「欠け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 欠け[動詞]
人間味が欠け  プロレタリア精神の欠け  一を欠け  社会生活に最も欠け  於て最も欠け  僕に欠け  人間性が欠け  その後先端が少し欠け  羞恥心の全く欠け  何か欠け  一角が欠け  つんである小布ぐらいほど、欠け  歯の欠け  精力が欠け  充実は欠け  話しかけが自分に欠け  凹凸があり、欠け  奥ゆきが、いかにも欠け  哲学的背景がまったく欠け  紙屑や、欠け  ものが欠け  私に欠け  完全性の欠け  自分に欠け  自己に欠け  完全性を、もし欠け  連絡が欠け  研究が欠け  肉が欠け  月はすこし欠け  彼女には欠け  たびに、欠け  鼻の欠け  生活の欠け  思想界に最も欠け  力の欠け  実行的精神の欠け  徳の欠け  小説に最も欠け  真実味が欠け  住人にもともと欠け  消化器が欠け  魅力が欠け  態度が欠け  精神が欠け  敵が欠け  みんな中間が欠け  根本に欠け  さが欠け  自信の欠け  墓地は欠け  白タイルがところどころ欠け  彼に最も欠け  民族的義務とに欠け  現代日本に欠け  礼儀に欠け  網羅されてゐて、欠け  条件が欠け  笑いとが欠け  関心が欠け  一部が欠け  どれかが欠け  包括的思索が欠け  留め釘が欠け  釘が欠け  批判の欠け  プロレタリア文学に欠け  輪が欠け  要素の欠け  知識にも欠け  板と欠け  日本に欠け  元より欠け  火入れは欠け  先が欠け  ひとりも欠け  童心の欠け  熱意に欠け  実在には欠け  胆力が欠け  論理に欠け  再生するに欠け  講義には全く欠け  老婆は、欠け  想像力に欠け  才能に欠け  ところに欠け  さに、新しく欠け  日本人に欠け  素養がまったく欠け  全然記憶が欠け  写象として欠け  此が欠け  情熱の欠け  臭覚の欠け  人が欠け  神聖感の欠け  反省に欠け  自我省察が欠け  革命にもやはり欠け  方面に欠け  つても欠け  共通して欠け  真実味に欠け  氷をかいて欠け  山が欠け  詩趣に欠け  才分に欠け  一本気に欠け  如何に欠け  精神の欠け  母は欠け  摺鉢の欠け  熱心さに欠け  意識の欠け  横へ裂けて欠け  詞藻に欠け  資格には欠け  必然性に欠け  方が欠け  必要すらも、欠け  向上心は欠け  思想家には全く欠け  角のすこし欠け  うち一人が欠け  内容に欠け  精彩に欠け  何も欠け  端が欠け  満足は欠け  最後のものが欠け  感動とよろこびはやはり欠け  義も欠け  ところがあるか、欠け  何かが欠け  歯が欠け  真実が欠け  所謂明快さ、に欠け  実力の欠け  芸術的素養に欠け  何ものかが欠け  衝動が欠け  主観的分子は欠け  指の欠け  独創力に欠け  首が欠け  一人が欠け  知識に欠け  証拠も欠け  夫婦には、欠け  滑稽味が欠け  基礎が欠け  等々が欠け  一般に欠け  専門家が欠け  職員が欠け  要素が欠け  ものに欠け  感覚神経に欠け  文学に欠け  根本的に欠け  すべてが汚ならしく汚れた、そして欠け  ものが、欠け  私には欠け  頭は欠け  生活には、何もかも欠け  情熱が欠け  ものとを欠け  配慮が著しく欠け  熱心が欠け  一つが欠け  ところがあり必ず欠け  寛けさは欠け  何不足はねえが、欠け  彼に欠け  栄養に欠け  ものが、まるで欠け  精神に欠け  われわれには欠け  見識が欠け  科学性が欠け  勇気に欠け  経験も欠け  計算に欠け  秀吉に欠け  女中姥竹が欠け  茶椀が落ちて欠け  勇気とが欠け  手段が欠け  魂が欠け  至つては、最も欠け  ホロリと欠け  半面が欠け  力は欠け  於いては欠け  ぼろぼろに欠け  論理的連絡の欠け  此点の欠け  ことも欠け  私たちには欠け  皿はところどころ欠け  鼻が欠け  合致が欠け  処が少しばかり欠け  前の欠け  江戸情調が欠け  前が欠け  自由意志が欠け  本質的に欠け  能力が欠け  忍耐が欠け  資格に欠け  教養の欠け  合理性の欠け  理智に欠け  人となりに欠け  俳優陣に最も欠け  小説類に全く欠け  科学的智識に欠け  汚れ鼻が欠け  月が満ちたり欠け  鼻の打欠け  道に欠け  天道に欠け  南側だけが欠け  面魂に欠け  完全に欠け  勇気の欠け  常識が欠け  満月では無くて欠け  十八日も欠け  如意宝珠なども少々欠け  気勢の欠け  契りを結んで一方の欠け  情味の欠け  主賓が欠け  態度には、欠け  浄らかな力も欠け  頭の欠け  親族会には欠け  実践的度胸に欠け  叙情的気分に欠け  純一との欠け  手が欠け  本物も欠け  本物が欠け  頂がぽくりと欠け  御供にもついぞ欠け  娘に欠け  一人も欠け  女らしさに欠け  今まで欠け  ところが欠け  さへ欠け  日本演劇に最も欠け  同様に最も欠け  彼等に欠け  感覚にも欠け  読者に欠け  彼に幾分欠け  用意は欠け  清らかさに欠け  方略にも欠け  全体性に欠け  於て欠け  スウィート・ホームに欠け  そこでは欠け  理論が欠け  併し最も欠け  これが欠け  リアリズムが欠け  公知に欠け  能力において欠け  力においても欠け  性格が欠け  道も、欠け  像が欠け  恐怖感に欠け  宴会には、欠け  芸術的描写が欠け  注意が欠け  自覚が欠け  日本に、欠け  能力に欠け  隅々で欠け  縁の欠け  築山や、欠け  歯も欠け  前歯の欠け  センスの欠け  気魄の欠け  何か知ら欠け  切尖の欠け  含蓄には欠け  点に欠け  社会には欠け  櫛の欠け  手紙が欠け  手紙の欠け  のだから、欠け  素質には欠け  顔は欠け  一つである指南力に欠け  異様に欠け  欠けかたまたは欠け  武士に欠け  襟度が欠け  気象が欠け  燃えさし、欠け  明が欠け  二百にも欠け  色彩の欠け  天意か知らず、いつの間にか欠け  人類愛が欠け  ここに欠け  修練も欠け  けが、欠け  吐露は欠け  さはやや欠け  それが欠け  何が欠け  可なり欠け  自信に欠け  ねずみに食われて欠け  統一には欠け  決断に欠け  無慙に欠け  筑前人には欠け  蓴菜を入れ欠け  観念が欠け  観念の欠け  一部分が欠け  わしが欠け  青年教育に欠け  百五十人がやや欠け  当初から食糧政策には欠け  五百人に少し欠け  どこか欠け  統御に欠け  凄味が欠け  爪が少し欠け  さには欠け  準備に欠け  訓練の欠け  明にはすこし欠け  条件にまだ欠け  重吉こそ欠け  暮しに欠け  どこかで欠け  菊は欠け  ほうへ向いて欠け  一紙に欠け  和の欠け  決断力に欠け  素質が欠け  雲霧が欠け  一文も欠け  愛に欠け  空気が欠け  手練の欠け  スティヴンスンに欠け  非常に欠け  方法が欠け  少年にだけ欠け  素養が欠け  礼に欠け  多分に欠け  午餐に欠け  附記して単に欠け  調和が欠け  肉体的活力が欠け  彼らには欠け  彼には欠け  知力が欠け  心が欠け  瓦鉢の欠け  上、欠け  直感に欠け  何処かに欠け  趣味性の欠け  二つは欠け  三十円は欠け  熱意とが欠け  驚きや怖れが欠け  妥当性は欠け  村会議員には欠け  把握が欠け  手だけ欠け  紀子には欠け  而もその欠け  雑誌に、その欠け  中に欠け  連中に欠け  道徳に欠け  三分の一ほど欠け  なる子とが欠け  批評的精神が欠け  権威が欠け  招待に欠け  趣味は欠け  知力は欠け  中間のものもまったく欠け  彼らに最も欠け  活気が欠け  芸術に欠け  彼らに欠け  訓練が欠け  父親の老いた、疲れきってすぐ欠け  家庭に欠け  方に欠け  準備が欠け  念は欠け  慎みとがひどく欠け  ところは欠け  情味に欠け  端厳さなどは欠け  意味では欠け  同情の欠け  誠実の欠け  現在では欠け  点は欠け  潤いが欠け  さの欠け  不揃いに欠け  本来的に欠け  好意の欠け  プロレタリア文学運動として欠け  美に欠け  声が欠け  心理的知力が欠け  それの欠け  人に欠け  好奇心にひどく欠け  同情心の欠け  昔から真実の欠け  生活能力の欠け  寛大さの欠け  先に欠け  一味の欠け  趣味には欠け  自由の欠け  山名を欠け  同情心が欠け  人情味に欠け  義務が欠け  彼女に欠け  支持も欠け  芸術的感情の欠け  優雅は欠け  堅固さが欠け  歯は欠け  資格の欠け  素養に欠け  近代日本文学に最も欠け  思慮の欠け  同情心に欠け  能力の欠け  余に欠け  ものが全く欠け  落着きに欠け  最初から真実が欠け  認識が欠け  七斤は欠け  太陽の光が欠け  案内者が欠け  勇気が欠け  人々が欠け  常識の欠け  意力が欠け  意志が欠け  充実が欠け  生気の欠け  自然科学的進歩が欠け  イデオロギー的構造が欠け  設備に欠け  詩情が欠け  慰藉とに欠け  生活に欠け  懸念などが、欠け  熱情に欠け  安楽さがまったく欠け  ペタは欠け  駄夫は暫く睨んでゐて、欠け  地蔵尊者の欠け  絶対媒介が欠け  気魄に欠け  物が欠け  甚しく欠け  婦人に全く欠け  力が欠け  先天的に欠け  日本人には欠け  色彩が全然欠け  神が欠け  現実が欠け  なかに欠け  斬新さが欠け  意力の欠け  バネが欠け  力に欠け  そこに欠け  読書欲の全く欠け  顔など欠け  文が欠け  生気は欠け  情熱にも欠け  特に社交性に欠け  ものの欠け  資格も欠け  羞恥の欠け  義理を欠け  才が欠け  情趣に欠け  徳に欠け  さに欠け  理解が欠け  視覚の欠け  石段が欠け  口が欠け  判断が欠け  角が欠け  蓋が打欠け  先の欠け  一本も欠け  先がべたりと欠け  熱情もことごとく欠け  条件がまつたく欠け  土が欠け  報道に欠け  新聞にも欠け  移動性に欠け  歴史精神に欠け  同胞達に欠け  実行力も欠け  私の欠け  大地震にところどころ欠け  二箱を欠け  情熱に欠け  自分には欠け  ゆとりが欠け  表現力が実に欠け  冠が欠け  平静が欠け  説を欠け  強靭さが欠け  刃の欠け  柔軟性が欠け  中には欠け  スクータリーには何一つ欠け  熟練に欠け  実力が欠け  それが全く欠け  不幸にも欠け  鑑賞力の欠け  組織が欠け  根のくぼみに新しく欠け  なんの欠け  人間的感情が欠け  なつたが、まだ欠け  独立心の欠け  根本知識が欠け  人員はぽつりぽつりと欠け  職制はずいぶんと欠け  威厳に欠け  口の欠け  此一方は欠け  宿命として欠け  人間的感興の欠け  正に欠け  女らしささえ欠け  大切なものが欠け  房一には欠け  極度に欠け  無残に欠け  二つが欠け  反省力が欠け  まん中から半分ほど欠け  一隅が少し欠け  天真さに欠け  統一の欠け  性的魅力に欠け  条件に欠け  そうな欠け  ホヤの欠け  いま最も欠け  観念に全く欠け  額が少し欠け  認識の欠け  理解に欠け  半分以上も欠け  内容において欠け  一条件が、欠け  考え方が欠け  車は少し欠け  迫力は欠け  引立ちが欠け  石が欠け  あれほど欠け  夫婦に、なにか欠け  情合が欠け  彼にはまるで欠け  縁が欠け  働きが欠け  殆んど欠け  五穀が欠け  性的知識が欠け  政策もむろん欠け  硝子の欠け  愛が欠け  感覚が欠け  人間が欠け  歯でも欠け  関節から上が欠け  ボロボロに欠け  所が欠け  厭世思想に欠け  家に欠け  首は欠け  ことの欠け  あたりが欠け  水なり欠け  頭が欠け  気持ちに欠け  内面的存在性が欠け  実用主義に欠け  歴史性が欠け  徳が欠け  見方が欠け  両氏には欠け  間に欠け  世相に最も欠け  心棒が欠け  認識には欠け  意気に欠け  唯、欠け  朽目赤く欠け欠け  誘惑物なども欠け  手の欠け  手も欠け  たしかに手が欠け  私はその欠け  大変科学知識が欠け  胆力が、寧ろあまりに欠け  音がして、欠け  哲学的宗教的背景が欠け  荘重味に欠け  感受性が欠け  勢いが欠け  なかほどが、欠け  生活力が欠け  彼が全く欠け  描写は欠け  満月をすぎてわずかに欠け  ドッチかというと欠け  点では欠け  奇智奸計の全く欠け  無性に自信の欠け  義理さえ欠け  義理は欠け  地面らしく、欠け  統一が欠け  角質が忽ち、ポロリと欠け  統一性が欠け  忍耐心が欠け  明るみには欠け  光とが欠け  素質だけが欠け  人情に欠け  ところが少しでも欠け  僕には欠け  最後の鍵が欠け  ことが欠け  一節が欠け  根拠が欠け  そこが欠け  何物かが欠け  本で欠け  ギザギザに欠け  武芸者には欠け  相が欠け  礎や欠け  成就し、欠け  部分が欠け  マンナカの欠け  床を掃き、欠け  東京市長が欠け  信念の欠け  感激性に欠け  手足の欠け  耳朶が少し欠け  殆ど悉くに、欠け  之を欠け  相方のみ台さまが欠け  客も欠け  能に欠け  欠けに欠け  一隅が欠け  すみっこの欠け  十九人がひとり欠け  両者に欠け  われわれに欠け  質量は欠け  繋辞が欠け  わが国に欠け  腰をおろして、欠け  一方面が欠け  おもしろさに欠け  ものは欠け  つて訓練が欠け  人数に欠け  四肢胴体が欠け  手足が欠け  社会的観察力の欠け  余力の欠け  心理的観入の欠け  薬一つが欠け  何よりも欠け  礼が欠け  点において欠け  時代に欠け  努力が欠け  一本が欠け  意識が欠け  ものすら欠け  何の欠け  一つでも欠け  しなやかさに欠け  明に欠け  スペクタクル的要素が欠け  動作が欠け  先づ三百を欠け  リズムが欠け  心くばりの欠け  疎通の欠け  誰が欠け  つながりが欠け  深謀には欠け  流動性が欠け  光沢を欠け  合理性が欠け  あこがれが欠け  謙虚さが欠け  戯作性が欠け  商人に欠け  政治に欠け  感じがまるで欠け  惨苦は欠け  鼻も欠け  鼻の尖が少々、とれた、そげた、欠け  王様達に欠け  王様達には欠け  やうに欠け  研究的態度に欠け  用意に欠け  互助精神が欠け  土牛の欠け  戦から熱意が欠け  理解がおそろしく欠け  方法に欠け  立体感の欠け  一つとして欠け  日本歴史に欠け  富士川合戦前後にも欠け  史料には欠け  空想が欠け  予備知識が欠け  宇宙観に欠け  類が全く欠け  ふちの欠け  実感が欠け  定見の欠け  緊密さが欠け  火花の欠け  訓練の全く欠け  四万石が欠け  女優で、欠け  根柢裏づけが欠け  耳が欠け  アスファルト路の欠け  誠実は欠け  点も欠け  縁外の欠け  協同作用が欠け  解釈学に欠け  日記が欠け  

名詞

欠け[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
欠けでもあったらしいが  欠け落ちた男がいて  欠けを目標とした  欠け落ちたのは勿論後世の探検家に発見される  欠け落ちている  欠け落ちた大怪像スフィンクスの傍に住んでいた  欠け落ちたスフィンクス像よりほかにありませぬ  欠け古びた円柱の駢列をみるのみである  欠けになって残っていたが  欠け損じていない  欠けのビスケットと見る  欠けに欠けて  欠け崩れて深く窪んだ  欠けを拾って  欠け縮れた醜い耳を探し求めた  欠け縮れた醜い耳があった  欠けの月の淡い光りが  

~ 欠け[名詞]1
何か月の欠けでも  感じの欠け  鼻の欠け  月の盈ち欠けを  何事とも知らず欠け  一つとして欠け  一っ欠けの  力の欠け  猪口の欠けを  彼女の欠け  

~ 欠け[名詞]2
その欠け  

複合名詞
欠けら  欠け間  欠け椀  欠け跡  欠けかた  欠けみたい  欠け茶碗  欠け婆  鼻欠け地蔵  欠けたる  欠け口  欠け碗  欠けがち  



前後の言葉をピックアップ
香しくっ  懸け  欠け  欠けよ  懸けん  駈け  掛け  掛けよ  掛けれ  翔け


動詞をランダムでピックアップ
刈取っ行けん仰け反り与えろ下せ仕舞っ歪ま知らせる落合い縁付け酔えみづかはなさ憶え矯めん保と歩ま転び逃げ失せ
形容詞をランダムでピックアップ
痛う快けれいまだしかわいく恐ろしあしかれしげいなつかしかろとぼしから惨しかわいらしきくど古うとおし明るくっ冷た深う怪しけれすずし