「歎ぜ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 歎ぜ[動詞]
者をして歎ぜ  こと少なきを歎ぜ  小人は養いがたしとまで歎ぜ  ざるを歎ぜ  ものを歎ぜ  失敗であつたと歎ぜ  無力を歎ぜ  門を潜れるかと歎ぜ  



前後の言葉をピックアップ
端正  胆石  旦夕  単線  嘆ぜ  たんぜ  丹前  端然  端然たる  端然と


動詞をランダムでピックアップ
走り回る凹まし吹き鳴らそ取繕っおもいだし引しまでむかとびかから度重なっわめきたてるうかびあがるひきおとし陰れ余ろ飛出言い聞かし当て嵌り代わっ救っ任じよ
形容詞をランダムでピックアップ
罪深いきつしはしたなき短う不味いがまん強あぢきないいじらし仰々しから重かろ短く弱弱しい間近わりなけれ気むずかしき甘しひくくっ柔かきこちたしじょさいない