「止み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 止み[動詞]
容易に止み  事も止み  十戸ばかりで止み  言問ひ止み  咳はなかなか止み  それ以上に、なにか止み  急に止み  んと止み  いろいろな止み  運命に対する止み  俟てども、止み  のが止み  雷が鳴れば、もうやがて止み  今は止み  貰ひたいの止み  雨は止み  音楽は一寸止み  辺から雨が止み  雨全く止み  彼女の止み  帰りがけに止み  雨も止み  時化は止み  笑ふことは止み  音は、しばらくすると、ぱたりと止み  笑声はしばらく止み  ことも止み  風雨が止み  粉雪が降っては止み  つて雨風が止み  話も止み  お喋りが止み  それへの止み  思慕の止み  人間性の止み  奏楽も止み  それが止み  放電が止み  方で鳴いては止み  ハタと止み  欲して止み  做されて止み  生き方の止み  令ぐらいでは止み  歩みは止み  歩みもまた止み  上に止み  勉強も止み  何時になっても止み  夕立ですからすぐに止み  血を見なければ止み  涼風が立ってもすぐには止み  かいは止み  ように止み  議は止み  身を退かねばならぬという止み  風は止み  流れ流れて止み  見知らぬ街が止み  表はさねば止み  浄土を求むる止み  彼が止み  声はあるいは止み  のは止み  声も又止み  時突然止み  これこそ止み  未熟な、しかし、止み  感慨を覚えて止み  ときや止み  どこかで止み  風土人情の止み  則ち止み  兵站部の許可なくして止み  ようにも思われたが、まだなかなか止み  雪も止み  薄明にとざされて見え、止み  占有者達は止み  雨もまたようやく止み  癖が止み  税関吏は止み  入歯を止み  雨が止み  鈴の鳴りて止み  歌はピタリと止み  のは実際止み  雨もどうやら止み  明方に止み  当時南北戦争漸く止み  沙汰も止み  雨も降り止み  音楽が止み  ことを望んで止み  生紙を求めて止み  稍弱つて来たが、まだ吹き止み  飛びちがふばかりにて其響夥しかりしが、暫くして止み  我に怨みやせんと怖しくなりて止み  日よりふと止み  音ふと止み  俄にフッと止み  聞ゆるが、しばし止み  雪が止み  窓に降り注いでは止み、降り注いでは止み  降霜はまったく止み  そのままに止み  雨はすでに止み  物音、たちまち起こり、たちまち止み  嗟嘆して止み  ことがいつしか止み  百万遍さえ止み  膨脹は一端止み  つては止み  音が止み  人一人斬らでは止み  心俄かに高まり来りて止み  云はで止み  醗酵は止み  渦動は止み  三度で噛み止み  欲望の止み  雷は止み  棒に罹りて止み  朝四時迄にわづかに相止み  騷擾はたと止み  道楽は、とても止み  發達が止み  雪はまだなかなか止み  芝居が止み  座談会は止み  三杯ばかりで止み  五回で止み  程もなくて止み  ひとつまた止み  音も止み  乱たちまち止み  脱稿せられずして止み  結婚沙汰の止み  堂に昇らずして止み  二年で止み  由なしとて止み  物音も止み  大風雨は止み  足音が止み  わざは止み  母親の止み  他所泊りが止み  それまた吹くわ、ああ恐ろしい、なかなか止み  づる郭公と共に止み  滅さなければ止み  雨もまた降っては止み  手に弄ばれたい、という止み  雨はいよいよ強くなり、いつかうに止み  永久にこの止み  事なるを思ひて止み  



前後の言葉をピックアップ
病み  病みつい  やみ  病みつこ  闇相場  病み上り  病みあがり  闇市  ヤミウチ  闇討


動詞をランダムでピックアップ
張り込むならべたてる蔑む往ぬぬわ留まろうるおしにじみでるくるめきすりつぶしめばえもえあがり踏み破り飽きよあきらめろ出掛けよ漏れ聞い翔ける聞えれ
形容詞をランダムでピックアップ
眩しい拙からいたく堅苦しき旨かっしがなきかわいらし素晴らしい慎ましく寒から有難しこっぴどい烈しき細々しい堪え難い心無くつめたけれけがらわしくことあたらしく美々しく