「李」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
李の葉もなき花の白妙は雪間がくれに  李にあらず  李が始終沈黙を守っていた  李は訝りもせず  李の一面にはっきり触れた  李の人柄のうちに或る恐ろしいものが浮んでくる  李のてきぱきした  李に呼びとめられた  李に渡した  李は云った  李はだいぶ長く間をおいて  李が語る  李はその父子の立場に特殊な興味を持ち  李は帰っていったが  李はまたやって来た  李は子供のような喜びを顔に浮べて  李は姿を見せなかったが  李の本心を信じかねる  李があまりむきになって誘うので  李はこんなことを云った  李の真剣な眼を見返した  李が何か返事をした  李の花が一面に咲いていた  李と呼ばれた  李へ向って  李の聯合勢とぶつかった  李の花も灰色になった  李を篤くねぎらって  李は長時間話しあっていたが  李のことを尋ねてみると  李とは笑い声など立てて  李は春日荘に来た  李は帰っていった  李は更にやって来た  李を納得させ  李は廊下の端の室を選び  李はひどく酔っ払って帰ってきた  李であることを感ずいた  李は地面に尻をつき  李はきょとんと顔を挙げた  李は物も食べずに寝ていた  李の室にやった  李には通じないらしかった  李は腑に落ちない  李は返事もせず  李は頭を叩いた  李がしょげ返って出てゆき  李に渡された  李はほんとに嬉しそうな顔をした  李は承知せず  李へ小さな手帳が渡され  李はひどくにこにこしていた  李が云いだした  李は笑って答えなかった  李の笑顔に信頼して  李の伯父に当るという  李の室を検分してみたが  李のことで意外な訪問者があった  李もそうした技術を学んでいた  李のことをいろいろ尋ねはじめた  李と同様の地位にあって  李は別所からいろいろの仕事を教わり  李からいろいろの知識を吸収していた  李の室を訪れる  李とは印刷所で一緒に仕事をしていた  李が横合からその腕を捉えた  李に向けた  李と別所とは連れだって帰っていった  李は一度春日荘に戻って  李と別所とは長々と議論を闘わした  李に見せた  李が手酷しくやっつけている  李が揶揄する  李はそれを酷しくやっつけてる  李が英語がよく出来るので  李はいつも親切に面倒を見てやった  李は椅子に跨って  李は平気で物語を続けた  李に注意して  李は承服しなかった  李がいきなり尋ねた  李は独り肯いてみせた  李の逸話を少しした  李の映像が大きく浮んでき  李の秀才型ではあるが  李の室に行ってみた  李を呼びにやった  李は単衣に着かえていて  李の顔を見た  李は訝る  李の顔を見  李が前後めちゃくちゃに話した  李から見ると  李が立会人となって  李は真面目に云った  李は拳で頭を二つ三つ叩いた  李は涙ぐんでいた  李がほろりと涙をこぼしたので  李の室を無断でいろいろ検べたりして  李は叫んだ  李は俄に顔を輝かした  李がまだ朝鮮にいた  李の家の人たちが先導となり  李はすぐ立上って  李小二と云う  李は嚢の中から鼠を一匹出して  李の唱う  李は一度もそう云う  李が何にでも持っている  李はこう思った  李が云った  李の方を見た  李と反対の方に向けて  李の心もちを見透かして  李は五感を失った  李の時節でなし  李青蓮説く  李の花ちりかかる  李の種について出て来る  李の数がふえてしまっては  李の字も口にしなかった  李の木があって  李の花の下に来て  李の花を取りに来た  李の木の大きなのに駆けより  李の花を眺めました  李の花を持った  李の樹があった  李を落す  李の花の匂うも  李がその寓居を訪ねた  李はそれを見て  李は精しく魚家のある  李は温の所を辞して  李と相見た  李は玄機を城外の林亭に迎え入れた  李は玄機が不具ではないかと疑って見た  李は玄機に嫌われているとも思う  李に靠せ掛けて  李はしばしば催して  李には妻がある  李を面責し  李は兼て交っていた  李に聘せられる  李の聘に応じた  李が別に臨んで  李の妾になって  李と別れ  李の口から温の耳に入っていた  李の色蒼く澄みて  李に話した  李を先きに  李の樹が幾本も茂つて居た  李は立った  李はわなわな手をふるわせながら出て行った  李がひどく興奮しているとみえ  李の方へ近附いて行って  李のやけのような取り乱し  李を少しばかり離れた  李はその話を聞くと  李が悄然と現われたが  李を理解する  李のことをやりこめようとした  李はそこにはいなかった  李の母であることが一目見て分った  李が新しい帽子の庇に一寸ばかり指を上げてにこっと  李は工合悪そうに目を逸らした  李が咲き揃って  李の実を冷して売る  李の躍る  李も一斉に開いて  李の木の五尺ばかりなのを生木のままで籠の中に植え  李の手紙を読んどいてくれないか  李はいそいで遮った  李でも色づかぬ  李子夫人が丘を下りる  李子夫人のそれは没落期の一典型とは考へられまいか  李の木が五本倒れました  李のおやじを生けどるなんぞ言い出すかもしれん  李も殆んど同時に開く  李の葉の濡れた  李の死んだ  李をここへ誘ってきたという  李を誘惑して  李が美人の霊魂にみこまれて  李がかの美人と歩いていた  李が旅興行をして歩いている  李は親切に世話をしてやったので  李がなぜそんな嘘を考え出したかというと  李はこころよく引受けて  李に離れては  李は忽ちにそれを看破して  李を殺す  李を殺そうという  李の芝居を見物に来て  李の一座はここで解散した  李を母は手づか  李の花で囲まれた  李が咲いていたが  李は彼を引っくくらせて  李が素直にその寄進に応じたか  李は岸の人家へたずねて行き  李が戻って来た  李は決して信じなかった  李の損失だけを自分がつぐなう  李の家で親友を大勢よびあつめて  李と申す  李は素直に引っ立てられて去ると  李にたずねさせた  李はしばらく啜り泣きをしていたが  李の首を斬って来いと  李の首を渡すと  李の懺悔の嘘ではないのがいよいよ確かめられた  李は武士らに言い付けて  李は左遷されて  李は自分の郷里を立ち退いて  李はそれを頼って行った  李も途方に暮れました  李は腰に挟んでいる  李はその跡をたずねて  李は穴のあたりを見まわって  李は暗いなかを探りつつ進んでゆくと  李のすがたを見て  李は腰をかがめて  李はやがて奥へ案内されました  李はその猿の脈を取り  李は嚢にあらん  李は壁にかけてある  李はそれをも殺そうとすると  李はこうして妖怪を退治して  李も思案にくれている  李の前にうやうやしく礼拝しました  李は訊きました  李はまた訊きました  李はその通りにしていると  李は三人の娘と共に再びこの世の風に吹かれる  李を婿にしました  李は一度に三人の美女を娶った  李自成と相列んで  李はそっと表をうかがうと  李と私との雑談を笑顔で聴いていた  李の言葉は平然とした  李に云わすれば  李が主張する  李の議論は飛躍してしまった  李と二人で浅間の噴火口に出かけた  李に云わせると  李があまり心配するので  李は口では別所をいろいろやっつけながら  李の気に入る  李が住んでる  李はむりやりに別所を引入れてしまった  李は突然私のところへ電話をかけてきた  李の友人の別所次生という人を知ってるかというだけの  李から呼び出されて  李がそれを知って  李の室は他の側にあったが  李がやり  李が一人できめている  李の室にあがりこんだ  李が吹聴していた  李が先に立って  李が指し示す  李は立止って  李が叫んで駆け寄った  李にさえ言葉もかけず  李が笑い出した  李が正枝に詫びた  李が真剣にそう云う  李を慰めてやり  李を疑う  李をもへんに疎んじて  李の明るい顔を見て  李の薫がしたろう  李やの咲いてる  李もめちやくちやな  李はぶるぶる神経の一つ一つをふるわせている  李は目をつぶって  李がなつてるよ  李の木があり  李まづく  李を口にしたらしい  李は吉村に気がつかない  李は吉村の方をすかし見たが  李は雑用の手伝いに来たが  李は振向いて  李は海岸の方へ降りていった  李は云う  李も笑ったが  李は足を止めて云った  李はその柿の木に歩み寄り  李の声がしていた  李がなにか饒舌ってる  李の方へ表情を隠しながら  李はすぐに紹介しはじめた  李も笑わなかった  李との初対面のことを話す  李の前では彼女は話さなかったが  李は別に悄気るでもなく得意がるでも  李は感じている  李は貝殻や魚類や樹木や雲の色などに話を持ってゆくし  李もそれをした  李は大きく腕を振り  李は吉村をまねようとして  李に出逢った  李はにこにこして  李は空を仰いだ  李はふいに呼びかけて  李の言葉をそのまま取って  李はその鶏の囲いを開いて  李は吉村に説明してから  李はしきりに見上げていたが  李はぶらりと両手でさがり  李はもう地面に飛びおりていた  李と一緒に来た  李に尋ねた  李の方に尋ねかけた  李も返事をしなかった  李が一人で吉村を訪ねて来た  李はちょっと微笑した  李はまた微笑した  李はなにか空想する  李を送り出して  李のことをきくと  李のことを偲ぶらしく  李の花の咲きほころぶ  李がしたの  李は散りぬ  李と云った  李がやって来る  李がひとりで感服する  李の厄介になっちゃった  李は一つの図をあけた  李の話がまんざら嘘でないことは信吉にもわかる  李は疲れた  李は妻に促されて  李と柳は引返して  李も渋々ながら奥に入る  李と共に室内に入りしが  李の夫婦は顔をみあわせる  李の袖をひく  李の夫婦は驚異の眼をみはって眺める  李は月を祭りし  李は土間にひざまずきて  李はやがて拝し  李に渡せば  李も門口に出て見送る  李は飲み終って  李は卓にうつ伏して  李は娘に酌をさせて  李は立寄る  李はまだ疑う  李を横目に見て  李は笑いながら  李はそのうしろ姿を見て  李は頻りに笑いながら  李は榻に腰をおろして  李はおどろいて倒れかかるを  李は答えず  李は失神した  李はつづいて歩み出す  李はやはり俯伏している  李の肩に手をかけて揺る  李中二走り出  李をみかえって  李と柳とは無言で頭を下げる  李は黙っている  李は掴みし  李を介抱して  李は狂う  李は無理に男を表へ押出せば  李は悔むように嘆息する  李は困ったと云う  李はわざと素知らぬ顔をしている  李は扉を手あらく閉める  李は制す  李はうなずく  李はやがて立上る  李も寝  李は銅鑼を柳に渡し  李はすぐに寝室へ引返してゆく  李は蝋燭をとぼして出  李は土間の隅から縄を持ち来り  李は自分のあたまを掻きむしりながら  李の手より受取って見る  李はそれを見つけて  李は哮り狂って  李はピストルを把って進もうとするを  李は振放そうと争う  李をかかえながら  李は二人に介抱されながら  李は唸りながら起きようとして  

~ 李[名詞]1
矢杉は李と  平素の李には  にこにこしてる李の  桃と李の  郭と李の  暴将の李と  門口に咲いていた李の  客と李とは  前に李は  うちに李は  自説を繰返し述べて李を  者が李  泥まみれの李の  キヨを李の  枝から李へ  印を捺してくれと李が  のか李は  秀才型の李の  方から李の  別所は李から  春日荘に李の  別所と李とは  眼を李に  それを李が  江原は李に  枝は黙って李の  筋と李の  それに李の  さに馴れている李  のに慣れた李の  顔を李と  前に李  壁に李の  穎割葉が李の  桃や李の  李鴻章の李の  四五本の李の  手にしてる李の  子供が集って李を  明の李之  夏へかけては李の  玄機は出て李と  身を李に  家に来て李を  玄機が李の  水に李の  日本語でかう李が  私達は李の  井戸を取りまいて李の  花の李の  数学を習いに来る李という  助手の李が  私は李を  ノックがして李が  純情な李を  ように李の  彼女が李の  運転手台で李が  それを見て李は  桃も李も  庭にあった李の  何様も李  浴衣姿の李  これに反して李  さんの李の  白河をさかのぼって李の  桜も李も  たくみに李を  なんでも李が  女は李の  座頭の李が  杏や李を  金へと移る李の  連翹と李の  海棠や李が  録事参軍の李と  ひそかに李に  ままに李の  これには李も  通りに李を  張献忠はかの李  ところにまで李の  どこにも李の  帰りを待つとて李の  間柄だと李が  のは李  あとから李が  枝は李を  私は李の  春の李の  桃や李やの  春も李も  あすこに李が  路寄りに李の  最初に李を  むかし王戎の見た李の  吉村と李は  これだけは李の  石を投げる李の  君枝が李に  吉村も李も  東京に帰るという李を  興奮もさめて李の  漢の李  葉は落ちし李が  葉に李は  名は李と  ブラリと李が  石油運搬貨車を見て李が  上下はないと李が  一が李  室内にて李の  かたより李の  方より李  高田は李を  かたより李  

~ 李[名詞]2
もう李  そっと李  再び李  ぼんやり李  どうやら李  大きな李  この李  白い李  なく李  悉く李  頻りに李  その李  あの李  あくどい李  むしろ李  たとい李  さとい李  とうとう李  如何にも李  全く李  何だか李  突然李  恐らくは李  大抵李  初めて李  すっかり李  やがて李  

複合名詞
李善註  李西涯等  李西涯  つた李西涯  李如松  李如松四万三千  大将楊元以下李如梅  大将李如柏以下  脇大将李如柏  武将李鎰以下一万八千  李如松楊元等  李如柏  凡桃俗李  李太白  李徳  李徳芻言  ニ落ツノ李花那ゾ可ンレ数フ  李唐  李光弼  李永泰  李永泰の  李村  李村医療所  李蠖  李王世子  李鴻章  李由宝引  李流  李柏文書  親日支那青年李金成暗殺  卷百三十一李勉傳  朝鮮王李  李徴  終つた李徴  李朱氾  李小方  李定  李園  李儒  李粛  李典  李斯  李司馬  李楽  李楽ら  親分李楽  李楽ひとり  見事李楽  李満弓  李朝三代目  もの李典  李孚  李珪  李さん  李牧  勇将李厳  李厳  李恢  とき李恢  李典軍  李四  李張  夜李張  李圃  李意  李意仙士  李異  鎮守李厳  一子李豊  李豊  李永さん  李君  李眞  李彩  李ライン  命二翰林李  大将李如松  提督李舜臣  李王宮  李白  李景雲さん  李景雲  右威衞將軍李嗣業  李栢文書  李惇  皇甥李光明  李光明擁立派  李光明一派  皇甥李光明擁立派  皇甥李光明一派  鴻章李  書二李世南所レ畫秋景一野水參差落漲痕  李義山  李商  李主簿  李太白詩選  石本李蹊翁  李蹊  石本李蹊翁の  李蹊翁  末李  江戸末李  井部李花君  甲李  桃李開時  李剛  李春華  李剛さん  李剛主筆  李坪  李家屯  李杜  李徳林  李百藥父子  李大師  李延壽父子  李善注  李處耘傳  李處耘  李仲義  李逵  李鬼  李逵盛レ飯來  二李鬼腿上一  李肇  李翰論張巡  李唐時代  李華  李勣  李蓮英ら  李蓮英  李姓  李彦昇  李景讓  李逢吉  李逢吉等從容言二於上一曰  李盛山  李衞  李淳風  李柱國  涼菴居士李我存  李広  李白十歳  時李白四十二歳  李適  李銑  後朝鮮李王家  祖師李時珍  李太白ら  一人李攀竜  李攀竜  李億  李家  参領李敏和  礼式院長李容泰  李敏和  李花集  參領李敏和  禮式院長李容泰  張婦李妻定所無し  李太王五年四月十七日  梅櫻李一時  花李  つた李  李花  黒旋風李逵  李杜王三家  李花集雑  李伯将軍  李伯将軍キシさん  李伯  李朝期  李朝初期  李朝物  所謂李朝物  李朝風  李朝  こと李子  李斯書  李九齢  李仁  李幕事  李将  李幕事夫婦  夜李幕事  はじめ李将  李克用  翌日李克用  時李幕事  李チャン  李宮相  李入り菓子  李鄭  大家李竜  李竜眠  李多  李太郎  李佐  李杜王孟  李太白先生  李朝白磁  李徳祐陸羽  大和屋李助  大和屋李  李助  李英朴  李英朴山口卓根先生  李軌  李発君  春秋二李  李成林  李営丘  李一  列伝李広  李将軍  李将軍臥虎  李氏  李時珍猴  李玄石  李卓吾  李時珍  ごと李  李承晩  李蘭圃  李汾  李敬業  五泉男爵夫人李子  李子  いま李  韓李二人  李夫  李白一斗詩百篇  李後主  黒旋風李達  文李杜  応劉鮑謝李杜韓蘇  李王さま  李なぞ  むかし李夫人  先人李石曹  李香  李はか  李香殺し  李王殿下  詩人李仲光  李誕  李頤  とき李頤  晩年逆徒李希烈  李夷簡  李和子  李努眼  李暉  李生  李徳裕  李公  九李面壁  李宗  宰相李廻  李遇  鉄李  李徳逢  総督李棲鳳  李茂  李牧師  李承晩氏  李延壽  李杜以下  李参平  一種李  柳甲李  李応  評論家李明植  李明植  李朝五百年来  李密  南京さん李さん  李式開  李朝朝鮮  李王世子殿下  李惡しき實  bozzacchioni李  つて李  李龍眠  李于鱗  一日丞相李斯  つた李斯  李廣  李王朝  李王  李桓  李后  李生達  李九  登場人物李中行  李中行  



前後の言葉をピックアップ
ら致      理知的      理太郎  リア  リアカー  リアクシオン


動詞をランダムでピックアップ
拾う押し切らころがすなえせっぱつまっ忍び泣く通いつめるからみつか取鎮める殖やす刳る受ける取り切れ見合いしこみかけ込む住み飛び立と起きあが使い切ら
形容詞をランダムでピックアップ
忙しくっ生温いむずがゆむくつけい有り難きえらしがまん強く険しくでか生っちろい分別臭く不味うとうとし清しやむを得ないなやましき聞きにくう煩かっ似合しくいさましく