「果」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
果熟し小河には木の葉みちたりいかにおもう  果に利国はふいと  果なりとも身を隠し  果にある  果は和りと痛まぬ  果は前足で口の端を引掻く  果は血気に任せて  果は下女の担任であった靴磨きをも私の役に振替えられて  果は思う  果はパッと拡げた  果は松の方へ膝を向けて  果を食って  果は殴  果は藕の糸のようになって  果から果へ市場をあさり  果はいづくぞ  果には思切った戯れを演じてみる  果は困じて  果の思いつきに依り  果だとしか思はない  果に翻つては飛んで行く  果迄響く  果まで響く  果まで旅行して  果もなくとぐろを卷いて  果がこれであらうか  果に馬を駆れば  果もなく続く  果しなくはろばろいかなれば  果だというような心持になる  果に追いやった  果と見る  果の出来事と申す  果なき流浪の旅に上る  果しなくつづいた  果しない挨拶が低い聲でささやかれる  果にまだお寺があるだらうし  果もなく次から次と蜒り合つた山脈が見えて  果だのいう  果の雫く  果は知らず  果をその繊細な茎の先きに結んで  果合いを申込んだ  果に向き変ってしまう  果を剥く  果はうち泣く  果にむくむく盛り  果の山寺住ひであるにしても  果しない寂しい心になって  果は狂人のようになった  果の汁を吸ふ  果へ行く  果まで行きたいと  果なくおっかぶさった  果なくおつかぶさつた  果から殺そうとして  果を結んだ  果に等しい小国にいながら  果は京都の町家の女子衆も一人あまさず  果無さとに堪えかねて  果が霧になって  果しなく猶予っている  果を拾ひて  果が軍閥の暴挙となつて今日の事態をまねくに  果に何か秘密でも見出さんとするごとく  果に到れば  果に向い  果は一大断崖にて船もしそこに至れば  果の断崖なると  果には行きたくなし  果に向って走りつつあるなり  果には一大氷山ありと云う  果ははやまぢかなり  果に達し  果に来りて  果よりふたたび人間世界に帰らんとするならば  果に押し流されし  果の空の大熊星とよばれる  果の飛ぶ  果を勝れたりとす  果を得ず  果を求むる  果しすることが出来ず  果へ行ったって  果を受ける  果が廻り合せて来ます  果とを同時に持つて居る  果を蔽ふ  果までも行つて見たいと思ひ立つてゐたので  果へ引揚げて行く  果はどうなる  果わ悔しまぎれに良くない了簡を起しました  果から覚束なく響いて来る  果は本夫の殿様さえも碌々に詞を交さぬ  果に力も尽きて  果のはぜた  果は双方打擲に及び剰へ  果を見る  果によって新に悪因をつくる  果なきさだめ  果は空吹く  果を得たと言う  果のない空の他の部分と区切りをつけて居る  果を収めるらしいという  果あり今日ある  果までも行った  果もなく帆かけて行く  果がなりや  果は刃物三昧にでもなり  果に沈んで行く  果もある  果までも漕附けた  果まで駈けだし  果を眺める  果放なき便りに令孃のうはさ耳にして  果は物言はず泣のみ成りしが  果しないのに失望した  果の干した  果しなく組違へた材木が並べてあるが  果の土になる  果から田舎人の訛声にまで唄われる  果を結ぶ  果から果まで響き渡った  果から焼ける  果しない嘆息を繰返してゆく  果から果へ歩く  果じゃア無いかと思って  果じゃがら万事に届く  果で有ろうと  果る事があれば  果は胡坐かいて  果がなっています  果がなつてゐます  果ないものだと思った  果をも結び得る  果を歎いて  果が逆上をしたに  果迄輝いて居りまする  果がありません  果である雑木山の上に横たわっていた  果から果へと伝って参ります  果を知らぬ奢  果もなく不安に沈み  果に自我の閃光とその発見を賭ける  果を得て  果は勘定の仕振などに就いてまで  果の島に落ちのびた  果しなく絡み合って  果に気づいてみると  果は彼らの身体が雨戸にぶつつかり  果に死んでしまっても  果もなく彷徨う悲しい宿命がそこから生じている  果は鶴原家の耳にも入る  果取らないって代物なんでして  果に三太夫を口説きに寄越すなんていふ  果もない旅のつくつくぼうしへうへうとして水を味ふ落ちかかる  果もなくさまよひあるいてゐたが  果にたつた  果は踏臺を持つて  果若くは他の事變をも合せて  果なきさまいかなるべき  果は最終の言葉を出  果と思う  果しない天地を想う  果もなく恍惚として拡がって行く  果つべしとも分らない  果もない雪の原がある  果もなく単調な無事を表しているだけである  果は扁桃腺を腫らしたりなどした  果までは行き付かなかつた  果は独言となる  果迄を籠めて居る  果で難船した  果に集った  果は大笑いをしたが  果は手を上げる  果た實際家であらうと  果なく拡がるであらう  果もの鉢と水差しを持って入って来た  果の作略を証拠立てている  果もの以上に蠱惑的なものがあるらしいです  果の豊饒を親しく見聞して来た  果は自分の名誉に関係する  果となって  果は雑事までも留めるに到つた  果を啄んでゐる  果が澤山地上に落ち  果とをよばれて  果の外皮を剥いた  果は空の中につき入り  果を啄んでいる  果が沢山地上に落ち  果にこういう席のわり当ての還暦の祝を催されたとしたら  果もない波の原を分けて行く  果しなく見えた  果を作る  果た又無名の一野老なるも  果しない海を前にして  果に青く布を敷いた  果た顏を仰向け  果を見ず  果なさを感じさせるばかりだった  果でこんな雑誌をだした  果に見出した  果まで至る  果に大そう御機嫌を害ねて  果を訪い  果たる家ありけり  果は涙を流して見送るより  果取らないというモドカシさが有った  果までも分布して  果は夥しい哉渦く  果までも引っ提げて行こうほどの  果はわがいる  果が鈴なりに成った  果知れぬ八ツ橋の状に視  果は疑うに止らで  果もない大洋のかなたから押し寄せて砕けて  果まで通らねばならぬ  果は蒲団にまで寒かったのは心得ぬ  果は一人もあらずなりて  果にいつて  果たる家有りけり  果にまで走ろうとしても  果しなくそれを続けて  果まで逃げても  果無く思われ  果の色だけがふしぎと生ま  果しないものの中に身体ごと足を踏みこんでゐる  果に私が見出さねばならぬ  果にどっかへ誘き出して殺して  果は恐ろしい呪いの言葉を吐きかけるに至った  果は彼を侮蔑し罵る  果は遥な戸外二階の突外れの角あたりと覚しかった  果は涙になるばかり  果は病氣になり  果にてあはれかの国のはてにて酒のみきかなしみの滓を啜るごとくに  果を結ばざるが  果に身に数発の敵弾をうけ  果にただよう  果を盗み過ぎて  果を食い  果合いがある  果にして  果までうねつてゐた  果を水煙りの  果が隠れているらしいという  果が群がり生る  果なさを説き  果が孕ませて  果はその育ち工合はなかなか貴とげなきっと人にたっとばれる  果しなく疲れていった  果もない波だけが見えてゐるが  果が他の妻君と一緒に駈け  果しない耕地にトラクターが進んでゆく  果もの屋の溝板の上には抛り出した  果はいずれ放水路の堤に行き当っているに  果無い最期をとげてしまったという  果しなくつづく  果を結び  果つとも見えなかった  果は自分の胸の痞も押さ  果は寝転びながら  果の丘陵に紫の影を落す  果しなされ  果かわかりやしない  果無いものを見た  果まで響いて  果なんかなし  果に蒸気が立つて  果な智恵を以て未来の事を考えても  果な心から窃に不平を起した  果な理想から申しましたら  果は極て神聖なる恋愛に迄進みぬ  果に上から切腹を申渡され  果のヤケクソとしか理解できない  果が生ずるがごとく考えて  果を見よ  果を知らんと欲せば  果に至る  果より因に向かう  果にまで及んでいる  果に流浪して  果なくないとも申されまいな  果しなく見入りぬる  果つべしとも思われぬ  果にあり  果は復旧の古巣に還る  果もなくひろがる  果つつ身分じゃけんねえ  果迄見渡しても  果は目を瞑って  果は薄の裳になって  果に故郷がある  果なき夜の暗さを引いたが  果しない空想に迷い込んでは  果かなく少女時代の夢のように泡立つ  果に行くと  果から南は長門の小串の尖まで  果へ出かけて行く  果よりもっと遠くへ自分がやがて行く  果は紙を張つて純然たる花傘となし  果が細君は生まれて  果た僕の心臓を次第に破って  果た身体を起して  果に霧を展いて  果に出た  果まで手を伸ばしている  果まで推しかける  果知れぬ空虚の底に我身を打沈めてしまいたい  果知れぬ淋しさに襲われたり致します  果からも美人がおしかけておりますけれど  果はその顔を見定めると  果から吹いて来る  果た女がドリアンに呼びかけた  果は狂気の如くに泣いた  果は憤りを発して打ち  果しもなくぼんやりした  果にその身の恥をのめのめと明るみに曝されて  果なく拡がった  果に当って  果はとうとう屋形のうしろの断崖から突き落されてこと切れた  果に別れたが  果はフンといふやうな態度を示すに至った  果しなく鈍く蛇動し  果に僅かなはずみに刃を合わす  果の新星の中では起っている  果の情熱の戀さへそれと知ら  果に本の荷箱と一緒に荷って放り出された  果つべかりし  果を小兒等の吸ふよりも  果と知れるかノ  果も知らず  果を結んで  果を送り  果は片足進みて  果は取乱して  果知れぬ曠野が今にもまっ二つに裂けて  果しなくつづいている  果にほほえむ  果しなく斯んな事を思ひ続けて居ると  果つべしとも見えない  果に崩御あらせられた  果もなく魂は沙漠の雨に踏み  果しない沼は氷に陰くらく脈うつ影法師は永遠の嘆きをさまよひあるく  果がない水に浸されて  果がない私の追憶は何時の間にか白い餌魚を沈めてゐる  果に眞實な産聲をあげて  果は分りません  果の真赤の雲の間には光芒四射する  果を収める  果を結ぶと知れ  果もなく續く  果に漂ひ寄つたとしても  果を分つに  果よりも葉を嗜み  果を供え  果は恰も悲しみに堪へざるものの如く  果は何處とも知らざれば  果を破る  果から広々と野面を渡る  果かと思はれる  果しない彷徨に蒼ざめて航路を見失ふた  果にもはや国は無いやうな心細さの湧いてくる  果の故郷へたどり着く  果に横はる  果つかなしからずや  果ぞやさしや年もうら若くまだ初恋のまじり  果もなく現代文学を崩壊させた  果は祝福のうけ  果しない未来をもって  果からでも来た  果の船頭宿から女たちを連れだした  果しなく粗悪な紙を左に見  果しれぬ憂鬱どこに行っても  果から母とお光が軍曹に殺ろされる  果もわからない  果を知らず  果をなぐさめ得なば  果は互いに思い思われ  果は身の置き  果はその消息さえ絶え  果はその子にまで無限の苦痛を嘗めし  果には入日の雲が焼残って  果から果をうろついている  果に行けなかったなんて  果がとうとう露人の病院に入院して  果もなく一面に銀泥を刷いた  果で偉大で熱烈であるのだと思はずにゐられなかつた  果が葉蔭にいくつものぞき出てゐた  果ない気持ちはありません  果に染まない  果の紐が結びつけられていまして  果ない手ではありません  果の理というのはどういうことかと言いますと  果を生じさせます  果を生じます  果ともなっております  果とをもって  果は踏張の栓が一度にどっと抜けて  果はあられも  果の廂の処では天窓に支え  果のつかぬ  果が無いから肝を据えた  果は峰も山も一斉に揺いだ  果は間を隔てていても  果を想像しないまでも  果の廂の処では天窓に支へさ  果は峯も山も一斉に揺いだ  果は怨めしくもなるに  果もなくひろがつてゆくのに  果を知る  果にうつされた  果のない水底の暗闇へ沈む思ひがしたので  果つべきものとは思はれない  果つるところに旧りたる  果から帰つてきた  果知れぬ闇のただなかであることが分つてきた  果から果まで遊行する  果とも知らず  果のない駈けめぐりの  果の下等な薄汚いお色気だけのせいであったのかも知れない  果までも旅したという  果は自分に訊く  果は匙を投げて  果には泥舟に乗せられて殺されるといふ  果はあるが  果をFigと呼ばれる  果の内部に小花が填  果が今日のようにならん  果の優秀な改良種も来ている  果のように嘗め  果には泥舟に乘せられて殺されるといふ  果とも称える  果は作法をも打忘れて  果は手ずから短刀を授けたかも知れません  果もない空想に耽っていた  果もない疑いにぶつかった  果が報いられずして  果に君は何になると尋ねるから  果が一つもない時候になつたつて  果がある  果へと揺られて行った  果つべくも見えない  果の生る  果のフレップと紫の果のトリップとが一円に野生していて  果までも従って行き  果には鬱然たる森が有つて其森から手を出した  果に殺された  果ともわからない  果に突立っている  果は身慄いした  果のうれ  果は草に落ち  果はやはらかき  果をとりて泣く  果の熟る木の枝に籠とともに下げられて泣きてゐたりしなど  果の黄色いかがやき  果の萬年青を置いて  果には涙をながして  果の細工物となり  果しない文化の中に生活しながら  果もなく流れ動く  果は縁組みをして  果も紫水晶のようになり  果やはりチェイン・ローが善いという事になった  果へ出て来ただよ  果の味を想像する  果は翼の下に首をかくし  果しなく大きな陰影がおどろおどろしく山々を翳してゆく  果ない最期を遂げようとは  果しない気紛れにその衣裳を次ぎ次ぎと取り棄てては  果しなく青ずむ方へ眼をあげながらつづけた  果しなくひろげかけたる  果つべくも見え申さず  果に絞殺事件が発生したと伝えられる  果を感じられるよろこびという  果から沖縄の先まで見ますと氷りついている  果の量を減らして  果か地獄のような気がする  果に追いだされた  果が生ずる  果は笑いとこそなりたれ  果は怖気立ちて  果は懐しくなりて  果は数室に分かれている  果に住んでゐる  果には礼拝の中に身の優越を見出す  果を摘むを  果またその根なる至上の善にあらず  果によらざれば  果ある一本の木を見たればなり  果のある  果を喰へり  果を食はざりせば  果を食べる  果に於ける如く  果は芝生に大の字形に寝て仕舞い  果無き幻にをはる  果が因を生み  果となり  果はどうしてこんな災難に遇った  果を技藝に結ばずして破  果を己が眠れる  果には及ばじ  果として殘し  果に就いて  果をくらへる  果を摘みて  果より果にいたるまで  果のような口調で言った  果だといつて好んで  果はあり余る  果しない追憶に耽るので  果知らぬ水底の砂原を北へ向かって歩み続けた  果に彼と夫人との間にできた  果を生ずべき  果が佳良ならざる  果と樹は相交互循環しては  果を受けて居る  果を收むるとは限らぬが  果のしたたり盗みて食う  果なき人世に露の如き命を貪つて  果なき人生に露のごとき命を貪って  果しなく言い募る  果しない旅を伊太利方面に向けて  果まで送っても  果は夫人の逆上という事になり  果を指して  

~ 果[名詞]1
揚句の果に  何処の果なりとも  空想は果  坂路の果に  旅は果も  エデンの果を  地球の果から  さすらひの果は  抗しての果の  若は果は  荒飲の果の  出来損つた子供の成れの果  空の果に  心は果  野の果に  此方の果迄  こっちの果まで  世界の果まで  収穫の果が  砂塵たちけぶる果に  思い出は果も  水は果  世の中から捨てられた成れの果  東国の果に  歳の果から  冬の果と  色恋の果の  社交クラブは果  うして果  續いた果に  北の方には果も  痴情の果  梨の果の  われの果は  声の果  ような果を  地の果に  武蔵に果  慶三郎のなれの果では  宇宙の果に  心地して困じて果は  雑木林の果に  食ひつめた果の  それらの果  成の果  石榴の果の  世界の果への  世界の果へ  処の果まで  痴情の果から  於て果を  極地の果に  挙句の果に  念と果  里の果  護摩の果が  それへ果も  秋は果を  あげくの果が  地球の果に  人間の行くあたわざる果に  地球の果は  地球の果の  地球の果には  地球の果より  へん地球の果の  地球の果において  北の果の  蓮の果の  苦痛の果を  流の果を  林中に果を  どこの果へ  花と果とを  性の果を  山陰道の果までも  空の果へ  身は果は  あっちの果から  唐天竺の果までも  ざくろの果の  其味方をなし果は  おのが果  揚句の果は  悪名の果  田舎の果でも  海を果も  かなたの果に  花が咲く果が  花も果も  北千島の果までも  地の果まで  煙の果を  循環して果  プリュウンという果の  原っぱの果の  どこかの果の  市井の果から  長崎の果の  何うせ果は  美き果を  列車の果から  西の果から  永遠に果  牧場の果から  屹度苦労人の果  御苦労の果じゃ  お前苦労人の果  苦労の果じゃ  苦労人の果  坊主の果で  揚句の果の  真間川の果も  緑との果が  身の果を  四海の果迄  情慾の果の  向うの果  天の果から  苦心の果  賭の果に  因を蒔いて果を  半島の果の  遊びの果に  愛を求めて果も  騒ぎをやらかした果に  読書の果に  海の果と  考えつめた果の  擧句の果は  島の果  島の果までは  世の果  奥州の果迄を  世界の果で  辛苦の果に  青田は果  學者であらうと果  それは果  意慾の果の  何か果もの  海の果の  因となり果と  ぼろぼろになり果  紫色の果を  麺麭の果が  蛸樹の果とを  椰子の果の  画業何十年かの果に  地の果も  枝に果  此の果  あげくの果は  衰へ果  疲労の果か  幾千里なるや果を  なんの困果で  現実におそいかかって来る果  自責の果  思索の果に  南海の果  南海の果の  胡桃の果が  奥州の果まで  因あり果  金色の果  それ者の果  小野小町のなれの果を  のは果もの  奥羽の果までも  痴情の果では  痴戯の果  地獄の果までも  三昧の果  ような果が  智慧の果でも  月にかけた果  世のなれる果の  虎の巻とし果は  麻布の果には  つてぞ果に  滝が成れの果  武家の果  北の果まで  高原の果に  地球の果にまで  掛りを附けて討ち果  茫漠とした果  お嬢さんの果  ゃるくらい御苦労の果  会ひき国の果にて  あわで果  桜花は果を  奮戦の果に  黄麻畑の果に  渺々として果  知恵の果を  泥酔の果の  割腹し果  男十三人と果  旅の果に  川下へ見霞む果まで  眼界の果を  人の成れの果が  羽毛状の痩せた果が  蚊帳の果  戦乱の果  揚句の果が  梨の果は  文明の果の  成就の果を  ぶつぶつはいつ果  ここに果  ッ端連の成れの果は  青空市場のなれの果  思想の果の  上に果は  広野の果の  何の困果か  急に果  身のなる果を  千里の果も  四国の果にも  海の果まで  ままに別れ果なんか  地平の果に  広野の果を  絶望の果の  直接に果が  現在の果を  未来の果を  因より果に  津軽の果にまで  筑紫の果に  ように果  難波の果ぞ  おもいでは果も  中で果つつ  街道の果迄  事柄や果  奥羽の果に  半島の果から  一月の果を  世界の果より  眼には疲れ果  城下の果に  野の果の  南海の果まで  北海道の果からも  曠野の果から  ところに居合せた窶れ果  合理化の極まる果は  天才の成れの果  因は果を  やうな果しも  因と果との  省線は果  海の果に  ツトメの果  東西の果に  卒塔婆小町の成れの果  嶮しく果は  あげくの果  宇宙の果の  生死の果の  三年の果に  精神的絶え果  林檎の果を  ガリスの果と  澎洋として果も  粋の果を  花漬売と果は  思いの叶う果の  廊下の果の  桑ばかり果  先年西海の果に  中に果も  狼はゆく果  闇黒のほのめきには果が  風には果が  世界の果に  挙句の果は  のか果は  大空の果の  どこかの果に  その道の果は  遊びて果を  二人に果を  猴と異なり果よりも  世の果は  武士の果  我輩腹中の果を  さらぼうた成れの果かと  津軽の果の  船路の果に  ために果  身の果ぞ  婦人民主クラブは果  由は果  北の果からでも  本土の果の  林檎の果の  廣野一面渺茫として果  成の果が  盡くる果を  つる身の果を  海の果には  九州の果から  あげくの果に  ような果  これが果  成長の果を  のが果  青葉と結んでいる果とを  いちじくの果よりも  座敷の果の  横断って見果の  國の果を  渡つて座敷の果の  横截つて見果の  茫と果も  恋心は果も  運命の果を  東の果に  心は果の  挙句の果の  旅の果から  南の果  天界を果から  ずくの果とも  悦びを忘れ果  長崎の果までも  あげくの果には  イチジクの果が  敢て果の  同意させ果は  渾然と漲りわたっていた果も  艱難を経た果が  花より果が  樣に果が  花が咲いて果を  田舎の果へと  感興成っていつ果  紫の果の  砂漠の果までも  想ひの果  土手の果には  拷問の果に  どこが果とも  大石小石の果も  木の果はや  Ikuriの果は  菜の果を  秘密桑の果の  桑の果の  BALL柚子の果が  柚子の果が  ザボンの果の  朗吟の果には  苦吟の果の  微かながら果も  国の果の  身を果  烏羽玉の果の  葡萄の果も  揚句の果  目の果へ  禁斷の果の  やう俄に果  情痴の果に  千島の果から  国の果  苦痛の果の  地の果か  どこが果で  自愛の果には  幸の果  世に摘むをえざる果の  因たり果  三〇エヴァ禁斷の果を  禁斷の果を  花の果に  #西の果と  #一の果より  一切が果  因が果を  因が果と  狂はしむる果には  力は果に  禁斷の果に  裕に果を  教の果を  果より果に  過去の果  瞬間羞恥の果へ  遊びの果は  かぎりなく果  若干の果を  つて努力の生ずる果が  功を成し果を  枇杷の果の  身の果  ルパンは果  耕地の果を  冬構へなし果  

~ 果[名詞]2
紅き果  その果  浅果  其の果  遠い果  なかなか果  なく果  この果  大きい果  思わしく果  くさく果  こい果  よい果  大いなる果  只果  遂に果  荒涼と果  少し果  明るい果  いっそ果  いよよ果  青い果  世にも果  余りに果  もっと果  良果  紅い果  青き果  あかき果  赤い果  そんな果  善き果  良き果  甘き果  奇しき果  

複合名詞
果つる  果熟  の果  果死亡  極み果  果實  コロボックル果シテ北海道ニ住ミシヤ  果安・人  一ニセサルモノ果シテ幾何カアル國防ニ於テ既ニ  何時果  果亭  兒玉果亭  果つる所  果而勿矜  果而勿伐  果而勿驕  果而勿  果而勿強  後果  菜果  かぎり果  果名  漁果  果花  百果奇花供悦楽  宋果  粒果  功果  酒果  一望果  糖果  果つる如く  つた果實  果穂  果實泥だらけ  顏吾果  果スモノナリ  果タシ  結ベル果實ナル如ク  眞相果シテ如何ナリシカ  果しあい  熟果  果横丁  ひとり妄執果  果当人  果ハ  橙果色  張果老  一果  因縁果  猛烈果決  花果  果赭顔旧  果ニハ  果もの  百味五果  果さい  果つる我世  むとするなれの果  果モノ  果林  果トイウカ  事果  蘇我果安  吉祥果  松果状結節癩  松果形  決果  惠果  惠果和尚  惠果自身  弟子惠果  惠果阿闍梨  惠果示寂  及供奉惠果  恩師惠果阿闍梨  果心居士  もの果  百果  澤山果ら  果斷  せつぷくしても果  羅漢果  果合致度  逃げ果  果ヒシ  飽食暖衣ノアゲクノ果ニ咲イタ花  果實發行所EOS  相果つる者也  沈み果  果つるこ  ひで果  果合  冷果  疲れ果つる時  卓上菜果  複雑果  望みどおり果  唯果  文三果  果實ぐらゐの食  果よう  果シテ発見シタ  かく果  根葉果茎一  芒果  碩果生  苦果  従レ因至レ果  従レ果  果銅色  菜蔵果品  果決  さげ果  木犀果  果漿  果い  弊果シテ如何  其效果  失果英雄  他日良果  業果  果粒  おん果  果太鼓  失果英雄英雄縦  キハ果シテ英雄  腹切相果申候  果申候  如是果  レ能二果遂一  欲レ果二其事一  果如二其言一  果福父  時果  禁果  双方一果  果核水食  麪包果  竹木花果  雑果子等  果つる位  司馬江漢作秋果図一幀  果候事  果候仔細  虹果君  虹果君来訪  虹果居  矢張り果  果つるかのう  記者清果一籃  良果  果而ウム  今晩これぎりと果太鼓  妙果  果さん  果花色  日果  食用果  閉頭果  果体  果中  果枝  呉果  肉果  果ニ供スル者  果瓜ト為ス  果内  柑橘果  珍果  業因業果  果物売り  茶果  山果  上つて果實  華果山  剛毅果斷  収果  クハ独断果激  ひも果ざる  秋果豊収  果つれども二人  苺果痘  果園  此事果  時西方地果  果とい  人間的集果  め果  遊戲果  三六果  良果これ  六六果實  果饒  秋果熟  果さ  雜雜排レ山果  事果つる  一一一果  果惡  花片果  惡しき果  果心  果テヲ行ク  菴羅果  教果  証果  道果  果遂  果遂者  果証院殿  非時香果  



前後の言葉をピックアップ
はて  果て  果てよ  はて  果てん  はて  パティ  果てし  果てしな  果てしない


動詞をランダムでピックアップ
ござろ色付きはきちがえるつたわっ据え付ける冲しうちけし刈り取らはんずれ作りだす信じるてむかっ溢れん打続いくちひるがえりゃ導き泣き価せ
形容詞をランダムでピックアップ
奥ゆかしい粗しあたたかく悪くっ古くさくか弱い虚しき分別臭すがすがしゅうくやしかっふるいまだるっこし拙からどす黒汚いいちじるしい口惜しきめでたい手っとりばやい