「止める」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 止める[動詞]
ことを止める  おばあさんの止める  様子、もう止める  涙を止める  二言目にはすぐ止める  蚕を止める  宿替へを止める  思つたが止める  思つたが、また止める  スナップで止める  球でもかならず止める  楽みを止める  奴だ、止める  一人勝手に止める  老人に、止める  絆創膏で止める  運動を止める  皆が止める  思慮を失って、止める  妄想は止めろ、止めろ、と叱りながらどうしても止める  のを止める  苦しみを止める  妄念を止める  滑りを止める  私が止める  訓戒に止める  中学校だけで止める  無理に止める  三高を止める  駕を止める  かわきを止める  襟を止める  それを止める  何時でも止める  適度で止める  禁物で少くも面白くも何とも無いと思うから止める  君は面白く思ってくれないだろうと思うから止める  子供を止める  梁のゆるぎを止める  七時にきつかり止める  のですから、止める  結局真相をつき止める  俳句を止める  花嫁のありかをつき止める  妻がまた止める  最小限に止める  執事の止める  馬を止める  気分が悪るくなり、止める  会社を止める  引ツ越して来いよ、止める  事を止める  汽車を止める  ものは止める  足を止める  トオカルがうたい止める  之に止める  ここに止める  ものに止める  事実として述べるに止める  のなら止める  痛みを止める  パイプを止める  手を止める  といつて、止める  これで止める  ペンを止める  母様が強う止める  渇きを止める  母親の止める  お袋はたしなめたが、強いて止める  血を止める  つて、もう止める  處をあげてゆくに止める  松岡を止める  危機一髪で喰い止める  ムツとしたが、止める  一撃をかわして仕止める  私に止める  以上、止める  新造たちの止める  筆を止める  息の根を止める  酒を止める  力を止める  母が聞いたら、必ず止める  事はいけないと止める  行いだけは止める  幾分でも喰い止める  一歩手前で喰い止める  君の止める  つたからこれだけに止める  涙を拭きとると、泣いて止める  兄貴か、何で止める  客足を止める  女中が青くなって止める  ことに決めたから止める  五パーセントに止める  岩にしがみついて仕止める  人が頻りに止める  瞬きを止める  人々が驚いて止める  姉の止める  慄えを止める  放送はすぐさま止める  夜店出しを止める  回漕店を止める  ことをさえ止める  固まりを押え止める  王は強いて止める  人々が止める  目を止める  身体をかかえ止める  喰ひ止める  占領を止める  木村の止める  輪廓を書くだけに止める  言ふに止める  なごりを止める  彼を仕止める  ぴたと止める  訳なら強って止める  旦那まア仰しゃって、止める  のだ、止める  のだ、なぜ止める  今になって止める  空模様が変っているので、止める  から、止める  働きを止める  心持ちを止める  方をつき止める  自らどんどん不幸になるばかりで、防ぎ止める  それをじっと押え止める  外出を止める  いつでも止める  記憶に止める  泪を塞ぎ止める  誰も止める  天災を喰い止める  七夕の止める  譲を抱き止める  奥さんの止める  讓を抱き止める  君は止める  いふに止める  それは止める  穿ぐる事は止める  指摘するだけに止める  乃美織江が頻りに止める  これ位に止める  慣いであるだけに止める  延焼を防ぎ止める  蛾を喰い止める  嗚咽を止める  ルントシュテット攻勢を喰い止める  耳に止める  熱心に止める  今日限り止める  俺の止める  お松が頻りに止める  身慄いを止める  晴代を止める  牛を止める  もう少し足を止める  息を止める  おのづと放屁して止める  事をしゃべるなと止める  雑誌を止める  婆さんの止める  お前さんまでが止める  牧野が止める  歩みを止める  自転車を止める  僕が止める  中に消止める  支流を堰き止める  おじいさんが止める  中途に止める  簡單に書いておくに止める  別に気に止める  血はこうして止める  母が止める  美事に仕止める  業でないと止める  こいつを止める  證明に止める  行つて、止める  留吉頭をピタリと止める  より子の止める  発作を止める  蒸気を止める  注意しておくに止める  帯を止める  帶を止める  乱れを止める  行乞、こんなに早う止める  高氏は止める  話を止める  中途で止める  のは止める  兄さんはきっと止める  巾子を止める  手帖に書き止める  心得だけで止める  菊の止める  決心を止める  笑いを止める  題目をさし止める  出口を止める  俄に止める  俄かに止める  訳なく止める  楽しみを止める  長年はいつも止める  歌を止める  焼畑を止める  私は止める  あとは止める  宦官も止める  私を抱き止める  待合入りを止める  わたくしが止める  のを見れば、無論に遮り止める  人達が止める  流言を止める  家に止める  買物を止める  校に止める  酒井三十郎を遣って止める  根を止める  雲を止める  博士も止める  一刀に仕止める  もとに仕止める  一発で仕止める  熊は仕止める  鼓動までも止める  違乱を止める  ちょっと足を止める  二三人はあろうとも、仕止める  争いを止める  商売を止める  彼を止める  彼はもう止める  別に強いて止める  云つても止める  それを押し止める  水は間もなく止める  絵を止める  車を止める  のを押し止める  おしゃれを止める  ものはどしどし止める  一句も聞き止める  なんじゃ、何で止める  竹法螺吹いて止める  奥で止める  駕籠しばらく止める  進行を止める  忍び歩きなどをやかましく言って止める  惟光は止める  少納言は止める  干渉して止める  暴力を止める  此で止める  滝をふさぎ止める  夢想的傾向を止める  声を押え止める  跡を読まずに止める  出血を止める  敗北かを書き止める  ちょっと歩みを止める  病院通いを止める  手入れをするだけに止める  合はせ、止める  思つても止める  力で止める  目に止める  批判に止める  意味をつき止める  記録するに止める  根気がなくなって止める  砂まぶれ、止める  幾分狼狽して一寸抱き止める  馬は止める  築地座を止める  企ては止める  盤を止める  時期まで喰い止める  刑戮を止める  役人を止める  沖田さんを仕止める  爺さんは怒るやろが、止める  指定だけに止める  相当に喰い止める  介がまたなぜ止める  谷底を覗いていたかと思うと止める  世高の止める  二人を堰き止める  絃をくぐらせて、しっかり止める  アクションを止める  山登りもふっつり止める  ここで止める  妻の断て止める  場合無理もない、強て止める  タキシイを止める  そこを止める  お爺さんが止める  ピンで止める  未然に防ぎ止める  人達がしきりに止める  みんなが止める  腐敗を止める  無理は止める  存在すると認めておくに止める  存在を認めておくに止める  事をなすに止める  うちにだけ示しておくに止める  六十回にして止める  肴やを止める  ッと止める  美代が止める  歩行を止める  断じて酒を止める  五体に止める  結果だけを述べるに止める  二人がかりで抱きついて、やっと止める  侵略を喰い止める  テンデ止める  お盆限り止める  戦慄を止める  言葉は止める  奔流を堰き止める  あれ危ないと思っても止める  半途で止める  つて、再び立ちあがると、止める  やうに止める  蕊を止める  家運はおのずから止める  救ひ止める  此程度に止める  小母さんが止める  のを防ぎ止める  宙で抱き止める  人が止める  庭へ止める  それで止める  誌すだけに止める  蛇足であろうから止める  勢いを止める  鶴子の止める  所在をつき止める  力を搾って、堰き止める  親も止める  霜も降りるを止める  アレだけは止める  お前が止める  いたずら心を止める  食ひ止める  過去に止める  差支えがあったら止める  別に水道を止める  侵入を喰い止める  取次販売を断然止める  母の止める  月琴を弾き止める  眼を止める  稼ぎを止める  河を堰き止める  御酒を止める  製造に止める  病院通いは、まだ止める  お気に止める  房は驚いて止める  気を止める  発達を止める  動きを止める  之で止める  バーを止める  猟夫は止める  娘等は止める  強ひて止める  彼女を止める  みんなの止める  駅行を止める  ことだと気がついて、もう止める  のですが、やはり止める  ように、止める  自分一人面白そうに遊んでもいられないと、止める  歴史に止める  跡を止める  類例を挙げて置くに止める  痕跡を止める  姉さんが止める  呼吸を止める  自分で止める  僧は止める  水馴れ棹を取って、頻りと止める  決定していたので、止める  円タクを止める  自動車を止める  牛を仕止める  本統に止める  辺で喰い止める  堕落方面を述べるに止める  説明して押し止める  足を踏み止める  ついでに書きとめておくに止める  覚悟で這いのぼっても、たやすく仕止める  薬を止める  表現に止める  人の止める  気にも止める  損害のみを数えるに止める  ことを繰返すに止める  絶対に止める  酒場通ひは止める  牝鹿の止める  輪郭だけに止める  ことは、止める  ことを全く止める  心配して止める  名残りを止める  一例を挙げるに止める  勇姿を止める  からにしろとしいて止める  んです、と云われると、たって止める  散歩は止める  おれを止める  中は止める  つたから、止める  記載しておくに止める  人物たちであるかをつき止める  三年だけ、続けて止める  手が押え止める  早わざ師ですらも止める  一日も止める  枝を止める  名人が押し止める  數點に止める  名人は止める  男一匹ぐれえを仕止める  私が極力止める  滑稽になるから止める  之を止め得るならば、止める  里子は止める  からいつかは止める  辺りで止める  戦争を止める  記録に止める  泪を、ときどきチクリと止める  足立さんがしきりに止める  仲を仕止める  出家を止める  廻いを止める  渡しを止める  鼻血が止める  ようではあったが、止める  気がなくなって、遂に止める  時、泣いて止める  女はかえって堰き止める  寸刻といえども止める  競馬にさそはれたが止める  男を、ぐるりから止める  振動を止める  それなら止める  染料を防ぎ止める  一両日足を止める  経過を止める  引用は止める  久四郎が止める  根負けしてかけあひを止める  一つ先に止める  一発で打ち止める  急に止める  お前役者を止める  ところでおいそれといって止める  勉強が出来ないから止める  ものを止める  道を防ぎ止める  親友の止める  若旦那の起ちかかるを止める  商売をはじめたので、今さら止める  手前で止める  心に止める  彼那に止める  ことになるかもしれないから止める  おかみさんが止める  わたしが止める  セキ婆さんが止める  増右衛門は止める  ままに止める  家だと思われまして、止める  上にうるほして止める  からもう止める  チョット目を止める  ボオトを止める  音を止める  から之で止める  眼を防ぎ止める  手を出して押し止める  笑ひを止める  事は止める  



前後の言葉をピックアップ
尋め行か  とめゆき  とめよ  とめよ  止めりゃ  停める  富める  とめる  留める  泊める


動詞をランダムでピックアップ
ひっくりかえすやぶら受流さ驚き入ついて行きゃことづかっ起これ捜せ能わ追いかけすすり泣く麾かみくびる荒れ狂っ窮まれ纏わみせろ語らっ勝誇り打ち立て
形容詞をランダムでピックアップ
おしかっ賢き情深心地よかっわるかっ良し濃し婀娜っぽい甘から強くなつかしききわどく恐れ多いちいさく少なく女らしく危な押しつけがましい土臭いあつぼったい