「柔らか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 柔らか[形容詞]
さ柔らか  まり柔らか  いつも柔らか  白い柔らか  ない柔らか  近い柔らか  

~ 柔らか[形容詞]
皮膚の柔らか  水が柔らか  登美子の柔らか  浸蝕の柔らか  塗板の柔らか  動物の柔らか  もっと温みと柔らか  情緒的の柔らか  水の柔らか  毛の柔らか  形態上の柔らか  観念の柔らか  深みと柔らか  乳房の柔らか  芽立ちの柔らか  さと柔らか  肌の柔らか  さや柔らか  ひだの柔らか  こまやかさと柔らか  

柔らか[形容詞]
柔らかさ  柔らかそう  

名詞

柔らか[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
柔らかになった  柔らかな風の音を聞いた  柔らかな腰掛けにからだを投げて  柔らかな情緒の雰囲気につつまれる  柔らかにしかし確実にシールされる  柔らかな泥に吸われている  柔らかな泥に吸はれてゐる  柔らかなからだに触れて  柔らかな緑の色の重く濃くなる  柔らかな草の上に投げあげて  柔らかに絡みついた  柔らかな光をたたえながら  柔らかに照らしてはいるが  柔らかなものが足へ絡んだので  柔らかな保護を受けて  柔らかな岩をわざと切り崩した  柔らかで鮮やかで摘めば  柔らかな布地は引き裂かれてしまった  柔らかな日の光がにじんで  柔らかな足の指先に這ひ寄る  柔らかな惨忍なやうな美しさが私をよく喜ばしめました  柔らかな微笑みを浮かべた  柔らかで非常に感じ  柔らかなやさしいものを諒安によこしました  柔らかな頭をひたひたとさして  柔らかな実になってる  柔らかな初毛のはえた  柔らかに布いた  柔らかなる手に黄んだ柑子の皮を半割かせて  柔らかな若葉の膚へくい入って  柔らかな翳を持った  柔らかな日本風の彩色筆に含ませて  柔らかな私語く  柔らか向ふの  柔らかに包んだ  柔らかな頭に焼きつけるという  柔らかになったと思うと  柔らかな陽が射して参りました  柔らかな変化を以て最高音に導き  柔らかに見えた  柔らかに自我を通して来た  柔らかになる  柔らかな手で金色の砂をすくいました  柔らかな草の上を渡る  柔らかな肉を持たねばならぬ  柔らかに水がこの瀑のところを削った  柔らかな草の上に腰を下ろしました  柔らかになり  柔らかな曇りがある  柔らかな白い首筋の線がのび  柔らかな潤いをもっている  柔らかな風がそのカーテンの裾をなぶって  柔らかな腰の線に見惚れて  柔らかな長い衣物に包まれている  柔らかな土間の上へ白い石灰で竪穴の形が鮮やかに描かれていた  柔らかな肌に押し  柔らかにぐたりと崩れた  柔らかであるというようなことのみ聞かされていました  柔らかにし  柔らかに撫でて往く  柔らかに彼女の眼が光って  柔らかになりました  柔らかな靴をはいていた  柔らかな靴をはいてゐた  柔らかな肢体を抱きあげた  柔らかな感じを持った  柔らかな手をしている  柔らかな目をそそいで  柔らかに移り変っている  柔らかな幸福には生れて  柔らかな風が吹いてゐた  柔らかな変化は含まれている  柔らかにつつんで  柔らかに揺ぐ  柔らかなすあしは鋭い鋭い瑪瑙のかけらをふみ燃えあがる  柔らかな皮やいろんなものをたべて  柔らかな泥の上へまっさかさまに抛り出した  柔らかな指先で脂ぎった  柔らかにお由にいいました  柔らかな風になでられて  柔らかな葉を動かしてゐる  柔らかな雰囲気がいつしか私の心に染み込んでいたかも知れない  柔らかな水みなしずかにそれを享楽する  柔らかな青色の東方に向って  柔らかな若葉に覆われようとしている  柔らかな調子はずれの響きで耳を楽しませていた  柔らかな楽句の中に身を浸す  柔らかになるといけませんから  柔らかな瓜実顔をその中に横たえている  柔らかに丁寧になった  柔らかに我女の書斎を訪れしも  柔らかで憂鬱な霧の薄絹に包まれている  柔らかになっていた  柔らかにつぶれる  柔らかに弾く  柔らかな源氏の衣摺れの  柔らかな魅力があって  柔らかに着なした  柔らかにあるいはむしろ愉快そうにも見えた  柔らかに美しく感ぜられた  柔らかに見せている  柔らかに心が持てない  柔らかな調子でものを言う  柔らかな白を幾枚か重ねたからだつき  柔らかにみじろぎをして  柔らかに弱々しくいらっしゃって  柔らかに寄りかかっている  柔らかに言っていた  柔らかな調子のとてもいい  柔らかな感じのする  柔らかな光が彼を抱き包んだ  柔らかな輝きを見せている  柔らかに着馴らされた  柔らかな棗の木の陰から木曾川の光って見える  柔らかな性質は頼もしくないものであるとお考えになると  柔らかに身じろぎなどをあそばす  柔らかに大将の官能を刺激する  柔らかな気のする  柔らかな姿が顔を引き立てて  柔らかな感じなどは失って  柔らかに比喩をお用いになったりなどして  柔らかな地質の美しい夜着を被け  柔らかなその御動作に従って立つ  柔らかなのを身につけ夜着は少し下へ押しやってある  柔らかな嫋々たる美というものは故人に劣っていると  柔らかで愛嬌があって  柔らかになつかしいふうに説いて  柔らかなおおよう過ぎたほどの  柔らかな趣を持ち  柔らかな姫君と見えるが  柔らかすぎると云われた  柔らかな草がいちめんでその処々にあやしい赤や白のぶちぶちの  柔らかな手もて蛇の体を押し上げて  柔らかな縺れとな  柔らかな色と色との交錯した  柔らかな肌に感じたばかりでなく  柔らかな女の体が傍に在る  柔らかに言う  柔らかに噛んだ  柔らかになりかけた  柔らかな着物の色がいずれも周囲の天然によく調和していた  柔らかにしたり  柔らかな薄紅色にそよいでゐる  柔らかにふくよかな言語情調で包んだ  柔らかに炊けすぎて丸め  柔らかに過ぎた  柔らかな感触を感じさせる  柔らかにはするが  柔らかに局部へ応える  柔らかな鏡のようになると  柔らかになってくる  柔らかな調子がよく出てゐる  柔らかな肉づきによつて造られてゐたが  柔らかな羅に包んで  柔らかな胸の中に抱かれる  柔らかなら花床よ私の涙をしっとりと吸い  柔らかで素質も充分あったので  柔らかな新らしい蒲團が長く敷いて  柔らかな全辺葉を互生し  柔らかに武蔵野の森に続いていた  柔らかな赤茶色に光って見える  柔らかに湾曲している  柔らかな緑をしている  柔らかな頬を無理に私の顔に押しつけたり  柔らかな風が花のいい香りを送ってきますので  柔らかな大曲りをして消える  柔らかに影してぞゆく  柔らかなる日ざしに  柔らかな絨壇の上に上って  柔らかにしてから  柔らかに赤いふとんかけている  柔らかな葉がいっ  柔らかに言った  柔らかに私の体を包んでいる  柔らかな少年らしさは私に励しとなります  柔らかな萼をうるませ  柔らかな女の子のはだしの足の裏に快く吸いついた  柔らかな葉蔭から覗いている  柔らかに抑えていた  柔らかに吸ひこみ  柔らかに垂れている  柔らかな衣といい  柔らかなうねり  柔らかにひだをとられた  柔らかな円味を遺憾なく現わしている  柔らかに膝を包んで  柔らかではありながら  柔らかに現われてくる  柔らかなふわふわした  柔らかに絡みつく  柔らかな白い円い石を見ました  柔らかで砥石にはならなかったかも知れませんが  柔らかな両手の中で少し動かした  

~ 柔らか[名詞]1
手障りの柔らか  草を超えて吹く柔らか  ように柔らか  ような柔らか  肉が柔らか  足が柔らか  割合に柔らか  岸の柔らか  何か柔らかに  物ごしが柔らか  あたりを柔らかに  黄昏の柔らか  崖が柔らか  緑が柔らか  やうな柔らか  ほんとうの柔らか  感慨や柔らか  乳いろの柔らか  温かで柔らか  演壇に立っての柔らか  二本の柔らか  水銀白を柔らかに  非常に柔らか  やうに柔らか  人あたりの柔らか  草は柔らか  絹紗で柔らかに  皮膚の柔らか  ものの柔らか  変に柔らか  ごこちの柔らか  様に柔らかに  自身すらいとおしんで居た柔らか  んで居た柔らか  骨は柔らかに  骨が柔らか  髮は柔らか  膨張しているから柔らか  ように柔らかに  東洋的な柔らか  裡から柔らか  飯は柔らか  加うるに柔らか  芝生を撫でて来る柔らか  胸や柔らか  霧ともつかぬ柔らか  体は柔らかに  物事に柔らか  欲を柔らかに  上を柔らかに  彼女の柔らか  気も柔らかに  上に柔らか  娘の柔らか  清楚で柔らか  ひかりも柔らかに  梢へと柔らかに  うわべは柔らかでも  日ざしの柔らか  鋼青から柔らか  これほど柔らか  人を柔らかに  木の柔らか  あとは柔らか  水際の柔らか  桃色をした柔らか  とくに柔らかに  川の柔らか  細分された柔らか  展けゆく柔らか  雪が柔らかに  輪郭の柔らか  太陽の柔らか  ようももの柔らかに  手燭の柔らか  湿気を含んで柔らか  ライブラリーも柔らか  女の柔らかに  気持ちの柔らか  着古して柔らかに  様子が柔らかに  夫人は柔らかに  緑も柔らか  心も柔らか  鼓を打ってするよりも柔らか  中での柔らか  服の柔らか  闖入者を柔らかに  夫人は柔らか  助を柔らか  まっ青な柔らか  不思議に柔らか  肌の柔らか  人触りの柔らか  奇妙な柔らか  瑠璃鳥の柔らか  雰囲気を柔らかには  急に柔らかに  石質が柔らか  内外ともに柔らか  肌を柔らか  土が柔らか  唇の柔らか  舌は柔らか  程に柔らか  ツくりと柔らか  左胴まで柔らかに  何時しらず柔らかに  草原みたいな柔らか  情に柔らか  顔を柔らかに  息づかいも柔らかに  新らしい柔らか  お河童にした柔らか  私はもの柔らかに  何かしらもの柔らか  心の柔らか  実が柔らか  それを柔らかに  ひと葉ひと葉に柔らかに  衣文の柔らか  下肢に添うて柔らかに  ほのかに浮き出た柔らか  壁との柔らか  微妙に柔らか  濃淡で柔らかに  細やかに柔らかに  夢を柔らか  やうに柔らかに  女の柔らか  

~ 柔らか[名詞]2
良く柔らか  実に柔らか  実際柔らか  こんなに柔らか  愛らしい柔らか  その柔らか  ぽい柔らか  厚ぼったい柔らか  もう柔らか  白く柔らか  軽い柔らか  もっと柔らか  細かい柔らか  そのまま柔らか  自ずと柔らか  白い柔らか  あの柔らか  細く柔らか  円く柔らか  大きな柔らか  近々と柔らか  細い柔らか  こんな柔らか  濃く柔らか  ふたたび柔らか  広い柔らか  いとも柔らか  暖かく柔らか  たいそう柔らか  少し柔らか  弱く柔らか  あまりに柔らか  なつかしい柔らか  この柔らか  美しい柔らか  淡く柔らか  いかにも柔らか  やっと柔らか  すこし柔らか  厚い柔らか  黒く柔らか  やがて柔らか  紅い柔らか  あんまり柔らか  

複合名詞
つて柔らか  代り柔らか  そのもの柔らか  ぐあいはたしかにこのほうが柔らか  ことば柔らか  もの柔らか  へん柔らか  丸み柔らか  柔らか味  かお手柔らか  手柔らか  水柔らか  位柔らか  ベタ柔らか  五十二柔らか  



前後の言葉をピックアップ
やわらい  和らい  軟か  軟らか  軟らか  やわらか  柔か  柔らか  ヤワラカ  軟かい


動詞をランダムでピックアップ
坐りこま掻き消え寄らよみくらべ超えよ託す勤まっ心得よしのいとばしり洗えとりやめききおいそよがし佩か繁りあてはまりへらすせしめよすぎさっ
形容詞をランダムでピックアップ
めずらし弛き歯がゆい堪難き数多いそぐわなかっこちた見よき物物しく高くすがすがしけれねむ気疎くなまっちろい多く口喧しく甘ったるくつゆけき早かっ