「東都」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

東都[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
東都の大震災から始まった  東都に幅を利かした  東都の天香さんは別れて  東都全市街水中に葬られるかの  東都に移ってから  東都の華やかな文壇に憧れて  東都の平等先生に告げて  東都初登場となった  東都の空にあこがれていた  東都の空を想う  東都に往く  東都からの帰りに再び三娘子の家へ往った  東都の文化に思ひを寄せつつ  東都の街塵に染みぬ  東都の人気を掴得しようとすると  東都から京都に来ていた  東都のある  東都に遊学したかつた  東都の能楽師等が時勢の非なるを覚って  東都の能楽師がボツボツ喰える  東都に於て催さるる  東都で自身監督の下に鋳造させるという  東都の公孫樹中の冠たるものといわねばならぬ  東都の西郊目黒に夕日ヶ岡というがあり  東都の誇となした  東都に帰った  東都の仮住居を見すてしより  東都に打電したる  東都の新聞という新聞にデカデカと書き立てられました  東都へ移した  東都へ遊学したかつた  東都へ遊学する  東都の一流新聞に走る  東都にありて  東都に来った  東都の第一流の大新聞が連載小説を依頼してくれたからで  東都に進出させ  東都の新名所となった  東都の文壇に於て他人に是非せらる  東都に聞いて  

~ 東都[名詞]1
前の東都の  剛健質朴を以て東都に  中心が東都に  之を東都の  一座の東都  乱読して東都の  衢であった東都の  男が東都に  季和は東都からの  先づ初めに東都の  中村鴈治郎が東都の  後年になって東都の  追善能が東都に  因て東都の  眺望を東都の  昨春三月頃の東都の  学校を東都へ  それは東都の  何んとか東都に  出演をもって東都の  僕が東都の  声を東都に  一つで東都の  いつでも東都  

~ 東都[名詞]2
今にも東都  遠い東都  ちょうど東都  けだし東都  直ちに東都  

複合名詞
東都五町街  東都出発  東都下町方面  あいだ東都  東都怪異譚  板三木愛花著東都仙洞綺話  板三木愛花著東都仙洞余譚  東都日報号外  東都日報  東都歳事記  川中島東都錦絵  一人東都弁護士会  東都大震災  偶然東都歳事記  東都新聞  東都家元六平太師  東都名物  東都駿河台  東都名所  東都名所佃島  東都八景  東都名勝  東都文陣  東都文林  東都随一  東都日報支局  東都彫塑  酋長東都  東都医学館  東都一流  東都第一流  東都目貫  



前後の言葉をピックアップ
盗電  貴から    とうと  貴金属  貴婦人    貴い  とうとい  尊い


動詞をランダムでピックアップ
抱き込むみやれ娶ろうっちゃらかさ取り巻きころがせ泊まる閃かせやってこつぎあわせる潰えん捏ねかえすへら切りつめる屈しかきあつめる産し罪する申せ訛れ
形容詞をランダムでピックアップ
呪わしきすばやくにぎにぎしくおめでた余儀なけれ均しい気恥しい豪かっはれがましいひどかろすごきはやう小汚詮無くきみがわるかっなまなまし眠たい高けれ善かれぬるし