「朝霞」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

朝霞[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
朝霞が泰文のところへ輿入れした  朝霞がどういう顔立ちの婦人だったかわかっていない  朝霞も当時としては美人の部類に入るくらいの  朝霞というひとも朝鮮から移ってきた  朝霞を迎えた  朝霞のほうも当然のことと諒承して  朝霞は父や兄から泰文の評判をきき  朝霞がひねりだしていた  朝霞はやむなく身付きの自領の上りから払っていた  朝霞は世をはかなむ  朝霞との間にもなにがしかの想いがあった  朝霞さえ後楯になってくれれば  朝霞の心を掴んでおくにかぎると  朝霞のことを忘れかねて悩んでいるらしいという  朝霞の気持をそそりたてた  朝霞の退引きならぬ  朝霞をつかまえては  朝霞のほうはおなじ繰  朝霞が細工して追いだした  朝霞と保平のことをある  朝霞に復讐する  朝霞の間にどれほどのことがあった  朝霞のほうはどうだったかというと  朝霞は泰文の気持を忖度しかねて悩んでいたが  朝霞と保平のいきさつはこれで無事に落着する  朝霞の兄弟と泰文の弟の権僧正光覚は融通のきかない  朝霞は亭主を裏切ったばかりでなく  朝霞の処置をつけてくれないと  朝霞の始末はどうしてくれる  朝霞の兄の清成と清経が五人ばかりの青侍を連れてやってきて  朝霞は褥に入っていたが  朝霞の顔にかけると  朝霞のうしろにまわった  朝霞が顔から帛をとった  朝霞の亡骸は用意してきた  朝霞が時疫で急に死んだと  朝霞が死んだ  朝霞にかわって  朝霞はいかにも平凡であるが武蔵野の起伏をもった  

~ 朝霞[名詞]1
泰文が朝霞を  なかから朝霞が  ことをいって朝霞の  これで朝霞の  白女は朝霞の  保平と朝霞の  留守へ朝霞の  平絹をとって朝霞の  綱を持って朝霞の  足音を聞いて朝霞が  

~ 朝霞[名詞]2
まず朝霞  いまだに朝霞  そんなに朝霞  

複合名詞
朝霞村  朝霞子  保平が朝霞  朝霞かすみ  



前後の言葉をピックアップ
浅香  安積  朝香  浅賀  アザカ  朝風  浅かっ  浅香山  浅から  あさから


動詞をランダムでピックアップ
とこ承れ召捕ら預かろ使い切ら恵まれるゆき渡るたくさ績みならわし返ろうかがっ成り立た鍛え取消せいろづけ静まりかえっくずれおち咲き残る重ねよ
形容詞をランダムでピックアップ
ともし無かろきよき力強しみっともない空々しゅう羨し堅苦しく荒かろくすぐったかっ目敏くほほえましいやすくほこらしく浅きしかつめらしく大きけれ惜しかっわかわかしき