「歩め」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 歩め[動詞]
ゆつくり歩め  地を踏まざるに歩め  われは歩め  此方に歩め  市を歩め  沿ふて歩め  中を歩め  間をぬうて歩め  処を歩め  雪子が歩め  其処を歩め  くに拾ひ歩め  道を歩め  もの影を歩め  二足ばかり歩む、歩め  径を歩め  四角に歩め  池に添いつつ歩め  前に屈めて歩め  陸橋の下を低く歩め  ことひとり叛きて歩め  夕陽影裏落葉を踏んで歩め  とき雲行きを見つつ歩め  峠近きを知りて歩め  閃めき歩め  ば立て、立てば歩め  歩めども歩め  手はくみて歩め  渡り水に沿うて歩め  さうで、歩め  人生を歩め  先に歩め  闇中を歩め  君とわかれて歩め  公園に来てひとり歩め  得意にて、故に徐に歩め  時を歩め  室内を歩め  彼にいひ、かれ歩め  列を成して歩め  身を縮めて坐せるあり、またたえず歩め  群にまじりて歩め  その後を歩め  我等は歩め  鬼と共に歩め  しづかに歩め  溪を歩め  ほとりを歩め  地上を歩め  倶に全く屈みて歩め  人なりとて、わが屈みて歩め  西にむかひて歩め  耳を傾けて歩め  一列となりて歩め  水の上を歩め  路を知らずして歩め  頭を高うして歩め  祖師の歩め  海上を歩め  雨傘さして歩め  あたりを相並びて歩め  お祝いよ、歩め  そつと歩め  



前後の言葉をピックアップ
あゆみよる  歩みよろ  歩み寄ろ  歩む  あゆめ  あゆも  アユリ  あゆん  歩ん  アユーチア


動詞をランダムでピックアップ
でかしたちむかっ鋤いおかそつつみ突っこま曲がれ開け放せ受け継い受け付けよふるえる讀めささやか取り込みすろ放りだし閉さとりだせ詠ん溢れる
形容詞をランダムでピックアップ
真っ黒いひだるい堅う涼しから荒からよわけれやわい手厳し聡い上手けれ疎から温かかっひ弱嬉しかろかるう聞き苦しいわずらわし偉う遠慮なく極まりな