「次ぎ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 次ぎ[動詞]
正純は次ぎ  正純はまた次ぎ  家康は次ぎ  返事をせずに、やはり次ぎ  隣組は更に、次ぎ  いふ風に、次ぎ  うつかりすると、その次ぎ  ロンドンに次ぎ  しかし、次ぎ  以後、次ぎ  走り書きで、次ぎ  悲観はしていないが、なんとかしてたすかる次ぎ  義を述べて次ぎ  妹の次ぎ  づ母親ショウタン夫人に、次ぎ  敢へず次ぎ  來て見ると、次ぎ  二人とあるけれど、次ぎ  うして其の次ぎ  間には、大抵次ぎ  表に次ぎ  夫を顧みて、次ぎ  絨毯をひろげて見たら、次ぎ次ぎ  高笑いにくずそうとしたが、すぐ次ぎ  一番大切で、その次ぎ  穂が、次ぎ  表情に驚いたが、次ぎ  ことで、その次ぎ  日には、次ぎ  一作は次ぎ  人たちが次ぎ  調子で、次ぎ  鼠の次ぎ  云つて、次ぎ  上つた行の次ぎ  此の方法を其の次ぎ  傚つて、次ぎ  蝮の次ぎ  行つたが、しかし次ぎ  甥は、次ぎ  食慾が兆して来て、次ぎ  それは次ぎ  従つて鐘楼が見え、次ぎ  廻つて、次ぎ  運動に就いては、また次ぎ  方とが次ぎ  なつてゐた次ぎ  しまふとすぐにまた次ぎ  二三篇童話がのって、次ぎ  此の次ぎ  いるかと思うと、次ぎ  運動に就いて、次ぎ  意味し、次ぎ  なつてゆくと、次ぎ  夜明けごろから気色の悪い次ぎ  これ等を次ぎ  陣容は、次ぎ  香取の次ぎ  各派の次ぎ次ぎ  平生着の次ぎ  偉大なるに驚き、次ぎ  了つたその次ぎ  行李からはじめて、次ぎ次ぎ  昭和二十一年四月生れ、次ぎ  ことと、その次ぎ  女が返されて、次ぎ  自信を有っているとみえて、次ぎ  材料で次ぎ  四畳半に移し、この次ぎ  病室の次ぎ  絹の次ぎ  絹のすぐ次ぎ  フォニックス地方検事アンドリウスが、次ぎ  ルウスの次ぎ  ジロリと金山寺屋を見据えて、次ぎ  奴の次ぎ  のは、その次ぎ  そこを離れて、次ぎ  火山岩に次ぎ  上から上へ次ぎ次ぎ  原因が次ぎ次ぎ  涙をこぼし、次ぎ  カンを次ぎ次ぎ  準備だし、その次ぎの次ぎ  主任教授かその次ぎ  人たちは、次ぎ  休養をして、そしてまた次ぎ  これで次ぎ  一通り頼んでおいて、次ぎ  からもう止めて、この次ぎ  ことを次ぎ  住職がすっかりほどいて置くと、次ぎ  廻り地蔵といって、次ぎ  風呂へ入ると、次ぎ  離れの次ぎ  方から次ぎ  彼は次ぎ  並行した次ぎ  手術室の次ぎ  気が差して、わざと次ぎ  気になって、次ぎ  瑠美子との次ぎ  たいように囁くかと思うと、次ぎ  おれは、その次ぎ  国語辞書に次ぎ  話を次ぎ  決心した次ぎ  外国作家を次ぎ次ぎ  頭をふって、次ぎ  樹影が、次ぎ  眞言之に次ぎ  なほ語を次ぎ  細木助教授、次ぎ  一番好きで、其の次ぎ  作戦計画は、次ぎ  いやな引き次ぎ  翌日も、その次ぎ  事が終り、次ぎ  方をチラリと見てニヤリとして、次ぎ  眼をやり、次ぎ  五七五調に次ぎ  これに次ぎ  へん迅く次ぎ  土間がありまして、その次ぎ  部分と、次ぎ  私達に、次ぎ  細君は起つて、次ぎ  つて、次ぎ  言葉を次ぎ  臺灣總督府に次ぎ  ジユダャ人の次ぎ  十二三台、次ぎ  やうな思ひをして次ぎ  メッヂイが次ぎ  工合に次ぎ次ぎ  上願書の次ぎ  マメマメしく、次ぎ  ことを、その次ぎ  ことを、又その次ぎ  ことを、またその次ぎ  私は次ぎ  若い戦後派を見るにも、次ぎ  あらましを、次ぎ  結果、次ぎ  文章はよく読んでみると、次ぎ  人たちが、次ぎ  私で次ぎ  条件として、次ぎ  感謝し、次ぎ  事はこの次ぎ  一つは次ぎ  ため、次ぎ  カーネーションを送っておいて、次ぎ  いつでも、次ぎ  昨日から又、次ぎ  のは、その次ぎの次ぎ  知つたのは、その次ぎ  來て、次ぎ  のは、あの次ぎ  動作そのものが次ぎ次ぎ  ニタニタ笑つているかと思うと、次ぎ  事を次ぎ次ぎ  最後まで、次ぎ  終戰の次ぎ  小舟を次ぎ次ぎ  十二三通を次ぎ  のと次ぎ次ぎ  戰況は次ぎ次ぎ  かなり忙しく、次ぎ  人を斬つたり次ぎ次ぎ  中から、次ぎ  明後日と次ぎ  ムダで、次ぎ  それらを次ぎ  歸り、その次ぎ  もと何度も考えましたけれど、次ぎ次ぎ  主だつたが、次ぎ次ぎ  のか、その次ぎ  追憶が次ぎ  ふくろをせおって次ぎ  日も、その次ぎ  論派に次ぎ  間に歩いたらば次ぎ  三人は次ぎ  寢るか次ぎ  ことが次ぎ  定雄はこれから次ぎ  來たが、次ぎ  それを拭いながら次ぎ  貯えも次ぎ  役目だけ果して、すぐに死んでしまい、次ぎ  ぐりぐりと剥いたが、次ぎ  実力が次ぎ  ものか、次ぎ次ぎ  紹介され、その次ぎ  康子はその次ぎ  なんでもこの次ぎ  待合室には次ぎ  求婚者が次ぎ次ぎ  置土産であると同時に、次ぎ  黙礼を、次ぎ  春樹はどうかして探し当てようと思いながら、次ぎ  女と踊っていたが、その次ぎ  今日はおあずけにして、またこの次ぎ  これは次ぎ  一とし、次ぎ  敢り次ぎ  玄關の次ぎ  役目をすまし、次ぎ  二葉亭主人のは次ぎ  それはこの次ぎ  渓が次ぎ  新手をもって次ぎ次ぎ  今井君の次ぎ  考えが、次ぎ  から、次ぎ  謁し、次ぎ  犬これに次ぎ  六畳と次ぎ  置床のある次ぎ  そのまま留保し、次ぎ  むのだったが、次ぎ  箪笥の並んでいる次ぎ  神は、次ぎ  於て、次ぎ  仲人さんがその次ぎ  サラリーマン、次ぎ  停留場まで送つて行き、この次ぎ  バラツクが次ぎ次ぎ  雲を次ぎ  両親が次ぎ  父様の次ぎ  春子さまが、その次ぎ  心配なので次ぎ  から、又次ぎ  たら、又次ぎ  中人物描写に次ぎ  反対に、その次ぎ  自分は周章てて次ぎ  てゐて、其の次ぎ  自分の次ぎ  弟はおとなしく起って、次ぎ  平和、次ぎ  而して其の次ぎ  語つてゐる次ぎ  弘前驛で次ぎ  弘前市の次ぎ  問題が次ぎ  脱け出して次ぎ  半径を、次ぎ次ぎ  それに次ぎ  一般性があるので、次ぎ  方を窺っていたが、やでて次ぎ  質問を、次ぎ  家の次ぎ  先刻から樣子如何にと、次ぎ  それをそのまま次ぎ  下婢が次ぎ  豆潜水艇は、がたんとかたむき、そして次ぎ  茶の間の次ぎ  姿勢で見送つて、すぐに、その次ぎ  ダアバンの次ぎ  捜索船隊は次ぎ  二十六日ダアバン港を出たと言われているが、次ぎ  出入口から顔を出した、と思った次ぎ  検査の次ぎ  水上の次ぎ  しるしを附けて置いて、次ぎ  ガフ刑事は、次ぎ  ものを催し、次ぎ  女性の次ぎ  みんなああして次ぎ  ような次ぎ次ぎ  系列が次ぎ次ぎ  絶え間なく、次ぎ  衣裳を次ぎ次ぎ  ものなら、次ぎ  違つてゐる、次ぎ  地平線のうへに、次ぎ  日に次ぎ  知識と名乗り、次ぎ  若い候補者が次ぎ  もう少し辛抱をして、次ぎ  高塚、その次ぎ  秘密が次ぎ次ぎ  鳴き聲が、次ぎ  合圖は次ぎ  やうに、次ぎ  んやが、其の次ぎ  病人がこの次ぎ  臺所の次ぎ  ことなくして、次ぎ  方はこの次ぎ  何んなら次ぎ  二人を次ぎ  勉強をして、次ぎ次ぎ  恩樹は、もう次ぎ  からばかりがたまり、もう次ぎ  木が、この次ぎ  私はふと、この次ぎ  哀しみが、次ぎ  本書は次ぎ  精神をもて、次ぎ  巣林子に次ぎ  三木雄は次ぎ  影の次ぎ  日の暮れるまでには次ぎ  半蔵は次ぎ  扇子に書きつけて置いて、その次ぎ  世の中ですから、この次ぎ  おまんは軽く笑って、次ぎ  彼らは次ぎ  桑畑の茂り、次ぎ  ウェルギリウスに次ぎ  高利貸これに次ぎ  一三〇三年ボニファキウスに次ぎ  著者は、次ぎ  居間の次ぎ  意味は次ぎ  甲乙これに次ぎ  これを語り次ぎ  あかりの洩れてくる次ぎ  私は宥めすかされて、又次ぎ  精神に次ぎ  シヤルル・ダンジューに次ぎ  迫害に次ぎ  怪火に次ぎ  秋ロダンに宛てた次ぎ  間違いなく返してくれると、この次ぎ  崩壊し、次ぎ  彼女はその次ぎ  十畳、次ぎ  眼見て置こうと思い、次ぎ  中を走り出し、次ぎ  心で、次ぎ  世界で、次ぎ  以来、次ぎ  ことなぞ、次ぎ  ものを採り入れ、次ぎ  孔子の次ぎ  場へ眠ると、次ぎ  要領ある次ぎ  失敗、次ぎ  成績、その次ぎ  ざっと同列、次ぎ  主義で次ぎ  一、次ぎ  距離、次ぎ  ことはなお次ぎ  二つの詰所を、御次ぎ  詰所は、この御次ぎ  役人はこの御次ぎ  家老の御次ぎ  時だけは御次ぎ  家老が下って次ぎ  小姓一人が御次ぎ  役手を引連れて御次ぎ  ものは、御次ぎ  一人は直に御次ぎ  コクトオの次ぎ  林に次ぎ  翌晩も、次ぎ  それから、次ぎ  私のこの次ぎ  会があると、その次ぎ  ものが、次ぎ  題で、次ぎ  のは次ぎ  媾和条件は、次ぎ  最後通牒は、次ぎ  遠州中泉で次ぎ  話をし、この次ぎ  広間とその次ぎ  恋人を次ぎ  運動そのものが、既に次ぎ  室と次ぎ  切符も買ってその次ぎ  ユックリと次ぎ  オンリイで次ぎ  父親をしめて、次ぎ次ぎ  嫌悪と、次ぎ  そこに立った次ぎ  写真にとられて、次ぎ  バンデリエイルと次ぎ  袴時代の次ぎ  ニの次ぎ  質問を次ぎ  言行に、次ぎ  アルサンドロ街から次ぎ  雪の次ぎ  一時半と、その次ぎ  なんでも、その次ぎ  太陽を見上げ、次ぎ  から、その次ぎ  方を次ぎ  



前後の言葉をピックアップ
つき抜ける    継ぎ    次が  次世代  づき    継ぎ  嗣ぎ


動詞をランダムでピックアップ
似かよっ怪しむ取澄まし逢いにぎる干からびるたがおかけよる鳴くとち取結ぼ紛らわそあまっうちかえしさえかえりのぞけ誘い込みほろぶ打勝た賜え
形容詞をランダムでピックアップ
ことごとし近けりゃ宜しきか弱きかぐわし甘ったるくなけりゃ嬉しかろ真新し太きはかなくっ憂く残惜しく疑深多き酸きつめたう厚ぼった遅かろおさなき