持がきまらない  気持を抱きながら  気持がだんだん大杉さんに傾いてくるほど  気持を追いつめてゆきますと  気持を進めてゆけば  気持に不審の眼を向けました  気持を見出しました  気持が分らなかった  気持になってしまう  気持についなってしまう  気持が一般にある  気持もあり  気持が起って来ました  気持となり  気持になるから  気持にもならなかった  気持がいいと思っていたが  気持の起らない  気持でもあった  気持をととのえた  気持をくさらせて投げてしまわなければ  気持に誇りがもてるわ  気持まで流れた  気持がにわかに引きこまれると  気持がお分りにならないのね  気持がいくらかあるほどです  気持にならないけれども  気持になれなかった  気持を悪くしていた  気持がわるくなり  気持はいよいよしずかになる  気持よくそこに住む  気持をよくした  気持を取り除こうとして  気持の温かさというものはもう起こらなかった  気持でも思い出しているらしかった  気持がしない  気持よく置いている  気持をしずめなければならなかった  気持でこの決心にさえ新しい許可を求めているかの  気持をわかり合いながら  気持でそれを羨み  気持がしましたので  気持を忘れさせ  気持と全く相通じる  気持からとはいえ  気持にもなってきた  気持よく食事を終ったが  気持よく談笑して  気持が顔へまで波及するかと思われた  気持はそんな風に動いていった  気持にはそうしたものがあった  気持が起る  気持にはなれなかった  気持にされていた  気持が動いていた  気持になれ  気持の悪い生欠伸をした  気持を舌の上に乗せている  気持は三隅にも新井田氏にも彼自身を訴えてみる  気持で何んでもいえ  気持で立ち上って  気持に帰る  気持でいっぱいになった  気持は否応なしに押しひしゃがれ  気持でしている  気持を捨てられない  気持の増長する  気持があとからあとから湧きだして  気持で歩いている  気持にもなれないで  気持がしだいに深まっていった  気持を悪る  気持を味わねばならなかった  気持が動いているかを  気持を考えてもみ  気持が動いている  気持をゆがめずに  気持をそのまま先方に移す  気持が何んとなく小母さんに通じている  気持がそのまま現われない  気持に絶対自由を与えなければならない  気持が何よりも先きに立った  気持で今までのことをお聞きくださいまし  気持になってきます  気持よく裾をさばきながら歩く  気持よくふむ  気持を起させた  気持になっちゃって  気持がしますですよ  気持をよく聞いて帰れば  気持を噛み堪えながら  気持を転換さした  気持を入れ換えた  気持の時は全く灰のように冷えてしまって  気持が湧いて来て  気持が彼の考えを支配した  気持にした  気持に飜弄されながら  気持が湧き出して来た  気持がわるいと云って  気持よくこの宿に泊つていられた  気持を言いあらわしました  気持がわるくなりましたが  気持がするではありませんか  気持にとらわれながら  気持になって来る  気持をもっている  気持になれません  気持のよいところではありません  気持がしたが  気持がするよ  気持に圧迫されて  気持を抑え  気持は重くふさいだ  気持を圧倒してこっ  気持を持った  気持のさまたげになる  気持は落ち着いてくる  気持になんの変化もなく自分に接し続けてくれる  気持が次第に鎮まっていく  気持がうまく落ち着かないと  気持だけはたかぶっていた  気持は次第に静まった  気持がおさまるとともに  気持良く読み進む  気持を思い出して  気持が果したいから  気持がふいと  気持を替えようとはかりました  気持だろうと思わせる  気持を表現してゆく  気持が支配していて  気持をむごく楽しみながら  気持に襲われて  気持は微塵もないって云う  気持になって行く  気持が湧起つた  気持を大きくもつて  気持になれば  気持でゐられ  気持をゆたらかに持たれて  気持のいい日がある  気持の満たし  気持もされるので  気持を咬殺す  気持を引き立てて  気持さえ起りかねない  気持でコップ酒をひっかけていた  気持が悪くなるよ  気持はどうだつたでせう  気持になつてしまひましたのよ  気持の納まらぬ  気持でのそりのそりと戻りつつあった  気持をそそる  気持はどうやら転換した  気持でせう  気持をそういう方向にもってゆく  気持よいところが沢山ある  気持が書かれてあった  気持が直る  気持を起した  気持がするだろうかという  気持に襲われました  気持に落ちて行ったかを察する  気持に捉われました  気持まで更につけ加わった  気持で晩酌の盃を嘗めていた  気持で盃を嘗め続けた  気持を感じながら  気持にされて帰らねばならぬ  気持になって云った  気持を悪くするばかしで  気持で警官と別れて  気持になって起ちあがろうとしたが  気持で見遣りながら  気持好く吹いて来る  気持が身にしみた  気持で構内をちょこちょこ走り  気持でしょんぼり家を出た  気持で丸亀を飛び出した  気持で歩き  気持がこみ上げて来て  気持がしていた  気持があとに残り  気持もいつものところへ落着いて  気持がしかし花井に通ぜぬ  気持で眺めたであらう  気持で読み終つた  気持が地味過ぎて  気持にで  気持で読み得  気持で氏の戯曲を読んで  気持は解る  気持に徹底して書かれてゐる  気持に立ち  気持の説明なども可成り穿つて描かれてゐる  気持からユーモラスな気分を感じさせられた  気持が回復したりする  気持の重複を感ぜさせ  気持がスラスラとうけ容れられた  気持は余程複雑ではあるが  気持は純粋な子供に対する愛に依  気持がかなり細かく描かれてゐる  気持を描いてゐる  気持がす  気持を思い出させる  気持にそっくりであることに彼はいま始めて気がついた  気持の悪いったら  気持が起らず  気持からいくらか余裕をつけようとして  気持で言葉少なに美味に向った  気持で生きなければならない  気持が出て  気持がするばかりで  気持は見ちがへる  気持も私にはよく分る  気持で引こ  気持にもなる  気持はそのものとして在る  気持がするので  気持を紛らし続けてゐた  気持を感じた  気持を持てあましてゐる  気持をあれこれ臆測したり  気持は分つてくれない  気持が落着く  気持でゐながら  気持が湧いて来た  気持を紛らし続けていた  気持を持てあましている  気持をあれこれ臆測したりする  気持は分ってくれない  気持でいながら  気持は複雑な思い出で過去へまで拡がった  気持で思い出された  気持が通じた  気持を十分代表していて下さる  気持を避けている  気持になって来た  気持にはなれないがねえ  気持に対してまで偽善的だったりしたら  気持がわからない  気持も察しられた  気持わるくこびりついた  気持を述べた  気持になってしまった  気持が大変貧しくなると  気持が凍って  気持を起させるに  気持はおれとおなじい  気持はまるで解らない  気持がまるで判らないと考えた  気持は判らない  気持で受入れる  気持の部分部分では全く同一でないにしろ  気持のようにも思われる  気持はしなかった  気持を顔に見せた  気持をこらえて  気持で答えた  気持を自分に許した  気持で出て来た  気持を否定しかねた  気持が重くなって来て  気持をもて余して  気持になってしまって  気持をもっており  気持に打ち勝つ  気持になったりする  気持でぽかんとしている  気持など深く考えていなかった  気持の変り易い彼はふと高等学校へ行ってみようかという  気持に似ていた  気持で早々に辞すと  気持は赤井や豹一にははっきりわかっていた  気持がほかの二人にも乗り移って  気持がすっかり身についてしまった  気持でしょんぼり気が滅入った  気持を誤魔化す  気持で見ながら  気持もした  気持を一ぺん正直に書いて  気持で行動する  気持を十年養って来て  気持に拍車を掛けた  気持が思い掛けず  気持は分らず  気持が残った  気持を振い起していた  気持が些かも殺気立って来ないのに弱った  気持になっていた  気持を感じたが  気持をもちながら  気持が妙に動物的なものになってしまって  気持良いといっても  気持が執拗に根をはっていた  気持というものが生れつき備っていなかった  気持が少しだが生れて来た  気持を無理に呼びおこして  気持を押してまで  気持を押える  気持でぱっと赧くなり  気持を味わせられる  気持をごまかす  気持がわかるだけに  気持を多鶴子は敏感に察した  気持を味わされてしまった  気持でしきりに掌をズボンの膝でこすっていた  気持はひそかにあった  気持を含めて  気持で想い出さされてしまった  気持が裏切られてしまった  気持がお互いに湧いた  気持はわかる  気持から押せば  気持もまじっていた  気持でぷりぷりした  気持を強いられ  気持が沈んだ  気持をしょんぼり噛んでいた  気持で体に湯を掛け  気持になり  気持で気持よく見ながら  気持から推して  気持のなかに閉じこもる  気持できいた  気持で坂を登りかけたが  気持に凄んだ  気持で見ていた  気持こそが謂わば  気持さえも削いで行くかに見えた  気持もはずんでくる  気持も重くなって  気持にはならないらしい  気持で引受けた  気持に誘われる  気持になっていたが  気持でさて立ち上つてみますに  気持にもならない  気持にもなると  気持にはまづ滅多には成らない  気持で胸がいつ  気持を暴露した  気持を養成してゆく  気持にさせてやりたい  気持で聴いてゐた  気持でぐるりを眺めました  気持はもうこの時にいい加減こじれていた  気持が露骨になるにつれて  気持がよく分った  気持が分る  気持だけを買ってくれ  気持からであつたことがわかる  気持にひたる  気持を表はしてゐると思ひます  気持になりつつある  気持を正しく持ち  気持で考える  気持がし  気持があつては困る  気持がしなかったと見えて  気持とばかり云え  気持で僕は眺めてゐる  気持を強ひて鞭打たなければならなかつた  気持にされてゐる  気持になつてゐる  気持を含んでいた  気持から離れられない  気持はよく分っている  気持がすると見えて  気持も妙に荒んできて  気持に焦かれて  気持のみが不安な程胸に拡が  気持で仕方がなく決めた  気持が起つたのに  気持を唾棄した  気持になれた  気持をつれなく思ふであらう  気持だつて考へて  気持で訊ねた  気持になりはしないかと  気持を取り返してやらうと  気持が西岡にも見え透いてゐる  気持よく緊圧される  気持も感じて受け取りました  気持の好い事を云って呉れたネ  気持をほんとうに反映して  気持だけを一言のべておきます  気持で家を出て  気持で映って来る  気持よくわかる  気持になつて夢を見てゐる  気持を理解しないで  気持など毛頭感じられない  気持を意識する  気持にひきずられる  気持がわかつた  気持で談笑する  気持がゆつたりと楽になつて来た  気持がゆったりと楽になって来た  気持ばかりが残りました  気持に馴れる  気持で静に裏口を出た  気持の中に溶け込んでしまつた  気持よく飲める  気持にならなかつた  気持よく酔ふ  気持とは一致しないが  気持が主になって  気持にさせますのね  気持にもなったりした  気持よささうにしてゐました  気持よささうにしてゐる  気持で其の満足を求める  気持にならないのでせう  気持よく思われる  気持になってしまっています  気持を抱く  気持があり  気持を与える  気持に傾いていた  気持が悪いから掛けた  気持の中にのこっている  気持でそれを懐中し  気持になつて来た  気持を悪くするよりは  気持までもハッキリと思い出した  気持にフラフラと此処まで追い遣られて来た  気持を味わわずにはいられない  気持が悪いと云ったかと思うと  気持を考えると  気持を制しかねる  気持が主だと思う  気持は実によくわかってるさ  気持をだんだんまとめた  気持にもなったが  気持よく聞こえる  気持になっちゃいられない  気持がもち続けられるか  気持をほぐす  気持がい  気持を撫でられて  気持にまで影響して  気持もあっただろう  気持にもなって  気持がこうしていると  気持を押えていると  気持のバランスを取り直す  気持を他人の上に移して  気持がその生命力に向って起る  気持で船に乗ったの  気持に牽かれて  気持になっていると  気持を堪えていると  気持を見抜いている  気持で見返した  気持は吐かないという依  気持を取戻し  気持に堪えて歩いて行くと  気持に取り残され  気持になりながら  気持の追加が出来て  気持の逃避を保っていた  気持を反撥し  気持にこだわる  気持は微塵も浮んで来なかった  気持を冒涜する  気持の位置が上下した  気持にさせた  気持でいた  気持の上での分量を何も相手に与えないから  気持から出た  気持は手紙を通じて年々に変らぬのみか  気持で一郎さんの絵を買ってかえりました  気持を分って頂く  気持をきいて頂きたいと思って  気持にのって  気持がまざまざと分る  気持のいい内地を去る  気持になっていった  気持をもらした  気持を口に洩らしたという  気持が支配した  気持はまちがつていやあしねかつたと俺あ思う  気持もあんだ  気持よさが声から溢れた  気持が理解できない  気持で鼓でも鳴らしている  気持になりきれないという  気持が潜んでいるからさ  気持はなかなか溶けないで  気持がもてるか  気持を鴻山がつくしてくれた  気持を初めて明かした  気持に迫られていた  気持にはなれた  気持が如何にも落付いて来る  気持をなるべく自分で極めて媼の家を辞した  気持になるので  気持を経験しながら  気持になってきたので  気持が落ちつくと  気持を妙に暗くさへした  気持よさそうに暮している  気持も起りました  気持よげに驚いて言った  気持は私にとって一層不可解になって来た  気持の原型が我々の中に絶対に無いと言う  気持は分り  気持も可なりあるにはある  気持を軽蔑していた  気持に水を差した  気持でもって  気持を訴えてですね  気持があればこそ  気持で書こう  気持で顔を見合せました  気持が落付きませんでした  気持が決めた  気持よく頬を伝って流れて  気持を隠して置く  気持を見抜いていた  気持が頭をもたげ  気持の良い温か味のある  気持が良いといふのを発見して  気持にも浸る  気持にまためぐり合う  気持がなくなって  気持で外へ出た  気持を見破ると  気持を秋三に知らさない  気持のある  気持が胸に拡った  気持を感じると  気持を見出した  気持が起って来ると  気持が流れていた  気持で小屋へ来た  気持でミサ子はさっと紙をつきつけた  気持を感じ始めている  気持で丸ビル前の広場に溢れる  気持が一々わかる  気持で待っていると  気持で過ごした  気持がおありなさいますか  気持がすつかり  気持で考へたりした  気持でうづく  気持から彼を立ち戻らす  気持を全く解放したらしい  気持がすっきりしなかった  気持になってる  気持で持ち上げた  気持で思い出したりしました  気持のする  気持で言ふつもりで  気持があったが  気持とは限らないでしょ  気持が強まるばかりであったが  気持を強く押しつける  気持を抱き  気持を持っていた  気持もなくなります  気持や私に対してした  気持も親しくなるし  気持が一番多く働いて  気持にさわる  気持が動いていました  気持になっていました  気持に駆られました  気持の起る  気持で云った  気持で酒をあおりました  気持が動いてました  気持を云いあらわし  気持もおぼえがある  気持は全くとりつくはがなくなった  気持も何だか誰かに話したい  気持が胸から脚へと流れる  気持は通ぜず  気持が自分でも名状出来ない  気持がしんからふっ切れてはいない  気持を取り戻して  気持を見抜いて  気持を察すると  気持を分担して  気持が人々に分つた  気持も隠しきれない  気持はせぬ  気持で言った  気持もあって  気持は誰にも分らない  気持を分ってくれる  気持に逆はないといふ話ではありませんか  気持は充分にわかる  気持が残つてゐる  気持が楽になりました  気持をすっかりうしなってしまった  気持のいい  気持で居た  気持で居る  気持で誰も話もしないので  気持で見て居た  気持を語って置きたい  気持を言う  気持をもってする  気持を詳しく文字に書き  気持が現われている  気持が画題に含まれて  気持と自分の気持を一つにして  気持としてはむしろ絶対に描き直しをしないという  気持を同時に感じながら  気持で論文を書かれる  気持にもなられる  気持はすぐ落着いた  気持がしてくる  気持になるぐらい  気持は決して持つてゐないのに  気持になるらしく  気持を想うと  気持なと思う  気持ばかりが集って  気持を保つ  気持になって居た  気持を持てたら  気持を抱えて  気持で仕事をしつづけて居た  気持になれないでいたが  気持をなだめる  気持はおありか  気持などにとらわれずに  気持を打つ  気持を理解しているからだった  気持を抱いたであろう  気持も知らずに  気持のわるいのが直るよ  気持が悪くなったり  気持でこの凄絶な天空の光景を眺めている  気持のわるい瓦斯をふきだして  気持さえ起れば  気持にさえなって来る  気持は棄てなければならなかったけれど  気持を誘う  気持に睡ってる  気持は机の曳出に在った  気持よさそうに眺めやった  気持はわかるよ  気持になってしまいました  気持をキット受け入れて下さる  気持であつたのかも知れぬ  気持にさえ成って来た  気持に成った  気持が好いか知れやしない  気持からいろいろと問訊してみたが  気持にもなれるし  気持に油を濺いだ  気持で継母の畠仕事の手伝いをして働こう  気持を暗くした  気持を煽りたてて出かけて行った  気持で呟く  気持で傍観していねばならなかった  気持を考え浮べなどしていたが  気持が悪くてなりません  気持さえした  気持がわるくなると  気持がすくんでいた  気持が分らない  気持もある  気持のいい空気を入れ  気持がまだ浮ぶ  気持でおどる  気持で紙とかみのすれ合う  気持で目がさめた  気持だと思うと  気持のいいほどかるく動く  気持できれいな字で書かなくっちゃあいけない  気持は御ひる  気持で一日を送った  気持には落椿のはかなさといぬはりこの色の様に平凡なものでありながらはなれ  気持で行って  気持を何かにまとめて見る  気持じゃああるまいと思う  気持よく思われた  気持が地のそこから湧き上って来る  気持になって居る  気持と云う  気持にもなればいくどもいくどもうちこまれても  気持をうけた  気持はなおるかもしれません  気持やいろいろそのほかの事を研究しなければならない  気持にならなければいけない  気持がなんにでもついてまわる  気持にさせる  気持は漸く仕事に向って進み始めた  気持は悪意のある  気持はわかります  気持になるかと思います  気持になりませんか  気持はひどく沮喪して居る  気持を尊重して  気持になろうじゃありませんか  気持をよびおこさしめた  気持をわすれて  気持がわるくなった  気持になったので  気持よく伐り倒されて行く  気持にならないので  気持が落附いたら  気持でいるのでさえなければ  気持の悪いものと悪臭とのみちている  気持がまだ幾分かはあった  気持がするかなあ  気持のいい小さな通景を見渡す  気持で腰を下した  気持を御自分の心の中に始終押し隠しておられるという  気持悪くちょっとがたつき  気持にさせられる  気持になれる  気持でこの手紙を読んだ  気持がよいので人の見てない  気持もとりとめの  気持でいると  気持をはりきって  気持を草にも花にも吐けなかった  気持でつきあえたら  気持がわかって来て  気持がそのまま香にもなる  気持がぞくぞくするほど  気持を急廻転させる  気持に襲われた  気持でナースチャが去ろうとすると  気持もしないらしい  気持が彼に対して変るまで待とう  気持に微かに体を揺ぶられながら  気持になつた時に味はふ  気持がわかる  気持を推し計らうとするから  気持の何処にも力の無かつたやうな愚し  気持を忽ち奪はれた  気持が白けたかと思ふと  気持を仕  気持が一杯になる  気持は自分でも変に思う  気持が段々妙に淋しい心になって来る  気持が思いやられる  気持は大抵わかる  気持のよい出来栄えで乱れ  気持がよささうだと  気持ではじまつた  気持が動きはじめた  気持で丁寧に山田の頭を調べた  気持が引続いていた  気持で眺める  気持で見た  気持を現はして下さつても  気持を誇張して  気持で寐巻と着かえて  気持が乱れていますの  気持が浄められて  気持は分った  気持で横になった  気持までがルウズになるうへに  気持にはなれなかつた  気持で稀に暢気な手紙のやうにとりはしてゐた  気持になってしまいましたよ  気持のした  気持をすてて  気持の悪い思いをした  気持で真赤になっていた  気持をたずねた  気持を悪くする  気持が悪くなった  気持を先生に話した  気持をたしかめてみる  気持がよくなったろう  気持がよくなったというが  気持で眠っている  気持をあらわしている  気持がなくなってしまう  気持をゆるめ  気持でいるだろうか  気持でいたか  気持さえする  気持から他人の品物を毀すとしましたら  気持とも違うし  気持にぴたりと合った  気持を私は力強く懐いて  気持がはぐれて  気持がこだわってる  気持をふかく抱いているやも知れません  気持で見つめていた  気持が一ぱいになって来た  気持をいたわり合う  気持でそれを聞いていた  気持で一ぱいになりながら  気持で考えながら  気持で一日じゅうを過ごした  気持になりましてね  気持を有つのを常とする  気持が判らぬ  気持を持つ  気持でここから走り出した  気持で畳の上にごろりと寝ころんでもみましたが  気持は堪えられないくらいに  気持に不自然を感じなくなりました  気持がせいせいしていて  気持できいておりました  気持から云えば  気持はしないけれども  気持で歩く  気持はしない  気持が爽かになる  気持を直した  気持もさっぱりする  気持で顔を見合わせている  気持に抵抗している  気持でサヨは団扇をつかっていた  気持で食卓にも向い身じたくもととのえる  気持を抱いていた  気持の支柱になる  気持に陥っていった  気持を時の蜀人も抱いていたに  気持だけで書く  気持で書く  気持のいい寄席が東一番丁にあって  気持など何もわからず  気持で周さんの後について山を降りた  気持で帰る  気持で鑑賞する  気持で医専に入学した  気持には敏感に同情できて  気持にもなるが  気持も現在の私には有る  気持をみんなひっくるめた  気持を述べたいばかりの  気持になっていたので  気持がだんだん冷たくなるばかりな  気持を味いました  気持にさえなった  気持もきまって  気持がまぎれるだけの  気持になられるかと思えば  気持も含まれていた  気持などが出て来て  気持を悪くした  気持で木箱の上に坐りこんでいた  気持に沈んでいった  気持で帰った  気持になりますよ  気持があった  気持が哀れだから何とかしてくれないか  気持に訴える  気持にはなれますがね  気持もあるが  気持はもはや毛頭ありません  気持だけはお伝えしてきます  気持は必死になる  気持はおつたえしますが  気持をとりなおして  気持でなければいけないのよ  気持を変えて  気持を植えてしもう  気持はわかるが  気持も察してくれなくちゃ  気持にもなれなかった  気持が激しくなる  気持が顔にアリアリ現れているのよ  気持がはたらいていた  気持は分るけど  気持であったということが分るだけだ  気持をひきたて  気持を尊重していた  気持も落付いてくれる  気持がまぎれるという  気持だろうと云いたかった  気持があれば逃げだせるのに  気持が酔って現れただけの  気持があるからに  気持をもたない  気持を多分に失っている  気持も気にかかるし  気持を比較して  気持をピタリと言い当てる  気持がふさがって  気持できいていたが  気持できいていられなくさせた  気持かも知れないがね  気持になるが  気持にこだわるから  気持が改まっている  気持が分らぬでは  気持も尊重してやる  気持が生れた  気持がおだやかになっていた  気持が変るという  気持にもなれた  気持になれるなんて  気持が生れていた  気持を思い出す  気持におそわれて  気持が筆を渋らせていた  気持で書き続けて行った  気持を表明する  気持の結ぼれを揉みほぐしてゐる  気持が折れると  気持は失ひ  気持になつてゐた  気持に駆られてゐた  気持に終止してゐた  気持が弾まないと来ている  気持で前や後ろを見やり  気持がわく  気持で二人を見つめて  気持の受け取れ  気持を悪くしていたが  気持を悪くして  気持をはかりかねて  気持で女の足音のとほりに歩かなければならなく  気持にはさらに感じない  気持で一足一足と近づいて来る  気持よく眼が覚める  気持になじんでいた  気持からでたものにせよ  気持がよし議員諸子を感傷にみちびいたにせよ  気持を告白しなければならないからである  気持を理解した  気持をちつとも  気持がすべてを支配すると  気持をもち  気持をことごとに示し  気持で読まれたか  気持は察せられなくも  気持をそこに汲んで  気持に押し流されて  気持のままに睡りに落ちて  気持には全くならずに  気持が分つて堪  気持になるばかりである  気持を感じてしまひ  気持に随って処理してゆかねばならない  気持よく接するといふ  気持で数時間ゐて  気持がしなかった  気持悪ければいつでも清算する  気持を暗くしたり  気持を深入りさせる  気持にもなれたが  気持がかわって  気持から言えば  気持を支配して来た  気持に来ない  気持になったが  気持を寂しくするにすぎない  気持にも懐ろにも余裕がある  気持もしたほど  気持の絡み合いは  気持もしない  気持で格子戸を開けた  気持で妻がいとおしげに梳ずってやっていた  気持でペンを執る  気持も潜んでいたらしい  気持が釈かれず  気持はおさまらない  気持で送り出しもしなかったし  気持はもっと盲目的に動いている  気持を口にし  気持にも何か動揺があった  気持もしながら  気持もようやく落ち着いて来た  気持の空隙を感じない  気持もありながら  気持になるかと思うと  気持では逢ってもいられないだろうし  気持にもなれない  気持をわざと抑える  気持はよく解るけれど  気持を少し好意的に酌みすぎた  気持が職業心理の憂鬱といった不快な感じを与えた  気持も愛らしいものとは思えなかった  気持に融けこんで来る  気持を判断するだけの  気持悪くおもうくらいの  気持はそこまで進んでいない  気持は絶えずぐらついた  気持に何か滓が残った  気持に駆られ  気持を悪くしていたからで  気持がはっきり見えるのよ  気持を汲んでか  気持を模索するにすぎない  気持では若い時代は常に前時代より優れている  気持で彼は葉子の顔を見るなり  気持が揺れ出すと  気持に駆り立てられ  気持とでも申しましょうか  気持のいいものだと思っていた  気持になっては  気持はちっともしない  気持で生きつつある  気持が楽で打ち  気持に追われる  気持の上の不利ということも分るけれども  気持の上でダメになったらしく  気持のせいがあった  気持の上でダメになった  気持を腐らせているとすれば  気持のオサマリがつかない  気持は滅入って  気持にならなくも  気持が永続する  気持は何を頼りに拡がってゆく  気持を聞きたい  気持が食い違って  気持を危く抑えた  気持にさえなっていた  気持と肉体的の健康さとに対する愛惜に近い気持が手伝っている  気持がいる  気持には幸福な事を知って居る  気持を察してゐる  気持とを圧へられた  気持を通じさせようとする  気持が重苦しくなって  気持になると  気持にはどんな思いがあるでしょうか  気持だといっている  気持になつてしまつて  気持も少しした  気持が必要だといえると思う  気持でいつ  気持を取りかえした  気持は晴れて  気持としっくり合う  気持を心から振りおとして  気持を乱し  気持に落ちてゆきました  気持もしませんでした  気持になって来ました  気持を抑える  気持が苛立って来て  気持はだんだんはっきりして来て  気持は一層切実な要求となっている  気持にしても  気持で謝った  気持で頻りに大きな胸幅や逞しい腕に見惚れている  気持で出した  気持にせきたてられた  気持がそうとう強くこびりついていたからです  気持といっても  気持は世間でいう  気持はせんさくしてみれば  気持で大阪駅から中之島公園まで歩きました  気持とはこのことかと思った  気持が落ちついている  気持でその画塾を出た  気持はぴったりしない  気持を与えてくれる  気持は今日もなお私の脳裏に鞏固に焼き付いている  気持良ささうにしてゐる  気持を覚えた  気持になったらしい  気持だけはいつ  気持が荒んだりするといふ  気持がなんとなくほぐれるといふ  気持が荒々しくなり  気持を増長させます  気持が十分に伝へられるだらうかと  気持がしたから  気持で聞いてみた  気持がいつもあって  気持になられましょう  気持なり励みなりを考えてみると  気持と同じ味のものがある  気持で読み過してはならぬと思ふ  気持よくなるでしょう  気持が幾分か落着いて来ると  気持で眺めながら  気持となる  気持になつて来る  気持がし出した  気持をひき起してくれる  気持で母への返事を書いた  気持がそう云う  気持で観察し始めるので病んで居る  気持で消えて行く  気持を落して行く  気持を思う  気持ではそれを思わずには居られない  気持が私の体のどこかにやがて命も取って仕舞い  気持で元の席に戻った  気持が渦巻き返る  気持になって思いなげに  気持をされなかったと云う  気持はまるで一変して仕舞った  気持も失いたくない  気持に返れるだろうと  気持が私にこれを書かせる  気持になるだろう  気持がしなかったけれど  気持を詮索する  気持で製作にかかった  気持が十分表われていた  気持を打ち明けはじめました  気持に島村は迫られる  気持になってきました  気持の悪さときたら  気持を外へださずに  気持のよい広間に通した  気持がしたよ  気持のよい火がぱちぱち音を立てて  気持を私に起こさせた  気持が気の毒になり  気持に唯一の暗い影を投げていた  気持でなぐった  気持が私の心のうちにおこる  気持を抱き続けて来た  気持になっておさまっているからだ  気持がよくわかっている  気持はわかるけど  気持はいよいよ萎れてきて  気持がしてきたので  気持で署へ来て  気持の張りがなくなって  気持を伝えてくれる  気持のハリがなくなって  気持になったの  気持の弱りで  気持がはずんでき  気持が落着いた  気持が落着いて  気持がはずんできて  気持が傾きかけた  気持がきまった  気持よく感じ  気持よく感ずる  気持が全部わかり  気持は瞬間明るくなったり  気持を考え  気持が皆の心に喰い込んで行った  気持をつかむと  気持で作った  気持にしみ渡っていただろうから  気持が砂を噛む  気持が悪くなって急いで  気持に捕えられた  気持がわかるだろうか  気持になるには  気持が苦茶苦茶してしまつて  気持が育つて  気持をそらさぬ  気持を見抜いた  気持をこまかくきいて  気持で二人ともいた  気持に板挾みになって  気持になると共に  気持が分らなくなる  気持がおわかりだったと見え  気持がおありだったにせよ  気持を意識せずに  気持に鞭うつようにしながら書き続けようとする  気持でお逢い出来ない  気持でいろいろ考え得られる  気持になって歩いている  気持が佳いのでつい何時までも家に帰らずに  気持に鞭うちつつその日頃の出来事をつとめて有りの  気持をこじらせ合った  気持からあまりにも向う見ずな事をしようとしている  気持がいいんだろうと思っている  気持をわるくして  気持よく手入れされ  気持にもなれず  気持も晴れて  気持よく伸びてる  気持が荒まない  気持がほぐれて  気持が隙になった  気持が動いた  気持を通りこして  気持がいたし  気持はいらいらむしゃくしゃしてまいります  気持にはなりません  気持が挫けない  気持に駆られる  気持からのがれてはいなかった  気持よく寝過し  気持のよい旅館を探そう  気持はしないの  気持がいいと蒲団の上に起き上ったり  気持を悪がらせた  気持にならないわ  気持でいるよりは  気持で人ひとり通らない  気持で楽天地から出てきた  気持が出た  気持で新聞広告で見た  気持に突き当ると  気持を芸もなく味わされ  気持はすつかり  気持にそこへ坐つた  気持があるから  気持の好い河原の石の上に横たわりながら  気持にはならない  気持に襲はれながら  気持が分つてたまる  気持だけが分る  気持が滅入つてきた  気持だけして  気持は誰にも分つても  気持がはればれしてし  気持よく家へ帰つて休む  気持も浮かばなかつたし  気持になっていたり  気持も幾分癒やされるだろうと  気持をひそかに抱いていた  気持が落ちつくという  気持を抱かされた  気持からいきなり振り向いて  気持を味わされて  気持が心の奥底にあって  気持でじっと見つめ  気持がよいか比較にならない  気持は軽くなつて来た  気持を持つてゐる  気持がしてならなかつた  気持になつて女の顔を見たが  気持で観ているであろうと  気持さえして  気持がして来て  気持では出来ないくらい  気持はせず  気持も起らず  気持ではありませんでした  気持はあっても  気持でいてもらいたくない  気持がしっかりしていて  気持がしっかりしていない  気持のしっかりしていない  気持が起り  気持になったからでした  気持も幽かにあったに  気持はしませんでしたが  気持が険しくなって来る  気持もかえってたすかるかも知れませんが  気持は微塵もなかつたので長続きがせず  気持を起しながらも  気持を表はした  気持がつづいてゐた  気持の方が先に立つて  気持が腹の底にある  気持が隠されてゐる  気持にはなりきれる  気持がのび  気持ではなかつたにしても  気持は仕事の世話でもしてもらひ  気持がよく分つたよ  気持があって  気持になっちゃいましてね  気持がシャンとなっちまいました  気持ばっかりはわかりませんがね  気持で俺は呟いたが  気持がはたと行き  気持を遮ってしまった  気持に居眠ってしまった  気持でむっくり起き上ってみると  気持だけでぞっとしたが  気持が余りまざまざとしてただけに  気持で帰ってきたが  気持を強いて  気持からの堕落の適用を問題の外におかれるならば  気持に捉われていてはいけない  気持からこっそりと部屋じゅうを歩いた  気持が落着いたと思った  気持は晴々と澄んでいた  気持を暗くして行った  気持の上だけのものであることを恥て怕れながらも  気持を欺いても  気持のいいものとは思わなかった  気持から彼女をなつかしんだ  気持でいたわりながら  気持になってくる  気持が暗くなってくる  気持の持ち  気持がサッパリわからないが  気持が知れん  気持の現れかも知れないが  気持がよくなるまで延しといても  気持で参った  気持に沈み込んでゆきました  気持で生きていられると  気持になってき  気持に遊びくらして  気持がだるくなる  気持を現わして歩きまわります  気持に乗り兼ねて  気持で正視している  気持のいいことに違いありませんからね  気持で恍惚と坐っていると  気持がよく判る  気持はしないだろう  気持がしたくらいですわ  気持になりかけている  気持がなかったとはいえない  気持は一つの言葉にも探せなかった  気持は全くこのような会話はどうでもよいと思われる  気持に圧し伏せられる  気持で睨み合ふ  気持よく映つた  気持よく乾き切つた  気持は何時まで経つても直らないと見えて  気持が去  気持をかばふ  気持はもうすつか  気持の後から浮んで来ると  気持は急に暗い処に引き込まれる  気持を当りちらしながら  気持が頭をもたげ出す  気持も勇敢になりはじめる  気持をおさへて  気持が見え透いてゐた  気持をとり返す  気持がありありと感じられた  気持を娯んだらよかろうと思って  気持を味いたいと楽しんでいただけに  気持が腑に落ちないらしく訊きました  気持は私にもよく分る  気持の違う  気持よく思わない  気持よくそれを承諾して  気持を現わす  気持に誘われるが  気持の縮まる  気持でちよつと風呂屋で着かへて出てくる  気持で貧しい朝の食事をのみこむ  気持で歩いてゐた  気持になれるので  気持で待つてゐた  気持を知ろうとして待っている  気持を頼って  気持にさせました  気持の好いところも有った  気持にたまにはなる  気持は解ったけれど  気持がくすぐったくなってきた  気持が身にしみて  気持でいるらしい  気持と農村に生活する  気持とはまるでちがった  気持はありがたいと思うけれど  気持を推量して  気持で足を運んでいった  気持でぶつかっていった  気持を脅かされる  気持で彼は尋ねかけた  気持で帰ってきた  気持で彼女の姿を眺め初めた  気持にぽつりと黒い影を落していった  気持に似た  気持で考えてから云いました  気持も起らなかった  気持を伝へ合ふだけの  気持といおうか  気持になりなりした  気持がしめつけてきて  気持もしなかったが  気持いい復讎であるらしく見えた  気持わるく壊れた  気持はしませんね  気持の嵩じて来た  気持を紛らせようとして  気持のするほど  気持よく家を出なければ  気持を隠し得なかった  気持になってたずねた  気持を少しも知らぬ  気持にもならなかつた  気持はたしかに後者のようなものがあった  気持とはハーモニイしていた  気持で同じことを考えていて  気持よく対手の麻痺の中に自身を憩わす  気持は感じなかった  気持が落ち目になると  気持を感じさせる  気持が私にわかる  気持よさを感じた  気持におびえる  気持を初めて感じた  気持が自分の胸にドサンと響く  気持がいくらかわかってきた  気持よく走り出して  気持よいという風に汀に向って  気持を落付けさすに限る  気持をおこさせた  気持のような工合でぼんやりテーブルに顎をのっけていたら  気持に浸る  気持になっていません  気持に就いてだけ  気持ばかりでそれを観る  気持などを観ると  気持はしませんでした  気持に余り快哉を感ぜぬ  気持にされた  気持をはつきり思ひ出す  気持を持つてをり  気持のしない  気持は源一にしても  気持が響いている  気持でなくその話をきいている  気持が迫った  気持がうずまいて  気持はその日に限った  気持になりながらも  気持で見廻して  気持に落着いていった  気持も持ってやしなかった  気持が起ってきた  気持で愛し合わなければいけない  気持の上のものだと云うと  気持でじっと見返した  気持へ陥っていった  気持を無意識的に感じて  気持でいようじゃないか  気持からしても  気持に不思議な変化が起った  気持が募ってきた  気持をはっきりさせる  気持へ落込んできた  気持に駆られていた  気持になってはいたが  気持を前に書いておいた  気持になりましたら  気持に落着をつける  気持の上の圧迫を受け続けていた  気持よさそうに眠っていました  気持に人々を誘ひ込んだ  気持になったり  気持もウソじゃないと思うのよ  気持よく笑って  気持がない事は信ずるよ  気持をちっとでも持っていたら  気持が上っすべりに  気持でいっぱいになっている  気持の中には実にさまざまの複雑な深い要素が含まれている  気持になつて安倍さんの方を見てゐた  気持が初めてピツタリと感ぜられて来た  気持も少しべっとりとする  気持を伝えました  気持が悪くなるくらいでした  気持がしました  気持がしたか  気持にはされなかった  気持よくなる  気持にさせられました  気持さえしてくる  気持を覚えたかを書き表わす  気持がひそんでいた  気持がおこった  気持を覚えたかは  気持で椅子に身をおとした  気持もするし  気持は一貫していて  気持は窺われる  気持のいい配給の出来る  気持がわるくなったらしい  気持でゐた  気持で歩いて  気持をもっていた  気持を持続けていられるか  気持になつてふとんや  気持よさはそこに根底を置いている  気持でふらりふらり料理場に向った  気持で始ま  気持からだつたといふが  気持ではなかろうと謂う  気持があろう  気持に襲われはじめるかと思うと  気持は総てを神聖化すると云って  気持で一方は一瞬の間でも早く自分等の口に煮物が入る  気持になったと見えて  気持にはならなかった  気持が湧き上った  気持にもなった  気持は持って居なかったけれ  気持にさせて仕舞った  気持が混じって居る  気持を想像した  気持は持たない  気持が大きくなって  気持が円く行くかと云う  気持はしないけれ  気持がして眠られない  気持をやわらげて仕舞った  気持がただよって居る  気持がただよって居ると云う  気持のわかり  気持でのみ込む  気持で帰って行く  気持で二人を客間に残して  気持を刺戟されました  気持を如何に描きあらわすか  気持はやがて散文も詩も通り越し  気持に陥った  気持のわるいことに覚えた  気持がへんになってきた  気持がわるくてなりません  気持のわるさの源をさぐった  気持を変更する  気持がわるいので起きて  気持よく酔う  気持になって困る  気持は分らぬ  気持で長文の記事を送った  気持があれば  気持を表す  気持もするけれど  気持が進んだら  気持で家路を辿った  気持で肖像を作らせてくれた  気持の緊張のために忘却して  気持で町を電車通りへぬけた  気持が腹の中で燃えた  気持はしませんからね  気持よく飲んで頂きたい  気持となって返ってきた  気持にもなります  気持も手伝つてゐるには  気持でゐられる  気持がしたほどでした  気持は同感できましたし  気持の湧く  気持は常にありますが  気持に引掛っている  気持の上の引掛りが取れるまで  気持を覚えて  気持を抱いた  気持で見ているより  気持も交っていた  気持を抱いて  気持はまだ全然理解できない  気持を懐かせる  気持になるであろう  気持が理解できると  気持が起った  気持を解する  気持が解せない  気持になったか  気持にさせたか  気持も思い合わされた  気持も比較的昂揚している  気持を鎮めようとする  気持は判る  気持が昂揚する  気持のせいかも知れないが  気持が母親の話でみのえの記憶に甦った  気持の悪い程赤く火照らせた  気持の上では頼りにして居た  気持をよく現わして居ります  気持になっています  気持は兎も角徹底した  気持を多少なりとも理解して下さるでしょう  気持がなさるだらうと  気持で毎日を過して居た  気持で暮している  気持を察して  気持に出来ていると思った  気持を起さした  気持から云うと  気持をわるくしてだまって  気持の夢を認めず  気持にならないからだ  気持がわるくありませんでしたらといって  気持で船房に帰った  気持からいえば  気持はだんだん落ちつきを取りかえし  気持がよかったか分りゃしない  気持に眠っているのよ  気持を齎らすので  気持を強ひて振りうごかす  気持を巧みに捉へてしまふ  気持を凝視してみようと試みた  気持が今さらに思ひ返されるので  気持を縦横に綾吊り牽いてゐたかの  気持について朧ろげな輪廓を描いてゐたが  気持を鈍らせるので  気持で考へられなかつた  気持の躓きで  気持などの説明をされる  気持も芝居でも演つてゐるほどな  気持で自分を倒した  気持に悩まされながら  気持を鶴雄が判ってくれるか  気持が鈴子に傾いたので  気持は残っていた  気持もあったので  気持を知らなかった  気持も起らない  気持が変ると  気持を熱くするので  気持は出ませんね  気持が違ふから風邪なんか抜けてしまひますよ  気持で眺めてゐたが  気持を誇張してゐる  気持は一寸い  気持でこの門を潜り  気持で相対してゐる  気持をブツつけ合ふ  気持なんかしないの  気持と共産党員として党組織を信頼している  気持が弱くなってきた  気持からスラスラ書いてしまった  気持はありますが  気持が出て来る  気持がして来た  気持の方に自信をもっていた  気持を後で考えて見ると  気持をそそった  気持に明日の朝までは何んにも知らずに眠れ  気持すらも自分ではハツキリしてゐなかつた  気持がし出す  気持で聞いていた  気持を感じさせられた  気持から妻に会わせたりした  気持を棄てた  気持を払い退ける  気持にさえなってきて  気持のものに打挫かれた  気持を得る  気持で泣いたかといふ  気持は僕にはわからなくはありません  気持が意識されて来た  気持がしみじみと湧いたという  気持が消えなかった  気持を起こさせた  気持が意識されて来る  気持も混じっている  気持でたびたび眼を外らせた  気持を超した  気持を見すかされる  気持と通ずる  気持は無論あった  気持がよわくなったり  気持が突きあげてきました  気持よく遠くの道を歩く  気持はあった  気持をさえ感じました  気持よい水しぶきで顔をうたれる  気持を転換させて  気持にはどんな我慢をさせてもという  気持がよく分る  気持を胚胎させる  気持がわるいしと書いたとして  気持なのだが頭の中がオレンジ色がかった  気持ばかりを考へて居た  気持に駆られ始めて  気持で彼に近づいて  気持にまでもならせるに  気持で玄関から奥へ通ずる  気持は暗くなる  気持を起す  気持を想像してみると  気持に駆られて書いた  気持は今もひきつづいている  気持が少し複雑になっています  気持に突きやられた  気持で新しい浴衣に着  気持と同じものを受ける  気持はありませんでした  気持に襲われながら  気持をそそります  気持でゐるといふ  気持を惹きつけなければならん  気持にさせますからなあ  気持の心境に陥ってた  気持や言草が何だかふは  気持に襲われたので  気持がわからなかった  気持も多分にあつたらうと思ひます  気持が悪くなる  気持のいい絵であると思った  気持のうらで  気持がわいてくる  気持よく逢ってくれた  気持でねた  気持から推してもさういふ  気持がするだらうといふ  気持を示す  気持は察せられなくはない  気持は別々な方向に動いていつた  気持がわかつてきたのよ  気持を味ふ  気持はしばしば起った  気持をこまかくほじくって書いて行く  気持を唆る様な話が出る  気持の悪さうな顔をして居るから  気持よく人の世話をする  気持を詠んだ  気持がしたと  気持で先ず視線をあげる  気持が暫くしてゐたかと思へば  気持で居たが  気持が解って来た  気持も今は私のものとなりました  気持にはなれません  気持でかけ  気持になれるだろう  気持の行きがかりをそのままにして出かけた  気持が逆に動く  気持を一々忖度などせず  気持で食べた  気持を両方で持っていては堪らないからね  気持で訊きかえした  気持は持たないだろうか  気持が起らなかった  気持がどうかしていて  気持を失わず  気持で結婚した  気持を書いた  気持のゆとりもできる  気持だろうと私は思うなあ  気持で床を出た  気持を推察するに苦しんだ  気持の一重底に流れている  気持のまんまでは上れない  気持を感じるだけで  気持を経験した  気持を思い出した  気持が深く伸子を動かした  気持を整える  気持で逆に偶然は必然の集中だなどとは云えなくなる  気持もあったらしいし  気持の上に立った  気持は落付いてきて  気持が分るかね  気持で立上って  気持が僕に湧いて来た  気持が次第に強くなってきて  気持で人々に混って行った  気持に伴って  気持はだいぶ楽になりました  気持が好いと思った  気持で主観的に動かされ  気持がゆるんで泣き  気持にも既に世帯の苦労が沁みこんでゐた  気持に直り来なかつた  気持がしてゐるだけで  気持で映画を見るとか  気持で路次を出た  気持はありませんよ  気持に陥ると  気持を理解する  気持におちついたので  気持のゆとりも出来てきたので  気持と闘っていた  気持がよいから打つ  気持にはなれないかも知れない  気持がすむなら  気持があるなら  気持をなんとか組のなんとか氏につたえて  気持よく遊楽気分にひたらせる  気持がうごかなかったから  気持があっての  気持がさっぱりしたでしょう  気持よく握手しよう  気持は起らなかった  気持で出かけているから  気持を読み取ろうとして  気持にもならないので  気持が起らないと  気持のくいちがいや  気持の中には不安や苦痛な悪いことがみんな含まれていて  気持はたとえ  気持が次第にたかまり  気持も必ずある  気持を理解できない  気持で映画館をでて  気持の主人公がタバコを吸って  気持が強く働いていた  気持は大わかりという  気持だつてよくわかる  気持は俺達にもよく解る  気持がこんなに押しつぶれつち  気持がよくわかるわ  気持にならなきや  気持が此方にあるから  気持になるかも知れないが  気持は山口さんだけに限らない  気持なんぞ解って貰える  気持で母の写真に食べ物や花を供える  気持は同じだということが分るであろう  気持は分りますよ  気持は分らん  気持には一種の快感が伴う  気持の緊張に双頬を白くしながら  気持で検査してみる  気持になりまして  気持を見せて笑った  気持になりつつ  気持で溢れていた  気持よく寝られさえすれば  気持だけでも吉田はまったく大儀な気になってしまう  気持の感じられる  気持を自分に起こさせている  気持が一時に病気病気した  気持がありはしないかと思って  気持は一時に吹き消されてしまわなければならないという  気持でわざと黙り続けている  気持のよくないときだったら自分のその沈黙が苦しくなって  気持がそういう朝でさっぱりしているので  気持などを思い遣っている  気持が便りない変な気持になってしまっている  気持を用意しながら  気持のいい古い百姓家が立っていました  気持が湧き出して来て  気持のよさったら  気持だなんておっしゃるか  気持にすっかりとらわれて  気持は激変していた  気持がないというだけの  気持で行われる  気持をまぎらしに  気持で掃除や洗濯ができる  気持だけを受けて  気持を諦めきれない  気持はおこらなかつた  気持とどこか似  気持も澄み  気持はエタイがわからない  気持だから実さんは毎日毎日寝ても醒めても  気持を分析する  気持を引立てたいとしますけれど  気持で寝てしまったな  気持で眺めている  気持も消え失せた  気持にぴったりときて  気持になってしまわれない  気持が向うに通じない  気持よさそうに口をアングリしていやがる  気持にはなりませんよ  気持で呟くに  気持よく整理した  気持をわかつていた  気持が変っちまう  気持が解らないと  気持は解りませんわ  気持はすっかり貴方を離れちゃった  気持を経験したので  気持で構成して行った  気持もだんだんと薄らいで行った  気持のわるい震動音がきこえる  気持がしませんか  気持をもっているか  気持を知っている  気持はよくわかるよ  気持で軍医の前に出たか  気持よい視線で生徒を見る  気持を抱かれたと思う  気持が悪くなって歩かれないと思ったので  気持のおもむく  気持が違う  気持を自分自身でよくよく解剖してみますと  気持になりましたので  気持が又もやガラリと一変してしまいました  気持がいつまでも抜け切らなかった  気持だけは忘れる  気持であるというこまごましい説明は出来なかった  気持は分らない  気持は犬を愛する  気持にならずにはおられませんでした  気持に誘われた  気持がかさんで行った  気持にもなってみた  気持をかなしませ  気持がまして来た  気持は少しも起らなかった  気持になったけれど  気持は絶えずあった  気持は落つ  気持をすっかり失っていた  気持できいていた  気持を奪われてみたいと念じたけれど  気持が金銭の問題で荒れて来るという  気持の上でも合う  気持を押えられないで  気持で眺めていた  気持を行動にあらわした  気持にならざるを得ない  気持を失うな  気持のよい痛みを御経験になった  気持を彼に起させた  気持で眼にかけているか  気持か分りませんが  気持に駆られていたので  気持を冒してもである  気持が滲みでる  気持になってゐた  気持で歩ける  気持がわからなく  気持のゆとりが出てくるとともに  気持の分つてくれる  気持は重々わかるけれど  気持で先月の輸入統計表に数字を書き込みなどしてゐると  気持の時は足がおのづか  気持になつて居ず  気持が一番大きく彼の心を支配してゐる  気持を回復しようと努める  気持は暫くは以前と少しも変らなかつた  気持は変つてゐた  気持を呼起す  気持はしなかったという  気持はしなかつたといふ  気持はわかっておる  気持すらあった  気持がどこかでしないでも  気持がたしなめられた  気持が無意識にひそんでいた  気持のうちに読み下した  気持を負って  気持だけでも礼をのこしてゆきたいと思う  気持をつつんだ  気持が胸にこたえて来るだけに  気持におなりになるに  気持が欠乏しているからだ  気持は年中飢えている  気持をどうする  気持がよくって胸がすっとした  気持がほぐれて来て  気持で彼は暮しているか  気持の悪い様な変な色に輝いて居る  気持がいたします  気持が表はせ  気持を表はすだけが  気持を自分の気持に融け込ませて  気持として表はさなければならないと思ひます  気持で描いて見た  気持が私には何とも言えず  気持はうれしいと言うよりも  気持を多くの日本人が持つてゐる  気持をとめる  気持で生活をしているだろうかという  気持をいろいろ推測してみる  気持であって少しも差支えありませんけれども  気持がだんだん取れてくる  気持はどんどんアメリカのほうへ傾斜して行った  気持の平和な人間にかぎる  気持でワッフルを食べながら  気持もたしかにあったのに  気持がすんだ  気持は起きない  気持のいい微笑がチラチラうかぶ  気持を率直に代弁しているが  気持のそういう方面も健康に全体の中にふくめて書かれているし  気持にも彼は段々関心を持つ  気持は変ってゐた  気持でシナリオの台詞を書く  気持もいたしません  気持にはなっていたし  気持があるからで  気持がしてならない  気持になどはとてもなれなかった  気持を抱かせられる  気持もわかった  気持が今裏切られて  気持で後から続いていた  気持を知らない  気持をいろいろなたとえをひいて  気持が沈んできて  気持が沈んで  気持が加わるだけの  気持を相手に伝える  気持よく響いてくる  気持の一抹もないようなことは絶対に無いと云って  気持の反射なども感じなくともすむ  気持よくそっと襟のあたりを吹いてゆく  気持をいたわる  気持をうちあけて  気持を和げて  気持が楽になります  気持を告解している  気持がわかり合える  気持をどんなふうにしてやわらげたら  気持がどこかへ消し飛んで  気持が夢になって見えて来て  気持を落ちつける  気持をあじわった  気持に関っていない  気持が一致して  気持ではなく呼気の気持でなされる  気持でなされると思はれる  気持に私もなって  気持にしてやって  気持が悪くなりますわ  気持のなかにどういふ  気持で愛していた  気持でゐる  気持が有れば有るだけ  気持が迫つて来るので  気持はよく解らない  気持あ解る  気持がわかるかい  気持がわからなくな  気持はかなり古くからもつてゐた  気持に寝ていてふ  気持でそれを眺めていた  気持をお悪くしていらっしゃいました  気持を私に起させて  気持で芝生に佇んだ  気持が晴れ晴れするでしょう  気持に打たれました  気持で茫然としている  気持に酬いに  気持は受けておきますから  気持とは反対な彼女の幸とを祈っていた  気持が出ると  気持を述べて  気持でだまって  気持よくして  気持で過して  気持がしなかつた  気持をいうと  気持に自ら気付いた  気持は察するに  気持で眺めずにはいられなかった  気持ではあるが  気持で眺めてやった  気持を話してみよう  気持でいられる  気持はだいたい権謀術数の荒ッポイ生活に疲れて  気持はもうハッキリした  気持で待ちつづけながら  気持で馬車の中に掛けながら  気持はもやもやしていたが  気持が出て来て  気持で暫くラケットをひっくりかえして見ていた  気持よさそうに拭きながら云った  気持を辰太郎は知らない  気持が瞬間変になったほど  気持になって別れましたが  気持まで砕けて  気持がいつまでもあとに残る  気持を味った  気持が好いと云いなすった  気持が好いと云った  気持が好いとぬかした  気持が納まって  気持がするが  気持を繰返し  気持と溌溂たる精力とをもって  気持は突然剥奪されるに至った  気持を感じる  気持を知りながら  気持に襲われて来た  気持が忘れられない  気持に終止符をうちました  気持で見てはいなかった  気持をおちつかせました  気持になってた  気持でみていました  気持なのかわからないけれど  気持を察しないでは  気持も誰にだってほこれる  気持でもありました  気持にもなり  気持で想像した  気持の原因はそんなに軽々しく取止める  気持があっても  気持をくらくして帰りました  気持が変ったという  気持のまま帰れないと  気持で電車にのった  気持になれました  気持は直ぐに消え去つた  気持で苦々しく云ひ放つた  気持になって到る  気持になつてゐたから  気持も交つてゐたらしく  気持にすれば足りるというであろう  気持はどの点においても慌だし  気持がするだけだった  気持がよくないだろうと思ったからである  気持は分らないな  気持は勇みたたずに  気持のよいリズムをもつて  気持でだまつて眺めてゐました  気持を貪りながら  気持をそそりたてた  気持が浮きあがっているので  気持を忖度しかねて悩んでいたが  気持でいたらしく  気持を煽って  気持に返った  気持をそのまま言葉の上にあらわす  気持になれます  気持よく廻り始めました  気持は澄み  気持よく燃え  気持でじっとそうしている  気持を含んだ  気持を和げ  気持になるは  気持が自分に元々あった  気持を幾度となく押え付けて  気持はこの本を読んでいる  気持で読む  気持が自分の家に落ち附かぬ  気持だけでそう思われる  気持よく起きて  気持よくしや  気持で彼をしみ  気持の最もい  気持は何ともいへなかつた  気持よくやつて下さる  気持よく自分の趣向をおもしろいと思って喜んで買って行けば  気持でやった  気持が解る  気持よい吉日を選んで  気持はしませんが  気持をよく理解して  気持な人だという感を与えてくれました  気持はわからない  気持にけじめは持たなかったが  気持よく滞在出来る  気持は私にもあった  気持が頭をもたげて  気持を自分では回復する  気持が腹のあたりで二ツ三ツ波を打つたのに驚かされた  気持に追はれながら  気持が重い煙りの  気持が傍観して居た  気持が恥しい程他愛もなく吹き飛んで  気持になつて隣室の話をきく  気持よく飲みあ  気持はしなかつた  気持がすが  気持がうかない  気持で寝てゐる  気持は何ともいへませんね  気持よく出さなければいけない  気持がしないでも  気持にもならないですむだろう  気持でいたのに  気持と怒とは  気持を喜んで  気持を味わせられている  気持になり切っている  気持が離れない  気持が何とも言えぬ  気持になるくらいですから  気持でしばらくは我を忘れていたが  気持の方に自信をもつてゐた  気持を後で考へて見ると  気持は望まれないかもしれぬが  気持をなすからで  気持がしなかったが  気持だけは今でもはっきり思い出す  気持を訊いてみる  気持は諦めという  気持の変化が起っているのに  気持に変化を与え  気持になっております  気持になってゆく  気持に寝込んでしまいました  気持になるわねえ  気持がわかります  気持にかかずらう  気持がしてしまいました  気持に打たれてしまいました  気持は愈々熾烈の度を加へるばかりの  気持でだまった  気持で何か暖いものに抱かれた  気持で歩きました  気持になって居ます  気持をしていましたけれど  気持で思い出しました  気持になってされる  気持でローズは自分の胸によって居る  気持を持たなければならない  気持をどの芸術家にでも持ってもらいたいと思う  気持はしねえが  気持もするが  気持でいらっしゃるに  気持にして見りゃ  気持じゃいられ  気持もまぎれた  気持が武者小路を眺める  気持から出発した  気持になるだけである  気持や教えこまれている  気持や見せびらかされている  気持などが起きて来て  気持を抱かないで見て  気持に対してお礼を言っている  気持の悪る  気持がします  気持は現在の世界や国内の政治不安や生活の見通しの行詰りなどからの  気持を持っています  気持が盛んになっている  気持で私の言葉を撤回する  気持の抵抗などのジカな実感を読者に与え得ると  気持で私は雑誌小説を読んでいる  気持や姿がガスのひねり工合一つにさえ神経を用いなければならぬ  気持がわるか  気持を引きたて  気持もなさらない  気持で暫くは呆然としていたが  気持ですごす  気持があったのに  気持にならないわさ  気持でそう言って  気持もすぐまたもとのとおりになった  気持よく世話をしてくれた  気持で納まっている  気持もあっての  気持にはなれないから  気持がおさまらなかった  気持が休まりませんでした  気持がグッとこみあげる  気持は一時荒んでいた  気持ではいられない  気持になりませんや  気持にも季節のめぐみは一脈のやわらぎを伝える  気持を重くしていた  気持が測りかねた  気持を思えば  気持に反映して来る  気持はまだきまっていなかった  気持の余裕を無くしていた  気持を素直に反射して  気持をささえている  気持ががくりと喰いちがった  気持でぬすむ  気持はぬけぬけとした  気持でなければならぬと思い詰る  気持が強くなって来た  気持であたりを見まわして云った  気持がどの方向に動くかは  気持をあおられた  気持をはずみ立たせる  気持は水と火のように懸けはなれた  気持に目をつぶって  気持に仕えているに過ぎない  気持を自由にしていた  気持はひろく楽になっていた  気持をふくめて  気持に擁せられて  気持も落ちついた  気持に関係なく何か浮き浮きざわめき立つ  気持に感応して  気持はそういう私情を娯んでいる  気持を奢らしていた  気持は通じている  気持が五体を従順に立ちはたらかせていた  気持を落ちつけていた  気持はいくらか軽くなった  気持のよいのんびりした  気持をあらわせなかった  気持もこの心がまえに近よっていた  気持が沁みわたっていた  気持が漠然と反映している  気持にさえ消えていた  気持がそういう自分のそばに寄り添ってくれる  気持がぴったり吻合した  気持には立ちどまる  気持を小さくした  気持を待つ  気持に従属させて考えていた  気持に自分で感動して  気持は鏡のように映っていた  気持が語気に出て  気持は外記には通じてはいないに  気持が許さぬとする  気持に道をひらいた  気持がばらばらになっている  気持だけは明瞭りよみがえっていた  気持を露骨に出しながら  気持は落ち着いていた  気持ではないと反省した  気持も同じところで船足とともに凝結しているかと思われた  気持がふいに  気持は却って落ち着いて来る  気持がいよいよ大野を狼狽させた  気持は分るが  気持をすてる  気持よく笑った  気持を知らなかったので  気持がわかったらしい  気持よくすべってゆく  気持がわからねえんでいけないよ  気持だけはどうにもならなかった  気持にかられた  気持でお伺いをたててはいけませんよ  気持をしている  気持でこの若いお客を待遇す  気持は鬼といえども  気持では首を浮かした  気持もすすまぬらしい  気持にはなれなかろう  気持がおさまりません  気持でとりきめてしまった  気持ばかりはおどろき入った  気持をとりもどす  気持を害う結果になろうとは  気持で君のことを饒舌れなくなった  気持は判りませんが  気持に駆られています  気持だったかわかりません  気持が少し説明ができた  気持であたりの芝生の上へ腰を卸して  気持がヒヤリと能登守の胸を刺して  気持がしませんでした  気持はしますまい  気持に迫られて  気持がお分りにならない  気持よくほぐれる  気持にグッスりねこんでいるという  気持になったから  気持になっての  気持も次第に薄れて  気持もなかったかも知れません  気持に思いみだれつつ  気持は生れつき違う  気持の動く  気持は平作の心にはなかなか起る  気持は本当にありがとうござんすよ  気持がそうだとは誰に分る  気持までこしらえあげて  気持で推理をたのしみながら  気持にならされ  気持の変化を感じはじめてゐた  気持をのみこんでゐた  気持になつてゐると  気持を惹き起させた  気持よくふくらんだ  気持は当然茂子に反映した  気持よささうに  気持も解るし  気持をもつてゐる  気持になるといふ  気持で歩きだした  気持になります  気持も霧のやうに段々重苦しく不透明になって来た  気持にはとてもならない  気持が何時も彼等を落着かせなかった  気持がしねえ  気持はしないね  気持で話ができました  気持でこの便りを差上げる  気持よくはつきりしてると思ふ  気持で玄関を出た  気持はわか  気持よくは使へんやうにしてしまふ  気持を強ひて落ちつけ  気持を引立てる  気持を呑み込んだ  気持としては早すぎるの  気持に変りはありません  気持で封を切った  気持がしたね  気持がしたであろうか  気持は充分あったに  気持に溺れても終わず  気持よくなけるらしい  気持は分る  気持の上で経験されている  気持の変化を理解しようとすれば  気持が浮き浮きしてきた  気持を乱しかけたが  気持が沈んできた  気持が楽になった  気持で石倉を待っていた  気持はしません  気持になりかかっていた  気持で外へ飛び出す  気持で通りぬけて  気持がしたから来てみたと云っていらしたわ  気持が白けていった  気持だらうと思ふ  気持も手伝って  気持がするだろう  気持を含ませ  気持も晴れ  気持よさそうに眼を細め  気持になってみると  気持に変ってゆきます  気持になりかけました  気持のちがう  気持のつよくある  気持の変化についても見られる  気持は働いてゆく  気持が必要だと思う  気持かも知れない  気持が晴れて  気持を述べるならば  気持でなければこういう生活が出来る  気持が分らないわね  気持を利巧な彼女に見破られた  気持に絡みついた  気持が安まって  気持で過した  気持に感づきでもした  気持と同じものを味わった  気持になっているが  気持がしてきた  気持もしていた  気持がするらしかった  気持よく我等の眠りを覚まし  気持よく頭上の瓦に当つて痛快に脳天に響く  気持にするに  気持もしませんのさ  気持で乗込んだ  気持でふんぞり  気持が悪いと思う  気持がいいものと見えて  気持がしないので  気持よくぐんぐんと登り  気持で新たに登攀が始められる  気持を味ひつつ  気持も解るだらう  気持は晴れ晴れとしなかった  気持がふと蘇ってきた  気持は分るよ  気持のよい婦人の衣ずれの音が聞えて来た  気持で第一声をはなった  気持はしめえで  気持もわかると  気持で引ッこんでしまう  気持を一太に与えた  気持良く輝く  気持で何だか一緒にふき出したくなって来た  気持に頭がさがる  気持で固辞する  気持にはおどろかされない  気持から鼻をうそうそさせる  気持が出ている  気持はともかくもダレていて  気持が特に著しく鼻にあらわれる  気持がスッカリ鼻の表現をだれさせている  気持を示しております  気持が立ち直つて来る  気持よげに薙ぎ廻す  気持にそぐはない  気持は苦々しくなるばかりです  気持でたか子の手をつねった  気持で新しい女に自分をむかわせる  気持で待つ  気持をよく推察出来た  気持が畏縮してしまって  気持にさえ相成り  気持になるばかりでなく  気持にして  気持が引っくり返った  気持がむらむらと起って来ました  気持で矢張りあまり泣けなかった  気持は母の通夜をする  気持などは這ひこむ  気持を養つてゐた  気持だつて言ふんだ  気持に見られだした  気持でじつと見  気持がもつと  気持をもっているから  気持を取り交わしたり  気持を直ぐ汲み取るわ  気持になりましたが振り向いて  気持になつてオシロイもぬりかねない打ちこみ  気持にもなれないので  気持でしかも楽しく食べていた  気持で食べる  気持のことはありません  気持がおこると  気持をのみ込む  気持よく支えてくれます  気持がしたので  気持でぶつ  気持で原稿を渡した  気持で聞く  気持がしてなりません  気持で歩き出した  気持の唯一の現はれと  気持の間をいつもさまよっていた  気持からに過ぎない  気持を足先にこめて  気持のこもらない  気持で急には雨を避けたくなかった  気持わるがるだらう  気持に帰って  気持で其処へべたりと坐ってしまった  気持を引き締めながら  気持で笑い  気持がわかったので  気持になりかけたが  気持よく思はないでせう  気持が取れず  気持の引き立たない  気持はあなたには分かっていただけますまいけれど  気持につけ  気持が落着かれたら  気持はようわかっている  気持が落ちついた  気持の動きも手伝った  気持がまだ一般にあったからであろう  気持が悪く眩暈がしました  気持は悪くとれなかった  気持の張りと柳吉が帰って来た  気持が胸に湧いた  気持で蝶子は店の間に坐っていた  気持で言う  気持と不安な気持が残った  気持がはっきりしてないか  気持を言うと  気持で捨てた  気持よく眠り込んでしまえる  気持も仏様のようになっており  気持でしばらく呆然としたが  気持で師走の霧の中を歩いて  気持をもっていなかったからであると思う  気持になれなかつたので  気持が分らなかつた  気持にもなつたであらう  気持を明るくして行った  気持は再び曇った  気持が消えて行くとともに  気持と一脈通ずる  気持は起こって来なかった  気持を取り戻し  気持になりますからね  気持がしたですか  気持が良く解る  気持が若やいで来た  気持にさえなる  気持を冷静に保つてゐようと努めながら訊いた  気持になつてきた  気持で車掌台に立つてゐた  気持を除いては  気持でもある  気持はしないが  気持はしませんですよ  気持に見えましたが  気持もしないではない  気持がよい流れだと思う  気持に襲われると共に  気持にまでなりました  気持のぐらつきを  気持であの水調子を聞き惚れていた  気持がつよくして来た  気持であらう  気持に弱り果てた  気持の堆積が自分を神経衰弱にする  気持になつて街に急いだ  気持よい祭壇が拵えてあった  気持で眼を覚した  気持に一ばんぴったりするから  気持で歌っている  気持を暗くする  気持を明るく持つ  気持になるほど  気持はしねえからな  気持で思いかえした  気持になって居ました  気持をもった  気持で見て居る  気持の出る  気持のものをぬられたりして変って行く  気持好く力のこもった  気持でらっしゃる  気持とまるであべこべのふっくりした  気持をいつでも持って  気持やフッと男のやたらにみっともないものに見える  気持にこっちを向かせる  気持と何となくものぐさいようなものたりない様な気持がのどの一っかたまりの  気持のさめない  気持をソッとかかえて  気持をもって居る  気持をジーッと見つめながら  気持はまるであべこべになって仕舞った  気持を見つけ出した  気持で笑った  気持を知っても居  気持になって見たいナ  気持でこんなおだやかな心でこのまんま死んじまいたい  気持によるものらしいと私は思う  気持で楽しんでいた  気持がなおりませんでしたから  気持が軽くなって云いました  気持で見ましたけれど  気持で尺八を聞いている  気持にはなれず  気持がよくわかりました  気持が次第に許嫁の娘から遠のきはじめた  気持を説明する  気持と気持の接触に何の理解も持てない程  気持にこだわりながら  気持がこんな風に正面から動いてゐるにも  気持がひねくれてゐる  気持などには気附かずに  気持を焦らしたり怒らせたりしてやる  気持に引き入れられてゐた  気持のことばかりを照子が安心の行く迄  気持にピツタリしてゐた  気持が悪くなつて倒れて  気持のいいようなスッキリした  気持でしてみる  気持に捕えられていると  気持がするからであります  気持でながめながら  気持なしに書いた  気持いい日光の下で黄ばみかけている  気持ばかり致しましょう  気持をそそられないじゃないか  気持で充たされた  気持の事を言っている  気持をもって認めざるをえない  気持はもっと多くあり  気持をうまく書きしるす  気持をいらだたせるのに  気持にされる  気持がいらいらする  気持でそれを聞いてゐた  気持は今でも残留してゐる  気持を救った  気持になりたかつたので  気持が起つて  気持を照応せしめたかつた  気持が豪爽になつて来ると  気持は残つてゐる  気持にさして呉れる  気持が蟠  気持を新にする  気持に引かへ  気持へこなかった  気持へぴたりときた  気持の上で嘘をついたり  気持をそのまま受け容れて貰えない  気持は分っていても  気持にまでなった  気持に囚えられた  気持の上には可なり響く  気持の上の負目を与えまいとした  気持も進んでるし  気持は僕には一寸分りかねる  気持が真剣になってきた  気持からしきりに脅かされた  気持も落着くだろうと思ったけれど  気持も安まりそうに思えた  気持にこだわりが残る  気持が置きざりにせられた  気持が苛立ってくる  気持の上のこだわりが出来てきた  気持も彼には分らなかった  気持の上で切り離す  気持がどういう方向を取るか分らない  気持を囚えられて  気持を置き換えようとつとめた  気持がまだおさまらない  気持へぴたりとこなかった  気持になりますけれど  気持で身を投げ出した  気持だけが残った  気持がじりじりしてきた  気持だけを懐いて  気持ともはやそれも許されないという  気持が寄せてくる  気持で座に就いた  気持で辞し去った  気持が湧き上ってくる  気持が錯雑して  気持を捨鉢な方へ転換して  気持が少しも分らなかった  気持がしまいには陰鬱な色に塗られた  気持になってやしなくって  気持に陥っていた  気持の上のこだわりが残された  気持が呑気になって  気持になっていても  気持へ落着いていく  気持を益々痛切になしてくれる  気持が胸の底へ底へと沈み込んでいった  気持を煽り立てる  気持で眺めた  気持で云い進んだ  気持の上のこだわりを自分でどうする  気持にこびりついてきた  気持に釘を打ち込んできた  気持で云い捨てて  気持を悲痛な色に染めていった  気持が取残されていた  気持のうつらない  気持を懐いて  気持を書く  気持にまとまりがつかなかった  気持をじっと押えつけ  気持を私に与えたかは  気持でぼんやり而も力無く見  気持でしかつきあへなかつた  気持がわかつて  気持しか起らないのね  気持にはなれなかつたわ  気持が急き立てても  気持で日頃から思っている  気持をいだいて  気持でそわそわと神田の家を出た  気持はよく分かっとる  気持をひったてて  気持に賛同してくださる  気持で艦長のもとをたずねた  気持であったと思うが  気持になるのでなあ  気持は一つじゃけに議論しながら  気持に酒が廻わってしまいました  気持がほ  気持にもなりかけるほどだつた  気持が日ごとにメラメラ燃え立つて  気持は分るけれども  気持もなくなつてゐた  気持がうごいてゐる  気持などはミヂンも持てない  気持が深まる  気持に受けとれる  気持にならされて  気持がされました  気持に倦み切って居た  気持で一杯になった  気持が落付いて来ると  気持で取扱って  気持は現われても  気持は出せると思う  気持がよく出て居て  気持でわが家へ戻った  気持だったことを思うと  気持がしたかもしれない  気持を知った  気持で其処のドアを押した  気持を損ねた  気持がしたでしょう  気持わるく悩んでいる  気持よく眠られる  気持で眺められる  気持をはっきり彼にうち明けた  気持がすっかり憤怒の気持に変った  気持が鉛のように重苦しくなって来る  気持や認識をいつわって  気持で対坐している  気持なぞといふものもつひ  気持になって帰ってしまうかもしれないからです  気持も手伝って喋った  気持で娘の肩に手をかけて云った  気持から思はず  気持を察しておくれなら  気持で相手になっていると  気持に堪えられません  気持もしますね  気持になって踊っている  気持らしくも見える  気持に充ち満ちて  気持になりかけながら  気持でいって  気持が見えて  気持が悪過ぎる  気持よく出来ている  気持もしないと見えます  気持がじつによくわかる  気持を要求と見ると  気持を汲まず  気持を爽やかに感じた  気持は毛頭含まれてゐない  気持がよかつたと見え  気持が絶えず平三の胸にひそんで居た  気持にも通じる  気持からすれば  気持の激しいはずみさえなくしている  気持だけからいうと  気持で暮していただろう  気持が納まり  気持で生きてゐる  気持が致しました  気持も起つて思はず  気持にもなりました  気持になつたのではないでせうか  気持が致しましたが  気持が致しますので  気持から離れて  気持がおわかりにならぬと見える  気持と同じ気持を歌った  気持から戦争に反対している  気持よさそうにうごめかしている  気持よい昂奮状態が訪れる  気持でいると信じていた  気持かと尋ねた  気持が感じられるが  気持よく勤め  気持の苛立ちも紛らす  気持に生きようとしています  気持では年に一つ一つ何か遺して行きたいと思って居る  気持が現れている  気持からであったとすれば  気持はむろん判らない  気持が浮き立っていた  気持は通じた  気持でやって来た  気持で送った  気持は急速にはりつめて来ている  気持も軽くなって  気持でよく噛んで食べさえすれば  気持を萎縮させる  気持が起らない  気持を抱きはじめている  気持がどこからともなく襲つてきて  気持をもたなければ  気持さえ生じた  気持よく室中の気分が熟している  気持でボンヤリしましたけれども  気持にされている  気持で柳の木から出て  気持にはなれませんでした  気持に迫られました  気持をふきとばしてしまった  気持を悪くしてはいけないと思った  気持よさそうないびきをかきはじめた  気持がよくなった  気持は上品には人に示す  気持を覚えているかも知らぬが  気持でもって送った  気持で生活する  気持をもたぬ  気持の上からいえば  気持だと存じます  気持を歌った  気持は絶対に他人に伝へる  気持を解いて下さるであらう  気持で自分を見るであらう  気持に復する  気持がわかった  気持で小供の様に細い澄んだ  気持でその晩は床に入った  気持で下を見つづけて  気持がそわそわして来る  気持がするだけよ  気持を引立ててやろうと思ったが  気持は京都を去る  気持はしないだろうと思う  気持を傷ける  気持を持たない  気持を起こさせ  気持などになる  気持はどういうことから変化をして来た  気持の中にちぢこまる  気持に満たされて  気持を疑う  気持に囚われながら  気持になって来たので  気持のものに見えた  気持よさそうなニヤニヤした  気持のいい浮き浮きした  気持お分りになりますでしょう  気持のポコちゃんをねむりからさまして  気持に襲われる  気持がよくなると  気持を持ち  気持を素直に云へないといふ妙な世間のならはしのやうなものがあり  気持におそわれました  気持のよい朝夕を送っています  気持から救われている  気持はお互いに通じ合っていた  気持もいくらか明瞭しはしないかと思って  気持すらなくなってしまった  気持にすらなった  気持になって思い出していた  気持をそらすまいとして  気持をそのどちらにも片づける  気持のよいせせらぎの音を立てながら流れている  気持で眺めておりました  気持に返って  気持はしないで  気持を悪がってこんなところへ近づく  気持が多少乗り移る  気持が悪くないと見えて  気持で新しい仕事にとりかかる  気持で注視しました  気持の安心に導く  気持悪がって逃げた  気持になりましたが  気持で湖畔の山脚をたどりたどり歩いて行きましたが  気持におなりになる  気持になって行った  気持を聞いていただき  気持の事を考えていましたら  気持を丈夫にお持ちになって  気持が悪くなるほど  気持はいくらか和いだ  気持がこみ上げて来る  気持が小父にはわからなかった  気持で一ぱいになって  気持をおしきって  気持よく感じながら  気持は根底から変えられてゆかなければならない  気持でウイスキイを口のみした  気持よく正月も迎えられません  気持で働いた  気持を僕は今もよく覚えている  気持を以て眺めやるばかりの  気持が許さない  気持を如何ともする  気持に迫られている  気持はしねえなあ  気持はしねえ  気持になったなあ  気持になったよ  気持がしただけではありません  気持で後ろの夜景を顧みながら  気持を持ち続けてゐた  気持がどこかへ行ってしまう  気持はたがいに  気持が感ぜられた  気持を押しきって  気持は知るまい  気持が再現出来る  気持はどうしても起らなかった  気持で対そうと思いながら  気持も深く察します  気持を出し得ぬ  気持の中にできている  気持は推察できますが  気持になったかというと  気持で寝床にもぐり込む  気持で内職の船を漕いでばかりはいられないと見えて  気持にならざるを得ません  気持は全然一致している  気持に追われて  気持になりきった  気持よく切れるが  気持で此の幸福そうな団欒を眺めていた  気持を有っていた  気持に追立てられて  気持は解らぬ  気持を有っているかが  気持にとりつかれる  気持で原稿を書き継ぐ  気持に寝ころがって  気持も多少はあった  気持を察した  気持を聴きとった  気持は解けなかった  気持など出て来なかった  気持でいられなかった  気持と何が違う  気持を覚えたが  気持でそれをながめるだけで  気持を感じて  気持は消え失せた  気持さえ感じたであろう  気持を読みとった  気持を起こさせられた  気持は変らなかった  気持が致すではございませんか  気持が許し  気持が判っていて呉れた  気持に襲われて参りました  気持のよい光沢が出て来て  気持に充たされている  気持で交際って行くほど  気持が変って来た  気持をちゃんときめさせる  気持が浮き立たぬので  気持で之を書いたか  気持になって来て  気持になるらしい  気持まで悪くなってきた  気持にならずにはおられなかった  気持で田圃通りに筥崎へ向った  気持よく吐きながら  気持の焦れが出て来たらしかった  気持がしないではなかつた  気持をかえりみた  気持を感じ合いながら  気持になれつて  気持に拍車をかけるばかりである  気持も察した  気持が承知しない  気持の落ちつき場所をこしらえたと  気持を押して行く  気持をさぐる  気持を強いて押し静めようとして  気持がまつたくないとはいえぬ  気持だけは始末する  気持はわかつた  気持は重くなるばかりだ  気持になったという  気持を励まされる  気持に立ち直り  気持は運んだという  気持にはある  気持にはい  気持で我に返って  気持にとらはれた  気持を異にした  気持が変になった  気持は少しも起らず  気持を知らしたい  気持よさそうに早や睡っていた  気持に顔をくもらせている  気持が悪くなったから  気持が少しずつ落ち着いて参りました  気持になってもいなかった  気持だろうからとこう云う  気持になって降りて行った  気持ばっかりなさる  気持はしないや  気持にまでなって  気持にうたれたと見え  気持にさせられた  気持になっちまって  気持が致します  気持でやらせた  気持をそそられる  気持を慰められた  気持で細い収穫を続けて行った  気持の向け場に困っていた  気持を掻消す  気持になりたい  気持かわかるでしょう  気持で眼を覚ました  気持に駆られて  気持を少しも理解しなかった  気持のまま夜を過ごす  気持になってるらしかった  気持はことごとく彼の頭から去った  気持の苦労をせざるを得ない  気持といえば  気持の浮かない  気持まで起さないとは限らない  気持によってその悲願をまぎらしたり  気持といへば  気持によつてその悲願をまぎらしたり  気持だったかも知れません  気持というものを一通りきくだけはきいて下さい  気持になれなくなった  気持でつくづくそう思わずにいられないだけの  気持に我慢ができない  気持になりきっている  気持はまだ理解ができません  気持がむずかしすぎるから  気持よく朱の線の通っている  気持にあります  気持でリアリスティックな気持で見ていれば  気持を汚すばかりでなく  気持を表白した  気持は解るなあ  気持の好い者ではないが併しその一匹や二匹を見た  気持に禁えぬ  気持で有ろうか  気持がするけれど  気持は真に察して  気持が湧き起こって  気持はせぬから成る  気持がするだろうと  気持を深めさせられた  気持でぶつかった  気持に船全体が包まれている  気持に逐われながら  気持がいいというだけの  気持にもならなかつたので  気持と共に之をモクモク呑み込んでしまつた  気持を自分で反省する  気持は妾にも大概分りますけれど  気持には微塵もならなかつたので  気持で喋る  気持は充分に報いられてゐた  気持を欠く  気持が表現されてある  気持のいい種類の生きものを手に入れた  気持は語るも  気持をのみこんでしまっている  気持で仰ぎ見た  気持になったりして  気持が思いやられて  気持を起させなかった  気持にならずに居られなかった  気持は皆一まとめになって  気持のことがあって  気持良い一日となって来た  気持から忍び込み  気持はなくなった  気持でそんな冗談を云ったりした  気持で話をすすめた  気持を持て余しながら  気持がするから  気持よく見られた  気持が思い当らぬ  気持をいえば  気持があったならば  気持を今一歩進めて  気持でこれを受け入れている  気持で扱っている  気持が出て来るであろう  気持が涌いて来た  気持を持ちながら  気持で来られた  気持も落ちついて来て  気持にさせち  気持がます  気持よく一年ばかりを働く  気持になって立ち上ると  気持よく左右に薙ぎ倒されている  気持であろうと思った  気持の好いものであると考えた  気持になって帰って来ると  気持であろうとよせば  気持も察してあげて下さい  気持がこみあげてきたが  気持をみださないで下さい  気持がうごいて  気持が悪くなって  気持で架橋の説明を聞きながら  気持に駆られたが  気持が悪いかも知れませんよ  気持もわからない  気持を感じないらしく  気持がスッカリ落ち着いて来た  気持をまぎらす  気持が倍にもなって来た  気持にもならず  気持がふれ合わないで  気持が働いて  気持に与へる  気持からのがれる  気持のよいものではあるが  気持の好い空想を破られ  気持がわるいといったら  気持がまた崩れてしまった  気持を察しない  気持は詐られない  気持を私は心から同情する  気持になれなかったし  気持の中からそう云って  気持に手足の先までぐっと伸びをして  気持に苦しんでいた  気持にもならざるを得なかった  気持になれたので  気持が深くなる  気持がはずんで  気持でお家へ帰り着くなり  気持と云ったら  気持からでもあったが  気持が松本に通じた  気持もあったが  気持を見すかされやしないか  気持もしないでは  気持を殺してしまうので  気持のまま眼覚めている  気持は明日子を嫌悪するというよりも  気持が心の奥底にあった  気持も致しませず  気持さえいたします  気持にきまりがつく  気持にしっかりした  気持を持ってゆき  気持をどッか一方へ落着かせたかった  気持で入らせなかった  気持を同時に感じた  気持はいろいろな経過をふんでからの  気持を抑えていった  気持を感じだしてきた  気持で待合の入口を何度も行ったり来たりした  気持をもズルズルにさした  気持を変にジリジリと強めていった  気持を持ち続けたら  気持に責任を持たない  気持で立ち止まった  気持を持っているもののくる  気持がこじけて  気持の人がいるかと思うと  気持で天井を見ながら  気持の場合恵子のことを思う  気持が悪いと申したぎり  気持を踏み付けて  気持で音の中につつまれて  気持で家にかえった  気持をわざとかくす  気持の中に幕がおりた  気持が自分で可愛そうな様になった  気持だったかと思って居た  気持は今もまだ附纏つてゐた  気持に戻つた  気持で雑沓のなかを歩いていた  気持のものだかよく知らず  気持で雑沓のなかを歩いてゐた  気持になれはしない  気持がどうかなっていた  気持がはつきり私に感じられた  気持をもっていなかった  気持を害さない  気持がしてるか  気持になっていたし  気持をとがめて  気持をもつて  気持をつらぬいていた  気持がよいといいなすった  気持がよいとほざいた  気持になっているので  気持に沈んでしまい  気持に沈んで行った  気持にかられて  気持でいたので  気持が変って来て  気持がせぬ  気持を打ち明けて  気持をそらす  気持が煽られる  気持にさせられて  気持がゆるんでしまった  気持が多分にあったが  気持がおさまらなくなった  気持はあるだろうか  気持で家を出ると  気持を実によくのみこんで  気持は書けんよ  気持が読みとれる  気持がわかれば  気持というか  気持の動き  気持がほつとするという  気持がわいて来て  気持を読むには読んだが  気持をそうたやすく言いだせる  気持が杳かになって  気持で何物とも言えませんが  気持が重いでせう  気持で思ひ出せる  気持よく泣いた  気持がわからなくも  気持がじつによくあらわされていて  気持はこうありたい  気持よく劇場にみちびき  気持で思い出せる  気持に落ち込めば  気持は真摯なものを加えた  気持のわかっている  気持がわかってはいなかったと思う  気持にまで田山白雲も緩和されているけれども  気持をなさらずに  気持にさせられてしまった  気持はしないらしい  気持でうたい出された  気持が急に変ってしまいました  気持は致しません  気持をやりとりしたかの  気持で結ばれた  気持のよさそうにキョロキョロ四辺を眺めながら降っている  気持の悪い病気を感じたが  気持にせめたてられている  気持を悪くしやすまいかと  気持を害せず  気持は違った  気持の些細な齟齬を感じ  気持で戦闘的な言葉を聞き流した  気持が回復しても  気持よく暖まっていて  気持が悪くなるほどだった  気持を冒険的にならせる  気持を制してしまった  気持を乱された  気持よく晴れた  気持の良い胸のときめく  気持が失われずに有る  気持にある  気持がふと心のなかを掠めて行った  気持になっていて  気持になれるに  気持のせいせいしている  気持を察すべきである  気持も忽ち失せる  気持で彼は起きあがって  気持が楽になって  気持に鋭い羞恥の情までが加わった  気持をしょっちゅう穿鑿するという  気持に襲われだした  気持を知ってる  気持は済んでをり  気持にならないかな  気持で遠い昔に道を歩いてゐた  気持は別人のやうに落付いてゐた  気持の玩弄はできうべき  気持になりきれないとは  気持がゆるんで  気持や体をそう動かさず  気持を持っていない  気持になったりした  気持を知るに苦しんだりした  気持で俯向いた  気持でぽかんとしてゐた  気持で眼を細めて  気持よい交際を結ぶ  気持を乱すまいとする  気持を害した  気持を隠さなかった  気持を害したり  気持に疲れ始めた  気持でいない  気持は長くつづく  気持を取り返した  気持で清三は投げる  気持も長く続かなかった  気持のあらわれた  気持も軽くなり  気持が傾いて  気持がわかっているだけに  気持も起り  気持で草鞋の紐を解く  気持さえ失ってる  気持は汲んであげよう  気持を説明できず  気持わるく黄色い年齢も何も分らず  気持にははじめはそわそわした  気持で美しい橘の姿を見入った  気持を女王に通じた  気持をなだめようと骨折ったが  気持を爆発させない  気持を伝える  気持を示している  気持がさせられた  気持よく相手になろうじゃねえか  気持で訊ねて見た  気持悪く濡れて居た  気持の人達はあきもしないで  気持は起りません  気持が基調となっていたと思う  気持をいだいていた  気持を感じなかった  気持をもってる  気持で飛び退った  気持をびくつかせながら  気持から言った  気持で看病に努力するだろう  気持が滅入るばかりで  気持のよい風に吹かれながら  気持の時が屡々ある  気持よく自分の耳に響いた  気持の優しい方だと思います  気持を害する  気持がもてる  気持を害しました  気持がくじけ砕け  気持を白けさせる  気持を悪くはしなかった  気持で聞きとった  気持でながめた  気持と自嘲とが響いた  気持は素子にもよくわかっていると思えた  気持がつよく湧いた  気持に誘惑される  気持を味はされてゐる  気持はよく判りますよ  気持は張り切っていても  気持よく鳴してゐる  気持が出て来ます  気持が改まらなくては  気持だったか貴方にはお分りになりますか  気持を悪くしたとでも  気持で集りもする  気持が深まらなければ  気持がするぜ  気持に紅霓を吹いているらしい  気持と好奇とを持って  気持がよくわかるだけに  気持はしなかったけれども  気持よく言いました  気持で遣い歩けるか  気持を覚え  気持わるそうに私に思わせていた  気持に押し出されて  気持で何か旧い外国の民謡を唸る  気持を押しかくす  気持がわからず  気持を自分で処理しかねて  気持で笑ふ  気持は真面目だつた  気持に伝染し  気持のおよろしい事でせうね  気持はしないだらうし  気持を一番よくわかつて呉れる  気持が変つて行く  気持で行ける  気持が分つて  気持になつてニツコリして  気持なんか起りつこ無い  気持から言つてゐる  気持を安静にしとく  気持で言つてる  気持が段々澄み  気持が出なかつた  気持で空の楽しい一時間を費す  気持を感じました  気持になりましてな  気持は君にも分るだろう  気持を感じてるに  気持に酔っちゃったのよ  気持は何ともたとへようが  気持が健ちやんには解らないと  気持わるくひきつられながら  気持も度々つたえられていた  気持で仕事していらしたの  気持でその鉢を買い  気持をひろ子にもたせていた  気持にひっかかりを残した  気持が胸に迫ってきた  気持はよく分る  気持でゐたが  気持で悠々自適してゐた  気持が嘘なのは知つてゐる  気持がよくなるよ  気持の悪いのを一所けんめいにこらえて  気持わるい振動を感じた  気持の両面を現わす  気持とたたかいながら  気持で振り仰げば  気持も手伝ひ  気持の悪さを思いやって  気持が思出されます  気持がするといわれました  気持がなくなった  気持はいたしませんでした  気持よく溶け去ってしまう  気持が非常に足りなくはないかと考へられます  気持が現在の日本人には欠けてゐる  気持をつくる  気持を強く感じ  気持で一日一ぱい火燵にしがみついて  気持なんかで居られる  気持の悪い事をおっしゃる  気持がややこしくなる  気持で酒を飲んでいた  気持でゐられた  気持がゆるんだ  気持で一ぱいになつて居たので  気持が落ちつかなかつた  気持にそぐはなかつたので  気持が浮んで  気持で読み始めて  気持さえ醸したらしい  気持がありながらも  気持になり切ると  気持を急き  気持にさせておいて  気持がまだ動揺してますからな  気持を懐きつ  気持がいたしましたわ  気持から子供二人を抱えて  気持悪く脛に当る  気持を持ちまして  気持のいい程切れた  気持を残して  気持悪くニヤニヤと汗ばんだ  気持が分っていてくれる  気持いい程仕事をしてくれた  気持に抑えられた  気持にするには適してゐる  気持ですやすや眠っている  気持を以て争う  気持がさせられて  気持にもさせた  気持は変らないが  気持を取直して  気持がカラリとしてしまう  気持の好い寝床へ這入ったけれど  気持も薄れていたが  気持を移らせ  気持もあってした  気持にされながら  気持に戻って  気持の犠牲を払っても  気持は自然に近いことを老翁は発見した  気持のものであるというぐらいしか  気持の世の中が見廻わせた  気持なぞは微塵もなくなった  気持の底を見抜いていて  気持に理解のある  気持もぬぐった  気持よく遊べるよ  気持の悪い池ではなくなりました  気持も起りませんでした  気持が滅入るが  気持で脚本を書いてゐる  気持で書いてゐる  気持で送つてゐる  気持で進んで  気持で台詞を云つてみる  気持は理解できるが  気持を探り出す  気持で歩いていた  気持がちがう  気持を悪くさせる  気持を追払ってくれた  気持が軽くなり  気持は変に真剣に動いていた  気持は妙に苛らついてきた  気持を害したらしい  気持にさわってきた  気持だから生活が放  気持はお前も認めてくれるだろうね  気持で煙草を吹かした  気持で過してしまった  気持で見守った  気持すら味っていた  気持だけが残り  気持で冴子に接近したがっている  気持の屈折があった  気持をがらりと変えてしまう  気持で眺めて  気持を率直な表情にあらわして  気持のこたえも  気持で考えている  気持は現実につよく作用するからね  気持で進むだ  気持で暮すよ  気持がしてゐた  気持をそえて  気持をなだめて  気持がきっと私の顔に現れた  気持の悪い悪臭が私の胸を悪くさせた  気持はほとんどここが恐しいというくらいに  気持と羨ましいという気持はますます強くなる  気持の悪いほど動き震え  気持が悪くなり  気持よく歩けた  気持を聞いたら  気持になれるが  気持に応じなかった  気持やお愛想で言っている  気持にさえなっている  気持もわかり  気持から免れる  気持がしますよ  気持を取返してゐた  気持で取除かれてゐたので  気持が可成強いやうにも見ゆるが  気持のきめの  気持にこめている  気持がそのまま語られている  気持をいつまでも失わず  気持をしきりに感ずる  気持を複雑にしている  気持を親にばかり託しきれず  気持の地獄におち入る  気持に裾をとられてゆく  気持とを経験しつつある  気持は複雑にちがって来ている  気持が出ない  気持の上にも一段落ついて  気持で話の交換ができたらと  気持もありますけれど  気持を持たないのでせうか  気持もするにはするが  気持は動かない  気持に気兼ねなんかいらない  気持は動かなかつたが  気持に強く圧されたので  気持の方がむしろ強いには違ひないけど  気持にもなれなかつた  気持の改まる  気持だつたりして  気持は温くありたい  気持を底の底まで見抜く  気持で眺めてゐる  気持にはならなかつた  気持にもならないではないか  気持につくづく脅やかされるといふ  気持もしたが  気持もして  気持がハシャいでゐるので  気持ははっきりして来た  気持がはっきりした  気持になったりするから  気持は持ち得ないと  気持などは拭ひ消された  気持も制へられぬ  気持もしないんで  気持にひたりながら帰りました  気持で話しました  気持をひきたててくれました  気持ですすめるので  気持を心のすみにおしつけ  気持をわるくするとこまります  気持をやわらげ  気持がわるくなっていた  気持をそこね  気持はやすまり  気持をしずめてくれ  気持がくしゃくしゃしちゃった  気持がさっぱりするよ  気持よく笑ったので  気持でベスのそばにいました  気持をおさえたので  気持がもっとはっきりわかると思いますからね  気持をゆるめない  気持にかられ  気持になれませんわ  気持がかわって来て  気持が苛立ってきて  気持の一端を満足させるが  気持をギセイにした  気持もあるらしい私の思いを見ぬいて  気持は素直になった  気持の全部を占めていた  気持は変らないと云う  気持をきかせてくれ  気持に温まれたか  気持で一陽来復を待っていた  気持をも察し  気持に酔っていた  気持に喋舌っていた  気持があるばかりに  気持よくそんな物と話をしたといふ  気持にいちばんしっくりする  気持になれるでしょう  気持が根こそぎ失はれてゐる  気持も持たないから  気持が多少働いてたかも知れないが  気持が働いてたに  気持を僕は不快に思う  気持でされた  気持からだったろうと思うよ  気持がだんだんはっきり分って来たので  気持も首肯け  気持が動いてた  気持を聞いたり  気持を顧みたりすると  気持が喰い違っているので  気持を探ろうとする  気持で彼女の方を眺めやった  気持が分らないと云ったじゃないか  気持の方が分らない  気持に対してでも  気持では居られませんでした  気持を彼女に対して持つ  気持も落付くでしょう  気持の上に二人は精進した  気持には少しも考慮を払う  気持をよく知っている  気持よくなで  気持がよいか知れぬと  気持に陥ってしまった  気持は彼自身には解らなかつた  気持などを考へる  気持に直して帰してやり  気持が此方と離れてゐる  気持はけちな気持とは全然ちがうと思います  気持からやって  気持で云ってる  気持だと云っていました  気持になってしまったの  気持で立っていって  気持に落ちこんでいった  気持がふわふわしてきた  気持に落着いていって  気持はたちまち他の組にも響いて  気持を我慢するのに  気持は存外起らず  気持を我慢して  気持をはっきり表明している  気持ももっている  気持のどこかにいつもさばさばしない  気持の流動のタイプとして見られる  気持に一葉が深くもたれかかって行った  気持であり得なかったと  気持などの底流をなす  気持は捨てられず  気持で切なく苦しむという  気持も感じる  気持に釣込まれて  気持に同情があっても  気持がヨーロッパのロマンティシズムと大変うまく結合して  気持とは大変に離れた  気持を小説として書いたならば  気持をもって扱われ  気持があったかも知れませんけれども  気持は実になまなましい欲望をこめた  気持は毛頭ありますまいが  気持がひどく嬉しかったことを思い出した  気持は犬や猫と同じであるような気がするが  気持よく現われていた  気持はしないでしょうね  気持よげにその顔を眺めた  気持のわるい頭髪に櫛を入れたりしていた  気持はしないさな  気持がするでしょうね  気持から言っても  気持でその日大阪へ出掛け  気持をそそって  気持で逢った  気持が消しとんでしまった  気持を強ひて  気持になってきただけだ  気持もしなかった  気持になって凝  気持を和がした  気持が大分違う  気持は無論好いに極まっていよう  気持がわかったろう  気持が蘇ってきました  気持がしてね  気持は人亡びて  気持を感ぜずにはいられませんでした  気持になったら  気持が消えないで  気持は苦しいものだと言つたりしたが  気持を思ひやる  気持にふれる  気持に到達出来さえすれば  気持になっていりゃ  気持に僻みという  気持よげに眠っていた  気持をもって行かれ  気持に駆られた  気持が崩折れ  気持もいくらか紛らされる  気持を落ち着かせ  気持でしばらく相対していた  気持すら起こる  気持と立場も考えられ  気持で仕事に取りかかり  気持がしている  気持が暗くなり  気持が残ってならなかった  気持を婉曲に表現する  気持を悪くするばかりじゃないか  気持であてもなく探しあるいたが  気持は心の奥にまだ錬りきれずにゐるので  気持が溢れてゐるからである  気持と云つたらありませんでした  気持をしながらも  気持でその日の終列車に乗らねばならなかつた  気持のよくない乾き切つたやうな宿場町の其処にたうとう泊つてし  気持で出かけて来た  気持で翌朝早く起きて  気持に縛られてしまっていた  気持のものを聴く  気持に浸っていた  気持を嬉しいと思った  気持にならせられるけれど  気持の日々を送りました  気持をもって住んでいる  気持ではものが云えなくなった  気持の圧迫に我慢が出来なかった  気持を飛んでも  気持が分らないのにも  気持を損じやしないか  気持が悪いなァ同じこった  気持悪るく  気持を枯淡にせしめるどころか  気持をこじらしている  気持を奪ってしまった  気持が引きたてられるどころか  気持で戦争に協力したかという  気持を持っている  気持は致しませぬ  気持よく五六枚買うて  気持を与えた  気持になりかけると入りかわり立ち  気持になっていましたが  気持からはあまりに懸け離れてい  気持のいい空気がほしくなった  気持からはあまりに懸け離れている  気持がしらじらとする  気持よく追んだす  気持もすっかり落ちついていた  気持をもって居たら  気持を起させるほどす  気持を想えば  気持を知らず  気持に浸った  気持だってどちらを向くか分らない  気持の悪い日がつづく  気持をコジらして手で書かれた  気持でそれを眺めてゐる  気持で商売をやって行きたいと思った  気持を養わせたくないからです  気持で働くから  気持よく懸命に働いて貰う  気持で常に研究を致して居ります  気持がこみあげてきましたので  気持がよくなるだらう  気持に返  気持が起きて  気持よさそうに高笑いをしながら  気持よさそうに笑って  気持で笑っている  気持を見はぐっていた  気持だったと思います  気持を聞いて見たい  気持になるかわからん  気持が春さんに無い事は無いと思う  気持よくわかるの  気持を思いますと  気持よく飲んだら  気持よく賛成してくれ  気持はありがたいと思うが  気持は私わかるの  気持になつてしまふ  気持はしませんか  気持を百パーセントに満足させてくれる  気持にはなりたくない  気持でいたい  気持を有っているかを  気持を終生忘れる  気持はいまも生きている  気持がそうなって行く  気持で連盟とやらへ出入したり  気持になって立ち上った  気持になれないでいる  気持と全然かけ離れた  気持をあらわしていた  気持で撮った  気持は人間世界の理窟では清算出来る  気持であつたに違ひない  気持に律動と諧調とを生みつけ  気持を引きた  気持を打ちあければ  気持で自宅へ帰りつつ  気持からこの貼紙を読むと  気持がをちついてきた  気持で別を告げました  気持の整理がつきかねるほどでした  気持がインテリゲンツィアらしい観念哲学や芸術論に托して  気持もすすんで  気持が現れる  気持にひっかかってきた  気持がそちらへ曲りこんでしまった  気持まではっきりと伝わってくる  気持に眠ってしまって  気持がされる  気持で郊外の家へかえって来た  気持なんてわかりっこない  気持わるく発見した  気持をどう話したら  気持で顔をそむけながらのってゆく  気持でい  気持からも推察された  気持を感じさせた  気持を抑えた  気持に影響した  気持が起つても  気持をかきたてようとしている  気持を転換させる  気持で研究し  気持はどうも分らなかった  気持などにはまるで頓着なく夫人はノートを久子さんに返しながら云う  気持を章子に話す  気持に囚えられる  気持よからぬ顔を見あわせて  気持はしないので  気持からこの実演を敬遠しないでいられないほどもやせ衰えている  気持を考えてみますと  気持を誘い出された  気持がずんずん進んで行く  気持を悪くさせてもいけないと思って  気持をスッキリ澄せて行く  気持よい夕餐が出来ます  気持のいい素人下宿でも探す  気持がはっきり分って  気持がだいぶはっきり分ってきました  気持が変らない  気持が分りませんでした  気持に沈み込みました  気持で生きてゆきたい  気持のいい世界の様子を更に引立てて見せる  気持にしました  気持のいい旅の道連れだとは思わないだろうと思う  気持のいい小春日になる  気持が悪いというくらいになる  気持になれませんでした  気持になるばかりで  気持には却ってよく合っている  気持はあったので  気持のいい笑顔をして言いました  気持よく照らされていた  気持のいいイタリーの国中を旅して歩いていました  気持にさえなりました  気持のいい場所がありました  気持よく散歩して来た  気持になってくれるといいのにねえ  気持を感じない  気持よく囁く  気持のよさそうな溜息をしたり  気持がいいくらい跳ねまわって  気持になっているだけな  気持のよさそうなところだなあと思っていた  気持が致しまして  気持を乱される  気持に看惚れただけで  気持でいました  気持よく聞える  気持が湧き始めていました  気持を持っていましたので  気持にしてやるという  気持をセエラはいつかアアミンガアドにないしょで話した  気持になって困りました  気持にこき使う  気持で一杯になりました  気持のいい椅子テエブルがあって  気持をよくのみこんでいる  気持よく聞く  気持がよく解る  気持があれば出かける  気持は忘れられないと見えて  気持になつてゐるので  気持になっていたからである  気持に沈む  気持やっと今わかる  気持の内容がはっきりせず  気持の支えとなっているかしれますまい  気持になつて坐  気持になつて着物をぬいで  気持になつてしまひます  気持でうつとりしてゐた  気持でそれを書きつ  気持とを交錯しながら  気持で丘をみつめた  気持がそれをなし得ず  気持で本屋の店先をウロウロしている  気持で本屋の店先をウロウロキョロキョロする  気持はミイにはわからない  気持で握った  気持をわかってもらえるかもしれない  気持をつたえられない  気持のさばき  気持のひろがりを感じだす  気持よくは泣いてゐない  気持よく家のひとにしてあげ  気持でこんな句を書きつけたかは  気持が悪くなるほどに  気持がその批評家の文章の上に現はれた  気持にまでならせられる  気持の良い努力ではないかと思ふ  気持が判らぬが  気持をまるきり描いてくれない  気持をこはす種になつてゐる  気持を知つてゐる  気持に捉はれないであらうか  気持のものではありますまい  気持がしましたよ  気持で喋舌っていると  気持で誤魔化して  気持になったからであった  気持がよくわかっていた  気持に包まれてしまったので  気持の清浄無垢さを誇りたい  気持になって来るの  気持になってしまうの  気持は智恵子さんに訴える  気持がどうしてもわからない  気持なんかチットも察せずに  気持も私は察し過ぎるくらい  気持を裏切られた  気持になって行きました  気持よりもモットモット切ない思いで胸が一パイになる  気持がするのに  気持が落ちついて居れるがな  気持になれなかつた  気持よくなんかならないどころか  気持に閉じこめられて苦しむ  気持を書こうとすると  気持がしだした  気持も尠からず軽くなった  気持だろうとおもいます  気持は非常に一貫してもっている  気持でいらっしゃった  気持をわたしは知らなかった  気持が落ちつく  気持になつてゐて  気持をわらふだらうが  気持で立ちつくした  気持がよいと思います  気持の合った  気持がよかったろうと思います  気持で私共ひどく感動させられる  気持でだまされた  気持の悪い風も吹いていた  気持よきところなり  気持の悪い雲が一一〇〇メートル以上を包んでしまい  気持のよい頭を見せているし  気持よく歩けました  気持が悪くちょっと一人では危険なところだと思いました  気持で登って行き  気持の圧迫から自重の上になおも自重を重ね  気持よく歩ける  気持を親しくしていたか知れないと  気持よく出ていた  気持で富士を下りて行った  気持が違うというではないか  気持がよさそうにぐうぐうと鼾を立てながら眠っている  気持にうたれながら  気持悪く思って居るに  気持がようござんしたよ  気持はしないにきまってる  気持として無理はない事だろうと千世子は思った  気持で眺め直した  気持のいいところへ行く  気持で見上げる  気持になれるからである  気持を快くする  気持の好い縞目を作って  気持に成って仕舞って  気持で仕事をしている  気持にされ  気持がいいと思います  気持で相手の言葉に耳を貸していた  気持を仮借なく圧倒する  気持が伊豆の憔悴した  気持で小笠原の後につづいたが  気持に立還らうとした  気持をいだかせる  気持が甦つてくる  気持を伝へた  気持には覚えがある  気持が自分にはさっぱり呑みこめなかった  気持も幾分はあった  気持で手を伸ばす  気持で読んで頂いても  気持はしなかったでありましょう  気持が全くのみこめない  気持に返るには  気持はまさしく脳にも響く  気持よく澄み渡つた  気持が暗鬱になった  気持よく空中に弧を描いて  気持よさそうに身体を拭いている  気持は至極からりとした  気持が黒雲のように拡がっていった  気持に襲われてきた  気持で乗っている  気持よげにスヤスヤと睡っていた  気持を制した  気持を打ちこむ  気持のはけ口を求め  気持を持つた  気持を和げる  気持悪く汚れた  気持は又もう一度巡って来た  気持でお関はいやがる  気持のよい身のこなしや小器用な仕事の仕振りを見ると  気持が一方恭への態度をより丁寧に思いやり深くさせた  気持を持たせるに  気持が徐々と目ざめて来た  気持をお関に起させた  気持を持って  気持になって居たけれ  気持が分って  気持に成って笑った  気持そのままに見る  気持よく柔らかいものの中にうまると  気持になって居たが  気持というものが意識にのぼったらしく  気持を稍取戻した  気持をここで悪化させないかを  気持はないらしくみえた  気持しか実際私には出て来ませんでした  気持までもがアリアリとうなずかれたので  気持で凝視している  気持が今まで続いてゐた  気持すらする  気持で見て歩いた  気持よく晴れわたり  気持よく命中した  気持がこめられている  気持でお風呂につかって  気持に襲われ  気持をさらにすさまじいものにさせねば置かなかった  気持で自分より二つ年上のその痩せてひからびた  気持になって苦しんでいる  気持にぐうぐう睡っている  気持が滅入りこんで  気持をくさらせながら  気持のどうにもならない  気持になるでせうから  気持の余裕すらなかつた  気持になつたことはありません  気持でゐるかも知れませんが  気持の不自由を覚える  気持になつたりする  気持だけでは誇張であるとも言ひきれない  気持もおさまる  気持になるの  気持になるよ  気持も晴れるといふ  気持になりうるとでもいふ  気持であるにしても  気持も生まれなかつた  気持はいくらか変るだらう  気持の張りあひが  気持はなほ人並にあるにしても  気持を持たなかつたので  気持の納まりがつきかねる  気持がぐつと落付く  気持になつたでせう  気持の最後のものがどうしてもその不自然さに堪えがたかつた  気持にならなかつたら  気持が大人でゐられますな  気持の行き懸りもあり  気持を泥でねつた縄のやうな重苦しさに感じる  気持も凋む  気持は甚だ淡白になれない  気持を感じ  気持だけを感じると  気持が働く  気持に追はれる  気持もいだいた  気持になつたりするので  気持ではとても書けないし  気持を父に伝えたかった  気持を掴む  気持に浸ってる  気持を母に伝えたくなる  気持に陥っていく  気持からいうとネ  気持でみると  気持のいいものではありませんでしたが  気持のいいおかみさんの本屋があって  気持のこだわりを敏感に察する  気持を楽にしてあげたら  気持も楽になる  気持が楽になれば  気持がさっぱりしてたすかる  気持の楽な生き方をしたい  気持でなつかしんでいた  気持が眼付に籠っていった  気持で畳の上に蹲っていた  気持は知っている  気持を持って居る  気持から彼らを殺したりはしなかった  気持は私の倦怠からは起こって来ない  気持を募らせてゆく  気持を私たちの家庭生活の裡では貫徹しなければ  気持で人生を見て  気持になりたがる  気持がのって来る  気持には面白いところがあります  気持のわるいところの感じがはっきりつたわって居ます  気持には私も自然な同感がある  気持だから云々と仰云って  気持を考えたけれど  気持がさっぱりしない  気持もあるので  気持をここの峠ではのり越えた  気持からこの間うち島田へ出来るだけ  気持はよくわかるし  気持がしています  気持が堯を切なくした  気持で堯は行き過ぎる  気持にじりじり迫られる  気持が俺と一処に船に乗り  気持が自分にもよく分らないといって  気持で彼女を見る  気持だけは割合に冴えていた  気持に甘えて  気持に両袖で胸を抱いて言った  気持にはさしたくない  気持を取直す  気持は茲でちょっと呆れ返り  気持の蕾がちらほら見えはじめた  気持で笑いながら見ている  気持を諦め  気持をさせられていた  気持がくさる  気持がなんとなく激昂して  気持をつくりあげて  気持の収まりがつかない  気持になって来るという  気持がするではないか  気持が落ち着いた  気持になりましたと  気持とこの中にみちて居る  気持が雲の様に湧き上って来た  気持で思い込んで居た  気持になって呉れただろう  気持でお龍のところに通って来る  気持と体をもった  気持を立て直さうとしてゐた  気持がこもつてゐる  気持すらも落付かせようとはしない  気持が透きとほる  気持があつたのであらう  気持にはなつた  気持よくぬく  気持のわるい好奇心を感じながら  気持を知ると  気持よく吸いこんだ  気持も世間からみれば  気持はあるわ  気持でこの頃はおりますものの  気持さえ起りました  気持になりかけていると  気持で遅く帰って来てから  気持で女達に接せずにいられなかった  気持を抱かせ  気持が分ってくれるか  気持は微塵もしない  気持を起させただろうと思います  気持とが裏表になつて居ります  気持を持つかもしれませんが  気持にされました  気持に襲われたほどであった  気持よく運ばれている  気持好く出来ていた  気持のよいものの音がたゆたい  気持よく食堂車は揺れ  気持の悪いものが後に残った  気持はますます深まり  気持でやりなおして  気持だけでもこのほうがたのしいぢやアありませんか  気持になって泣きました  気持のいい声をたてて  気持がいいといっています  気持を悪くしたり怒ったりする  気持をそそられた  気持が出る  気持で眺めやった  気持で冷めたくなった  気持に囚われた  気持もだんだん引緊ってきた  気持を誘われたりした  気持になって言った  気持も今になってみれば  気持を撤きちらしてゆく  気持にならせる  気持悪るおしたやろ  気持が納まりかねた  気持を落付かした  気持を誰に持って行き  気持と憤ろしい  気持でいるか  気持が白けてしまって  気持が静まってくると  気持が欝積してくると  気持から遁れる  気持に悶えている  気持が欝積してきて  気持を起させない  気持は未だ一寸小説の空想に引つ  気持は妙に転倒して  気持よくやる  気持よく行った  気持よく行かなかった  気持よくやれる  気持よく落下します  気持よく吸ひ込まれ  気持が起つて来て  気持に襲はれた  気持の悪さうな表情をした  気持を取り直して  気持で書けて  気持の統計がとれる  気持でやっている  気持から疑いながらも  気持の悪い眩暈に圧倒されてしまった  気持を楽にさせないだらうし  気持が落著いて来て  気持悪くなさつたらうと頭の上らぬ思ひがする  気持を表はすべきで  気持のわるい光線でここを照らしている  気持がこみ上げて来た  気持にまで追い込められた  気持でその一本すら分量の価打ちだけに飲み足らう  気持の上の後詰の分として余分の本数をとって置くべきであると  気持が湧く  気持が胸の底から湧き出た  気持を想い出した  気持をはぐらかさねばならない  気持がよいようになった  気持に陶酔するなんて  気持に興味を持ってやった  気持が晴ればれとして  気持で帰ってくる  気持さえ感じない  気持をもつてゐて  気持がきっとつよく出ているでしょう  気持も違った  気持よい活気を感じて居ります  気持でさがして  気持の中には私としては本当のものがある  気持のものだからついでに書きますが  気持でいても  気持の通じる  気持ではカンシャクで苦しい思いをした  気持がよくわかると云っていらっしゃる  気持の焦点の違った  気持が判りました  気持として何だかお母さんお一人放ってはおけないから  気持でよむでしょう  気持をもちます  気持で受けた  気持でこの手紙をひらき  気持のテンポと呼吸が揃わなかった  気持がぴったりする  気持がほぐされるまで持ち越し  気持の内に存るように感じられたりする  気持でいらしたでしょう  気持は私として忘られない  気持にあった  気持は生れて  気持でうけていた  気持までひろがる  気持で出て  気持がそちらも持っていらしたという  気持と又目をあけて  気持は大分減って来ている  気持の縺れ合いに  気持が刻々動いて行くから  気持に強い印象としてのこされるでしょうから  気持で肩を並べた  気持わるくて歩いていられない  気持もするでしょう  気持からだけ動き  気持の分析の上に立ってのみこめて来ています  気持は判って下されるでしょう  気持も分って下さるでしょう  気持が楽になり  気持で見ているし  気持を経験して  気持や態度や気休め的答えはしていなかったと思う  気持とは違う  気持が決してそれなり通過しない  気持と云っていた  気持のよい出窓の下の作りつけ  気持悪く顔へ来た  気持のよい人たちの集まりを作る  気持とは離れて  気持とひとの気持と全く違ってしまった  気持と全然はなれた  気持を打った  気持はあるのに  気持をいたわって  気持をちゃんとわかって  気持を迎える  気持よく物事に対応して  気持を殺して  気持の上から楽なことだろうと思う  気持が助かるかわからない  気持が起きない  気持になってあげて  気持で批判を行っている  気持はよく判りますね  気持はあるでしょう  気持で住んでいるかと云えば  気持が一室一室の壁をとおして滲み出ているでしょう  気持にも強く這入っている  気持が悪いところがある  気持は誰れでも一応は持つ  気持というのは現代の半分自覚して  気持を相手の人にだけ寄せかけないで  気持を自分でもって行くばかりでなく  気持も自分がある  気持がいいと思いますけれど  気持をとらえているという  気持の取合せでその人が語られているという  気持よいと思います  気持で皆さん御覧になったでしょう  気持とない気持の違いだと思います  気持にいる  気持が来ない  気持で亡夫のことをあれこれと思い出す  気持は一そう寄り添いあって  気持で聞くとも  気持がたえず行き来する  気持はスガスガした  気持を誰か知っている  気持がしていませんわ  気持を察してやり  気持が湧き上って  気持を誓っていたに  気持やぽかんとした  気持が幾分かは助長されるという  気持が滅しない  気持がかなり不自由なものにされてゐた  気持なら書けるぞ  気持で活きてゐた  気持で素直に書いて行け  気持にならなければいけないと  気持で別れる  気持に眺めながら  気持よくお発ちになつた方がい  気持がすまなかった  気持でおった  気持がなくなる  気持はわかつてくれると思ふ  気持も忘れずにいてくれるだろうな  気持は尽したらしかったが  気持で向っています  気持がするわ  気持で酒杯を挙げながら  気持がしながら  気持からして  気持で出された  気持で時折青楓氏の書房を訪い  気持がこの精力的な婦人作家の胸中にある  気持に高められ  気持の上の摩擦もなしに自然に行われる  気持ではいってゆくか  気持で書き  気持が上つてしまつて  気持にさえなるが  気持であると自嘲した  気持はもとよりあるけれども  気持に触れた  気持を払いきれない  気持にも大した変化もなく旅を続ける  気持はすっかり洗い去られている  気持で秋の日射しの中を歩いて帰った  気持ではエハガキ通信をつづける  気持を起させている  気持を味はねばゐられない  気持を更に自由にした  気持で聞いた  気持にはっきり残っていた  気持をもてあましながら立ち去って行く  気持をもてあましながら立ち去つて行く  気持で云へさうに思はれるだけで  気持がこじれるから  気持が変になり  気持になったわ  気持のない信二だから落附き払っている  気持よく誤魔化す  気持でいたからである  気持が何かしらなつかしまれる  気持になるだらう  気持を持ち続ける  気持よく食事がとれるといふ  気持はよく判るし  気持も判る  気持になりましたがね  気持がじかに迫って来て  気持で引受けてしまった  気持にさせられるわね  気持をそろそろ起しては  気持のするので  気持で指さんとあかんと  気持が焦りだすと  気持で指さなあかんと  気持が焦りに浮き立つてゐた  気持に欺かれてゐた  気持を想ひ出す  気持も分って  気持がわかるとか分らないとか云う  気持がするでせう  気持で書くとすれば  気持が変る  気持が変るといふ  気持よく酔はせておいて  気持に応じて  気持に穴があいた  気持ばっかりは今から考えてもわからない  気持よさそうに手足をダラリと垂れる  気持がいいと見えて  気持でポケットに入れた  気持はよくわかりませんけどね  気持がこんなことを話す  気持で指しさえすりゃ  気持を千世子は持って居た  気持を書いてよこす  気持も解して呉れると云う  気持よくうれしく思う  気持で別れた  気持で明日自分のする  気持で迎える  気持によって見  気持が洗いさらされてしまった  気持に送ってしまった  気持で一字一字をたどって行った  気持でふいと  気持で瞳をあげた  気持よさそうに思えた  気持で目を細くあいたりつぶったりして居た  気持になるばっかりで  気持ですけど斯うやって見上げてる  気持で室に戻った  気持がそんなにしない  気持を思い出して居た  気持で昔の物語りの  気持にうす笑いをした  気持の悪くなる  気持が半々になった  気持が千世子の体中にみなぎって居た  気持になってうるんだ  気持なんかを字につり合った  気持で帰ると  気持で行く  気持で新橋へ行った  気持になって持って来た  気持が千世子の胸に満ちた  気持だけは今だに持って居るらしい  気持を幾分かは此人によって満足されるだろうと云う  気持が感情の裡から抜け出して仕舞った  気持で居たけれ  気持が満ち満ちて居た  気持になって取っつけた  気持が何かにつけて見っとも  気持でぼんやり顔を見合ってた  気持にどうひびくか  気持をうち  気持も説明して  気持も充分にわかって下さって  気持がしないらしく  気持がうかばなかつた  気持をそこまで引下げて  気持を伝へたりする  気持になつてはいけない  気持になってはいけない  気持で石段を下り  気持で待って居りました  気持にされて居たのに  気持にもなりながら  気持がなさいました  気持が嵩まつて来た  気持を抱かせておく  気持からくり返さないではいられなかった  気持を楽にした  気持にさせるくらいだった  気持ではいられなかった  気持が変ってしまった  気持はめちゃめちゃにされるわ  気持から彼らの上に一枚の布を投げかけた  気持で聞きました  気持を起こさせる  気持が乱れていたが  気持に逆らう  気持を起こさせない  気持を休めた  気持で読んだ  気持を抱いているという  気持で待っていた  気持が求める  気持でわたしはあの人たちの愚かしいふるまいを見ている  気持を見せながら話す  気持だった朝のことを考えました  気持が起きてはいけない  気持とがまじった  気持がやさしいなどとはとてもいえないのに  気持をもっていると信じているのに  気持を落ちつけている  気持のほうが強くなったにちがいありません  気持からほんとうにアマーリアを軽蔑しているなら  気持の小ささというものがありましたね  気持からやっただけな  気持に負ける  気持などは全然問題にはならない  気持を捨て去る  気持に打ち勝って  気持になってしまいます  気持を傷つける  気持はよくわかっている  気持に感謝した  気持から庭を通る  気持をそらした  気持に打ち勝ってやっている  気持よさそうにいった  気持がするにちがいありません  気持を通じ合っている  気持よくしていてくれる  気持によってもやわらげられない  気持が傷つき  気持をさえぎる  気持にもならなかっただろうが  気持の上に均衡が失われてきて  気持がしてきて  気持を緩和しようとした  気持がこんぐらかってくる  気持がわいてきました  気持でないのを敏感に見て取ると  気持で中途入学してきた  気持がちっとも起らなくなってしまった  気持から三吉をすくってくれる  気持になるばかりだつた  気持が心の底から泉のやうに噴き  気持で思はず  気持のややこしい説明はよさう  気持がたす  気持に張合ひが出て  気持になつて泣きべそをかいてし  気持のものかわからない  気持だつたのかも知れない  気持で朝ごはんを食べてゐたら  気持といふのであらう  気持になりやしないだらうか  気持のままでたけに逢ひたい  気持の事を言ふのであらうか  気持に私はなって  気持で私は眼を外らして  気持のからみ合いが  気持だけとり立てては云えまい  気持がわかっています  気持が益々動かし  気持はしないナ  気持よく動き  気持そのままあなたの前に提出したら  気持で愛情を抱いている  気持で二階のスタンドのところでいたら  気持をぬいて見られるから  気持のぶつかりを生じているので  気持で片づいた  気持に対して責任を感じ  気持に対する自分の責任をもはっきりと知る  気持に入って行けなくて  気持わかっていただけるでしょうか  気持が落付かないので出かけて  気持で仰  気持と比べると  気持で一貫してかけて  気持で突こんでゆけたから  気持ではやっぱり一番自分にのぞましいものにとりついている  気持の様々の遺憾なところがいくらかずつなり見えて来ている  気持には深い深いものがあると思われます  気持もいくらか判った  気持をわるくして申しました  気持の持続性が生じていて  気持も十分わかります  気持も分ります  気持がきまらず  気持と見られます  気持を現して居ります  気持は決して決してありません  気持でお顔みたら  気持になって来ていて  気持がわかりますから  気持に暇があったら  気持が中心にあった  気持にだけ入って書いている  気持でこうやって  気持のリアリティも安心してつかめて来たという  気持だけが糸をより合わした  気持というものは無限の背景をもってうつりますから  気持よい写真だからやきましして貰って  気持をききとうございます  気持でかえる  気持を考えている  気持が分らず  気持の肌理でいらっしゃる  気持ですわっていました  気持よく承知してくれた  気持と共通し  気持には少しもなれなかった  気持が大切だなんておっしゃった  気持が愉快に落ちついて来た  気持で生み出される  気持は大てい僕にわかっている  気持がわかっている  気持で彼の帰りを待っていた  気持がこのごろ沈んでいた  気持を言いあらわす  気持はいつまでも落ちつかなかった  気持を計りかねていた  気持がのびのびとなるにつれて  気持よく腹に納まらない  気持を十分に知る  気持でこの家に寝起きしている  気持にかえる  気持には少しもなれない  気持はみじめなほど憂鬱になって行く  気持になったじゃろう  気持はよくわかって居りますし  気持を自覚して  気持がしみ出て来る  気持だけはよく通じた  気持がわかってくれている  気持を毎日くりかえして来た  気持に駆りたてられ  気持は出帆してからも続きました  気持よさそうに笑い出しました  気持を感じて来ました  気持が顛倒しました  気持がありました  気持も察しずに  気持が完全に伝へられるであらうか  気持が湧きあがりました  気持を辛うじておさへました  気持のいい感じを与えるからである  気持になっただけの  気持が解らない  気持はどうですといって訊いた  気持に千代乃はなった  気持が落ちついていたとも言える  気持に誘いこまれてしまいました  気持をきいてみる  気持も買ってやりたいと思った  気持を買ってやりたい  気持を従兄弟たちから引きはなしていた  気持で立ち上った  気持にはなれないだろうともさ  気持に同情してくれている  気持になれと求める  気持よく盃を重ねて  気持を愉快にしている  気持で勉強に熱中する  気持でいるかがわかる  気持がそのままぴったりとはのみこめなかった  気持の上で大きな開きがある  気持を始末しかねていた  気持でやる  気持で片づけた  気持まで浮き浮きさした  気持がこめられていた  気持のうえで妙な矛盾に陥っていた  気持が落ちつかなかった  気持が流れ出る  気持のいい蘭が出来るまでは  気持のよい絵を描いた  気持は急に変った  気持よくそう答えて  気持にもなろた  気持をかくす  気持が離れて行く  気持よく努力する  気持にどれだけの影響を与えたかは  気持も少しはわかっている  気持を彼に起させるには  気持をいよいよ不愉快にした  気持が次第に明るくなり  気持になってもらう  気持を話してみた  気持を見ぬいた  気持はなくなっていた  気持が少しでもわかったら  気持にぴったりする  気持のへだたりが  気持はつたえておくから  気持を助けた  気持で新たに思い出されました  気持よく笑っている  気持も含まれた  気持は当然起った  気持に囚われる  気持が率直にかかれている  気持にはふれてみようとしていない  気持に自分をまかせ切っている  気持を萎えさせて  気持の片鱗には私にわからなかった  気持でかたくなって  気持でかおをほてらして話し合った  気持もうす青く光って涙ぐんで居た  気持に細い細い雨の一条一条のすれ合う  気持で鏡の前を飛びさった  気持にかえってあの帝劇で見た  気持の好いものばかりを一生県命に見つめて居る  気持がとんで行っちまわないかと思われた  気持とがその一うねりの波間にもこもって  気持にすぐ撥をなげ出してしまいたいほど  気持でこんな事を思った  気持に妨げられた  気持が鎮まるどころか  気持はどこから来る  気持が去らない  気持でそこかしこを歩き廻った  気持の悪い湿っぽい風が吹いていた  気持を非常に悪くさせました  気持の流れを自分でせき止める  気持になって知りたがっていた  気持で仰いだ  気持を多少でもわかっていた  気持で廊下を歩いた  気持に妥協する  気持をお話しする  気持がもう少し落ちついてからにしちゃあ  気持がそうならなければ  気持がそうなる  気持になったとして  気持が晴れやかになる  気持は残っていなかった  気持が混乱していた  気持がほんとうに練れるまでは  気持が流れている  気持で心に描いた  気持は奥さんの好意に甘えてみたい  気持がほんとにわかっていたら  気持が大沢に少しでもあったとは  気持を推しはかる  気持もいくらか軽くなり  気持にさせているらしかった  気持で次郎を見ている  気持はまだぬけていず  気持に彼をさそいこむ  気持で立ち上りかけた  気持をそれで引っこめてしまう  気持をさっぱりなすって  気持がわかって下さらなきゃ  気持を見すかす  気持をもう一度思いおこした  気持がまだいくらか残っていはしないか  気持は少しも落ちつかなかった  気持が軽くなった  気持がいいか知れない  気持において何か忍びないものを感ずるからだ  気持になっているというよりは  気持を押し通して来た  気持は私の全身を奇異なもので充した  気持を僕に話した  気持が残っている  気持のよい日和もあった  気持の上だけでとりか  気持の上で休んだり続けたりしてゐる  気持の上で休んだり  気持の上で続けたり  気持の上で休んだり続けたりする  気持がよくなりましたわ  気持のいいものにおもう  気持がすさんで  気持ならばかえっていらっしやい  気持が楽になつたやうに思ふ  気持といったら  気持はイクラカわかるのう  気持もするです  気持の好い笑ひを浮かべた  気持の悪さ加減といつたら  気持にそわないという  気持だけは通る  気持に同感した  気持をさっきから見ぬいており  気持に彼はなっていた  気持をいらだたせた  気持をはかりかねたが  気持がないと言いきれるかね  気持にそわない  気持がどうだとか言っていたが  気持をたしかめる  気持でふざけあったり  気持をさ  気持には心から同情する  気持には十分同情している  気持を明るくした  気持にさそいこんで行った  気持を味わったからって  気持で町はずれまで来た  気持で道江の答えをまった  気持になって出て来ながら  気持がおちついていなかった  気持を明るくする  気持を直接知事さんにお話ししたいと思いますが  気持を裏切っている  気持もよくわかる  気持をかきみだしていた  気持はいたしませんでしたが  気持はよくわかっています  気持に少しも濁った  気持に感じた  気持を次第に落ちつけて行くらしかった  気持までひっこめた  気持をおちつけ  気持を一層刺戟した  気持にさそいこまれた  気持をはげしくゆすぶっていた  気持をつかんでいないので  気持よく白鳥会をつづけて行けるかね  気持がいたしませんね  気持になってまいりました  気持になって答えた  気持が胸をつきあげる  気持はわかるかね  気持は案外おちついていた  気持にさえ彼はなっていた  気持よくはやれなくなるでしょう  気持をかきみだした  気持を味わい得た  気持をもつらせ  気持でいて下さるから  気持よく学校にお別れが出来て  気持のいい旅行をつづけています  気持ももっとはっきりわかってくれるでしょう  気持はわかってくれるだろう  気持がへんになった  気持で心配した  気持は専ら谷中の墓地で養われたとさえ言える  気持でやったから  気持で居ても立ってもいられない  気持が端々に実によく出ている  気持で拵えた  気持が坊さんの間に起った  気持でやらなければ  気持を抑えて  気持を傷つけたくない  気持のいい潤いのある  気持がわるくなりかけたが  気持をよく説明して  気持にぴったりしていたかもしれません  気持は明るくなった  気持のよい芝生の小径が通っている  気持が乱れた  気持を味わいたい  気持に還っていた  気持もずうっと  気持をいたわり  気持が戦闘的になり  気持になれず  気持のよさそうに羽根をふるわせたり  気持の転換を求めていた  気持がぐらついて来た  気持に転じて行かない  気持ではあったが  気持が転換できると  気持悪さを思うと堪らない  気持よくなりかけていた  気持はまたいつの間にか自分に帰っていた  気持を思って見る  気持を生きいきと蘇えらす  気持がかなりまとまっていた  気持で研究室に坐っている  気持も蘇って来て  気持さえある  気持よくなりました  気持のいい作品がかきたいの  気持はひとつところへ還ってばかりいて  気持も又のんきになりました  気持で教え  気持に沁みとおって  気持のうちにある  気持よくききながら  気持でいられたら  気持も分りあって  気持のいい海辺らしい風が吹いていて  気持もずっと二半でいたらしい  気持よくわかります  気持にちっともしゃんとした  気持のいい太い息をついて  気持の標準はいつもそこにあるから  気持でたよりにしている  気持は知らないで  気持は今もつづいて居ります  気持をかいた  気持だけがある  気持も一寸とらえているけれど  気持がわるくなったから  気持と苦笑との交りあった  気持やっぱりああいう  気持も面白いと思います  気持に近くて是非ほしいというし  気持に何といろいろの内容がある  気持よいしず  気持が到達した  気持で自分の親たちに対していた  気持を表してゆく  気持のなかでするするとのびた  気持の変化について考えて居りました  気持を合理化ばっかりしている  気持があるの  気持になって考えてみれば  気持や場所やを考えると  気持はつづいて居ます  気持よくそよ風におくられて  気持をあらはす事が難かしい  気持よくゆかれます  気持が悪くなると  気持よい感じがしました  気持よく生へてゐる  気持で寝られます  気持はありません  気持でなほる  気持を書きあらはす  気持が強く一々の手紙に自分の存在を書き刻む  気持がいやになります  気持と紙と語りかける  気持よく印象されました  気持の理由が有って  気持悪がっていらしたから  気持か申すまでもありません  気持を支配して行く  気持よく眠れる  気持のよい疲れ方というものを求める  気持がわかり  気持の病的なところを訴えてきた  気持になっているらしくて  気持のよいところでありがたいと思います  気持をそそられて  気持で書き出す  気持に打たれた  気持を口に出せば  気持で訊かなくともわかっていたが  気持がものになりかけて来た  気持のむずかゆさを幾分はかせた  気持が起こって来る  気持にすぐそれが捲き込まれてしまう  気持にすこし似ている  気持だと思う  気持を先廻りした  気持を隠さずに  気持からあっしは大急ぎで家へ取って返し  気持で仕事をする  気持に特別のハリがこもっていた  気持を第一番に尊重して  気持をいだいてしまった  気持というものが分らない  気持を察してやる  気持がどうだからと云って  気持をネジ向けていた  気持が変ったらしい  気持が育ち  気持と実に似ている  気持でそんな題をつけた  気持を持ち始めた  気持を振り捨てて晴れ渡った  気持で勉強せんけり  気持がいっぺんに流されて  気持なぞあり  気持がいっぺんにすかされた  気持がますます強くなった  気持があの人に通じたか  気持を味わうのに  気持はいっぺんに萎えてしまった  気持に同情すれば溺れ死のうという  気持を少しでも慰めたい  気持に襲われ出した  気持を引ったててみるくらいの  気持を順序もなく書いた  気持の推移を知っている  気持よく走っている  気持で変装に取かかった  気持がはずまない  気持と言葉の鋭どさに殆んど縛られた  気持が緊張して尖っている  気持で通りすぎた  気持のよい微風が吹き過ぎた  気持はしまい  気持よい雨がどっしり降って  気持の深さとがいかにも工合よく調和していて  気持よくないということを心配します  気持は何にたとえたら  気持もあってね  気持を自分で持かえました  気持よいだろうと思って  気持にゆとりはありますまい  気持であろうと深くお察し申します  気持もなさらないでしょうが  気持だけ言い  気持におさせし  気持も亦時がたてば  気持の向いた  気持でいそがず  気持の半面で真実それにひかれている  気持だけで区切りをつけていたってはじまらない  気持ははっきりそれとして生活の中に浮き上って来ない  気持で経験された  気持は自分のことを考えても  気持いいでしょうと張り合いです  気持の動機があり  気持で接触してはいないけれど  気持が渦巻き流れ  気持よい肖像でいくらか秘蔵の心持のある  気持わるいからハガキできき  気持で濡れて待っていました  気持でなかろうがと研究もするのよ  気持のよい掌のようであればいいと思うの  気持をし  気持と横になって  気持でおしはかると  気持思いやって何か傍観しかねます  気持を一つ一つ照らして  気持であると申せましょう  気持を擾されたりして  気持になって転ぶ  気持は分るけれど  気持で朝鮮へ引き上げた  気持に追いたてられ  気持を分ってくれるか  気持があるからこそ  気持はだんだん落ち付いてきた  気持がしっくりせんしな  気持をただ微笑に現して頷いてだけいた  気持は附き  気持から判断すると  気持に張りが出て来て  気持から深入りした  気持で生きていた  気持からくる  気持で使った  気持をはっきり書き  気持が挫けた  気持を何か一口に云ってやりたかったが  気持をもちかえる  気持お分りになるでしょう  気持となりました  気持の転換になります  気持の要求がぐっと殖える  気持がちがって来て  気持は自分にもヨク分った  気持に我々までが随いて歩いてる  気持の深く且つ根強かったことを感ずる  気持は普通の生活をしている  気持に立ち入り得る  気持にまで近付いている  気持と覚悟をもってやっていた  気持の上にも反映していたからである  気持などを邪推する  気持を受け容れない  気持はガラッと変って  気持のよい娘を三人見た  気持にとざされて  気持がぼやけてしまった  気持を悪くさせるだけだ  気持をじっと押えて  気持と解き放されて  気持をじっと見つめた  気持だけは朗かに吹き鳴らしてる  気持に閉されて  気持ですぐ戻  気持で出かけた  気持でこの年月暮して来ているのに  気持は愧しいばかりです  気持よい点滴のように書きたくなって来る  気持よいことがあったのね  気持のよさと云ったら  気持で福祉を考えて  気持のときが続きました  気持ではユリが行って  気持に及ぼしますから  気持の落付きがいくらかできる迄はいてあげなくてはなるまいと思います  気持はよく分るわねえ  気持の上では杖を失った  気持は一層高まった  気持が一種の熱となって  気持で歩いていった  気持のいい時は何時までもさうして居たかったが  気持よささうに泳いでゐた  気持は熱に浮かされた  気持だのと何処の国の託だかわからない  気持はヨソ目にもそれだけ強烈なものが見えた  気持に出逢った  気持を払い落してしまった  気持を無理に抑えて  気持で四五歩進むと  気持がまだ静まらない  気持で汚い紙幣を一枚二枚とかぞえます  気持よく頬を流れて  気持の喰ひ  気持がしてなりませんでした  気持の好い青味を交ぜた  気持も少しづゝ変つて来て  気持よく休み  気持が悪い吐息をハアツと吐き掛けたら  気持の悪い胸をさす  気持にとらはれてならなかつた  気持にも似てゐよう  気持を折々起した  気持に抑え付けられた  気持は今も忘れる  気持がまとまって  気持よりほかに書き  気持に甘くしびれた  気持でほくそ笑んだ  気持になっちゃう  気持でお説教をはじめた  気持もわかるけれど  気持を敏感に察知したらしく  気持のせいている  気持を鎮静させる  気持で帰つて行かねばならぬ  気持で考へてゐる  気持をいとほしんでゐる  気持はわかつてゐた  気持を引つこめた  気持の下から二度と再び彼にそんな事は云ふまいと  気持が根ざしかけた  気持には理解も同情も出来た  気持を考へれば考へる程  気持での同情などは出来なかつた  気持に逐はれて  気持が与って  気持の一面を表わしている  気持に相違がある  気持のいいのに大いに打たれて  気持になつたことを書き  気持を俺だちに起させる  気持に襲われたよ  気持はひき緊められて  気持は味はれない  気持でそれを聞いてゐたか知らないが  気持をいらいらさせる  気持を楽しむ  気持を抱かせる  気持で裏の畑に出てみた  気持を抱かさせる  気持が多くなり  気持のモメントともなっている  気持がすっぱりと階級の意識と階級の規律とにつらぬかれた  気持も好かろし汝の寝  気持が惹かれた  気持にならないかね  気持を清浄に保ち  気持を感附いてくれ  気持に燃えている  気持は分かるよ  気持の裏付けとして持ち出される  気持よく燃えて  気持もよかろし汝の寝覚めもよいというものだと心づけて  気持を悪うして  気持のよさそうな顔して  気持に沈み込み  気持が知らず知らずの  気持で起上がった  気持で茫然と永い間そこに蹲っていた  気持が凝らない  気持だけになって  気持の統一がまだ成っていないという  気持がそこまで至っていないからだ  気持が消極的になっている  気持は段々冷えてゆきました  気持は永く続きませんでした  気持だけがにわかに押し寄せて来た  気持がまるでふさいでいました  気持もよくわかっていると云う  気持もかなり調和的になっていたので  気持のいい時に限る  気持で湯をあがりました  気持をお伝えしたく  気持がちがいますよ  気持で黙ってしまった  気持が友によく解つたら友は屹度安心するだらう  気持の中に嫌な脅えさえ感じられた  気持を厳粛にし  気持が湧き  気持がその時して居た  気持に似ていたかも知れなかった  気持を抱かせたし  気持を何とはなしに感じながら  気持を知ったら  気持を覚えさせられて  気持が違ふ  気持から考へて見ますと  気持だと頷く  気持を少しづつ経験しはじめた  気持に脅かされる  気持を右から見  気持がはっきり通じなくて  気持で笑顔も浮ばず  気持を新たにするの  気持で念仏を称え  気持で繰り返して説いた  気持でその夜は寝た  気持をいっそう猛り立たせた  気持があるらしく  気持が浮き立たず  気持も意地もあり  気持があつたからの事であらう  気持が理会出来る  気持を忖度してゐる  気持を表はす  気持を持つたといふ  気持に気づきました  気持で愛している  気持があったからであろう  気持から茉莉のアパートの所を言った  気持に陥しいれた  気持がふっと起った  気持で尾行させただけである  気持が同情に先立つらしく  気持よりもいっそつかまった  気持にならなかったわよ  気持に追い立てられてしまう  気持でしょんぼり空を眺めた  気持で教室に帰って行った  気持が昂じてきた  気持を抱いていたからだった  気持にもすっぽりはまり  気持でいたら  気持が薄々解る  気持を悪くさせて  気持というものを自分の気持の内からだけ書いた  気持を社会の関係のなかで見直したしかめてゆく  気持が出ていると思います  気持で執筆されていますが  気持でオレにまかしときゃ  気持がまだ起きない  気持などは起こる  気持よく酔える  気持悪くムツとした  気持を強い太鼓の響に掻乱される  気持をふりすてて  気持も分った  気持を制せなくなって来た  気持はしないといった  気持の上に描く  気持でこの大事な一日一日を過している  気持で活きている  気持も手伝っていた  気持の沈黙を続けていたが  気持で遁走し廻った  気持に活きるという  気持を暗くさせた  気持を抱いているか  気持を何度も抑えて  気持で涼しく生きている  気持が強いのかも知れません  気持でいたんだから  気持よさそうにつめたい風に吹かれていると  気持を絶えず経験しなければならなかった  気持を佯らせた  気持で一夜を明かした  気持がしたらしい  気持よくお別れできる  気持でこんな騒ぎをやらない  気持でじっと見つめた  気持を強めなくてはなりますまい  気持をこめて  気持にちがいありません  気持を高ぶらせようとする  気持も含まれてはいなかった  気持よくすわっていだだけに耐えられず  気持わるくなった  気持がわるくなる  気持があまりにさっぱりし  気持に追い立てられているからだった  気持を振切った  気持が解け  気持を忘れて  気持とかいった  気持にはなれないだろう  気持で振舞っただけだった  気持に駆られておりますので  気持のわるい黄色の臭う  気持をそらしたくは  気持から言う  気持がよくならないので  気持や事件に対する法律的判断が別になっている  気持をなんとか解釈する  気持に抗して  気持が全然ないわけではないとしている  気持からそんな動作を長引かせ  気持がしていたが  気持になつてやるべき  気持からもときき  気持よく盃をあげているだろう  気持とはガラリと変り  気持を発見して  気持を計りかねながら  気持がしたけれど  気持がわるくなったが  気持に墜ちていった  気持で外に出た  気持がしてきました  気持はある  気持を探偵小説家が無視していると思っては  気持が遺憾なく描き出されてある  気持を起させるであろう  気持からの国家への感謝感激のアラワレであったろうと人々は推察した  気持よげに自慢話しをしていた  気持で文章が書けない  気持でその手紙を握  気持になつて聞えて来た  気持など少しも起らぬ  気持で読んでもらえるなら  気持もうかがわれながら  気持を話して見ても  気持で読めば  気持で読んでくれる  気持を起していた  気持を当時の人間は誘発されたであろう  気持で書いておいたとしたら  気持に漕いでいる  気持で昨今の毎日を暮している  気持よく糊のついた  気持がそこに一致する  気持も面白く感じられた  気持で杉子は帰って来た  気持を次第に悲しさにかえた  気持を思いかえしてみても  気持の弛緩が無く一時間の旅でもあんなに大仕事のように思われて来る  気持で解ると  気持がいくら考へても見出す  気持は急に怠惰なものに変りました  気持で着物の場所迄引き戻りました  気持のいいのだけを自由に振動させ  気持になつたりした  気持は毛頭起らなかつた  気持に久しく出  気持を忘れない  気持があるというので  気持で小説を書く  気持の全部が相撲に限定されてゐるから  気持で顔を洗った  気持に河の夜風が梳いた  気持は分らねえ  気持の悪いことでございしょう  気持で芝居をみる  気持の涼しさと安息とを味った  気持について行こうとして  気持からは十七八の少女はあんまり離れ過ぎている  気持が彼女から遠くにある  気持で見送っていた  

~ 気持[名詞]1
吉の気持は  因循な気持に  さうな気持が  そこに見出さずにゐられない気持  並な気持で  根本の気持が  心理的の気持  南無阿弥陀仏という気持に  ところの気持が  ふうな気持  私の気持は  いっぺん投げ出す気持が  どちらの気持も  非常に浮いた気持  人道主義者としての気持は  私の気持より  南無阿弥陀仏という気持  親鸞聖人の気持も  ときの気持  ような気持に  落寞とした気持に  生を愛する気持から  落付いた気持で  穏かな気持で  私の気持の  やうな気持で  晴れやかな気持で  法悦の気持に  時の気持は  やうな気持を  やうな気持が  やうな気持に  実を仰ぐ気持は  がらかな気持  ひつかける気持は  云ふ気持が  朝の気持は  これが気持の  やうな気持  厳粛な気持に  二人の気持が  ような気持が  大丈夫だといふ気持が  ような気持  大丈夫だという気持が  いやな気持  話かけている気持で  不安な気持で  大声で呼んだ気持も  ような落ちつかぬ気持で  真面目になった気持  これぼっちも驕った気持は  どこかに思い上った気持が  尊敬する気持が  叔母さんを憎む気持が  サッパリした気持  僕の気持を  暗鬱な気持  斎藤氏の気持が  いらいらした気持に  得意な気持も  不憫な気持が  まま出家遁世できる気持  之に似た気持を  ハハンと笑いたい気持  平静な気持  たよりない気持  憺たる気持  一般的な気持  嫌な気持  何か気持の  ものにひきつけられる気持にも  人の気持という  リンゴの気持は  ゆつたりした気持  さうな気持も  瞬間の気持を  奴らの気持を  いの気持が  迎へる気持は  質問をせざるを得ない気持  窓から眺める気持も  杭州にある気持を  さんの気持に  縁を切ってしまいたいという気持に  悦びとの入り交じった気持を  嫉妬に似た気持を  頭が下る気持が  貧乏人の気持で  一種途方にくれた気持にも  洗いすすぎたい気持に  居候の気持  方が気持が  食ふ気持には  やうな気持には  妙な気持を  空虚な気持に  羞しうて気持の  行方など探す気持には  きゅうに気持が  ことをいのる気持の  きみたちの気持は  へんな気持に  ロロー殿下を捕らえたいという気持で  自分だけの気持を  自分の気持が  私の気持が  それに対する気持を  自分の気持を  自由な気持に  自分の気持に  厭な気持  主人の気持が  大変勉強したという気持に  勉強をした気持に  壮大無類な気持に  原書を読んでいる気持に  激烈な気持  そうな気持が  返礼の気持も  それに似た気持が  式の気持と  母の気持が  辱しめられたという気持に  田舎へ落ちのびる気持にも  ような気持は  サッパリして気持が  私の気持という  母をたよる気持の  返事の気持の  我慢のできない気持でも  反抗したい気持に  女の気持は  私だって気持に  ような気持まで  窓がひらかれ気持が  ノブ子さんの気持が  楽な気持に  意味で許す気持に  衣裳をかえなければ生きた気持に  訳に苦しむ気持などは  道路は気持  ように気持  彼の気持を  恥かしい気持が  心配している気持を  特別な気持の  ような気持でも  状態を悲しむ気持から  びっくりさせられた気持を  りくだった気持で  相手の気持を  ような気持で  残念な気持が  ワケも解らない気持  世代の気持と  ためという気持からとは  彼の気持は  ことを責める気持は  養子に遇った気持には  むりに抑えつける気持には  話を続けたい気持に  ような気持を  しんみりした気持に  簡単で気持が  王侯の気持に  不愉快な気持を  自由な気持で  とおりの気持に  誰にともなく祈りたい気持で  皮肉な気持の  残虐な気持が  せいは切羽つまった気持の  そこを覗いてみる気持にも  ことごとに気持を  複雑した気持を  風に気持が  軽薄な気持が  問題を取り上げる気持は  僕の気持が  ぬいさんの気持に  足で気持  土を気持  厭な気持が  あんたの気持を  異常な気持を  真実に迫った気持に  趣味に生きようと気持を  享楽本位に気持を  上達する気持は  ニヒリスチックの気持の  謙虚な気持が  讃嘆の気持が  洋々蕩々たる気持に  静寂な気持に  度いという気持が  裏の気持が  ようになりたいと思う気持は  あなたも気持  相手から読まれているという気持に  変な気持に  変な気持が  妙な気持に  僕の気持は  人たちの気持の  彼女の気持は  態度や気持に  人々の気持の  樹陰に入ると気持  容赦の気持など  今までの気持が  女の気持が  不気味な気持に  感傷的な気持に  顔を見合せるといつた気持が  もつと気持を  誦むやうな気持にな  ゆつくりした気持で  ことがすまなかつたといふ気持も  親炙したい気持の  やうな気持も  一部村民の気持という  捨鉢な気持さえ  ごぼうの気持は  浩平は割り切れぬ気持での  位の気持  せきの気持は  側から気持を  片はついた気持  散歩するに気持  訪問していませんので気持が  ことをやれば気持が  曾て憤りという気持を  一行を咎めたい気持に  面倒な気持が  慟哭したい気持を  呑気な気持に  狼狽の気持まで  不安な気持を  惨めな気持に  安心した気持に  頼りない気持  彼は張合い抜けのした気持で  不安な気持に  放心した気持で  風の気持  しっくりしない気持が  叔父叔母に叱られるという気持で  様な気持で  急に泣いたろという気持が  ような気持の  サバサバした気持  たかの気持も  憚る気持が  なんとかいう気持では  戯談などをいへる気持では  静かな気持で  主人公の気持が  主人公の気持に  情景も気持の  故意に省いた気持は  妻の気持に  自分の気持の  つて主人公の気持から  行為ですつかり気持が  父の気持は  それらの気持は  飽和されてゆく気持の  時の気持が  姉の気持を  直前の気持を  ときの気持に  もんだか気持が  あとの気持の  復讐の気持が  今までの気持から  敬虔な気持で  中の気持で  横着な気持に  不思議な気持が  へた父の気持も  ものの気持で  仕事に向う気持にも  襟を正さねばならぬ気持が  何か気持を  ものの気持を  人の気持を  ひとの気持は  壮烈な気持が  絶体絶命の気持  日を祈っているものの気持を  はる子の気持が  表現を求めている気持を  さの交った気持に  味った気持の  自分の気持に対してまで  参加している気持の  気をひける気持も  匂いが気持  急変を知らせたいという気持を  佗しい気持で  呆然とした気持  妻君と気持が  厭な気持を  余裕のある気持  黒眼鏡の気持が  黒眼鏡の気持は  安易な気持で  議論を進めようという気持の  頼りない気持を  しょんぼりした気持に  ヒーヒー泣き声を出したい気持を  勉強しても足りない気持  しんみりとした気持に  幸福な気持に  瞬間いやな気持に  カッコに入れた気持で  好きになる気持を  いやな気持で  豹一を好いている気持を  散文的な気持に  年齢よりも老けた気持を  彼女の気持に  豹一の気持など  敏感に気持の  窓を見る気持に  なにかしら満ち足りた気持  可哀相だという気持  阿呆らしい気持で  訪問する気持も  野崎の気持は  自尊心を傷つけられた気持も  野崎の気持が  自分勝手な気持で  労が報いられた気持が  ことは諦める気持を  われながら気持  足蹴に掛けたという気持が  暗澹とした気持に  紀代子の気持は  訳か気持が  ひそかに詫びる気持を  悔恨の気持が  何が気持  鷹揚な気持という  経営者と張りあう気持が  時の気持を  ことによって腹立って来る気持を  不意打をくらった気持で  途中でも逃げ出したい気持  余り寝られなかったという気持を  母親の気持が  母親の気持を  それに似た気持を  ままでは済まぬという気持は  後悔する気持が  言葉を信ずる気持が  一緒に歩きましょうという気持を  反対の気持に  嫉妬の気持は  浮わついた気持でも  憚からねばならぬ気持は  多鶴子の気持から  嫉妬の気持も  安気な気持も  虚ろな気持で  水いらずの気持  呶鳴りつけたい気持  豹一はすかされた気持  鄭重に扱われた気持で  豹一の気持から  孤独な気持の  しょんぼりした気持で  寒々とした気持で  復讐の気持に  打開して行こうとする気持こそが  本を読む気持さえも  思いあがった気持から  自我主義を押通す気持は  否定する気持は  気まぐれすら喋る気持には  結婚する気持に  祈願せずにいられない気持に  背水陣的な気持で  沈思の気持に  外出する気持にも  外へ出てみる気持にも  気羞かしく思はれてならない気持も  謝したい気持で  むき出しの気持を  つていふ気持に  ような気持も  妙な気持  幸福な気持を  期待しない気持の  卒直な気持との  それは気持  今の気持  綱の気持が  丞の気持が  ほんとの気持で  複雑な気持から  支那人としての気持を  真剣な気持に  人だけの気持とばかり  やうな気持にも  のが気持  安らかな気持で  怯気づいてゐる気持を  拭はれた気持に  奇妙な気持に  陰険な気持を  周馬の気持は  啓之助の気持も  さうもない気持に  喟然たる気持のみが  照子なんて思ひ出しても気持が  己れの気持を  程悲惨な気持のみ  予猶のある気持を  此方の気持  テレた気持を  後頭部だけが気持  青年の気持を  読書をねがう気持は  専門書を求める気持も  僕の気持だけを  癒って気持が  ものを書く気持に  わたしママの気持  財政を憂ふる気持など  くらゐな気持に  相手の気持が  朗らかな気持で  生活の気持が  散漫な気持の  づりの気持しか  オールドパアでないと気持  海を思い出して気持が  西洋崇拝の気持とは  ような気持にも  上で気持よ  しんから気持  左翼的な気持に  原因となっているという気持を  伝記を書きたいといふ気持が  変な気持を  鉄砲は気持の  飼い殺しの気持に  安らかな気持  密着しないと気持が  割合に気持の  男の気持の  われわれの気持が  様な気持に  時一寸不安な気持が  様な気持が  つた様な気持に  妙な気持にな  同人諸君の気持を  身動きも出来ない気持の  微苦笑じみた気持までも  みじめな気持を  主張をあざわらう気持  母の気持を  灯かげで気持を  諧調をもって気持  悪魔的な気持が  米の気持が  二人の気持を  者の気持にまで  違背の気持は  血脈は残ると云う気持も  留学させて置く気持の  緊張し続けていた気持が  晴々しい気持の  前に現われたといううろたえた気持の  女の気持の  解説を求めたい気持に  一ばん気軽な気持で  わが子と会った気持に  度い気持を  女の気持を  悲喜劇染みた気持で  本当の気持は  友達になって遊ばせる気持を  身軽な気持  不快の気持に  すべての気持を  面倒な気持は  子に対する気持を  規矩男とは気持の  縹緲とした気持に  流暢でない気持が  その他の気持の  後の気持から  靉靆とした気持に  自信に充ちた気持とが  度いような気持も  一遍僕の気持を  今の気持に  まさの気持が  お正月でもしてやりたい気持  愉快な気持に  嫌な気持に  放浪児らしくない気持を  功名という気持が  話頭を向ける気持に  落しの気持を  のではないかといふ気持が  現在の気持の  ちやんの気持は  裸体にさせない気持が  サバサバとした気持に  万吉もいわんとする気持を  矛盾な気持を  風な気持には  奈々子と別れる気持に  のだと思ふと気持が  云へぬ気持  静かな気持に  辛抱が出来かねる気持に  そぞろな気持に  寒々とした気持  同情する気持に  快活な気持に  私の気持を  犬などと気持  星をながめる気持  異様な気持も  上に坐りこんでしまひたい気持  中に居る気持  土人の気持は  彼等の気持は  嘔気がするほど気持が  アセる気持で  我儘な気持を  ぼくの気持に  のもみせつけられて遣切れない気持にも  それ位の気持で  私どもの気持を  協力したいという気持が  安楽な気持で  変梃な気持で  妙に気持が  日の気持が  弟子たちにさえ縋りつきたい気持に  涙が気持  不審の気持を  肯定する僻んだ気持が  冒険的な気持に  今迄の気持が  足音を忍ばせる気持で  勘次の気持を  安次を引き受ける気持の  痛快な気持が  そうな気持を  彼女の気持が  感謝の気持を  不安な気持が  晴やかな気持が  母親に曳かれる気持で  ガラン洞の気持  これまでと違った気持を  観察に満ちた気持で  みどりの気持が  清爽な気持で  切迫した気持なんぞから  音とが堪らなく気持がよ  ぁんの気持が  不断の気持を  やうに気持が  野原を急いで行ったりする気持  いつでも気持の  絵で気持の  隙だらけの気持で  勝手な気持による  自らプレイする気持だけ  遊びの気持  ボクの気持  いまの気持とは  綾子を放せない気持が  不審な気持を  あぐらをかいて坐っている気持  声援を送りたい気持  母の気持や  自嘲的な気持にも  私の気持に  半ば捨鉢な気持が  一言でつくせる気持  本当の気持で  敵意に満ちた気持で  私は白けた気持に  真剣な気持が  ようなばかげた気持  途中の気持も  サイの気持は  きょうの気持も  間には知らなかった気持が  いやな気持に  普通の気持  誰だって気持が  友人訪問の気持を  使ふ気持を  兄の気持を  落着く気持を  甘受する気持に  赤沢医師の気持も  謝したい気持  握手したい気持  首肯の気持の  何か書きたい気持  私たちと共に語り合いたい気持も  誰一人己の気持を  男の気持に  尊敬の気持を  八つ当りの気持  人間ばなれをした気持で  作者の気持を  作者の気持と  画面に対する気持としては  両様の気持を  事柄について話したいという気持にも  外を出歩きたい気持に  納得のいかぬ気持  のどかな気持に  あさひの気持は  時は惚れた気持に  清潔な気持に  反対する気持は  卑屈な気持に  これだけは気持が  却つて清潔な気持に  子の気持を  静かな気持を  平気でも気持の  子供の気持を  我を忘れた気持で  珍らしい気持が  場を助かる気持に  何も要らないという気持に  一生土民で朽ち果てまいと思う気持は  些細な気持などに  子弟の気持を  渡しする気持という  頃の気持を  土民の気持を  二人の気持も  あれが気持  のかと気持が  火星人て気持が  お互いに助け合う気持さえ  狂気染た気持にさえ  上滑りの気持は  犯人に対する気持は  昂奮を気持  残酷な気持が  様な気持にさえ  浅間しいと思う気持に  半信半疑の気持から  謙遜な気持で  泣笑いしたい気持で  当時の気持を  ちょッと気持が  人の気持が  日月をかたどっているという思いこんだ気持も  真偽をたしかめたい気持にも  背中を叩かれてみたいという気持を  雨上がりの気持の  時は気持が  ほんとうに気持が  妙な気持が  私の気持  ペンをひたして書いて見ると気持の  きれいな気持で  フーセンみたいな気持は  子供の気持には  すきだらけな気持で  今の気持を  私一人の気持じゃあ  ほんとうに気持  刺撃をうけたい気持に  人間の気持と  打撃をうけてもっどりうった気持にも  平気な気持が  今の気持には  通りの気持を  わりに気持の  いろいろな気持や  賞観するほどの気持に  事は出来ない気持が  今日は晴れて居るので気持が  いやな気持が  落付かなかった気持は  めいわくを思い知らせようとする気持は  全体が気持  学校を抜け出した気持は  粉骨砕身せずにはいられない気持に  自分の気持は  結局彼の気持を  変な気持  登山者の気持が  万更でない気持に  探偵たる気持を  安易な気持に  樹は気持  もつと気持が  野獣の気持が  街の気持の  方には気持が  一つが気持  人の気持は  複雑な気持で  ところが知りたいという気持で  厭な気持の  非常に気持が  春だ気持も  投げやりな気持で  梅自身の気持が  からの気持が  洵吉自身の気持を  時の気持に  感慨に耽る気持に  岡本の気持が  他人の気持を  朝の気持を  ふつと気持が  楽な気持も  やうな気持にな  やうな気持は  子が居て呉れたらと云う気持が  返事を待つ気持に  今日の気持は  女中の気持は  毛の抜けない気持  情景相応した気持の  きりした気持の  歌で気持が  はればれとした気持に  哀みと半ばした気持で  読後の気持を  うつろな気持で  頃は気持が  花も気持が  子供に出す気持で  ふしぎな気持に  飛上りたいほどの気持  新田先生の気持  和やかな気持に  一生けんめいな気持で  千二の気持を  火星人の気持を  火星人が気持を  いやな気持の  ただ今の気持を  ほんとうの気持を  千二は逃げる気持が  楽な気持で  先生の気持を  変梃な気持に  そうな気持さえ  必要な気持では  贅沢な気持  変梃な気持  もの見たさの気持とも  所に気持が  ものを煽られた気持が  それすら気持の  何かしら私は気持が  不安な気持の  滅茶滅茶な気持  ほのかな気持に  社会的な気持が  軽侮の気持を  自信をもつ気持が  フンといった気持で  いかんという気持で  まじめな気持に  面目なくて帰れない気持  倒立ちでもしたい気持  さっきから生きた気持も  逆にまがる気持で  鷹揚な気持に  私は気持が  お前さんの気持も  天に祈りたい気持  ようによりあった気持で  複雑な気持の  乙女さんの気持も  窮屈な気持で  孔明の気持  自暴自棄な気持に  ちぐはぐな気持  旧友を慕う気持だけで  満足という気持で  相手の気持など  しんみりした気持で  日一日と浮かぬ気持に  桜花爛漫を落ちついた気持で  いい加減な気持で  私の気持などには  寛大な気持に  酒でも飲まずには居られない気持  頑固な気持に  同様の気持を  キリストにすがりたい気持にさえ  こちらの気持も  畏敬の気持も  火の玉だけで気持を  暗澹たる気持に  喰べて充ちたりた気持に  ふしぎな気持  訳の分らない気持に  ために稼ぐ気持に  姉の気持が  長平の気持は  礼子の気持に  二の気持が  合槌ぐらいうつ気持には  恋に生きぬくなんて気持は  あなたの気持は  ぼくがいたわってあげる気持も  青木は浮いた気持にも  悪魔と闘う気持が  マジメな気持が  ように浮いた気持には  ヤケクソの気持が  ものかという気持が  独力で探してこいという気持は  お話したい気持の  記代子の気持を  ヤケな気持に  目がくらんだ気持に  心を知りたがる気持が  野中さんに対して偽る気持を  演技者の気持を  二にたのむ気持は  サバサバした気持に  せつ子の気持も  軽薄な気持を  サッパリした気持に  人間の気持を  こッちは気持が  同居に堪えないという気持に  ノンキな気持に  ノンキな気持  ような気持なんか  自身の気持に  ような気持には  デクの気持が  彼女の気持も  #どこにいても気持が  自然に気持が  旅をすると気持が  サッパリした気持にも  過去を忘れた気持に  素直な気持が  一ばん楽な気持  頼りない気持に  いやな気持を  げんしゅくな気持に  ものに思う気持が  隙だらけの気持に  破れかぶれの気持で  彼は張りつめて来た気持が  云ふ気持に  こっちの気持が  行一の気持に  無関心な気持で  厭な気持に  物ごとを偲びたい気持が  叔父は気持を  夢中な気持には  快眠したので気持  善良な気持から  美と呼んですまされぬ気持を  いちばんわかる気持  人々にさういふ気持が  安心したい気持に  何かしら満ち足りない気持が  同情の気持には  女を憎む気持に  人間の気持が  木材の気持に  先生さえ気持  庸三は気持を  庸三の気持を  せいせいした気持  彼自身の気持から  後の気持を  ものになりきった気持  三角なりな気持の  いやな気持も  味気ない気持で  仕方なし諦めの気持で  いずれも気持が  先生の気持は  葉子の気持にも  ここを引き揚げたい気持も  彼の気持も  青年に殉ずる気持に  ことを祈る気持に  ような気持では  人自身の気持の  それをしないと気持が  同然だという気持が  彼女の気持を  私が気持  庸三の気持は  二人の気持は  ことだけは避けたいという気持が  後の気持に  泥に塗れさせたくないという気持も  葉子の気持を  葉子との気持を  後の気持が  彼の気持では  幾歳になっても気持の  不安の気持とでも  西洋風呂も気持の  呑気な気持  久内はかかる気持で  つて見る気持  新年をたのしむ気持も  年賀状を待つ気持なぞも  せいか気持が  非でも勝たなければならないという気持に  ための気持の  木村が気持の  ひそかな気持  風情だという気持に  のだという気持も  娘の気持は  遺憾に思っている気持とを  はじめから気持が  書物を読みたい気持に  ような気持にさえ  ひたむきな気持と  林太郎はへんな気持に  何か云わなければならない気持に  謙虚な気持によ  半信半疑の気持  言葉と気持とを  おだやかな気持を  通りの気持  そうな気持に  方の気持には  豚でも気持が  みたいな気持にな  云ふ気持も  傭人の気持が  自然としてゆく気持が  やうといふ気持に  俄かに信ずる気持には  唯に気持が  以前の気持を  のに気持が  陰鬱な気持は  全体の気持と  んとする気持を  戦支度の気持  自慢らしい気持が  ヘンに気持が  お客様を待つ気持の  少年達の気持に  得意な気持で  東京へ近づきたいという気持に  父親に可愛がられていないという気持が  ものかという気持  浜子の気持を  惜愛の気持と  文子に対する気持は  たわいない気持の  サバサバした気持で  穴あらばはいりたい気持とは  手許から離れて行く気持は  滑稽な気持で  平穏安楽な気持を  説明したい気持に  厳粛な気持は  一緒になる気持は  のを気持  さうな気持に  顔を見たい気持に  満足の気持を  一緒に暮したい気持が  野村は考へてみても信じる気持が  眼を閉じる気持に  ために気持が  無視しようとする気持が  姑息な気持を  感謝の気持が  やうな気持の  冷や冷やした気持で  そうな気持  毛皮を縫い合わせたいという気持が  愛情で楽しみながらやるという気持  ものを出そうとする気持なり  苦心している気持と  異様な気持が  ことは堪らない気持  事の出来ない気持に  一つ新らしい考える気持を  今の気持では  心待ちに待ちながらも行きかねた気持  不思議に沈んだ気持が  安らかな気持が  人々の気持は  時の気持も  何かしら只に置かれない気持が  不愉快な気持に  何かしらほっとした気持で  宝のありかをでも聞いている気持  ごろしにもできない気持が  宿酔の気持の  話でも聞いていたい気持  晴々とした気持  眼付きの気持の  そいつを殺してでもやりたい気持に  嫌な気持の  色合いも気持の  光で気持が  暖炉には気持の  満足な気持に  彼をあわれむ気持が  毒を制するという気持も  それを疑る気持が  谷村の気持には  うらみがましい気持に  叔母の気持が  かわいそうだと思う気持は  こちらの気持を  サト子の気持が  親身な気持に  特色を気持  特徴を気持  兄の気持が  イヤな気持が  反抗的な気持が  将士の気持に  不思議な気持に  金持になった気持の  センチメンタルな気持に  つてホロ酔ひの気持にも  うたはうといふ気持に  対面したい気持も  主人の気持を  理窟があれば気持が  当が外れた気持  両方の気持に  川村さんの気持が  半ば後悔めいた気持で  無気力な気持に  反抗的な気持から  光をなんて気持が  つた時の気持は  やうな気持でも  自分一人で気持を  がらかな気持に  どこも気持  十五世紀に建てられた気持の  それに重ねて笑う気持にも  ぎゆつとつかまへてしまつてゐるのだと妙な気持が  火事を眺める気持が  酒盛りをする気持にな  一種不気味な気持に  満足の気持から  みじめな気持に  再婚の気持など  日の出を見たい気持に  カッコをつけた気持で  豹一を好いてる気持を  安二郎を恨む気持が  捨鉢な気持で  さばさばした気持  誘惑された気持に  酒を飲みたいくらいの気持を  変な気持にな  貰ひたいといふ気持が  昼飯を炊いて気持の  太郎を訪ねたい気持は  どこへ行きたい気持も  やうな気持だけ  顔を見たい気持が  これで気持  言ふ気持も  何かしら自ら卑下する気持を  卑下する気持に  好きになるという気持を  一寸残酷な気持が  物足らぬ気持  安二郎は打ちのめされた気持が  位の気持を  残酷な気持で  様な気持を  憂鬱な気持にな  憂鬱な気持の  淡白な気持を  ような気持さえ  監視していたい気持  狂乱の気持に  遊び半分の気持では  口をききたくない気持  道化など演じる気持も  幽かに惜しむ気持は  相談を持ちかけてくれる気持が  あなたの気持  生半可な気持で  あなたの気持が  発奮の気持が  合掌したい気持  酔いもさめた気持  自分の気持も  伊東伴作の気持には  身を立てる気持は  つて承諾の気持を  やうに思はれない気持が  半分の気持が  ほんとの気持が  心中する気持には  真剣な気持では  紅庵の気持は  君の気持が  あべこべに気持が  時の気持ばっかりは  痩我慢の気持に  晴々とした気持に  変な気持で  ときの気持を  憤懣の気持を  自暴に気持が  解放を求める気持からの  臆病な気持に  妙な気持から  愚かな気持の  彼自身の気持は  彼の気持  彼自身の気持を  親友の気持を  外出する気持に  奇妙な気持で  憂鬱な気持に  それは気持の  お前の気持が  私の気持なんか  雄二は気持が  遙かな気持が  もので楽しもうとする気持を  謙虚な気持で  確かに気持の  あいつの気持が  俺の気持は  狐につままれた気持  真っ暗になった気持の  詫び思う気持は  巌上に立つ気持という  ロビンソン・クルーソーになった気持  嫌やな気持に  一に気持  座つてゐると気持  切な気持の  母親の気持は  逸子の気持は  うつろな気持を  づゝ彼女の気持も  重味をもつた気持の  呑気な気持には  三人の気持が  平和な気持に  さの気持から  自由な気持を  旅人の気持が  のんびりした気持を  暢気そうな気持を  誰でもが気持  頼宣は気持  複雑の気持を  憺たる気持に  脚本を書く気持には  さうな気持  飛掛つて来さうな気持が  素直な気持に  考えや気持を  すゝめる気持には  兄の気持は  乳母の気持が  婦人の気持と  婦人の気持とは  向うの気持を  真剣だか分らない気持で  清浄な気持で  妙な気持で  一人つっ立ってる気持  彼は堪らない気持に  本当の気持からじゃ  安堵した気持に  傲慢な気持で  我々若干あき足らぬ気持を  自分の気持だけ  恋を恋する気持と  呑気そうに気持  鶴さんの気持が  不快な気持に  島は気持  涙含ましいような気持に  尻をまくった気持  必要も気持も  私たちの気持を  やつて見る気持にも  本当の気持  哀さうだと思ふ気持が  名前とあっていて気持が  自分たちの気持は  自分たちの気持とは  それ以上の浮いた気持は  人間は気持が  征服した気持に  一種の気持  病人らしい気持に  眼醒しい気持にな  特別な気持  ほんとうに書いたといふ気持が  年寄りの気持が  ーっと気持  ことが気持  上に坐って見たい気持を  悔の気持に  ような気持ばかり  殉情的な気持などを  陰惨な気持に  時の気持といふ  家という気持が  自分もと勇んだ気持が  人間は気持の  ものかとわかる気持が  みんなのくたびれて泣き出したい気持が  嵩にかかってゆく気持に  何という気持も  ちぐはぐな気持に  残忍な気持に  虚無的な気持へ  私自身の気持から  苦笑的な気持が  君の気持を  期待する気持に  予想する気持に  見分けのつかない気持に  目にかかれる気持に  彼に気持の  一人は気持  僕だけの気持  博士らしい気持が  同様な気持で  云ふ気持の  功利的な気持では  みんな心をそろえてやりぬかなくてはならんという気持も  連中の気持の  君の気持は  舌へ残る気持も  外国を見たいという気持が  愉快な気持には  私は気持  方も気持  絶対安静の気持で  立派な気持が  絶望的な気持で  日を祝わずにいられぬ気持は  根本の気持は  得意な気持が  一時に来てしまふ気持  小説の書ける気持に  表明するだけの気持を  盗見したい気持を  ちぐはぐな気持が  者の気持  ものに酔わされた気持で  老後を慰める気持で  張合ふ気持から  忍ナ気持デ  清三の気持  緊張した気持で  いやな気持には  様な気持にも  様な気持の  作男を泣かせても気持の  地主との気持が  そうな気持の  悔む様な気持に  柔い気持に  たよりない気持に  安心な気持に  暮らしい気持が  暮の気持が  餅らしい気持で  間のぬけた気持が  年を迎える気持が  人々の気持も  不快な気持で  一つ研究したいという気持を  山に対した気持を  舞台面の気持は  風になっているかを見たい気持も  場の気持の  軽蔑する気持を  劔な気持に  酒で気持  乙な気持に  功名を争う気持に  毎日酒をのまずにいられない気持  特ダネの気持で  茶番にされて泣くにも泣けない気持  人にだます気持が  幸福な気持  あふれこぼれんばかりの気持  世もあらぬ気持に  小遣取をさせる気持で  のを気持の  棄鉢な気持が  感傷的な気持を  どなたにも気持  愚鈍なぼやけた気持と  みたいな気持  祈りの気持といふ  恩返しって気持も  あやふやな気持  急に苛立った気持を  捨鉢な気持に  万歳を叫びたい気持に  得体の知れぬ気持に  唖然とした気持で  屈辱的な気持を  好色的な気持を  暗澹たる気持は  惨澹たる気持に  梶井の気持が  神妙な気持が  八重の気持を  八重の気持が  自然な気持に  神妙な気持に  妊娠を避けようとした気持も  複雑な気持に  好色的な気持に  妻を責める気持は  医師の気持は  急に気持が  夢中な気持に  頬を気持の  百はこんがらかった気持の  小夜子の気持は  殆ど捨鉢の気持に  春一の気持は  憂鬱な気持  静かな気持にな  女性の気持の  食料を争う気持に  争ふ気持に  不思議な気持で  私の気持から  千の気持は  花を咲かす気持  懺悔の気持に  征服感に似た気持を  一座の気持を  動揺した気持が  真弓の気持を  投げ遣りな気持で  昨夜の気持について  やうとする気持を  色々な気持の  様な気持も  バカな気持などの  言葉も気持も  田鶴子に会うという気持は  自分を責めたい気持で  妹にはかなわないという気持  無邪気な気持で  小郷の気持が  信子の偽らぬ気持  オボツカナイような気持に  龍子の気持を  プツプーツなんて来る気持は  自棄な気持で  皆の気持  皆んなの気持は  チグハグな気持を  ポカンとした気持に  幸福な気持が  二ツの気持の  親思いの気持と  ような気持から  ことについては覆せる気持は  伸び上る気持が  悔恨に似た気持を  のが気持が  云ふ気持すらも  嫌やな気持が  謝罪的な気持から  節制の気持を  悄然とした気持で  惨めな気持の  爽やかな気持を  本気の気持で  何物にも動かされない気持  フトした気持の  秘密を見るという気持が  白じらしい気持が  盗み見するという気持が  失脚を希う気持が  お前に儲けさせてやりたい気持  おれの気持も  一種の気持が  あなたが気持  勝家の気持  いらいらした気持をさえ  母の気持ばかりを  思つて見上げた気持で  世間態を恥づる気持にまでも  父をいたはりたい気持で  一寸した気持を  彼女が感じたろう気持を  スタートを切る気持に  ようで気持が  不快な気持と  侮辱された気持  お座なりなど聞いている気持は  指導者になり得るといふ気持に  鍛へ直さねばならぬといふ気持で  先づ生徒の気持を  大船に乗つた気持に  しん底から祈らずにはいられない気持に  自ら証明しなければならない気持に  二重の気持の  男の気持や  みんな真暗な気持  ガールで気持が  物質的で気持が  憤慨に似た気持の  一種悲愴な気持が  手紙を見て気持  待機の気持で  自分だけの気持から  道さへあればといふ気持に  憚る気持  お前の気持は  夫婦の気持は  づつ自分の気持が  後悔焦燥に似た気持を  戯曲を書いて見たい気持は  心理や気持を  云つた様な気持に  云ふ気持を  例の気持にな  思つて眺める気持を  爽やかな気持で  あなたの気持も  のが気持がよ  簡単な気持には  伸子はめいった気持を  宿でも気持が  佃との気持の  厳かな気持で  他人行儀な気持を  繊細な気持の  騒然とした気持の  印象を分ちたい気持が  三保の気持が  子供時代からの結びついた気持を  動揺した気持を  索寞とした気持に  恐縮した気持に  森とした気持に  んだ気持で  夫の気持を  ぐうたらな気持の  我家に帰る気持を  日を浴びていた気持を  存在だという気持が  憧憬の気持の  さとも苛立ちとも分らない気持  意外な気持が  脱け切らぬ気持で  自分自身を諦め切っている気持に  四郎を待つ気持に  晴代の気持にも  内心厭な気持が  二三回暢びりした気持で  良人の気持を  安楽した気持に  人情にも慣れ気持の  臆病な気持と  自分も巻きこまれる気持  トタンに気持が  静脈注射など打つ気持には  酒は飲めないという気持に  腹を立てる気持に  やうな気持でを  勘定を払う気持が  ひとつヒネッてやろうという気持だけ  今まで見る気持が  ゴカンベンという気持に  鷹揚な気持が  妾と思いこんで荒れた気持で  裏の気持を  両親の気持の  諸事アンタンとして気持が  悲愴な気持の  人間の気持は  少年少女の気持を  アンタンたる気持の  生活が捨てきれない気持が  欲した気持は  持参した気持は  自分の気持とは  阪井さんの気持  俺の気持が  ちやんの気持が  極道な気持に  杉山さんなぞを怖がる気持が  上京しつつある気持に  病因をさぐり当てた気持に  遁走したい気持は  人形として尊ぶ気持  人形に対する気持なんぞ  ことをする気持が  個人の気持は  のも気持は  ものを食べたくなる気持は  私は助からん気持  絶対服従する気持には  伏兵に罹る気持が  物を呪いたい気持に  献身的な気持で  己が気持  何度も呼ばなければならないだろうという気持だけでも  あと妙な気持が  むるのを欲しない気持が  人事の気持  好意的な気持を  のではないかという気持も  嘘を言う気持は  水の上を泳ぎたくて泳ぎたくて堪らない気持が  水が当る気持のよ  事だったという気持にも  幸福な気持で  程妻の気持は  同族結束する気持は  らくな気持で  運転手さんをにくむ気持は  忠臣の気持と  世界だという気持の  ものの気持は  トテモ気楽な気持に  一刹那の気持を  沈み勝な気持を  軽妙な気持では  折角の勝ち誇った気持や  自分自身を欺こうとする気持も  傷ましい気持に  それが気持に  ちのまともな気持が  意味をきいてみる気持には  それを気持  風流ではすまされぬ気持を  貴方の気持は  穴あらば這入らなければならぬ気持  親の気持  厄介な気持を  うえを気遣う気持も  浮きあがる気持  んと気持の  急になくなって気持が  へんな気持が  君たちの気持は  飛躍する気持に  真直な気持  白紙の気持を  奇妙キテレツな気持  一つ一つ死人を見ていては気持が  気兼ねをした気持でも  烈度い気持に  悲壮な気持に  不思議な気持だけは  把握し得なければならないという気持  犬の気持は  訓練をするだけの気持が  散歩してみたい気持に  母に対して甘える気持も  掠奪してみたい気持に  断念してしまう気持に  奉仕的な気持を  人に気持を  私とは気持の  頬笑ましい気持で  面映い気持を  私ははしゃいだ気持で  ことにあわれみを持っていたわる気持を  殊勝な気持も  病気をおそれる気持も  懐古的な気持に  純朴な気持を  母の気持に  世間並の気持を  新婚の如き気持で  青年の気持が  晴れがましい気持  老人の気持の  やうな気持とは  讃美の気持で  冷笑する気持  テレた気持に  現在の気持とは  当分の気持が  意地悪の気持を  時の逃げのびて行く気持を  発見した気持が  貴さまの気持は  階級は競う気持すら  不遜な気持が  孤独を慰めようとする気持が  ことも語りたい気持で  予定をかえる気持には  武芸者にほのめかせたい気持  何か気持だけでも  近くなる気持  城太郎の気持を  兄さんが若返った気持に  挺身隊やなんかで働いていた気持が  女の気持なんて  まじめな気持  仲間に対する気持が  ホントの気持は  切迫した気持が  具合などを話す気持は  方は気持の  人物の気持  人物の気持を  自分の気持として  #君自身の気持として  自分で育つてゆく気持という  君達を動かしている気持の  坊の帰りたがる気持を  見解と助け合う気持が  変態的な気持が  満寿子さんの気持は  あたしの気持は  のは気持の  みたいな気持に  あたしの気持を  そはした気持に  妻の気持にも  客観的な気持で  んじゃ気持が  紐を解く気持を  清十郎の気持には  ように膨れて来る気持が  本当の気持を  別な気持が  ほど静かな気持  ぶんの気持を  山彦をかえしながら気持  恋愛的な気持の  憧憬的な気持を  レエヌの気持を  お互いの気持が  呑気な気持が  ような滅入った気持に  寒々とした気持に  向うの気持は  豊かな気持に  頼母しい気持が  暗愚も嘲られている気持が  他人の気持に  勝手のちがう気持  吸気の気持では  #呼気の気持で  吸気の気持で  一緒に死ぬなどという気持には  通り一遍の気持で  留吉に気持が  香代の気持が  下で働くなあ気持が  妹の気持は  言ふ気持は  作品そのものを書きたい気持は  確かに気持が  落胆した気持の  長閑な気持に  錯雑した気持を  湯上がりの生き返った気持で  夢に夢見る気持の  おまえが持って来てくれた気持は  それをつつむ気持も  送り向えを気持  一日物足らない気持で  一郎の気持を  行進した気持は  矛盾した気持では  灰汁どい気持の  軽やかな気持に  諸侯の気持は  厭ふ気持は  時の気持の  可憐な気持が  哀感ともつかない気持で  ものがあるという気持から  腕で気持  それを訊く気持を  膝を崩してみると気持まで  不気味な気持が  熟睡の気持を  引揚げようという気持も  昨夜からの気持が  恰好になるけに気持が  非人の気持を  安楽な気持と  喜びに似た気持を  ように笑いたい気持  宙乗りの気持が  おだやかな気持で  ほとりに会いたい気持で  自分を死なせるべきだという気持  黒部行の気持の  臆病な気持は  晴々しい気持を  愛国の気持にな  真面目な気持も  今私達の気持は  大人の気持は  自分とを並べて眺めるだけの気持の  朝霞の気持を  泰文の気持が  泰文の気持を  互の気持を  落付いた気持に  ままに生きている気持  やすらかな気持に  目を放す気持には  司令官の気持が  朗かな気持に  ふしぎな気持が  刺身が食べたいという気持に  赤ン坊から生まれ還った気持  註釈を附けて置きたい気持が  病人の気持だけで  ホツとした気持に  久しぶりに気持  呑気な気持で  何よりも気持が  反対に気持の  手足を伸ばした気持は  浴して気持が  九州としては気持の  何でも気持  買い手が気持  数奇の気持で  苦味生さんの気持は  早春の気持  主人の気持の  八重姉さんの気持は  姉妹の気持に  石を彫って見たい気持に  ものだという気持は  自分ひとり後に残されてはかなわんという気持の  得意みたいな気持に  一日会はないと気持が  二つの気持が  冷い気持が  表情と気持とは  今迄の気持とは  うちに気持が  #それを食べさせてくれる気持が  ことがあっても気持  安心出来ないという気持も  孤独な気持にも  不眠症患者の気持が  気違いみたいな気持に  絶体絶命の気持に  ウットリとした気持に  ように聞き捨てておけない気持に  肌に滲み込む気持が  恭三は焦立った気持に  嗤ふ気持の  本能的な気持が  お前の気持を  ハンケチを汚すまいとする気持から  これだけの気持の  灰でもかぶって泣いてみたい気持に  タマルの気持が  すつかり気持が  風流を憎む気持は  画家の気持を  いつかな起きあがる気持に  あっしの気持に  仕合わせな気持じゃ  暗然たる気持が  妹の気持も  ヘンな気持に  ような気持や  ような気持などが  空疎な気持を  親切な気持に対して  君を傷つけたい気持など  ミジメな気持が  戦争を待ち望む気持を  恐れ避けたい気持を  戦争嫌悪の気持が  隣室に対する気持の  的な気持や  者の気持を  想像しただけでも気持の  半ば泣き出したい気持に  家も気持が  秘密の気持が  戦争をする気持に  女の気持も  形式を踏まなければ気持が  悲痛な気持を  娘の気持では  堅めさせてやろうという気持に  人々の気持にも  彼らの気持の  彼らの気持を  阿賀妻の気持が  彼の気持の  玉目三郎の気持  なかに踏みこんだ気持  人々の気持を  報告せずにはいられない気持  家臣にとっては気持の  おのれの気持に  空気を吸いたいと思う気持  足をふみこむ気持の  親たちの気持を  双方の気持がが  涸いた気持で  不満な気持は  以上彼らの気持が  女の気持に  下級武士の気持に  主君の気持は  夜が気持を  彼らの気持は  人間の気持に  自ら進んで役立てようとする気持に  手をかけずには立ち去れぬ気持に  人々の気持に  んじる気持に  俸禄がふいに気持を  出稼ぎ根性と気持は  一肌ぬごうという気持にも  うかつさをくやむ気持も  それだけでも気持  暴力を買って出た気持の  彼ら家中の気持も  隊長大野の気持が  自分自身の気持にさえ  僥倖を願う気持に  文字通りさまよい歩く気持  男たちの気持が  それらの気持が  主従の気持は  阿賀妻の気持には  ことも出来ない気持  彼は気持の  逡巡の気持は  複雑な気持  反駁する気持が  先程からの気持が  これに似た気持を  ときの気持だけは  すがにしたい気持  死を求めている気持  自分だけの気持では  女にだけあった気持では  ッとしておれない気持が  残忍な気持も  間は気持も  それを見究めたと思う気持は  バクチにふける気持は  大和に勝てるという気持を  狼とでも遊ぶ気持に  船乗りの気持は  のかわからない気持に  安閑としてはいられない気持  伯爵の気持を  玉太郎の気持が  海を気持  女に臆する気持だけは  どうこうしでいただこうという気持では  仕事に就く気持も  フザケた気持で  イヤな気持も  夫を殺したい気持は  自分の気持では  言葉を交す気持に  お告げと見たい気持を  イタズラ半分の気持で  婦人方の気持ばかりは  連中の気持は  自分ひとりでわるびれた気持に  我慢できない気持  順慶流の気持が  ところへ追い詰められる気持に  同情できる気持も  父上の気持が  馬力にかかると気持  酒がのめない気持に  ッと読んでみようという気持に  膝元に集らずに居られない気持が  ここへ住む気持を  大声をあげて泣きたい気持に  全作の気持は  結婚の気持も  生れつきの気持  平作の気持は  家へ入れる気持は  のを待っていて下さる気持は  旦那の気持が  旦那の気持まで  先き駈けする気持は  さは気持の  庄谷の気持を  患者の気持を  医者として認めたがらない気持が  袖口からは気持の  んとする気持の  仕事がはかどり気持が  多分に通じる気持が  嫌ふ気持を  一歩も譲らぬ気持に  母に対する気持も  仙太の気持と  彼等の気持も  描写する気持が  所有する気持も  何かを求めようとする気持が  ものに縋ってゐると気持が  寛大な気持を  自然な気持で  晴れ晴れとした気持で  水を気持  わしは気持が  非難したいと思ふ気持に  支倉の気持は  関係したくないと云う気持は  解放せられた気持  答えのされた気持は  訣別をつげる気持の  うち明ける気持は  そうだという気持も  変に堪らない気持で  真面目な気持に  享楽を求める気持も  どんた気持が  何かしら私たちの気持を  ことによって気持も  手をかけて搾ると気持  中を歩んで行く気持  ばかに気持が  妻としたがらない気持の  考えや気持も  一つの気持の  まめな気持が  一瞬間だけの気持かも  走り廻りたい気持  事実や気持の  ッて気持が  仇めいた気持に  晋作の気持に  鬱々と沈み込んだ気持で  一種の気持と  誇らかな気持  母は気持が  奴が気持  平然とした気持の  耐へてゐる気持で  忌な気持に  ハネのけられた気持が  異様な気持を  彼に対する気持も  当時の気持が  物に近づいて行くって気持は  眠りに近づいて行く気持は  眠りを待ってる気持は  奥さんの気持が  悲壮な気持で  浪人した気持も  定住の気持を  顔向けできない気持  沈静な気持  あとの気持が  顔を気持  奉仕の気持に  晴れやかな気持に  手が気持  細君になる気持は  方の気持は  冷静な気持で  奴だという気持に  著者の気持よ  標札にまで書いて出さねばならない気持にまでな  世界を取り戻した気持に  遊戯的の気持なんか  嫌な気持が  のは気持が  仁科六郎の気持を  優越的な気持に  どっちつかずの気持  十万億土へ行ってしまいたい気持  キシむやうな気持に  おれは気持が  清らかさで気持が  腹に入れたといふ気持は  金銭をさげすむ気持を  不思議な気持  親密な気持を  そッと持っていた気持  一ぱし芸者めく気持にな  指金を怒る気持にも  だれでもあらたまった気持に  先生を敬う気持が  実験してみたいといふ気持が  発表したい気持  遠慮がましい気持で  人の気持に  妻を抱きしめる気持に  迎へる気持の  彼一人の気持からに  何かしら酔っ払いたい気持  ものにぶつかった気持  突発的な気持に  咄嗟の気持に  呆けた気持に  爽快な気持で  曖昧な気持に  明朗らしい気持に  不服な気持で  罪ほろぼしの気持  幽霊に会った気持に  ぢや気持  キタナイという気持が  ように気持が  左団扇の気持は  蝶子の気持は  水を浴びた気持が  父親に向って呟く気持を  安堵するよりも気持の  向う鉢巻でもしたい気持で  真の気持で  手切金云々の気持を  辰は気持も  気抜けした気持で  真剣な気持を  あれという気持  一刻一刻に高まってゆく気持を  ビベロの気持が  魂胆を疑ふ気持にも  ニヒリスティクな気持が  物音を聞いている気持と  首を引っ掛けてみる気持は  不愉快な気持で  悲しみを思ひやるといふ気持を  いやな気持は  特別に気持が  不快千万な気持に  ような気持にまで  男達の気持も  女だという気持が  つても立つてもられない気持で  いまの気持に  いたずらの気持で  涙のにじみ出る気持に  訳のわからない気持に  態度と気持を  だれにもさわってもらいたくない気持に  シックリ合った気持で  そうなはずんだ気持に  さっきの気持と  声と気持で  反抗する気持や  後向になった気持に  そうな気持と  ぐさいようなものたりない様な気持がの  気のかげんだと云ってしまえないほどおびやかされた気持に  敬ちゃんの気持は  っぱなしの気持で  一番私の気持を  みたいの気持が  のを待ってる気持なんて  原子バクダンを呪う気持などは  殺人強盗になろうという気持が  夢を観ずる気持で  お湯に入る気持は  しっくりした気持には  男を嫌う気持が  息子の気持が  期待する気持を  馬鹿気た気持を  気持と気持の  前の気持に  照子の気持が  叔父の気持と  照子の気持を  照子の気持に  華やかな気持が  ヤケ糞な気持に  無茶苦茶な気持にな  時の気持  のも気持の  希望に燃えて気持は  無言の気持が  支持する気持には  梢が気持  オツキアイだけは気持ばかり  通行人が気持を  復一の気持とは  卑屈な気持で  初の気持の  変な気持の  かんにん出来ぬ気持を  中におられない気持  立腹との気持を  友情にまでなっていったかもしれないのにと思う気持を  尊重の気持は  とき自分を襲った気持を  ヒステリツクな気持に  山賊の気持は  のを待ちわびる気持  なほ安定した気持に  期待の気持が  いまの気持を  十七八の気持は  心丈夫な気持も  据ゑさせ乍ら恍惚たる気持に  纏綿たる気持が  形式に現して気持を  納りかねる気持に  彼の気持へ  あなたが気持の  自棄の気持にまで  不安との気持に  周平に気持の  互の気持も  真相を知ったら気持も  変に隠されると気持が  中途半端な気持  彼は気持が  保子の気持も  爽快な気持  子を許したい気持の  二人を気持の  半ば自棄的な気持の  絶望的な気持に  隆吉に対する気持を  惘然とした気持に  最後の気持で  のか分らない気持  捨鉢な気持だけが  凡てを失ったという気持だけを  前にひれ伏したい気持と  ぎごちない気持で  ものにぶつかったという気持  呪い人を呪いたい気持が  昂然とした気持にも  絶望の気持にも  心に縋ろうという気持にも  保子の気持が  変にはぐらかされた気持に  変にすっぽかされた気持に  変に気持の  投げやりの気持に  ヒューメンな気持へ  ちぐはぐな気持の  何かに縋りつかないではおれない気持  周平は気持が  好奇な気持を  妙にこじれた気持が  児らしい気持で  手離したくない気持に  反撥的な気持に  ことが気持に  妙に気持の  落着いてる気持を  昏迷の気持を  幻惑に似た気持  やうな気持でしか  つていふ気持の  どれだけ気持が  ままの気持で  われわれの気持に  許しとる気持は  そこへしこってる気持が  色男に飲ませてやりたい気持は  大変だといふ気持に  遊びに行く気持も  センチな気持に  独専したい気持が  厭世的な気持が  清人はひやかしてやる気持に  のかも知れないといふ気持も  女に惹き付けられる気持を  一日でも離れては居られない気持が  行為を憤ふる気持で  ものを気持で  前後の気持は  此の気持は  シンセリティの気持  #デリケートな気持と  ちょッとからかってみたい気持に  冷酷な気持で  金なんか取る気持は  ことを考える気持に  彼は親しむ気持が  好きだって気持を  ことで気持を  それはかれが気持  かぜをひいて気持が  標本を見て気持が  ほうが気持  引き緊つた健かな気持で  穏やかな気持が  #憤怒の気持に  あなた自身の気持や  信用できない気持  話をして落ちつかない気持を  揶揄半分の気持も  頼りない気持で  絶望的な気持から  残念な気持を  急に立去りたくない気持が  不快な気持が  ものだろうという気持を  自由な気持が  風呂場も気持  狼狽に堪えられない気持に  絲満氏の気持が  事でもしかねない気持に  充したいといふ気持を  なごやかに澄んだ気持の  ことを誇る気持は  桐も気持がよ  自分の気持にも  うたでしかあらわされない気持の  今の気持だけから  母親の気持に  不思議と気持が  私は打ち消したい気持  閑居の気持も  自然の気持が  首肯できる気持  人の気持といふ  個人的な気持から  代りに気持  不幸な気持かと  まじめになりたいという気持が  極端な気持が  極端な気持に  暢気な気持  相談したい気持に  なんでもかんでも信じたい気持に  表に出す気持に  酷薄無慙な気持に  必死の気持が  無邪気な気持から  何かすかされた気持から  のつかぬ気持  演説した気持の  妙に落ちつかない気持  やけくそに似た気持も  僕は落ちつかない気持  落ち附かない気持に  ひとりで笑ってみたい気持  安心の気持  いい加減な気持を  憂鬱な気持が  激烈な気持を  変な気持さえ  いずれも気持  世界を歩みはじめた気持  他人でない気持が  血を吸わないと生きていられない気持  無下に振り払う気持には  風聞を聞きたい気持に  柔軟という気持の  簡素で気持が  怪物の気持を  山岸少年も気持が  命名の気持を  朗かな気持で  さびの気持では  陶然とした気持に  人間の気持の  私ども人間お互いの気持  私たちの気持  ものを書かねばゐられぬ気持を  以前の気持に  楠正行の気持が  それ等の気持を  児童の気持を  重大であるという気持を  等という気持は  国防精神教育する気持などに  エゴイスティックな気持の  お礼を言いたい気持が  タマラナイ不愉快な気持に  源次の気持を  感傷的な気持の  ような突詰めた気持に  要求したい気持に  不快な気持  落莫たる気持  所員たちの気持が  口では申し上げられません気持  薄化粧をして気持が  ふしぎに生きているなという気持  切迫した気持から  相手の気持も  ものを取り上げてみようという気持すら  ような気持にすら  仕事から気持を  昂奮の気持で  三昧という気持に  旅の気持に  人々の気持が  のに堪えられない気持が  初物は気持が  緊張しきった気持で  親船に乗った気持の  イカモノさえ気持  いらいらした気持で  特殊な気持に  私のいつわらぬ気持を  息も出来ない気持に  藁にすがる気持も  あてにする気持は  感謝の気持で  日本人の気持は  一同は気持  空想を楽しむ気持も  悲壮な気持を  銀様の気持が  面をあげられない気持に  晦暝という気持を  イヤな気持に  力瘤を入れる気持に  つて孜々たる気持を  愚図愚図していられない気持に  唾を吐きかけたい気持にな  いきどおりとの混じった気持を  同性愛めいた気持は  積極的な気持で  卑下した気持に  方向転換をやる気持  わが家へ連れこむ気持に  わが家へ招く気持に  面食った気持  手がつけられない気持が  ためにも泣かざるを得ない気持に  現場へ飛び込んで見なければならない気持に  場で歌ってみたい気持に  下に生きていたかを知りたい気持に  サクリと気持  暗然たる気持で  親身な気持を  警戒する気持も  ヒロイックな気持に  とよ子の泣き出さぬ気持は  平気な気持で  私に対する気持の  母を訪ねる気持と  愁然とした気持に  不満な気持に  異様な気持に  私には気持が  神を信ずる気持に  交り合った気持で  茫然たる気持は  厄介払いをした気持さえ  憎悪の気持を  入り交った気持を  晴やかな気持は  枝ぶりは気持が  ように浮いて出る気持が  山へ登る気持は  欠伸をしたい気持に  アな気持に  愛しむ気持に  ひとたちの気持を  激怒に似た気持  にぎやかな気持に  呼吸を気持  無惨な気持が  不機嫌な気持  複雑な気持を  父の気持を  母の気持は  一蹴する気持は  自分の気持だけは  今の気持は  正面衝突を辞さない気持の  肯定する気持を  こっちの気持は  ことをしている気持で  巴里行を申しでる気持にも  やうな馬鹿げた気持で  あたしは気持が  不安の気持は  うえで気持  純な気持という  彼等は見るから気持の  剽軽な気持に  いやな気持ばっかり  素姓を問いたださざるを得ない気持に  彼は堪らない気持を  子供の気持に  森山には頷けない気持  泣寝入の気持で  鬱屈した気持の  気の毒な気持を  冷え冷えとして気持の  安らかな気持に  クリストフは笑い出したい気持に  悲痛な気持に  晴れ晴れとした気持  狂暴な気持に  慎重な気持を  憎悪との交った気持を  不快な気持は  彼はめちゃな気持に  卑怯な気持に  一人ぽっちだという気持は  精一杯の気持と  簪ぐらい買ってやろうという気持まで  勢一杯の気持と  簪ぐらゐ買つてやらうといふ気持まで  皮膚は見るからに気持が  ためだぐらいの気持  ことができない気持に  小夜子サンへの気持の  トオサンの気持は  トオサンの気持が  ツキアイをする気持に  彼に渡したくないとの思いつめた気持から  これほどの気持は  味気ない気持に  紙に気持  #親の気持から  私どもにはわからない気持  #子供を憎む気持が  父さんの気持は  様な気持では  様な気持  余の気持は  殆ど目の覚めた気持が  何かしら不安な気持に  夢の気持に  結局自分に気持が  予想する気持にも  凡太は睡る気持にも  自棄な気持にな  一つ足りない気持が  さに堪らない気持が  変てこな気持と共に  妾は別れる気持に  狐光老の気持は  安定の気持を  荘重の気持が  肉慾の気持は  私自身の気持は  漠とした気持から  厳な気持に  種々の気持は  それは気持も  信用が置かれた気持  栖方から訊き出す気持は  安心した気持で  待ちのぞむ気持で  とき身を起す気持に  礼をのべる気持に  順々にめくって行く気持  あとの気持は  退屈せず気持  べその気持の  位の気持が  雪に親しむ気持を  科学的説明を求める気持が  山へ出かけてゆく気持が  出来はしまいかという気持が  ほりに気持  びりした気持に  ことも思ったより気持の  フビンな気持も  ボクの気持を  ツナガリを断ちたい気持が  ユックリする気持が  ミヤゲなども買う気持に  不安な気持は  一浴を試みたい気持に  余計に気持が  罪人らしい気持に  久し振りに歩く気持  はさほど急いた気持にも  俺りゃ気持が  嫌な気持から  困却との交った気持で  世話をしてやりたい気持に  ピアノは気持の  恥さらしの気持に  女にとっては気持の  方が気持  朗かな気持が  ままでなやまなければならない気持を  喫驚した気持の  子供を抱く気持にも  子供を抱く気持に  ジムも気持  景色を宿した気持で  私の気持と  ような気持からでも  自殺を防ごうとする気持も  期待していたという気持を  みじめな気持  朗かな気持  不可解な気持も  拍手を送りたい気持で  みじめな気持の  ぼくの気持としては  行為で試してみようという気持が  のではないかという気持に  あやふやな気持を  素直な気持で  恵子に対する気持は  恵子に対する気持を  ものにしたい気持を  龍介は落ちつかない気持で  彼の気持をも  本当の気持に  でたらめな気持に  あやふやな気持で  ルーズな気持を  処へ行ってみたい気持の  物足らない気持を  生えぬきの気持から  お前達の気持を  神秘的な気持に  美くしい気持で  ものずきな気持  緊迫した気持に  ところではくつろいだ気持に  ものに揺さぶられる気持が  毛唐人の気持なんか  二日酔の気持とは  フト妙な気持に  ツイ妙な気持に  人を殺しましたので気持が  そつちの方に引つ張られてゐる気持が  差別する気持が  非難の気持を  少年の気持を  消耗されつくしてる気持が  疑いを認めたい気持に  みずから自分の気持を  彼の気持と  一種不可解な気持を  譲原さんの気持を  感傷的の気持に  想いを殺してしまった気持  魅力に惹かれて来たという気持でも  破滅だという気持でも  大変伸び伸びした気持に  馳って気持の  客が気持が  詩を作ろうという気持に  感じで気持を  初夢を待つ気持  待望する気持が  余裕のある気持には  祝福したい気持に  一見してみなければ気持が  復活する気持は  シャッポをぬいだ気持  解放された気持に  らぬ気持に  複雑な気持が  晴れ晴れとした気持に  自分をふり返つてみての気持との  後悔に似た気持が  それは気持で  一種の気持が  きれいな気持にな  人物の気持が  子供の気持は  見物を気持  きれいな気持に  消極的な気持に  峯子の気持は  妻に対する気持の  整理された気持で  ここで聞いて置きたい気持に  米友さんの気持が  舟を頼まれてやりてえという気持に  一つの気持を  一寸と気持の  決戦せざるを得ぬ気持に  あなたの気持を  表面は気持を  幸福な気持の  享楽的な気持で  彼の気持が  空気は気持  僧侶主義の気持を  生一本の気持が  生一本の気持に  情婦殺しをする気持が  休日らしい気持  力も気持も  ラエーフスキイの気持を  身軽な気持に  可哀そうにもなりすまない気持も  何かに祈りたい気持  者の気持が  者の気持の  始末のできる気持で  君にも来てもらひたい気持  一しよにくる気持に  ヤケな気持で  安らかでくつろいでゐられる気持で  足をゆるめる気持にも  ヤブレカブレの気持にも  彼女は気持  周囲を見なおす気持を  ドドドドーッところがりまわる気持が  感嘆に似た気持で  遙かな気持に  茫とした気持で  それと気持  平和な気持を  出発を待ちわびてる気持を  人々は気持を  勇侠な気持に  平静な気持に  不正な気持は  彼らは気持を  安らかな気持を  愉快な気持も  ひろ子の歩いている気持は  静かな落ちついた気持に  眼を開きたくない気持  頬のほてる浮いた気持も  粉砕したい気持  葬儀車に乗っている気持  憫笑したい気持も  三つばかり叩いた気持などという  軽蔑の気持に  私一個人の気持  なかにある気持を  橘自身の気持には  勢力を張り合おうという気持  旅行したい気持を  女王の気持を  彼は気持を  慈悲を示したい気持  男だ気持が  厭アな気持の  澄江の気持は  非常に気持  足袋が気持  中が気持  向とか云う気持は  姿そのものに語らしめようという気持が  考えがちになる気持の  所まで来たという気持に  羨望との交じり合った気持を  楽な気持を  オリヴィエと交わる気持を  嫌な気持で  粗野な気持を  寛大な気持から  憐憫との交じり合った気持を  藁にでもすがりたい気持を  照して気持の  云へぬ気持にな  傑物らしい気持が  ものだという気持が  のだという気持が  憂いの気持で  レヴィー・クールに近づく気持に  素子の気持と  朝子の気持は  愕く気持が  失望に似た気持を  喉を気持  油断して遊ぶ気持が  一致した気持で  相手にかかり合ったという気持  一種無気味な気持と  そこの気持が  鼻を明かしてやりたいと言う気持に  ホツトした気持で  キリとする気持を  矛盾した気持を  それぞれの気持で  自分だけの気持は  芸術家らしい気持に  君の気持  自分達の気持を  そりやあ君の気持は  サツパリした気持で  言ふ気持  自由な気持にな  手の込んだ気持なんか  自分の気持から  彼奴の気持を  殊勝らしい気持で  簡古素朴な気持が  陽気になりたい気持が  折角陶然とした気持の  何かしらほっとした気持に  謡ひ出す気持は  今の気持が  根を気持  ひろ子の気持も  亢奮した気持で  こころもちとはちがった気持を  安部は気持に  絶体絶命だという気持が  出世した気持に  教子が演じている気持との  婚約時代の気持で  疑いをかけたい気持が  千人力をえた気持  ことのある気持の  いやな気持と  ものは気持  奈落へ沈んでゆく気持と  浮き浮きした気持も  同情する気持が  私も気持が  何かしら敬虔な気持が  敬虔な気持といふ  私は落ちつかぬ気持で  冷静な気持なんかで  仏像を造る気持が  腕くらべをしたい気持は  外にも気持の  怪しげな気持が  こちらの気持が  風な気持で  彼の気持に  つた僕の気持は  濃厚な気持さえ  情に堪えない気持が  夢であるという気持に  同僚の気持を  住民の気持が  服がよごれて気持が  二階の気持  妙な気持の  草が気持  何か分る気持が  腋の下が気持  本当の気持が  グイとこみ上ってきた気持を  スツキリとした気持に  研究してみなければ置かぬ気持にも  そうな気持は  当人の気持も  草木に気持を  わけも気持も  考えも気持も  無条件な気持で  正気を続けさせられるという気持の  爽かで湛えた気持の  思い捨てた気持に  親子でなければできないという気持の  非難したい気持なぞは  わたくしの気持に  せいせいとした気持に  樽ロケット艇は気持  明日から気持  十をとがめる気持も  尤もだといふ気持が  犠牲にしてもといふほどつきつめた気持で  背負つてゆくといふ気持で  扮した気持で  タクサンという気持に  憤慨した気持に  朗らかな気持に  伸びやかな気持が  たびに気持が  それが気持を  僕の気持に  何という気持で  冷やかにして気持  信吉はすかされた気持  男の気持は  自分の気持だけの  うぶな気持で  男への気持を  不安な気持も  何かしらほつとした気持  電話をかけて来たりしない気持の  人生的な気持で  生命だという気持は  なつた気持で  内心浮かない気持  取引する気持に  スガスガしい気持  あれより気持の  場所に漂う気持の  厭だという気持は  厭だという気持と  船全体が気持の  本来は気持の  非常に気持の  あたりでは開けていて気持  親切な気持に  よそへとられてもかまわぬという気持にさえ  厭な気持から  仕合せな気持が  細君の気持に  私の気持で  瞬間の気持に  気分や気持が  ゆたかな気持を  後悔の気持を  彼女たちの気持を  幸福を求めている気持を  現状維持の気持に  摸索の気持とを  娘さんの気持は  私は生きている気持は  私は気持の  自発的に出て行くといふ気持は  ケチな気持に  積極的にしたい気持は  気紛れな気持の  洗ふ気持に  与里の気持を  欠伸を放つ気持にも  矢張り自然に気持の  フザケた気持  朗らかな気持には  男は気持  即座に振り向く気持には  落胆する気持には  願ひたい寛大な気持に  残酷な気持も  羞恥も持つ気持には  やうとする気持には  強ひて訝ぶかふ気持には  江は気持が  交つて上手に書けると思ふ気持は  日頃の気持などは  憂鬱な気持で  ゆたかな気持に  部屋なんて気持が  やすらかな気持で  らくな気持に  花はしずんだ気持を  ぜんな気持  クリームで気持が  おじいさんの気持を  ローリイの気持を  馬車は気持  へんな気持  メグの気持が  気まぐれな気持に  祝福する気持に  オジヤを欲する気持にも  世もなくなるほどの気持  他の気持を  ダタイするだけの気持は  ダタイさせようという気持には  若干うちこんで育てる気持も  いま書くという気持も  勉の気持をも  女が気持  解決してゆこうという気持に  落着いた気持に  扱ふ気持が  ピシャピシャ歩くほど気持の  単純な気持から  吉岡の気持が  吉岡君の気持も  金でも返したらという気持  吉岡君の気持を  変に気持が  河野さんの気持が  それを受取らない気持の  あてにして書かずに居られない気持  平静な気持では  暗澹たる気持  仕事をする気持は  空頼みの気持は  人の気持も  妻の気持には  活動力を気持  十分にあれば気持も  度い気持ばかりに  道義的な気持が  自分の気持などを  愉快になりかかつた気持が  順調な気持に  音を聞く気持は  娘として感じていた気持の  無駄をしないという気持は  センチメンタルな気持  ホントの気持  軽率な気持から  今言った気持の  別な気持で  抵抗出来ない気持  忘我の気持に  煙草でも吹かしたい気持  互の気持が  鶴田組の気持は  仇討に出る気持  獅噛みついてやりたい気持を  人びとの気持の  関心をひかれる気持を  侍になりたいと思った気持に  闊達な気持も  一葉の気持の  全部の気持で  切実な気持などの  芝居を好む気持は  自分の気持で  僕自身としては気持に  拍子ぬけの気持も  平然としていられない気持に  半分目覚めている気持が  生活や気持とは  真面目な気持を  自分で知りたいという気持  #前進する気持  書物にむかう気持は  言つて痛快がる気持は  安易な気持が  人を頼る気持は  浅井も気持よ  互を求め合う気持を  ちぐはぐな気持で  へんにうらぶれた気持に  自然の気持という  些とでも荒立った気持で  岡嫉きの気持を  当が外れた気持に  世間を試してやれという気持に  花さんの気持を  太郎さんの気持は  帰つて舞台へ立つてみたい気持  人達の気持に  腹ごたえの有る気持に  報告の気持も  風に吹かれながら気持よ  伸びあがりたい気持に  反抗的な気持すら  素直に縋る気持には  後の気持と  生まれかわった気持で  銀子は気持が  何といっても気持が  ーさんの気持を  姐芸者の気持  時の気持と  惶しい気持で  猿之助の気持を  言つてもはじまらないといふ気持が  新らしい気持の  別々な気持を  素直な気持では  階級的な気持から  自分に対する気持を  尻を押してみたい気持を  一体なんで気持を  責任を負う気持が  一人よがりの気持で  人も気持が  嫌な気持にな  一番風呂で気持がよ  短冊売にいつて気持が  紹介があるので気持  惨澹たる気持を  一杯ひつかける気持は  現在の気持からは  とき私の気持からは  私自身の気持  私の気持だけ  見合いをしようという気持を  あれは気持の  ことをしないと気持が  雄大な気持に  みじめなさしぐまれる気持に  はなしおどけた茶化した気持が  キューネの気持を  光郎の気持だって  雲霧を払った気持  国民の気持を  祈りに似た気持で  卑下した気持を  研究して行く気持が  店員に気持  逢ひたいといふ気持で  風流な気持にな  嫉妬の気持が  同情の気持に  口を開いて気持  失礼な気持で  ホントの気持を  メソメソした気持に  チャンとした気持が  石を叩いていた気持を  あんたも気持  春子さんの気持は  一種皮肉な気持も  云ふ気持には  弁明など書く気持を  タタキ付けたい気持に  贅沢な気持で  これを読むだけの気持の  得も云われない気持  佗しい気持  清らかな気持が  がらかな気持が  壮快な気持が  甘受し待ち構える気持に  幻影にすぎないという気持が  鹹い気持の  散歩する気持に  人々の気持と  敵に廻している気持を  名残の気持で  ようになった気持の  緊張した気持に  時の気持で  主客いづれもの気持に  風流な気持は  風流の気持は  村長の気持を  下駄を履いてあるく気持に  掏らうといふ気持も  悠長な気持で  犬でありたくない気持から  地方人らしい気持にな  残酷な気持に  親友をかばふ気持では  芹川さんの気持も  人にまけたくない気持が  私はいても立っても居られぬ気持  ぶんの気持に  池田の気持の  人間として育ちたい気持が  の失われた気持で  保の気持が  素子の気持にとって  私の気持なんて  それが知りたい気持  どころの気持じゃ  日ごろの気持からも  わき目をふらない気持を  輪になりかかっている気持  掣肘をうけたくない気持が  父の気持も  腹のたつ気持を  計代の気持に  度い気持が  友達に知らせる気持に  のだという気持を  王の気持を  必死の気持で  夫人の気持は  世界にだけ住みたいという気持に  ボンヤリした気持で  いつ見ても気持の  人に聞かせたい気持  彼を見るにしのびないというのであわれみの気持から  私自身の気持を  理解できない気持では  理解のできない気持では  人並みにとりあつかいたがる気持が  準備にかかれば気持  晴々しい気持に  新らしい気持で  著者の気持が  前とは打って変った気持に  ように気持の  仕事を休むと気持が  これは気持の  彼の気持には  彼女を喜ばせたいという気持は  何がはいっているか知りたい気持は  君は気持  不親切な気持は  葉が気持  工合の気持に  異様な気持の  物が言えない気持に  ステバチな気持に  孤独な気持を  失望した気持に  何処か気持  セエラを憬れる気持が  母らしい気持を  ほかほかといい気持  ことをされる気持も  一目少年を見たい気持で  懐郷的な気持に  余りの気持  獣の気持を  アンヌの気持が  バスタオルを羽織る気持が  陶酔した気持は  ものを求める気持に  いきさつからかという動いた気持からの  名前で呼べる気持に  あなたは救われた気持に  出発なだけに困つた気持に  冒険の気持で  驚異といぶかる気持とを  日頃の気持から  時代だといふ諦めに似た気持から  方から気持  理解しようとする気持が  批評をまでやらうといふ気持にまで  伴つてほんとうに気持の  自分で気持を  青木の気持を  デッサンは見てゐて気持が  人々に求めたい気持  万分の一でも報いたい気持から  無残な気持が  化粧と気持で  アッサリと乗付けたい気持に  彼女の気持の  妾の気持は  真剣な気持の  恥かしがっている気持なんか  母親の気持よりも  ような気持でも  沢山だといふ気持が  一寸も気持  色の気持を  物騒な気持に  威儀を正さなければならない気持  息を吐いてから気持も  歌にうたいたい気持に  何の気持も  ことを考へるとほほ笑ましい気持で  現実に即していないという気持に  場所には気持が  クラブの気持  人の気持の  理窟で説き伏せるとか気持が  自分達は気持の  柔かで気持  雨だったし気持の  温泉にも入りて気持  天井が気持の  雪の下なので気持  アイゼンで気持  人等の気持を  点在した気持の  靴に着かず気持が  小屋は気持  アイゼンで気持の  吉田君は気持が  大変デリケートな気持に  安心されない気持が  ものに対して持つ気持として  様な気持さえ  女主人と云う気持を  ものになった気持が  ように書けないで気持が  親友に済まぬ許してくれといふ気持で  生意気を愛する気持に  お伽噺的な気持に  憤慨した気持の  晴々した気持に  浄化された気持に  真面目で気持が  恰度波に揺られる気持で  女王の気持で  痴川を殺す気持にな  つて相手の気持を  呪ふ気持が  惨めな気持で  男の気持が  それを隠す気持にも  傍観者の気持に  半分戻つたといふ気持が  私にはやりきれない気持を  女中には気持  麻雀でもする気持  歌人などの気持が  陶然たる気持  みさ子からはぐらかされた気持に  狼狽した気持に  呆けた気持  それらの気持では  それぐらいな気持で  索漠としておちつかない気持を  初めの気持に  草鞋の気持は  一面が気持  故郷を誇りたい気持も  故郷をおもう気持と  人々に会いたいという気持からだけ  ことができないほどの気持の  話などしておれない気持に  近代的な気持を  聞手の気持を  様に気持  病的な気持は  丈見っともなく仕て置かなければならない気持で  持り扱って気持の  種々の気持が  滑稽な気持に  当時の気持  将来を想って沈んだ気持に  他人の気持という  自己嫌悪の気持を  ホーテンスの気持を  君は気持は  云ふぐらゐの気持しか  ダレ切った気持に  フザケた気持に  ような気持すら  きれいで気持が  夜空は気持  ものにとりかかれぬ気持の  射殺してしまいたい気持  欝な気持に  一目散に逃げ去りたい気持  ぶつた気持が  姉川五郎の気持を  諦らめの気持で  買ふほどの気持に  左門の気持の  理由をさがす気持の  算える気持に  一緒にでかける気持に  野々宮を訪れる気持に  気楽な気持に  やつた気持で  墓参に行く気持すら  伝記を残さうといふ気持に  我慢のならない気持に  ときの気持だけ  時の気持だけ  つて鬱した気持も  逆な気持が  卓一を咎める気持は  誰に知らせる浮いた気持も  船に乗れば気持は  言ひきるだけの気持の  巳吉は出掛ける気持を  行つてしまへといふ気持は  私新潟を離れてしまへば気持が  清々した気持に  旅にでかける気持に  一に信じられない気持  舞台から飛び降りる気持といふ  自棄な気持に  激した気持で  番頭を憎む気持は  時は別れたい気持の  つもりかと訊きたい気持も  ほんとの気持は  ことが済んだといふ気持に  利用してまで勝つた気持に  極端に考へたい気持が  由子の気持は  さに甘んじてついて行きたい気持  相応するだけの気持が  表面的な気持を  いや目を伏せる気持だけを  否定の気持が  攫ひ去られてしまはなければならない気持に  驚異を覚える気持に  約束を守る気持は  ファン的な気持に  静によりかかった気持  愛護する気持に  宗教的な気持  作家の気持から  女の気持で  片桐と云う気持の  私の気持も  機嫌を通り越して苛立たしい気持にまで  会ふ気持に  それを憎む気持に  一途な気持  骨の折れる気持で  悲壮な気持が  頑な気持で  人にせまって来る気持を  一種馴染の気持から  廃墟の気持を  口もききたくない気持  楽な気持  彼の生きる気持には  おなかの気持の  雨の注ぐ気持を  おなかの気持が  いろいろな気持から  甘美な気持が  露悪的な気持に  ようになった気持が  値打を感じさせる気持の  誘因を避けたい気持が  厭な気持で  そうなっても気持だけは  兄さんの気持に  人達には分らぬ気持  孤児の気持  孤児の気持には  わたくしの気持は  心にも若やぎ華やぐ気持の  香りにでも酔った気持で  わたくしをして気持を  住いを華やがす気持には  揺蕩と漂い歩く気持を  小説に向いただけでも気持が  反撥する気持を  ことには気持の  おなじみの気持に  さと気持を  自分の気持と  #中にみちて居る気持と  何とも云われない気持が  新らしい気持に  傷口にふれたくない気持は  必死に気持を  安堵の気持を  不安定な気持が  異様な気持で  私の気持すらも  塚田に勝たせたい気持が  底まで気持  嘲弄の気持から  僕の気持も  霊をまつりたい気持は  半分の気持  本当だろうかと疑う気持さえ  夢から醒めた気持が  ような澄みわたった気持が  子供らしく甘えかかりたい気持に  暗鬱な気持で  平和な気持で  己の気持が  夫人という気持は  土台をきづきたい気持とが  際もつと書きたしたい気持を  狼狽に似た気持に  一遍あたりを見廻したい気持に  浮き浮きとした気持に  ゆすりがましい気持を  方からして気持  罩めて気持の  ジッとしていられない気持に  ほんとうの気持で  しずかな気持に  かわいそうな気持に  青青としていて気持が  何も知らせないって気持は  おとうさんは気持の  家に来て気持が  それも出来ないという気持で  惨めな気持  遁れたい気持も  顔を見ると泣いても訴えたい気持を  胸を噛まれる気持で  私たちの気持も  葬式めいた気持に  ヘンな気持の  当人救われた気持  たよりない気持を  それに当りたい気持  私だけの気持  不気味な気持と  初めの慌てた気持が  晴れやかな気持  危い気持から  自分一人の気持に  不自然な気持を  遊戯的な気持  花やかな気持にな  こっちは反って気持  通りヤな気持  下に気持  おれの気持が  家はなんて気持の  いやな気持にな  直ぐに気持を  それどこじゃないって気持  時の気持こそは  満喫したい気持  無気味な気持の  一望海で気持  初心な気持で  不平の気持は  ことを考えただけで気持の  不思議に気持が  静かな気持  自分自らも生きようと希う気持だけ  何かおちつかない気持で  千早館へ駈付けたい気持  試しに食べてみたい気持が  界の気持にまで  事をしている気持が  人並の気持に  好物を食べても食べても食べ飽きた気持が  糊塗できて気持  肺腑を衝かれた気持が  哀愛の気持が  悪戯ごころに気持を  不如意の気持から  軽蔑しながら気持が  嫉妬の気持さえ  底まで凍りつく気持が  やうに見下す気持から  びっくりした気持が  安心した気持  切迫した気持で  書生らしい気持で  お母さんの気持の  殉死する気持が  私たちの気持として  辛辣な気持を  ところのある気持で  努力をつくす気持  方の気持の  互の気持の  軽々した気持で  動顛した気持は  不安な気持  漠然納得ゆかない気持で  それにこだわらぬ気持まで  現実の気持の  小説家ですからという気持は  現実にはごたつく気持の  ちゃんも気持が  ゆうべの気持は  二階へ上る気持が  自分の気持からだけ  当時の気持の  のり込んだ気持  胸の気持が  毎日よくばった気持で  いい加減な気持や  外気にも当りたい気持  今これを書いている気持とは  一目をおいた気持が  豊かな気持も  託児所に対する気持の  悪臭が気持  普段の気持とは  ところを愛する気持は  お母さんの気持を  井田さんの気持を  お母さんの気持に  直接な気持で  わたくし達女の気持にも  自分自身も気持が  ことを望んでない気持は  厭やな気持が  材料や気持の  可能である気持と  逃避的な気持に  おっくうな気持が  異常な気持が  姑の気持は  肚立たしい気持に  肚立たしい気持  清子は火照った気持で  残忍な気持が  者に愛された気持を  紙面をさいてくれる気持に  紙面をさいてくれる気持にな  緊張努力の気持が  恋々たる気持にも  斯んな気持  云ふ気持で  謙遜な気持に  皮肉な気持を  佗しい気持に  小綺麗な気持の  冷笑の気持で  代理まかせにしておくだけでは気持が  続篇は書く気持が  お前ひとりを惜しむ気持が  さをこころみたい気持も  ものから湧いている気持では  余り信用がおけない気持に  陶然たる気持で  仲間入りをした気持に  亀を愛する気持から  一脈相通ずる気持  超俗の気持  静にはぐくむ気持  摂取してゆくべきであるという気持が  努力に歩み出さざるを得ない気持に  共存生活の気持では  通りの気持で  悲壮な気持にさえ  斉しい気持  小説を書こうという気持を  変化につれられてゆく気持ばかり  拒絶したい気持は  当時の気持に  不思議な気持を  身体にも気持にも  戦場という気持は  不意をうたれた気持の  合掌する気持で  父の気持では  うち眺めざるを得ない気持を  危つかしい気持を  あたしの気持に  母に急かされて足りない気持を  為か気持で  廊下の気持  困惑した気持で  おれを気持  以前のさういふ気持が  明朗な気持を  羊羹に見せかけようといふ気持で  何か書いて残したい気持は  外へ出て吸いたい気持に  家族の気持が  自腹を切ってやろうじゃないかという気持を  特別な気持で  栓ぬき瓢箪の気持で  栓ぬき瓢箪の気持を  ことで帰ったりはしないという気持を  計代の気持も  家出をした気持が  単純な気持の  サスペンスとしてあった気持の  時分の気持で  彼を気持  頼母しい気持も  下品な気持が  そこを抓むと気持が  美人の気持は  皆の気持が  落着いた気持で  へんてこな気持  同情と気持を  大変に気持  千世子は落ついた気持に  時の気持によって  くにさっきの気持が  新らしい気持が  クリした気持に  まじめな気持で  腰がすわらない気持で  様な気持と  そうな気持じゃ  奉公をすればするほど気持の  不思議な気持の  馬鹿にした気持が  芝居特有の気持が  仕事につり合った気持  もの足りない気持が  千世子に会いたい気持なんかを  フーッとはなれた気持に  一色の気持に  こだわりのある気持で  内気な気持だけは  興味ある気持で  ものに対しての気持を  ものに対しての気持は  部屋を見せてやりたいなんかと云う気持が  ノコンとした気持で  年頃特有な気持が  村尾さんの気持に  あたしの気持から  投げやりな気持に  和子の気持も  識創作する気持を  一歩一歩念を押す気持で  私も堪らない気持に  馳け出さずには居られない気持に  頃から気持  先ぐ逃げ出したい気持に  のかと云う気持にも  恐怖の気持を  同情の気持から  撤回しようというという気持に  自由な気持では  わたしの気持という  ことを考えただけでも気持が  なかへ入りたいという気持に  悦びの気持を  嫉妬といった気持からは  恥らいの気持で  極度に落ちつかぬ気持を  感嘆との気持で  不安の気持を  平静な気持で  不信の気持が  軽蔑の気持とが  いたずら半分の気持とから  だれよりも気持が  わたしたちは気持が  ことを気持が  畏敬の気持を  ところで気持を  私にはわからない気持から  種の気持の  不安の気持から  確信したいという気持を  信頼してくれている気持に  これは気持が  調書作成者が気持  のよりも気持が  畏敬の気持によっても  親切でへり下った気持を  ものに成り上がろうなどという気持にも  君にとって気持が  追想やら勝ち誇った気持やら  嫂の気持を  不満ともつかない気持に  それが怒りだす気持  なんていう気持が  却つて無茶苦茶な気持に  爽やかな気持が  母親の気持なんて  事は努めて避けたい気持  憺たる気持にな  恥かしく落ちつかない気持で  やうな気持といふ  風な気持に  何かしら私の気持を  義兄に対して融け合えない気持が  エンジンは気持  ことをあやぶむ気持とは  独特な気持で  主観的な気持を  兄の気持という  必要以上の気持の  終うと気持で  自分の気持に対して  ことへの気持で  ときの気持と  底まで沈んだ気持で  一生懸命だと思っていた気持の  一寸でも行ってあげたい気持  ゴジック文字をこしらえた気持  あれを書いた気持も  富ちゃんの気持も  ときの気持の  思いになる気持も  体の持つ気持  時代の気持が  自分の気持にだけ  折々の気持という  そちらの気持が  多賀ちゃん自身の気持は  豊年らしい気持に  二人きりで遊びたい気持に  皮肉な気持に  事は気持が  郎をいやがる気持には  形よりは気持が  祖母の気持で  勇壮な気持に  ほんとうの気持が  めいめいに違った気持で  拍子ぬけの気持  次郎の気持を  老人の気持を  真面目な気持で  俊亮夫婦にも喜んで貰いたいという気持で  義務的な気持の  愛から逃げ出したい気持には  以前の気持が  あたしの気持が  小説めいた気持  目茶苦茶な気持に  セエム革がちらつく気持  ぼくは泣きだしたい気持  蓋をしている気持  復讐の気持も  日本人同士ならばこそという気持を  胸をなでる気持が  つた当座の気持  他人の気持も  此方の気持が  憎悪する気持が  者の気持なんて  不快な気持も  耳に気持の  胸に押し当ててみる気持に  位い気持の  文字通りの気持から  自分で生きてる気持が  浜に甘えてみたい気持  ほっとした気持に  運平老の気持を  児童たちの気持を  恭一の気持が  恭一たちの気持まで  さで気持の  足も出ない気持に  一番のんきな気持に  その後次郎の気持に  君があばれてみたくなる気持も  愛にあまえたくない気持  何か書かないではいられない気持  軽蔑したい気持に  昨日からの気持が  反抗してみたいという気持は  意味を読もうとする気持に  浜との気持の  乳母やの気持と  厳粛な気持にさえ  努力を買ってやりたい気持で  親しみの気持を  憤慨めいた気持が  人が気持  合点の気持  母の気持も  奢りの気持に  不可解な気持に  心にしみる気持が  娘さんの気持が  動揺してゆく気持には  経験や気持や  自分を守るという気持から  おだやかな気持に  びっくりした気持で  甚兵衛の気持を  私の落ちつかぬ気持が  謙虚な気持の  自然な気持の  せっかちだと思われるほどの気持に  泣出したい気持  皮肉な気持で  べつな気持に  昂然たる気持にさえ  次郎の気持に  直接君の気持を  本田の気持が  誤解を進んで解きたいという気持に  双方の気持が  荷を負わされた気持とが  小田先生に対する気持から  態度に出る気持は  共通な気持が  世界につれこまれていたといった気持  好意に甘えてみたい気持を  白鳥芦花に入る気持が  不純な気持が  彼に対する気持を  彼自身の気持も  何かすまない気持  気軽な気持に  末っ子の気持は  懸命な気持  次郎の気持には  身をなげ出して謝りたい気持に  内儀にあやまらせたくない気持を  さっき父を疑ってみた気持など  ほっとする気持  ものにへり下りたい気持に  ために祈りたい気持に  自分を捧げきってしまいたい気持に  味った気持を  清算しきれない気持が  仏間に行く気持は  尊敬したい気持に  僕自身の気持において  何かしら祈りたい気持に  ことさへ恥ぢる気持が  狂つた時の気持を  釣りをする気持には  人なら食う気持には  ひとつ釣ってみようという気持に  囚はれる気持は  はじめから気持の  別の気持の  みんなでわけあって食べあう気持  手紙を書く気持が  朝倉先生の気持に  平尾の気持を  変にりきんだ気持に  不純な気持は  朝倉先生を慕う気持なんか  ほっとした気持  留任を願い出る気持には  とおり君らの気持には  真実な気持という  真実な気持を  ひやひやした気持で  それを言うだけに気持が  馬田に対する気持の  われわれの気持を  君が答えたくない気持も  君の気持には  次郎の気持に  朝倉先生に対する気持まで  中心に気持  羨望の気持を  よけいに落ちつかない気持  わしの気持を  わしの気持は  あとへは引かれない気持  おまえも気持  やうで気持が  間の抜けた気持  きょうはじぶんも気持が  宇宙でであうなんて気持の  わたしたちの気持も  引受けする気持は  博士の気持は  下宿にいる気持に  不安な気持という  厭な気持という  悲憤な気持で  痛恨な気持が  #剛慾者をこらしめる気持が  何かいってやりたい気持を  身を処してみたい気持  職業を換えた気持を  貴君を待っている気持に  真中を気持の  のどかな気持で  雨にぬれていて気持が  東京へ帰りたい気持が  母はいても立ってもいられない気持に  のびのびした気持に  胸を気持  新子の気持も  頬ずりしたい気持  新子の気持を  迷惑だという気持が  一杯に浴びて気持の  何かに気持の  始末しようという気持に  ほのかな気持では  石鹸の残っている気持  ちぐはぐな気持は  大人になった気持  ロマンチックな気持も  板が見えて来て気持  こちらで笑う気持も  眼や気持に  それをたべるという気持の  音を気持  二三日今の気持で  底から気持の  まともな気持で  きょうの気持の  いろいろの気持の  生活の気持を  問題や気持に  朝の気持  生活に馴れている気持では  何という気持  改った気持に  一つの気持が  子供をもって居る気持に  感じを受ける気持や  遊びやの気持と  音が気持  スッカリはかたまった気持を  楽で気持  青草が気持  じんまりして気持の  幸福な気持は  あちらで出来たらしい気持の  自然にたす気持  お互いの気持も  本気に描き込んでいて気持が  一生懸命な気持か  条件から離れたい気持が  位まで動いたら気持  ものを求める気持が  オルガンをひいて助かった気持に  子路は推したい気持  命なりと諦める気持とは  声の気持が  ものだという気持に  今までの気持で  えたいの知れない気持が  そうになる気持  信子の気持を  名など記す気持が  ときは気持に  美代子さんの気持を  ためにも計ろうとする気持が  兄貴の気持が  ジッとしていられない気持の  以上に酔いたい気持で  窮したという気持  ムリヤリあなたの気持を  タクサンという気持  実行の気持に  ことをしてみたい気持に  奴め打ち開ける気持  夢中裡の気持  感謝の気持  安眠したいといふ気持が  安易な気持を  イヤな気持を  空虚な気持は  鼻唄でも歌いたい気持  陰惨な気持を  卵になった気持で  さ静けさを見る気持が  縁談にありついたという気持が  ょろつかせた意気込んだ気持が  サバサバする気持  一杯くわされた気持が  村民の突きつめた気持に  程の気持の  薬よりも気持  晴れ晴れと春めいた気持の  安まった気持の  昼間は気持  格調を揃えて読もうとする気持は  マンネリズムがふっとんでいるだけ気持が  軽蔑したりする気持も  色調が気持  シニカルな気持の  とおり自分の気持だけで  文学的表現をくらべる気持にも  とおりうそでない気持で  何度という気持で  これは気持  のは気持  今の気持で  袷も干して気持  ようにしていて気持が  野卑であっても気持の  ことでもしおおせ兼ねない気持  凱歌を上げたい気持に  かしな気持に  仙太の気持は  母とは気持が  武士道の気持から  ロマンチックな気持から  特殊な気持で  宙に浮んだ気持  風に涙ぐみたいという気持が  軽蔑してやりたい気持に  ところへは行きたくない気持  自分に戻ってくる気持  感謝したい気持  わたしの気持  顔して気持で  畑や気持の  体の気持は  自然発生的な気持に  私達の気持の  それは居ても立ってもいられない気持  私の気持にまで  私たちの気持の  人の気持などを  大胆な気持が  度い程気持が  老人の気持は  今日は気持の  さうもない気持  悲壮な気持  背高のっぽになった気持  両方の気持を  其処に踊り跳ねたい気持を  面喰った気持に  怺える気持と  死全体に対する気持でも  繁昌して気持がよ  ときの気持は  空気にもなじめず気持が  ものも置いて来る気持は  純真な気持で  父の気持の  憤慨の気持は  逆の気持  不可解な気持  なかに気持よ  気分だの気持  独占したいという気持は  ーっとする気持を  つていやな気持が  兄貴に対する気持も  さきへつかへてゐて気持が  親の気持にも  不満めいた気持に  惧れる気持は  残忍な気持で  放擲しようとする気持も  不快な気持を  自分ながら解らない気持で  ことを渋る気持が  母親の気持には  冷静な気持での  ーっとした気持に  ものを買って読みたいという気持  ブルジョアジーの気持の  人民の気持に  清潔で気持の  ゼイタクな気持を  度にだらけようとする気持は  折の気持  閑を持つたといふ気持は  肌に気持がよ  中に潜り込んでゐるらしい気持が  遊びの気持が  せいか気持は  親の気持も  己の気持を  投遣りな気持で  差別を無くしたい気持に  お前の言う気持は  生還を喜ぶ気持の  火は気持  晴れ晴れとした気持の  陰鬱な気持に  俺の気持  竜になりたいという気持だけに  お前の気持の  愧じる気持から  師に対する気持の  朝は気持が  口を利きたくない気持  私のいら立った気持は  調和的な気持は  私自身みじめな気持に  児の気持だけが  自分を振返る気持  愉快な気持が  職場で気持が  何にも考える気持に  不愉快な気持と  強迫的の気持で  感じで気持が  遊覧者が見て起す気持に  楽観的な気持を  三造に落ちつかない気持を  自分のひねくれた気持の  女とで気持が  母親の気持  想像さへしてゐなかつた気持を  安心してゐられない気持  幾の気持を  虚を衝かれた気持で  親しみが持てない気持  そなたの気持は  若殿の気持を  大事にする気持が  恥を知る気持も  了つてゐる気持を  非難して諦めの気持を  嫌だといふ気持を  詠歎的な気持が  慎しまれるといふ気持  厄介な気持の  妾の気持に  崇高な気持で  何かかなわないという気持が  無意識な気持から  孤独な気持に  我慢している気持の  不思議でたまらぬという気持  放浪しようかという気持が  章三の気持の  サバサバと気持が  陽子は泣けもしない気持  アーな気持  優越的な気持が  萎縮した気持に  泣出したい気持で  お前さんの気持にも  制作に選ぶ気持が  皆なの気持を  自分の気持という  生活や気持を  煩悶を書き綴る気持にも  親舟にのった気持で  残念な気持は  自分が働こうという気持が  云つた様な気持が  吉野みたいな気持の  冷くて気持が  様な気持にな  手許にとりもどしたい気持  春らしい気持の  癪にさわった気持も  対等の気持では  親をもこめて思う気持に  索漠とした気持を  元気な気持  方は断わるという気持に  自信のある気持で  棄鉢の気持に  粉砕された気持  緊張した活きた気持に  逃避したい気持で  男の気持という  わしの気持が  二人ながら進まない気持が  ことができない気持で  何事を望む気持も  潔白だという気持で  感謝めいた気持で  誰でもの気持に  彼女を求める気持は  残念そうな気持も  ことはよろこんであきらめきりたい気持  彼には気持  反抗の気持から  面倒な気持に  ぼんやりしていた気持を  叔父も気持が  当惑の気持を  友情の気持とか  否定する気持には  冷淡な気持から  裁判官たちの気持や  暇や気持が  卑下の気持が  荘重な気持が  着物は気持  最前までの気持とは  少女の気持を  ほんとうの気持  ビリした気持に  それに似た気持も  余技的な気持で  忌な気持  柔かな気持にな  同情する気持など  ぼくの気持  言い訳にいっていられない気持に  らくな気持も  罪ほろぼしの気持の  診察的な気持が  患者の気持に  仆してみたい気持を  相手がわからないだけに気持が  手の気持には  今日を生きる気持が  津本先生の気持を  センチメンタルな気持で  間の気持なんて  トテモ愉快な気持に  元気のあふれた気持に  私に気持で  余り陰鬱な気持で  小説なんて書く気持は  東大に入りたい気持が  スポーツをやる気持で  立番しながら気持  家持ちの気持は  あやふやの気持で  相手の気持に  いまの気持からは  扁理の気持が  ほっとした気持で  

~ 気持[名詞]2
そういう気持  この気持  こういう気持  よい気持  甘い気持  そんな気持  悪い気持  ない気持  どんな気持  実に気持  暗い気持  いい気持  ちょっと気持  いたたまらない気持  たしかに気持  いらだたしい気持  いかめしい気持  しらじらしい気持  いまいましい気持  涼しい気持  好い気持  もう気持  切ない気持  その気持  悲しい気持  ちかい気持  やりきれない気持  いくらか気持  同じ気持  情けない気持  こんな気持  余り気持  大きな気持  ますます気持  あの気持  いかにも気持  微笑ましい気持  臭い気持  すがすがしい気持  涙ぐましい気持  そうした気持  新しい気持  たいして気持  おそろしい気持  まったく気持  やさしい気持  けっして気持  つらい気持  優しい気持  怨めしい気持  依然として気持  淋しい気持  恥しい気持  嬉しい気持  心細い気持  どういう気持  あまい気持  ほしい気持  あくどい気持  なんだか気持  忌々しい気持  息苦しい気持  苦しい気持  厭わしい気持  いろんな気持  めんどくさい気持  細かい気持  なく気持  良い気持  だんだん気持  軽い気持  浅ましい気持  済まない気持  馬鹿らしい気持  がたい気持  痛い気持  なにか気持  辛い気持  決して気持  面白い気持  イイ気持  ひどく気持  痒い気持  近い気持  あんな気持  あまり気持  恐ろしい気持  後ろめたい気持  情ない気持  楽しい気持  寂しい気持  狡く気持  大した気持  すこし気持  尊い気持  たった気持  却って気持  薄ら寒い気持  こうした気持  明い気持  正しい気持  まあ気持  よそよそしい気持  本当に気持  激しい気持  何故か気持  大いに気持  さも気持  なさけない気持  どんなに気持  うれしい気持  重い気持  ひやっこい気持  幾分気持  極めて気持  うつくしい気持  くすぐったい気持  はかない気持  如何にも気持  明るい気持  たいへん気持  憎い気持  そういった気持  どうも気持  いじらしい気持  慕わしい気持  白々しい気持  ばからしい気持  無く気持  寒い気持  むず痒い気持  ようやく気持  無い気持  空しい気持  バカバカしい気持  やるせない気持  若い気持  わるい気持  強い気持  互いに気持  物凄い気持  荒々しい気持  常に気持  少し気持  ぴたり気持  っぽい気持  一旦気持  あんまり気持  全く気持  物足りない気持  たまらない気持  よっぽど気持  かえって気持  むずかしい気持  どうしても気持  とても気持  怖い気持  注意深い気持  やっと気持  何だか気持  親しい気持  ことに気持  次第に気持  覚えず気持  ええ気持  すぐさま気持  初めて気持  しゃらくさい気持  美しく気持  わびしい気持  ちっとも気持  淡い気持  難い気持  儚い気持  若々しい気持  冷たい気持  険しい気持  弱い気持  こんなに気持  単なる気持  一層気持  怪しい気持  愉しい気持  ぐっと気持  じれったい気持  そぐわない気持  人間らしい気持  なつかしい気持  痛ましい気持  やっぱり気持  にくらしい気持  やすい気持  互に気持  すっかり気持  じつに気持  慌ただしい気持  素晴らしい気持  おかしな気持  清々しい気持  割に気持  誇らしい気持  勿論気持  とにかく気持  其の気持  うそ寒い気持  心許ない気持  擽ったい気持  気恥しい気持  悪く気持  面白く気持  苦々しい気持  渋い気持  甲斐甲斐しい気持  気まずい気持  さぞ気持  どぎつい気持  物寂しい気持  そんなに気持  妖しい気持  空恐ろしい気持  侘しい気持  かなしい気持  苦い気持  白い気持  まことに気持  むしろ気持  うるさい気持  さびしい気持  恋しい気持  ほんとに気持  いたましい気持  たのしい気持  遠い気持  さうな気持  だいぶ気持  さぞかし気持  神々しい気持  おんなじ気持  気安い気持  多い気持  さもしい気持  なやましい気持  重々しい気持  はじめて気持  快い気持  こい気持  ひろい気持  おなじ気持  物見高い気持  頼もしい気持  やはり気持  多少気持  せつない気持  忌わしい気持  只気持  懶い気持  勇ましく気持  いたいたしい気持  熱っぽい気持  慌しい気持  ありがたい気持  自ずと気持  弱々しい気持  腹立たしい気持  珍しく気持  小さな気持  貴い気持  いくら気持  益々気持  勇ましい気持  あらゆる気持  うすら寒い気持  呪わしい気持  案外気持  もろい気持  堅い気持  懐かしい気持  歯痒い気持  つめたい気持  あかるい気持  なかなか気持  本当は気持  居たたまらない気持  たまらなく気持  もどかしい気持  いつも気持  おかしい気持  ちゃんと気持  少々気持  ほろ苦い気持  やり切れない気持  一向に気持  深い気持  甚だ気持  重苦しい気持  せせこましい気持  憎らしい気持  よほど気持  あさましい気持  ある気持  恐い気持  有難い気持  下らない気持  こんなにも気持  広い気持  同じく気持  ときどき気持  ずっと気持  一応気持  ぎこちない気持  恥ずかしい気持  輝かしい気持  もっとも気持  更に気持  まるで気持  ねば気持  柔かい気持  いかなる気持  しおらしい気持  いたたまれない気持  あたたかい気持  せめて気持  どれほど気持  余儀ない気持  硬い気持  なんと気持  頗る気持  何となく気持  あいな気持  貧しい気持  のっぴきならない気持  うっとうしい気持  暫く気持  随分気持  いそがしい気持  物悲しい気持  惜しい気持  必ず気持  かなり気持  暖かい気持  ひだるい気持  どうにか気持  殊に気持  あまったるい気持  とんと気持  一寸気持  物憂い気持  心から気持  いかん気持  よろしく気持  易い気持  或気持  いぶかしい気持  ちゃんちゃん気持  きたない気持  悩ましい気持  等しい気持  どうにも気持  まだ気持  懐しい気持  何等気持  又気持  ふと気持  生温い気持  可笑しい気持  うら悲しい気持  鬱陶しい気持  にがい気持  そんなふうに気持  ほとんど気持  あまりに気持  そらぞらしい気持  にがにがしい気持  こわい気持  物淋しい気持  潔い気持  ずいぶん気持  つい気持  同時に気持  しだいに気持  烈しい気持  熱い気持  固い気持  くるしい気持  ほろにがい気持  ほこらしい気持  せっかく気持  みみっちい気持  よく気持  ひどい気持  色々気持  珍しい気持  心もとない気持  いやしい気持  大きい気持  未練がましい気持  うら淋しい気持  漠然たる気持  サラリと気持  絶えず気持  勿体ない気持  しきりに気持  てんで気持  甘ったるい気持  とうとう気持  早く気持  よわよわしい気持  だるい気持  単に気持  堪えがたい気持  きわめて気持  全然気持  

複合名詞
個人的心理的気持  ちの気持  やつぱりなつかしいうれしい気持  払つた気持  欠びでもするような気持  気持一杯  つて気持  なごやかな気持  気持もつ  ょびれた気持  気づまりな気持  大変気持  気持そう  はる気持  ほど気持  つた気持  ぱな気持  フザけた気持  気持ツ  気持がい  ぱりとした気持  気持ぢ  うに気持  せつぱつまつた気持  匂ひで気持  みんな気持  数倍気持  タマラナイ気持  一番気持  あな気持  気持ぐらゐのもんかな  気持さ  角気持  一等気持  こッちの気持  ぱい気持  至つた気持  ドンナ気持  ひたい気持  三十年ぐらゐの気持  ぐらゐの気持  何かしら気持  云つた気持  気持チト思イ合セ  違つた気持  会つた気持  気持一つ  アンマリ気持  えな気持  気持次第  気持等  佗びしい気持  へん気持  一種気持  成人後気持  泪ぐましい気持  思つて気持  今一寸気持  翌日気持  ぐつたいやうな気持  限り気持  そりゃそんなときはもうどうなってもいいというような気持  方がさつぱりしてゐて気持  逢ひたい気持  つた気持さ  スッカリ気持  気持以上  気持知つて  あまり気持  気持がさつさ  気持転換策  めいめい気持  テラウ気持  イカガワシイ気持  えい気持  気持だい  失つた気持  慎しみ気持  ぐつと気持  いつか気持  ぶん気持  イヂケタ気持  云ひたい気持  びしたってまるで気持  気持ガワカルトヤッチャテネエ  見当違ひな気持  気持おんなじ  厭あな気持  捨テタ人ノオ気持ハ  気持ガチガヒマス  サモシイ気持  気持大学  気持ずくめ  ぱりしたお気持  警戒的気持  気持はず  コンナ気持  交つた気持  気持しだい  気持さうに居眠り  気持わる  気持男  これぁなかなか気持  言つた気持  むる気持  あたし気持  ざんこくな気持  ぜん気持  一日中気持  日中気持  狂つた気持  みたい気持  ソンナ気持  ナカナカ気持  そりゃあ気持  ぱいになる気持  オンナジ気持  飢ゑた気持  平生気持  緊つた気持  いちばん気持  いちど気持  くせ気持  会ひたい気持  気持端的  怨じたい気持  気持さうだつ  気持がさつぱり  程気持  気持通り  こんざつした気持  気持全体  彫刻的気持  気持そのもの  気持いっぱい  大分気持  めいつた気持  あした気持  兼め気持  びしやな気持  余り気持  気持ひとつ  ぱりこな気持  サゾ気持  



前後の言葉をピックアップ
肝吸い  肝魂  肝玉  気もち  気持ちよ  気持ち  気持ちいい  気持ちよい  気持ち良かっ  気持ちよく


動詞をランダムでピックアップ
相続い約めれ膿むまぎれ込み寇し濁せ融けひれふす言い換えれ有っしまん消え果てこわばっ醸せ見定めんたのま立ち返る頷くぬくもん聞分ける
形容詞をランダムでピックアップ
痛々しくかくい悲しかろかわいらしくねがわしゅう寒けりゃ手厳し喜ばしき物騒がしい甲斐甲斐しく辛気臭思いがけなかっものがなしき残り惜したくましい鈍かっ危うけれ赤くなまっちろく古かっ