「気味悪」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 気味悪[形容詞]
から気味悪  うす気味悪  互に気味悪  いっそう気味悪  少し気味悪  ようやく気味悪  半ば気味悪  さも気味悪  薄い気味悪  一寸気味悪  トテモ気味悪  ひじょうに気味悪  さ気味悪  むしろ気味悪  なお気味悪  やや気味悪  変気味悪  そう気味悪  如何にも気味悪  底気味悪  どことなく気味悪  やはり気味悪  

~ 気味悪[形容詞]
蒲団の気味悪  ことの気味悪  彼は気味悪  庭を気味悪  日から彼を気味悪  幕府に気味悪  つて嘉吉を気味悪  余は気味悪  猫を気味悪  庄は気味悪  云つて私を気味悪  英二は気味悪  袁譚は気味悪  級友達の気味悪  三郎は気味悪  旦那の気味悪  儀右衛門は気味悪  女が気味悪  さと気味悪  彼を気味悪  此は気味悪  オルガンティノは気味悪  次長は気味悪  花は気味悪  一味の気味悪  かなたも気味悪  学士は気味悪  編輯長は気味悪  顔色の気味悪  わたしは気味悪  私の気味悪  いくらかの気味悪  巫女たちが気味悪  ように気味悪  家でも気味悪  二人三人が気味悪  者は気味悪  娘たちを気味悪  人を気味悪  顔の気味悪  人々は気味悪  事を気味悪  先刻からの気味悪  ことを気味悪  のを気味悪  壺を気味悪  専斎は気味悪  尚古堂は気味悪  おいおいは気味悪  私を気味悪  何か気味悪  侍女どもは気味悪  色の気味悪  紙帳の気味悪  人に気味悪  泥の気味悪  聴くも気味悪  者を気味悪  治安維持法の気味悪  一種の気味悪  女優たちは気味悪  掛取りを気味悪  妙は気味悪  

気味悪[形容詞]
気味悪さ  気味悪そう  気味悪るく視  気味悪げ  気味悪がられる程度  気味悪がって届けるもの  気味悪るそう  気味悪がるの  気味悪ぐなてよ  気味悪がって上っていくよう  気味悪るく俺  気味悪がらせるもの  気味悪がっているん  気味悪るい  気味悪がって遠く  気味悪がっていること  気味悪がるよう  気味悪がる人々  気味悪がつて  気味悪がせ  



前後の言葉をピックアップ
キミョウニナオル  喜美代  君代  公良  公義  きみわる  気味悪い  気味悪う  気味悪かっ  気味悪き


動詞をランダムでピックアップ
なりかわりくちはてるけぶる飛び跳ね送りこめすり込むうなづきいらええがくおしこまくっつく呟い物語る粟立つほっつき引張んかなでよ吸付ける書取っ驚き
形容詞をランダムでピックアップ
片腹痛くうら寂しい慎ましく見ぐるしき堪え難くにがにがしい少なけれあつけりゃ奥床しききたなくっ呪わしい女々し心細い詳しゅう厚ぼったいこよなく呆気ないもだしがたくぎこちない厚い