「望み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 望み[動詞]
ひかりを望み  ことを望み  人生を望み  山脈を望み  普通選挙法を望み  うちに望み  からむとは、かけても望み  改革は望み  樹を望み  選挙はとうてい望み  田園を望み  村を望み  塀越しに望み  ものは望み  ユーザーとして望み  地を望み  濁流を望み  方を望み  事を望み  却つてそれを望み  若い女性に望み  青年男女に望み  富は望み  燈影を望み  むを望み  恋を望み  ようにと望み  海を望み  出現は望み  防禦設備は望み  しろにしてまでは望み  一つの望み  吉田内閣によっては、とうてい望み  国交回復は最も望み  繁栄を望み  非常門を望み  高根を望み  遠方より望み  山を望み  青雲を望み  実現を望み  彼等連歌師に望み  蓊鬱たるを望み  望みなかるべからず、望み  十を望み  外に望み  窓からも望み  離京に望み  水洗便所は望み  且昇るを望み  店先から望み  池を望み  光明を望み  手作りには望み  さを望み  未来像はかなりはっきりと望み  未来を望み  ように望み  私の求め、望み  様にと望み  ことはとうてい望み  伸展とを併せ望み  理解を通じてのみ望み  初めから出征は望み  これ以上は望み  至芸にのみ望み  灯を望み  山月を望み  それを望み  手料理を望み  昂揚も望み  生活では望み  ことであり、また、仮に、望み  唐津は望み  水の上に望み  ことは望み  遠くを望み  闇をすかして望み  能者を待って初めて望み  点からも望み  自分が望み  力では到底望み  彼自身が望み  女中などには到底望み  諸君に望み  空を望み  いっさい、望み  農産は望み  一部分を望み  虹を望み  威勢を望み  ことは、到底望み  高大圓滿ならむことを望み  アンコールと望み  生活を望み  山々を望み  ことまで望み  岬を望み  それは異な望み  人間の望み  青山を望み  白壁などを望み  私たちの時代には望み  ために望み  讀者に望み  秀吉を望み  予言するがごときは望み  これを望み  そなたを望み  芸術家が望み  作者が望み  弓矢も望み  間に望み  後年故郷を望み  目前に望み  人数を望み  あしたあしたを望み  人間たらしめようと望み  ようになかなか望み  身にしも望み  今一度と望み  私に望み  国民化を望み  伯夷叔斉に望み  伯夷叔齊に望み  上、望み  私もすすんで望み  のを望み  比叡を望み  梅ちゃん、何ぞお望み  山野を望み  中立などは望んでも望み  何物も望み  再生の望み  空に望み  生は望み  何も望み  何なりとお望み  南を望み  夕煙を望み  高取山から望み  陸地を望み  十方、望み  宝満寺のけむりを望み  山壁を望み  天日をも望み  回向したいと望み  方へと御望み  処をお望み  そこが望み  浅木様のお望み  名人位を望み  谿に望み  何なりと望み  側へ逸らしたいと望み  并存がどうしても望み  探偵小説に望み  理会を望み  筵に望み  場合に望み  そこ動かずに、望み  強圧を以て望み  天下を望み  ことが望み  んと望み  娘を望み  未来に望み  自分は望み  ことは、とうてい望み  君を望み  あなた様をお望み  髪を剃り落としたいと望み  堀とを望み  屋根を望み  青空遠く富士山を望み  敷石道から望み  浮雲と共に望み  新緑を望み  落日を望み  山脈までを望み  富士を望み  女房たちは望み  屋敷として住みたいと望み  多年羨み望み  効果は望み  ひそかに望み  此世の望み  遥かに望み  私は望みません、けっして望み  私は望み  人家を望み  のでは望み  ことをのみ望み  防守の望み  方法で望み  友人あるを望み  塩を出せと望み  主人遠くより望み  進歩に依らなければ、なかなか望み  絶対に望み  鶏千疋を望み  東南を望み  山影を望み  道のむこうを望み  高台を望み  朱絃舎浜子にと、随分と望み  河原に望み  赤石群山を望み  暁に望み  左に望み  地方で望み  森なぞを望み  城山なぞを望み  さきに遠く望み  曠野を望み  地上に望み  熱心に望み  かなたを望み  四方を望み  破裂するを望み  外を望み  女の望み  上はなんにも望み  結婚は望み  ほうを望み  出世を望み  姿をば、望み  富貴栄達を望み  自発的協力を望み  谷崎潤一郎氏に望み  出現を望み  イチハツを望み  先方もそう思うて望み  山に望み  報告を望み  生活を噛みしめ、耐え忍びよりよきを望み  変化を望み  ほとんと望み  往来を望み  敢て望み  一学徒として望み  外に出でなむと望み  これを受け容れてゐるが、さて、若し、望み  人々に望み  努力とを望み  前途を望み  死を望み  片鱗でも望み  この世がまだ望み  墨堤より望み  樹立を望み  夕陽を望み  からんことを望み  進歩は恐らく望み  試合を望み  のだったら、と望み  ところへこようと望み  陳情者たちがおよそ望み  タイアン灯台を望み  脈々たるを望み  重きを置かれたく望み  夕方庭へ望み  隆盛を望み  生長を望み  北の方を望み  前後疾走相望み  成果は望み  それから品物を望み  寿命は望み  領地を望み  事をお望み  連山を望み  終結は、望み  塔尖を望み  完成を望み  之を望み  官位をお望み  煙を望み  もとに立つであらうかを望み  平面的存在は望み  將來に望み  樂しみ將來を望み  克服は望み  解放するとは、はたして望み  確立は望み  上に望み  融和は望み  それ以上何も望み  市街を望み  通商交易を望み  格別に望み  なほ先方を望み  前を望み  心をとめて望み  我は遠く望み  前方を望み  位を望み  右手に望み  燈火を望み  比較にならぬほど望み  手柄を望み  伯に望み  入閣を望み  成功を望み  得可し、又何ぞ多きを望み  衝突せむことを望み  提携を絶つに至らむことを望み  内閣を望み  断あらむことを望み  斷あらむことを望み  教示を望み  むるは望み  天を望み  降臨を望み  状あるを望み  どれが望み  跡目相続を望み  物をのみ望み  君となるを望み  今も望み  ところを望み  恩惠とを望み  さきに、俯き望み  和ぐるを望み  嵐を望み  神を望み  君臨を望み  歸るの望み  建物を望み  交歓は望み  筑波山を望み  佛頂山を望み  む筑波山を望み  王侯を望み  話をと望み  漁獲は望み  家を望み  波路を望み  その後はかねて久しく望み  永久の望み  誰よりも望み  天国を望み  それをお望み  暮しは望み  寄與も到底望み  日本にも作り出したいといふ望み  僕は望み  水天を望み  飯をたべたいと望み  平野丘陵を望み  岸に上りて望み  そっちを望み  そつちを望み  確保をこそ望み  康之を望み  安房上総を望み  全幅を望み  海水帽あひ望み  平野までも望み  遠方から明らかに望み  まなざしうとく望み  手段は望み  遇ひしが、去るに望み  ことははたして望み  彼は望み  樹立は望み  中に、もう望み  ことはほとんど望み  宝を望み  

名詞

望み[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
望みになる  望みのままに早分りがすれば  望みがだんだん小さくなって来た  望みの事は分ろうから  望みがあるであろう  望みは本意が遂げられましょうか  望みの綱も切れはてて  望みならば何でも聞く  望みをかけて  望みは棄てない  望みも消えていた  望みを叶えてくれるかと尋ねながら飛ぶ  望みをかけている  望みや空想を俺にうち明けて話した  望みを実現する  望みのどんな作品をでも贈ろうと  望みまた感じている  望みなら譲  望みをかなえてやる  望みは教員になる  望みとあれば  望みをみたされぬ  望みに満ちた  望みをかけないだけです  望みをも持たずに  望みがあるなら云いなさい  望みならまた寄越して呉れ  望みを知って  望みにとうとう我を折った  望みがこの世の中に在るという  望みではあるが  望みを持つ  望みの通り搦められました  望みにならぬ  望みをとげておかぬと  望みは消さないで持つてゐた  望みを失うと  望みのとおりみんな背嚢の中に納めてやりたい  望みを遂げ  望みが遂げ  望みを止めて  望みを叶えて貰えまいか  望みは遂げられずに  望みが叶えば  望みがなくなる  望みを起こしたので  望みは足りる  望みのない思いに打ち沈んで  望みとなり  望みを抱いて  望みがある  望みとありますれば  望みが灰のようにこなごなになったので  望みの織  望みを賭けている  望みを絶って  望みをつないできた  望みを遂げなさるまで  望みを諦めてくれないか  望みを達してまいりますから  望みをかける  望みであり慰安でもある  望みとを犇と捕へたので  望みが充たされたばかりでなく  望みを江戸の空へつないだ  望みにまかせて  望みは永久来ない  望みの学校にはひれない  望みもなくなります  望みを持つてゐる  望みを洩らしている  望みどほりに行つてゐました  望みは当分達せられ  望みを持っていた  望みがまだ残ってはいないだろうかと  望みはないと思って  望みだけが占めていた  望みなしとせんや  望みが達しられた  望みの下に黙ってやらしていなければ  望みを起して  望みもかなう  望みでもかなへて上げよう  望みの猿は血を吐いて  望みを抱く  望みに憑かれる  望みの一端が果される  望みを遂げたいからさ  望みを失わざるのみならず  望みを失するにはあらざれども  望みを失い  望みのとおりに若き婦人を娶り  望みなかるべからず  望みを養うべき  望みをかけ  望みのごとく浮名は広まり逢うだけが  望みならちと伝授しましょう  望みに心空になりては  望みがないらしいと思っている  望みを嘱して居りました  望みならば聞かせようかの  望みが叶った  望みとあらば  望みを持たぬ  望みを棄てたがらなかつた  望みもなげうつてしまひました  望みをもっていた  望みのないことは彼自身もよく承知していた  望みが満足に叶へられるといふ  望みがかなふ  望みがあれば生きて居りますが  望みが多くなつてきたと  望みも絶えた  望みをつないだが  望みを持った  望みをかなえてあげたいと  望みを失う  望みを達しない  望みがありましょう  望みも廻るであろう  望みは急いでいる  望みの通りに幾分でも晴々した  望みの四半分も得る  望みが出てくる  望みを奏上しよう  望みがあるなら  望みと云わば云え  望みをほのめかしたら  望みを打ち明けてみた  望みをかけなかったが  望みをかけなかった  望みも空しくなってしまう  望みはすっかり棄てておられた  望みの絶えた救われない  望みがないと思いましたが  望みがないと思われた  望みはありません  望みを嘱されていた  望みとする  望みをつないで  望みになっておられるので  望みばかりのこされた  望みに随つてカトリツクの小学校へ通つてゐた  望みを失ってしまいました  望みを忍ばせて  望みにまかせる  望みを起した  望みは知れています  望みのかなわぬ  望みに任かせて  望みを抱いていたが  望み少ないものかということが判ると思う  望みをつないでいた  望みがないと知りつつも  望みを失った  望みの綱も切れてしまったので  望みをもっていて  望みがあって  望みは之に越した  望みがなさそうに言った  望みなきものと見なければなるまい  望みをすてかねてゐた  望み少ないものであるかを了解する  望みを述べ始めた  望みで彼は久しぶりで歌舞伎を覗いてみる  望みにもあらず  望みの娘がいましたら  望みの品物を奪い取った  望みであることを悟りきっていたに  望みも絶つた  望みが抑へ難く俺の中に湧いて  望みに充ちた  望みを遂げる  望みというを  望みがあっての  望みで大学病院で仕上げ  望みは絶え  望みの御馳走をしてやるから云って  望みを持っている  望みをひらいてくれた  望みで微笑していた  望みがかなえば  望みをいれて  望みはなにか食べたいという  望みのところへご案内します  望みがありますか  望みが叶わなければ  望みの物が得られる  望みをかなえてやった  望みを奪われ  望みに違ひなく  望みの無い戦にも勇気を落とさず  望みをうしないませんでした  望みを絶っていた  望みが薄いとなつてみると  望みをかけた  望みを繋いだ  望みも楽みもなくなっていた  望みが叶いまして  望みは全く絶えてしまった  望みを起こしてみるだけでも  望みは起こっては消え起こっては消え  望みを満足させる  望みになるであろうか  望みなら一ダースでも二ダースでも取寄せて差上げますが  望みをもつ  望みといえば  望みもそれで足れりだ  望みの達しられない  望みのないことを語っていた  望みを置いている  望みがあり  望みが湧いていた  望みを措いているらしかった  望みを抱きはじめた  望みありげに家へ入って来た  望みこそすれ  望みを持って  望みが遂げられた  望みをかけて移って来た  望みを掛けて行った  望みも手伝って  望みの綱もだんだんに切れかかって  望みのある  望みが少なそうに見える  望みを持つて出掛けた  望みを聞いて笑いました  望みも全く失われた  望みにかられて  望みをなしうべき  望みはまったくなくなっていました  望みを持ちながら  望みもした  望みにでも応じます  望みは遂げられますまい  望みは長くつづかなかった  望みを懐く  望みを繋いでゐた  望みの影を目をはつきりと開いて見据えてる  望みがあるからである  望みをかなえて下さいまし  望みを果そうと企てた  望みをつないで居る  望みを抛てませんでした  望みを又この公判につないだ  望みも空となり  望みのためばかりに生きている  望みなら彫ってあげても  望みの物を取らせるぞ  望みに従うより  望みを許す  望みを果たさなかった  望みのない山の石の様な詩語に過ぎない  望みも無くなって  望みはないとばかりやけくそになって  望みに任すべしとて  望みを叶える  望みを懸けてゐた  望みはもう一度倉地に会って  望みに応じる  望みを起さずに  望みを達し得ざるのみならず  望みは達せられない  望みもなくなったと云っていました  望みが湧いて来た  望みの女を指名して  望みをかけていました  望み少ない世の中を生き延びて行く  望みは今遂げられた  望みは破られてしまった  望みを果たしたで  望みが持て  望みのようなものをかける  望みを絶ちたるなるべければ  望みを繋いでいた  望みの通りにすっかり駄目になった  望みをすて切れない  望みならご伝授申しますヨ  望みも危ういものになって来たではないか  望みの寸法だけ差し上げる  望みも寄せた  望みを捨てなかった  望みでござりまする  望みのなさそうなことを杞虞する  望みの茶を汲んで与えたりして  望みのない思ひを  望みならお酒も差し上げる  望みが出て来たと思うの  望みが出来て来たという  望みはないと云ふので  望みある水の川上を濁してくれては困る  望みを叶えて呉れた  望みを申しあげます  望みもあった  望みのない戦争をつづける  望みのない阻隔状態になっていたのに  望みをいだく  望みたまふもの  望みをもつにも  望みももっとよく聞いて置かなければ  望みを嘱されている  望みも恐れも目的もただ一つとなる  望みがあるやに  望みの光りを得つる如く  望みさえ取上げられてしまった  望みとございましたら  望みをかけていた  望みはじゅうぶんある  望みを洩したおり  望みで二字に離してくれというので  望みと抱妓をほしがっている  望みは起るまいし  望みを抱いているに  望みをかなえてやってくれい  望みなら永久にわたくしをここに拘留して下さい  望みを有する  望みや願いをかの女に打ち明けた  望みだってかなえてやれないという  望みのなくなった  望みを思いだして  望みなる吉野も程遠からねばそれより大和街道を志て名張に向ふ  望みはいつまで経っても達せられなかった  望みに生きている  望みを起こした  望みが大きくなってきた  望みがはたして自分の力で達せ  望みの一少部分を果したい  望みは容易に達せられない  望みを属し  望みをかけてゐた  望みをつないでゐる  望みを絶つた  望みがあるから  望みでその文銭五十円でお払いを済ました  望みを申し出でました  望みのところをいって下さい  望みを嘱しております  望みならば愚老が代って  望みの通りかなり多くの弟子は出来ました  望みを捨て切れなかった  望みもあきらめて  望みを遂げようという  望みをすてはしない  望みのないと思っていた  望みを叶えて上げるから  望みは無いから死んでしまいます  望みがあった  望みはきかれ  望みも持てぬ  望みもあってとか  望みは叶ったぞ  望みをかけて来た  望みがあるならば  望みがありませんや  望みの片影をすら抱く  望みをつなぐ  望みのものを差上げよう  望みのものをやろうとは  望みは遂げず  望みだつたから樽野は得意になつて模範を示した  望みが叶って  望みが叶えて  望みが叶う  望みもしない  望みを嘱せられておる  望みの物を買ってもらう  望みとも聞える  望みを残しておきたいという  望みがあれば  望みもかなうか  望みを許したという  望みのところへ落着きあそばすまで  望みなしと二十で嫁をもたせた  望みをかけられたほどの  望みがいたる  望みはつないでゐなかつた  望みをおかけなさらぬ  望みを潰滅させた  望みは断て  望みを滿足させる  望みが果されるでせう  望みも十が十なくなる  望みに任せて  望みの方が多いかして  望みが叶えたいばかりじゃありませんか  望みを叶えて下さい  望みを聞いて呉れない  望みはあるよ  望み少きものになった  望みだった家が差押えられて終ったので  望みが残ろうぞ  望みは叶えるべくも  望みはなくなった  望みなきこと明白なりとせば  望みを属したる  望みをすてず  望みもすて  望みのままここを奴らの墓場にしてやる  望みが叶うて  望みがございます  望みなどはもう思いもよらない  望みを屬したる  望みに任するであろう  望みこそ失せても  望みの叶う  望みの人はこれにつきて  望みを起こす  望みを持つていた  望みは有り  望みを決してシンからみたしてはくれません  望みも首尾よくしとげて  望みの綸旨もたまわって  望みはしなかった  望みの物をなんでも差上げますわ  望みがかなって  望みというものを持っていない  望みにまかせ取り次いでやろう  望みとあらば通るが  望みをかけていればこそ戦える  望みをとげよう  望みで生きてる  望みに明かしても  望みと結び附く  望みを捨てる  望みは残されてゐる  望みはこの内の世界の完全な王者になる  望みがないと思う  望みから出た  望みをもって  望みのない運命はほんとうに死んだ  望みを笑いながら  望みは少し変っていますのよ  望みのところを仰  望みもある  望みを出した  望みを達する  望みにまかすぞよ  望みにまかすぞ  望みのように取りはからおう  望みに任すとまでの  望みなどを夢みるなんて  望みがないと心を決めてしまったので  望みは果して叶うだろうか  望みをかなへさせて死なせようといふ  望みだというだろう  望みをすてませんでした  望みは何かと訊ねたかつた  望みとあればできる  望みを遂げさしてやりたい  望みのようにしてやる  望みは望んでみても  望みをかなえてくれるにちがいありません  望みを失して  望みをかけなくっちゃいけねえ  望みもありません  望みの如く何時かは死する如く思はれる  望みがみんな浄められている  望み少い生命にとっての最後の試みであるだろうと思っていた  望みのものを選り出さなければならなかった  望みではどんなのでもありますから  望みもよう伺って  望みのものが生れ  望みのために実現しようとした  望みの一つだけはきいてやる  望みであるこの森厳で気易い時間に身を任せた  望みは著者はじめよりこれを有せず  望みならいつでもお逢わせ申します  望みでもあるか  望みという者あれば  望みもかなえてやった  望みなき深傷の子息や兄弟をのこしておる  望みをかけてゐる  望みは叶わないと  望みなどはもう思いもよらなかった  望みも容れましょうが  望みも画餅に帰して  望みを抱いていた  望みが叶うと  望みがないでもないかと思われる  望みのままに俊乗に引き合わせると  望みをかけられていた  望みが絶えました  望みも絶えて  望みがないと諦めた  望みは壊されて行くのみです  望みによって家庭の幸福に変化はありませんけれども  望みの物を何でもやる  望みの充満している  望みさえも失った  望みうすなのを見ると  望みの通り青山播磨が直々に相手になつてくる  望みはなくなったが  望みが合うた  望みが遂げられる  望みはせず  望みの通りに青山播磨が直々に相手になってくるるわ  望みない方へ誘う  望みは十分にある  望みと夢は青くはてなかつたと  望みの前には一切の物が塵芥のごとく卑しくなっていた  望みをかけるな  望みは自分には何もないと彼は思った  望みを容れようとして  望みになりますと  望みなら先づ大概は聞いてもらへた  望みを官場に絶ったから  望みもかなつたと思ひました  望みは容れられたので  望みは快く聞き届けられたので  望みを遂げたほどの  望みを胸の奥深く大事にかきいだいている  望みをふり捨ててしまえる  望みがなかつたとすれば  望みがなかったとすれば  望みを持ち続けてゐる  望みを打ち壊してしまった  望みも失った  望みの声があり  望みがありまして  望みによって武子さんの生涯は定まってしまったのに  望みに従おうとつとめ  望みをもってない  望みがあったからでありました  望みをかけたる  望みとあき  望みも遂げ  望みとのみ思はれぬ  望み多い将来に対してブラヴォーを叫んだ  望みはなかったのみならず  望みも叶わなかったから  望みをかけているばかりである  望みをかけているにすぎない  望みの綱もみごとに切れちまったんでね  望みをもたずにはいられなかった  望みはあまりに広漠としてゐて  望みを書いた  望みをかなえさせてやら  望みが絶えたとならば  望みだとお尋ねになるから  望みもあると云う  望みを抱いた  望みなら聖降誕祭の鴉どもに啄いて貰う  望みはある  望みはありますわ  望みのない訳ではありませんよ  望みなら据えてあげましょう  望みとあって  望みをとげる  望みを彼は失った  望み少ないかはよくわかっていた  望みも得ない  望みを胸中より退いて  望みが大に過ぎて破れるとは  望みなんぞを起さずに  望みも抱いて来たので  望みに由り  望みに出た  望みも何うやら消えて  望みを許した  望みをなすべく  望み次第にいくらでも続けて見せてくれる  望みはないように見える  望みを残した  望みの金がある  望みの叶えられよう  望みのない世に永らへてるより死ぬが  望みの叶へられよう  望みがあったが  望みなら一晩看病をして上げよう  望みを失つておしまいになるなんていう  望みをかけすぎているからではございますまいか  望みも余は持たない  望みはソクラテスの家の程度にとどまっていた  望みなら三人ほど名ざしましょうか  望みを叶えて上げよう  望みが湧いてきた  望みもそろそろ断念しなければならなくなった  望みもない文学とやらは止せ止せ  望みははっきりわかっていますわ  望みも覚えなかった  望みになられた  望みを語りあった  望みを放棄した  望みは依然として保証されず  望みをエリザベスはもう信用しなかった  望みを実践に移す  望みとをもちて  望みのない人のために頑張る  望みから重體のまま歸朝して  望みを持たせました  望みが心にあった  望みになった  望みであると考えて  望みのないことのわかる  望みが濃くなっていくばかりの  望みをいれる  望みを抱いている  望みに任せ  望みも何もなくなっておりました  望みが実現される  望みもかけられない  望みがないのだろうとようやく思う  望みも起こさずに待っていて  望みは閑散な身になって  望みなどはたいして持ちませんが  望みの所へ導いてくださるでしょうから  望みを持っていない  望みにはならないでしょう  望みに反する  望みもしなかったし  望みを捨てなければならぬ  望み申し上げた場合には冷淡な態度を院はおとりになるまいという  望みのないもののように思われる  望みに燃えていた  望みを入道が持っているかは知らずにいたが  望みをかけられた  望みのかなわない  望みの楼閣が建てられた  望みをお起こしになった  望みのなくなっている  望みになれないで  望みは遂げさせなくてはならない  望みにならなかった  望みということをよく聞いておこうとする  望みを持っております  望みも起こってまいった  望みを持ち始めた  望みがかない  望みが起こり  望みになって  望みのないこととしてあきらめねばならぬ  望みになったにかかわらず  望みを少年時代から持っている  望みをだれも持っていた  望みをかけられている  望みが糸の繍い  望みになればと  望みがまじっていまして  望みになりましたから  望みを取り次ごうとしない  望みがかないますれば  望みがどちらも女を見たいと思う  望みも貫徹されず  望みのかないます  望みを姫君の将来にかけておいでになりましたかと思われまして  望みのない癈人としてぶらぶらしてゐるものの  望みなんかも知れない  望みは許されなかった  望みを絶ち給わざりし  望みは満ちあふれるほどであった  望みを許せば  望みなどについて一言も尋ねて呉れないので  望みを訊いて呉れる  望みに牛馬の眞似をする  望みのところを打って上げるから申し出な  望みで会いたい  望みを懷いてゐる  望みだ聖人には隨分なりたい  望みだ屋根もわからず  望みを果し  望みのところへ参ります  望みのまま出来るが  望みがかないましたから  望みならば連雀町の稲葉さんというのへ行って  望みなら王が一夜還る  望みは満足せねど  望みの通り実行させて  望みとあれば言うが  望みが残されているだろうか  望みのないことと思われた  望みが持てる  望みの持てる  望みを持たせてやろう  望みが持てた  望みが絶対になかったように思う  望みがなかったとは言われない  望みは永久に絶えた  望みに応じかねる  望みのものがなんでも手にはいった  望みの集まる  望みなき世に長生へて斯かる  望みを失ひて  望みの通り二十年加えて  望みを協えてくれねば  望みが高まった  望みをかなえやろうと仰せられ  望みに取らせるぞ  望みを起されたら  望みのかなった  望みがかなえられた  望みをとげたか  望みに近づいたか見ましょうよ  望みをかなえて下さいます  望みがかなえられて  望みや計画を非常な熱心さで話した  望みというものがあったら  望みは美事に遂げられた  望みのところへ連れてまいりました  望みもしなかった  望みがあると思ひます  望みはかれが  望みは必ず遂げん  望みは実にここにあり  望みと力とを得たり  望みが有るから  望みも絶え  望みにだけ耳を傾けた  望みもなく震えていた  望みをつないでいなかった  望みに迷ひ  望みと笑うたが  望みが残っている  望みがあっても  望みのとおりの本が書けた  望みを伝えてくれた  望みなき者多きは当然と云わねばなりません  望みをいだきながら  望みを失える  望みをわけもなく棄て  望みならば餘り肥料をやらぬ  望みをかけながら  望みのあり  望みでもあるなら  望みを永久に断たれながら暮していく  望みと申したではござりませぬか  望みを遂ぐる時節も近づいたと思うたら  望みであったというし  望みを満たす  望みをたちまちまた燃えあがらせた  望みを起さなくなれば  望みさえ見せてくれれば  望みをかけていられる  望みを殺すより  望みもかなえて進ぜるから  望みを言って下さい  望みをいうが  望みなしといひつつも  望みがないとも限らない  望みなら何でも叶えてやってくれといいました  望みが動いていました  望みのほ  望みに応じようともしない  望みがあります  望みをなくしました  望みが御座いましょう  望みは起らなかったばかりか  望みを男に起こさせる  望みがなくなったので  望みはありませんよ  望みと恐れとで始終心をなやましていた  望みの本や玩具を買ってやる  望みを追うに  望みをはたす  望みに動かされて  望みありと許すにいたりぬ  望みもなき身は十重二十重黒雲に包まれて  望みという事を教えられてから  望みを得て  望みも楽しみも世に尽き果てて  望みもあるだろう  望みの専門学校をやらす  望みを果させてやろう  望みのないものかとも存じまする  望みは遂げられない  望みを押し通さなければならないといらだった  望みはきっと実現される  望みをかれに伝え  望みのない私の村の風景がいつか私の身についてしまっている  望みを忘れる  望みもないとあきらめて  望みを叶えてはくれまいか  望みはどうかして  望みはないかと訊くと  望みも絶えながら  望みだと云つてゐた  望みのない深淵へ引きずり下すのみでなく  望みは一廉の小説家になりたかった  望みの学校があるかね  望みをもつて居た  望みに応じまして  望みに応じてとは  望みに従って結婚したと聞くまでは  望みと便宜にかなう  望みに変っていった  望みの目的が善いことをする  望みや喜びをすべて押し流してしまった  望みを失って  望みをむちゅうで語りあった  望みをあなたにつないでいる  望みがもてる  望みを力づけたが  望みに添える  望みを言いあらわしたが  望みをもって眺め  望みを殺して  望みを邪魔する  望みを取りあげようとしている  望みという望みを強奪してしまった  望みのないことだと思っていただかなくてはなりませんね  望みがはたされる  望みがふたたび訪れた  望みはばったりと消え失せ  望みがもてた  望みと言ったら  望みで暮す  望みは十何年か前から既に心に潜んでいた  望みを繋いで  望みもしなければ  望みを起し  望みに推され推されて  望みは外れて仕舞い  望みの影さえさしていて  望みを叶え  望みを見出した  望みを叶えてやって  望みがありますが  望みでもかなえてもらえる  望みへ辿りつき得た  望みが大それた  望みを三分でも持ち続け得たであろうか  望みもあるが  望みという不死の鳥が現われ  望みが外れた  望みに拍車をかける  望みが遂げられます  望みの褒美をやる  望みのものをやるぞ  望みならば御伝授しましょうか  望みの時に命を遣らうと  望みの内容というか  望みも絶えてしまう  望みは引ッ込んだが  望みをはたさず  望みも持たなかったけれども  望みのごとく文治六年二月十六日弘川寺で世を終った  望みは空しくなった  望みもなくただに碁や将棋を闘わす  望みをかなへる  望みにたよりながら  望みがあれば叶えてやる  望みもはや絶え果てて  望みも日一日と崩れて行く  望み次第に実演させて見せる  望みはあるぞ  望みにやぶれた  望みに破れて  望みに破れた  望みなき身なれば  望みなきこととなり  望みをいってくれるならば  望みをかなえてやると  望みが少なくとももう全然ないわけでないということになった  望みの値段は払ってはもらいたいが  望みなら控室へ入っていく  望みがあるか  望みを抱いていない  望み薄くなるにつれて  望みもなく疼きもしない  望みの大きさ次第では一概にいって退けた  望みの夢をかけられたらしい  望みと諸氏の用意との間に齟齬があった  望みどほりな靜に澄みきれる  望みができてきた  望みは夜もうすこし楽に眠る  望みがあるという見  望みが激しくあります  望みもなくなつてゐる  望みだけをつないで  望みとして頼まれれば  望みをかけました  望みを失わなかった  望みを絶つかとさえ思われた  望みをかけられていました  望みの筋を聴かうでねえか  望みの品が現はれてゐる  望みを持っていないからです  望みも持たない  望みはすっかり消えてしまった  望みと云へば望みと云へる  望みはないように見て来ました  望みをおこして  望みを達してやって下さる  望みのない事だと衆人が驚きあってゐます  望みとあれやいつでも切ってやら  望みなら分けてやろう  望みなら上らせてやろう  望みは殆ど見えない  望みを我に起させぬ  望みを失へり  望みなき叫びをきくべし  望みあればなり  望みを棄てよ  望みのその心を慰むる  望みを絶たれしのみなる  望みを他に置き  望みを呼び起して  望みなき裸なる民おぢおそれて走りゐたり  望みはありしを  望みなき憂ひ  望みなき叫びを聞き  望みあるが故に甘んじて  望みなき生をおくる  望みなきリムボに止まり  望みさらになきを示せり  望みを不正の利益におきて  望みなきをおもひ  望みは建築物にかへる  望みがあったればこそだが  望みも捨てない  望みだと思い捨てにしたが  望みをかけるでしょう  望みを充たさ  望みも持っていた  望みもありませんが  望みに依  望みを尋ねて  望みがないのでもありませんが  望みを言い出せる  望みを絶つにいたらしめ  望みをかたうせよ  望みを寄する  望みを失ふ  望みをもて  望みをいだけるのみにて  望みをいだけるが  望みを見ていひけるは  望みは汝にありといへり  望みの終極なるかの  望みをかく失ふにいたれるや  望みを囑しゐたるが  望みに關して  望みは愛または信仰より生る  望みはキリストによりて  望みをあらはせる  望みの目が出た  望みをなして  望みのない私にはどっちにしたって  望みなきものに思ひ  望みに侵さる  望みを築くが  望み即ち下界に於て正しき愛を促す  望みを汝におくべしと  望みの汝に何を約するやを告げよ  望みに添はんとせし  望みを強うする  望みの極に近づきゐたるが  望みを遂げし  望みなきにあらず  望みにて滿足する  望みをその上に築くが  望みの事を問ふ  望みを心にいだくや  望みのすぐれて  望みは空にして  望みにあらず  望みを起さしめ  望みの事を明に言へる  望みを起さしむべき  望みを徳としてなほこれを愛するのみ  望みの目的を指示せば  望みの約する  望みを汝におかむ  望みに應じて己が昔の物語をなす  望みをかなへんとする  望みの小なるを  望みを囑しゐたりしなり  望みて三一及び神人兩性の秘奧をさとり  望みをつないではゐなかつた  望みが何故に果せない  望みの人工心臓発明の顛末を語りましょうといって  望みをこのことにかけていた  望みならば分析して  望みがないように思われる  望みをかけない  望みは無理に折り  望みならいい蔵経家を紹介する  望みを捨て  望みを容れて呉れた  望みを捨てん  望みもとげねえ  望みを腹一杯に述べてみる  望みをかなえさせるぞ  望みも果さずに  望みしか抱いていなかった  望みのところへ行きますわ  望みが実現できない  望みのようにも振舞った  望みと言われるなら  望みを掛けている  望みも達してやる  望みなら荷主にはなして  望みを嘱すれば  望みもしまいし  望みも滿ち  望みも遂に遂げられず  望みを妨げた  望みをうちくだきもしなかったという  望みがかけられた  

~ 望み[名詞]1
自分は生きる望みは  ことが望みの  外に望みは  お前の望みの  お前には望みが  お前の望み  一縷の望みを  最後の望みも  私たちの望みを  僕は望みを  心の望みや  一番の望みを  彼らの望みの  人が望み  何によらず望みを  生涯の望みは  自身に対する望み  人に成らん望みも  時代共通の望み  云ふ望みに  魚人を見たいという望み  ことに望みを  脱けて出たいといふ望みをも  何か望みが  本人が望み  求道の望みを  必死な望みに  常識を離れた望みでは  これは望みを  肉体とするまでは思い絶たない望み  稀有な望みの  女には達せられぬ望み  武力に訴えてでも望みを  相手に受け入れられる望みは  一縷の望みは  子を取り戻す望みを  念仏往生の望みを  そこでは望みが  名利の望みを  間に望みを  往生の望みが  之を示すべき望み  平常の望み  記者の望みは  ように望みの  自分の望みといふ  おいらんに望みが  世の中に対して持っていた望みが  必しも望み  一縷の望みが  三人の望みを  かすかな望みを  丞様が望みを  今の望みを  非常にのびてくるだらうと望みを  生活の望み  舞台に立つ望みは  なんの望みも  洋々たる望みを  回復を得るの望み  披瀝したい望みを  建設して置きたい望みを  すべて叔父さんの望み  二つの望みが  僕の望みは  いくらか望みを  手を引いて導くだけの望みが  一本蝋燭にありつく望みも  彼を説きつける望みは  一つの望み  自分の望みが  ことが起るという望みの  経めぐらんとの望みを  朱点を打って死にたいという望みも  ラシイヌ探偵の望み  余の望みは  漂泊したい望みに  我等の望みを  これによりて望みを  生徒も望みを  前途の望み  士といえども望みを  世上一般より望みを  相場が極まれば望みの  別に望みも  信生の望み  行脚雲水の望みに  きっかけを捕えたい望み  数馬に望みを  それが望み  わたしに望みを  すべての望みも  お前の望みが  わしの望みが  慰めを求める望みも  不相応な望みを  褒美に望みは  皇妃になれる望みが  われらの望みも  われらの望みは  ものも望みの  君の望みを  天下の望みが  天下に望みが  傲り驕った望みと  自分の望みを  ものにも望みを  みんな読もうと思っていた望みも  あなたは掘り出されるという望みは  それは望みの  一番前途の望みの  官爵に望みは  国へ入る望みが  先輩から望みを  唯一の望みと  援兵の来る望みも  母の望みに  ように生きている望みを  いずれは望みが  女の望みは  貞奴自身の望みと  尋常では望みの  何ごとも望みに  積年の望み  恩賞は望みの  援軍を待つ望みも  建造したいという望みを  主人孫権の望みは  ような望みを  如何に望み  好尚は望みの  彼は望みが  世に出る望みを  最後の望みの  ほかに望みが  還俗の望みが  病院に望みは  治療に望みの  母親は望みが  後を断つなどは望み  小夜子の望みで  婿養子の望みも  出世も望みでは  實にしたい望みが  言ひたてるほどの望みすら  民衆に望みを  話をされると望みを  自分の望みで  何が望み  平和の望みは  劣勢者の望み  外には望みは  何でも望みの  前途の望みを  試みは望みが  回復しようという望みを  愛一郎の望みを  いまの望みは  奇蹟も望みが  僅かな望みを  母親を呼び寄せるだけの望みも  私も望みが  叔父さんの望みは  一致せしめ得べき望みが  ような望みは  一縷の望み  皇帝を救い出す望みは  文学は望みが  のが望み  ただ残る望みと  僕の望みも  回復の望みは  ものに望みを  男が望み  仕事に働いてみたい望みが  商売に取着いて行きたいとの望みを  小野田にも望みが  間うらやみつづけにうらやんで来た望みが  多くの望みを  いろいろな望みを  郎の望み  間羨みつづけに羨んで来た望みが  縹致なんぞに望みの  救援の望みも  救援の望みは  守護国司の望みを  将来に対する望みは  生命に望みを  いたずらな望みは  ため彼らは助かるかもしれないという望みを  三度目に望みを  万人の望み  云つた事にみのるは望みを  掛つてゐる望みの  利用して望みを  最後の望みを  唯一の望みも  ような望み  褒美にも望みの  褒美には望みの  危険な望みを  転生する望みの  のは望み  何の望みも  四時の望み  此方に望みが  掩はせて見たいといふ望み  利発さに望みを  彼の望みに  お前さんもつまらん望みを  止揚されるという望みは  云ふ望みが  自分から望みの  我慢して望み  結婚したいという望みを  少年の望みは  日を送ろうという望みは  上演の望みが  戦人としての望みが  配当は望みが  老婆の望み  母の望みを  人は望みを  この世に望みの  僕の望み  あたしの望み  何分にも望みの  世に出る望みが  わしには望み  最後まで望みを  それが望みで  そこへ望みの  流浪の望みで  都会に望みを  大家になれる望みは  丘助手の望みを  私の望みを  融和の望みの  君のねがひ望み  貴公の望みも  父の望みを  中に望みの  われわれの望み  禄に望みは  禄の望みが  当家に望みが  無期の望みさえ  人家が現れてきはしないかという望みを  運の開ける望みは  親類の望みで  藤木夫婦の望みと  如何にいじめられ望みを  切な望みは  仕官の望みを  通の望みを  一部の望みを  自分の望みや  家族を見つける望みの  夢想や望みを  住居の望み  私の望みは  二重な望みに  充足される望みの  拝謁の望みは  満足させたいとの望みを  自分の望みの  後来の望みを  幾分かの望みを  亀岡氏の望みで  私は望みを  家を持たせたいという望み  人に伝わるべしとさえ望みを  ほかに望みは  世に望みの  復活の望みの  一国一城の望みを  この世では望みの  いつなりとも望みの  お前の望みを  緊張感から逃れたいという望み  ようになる望みは  この世に望みは  これも望みは  今年は望み  彼の望みは  下の望みが  先行き何の望みも  おまえらの望みは  僧侶に望みを  金銀に望みは  お前に望みが  金銭に望みは  文壇に望みを  程度まで追い払ってくれるだろうという望み  おまえたちの望みの  上洛の望みは  日頃の望みが  ことは望みが  しだいしだいに望みが  沙汰なされたく伏して仰ぎ望み  切なる望みとも  そなたに望みが  尼となる望みを  長命の望み  老中を以て望みを  世では望みの  つた練吉に望みを  深草の望みを  皇位への望みは  私の望みが  連合の望みも  唯一の望み  私共の望みとしては  絶対に望みは  一つの望みが  何の望みが  果敢い望み  保釈の望みは  得可き望み  老中より得るの望み  貴族院の望みを  芸道への望みも  栄達の望みは  ほうが望み  末期の望み  一品の望みが  一生の望みが  身の程を知らぬ望みの  再起の望みも  後醍醐へ近づく望みなどは  賃銀は望みに  のれん分けの望みこそ  幸福を得たいとの望みを  我儘な望みを  沢山の望みを  ことを望みは  それ以外には望みという  引誘するの望み  生命の芽ぶきに望みを  切なる望みにも  何の望みで  助力の望み  辰夫の望みが  自分自身に望みを  偉大なる望みと  成就の望みが  かすかな望みから  敵方の望み  ロマンティックな望みを  我々の望みの  死人の望み  子供らしい望みを  わたしの望みは  これで望みも  戦地におもむく望み  恩賞は望みに  辺の望みの  明日の望みは  私たち二人は望みの  前途の望みも  男の望みに  生意気な望み  山上の望みは  何にも望みは  子の望みと  ことなら望みを  温泉にも望みを  前途に望みを  発見し得る望みが  云ふ望みも  人間の望みの  貢献をする望み  其が望み  彼女の望み  自由に望みの  真佐子の望みの  終生の望み  おまえの望みの  おじいさんの望みの  私の望み  のを待つだけが望み  奉公させようという望み  大方に示さんとの望みは  生涯しようという望み  権威の望みでも  そちの望みも  再起の望み  江戸へ出て見たいという望みが  共同にしたい望みから  自分の望みは  和睦に望みを  南朝がたの望みも  回収する望みが  天気に望みが  のより望みが  指折りの望みを  女主人に会って見たならばと思う望みも  蘇生の望みが  妥協の望みは  者なら望みに  人の望みによって  先方の望みの  癒りたい望みの  調査にゆく望みさえも  世の中に生きてる望みは  おれも望みが  表現を望みは  歌壇歌を望み  成仏に徹する望みは  海を望みと  尋常でない望みが  解説が成立つかも知れぬ望みが  未来に望みを  最終の望みを  獲得する望みが  実隆は望みを  自分の望みも  宣伝の出来る望みは  人が食うてゆく望みが  天下国家に望みを  一つの望みを  何も望みが  やうな望みを  実現するかもしれない望みが  おれの望み  我を通す望みも  どこかに望みの  それが望みの  一切の望みを  それを弾きたいという望みばかり  かすかな望みが  行末の望み  青雲の望みも  彼が望みの  心よりの望みとのみ  女史の望み  これを清める望みは  禁教緩和の望みが  意志ひとつに望みを  支配人が望みで  それぞれ自分らの望みを  半弓詮議に望みが  機会も望みも  機会と望みが  機会と望みの  特別な望みを  行末の望みも  先に望みの  先に望みも  けっきょく望みを  彼女に望みを  方が望み  外へ出る望みを  勝利に望みを  ぢいさんの望み  当人の望みに  浦原嬢の望みに  一点の望みは  唯一点の望みも  守護地頭の望みを  長次郎谷を下って見たいという望みの  源一の望みも  内に望みの  ような望みの  やうな望みの  私たちが望み  微かな望みが  燗の望みは  ジャンナン夫人の望み  堂島探しに望みを  人間そのものには望みは  頼りなく望み  天下の望みも  花咲く望みが  発展する望みが  氏の望みを  洋行出来る望みも  人の気に入りたい望みも  あなたが望み  それを望みも  将来の望みを  謎を解く望みを  相続せしめる望みは  行状建直しの望みが  なんの望みとを  君寵を取り返す望みは  復帰させてもらう望みさえも  理解しようと望みは  云ふ望みから  未来の望みを  少女を得られるなら得たいという望みが  無理な望み  英仏両国の望みを  領したい望みを  人々の望みに  仏様に救われる望みも  后の望みを  潜在している望みが  女王は望みを  ほかの望みも  人生の望みなどは  妻妾として集めたい望みを  私がある望みを  ことが望み  彼らの望みに  それから脱せられる望みも  志だけは遂げたいという望みに  むやみに思い上がった望みを  生先籠る望み  宮の望みは  私も離れてしまいたい望みを  救いもしたいという望みも  遁世の望みを  近年になって望みが  お前さんが望みと  至当と認めぬ望みを  古刀には望みが  世間から望みを  ような望みが  両様の望みが  最後の望みが  ような望みも  女房になる望みを  人の望みに  一生快癒する望みの  方が望みなんかも  わたくしの望みは  貢献に望みを  王成の望みは  伊勢物語など望みの  将来の望みなどについて  自分の望みに  此上に望みも  何が望みに  こっちが望みで  ものにしたい望み  弟に望みを  飲食も望みの  ところを為し遂げんとの望みに  袖に会う望みが  一つ己に望みが  トゥリローニーが望み  立身したいという望みを  再興の望みが  主家再興の望みは  天下萬民の望みの  戀に望みを  融通されたいと望みの  心の望みが  何でも望みを  褒美は望みに  ぶんの望みの  ベスの望みを  メグはかねての望みが  だれが望みを  だれが望みに  あなたの望みを  ぶんの望みや  それすらかなわない望み  あんたは望みも  先の望みや  恋の望みは  時が望み  君には望みが  一縷の望みも  自分の望みにだけ  前からの望み  ような望みと  千載青史に列するを得んという望みが  自身に持ちたい望み  金持ちになる望みは  先生になりたいという望みが  最初から望みを  手に入れようと望みも  間の望みを  仏を見るより望みは  あんたの望みでも  帰洛の望みを  出世の望みの  身にあまる望みで  身にあまる望みと  悪魔の望みは  先方からの望み  作家になる望みを  秀才では望みを  組織するの望み  非でも望みを  身にすぎた望みを  先の望みさえ  相談に望みを  ぶんの望みを  場合に望みを  最大の望みを  世を送る望み  恢復する望みが  セエラの望み  神秘な望みが  やうな望みは  かすかなる望みの  この世に望みを  ナナエの望み  ことが出来る望みが  花役者に仕上げてやりたいなどいう望みは  不思議な望みと  何か望みの  各自の望みを  二十代からの望みを  関は押え切れない望みに  快復の望み  山木が望みを  武男は望みを  考えもあり望みも  語学校へとの望みの  みんなにできるだけ望みの  何も望みは  すべての望みを  ようになりたいという望み  われわれの望みは  安らかな望みの  冬坡を連れて逃げる望みも  畢生の望みは  御馳走の望みは  鳥取へ帰りたいという望みが  恢復の望みの  お前に望みの  私の望みに  男の望みに従って  母の望みと  熱心な望みに  高揚する望みの  私の望みや  恋人たちの望みを  イギリスに行きたいという望みを  最上の望み  幸福の望みという  やつをつかまえられる望みが  いつになったら望みが  胸に望みが  命拾いする望みが  百姓の望みと  最大の望み  分相応な望みで  父の望み  のを望みも  度き望みを  強き一種の望みに  ゆえ自分の望みは  通俗人の望みの  奔走しても望みを  僅かではあったが望みを  女の望みを  一つの望みへ  馬鹿気た望みを  馬泥棒だけなら助かる望みも  天上の望みという  彼の望みが  のがかねての望み  名で望みの  社会は生れる望みが  伊東行の望みに  出入りとならなければ望みは  ものには望みの  何時でも望みの  引分を期する望みも  一縷の望みに  船には望み  兼ての望み  子にめぐり会えるという望み  世の望みに  わたしも望みに  それも望み  滑稽なくらい望みの  ことには望みが  何か望みを  なんていう望みは  成功の望みが  一つの望みの  分配される望みが  ところへもどってくるという望みは  期待が望み  最後の望みに  これに望みの  諸氏の望みと  一つの望みは  受身の望みが  恢復の望みも  一縷の望みだけを  おしもの望みとして  それに望みを  非常な望みを  火をかきたてて生きる望みを  皆から望みを  草木染に望みを  主の望みの  隨分過大な望み  成長の望みは  ところが望みと  大変な望みを  娘の望みを  九分九厘までも望みの  いくらかでも望みが  恢復の望みは  魂の望み  加はるの望み  もの一切の望みを  死の望み  願ひありて望み  道を踏みて望みを  あらたに望みを  血石をも求めうるの望み  救ひの望みは  そこに望み  天界に登るを得る望み  リムボにゐて望み  九〇一切の望み  ことをいひて望みを  解脱の望み  幸ならしむる望み  いつか国に帰れるという望みが  帰国の望みも  身の望みを  云つて何の望みも  汝の望みに  悟空の望みを  嫁の望みを  そうな望みは  赦をうるの望みを  我に望みを  タラモネに望みを  義と望みを  自由の望みを  彼等の望みを  われらの望みの  すゝむの望みを  舊約の望みは  ダンテの望みを  国司の望みを  当人に望みの  身を望み  生くる望みに  これにより望み  者は望みを  なかにては望みの  凡ての望みの  これに望みを  歸るの望み  福祉を得るにいたるの望みを  ダンテに望みの  ダンテ自ら己が望みの  三卷に見ゆる望みの  眞の望みに  ヤコブ書には望みの  我に望みの  所によりて望みの  人に望みの  詩人の望みに  光を仰ぎ望みて  僅に望みを  それ丈けの望みが  命を保つ望みは  絶対に望みが  ことが出来るという望みが  家族扶養手段の得られる望みが  現世に望みを  己が望みは  思いあきらめて望みを  汝も望みを  家びとの望みを  これぎり浮世の望みを  癒る望みも  無理な望みを  政情に望みを  なんでも望みを  自分たちにかけた望みとの  立身出世の望みが  謙遜な望みしか  最高の望みが  ブロックの望みを  少年なら望みも  昨日來の望みも  長吉の望みを  彼の望みを  

~ 望み[名詞]2
其の望み  その望み  こういう望み  大きな望み  無論望み  こんな望み  豈望み  どんな望み  烈しい望み  わが望み  どうも望み  たって望み  寂しい望み  同じ望み  そんな望み  あらゆる望み  吾が望み  この望み  ある望み  全く望み  到底望み  ない望み  はかない望み  いろんな望み  まだ望み  いかに望み  たいした望み  高い望み  もし望み  まったく望み  最も望み  そういう望み  果敢ない望み  何だか望み  未だ望み  とても望み  もう望み  どうぞ望み  薄い望み  強い望み  遂に望み  なく望み  細い望み  淡い望み  久しい望み  そうした望み  かの望み  どうやら望み  別に望み  明るい望み  いよいよ望み  楽しい望み  もはや望み  大した望み  まず望み  最早望み  思う存分望み  大いに望み  ほとんど望み  ついに望み  あぶない望み  とうてい望み  小さい望み  頼もしゅう望み  何しろ望み  空しき望み  きっと望み  決して望み  かかる望み  男らしい望み  恐ろしい望み  それほど望み  初めて望み  なにか望み  なんにも望み  やさしい望み  好い望み  やっぱり望み  いかなる望み  新しき望み  少し望み  はげしい望み  少々望み  若い望み  いくらか望み  もちろん望み  もっとも望み  善き望み  久しく望み  高き望み  せっかく望み  幼い望み  しいて望み  

複合名詞
望み通り政治家  芽望み  一つ望み  望み御座  望み通り  望みの  ひとり望み  望みどおり  望み給  其時日本人望み  上望みどおり  望み通り気味  望み無し  望み通り実  望み半  望み通り何ん  ふだん望み  望み大  望み次第  容色望み  望みどおり手術  望みどおり徐晃  望み己  望みどおり蜀軍  望み通り與  ア望み  莫迦げた望み  望み通り代議士  望み通り当選無効  つまり容貌望み  恩賞望み次第  日頃望み  望みしだい  望み一つ  望み通り引  望み通り彼  望み生命  もの望み  手柄望み  貰ひたい望み  望み通り沢井  望み手  望み通り竹刀  容貌望み  望み次第ぢ  望み通り順調  当分望み  當分望み  願い望み  望み絶ゆ  望み請ふところ  登録望み  官位望み  望みどおり果  望み通り大学卒業  器量望み  望み通りウマ  はじめ望み給  望み通り三日  望み相似  望みはか  危き望み  望み給ふらんそ  望み江戸  空望み  望みかい  望み通  末望み  望みもの  望みどおりいつ  先行き望み  望み請  和合望み  望みどおり夫婦  稍望み  望み通り足  望み通りここ  望み通りわし  おん望み  望み以上  ちの望み  望み通り伊東  望み通り彼の世  余り望み  む望み  一三二それ望み  望み空  望み徒  待望み我  却つて望み  望みとも  望み達し心  望みどおり透明  望み恩  三〇望み  望み聖旨  望み充分  望みすべて  其望み  望み通り荷物  



前後の言葉をピックアップ
望ましかっ  のぞましから  望ましき  望ましく  望ましけれ  のぞみ  臨み  のぞみ  望み  のぞむ


動詞をランダムでピックアップ
せく届けよながれだし踏み切住みつか叫べ付すもれよ引き返し乗りきろおもえる思い返せ思いなおしおもいつか立ち返らあやどっとびかかろ殖やせ引きしぼ向っ
形容詞をランダムでピックアップ
醜い短したのしく怖かっきつかれ早かろしらじらし遅かれかなしけれ紅いきわどい心苦しいあたたかものうい面はゆひさしくバタ臭いどぎつくうつくしけれ荒い