「有」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 有[動詞]
上おかえしになったならばさぞ有  これは有  お世話になりまして難有  表現を有てないだろうし、又仮に有てたにしても敢えて有  殆んど全く有  駄目を押して、有  唯今は有  大明神樣これにも有  儀にも有  大衆性をさえ有  ルミ子は有  事實を全く有  肩書は、さほど有  人の常に有  四尺も有  内容は有  からでも有  ことも有  腕はなかなか有  人も有  われも有  稀しくも有  写真が有  様子が、反っていたわしくも有  中に有  子供も有  空氣が、かつて有  児も有  自信が有  言葉は如何にも有  ホーレン草がよく有  今、いくら有  濱一里半も有  事が何一つ有  日常的概念を有  性格を有  南翠君の何で有  私がやりまする、有  興味を有  完全で有  僕丈夫で有  用事も有  所は有  馬鹿ものが世に有  下にまだ有  尽力して貰って難有  概念をも無論有  二つを共に有  一日も有  仕様も有  サ宿場女郎のあがりでも有  二十四五でも有  三十位でも有  手掛りが有  イエ爾でも有  訳とても有  無の果して有  意図を決して有  信仰などは毫も有  見込をほとんどまたは全く有  脊を酷く打たれて、有  世界には憎みが有  心なら有  様子も有  違ひ有  気の毒と思はないでも有  はりも有  心ざしは有  買つた方で、有  事ではなく有  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
有がたくも  有がとう存じます  有がとうございます  有い事だと思う  有附かぬ兄弟が鼻面で割込んで来る  有う難有うとばかり言ってて  有くなって来て  有い訳を種々と説き聴かされた  有を感ぜしめない  有たしめる  有たないらしいこの市名は偶然にこの科学者の出現と結び付けられる  有仰ることがある  有仰らないで下さいまし  有うとも何とも云わずに帰って行った  有しない人々は咎むべきであるほど容易であることが推論せられるという  有しないいかなることがらも書かれない  有せざるを得ない  有しないということはあり得る  有の観念が存しなかったならば  有が何ら存在しなかったならば  有に依  有は神ではないかもしれない  有と非有との間の中間者をなしており  有から創造せられた  有に与る  有しないにしても  有をば最大の完全性を離れて  有について思惟し  有は存在すると  有があるという  有の本性はかかる  有の本性の観想に長くまた多くとどまる  有の概念のうちには必然的にして  有い気がしたでしょう  有つであらうと  有いています  有でまり方せう  有たとは明な事で有るのに  有たらうと記されました  有がたからぬ  有することはできず  有つような愛好の念をもって  有つ系のようなものが必要な場合この系を定理や公理という公式に還元してしまう  有つ引用はまず右に述べた  有つ或る理由があった  有つものだと思うが  有ゆる演出のうち矢張り荒尾譲介が最も勝れていたと思う  有い人だと思いまして  有せる元義が一人の同感者を持たざりしを思ひ  有たりけん  有けるおのづか  有つればさぞ有けん  有を生ずるって  有を生じ  有から有を生ずる  有がたいネ  有い液體の徳をけがす  有くはないかと尋ねたくなる  有たねばならぬ  有ち又有力な効用を約束するであろう  有つ歩みで常にあるであろう  有つ事は形式的出発としては許せないから  有つことが出来るであろう  有つことの出来る  有つ性格だけを把握し  有つ存在がそれであるという  有つことが出来るから  有つ存在論的構造に於て発見する  有つことが出来るか  有つとすれば  有つことが出来る  有とうと欲する  有つと考えられる  有つが故に却って事実上普遍的に通用せず  有つと云うならば  有つ観念性だけに注意しながら  有つ処の何物かを意味しなければならない  有たない時之を有たないと考えられる  有つか有たないかにある  有つ時に限って  有たないものと考えられるであろう  有ちながら俗流と一致すべく  有つと想像する  有つことが出来ない  有つ名ではなくして  有つことが出来ないに  有つ一応の優越を必ずしも破りはしないかも知れない  有つことが出来ないから  有つことも出来なくは  有つとさえ考えられる  有つことも出来ないであろう  有つものではないのみならず  有ち之に反して  有つ云わば  有つにはあまりにも都合の好すぎる  有つかは後を見よ  有つものと考えられる  有つことがとりも直さず  有つが故に対象となり得た  有つが故に初めて択ばれた  有つ対象は例外として取り除かれる  有つ限りに於ては一回的なる事件も皆自然法則に従う  有つことができる  有つが故に選択され  有つ一般化はGeneralisierungではなくして  有つ点の連続としての曲線を云い表わす  有ちはしない  有い気がする  有にして出て行った  有つと云って  有つような夫でなくてはならぬという  有つこととなる  有つことが出来ないし  有つかという問題に就いては  有つ根本的な併し  有ち得る  有つという結果になる  有つ点で之とは異っているが  有つ科学的世界の具体的な理論内容そのものをも意味する  有つ意味相互間の関係を意味解釈する  有たず又公式を利用しないで  有たざるを得ない  有ち得ない  有つたものを云ふ  有う存じます  有より有に漂ふ  有の際を窮めて  有取の中に處して  有がっていたから  有の不動産にても定められたきとの  有となす  有いとも思わなかったが  有いと恩に着る  有いと思ってしかるべきだ  有いと云う  有うと受けて  有く服膺する  有にできるので  有ち得てゐた  有のままを筆に上せて  有付くことが出来た  有にならない  有て来たのよ  有て共に飯匕が添えて有る  有いと書いて  有しないものがある  有にしようとした  有がたいと思わなければなりません  有がたいと心でお礼を申さない  有に帰した  有いと思つてゐるの  有にしてみたい  有い人のお姿拝もうと思うての  有い気になられたぞ  有之候晩にはいつも其許様のうわさを皆して  有つ特有な社会的地位に準じて  有つものは恐らく高等官の一部分のものでしかあり得まい  有つことになるかも  有つとも云うべき  有てるようになった  有つことが許される  有つことが出来ると云わねばならぬ  有ち得るし  有つべき文化内容に就いての  有つということが即ちその人民を国民とする  有つことが出来ぬという  有つべき民衆をば想定する  有たない文化のことを云う  有つか持たないかが  有たないと考えられる  有つのを常とする  有たれたり憎まれたりする  有つようになった  有つ時代的意義に就いて  有たない東洋的ヒューマニズムに就いては  有てそうに思われる  有つ一束の現象ともなって現われる  有たれるようになって来た  有つものであることは推定して  有たねばならなくなった  有つ理由が存しない  有ちながら生まれて来た  有つか持たないか  有たれていた  有つ結果になるか  有つとは限らないし  有つことによって哲学体系にまで組織される  有たなくなる  有たされている  有つアナーキスティックな本質に注目する  有つ処の認識を与える  有たされた  有つ積極的な貴族的役割ばかりが注目されて  有つことの出来なかった  有たなければ人間は必ず非常識になるには  有てば常識の涵養の条件の一つが具わる  有たないと仮定されているから  有つ危険性がある  有つのだと見るべきだ  有の根柢にはいつも人間関係が潜んでいるという  有の哲学に過ぎぬ  有つことによって初めて事実という資格を得る  有つだろう意味の在りかをつきとめる  有つ意味を一旦通って  有つ意味の最も卓越した  有てさえしたら  有つように空想する  有たないとは云わない  有より一枚彼岸にある  有ではあり得ない  有から出発して考えるからで  有と考える  有に対立する  有に過ぎない  有の論理では弁証法的矛盾は考えられない  有が直ちに無に裏づけられている  有の論理に立っているからである  有つ弱点と考えられる  有つことが出来  有つ始元の弁証法を斥け  有が無に対立し  有と無とを同じく抽象的なものと考えねばならなくする  有に外ならぬ  有を考えた  有を結果する  有はもはや始元でないのは云う迄も  有と無は之から媒介分化された  有と無とを含むに拘らず  有が成り  有が如何にして  有つ内容はあったとしても  有つ癖がある  有つ気にならぬ  有つことそのものでなくてはならぬ  有つことが出来ず  有つことの出来ない  有つことが出来た  有つべきかということが一向限定されていなくて  有つものだということが判るだろう  有つに至った  有つことを云い表わす  有つことになろう  有つまでには至っていない  有つということに現われる  有たないかも知れない  有つスローガンにすりかえる  有のかね  有つ尊さを主張して止まなかつた  有つてる  有たせねばならぬかとか  有つたら石油でも買ふべ  有ち得しや  有ち得べき  有たなければならない  有ゆる外國から輸入された  有に帰せしめた  有合わした小遣を遣り  有合わしたお菓子を紙に包んで  有ゆる外界の刺戟に堪え得るは  有てるすべてを彼らに与えて  有つに至ったと云う  有つようになって来た  有ち得ないという  有たなすぎるといふ  有がたう存じます  有せざる階級の跋扈する  有が生じる  有せざるなり  有んなさるではございませんか  有って越後高田に近き山家へ奉公住みを致して居ると  有たないとでもいう  有つ社会階級的意義をば私は信じる  有たねばならず  有つかも知れない  有つと見て  有ゆる神佛を信仰して  有つもののみが真に美しいのだということを示したい  有つことができない  有附かせる  有つたら先づ辞儀をして  有く感銘すべき  有ゆる方面の防禦をして居られます  有ち又言語の精華たる文語に關係を有つて居る  有ゆる假名を使つて居ります  有つたら如何しませう  有は生ぜじだ  有合したコニャク酒をしたたかに呷ると  有いと喜んだのに  有のままに日来の宿欝を述すといへども  有しないで終る  有たぬようにまで達しつつある  有となっているという  有つたらうと思ふ  有之候ひし  有せざる國家に過ぎない  有と認めた  有つ親という親の心が安んじられる  有合わす鉄砲に玉込めいたし  有せぬ神的な力をみづか  有つと考える  有つまいと決心する  有たないでゐて  有つ愛情とは全く別な激しさを以て爛々と燃え  有つ体系なる  有つにすぎぬ  有つことは広く知られている  有つ構成原則を使って  有つ固定した  有てるのだと云って  有つと考えられるからだ  有つということは誰でも認めるが  有つのだという  有ち意味を帯びるなどという  有ち合わさない  有つには至っていない  有たねばならぬが  有せざる者を一括して  有と般若の空とを法華涅槃の非有非空の裏に收め入る  有を認めたる  有つ浅間の山の煙は濛々漠々として天を焦して居る  有にして  有ゆる中学の制服を取ろうと思っている  有つことが出来ません  有にせんとする  有せる曲線の即ち弧という奴の数は何箇あるか知れない  有つという事は当然であったかも知れない  有いわけぢやありませんかねえ  有がとう  有つことなどを意味していると  有を産みださねばならない  有が無になる  有とあらゆるものの真似をするという  有せざるものあらんや  有がつたと申す  有い御言が下りました  有とした  有く思った  有がって然るべき能力が沢山ある  有のままで受け取る  有のままで受取って  有ち得なかった  有い心持はしなかった  有く頂戴した  有うと答えただけであった  有かったと感謝したぎり  有た事だけは平岡君に話さなければならないでしょう  有いと思った  有となってしまった  有がたいのでした  有となつてし  有を亡す  有の儘に告白したかった  有つものがおぼろげながら察し得る  有つ筈のものも此處では温帶文明的な去勢を受けて萎びてゐるし  有んなさいます  有つはずのものも此処では温帯文明的な去勢を受けて萎びているし  有つようになる  有せざるに似たれども  有つ機関では決してあり得ない  有せざるとに在り  有つ事が出来  有つ本性の美とは少し異つた方面へ発達した  有い彌勒の世といふのにでもならなければ  有い心持が致しますの  有つようになって来たと考えねばならぬという  有つ科学的な意義を充分に理解しない  有たないということは想像出来ない  有たないものがある  有ち現実が生み出す  有つ論理的な意味を指摘した  有たないということを率直に承認されて来はしないかと思う  有つように見えるものの  有たなくてはならぬ  有たずにはいられない  有つ共通性とを結びつけた  有つ矛盾を指摘する  有たぬが自慢なれば  有いものと思ひ込んでゐる  有つことを見逃してはならぬ  有つものは少くとも二つある  有ち乍ら之を用いる  有たねばならぬばかりでなく  有つものではなくなって来ている  有たないという特色を持っている  有つことになり  有ち得るという  有つものではないと考えられるかも知れない  有たされる  有ちし往時もありければ  有たぬ開化のうちに生息している  有合う枯枝や落葉を拾って  有せる勢力に於て殆ど何等の逕庭をも有せざりし  有ちになろうとは  有てる凡てのものの滅びて行った  有い帝に一身を捧げて勤めようと  有く思つてゐる  有く思つてゐた  有く思つてゐます  有く思はせようなどと思はずに  有ち損なった  有ゆる人に向ひて  有たうとしてゐる  有いような気もするネ  有んなさるから  有之候えども  有つことが出来るに過ぎない  有つ二つの観念形態はお互に他を虚偽意識と見  有たずに殆ど全く社会に於ける  有つことが明らかとなる  有たぬと考えられている  有つ関係を求めれば  有つ特色を明らかにして  有つところの先天的な判断であることが出来た  有つ意味を解釈する  有ける事はいざしらず  有せざるものを有して  有つたら撲り飛ばしてやら  有うごわす  有うぞんじます  有ていないでも  有つ不吉なる雅味を生じてくる  有がたくも感じない  有せざる事を茲に言明致します  有つことができず  有ち得なかったでしょう  有つ健康な美が生れていました  有つものではありましょう  有程引か  有しないことを示している  有しない人は思想的に信用のおけない  有つ所以もある  有にあらず  有たので手早く側中の有金を引浚ッて立うとすると居合せた  有と云うだけの  有て己が自分で博賭徒に見せ掛け  有て貴公の様な初心の意見が当る  有ますよお紺は氷屋などの渡り者です是までも折々築地に母とかの有る  有ません此三筋を斯う握って居た  有て見れば  有とか言いますけれど  有ます根から梢まで規則正しくクネッて居る  有たから其上へヅシンと頭を突く  有たとして見れば  有て能く  有たのは唯最う死骸さえ捨れば好いとドギマギして  有て常に先の奴を恐れて居た  有たけれど死だのか離縁した  有はせんか  有て御覧なさい  有て夫を旨く染て居る  有て困って居る  有がお前は白髪染粉の類を売はせぬかと  有ません其子供は即ち今云った  有うとは思われぬ  有たれば大鞆の気遣いし  有せざる者なる  有んなさるの  有がたい人が居てくれた  有之候様に申し居り  有を生ずる  有たねばならぬという  有つ国民生活安定費に該当した  有たないにしても  有く思はなければならぬ  有く思ふけれども  有之候時下向寒の砌御自愛専一に祈  有合わした三文判を押して  有過ぎましたほど儲かりましてございまする  有い氣がいたしてゐる  有せざる政友会に投じたる  有せざるは無論なり  有せずと認め  有て僅に進歩党の頽勢を支持すと  有せずと目せられたる  有せず偏へに斯波社寺局長平田法制局長等の献策を聴きて  有せずして  有せざるを奈何せ  有せざるのみならず  有せざる政友會に投じたる  有て僅に進歩黨の頽勢を支持すと  有せず偏へに斯波社寺局長平田法制局長等の献策を聽きて  有たざりしにあらずや  有つたりする  有つたことはあるが  有をひねり出す  有つと云われなくは  有つ存在でなければなるまい  有たない社会は存在し得ないからである  有つに過ぎないかの  有つためにはギリシア哲学的諸範疇を有たねばならないが  有つからと云って  有つ哲学的意味を近代に至って  有つ点では直観主義は一応形式主義に優っている  有つことが出来るだろうという  有つことは出来ないだろう  有つように見えるだろう  有つように見える  有つ歴史的意味がどう評価されねばならぬかを見るが  有つことが出来るだけである  有つようになるという迄である  有つことも出来るだろう  有つ機能ででもあり得るかの  有を生じた  有つことなくして  有つものとして現われ得たからである  有たねばならない  有ち得たからである  有つかのように思われる  有つ問題に於て理解される  有たないことが其処に証拠立てられている  有つのでないとしたならば  有つにも拘らず  有つ問題そのものを把握せずして  有つかに在る  有つことは出来ないであろう  有つことを欲し  有つことを許されない  有つというような云い表わし  有てなくなるではないか  有つ必要がないと云う  有たなくなった  有つ真理形態に外ならない  有つ或るものとしてしか存在しない  有つものが仮に神であるとするならば  有つという理由によって感情の論理が直ちに無意識的虚偽の論理であるということにもならない  有つ関心が直接に変化を蒙らない  有ち得るか  有たねばならないと考えられ  有たなかったかも知れない  有ち得るかの  有ちはしないか  有つと考えられるからである  有たうとしない  有がたく  有がたき  有とするも  有ち多少のうるささを持つ  有つたけえど  有とうと心掛けて  有つと云われるかも知れないが  有つことが出来ようか  有がたく思はれ  有せざるに至る  有てみれば  有得べからざる儀となり  有う御座んした  有でせうと取出す  有んなさる  有之哉に相聞き  有せらるる未知の遺産につき  有ち得なかったので  有せざるごとくに人を魅した  有ち菓を結び  有いと思うて  有せざるにかかわらず  有つことになる  有つのではなくその故にこそ夫を概念であると考えるか  有つと考えるからである  有つ偶然性ではなくして  有つ領域をば他の一切の領域から区別する  有の儘に筆にせんとするのみ  有つてる人に違ひない  有つ地盤を検討する  有たないこととなり  有つことが必然となる  有つ論理的とを同一視し  有つという言葉が許される  有つと云う  有つとするならば  有つ必要があるであろう  有たないから之は除こう  有つ存在性の事態は全く特異の仕方に於て分析されねばならない  有つもののことであるのを発見する  有つのでなければならない  有つ殆んど凡ゆる  有つものと考えられるにも拘らず  有つものは必ずそれに基いて  有つとは限らない  有つ性格は要するに判断という性格に過ぎなくなるであろう  有つのではなくして  有つ必然性によって成り立つ  有たねばならなかった  有つ可能性乃至Soseinの性格を有つことは出来ない  有つかどうかを見よう  有つ知覚であることを明らかにした  有たされなければならないであろう  有つ優越性を否定する  有たないで済むであろう  有たぬものは明らかに今の場合の実在の名に値いする  有つ存在となる  有つことは次のことによって最も明らかに見られるであろう  有つと表象する  有之と存ぜられ  有之候へども生等の眼より見れば  有之從つて詳しき歌の學問は致さず  有之候へども此歌の品下りたる事は稍心ある  有の儘に正直に詠むが  有之貫之は貫之時代の歌の上手とするも  有の儘を寫生すると  有之候へどいと  有之候へどそれはしきたりなるが  有を歌い出す  有といえば  有に囚われ  有を内容とする  有を出すにあらず  有の儘にお話して下さい  有つようになり  有つ秘密結社やその外廓団体に這入っていなくても  有つものだと報道されている  有つとは思われない  有つようにさえなるだろうからだ  有がった事がございましたが  有く心得たに  有い御懇意を受けた  有い御諚がございました  有ち合わさぬでは  有ちてすべての他のものの主たるべきものは未だこの全眷屬の中にあらざりき  有合わす麻袋へ田山白雲の作物や画具を手当り次第に投げ込んで  有うと云う  有つ大酋長ラウペパが推されて  有つ希望の有無多少によって計られる  有つに至る  有つことのできた  有つ人物が援けて呉れなければ  有仰っていただくと  有といふものがあるとすれば  有みのあるものだか知らない  有合わす得物を取って  有仰るなら泣きますとも  有仰れば耐えます  有うございますと御礼はいったけれども  有へ無を結びつける  有ゆる宗教は皆迷信を要素とするのに  有ゆるものを征服するの  有たなければならぬ  有つようになったとも  有がとう御邪魔しましたね  有にする  有つことは察するに  有つ意義が著しく高められた  有合わす手だけで充分に生産ができる  有き爲合せに存じ奉ります  有となった  有之哉と奉  有ても出来ません  有の儘を話したら  有つ極く  有せる谷中村を拯ふに  有い教訓を得て  有の空に咽んでゐた  有ちたいほどの者ではある  有せぬのを例としていたが  有合う石に腰をおろしました  有之候由承り  有うッて言いねえてば  有く思うが  有つちやあいけません  有つものが多くなります  有ち易いからと説いて  有つかを知られるでしょう  有つ使命がいかに大きいかを了得されるでしょう  有つかを知らねばならない  有いとおもいなされ  有つ最近の数年が現代人に与えた  有つ貨物を生産している  有にしなくてはならんと思いだした  有しないセンチメンタリズムが詩を綴っていたら  有せぬものが現にその村に住んでいる  有せざるとの原因はいかん  有ちそうなカテゴリーにすぎぬ  有つてるとか言ふので  有ち合はせてゐない  有つたら知らぬ  有せざる日本的音楽を聴き得る  有せざる江戸気質の他の一面を想像し得べし  有つでせうか  有つことは無かつたでせう  有付けるようになった  有ゆる苦しみをして  有ゆる方面の力によって達成されたには  有ゆる果物が進歩した  有付けぬとなると  有せずと云ふ  有せらるると聞く  有を知らんや  有せざる銀杏の大木を探り歩いたなら  有あまった収入の道があって  有つ心理的要素を暗示する  有つ独特の魅力が潜んでゐる  有つことが出来なくなるでせう  有之やに相聞え  有にして見せるだけの  有するところの知力をもって  有せざるによらざる  有に帰してしまった  有合わした雪洞を取って  有せざるをもって  有するところの識覚力大いに衰うるをもって  有になっている  有の意味があらう  有つ潮風が為吉の鼻を掠めた  有つに至って  有のままにしておいて  有もせぬ  有つ者が皆真に科学を愛していると  有たぬ場合の専門家のカリケチュアに他ならないだろう  有せる者は禍なるかな  有がていこつたか  有の如く思ひ  有い御上人かも知れぬ  有ゆる和漢の例を引いて  有てるようになる  有つべき義務を負うている  有つものに外ならぬ  有つことも出来る  有たないということの根拠になる  有つ意味内容はおのずから訂正される  有つものに脱化した  有つと云われた  有つことが出来ずに  有てなくなるだろう  有つことは承認しよう  有たないことをその特色とさえする  有つ何かの関心を排斥する  有を生じる  有ち又はどういう論理学を採るかは  有つことによって産まれる  有つ理由を見出さないだろう  有つか持たないかに就いては  有つということにある  有たなければ成り立つ  有つものと考えられているが  有ますとて出て  有つたら三味線を出して  有たせた事を熟知している  有を生ずるなどという  有せず焦点を有せざるが  有がる二百文に相當する  有くなくなる  有たない人の喜怒哀楽とは人から見たら  有つようになったからである  有つかも知れぬ  有たぬと電気業者はいう  有たれている  有つものを云う  有つインテリ・リベラーレンの嗜好に投じている  有を生じさす  有がたくも  有のままをお話しなさる  有は無から出て来る  有たぬものと考えられる  有つ性質であり得ない  有つ性質だと考える  有つものでないことが判る  有つものでなければならなかった  有たない内から成り立つ  有つか有たないかという一段の規定がある  有つとしたら  有つ性格を正当に把握する  有たないことをこそ自らの性格としている  有つということになる  有つ認識論上の機能から見るなら  有つナチ哲学が出来上るだろう  有と何等異った  有つと考えられるだろうからだ  有と無を入れかえただけで  有つと思う  有つ意味の広さに就いての  有ではなくて却って無と考えられる  有たぬと云ったが  有つと考えられている  有つと云ったが  有つというだけならば  有つ記憶に基く  有つ合目的性は自然の機械的因果律を少しも破らない  有て居る  有い事実とをお知らせ出来ます  有の儘の告白も凡て繊弱な自己に対する適当なひとつの鞭撻に過ぎませぬ  有を生じさせる  有の義と言ふよりは  有つ厚手の紙で板のやうな張りがある  有つものと思へる  有せる低山をいう  有つだろうという結論になる  有つと考えねばならぬ  有つことになつてゐるし  有がるのは余程後れていやせんかと考えられる  有いと思ふ  有い所は沢山あるまい  有とも無とも承わらざる  有せるものならん  有い境遇にゐて  有となしければ  有となしたるなど  有つてるね  有つことが出  有つ為本性とはぐっと歪んだ  有と爲さず  有せぬことを発見した  有てる霧とも雲とも分かざる  有つ果報を実証はしたが  有てゐる  有せぬ細君に甘んじている  有せざるものが山麓の部落あるいは山小屋にいたり  有仰らないやうに屹と念を入れて置きますよ  有仰つて下さいました  有となりてん  有漏覚えの舞の手振  有つ生活に触れなかつた  有つ生活に触れなかった  有の出た  有之候えば  有之夜ごと日ごとにお写真とお艦の写真を取り出でてはながめ  有になってしまった  有に提供すると  有付きたいと思いながら  有つところのものと聊かも異なる  有つものではあるが  有つものに過ぎない  有せるもの一人も生れたる  有つ人がないとはいえない  有に変り得ても  有せる果実とその稚苗との写真を口絵として出しておいた  有ける由茲は徃反する  有がたいやらこ  有仰って下さいますな  有うとも藻西太郎が此事件の罪人と云う  有うか夫に老人が唯一突で文字などを書く  有ますとも老人の室の掃除向と給仕とは私しが引受けて居ました  有附く可き時の来りしを歓びながら出て行く  有ながら此様な貧苦をする  有ません短剣でしたと答えたなら  有たのかと思います  有ません心は極優いですが  有ては独で辛抱が出来なく成り  有ても自然に消滅する  有の境に達した  有つ微妙な恍惚と情熱とがこもつてゐて  有つ市井語が現代近くまで遺  有として独占し  有せる歌人にあっては  有ち得たが  有ち始めた  有のままをいえば  有がたがる  有つといふ  有つ文化が土台になつてゐる  有がたくて  有ゆる文獻がある  有ゆる長崎の歴史を坐  有を無に還元した  有の儘だけをお伝えする  有せぬものとすれば  有つたり無かつたりと云ふ  有之らんかなれど  有せる事を思ふ  有合うベンチに腰をおろし  有つことを自覺せむことを望む  有がつてる  有く思ふ  有つこともできない  有つということができる  有つのに心を惹かれます  有たなくなりました  有つ色の美しさを失ってしまった  有つことは出来ません  有を有とし  有つようになって来ると  有つ此の科学のごとき冷静な特質をも認めねばならぬであろう  有にもなく無にもなきに似たる  有漏に勝ちたるも  有うござんした  有たぬ状態に歩み入らしめる  有たない無學者なのだから少からず困却します  有せらるる諸君はじかに私についてお尋ねを願います  有つ問題を取り上げる  有漏路より無漏  有せざるべからざることを信じ  有付く洋犬となれど  有せざる人はしからず  有せずといふを事実とすべきにはあらざるか  有として存在としてのみ手中に收め得る  有せぬ表象より根源的體驗において與へられる  有より無へ存在より非存在へ向ふ  有より無への方向を取りつつ  有せぬ平面的なる顯はなる  有は勿論客體的存在に過ぎないが  有が呼び起されつつ  有と區別して  有即ち異な  有即ち現在に對して  有は無と離し  有は無と離すべからずに結ばれるが  有の外にある  有と無とのかくの如き聯關の客體面に現はれたる  有の別名に過ぎぬ  有の外にあり  有に代へる  有に連らなる有を以つてする  有の一種に過ぎなかつた  有は無に打勝ち得ぬ  有せぬ觀念的存在者として主體にとつては可能的自己の位置に立つ  有せぬ觀念的存在者としての本來の性格を完全に發揮し得た  有は無のうちに沒し  有のみ存在のみある  有の生ずる  有はいつも無に歸し  有を呼び出す  有せぬことは今更ら取立てて  有へ呼び出されたる  有を保ち  有が生れ出る  有を得ねばならぬ  有を創造する  有するに至つて始めて  有即ち滅びぬ  有であるかのやうに振舞ひ  有をのみ主張する  有を克服する  有へ呼戻されるといふ  有への轉向は隱されつつも  有として再生されねばならぬ  有に呼び戻される  有つこと少なからざりしなり  有ともならん  有に帰せしめ  有つ物をのみ望みて  有つに非ればなり  有てる力を目にもてばなり  有つ織物に適せて  有せざるさきに肉體を離れし  有ち過ぎている  有ついかなる経験が保証するよりも  有つ者をしばしば圧迫する  有つものとされているが  有つということはあり  有つ権利のことはよく知っている  有つ人は何人も戦慄を感ずるであろう  有つ特別の制度は下層社会には見出されないけれども  有たないということを証明するに足る  有つ美にしても  有つ一般性と他の社会諸科学の有つ特殊性との関係について問題をあまり意識的にしていない  有つことは出来ない  有つ客観的意義を強調しすぎ  有つことがある  有つ懸念から生ずる  有つことになるから  有つと仮定して  有つべきであるとするならば  有たずに一般的平均を特定の場合に当てはめれば  有たなかったとすれば  有ち得るであらう  有つべき年齢に達した  有つ母を養う  有つとは期待出来ないであろう  有つために充分の給養をなし得ないとしたら  有つ場合に社会に生ずべき  有つ体躯に異常の力を有つ目的を加えれば  有つに過ぎぬ  有つようになると教えてくれるならば  有つようになるとか  有つ人の努力を絶えず無効にしている  有つ望遠鏡から得られると  有つ重要性は十分に認めるが  有つ個人を除去する  有つ蓋然性はなくとも可能性はあるとさえ思う  有つ人は当惑と驚駭のうちに行動を躊躇する  有たないであろうということをもって  有とうとも疑いもなく過去の時代には弱い力でしか働かなかった  有つものではないかという疑惑を懐かせしめている  有つ一切の人の財産を二倍にしたとしても  有たない階級を貧困に陥れるに  有つ多数の労働者や職人に適当な職業を見出す  有つと一瞬間でも想像し得る  有つき得ず  有ておられる  有たぬ為でもあらう  有か無かの初夏の風が心地よく窓に入る  有しない懷疑は眞の懷疑ではないであらう  有しない空想を拒否するが  有と無とによつて  有つたかといふ事を語つて居る  有の世界に處して  有せる人の多數なる  有つたりし  有之隨分極端なる申やうにも相成  有合う砧の槌や布を打付けて  有之り之は素人なら知らぬ  有之候のみならず  有つ隣人として公平に待遇しようとするならば  有つ過程があるか  

~ 有[名詞]1
君は有が  聞済み下され有が  ハナムケに有之  乳首に有  信仰を有  何物をも有  ツて有  ことを有  散歩でも仕て見ないかと有  のと有  父の有  滑らかさを有  花を有  ことは有  認識を有  根拠を有  論証を有  基礎を有  原因として有  辺を有  ものを有  閑暇を有  身体を有  可能的な有によって  形相的な有によってのみ  延長を有  理由を有  翼を有  感覚を有  力を有  優越的に有  性質を有  与党を有  交渉を有  意味を有  二大校を有  一般特質を有  のを有  根據を有  見聞を有  寧信じない有で  一部で有  事が有  侍にて有  非人という有が  糧だとか有  女の有  骨董家が有  規定を有  意義を有  自然科学アカデミッシャンは有  技術的機動力を有  其人の有  神の有  生類の有  考を有  社会的実在性を有  史的発達を有  社会的現実性を有  未来を有  限界性とを有  積極性を有  高田の有  卓見を有  所も有たり  うちにぞ有  無から有を  有から有を  馬も有  抱へて有  自由を有  興味を有  質を有  器の有  模様を有  存在を有  心さへ有  一物をも有  目的とを有  関心を有  優先権を有  名称を有  場合意味を有  構造として有  夫が有  傾きを有  性格を有  必然とを有  方法概念が有  意志を有  学問が有  尺度を有  地盤を有  客観性を有  優越を有  必然を有  誠実を有  意見を有  学問を有  学問性の有  学問の有  公共性を有  学問性を有  資格を有  一面を有  概念として有  事態として有  観念的に有  誘導性を有  virtualvelocityを有  必要を有  夫を有  時之を有  普遍妥当性を有  独断を有  虚偽性を有  威容を有  直ぐ様学問性を有  体系の有  方法が有  事実上意味を有  体系概念に対して有  動機を有  関係を有  使命を有  全般性を有  目的を有  系列的順序を有  先験的妥当性を有  経験的妥当性を有  可能的対象を有  言葉を有  特色を有  分類概念の有  必然性を有  内に有  場合必然性を有  論理的機能を有  形式的性格を有  私は有  物そのものが有  物そのものの有  限界を有  量的個別は有  個性を有  義務を有  実践的機能を有  法則の有  切線を有  ものの有  期待を有  権威を有  存在理由を有  科学全体に対して有  真理を有  先端を有  根本連関を有  結合を有  権利を有  知識を有  真実さを有  意識が有  意識的に有  価値を有  形式を有  性質を有て  成立を有  社会科学が有  事物の有  公式を有  反覆可能性を有  於て有  客観性とを有  社会的通用性を有  様式を有  形を有  内容をしか有  理論的機能を有  機能を有  個性的統一を有  牙を有  彼は有より  汝は有の  關心を有  経験を有  己の有に  愛着を有  理解を有  形の有の  昼飯に有  握飯には有  汝の有に  親切に有  例も有之  用事が有て  土鍋が置いて有て  自分の有に  私共は有が  神様を有が  秀吉の有に  ように有  何を有  者に有之  船中では有の  価値をも有  地位が有  自信を有  官吏の有  金融資本主義的特徴を有  名分を有  人民戦線的意義を有  戦線を有  国際性を有  実力を有  政治的自主性を有  自主性を有  自主独立性を有  科学の有  宗教的神聖味は有  利害関係を有  気持を有  意識を有  反感を有  イデオローゲンが有  大衆性を有  三木思想の有  勢力は有  役目を有  独立を有  持久性を有  大衆性を有て  限定を有  傾向を有  社会主義的意義を有  思想的指導性を有  道を有  ビューロークラシーが有  真剣さを有  政治的権利を有  一等興味を有  直接関係を有  時を有  ラジオの有  素地を有  社会的普遍性を有  効果を有  普遍性を有  メカニズムを有  論理を有  必然性は有  定位を有  企てを有  連関を有  側面を有  ドクサの有  スタンダードを有  踏台として有  常識の有  知識を有てば  原理を有  観念内容を有  責任を有  説得力を有  社会的影響力を有  内容を有  引用を有  権限を有  人倫的連関を有  風に有の  人間自身を有  現代的文化性を有  現実性を有  つまりは有の  事実の有  自分の有  意味を有てさえ  物質的根拠を有  ファシズム的効果を有  最後の有  最後の有より  一種の有と  処の有に  意味をしか有  ファンを有  それが有  のは云わば有の  企ては有  哲学的始元が有  直接的な有を  成は有と  之は有の  文学的手法の有  錯覚を有  趣味を有  首尾一貫性を有  党派性を有  役割を有  能動性を有  本質を有  物質性は有  自由主義の有  理想を有  頭髪哲学を有  観念を有  神秘的神聖味を有  全知全能性を有  組織を有  機会を有  思想体系を有  展望を有  證據でも有の  共鳴も有  作の有  兒も有  塗板も有  小児も有  糞も有  錢金が有  銭金が有  階級意識を有  學問を有  來それを有  文化を有  文化國民が有  哲學を有  國民の有  國民は有  暗黒時代に有  妻を有  智識を有  影とを併せ有  日本の有に  何が起こると有  悪性を有  制限を有  指導力を有  文学を有  社会が有  教えを乞うたと有  教団になったと有  何て有  労働問題に対して有  辯解を有  こにても有  根柢を有  階級性を有  社会階級性を有  魅力を有  豊富に有  支配的影響力を有  ものも有  辞書を有  発達を有  通行券を有  響きを有  函数関係を有  所の有  いふ風に有  さを有  判断を有  見解を有  月給に有  先潜りまでせられまして有  關係を有  土地を有  居所をも有  怪我が有  天幕を有  無から有は  ものと有之  觀念を有  距離を有  覚悟を有  他人の有と  候ものも有之  体に有之  義理も有之  形も有  処女作で有  困難に有之  満開に有之  神を有  ドロシイの有と  勢力を有  女児を有  彼等の有  膝立って有  統一性を有  仕事を有  經驗を有  希望を有  權力を有  婦人の有  共軛関係とを有  認識の有  本性を有  中心を有  主観的国際性を有  終末を有  自分が有  真理認識が有  力も有  積極的能動性を有  論理的張力を有  原因しか有  ジャンルを有  余裕を有  力点を有  躾けを有  安定を有  認識論が有  ものに有之  弐拾六間と有之  ものも有之  田地を有  含の有と  火を有  懐しみを有  意志的に有に  状態を有  愛を有  熱意を有  小生絶対的反対に有之  場合さへ有  人と有  知識をも有  居所を有  資料を有  材料を有  住居を有  同情をも有  愛人を有  無が有を  それか有  世界中に有と  名前を仰有  内的批評を有  思想を有  雅量を有  覚悟に有之  己れの有と  疑義を有  信仰は有  興味も有  勇気を有  間に有  空の有と  私たちには有が  姿を有  つた航路を有  所を有の  美を有  背中とを有  橋が有  注文を有  漢字の有  概念を有  自信も有  何も有  の自由は有  其個個が有  統計を有  の自由を有  履歴効果を有  文化力を有  の光栄を有  浪漫的情緒も有  前途を有  好意を有  好悪も有  勇気さえ有  理窟も有  宅を有  腕を有  表情しか有  菊の有  人で有  表象の有  理論的範疇が有  通用しか有  重大性を有  ものと有  通用性を有  功績を有  資格しか有  現実が有  文学的真実を有  ものが有  能動精神が有  芸術性を有  規範を有  道徳的規範を有  均衡を有  統一を有  外部的経験論によって有  点を有  人間理性の有  アクトを有  根性を有  何も仰有  軌道を有  結果を有  物質社会的意義を有  パテントを有  工場を有  研究所を有  自然科学的範疇が有  一義性を有  範疇体系を有  結果とを有  外見を有  安定性を有  性格の有  重要性を有  惰性を有  的に有  家にて有  過去を有  其東国に有  階級が有  好感を有  爪を有  者は有之  医師ワルテル・ブラウネル氏に有之  事は有之  手が有  形而上学的体系を有  作用連関を有  内的分節を有  独立性を有  部門を有  自我が有  溝を有  質的飛躍を有  実践的性格を有  媒介物を有  絶対性を有  実在性を有  主張を有  権利とを有  通用性とを有  教育機能を有  連絡を有  文化一般に対して有  イデオロギーとして有  先験性を有  世界の有  知識も有  我國のみの有  他の有  攘夷は有之  材料は有  奴が有  反対も有  棒縞のが有  やつと有  事も有  間には有  ことが有  御方も有  ものは有  針箱が有  友達は有  雑草では有  のが有  拝見しましたと言ってるじゃ有  便が有  写真が有  技では有  置処が有  暇が有  女が有  気は有  縮緬皺のが有  願を有て  尼さんの有  位置を有  民藝品の有  根底を有  羽織の有程  習慣を有  教養を有  愛読書を有  主観を有  魅力も有  喧嘩が有  傷が有と  事が有て  間違いが有て  訳が有  手掛でも有  縮毛で有  具合が有て  事は有  事が有ても  髪は有  毛が有て  場合が有  支那人と有て  中には有とか  曲が有  半信半疑で有  物が有  のでは有  品では有  独楽が有  人は有  白髪が有て  二人とは有  不審は有  イヤ喧嘩では有  証拠は有  仕方が有  其儘握らせて有  想像では有  筈は有  爾で有  仕様が有  昔し有  羅紗緬でも有は  人殺しが有て  戸締をして有  者は有  疑いは有  白髪の有て  者が有が  違いは有  二人まで有  祭にて有  心的基礎に有之  人も有  三十三尋も有之  エネルギーを有  のも有  処へ有  自白に従って有の  通りに有之  知己を有  組織的意見を有  魔術を有  権力を有  伎倆と有て  後援を有  政友を有  成算を有  属僚を有  一大政府党を有  政府党を有  議会に有  生涯を有  點を有  誠實を有  屬僚を有  一大政府黨を有  政府黨を有  議會に有  芝居が有  精力を有  哲学を有  直覚を有  収入に有  二人ばかり有  愛情を有  個人の有  範疇を有  歴史的系譜学とを有  論理的構造を有  イデオロギーが有  根を有  価値も有  それ自身階級性を有  プロレタリア的階級性を有  真理性を有  普遍的本質を有  意味も有  有つか有  構造美を有  概念が有  懐疑を有  調和性を有  生命現象の有  自然史的発展を有  科学的発展を有  科学性を有  標準をしか有  科学的威厳を有  国家理論の有  継起を有  作用を有  形而上学的存在が有  当為を有  途を有  背景に有  懐疑をすら有  区別を有  外貌を有  階級の有  心境に有之  劇痛に有之  風情に有之  果合に有之  結末を有  事物が有  通路を有  方法的規定を有  実践的規定を有  処を有  性格的概念を有  専門性を有  それの有  必然性とを有  問題を有  重心を有  宿命を有  困難を有  可能性を有  予想を有  理論が有  まま効果を有  帰結を有  全体性を有  表裏関係を有  情意内容を有  真理性を有て  連帯性を有  連帯責任を有  政治的性格を有  論理的真理を有  真理形態を有  余地も有  政治的制約を有  人々は有  良心を有  形態を有  先入見を有  アクセントを有  虚偽形態を有  理論内容に対して有  系統を有  二重性として有  二重性を有  peraccidensには有  二重に有  自然哲学的要求を有  価値しか有  大衆が有  知識水準を有  理由も有  組織性を有  政治的意識を有  それ自身政治的性格を有  ことに有之  分別も有之  妙案は有之  祕密をも有  芸子を有  注意は有が  心を有  味を有  掩いをも有  交渉も有  赤沢には有  ことで有  事で有  婦人も有  もので有  處で有  経程を有  訓練を有  リアリティーを有  アクチュアリティーを有  じき光を有  餘地を有  意味とを有  やうに有が  これを有  欠点を有  実権を有  仕着せに有  慈恵金に有  気風で有て  支配權を有  引入候類も有之  虎とを有  熊を有  暇を有  余暇を有  好奇心は有  冗談も有  規準を有  ロゴスに有  存在をも有  特徴を有  出発を有  ところを有の  既成概念を有  方法を有  能力を有  種類を有  構成性を有  構成的概念の有  働きを有  過程を有  源泉を有  場合を有  日常性を有  故郷を有  積極的内容を有  空間概念が有  常識的空間概念の有  空間的存在を有  等質性を有  #直線性を有  直線性を有  専門的規定を有  連続を有  空間に就いて有  不変性を有  優越性を有  時空間的存在の有  性質の有  存在性を有  根源性を有  契機を有  超越を有  性格のみを有  要求を有  空軍との有  の思ひ有之  歌も有之と  集に有之  歌に有之  者のみに有之  事に有之  歌も有之  たる調も有之  いふが有之  処に有之  糸瓜も有之  問に有之  目的に有之  如くにも有之  人も有之  所に有之  社会にも有之  ことも有之  身に有之  處に有之  絲瓜も有之  らざれば有の  理に有之  社會にも有之  無と有との  それは有を  無より有を  貴女に仰有  周囲に有  社会性をも有  光栄を有  特権意識を有  好意的関心を有  方針を有  連想を有  入学試験落第率とを有  色彩を有  淵源を有  享け有  しき時の有  畑を有  猟奇的冒険詩に有之  三つを有  称号を有  疑問を有  所とを有  人の有  集団的偏見を有  久しぶりに有  自らの有  地位を有  的焦点を有  成なる有といふ  敵を有  假面を有  充實を有  から内に有  一に有  私の有に  貴方の有  同情を有  重大さを有  観念が有  席を有  快活さを有  者の有と  ふしの有こそ  住宅を有  家隷に有  防備を有  お礼を仰有  理由をも有  わたくしも有  蹟が有  墓地が有  悲みは有  イデオロギーを有  思想的言語的表現法を有  冗談仰有  社会的意義を有  時民藝が有  交りを有  結縁を有  事実を有  便益を有  感激を有  精神を有  枝郷にも有之  本籍を有  明識を有すると有  態度を有  機関を有  方向を有  アカデミシャンの有  敵意を有  感情を有  満足に有  何處かに有  下に有  美術の有  前二家の有  考慮憂苦をも有  理想的傾向を有  情趣とを有  痕を有  伝説を有  佳人が有  金には有  船籍を有  惡意を有  誰もあげるなと有  夕飯に有  逃れ出づべき容積を有  手掛かりをも有  目的をも有  故事来歴を有  芸術が有  言葉の有  戯曲の有  演劇の有  文体が有  一泊致候旨も有之  許婚に有之  歴史を有  神秘に有之  無を有に  銀様の有に  一人が有  言語を有  右大臣の有に  それも有  確かに有  現在どれ位金が有  なんか有  来世が有  匂いを有  ヘンリイ・ウイリアムズの有に  死骸葬り得さすべしと仰有之  すべてを有の  科学的精神を有  完全に有  処も有之  徒為のみと有之  其中に有  んぢや有  己れの有の  の権を有  是は有  人間が有  共軛関係を有  社会科学的認識を有  範疇上共軛性を有  弁証法的連関統一を有  イデオロギー性を有  微細構造を有  イデオロギー的交流を有  経済学が有  連絡も有  自然哲学が有  先駆を有  運動を有  弁証性を有  弁証法を有  具体性を有  絶対的確実性を有  意味も有て  政治学を有  相手の有  一符号を有  相当して有  一定形態を有  歴史性を有  存在論を有  多様性を有  交換価値を有  週期性を有  一般性を有  角形式上政治性を有  政治的内容を有  新聞問題が有  問題も有  ジャーナリズムが有  理論的意義を有  直接影響を有  総体読者を有  信念を有  家が有  閉ぢて有  恐怖心を有  耳を有  叔父を有  任地も有  焦点を有  方便を有  所感も有之  尊敬を有  戒心を有  中小営業者までが有  刺激を有  対策を有  科学的信用を有  哲学的分析力を有  労作力を有  序文を有  衣に有  天下を有  身の有が  恥かしうのみ有  朝鮮にて捨置こと有  芸術本来が有  交互作用を有  無は有  意味では有は  等々を有  自発性を有  空間的拡りを有  現象形態を有  感覚内容を有  直観性を有  本格的役割を有  上で有  空間自体の有  形相を有  力学的構造を有  優位を有  同一性を有  実験的特色を有  操作が有  取り合わせを有  問題としては有と  積極的成立を有  時間的条件を有  之の有と  自律性を有  実践の有  規範性を有  複合主体が有  典型を有  世界観の有  客観的統一を有  役割も有  視界を有  厳密性を有  生物の有  エンテレヒーの有  点も有  事実が有  何事も有の  一片の偽らざる有の  嗜好を有  楽しみに有之  白布を覆い有之  軽重は有之  ざる者を有  襞を有  仲間として有  質が有  三角測量標を有  世間の有に  審美的表現性を有  目標を有  倫理道徳的性癖を有  段階性を有  心配し始めたほどで有  信念をも有  世帶を有  噴火口を有  矛盾を有  利器を有  自分の有と  本家の有と  それを有  修行を積むと有  分子を有  態度も有  據つて己れが有と  時は仰有  候事も有之  事も有之  手許に有  華族の有  やうなる光り有  父に有  侯ことなど有之  質量を有て  際には有之  こと沢山に有之  是非にと申しましても断つて有  お嬢様と有  性情を有  御身が有と  一に有之  言も有之  人の有に  候事に有之  無から有に  茶に有  管理者が有  決心を有  人間の有  毛髪を有  一島をも有  不服を有  死という有に  永遠に有  種子を有  さ凡一里半余も有  のは有が  今日は有が  紅殿と有  黄金を下さると有  何にも有  事情が有  人が有  晩餐に有  人殺が有  大概は察せられるじゃ有  伯父が有ながら  程では有  者の有  #筈が有  外は有  人が出て来たでは有  成ッて居るでは有  一部分では有  短銃では有  妻も有て  事情は有  なに爾では有  仕込で有  事が有ては  爾では有  男が有  疑いが有ても  訳では有  美術心が有ても  音楽が有  何物を有  設備も有之  町の有  陰影を有  古城とを有  自分の有として  魅精を有  闘牛場を有  遊技は有  其美風を有  批評眼を有  子を有  喜びを有  疑惑を有  考へを有  国民の有  私には有が  長崎については有  いふ生れながらの有の  問題として有の  日本に有  中に有を  規則が有  変名を有  喫驚も有之  此理を知ずんば有  世界を有  友を有  所謂もでるを有  先に有  強者のみが有  靈魂を有  地理的限界を有  自己同一を有  客観性をも有  論理性を有  主語的意義を有  長所を有  譬喩を有  誇りとを有  風土を有  自然の有  伝統を有  郷土品を有  技を有  地域を有  名を有  型を有  海を有  格を有  幾種か有  天然藍が有  物語を有  識見も有  強みを有  有を有と  金も有て  ものとして有  童児も有  交錯を有  思想力を有  決定的影響を有  公共性とを有  実在性も有  文学の有  性を有  今度は秘さないで有  權利を有  手腕も有  主人を有  御馳走に有  徳は有  徳を有  意義しか有  却つてむしろ一の有  却つてそれを有として  派生的第二義的意義しか有  中に有より  奧行とを有  歸した有の  現在する有は  無より有が  一切は有  窓を有  内部的分化を有  一種の有  根源的時間性において有は  無は有の  有と有との  存在異なる有の  ここでは有の  他の有に  境ひする有に  のに有に  #らなる有を  無も有の  的中心を有  一切の有は  從つて無より有の  對手として有  根據しか有  轉じて有と  無より有へ  單純なる有では  粹の有を  新たなる有を  暫有的前階的意義しか有  中より有を  契機として有  他方徹底的に有  粹の有  新たに有へ  無より有への  アは有として  無よりして有の  現在の有と  つて無より有に  煩悶を有  うちに有  侮辱的意味を有  外国の有とも  持候寺も有之  実例を有  地を有  国家の有に  保証を有  われらの有  己が有と  軸を有  手の有  女子婦に有  しき近代劇を有  われわれの有  家族を有  疑問も有  智恵を有  独占権を有  絶対独占権を有  領土に対して有  貯えを有  人道心を有  安全も有  感触を有  硬質を有  機械の有  生命を有  戦闘力を有  社会学が有  我々は有  社会階級とが有  中性を有  農場を有  地所を有  世帯を有  三頭は有  木材商が有  人口支持力を有  人口を有  息子を有  比率しか有  家庭を有  資力を有  分配請求権を有  意思を有  精神力を有  眼を有  手を有  相違が有  悪習を有  継続性を有  偏愛を有  資本を有  確信を有  収入を有  ところは有  何物も有  創造力を有  制度を有  勤労を有  理性を有  名目価値を有  需要を有  生きものの有  瑣事を有  ことも有  関連を有  亭主を有  椅子一にも有  十二分に有て  ことが有ても  子供を有  心掛を有  未練を有  錆を有  靜子は有の  彼は有  小児を有  静子は有の  徴証を有  功の有と  舟の有  十二分で有  孱弱者で有  兒を有  資質を有  氣を有  才能を有  無よりして有に  心理を有  熱化が有  力が有  流行を有  余地を有  所爲に有之  居候こと気の毒なるばかりに有之  兵力を有  國家的思想を有  國民的思想を有  かぎり意味を有  暫時は消えもやらず有之  候やうに有之  憑拠に有之  大切に有之  小に有之  所を有  優越性も有  進路を有  それ自身通路性を有  通路性を有  

~ 有[名詞]2
誠に有  その有  決して有  さぞ有  全く有  わが有  次第に有  強く有  そういう有  もはや有  初めて有  無から有  少々有  いろいろ有  難有  又有  我が有  到底有  しばしば有  只有  そう有  やがて有  ちと有  どうも有  まだ有  無論有  この有  已に有  一向有  要するに有  あくまでも有  現に有  

複合名詞
有つて  江山空有待  有様  四有三居訪問  誰有  矢張有  有渡  数十歩有楽座側  有論  十有五年  何有境  文部大臣森有禮君  宙有  事有  客観的有  飾レイノチ有ルモノニ歌ハシメヨ  萬有引力  唯有一乗諸法寂滅相  僧有月明不信道人心  割愁還有二剣鋩山一  右様承知有之度  加害有之  我有  天下有數也  二十有二年  有楽座  有洞中長有天  有效  有せり  衣服有つて其水  有二数人一者  有二  而忽有二笠制一  有二指証文一歟  立有而言  アリ有爲  過去ほか有  有部律  有明け  思つて有明月  女一人有  ためし有  都有中  有中  有味  有さ  曽有  もの有之者  咲有流  花咲有山辺  有樣  差止メ有  急用有  思召難レ有此度ハ勘定局重役  願候事有レ  其所置可レ有レ  私ハ十分難レ有  レ有候得共私荷物ハ  レ有  レ有候  入用ニ可レ有レ  レ有レ  術数有レ余而至誠  有二芭蕉居士賞レ雪佳句一  康有爲  君有酒能便酔  何有  人間有三  家有縞衣待吾  儘難有  竹屋有村  社会有機体説  世界有數  詩人蒲原有明子新声社  候有楽座  神兮長有有無間  南海有二蠻舶  壽庚有一レ功  レ有二事レ天  レ有二示レ人  有二躯殼之假己一  有二躯殼一而後有二是情一  有二險阻一  有下竊二其祕一者上  來二十有三年後  有そう  私儀都合有  有難  奥さん難有  族有  犬神人有二喧嘩事一  たくさん有  有合  有いも  弟達有楽座  違事有  此度麦倉屋敷ニ怪事有  個有地名  萬有  すべて有  有がち  彼個有  有つき  元来有  有勢  純有  有的国家  有的目的  有的理想  有的イデー  有的進歩  策つて難有  南方有レ塚  有所  毎度難有  有生徒  個有  田火有レ時拾二  國有  富ハ國有タルベキガ  貴族領ガ國有タルベキモ可能ナリ  權利ニシテ國有ナリ  國有地タルベキ土地  從テ國有トシテ國家  鐵道國有ニ  時私人鑛業ト併行シテ國有鑛山  國有地  地主ト投機商人トノ有スル  國有ナルガ  國有タルベキ者ト民有タルベキ者ト  有婦  廢止シ其レヲ買フ有婦  シ有婦  國家内ニ有シ  何有郷  頼母敷トコロ有テ  重症患者有  原料ニ鐵ト青銅トノ別有ル事  盛ニ行ハレタル時代有リシ事ハ  行ハレタル時代有リシナラントノ説起コレリ  地方ニ於テ偶マ斯カル變遷有リシトノ事  一人民ニシテ青銅器ト鐵器トヲ用ヰタル事有リトスルモ  事有ルモ  廢セザル事有リ  事有リ  使用スル者有ルナリ  棲息スル事有リ得ベカラザル事ニハアラザルナリ  攪亂サレタル場合ニ此事有リ  ニ此名有リ  點中殊ニ趣味有ルモノヲ擧グレバ次  途有ルヲ思ヘバ  手掛カリトナス人有ラバ  ル有ラバ本表編輯  有松屋  有物  有片  有さま  対有  有之度此段申進  返答可有  出張可有  皆國有  天下有數  告廻鎌倉中者有  内々有  三ヶ年一千有餘日  害セラルル者有レ  ソレハ甚ダ有リガタウ  婦人有業者  甲斐有  彼等独有  恐惶有  返報有之度候  有玉郷  年紀二十有五  お嬢さん難有  つて難有  日本独有  有材  現在有つて  有連  間有つた丈  四月十有三日  麹町区有樂町  有つて來  藤原有国  有糸分裂  千種有文  冥加有  昔人有レ言  道有レ  云有レ國已三十四年  月有二閏日一  家来有竹某  家来有竹  有勝ち  霊廟有章院別当瑞蓮寺  七代有章院  現在有章院  異変有  有天あたり  有之  隱匿米隨分澤山有  龜有  もの有  段難有奉拝謝候  下候由難有候  頂戴難有候  下難有  有一館  残雪有  有レ  以爲有親必須宮室  間脇階級有  其心恢然有餘  夫恢然有餘  曰く萬有  造化有理想  有らむ  織田有楽  有いが  レ有次第  直線的有則螺旋サ  有則  紀有常  耿耿竟ニ忍ブ能ハザルモノ有レバナリ  僧俗共本寺有  出入等有  所々ニ有レ  往年売僧有  往年七人有  兼日有二其沙汰一  尤可レ有  為二向後一尤可レ有二  舜九納堂前辺ニ有レ  レ可レ有レ  于レ今古井有  其理有  自然心付候事有  傷有  有迷惑  文屋有季  有無し  二万人以上づつ有由  曰く村有財産  有声活動写真  萬有科學  届け有  程有  有くも  所謂有  有い  有つて彼女  エ難有  村有種馬  有山有水一生閑  春長有  賀蘭溪上幾株松南北東西有幾峯買得住來今幾日尋常誰與  有奇蹟  技能有  余暇有  ば有  國有文庫  於レ是有レ井  廬有相識  何図有二此小倫敦一  日光船内有二名医一  知レ吾独有二  雄飛只有二信天翁一  水禽有二何意一  有レ垠  花柳有洸  重畳難レ有仕合  レ有仕合  伯有  有想  有付けやう  空有  物語有  記事有  事件有  却けしこと有  時有  者有  こと有  有勝  度々有ツ  面前ニテ行フト有ル  音づれせざりければ有  外國學堂有二宗教一門一  霊有  有二顏囘者一  有二餘饒一  レ使下内有二餘帛一  外有二贏財一  國有二  賊有二舂磨砦一  吾家有二醤一甕  聞下民間有中  人相食有二誘而殺レ之者一  有下群捉二一人一殺而分食者上  於レ是百有餘年  時殿上有華石  有二抄賊一  有二渡海  有二遭レ賊遂亡レ身者一  有二難阻飢寒之悲一  二月有餘  一月有餘  一年有餘  レ言レ有二老母一  有下  雖レ有二患禍一  有下考レ子  近年有レ罪者  復知上レ有二綱常  惡事有レ  品有レ  不孝有レ三  女子十有五而笄  婦人有二三從之義一  監于有夏  監于有殷  文王有聲  中谷有  園有桃  山有樞  今相有殷  丕若有夏歴年  式勿替有殷歴年  册有典  千有餘年  くも有  尾村有  限つて有數  利得有  成功有之度  時審美的有  作有ツテ一襄ニ  有ツ  必ズ有リ二處スルレ事ニ  必ズ有リ二料ルレ敵  何ゾ有ラン二一毫之動心一哉  有相  思つて難有  有三幽荘引二剰水一  有創造的事業  有経緯  二十有三歳  傾向有  独有  四有三居  有がり  字有  有声  時有山僧来  捨文等有  候者有  変つた事有  厳有院様  得レ寧雲梯終有レ望帰路  雲梯終有レ望  有謀  有年  鈴木有年  有勢裡  段難有奉拝受候  縦ヒ有三健婦  十有五  点滴有  六十有二  林有造氏  大隈伯有  我国議会有つて以来  事実有つて  有年川  有年方面  鐵道國有法案  十有餘年  西有穆山  奇有  レ有くも  県有林  有合わせ  いつか有明け  ヲイタス有ラバ  越後守有時  つて有楽座見物  任土ハ有  現在有  少女有  伊十院有レ  レ有共  儀難レ有  豫參有レ  談義有  司宗有  金沢左近大夫有時  敵金沢有時  元祖戸田清玄ハ宿願コレ有ルニヨツテ  返事難有  めいめい有合わせ  松田正久氏中島盛有氏  瀬兵衛頼有  靜かに三十有餘年  廻し可有  人参有  有ルヤ  先哲有リ二公論一  酷暑有レ感  森有恕  則チ有リ二僵臥スル者一  今朝院門ニ有リ二封書一  ニ有ル一レ爲ス  文部大臣子爵森有禮  體猶シ二右手有リレ急  一有ラ中親疎上  魂魄必ズ有リ二保護スル一焉  特ニ有リ二正氣一焉  有位無位  藤原有仁  新田右衛門佐義貞誅伐セズンバ有ル可カラズ一族相催シ  禅師頼有  別当法橋道有  有リ矣  征途有レ恨君看取  有い話  有み  一室ニ人有ルガ如ク  毫釐有差天地懸隔  二十有餘年間  澤山有つたこと  二年有餘  行つて有效  有效成分  うち有之  二十有三年  有難連  虚有縹緲  有くも日本文明  ト心有気  有泪  仔細有ッ  チョッピリ有ッ  有ッ  違乱申者有レ  説候人有  有メ  曰く有つて奇麗  母親有  要件有  安危ハ只コノ一挙ニ有ル  有度郡清水港  既ニ知ル所ニ有  越可有候島中  廻可有候  御座候其分可有  一揆軍有勢  レ有ル段相聞エ候  之レ有ルニ於テハ  候類有  焔ノミ虚空ニミテル阿鼻地獄ユクヘモナシトイフモハカナシカクテノミ有リテハカナキ世  此間有二真意一  有科学論  如萬有  有処  六十有餘  趣有  判別可有候  撞著有  区別有  沢山有之  ざる者有  必要有  人有  區別有  澤山有之  為シテ敢ヘテ叛カシメザルハ必ズ術有ラン  三界有庵  因レ何有レ死  シレ有ルコト二恐怖一  意味有気  有態  有御礼申上候  医師道有  上有知  早々退散諸州遠山江分山可有  享年六十有七歳  貰つて難有  貴族院議員有資格者  隈本有  明治三十七年十二月事故有  重々難有  有伝者  有頂戴  曽有前代未聞  儀有之間敷候  つて六條有廣  留有  昇進有  有いが二時間半  有いね  有声映画  元来有声映画  有声映画製作者  姿有つて媚  癖有  しき攻撃有  先生難有  乾坤別有天  人麿有二両妻一  四譬而有八毛  此の世界有數  此処有下称二乃保里一者上  是有レ罪人曝二道路一時  于レ時有二遺子一名曰二副国一  レ有二刑戮一  類於レ有レ  話有  有命乎  有機体説的  有度村  有の  十有六年  毛内有  樂浪海中有二倭人一  有二城柵屋室一  有伊邪國  其南有二狗奴國一  有二男子一人一  有二背叛一  有籍者  学塾有備館  有いか  有国々  レ筆如レ有レ神賦料二楊雄敵一  駿州有渡郡田子の浦  南方有池  水中有魚  有苦町  有一篇詩却思去歳  有王  合計九十有六  ニモアンマリ有ルマイト思ウ  家作ガ有ルカラ引越シタガ  咄ヲシタヤツガ有ルソノ時ハ  甥ニ大竹源二郎トイウ仁ガ有リ  ソノ訳ハ悉ク法ガ有ルト云イオルカラ  神ハ速カニ納受ガ有ロト思ウ  ガ九軒有ッタガ  年廻リニハ出席ガ五百八十半人有ッタガ  昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテ  検見中心得ノコトモ有ルカラ  ソノ外ニモ聞イタコトノ有ルハ  狐バクチガ有ルカラ  今晩ハ剣難ガ有ルガ  様々ノコトガ有ッタガ  レ有二漢公之懿一也  莊周有レ  要求有  感有  來冥加至極難有仕合  能有  度々有つた日  有候  歓之事難有存候  飾つて有升  限つて有升  サル事有トテ  雖レ有二其議一  此事先日有二議定一事也  纓有領巾文光蟹  纓有領巾文  説話千有餘  千有餘篇  有日無我  人有勢  有位有声  有位無声  将門拠有  意有つて  有角大蛇  ところ有  羅刹有翅  含申妨候儀これ有  者これ有  言有三物  言有世  言有類  歩行有  台問有  岩岬有  瀑布有  流れ有  濱形六七十有  嶋有  島有  一ツ有  濱有  瀑布三ツ有  岩岬三ツ有  凡貳十丁有  五ツ有  松の木有  川一つ有  瀧有  の地有  失有  渡し有レ  全体的有  有的  承引難有候  そつくり有姿  一千有餘年以前  千有餘年以前  有つて山々  有きもの無し  小雨有  道具あまた有  候様御沙汰有  由消息有  有達  古物ホド面白キモノハ有ラジ  カフコトモ有ランナレド  ル人有リ  器ヲバ和臭有リトシ  求ムル者有リ  古癖有ル者  古渡ハ一百円以上ニ価スル者有リ  疎略ニスル国ハ有ルマジト思フナリ  ト唱フルハ昔ヨリ有リシコトナレド  イ銭ナリト思フ人ノミ有リキ  愛スル人有リ  其蔵品目録ハ余ガ家ニモ有レド  交際上ニ於テハ毫モ論ズ可キコトニ有ラネド  有テ其  クモ有ラヌ玉瓶瑶盃ニ千金ヲ費ヤシ  有楽座四月興行  既而意有レ所レ決  身爾如斯有重荷負事者可  有杼翁  邇授与賜有随歓美喜比  二十有八  弟子有若  有若  吾十有五  則有二仁  豊有  廉有  目今有要  十有三春秋  じい有樣  松浦有平  有王自身  判官康頼有王  村有  復タ有リレ國  有越智玉興者  有斯馬國  有奴國  次有奴國  有三種  西方有レ國  有二大海一  有いし  吉武有  次第有  有女人設欲求男  蘿蔔一束価十有幾銭  火桶五十有五歳  油絵師有  晩間有楽座清元会  此夜有楽座人形芝居  度有楽座  此日晩間有楽座  夜有楽座  荷風年四十有二正月元旦  夜有楽座人形芝居二  三田連中有楽座総見物  清元一枝会有楽座  後有楽座  格別難有  有意識  三寳之聲聞二一鳥一一鳥有レ聲人有レ心  意見有  大海有四熾燃光明大宝  有増減  有柄葉  休息有  気有ルベカラズ  唐有伝奇  宋有戯曲渾詞説  金有院本雑劇其実一也  本来有  有声化  たる者有  十有三疋  有きもの  さ難有さ  じい有  亭主有  町医者千賀道有  道有  有像  有離  三月有楽座  五月有楽座案  有柄花  有それ  それ有  違い有  有一日伏姫  納付方請求有  納付シタル次第ニ有  有識有位  男有たけア  夫有タテ何ア目  六尺有六寸  一片白雲青山内一片白雲青山外青山内外有白雲白雲飛  二三株有つて  引立難有  一朝其品ガ消滅スルニ忍ビザルモノ有ラン  年九十有五  吾有  藤原有家  安藤有益  日野有三九  届有  讀者山崎有信氏  キズ有  虎畫伯ガ有ツテモヨカラン  駿河有渡  大藩有林  河水凡そ十有三  老人有  歎慨有誰  国家有焉  皆有  候恩義有  壯年有爲  むるもの有  有樂座  外有  實有  有繋  思つて有繋  有郷  文難レ有拝見  ニ有レ  メ前後談数語別ニ書有  ニ有  ニ京橋有  手紙有レ  数々有レ  文難レ有  候事有レ  レ下難レ有  対象的有たる  二人づゝ有  三百俵有  注進有  賊徒共悉御誅伐可有  糺候條難有差心得組合限申合萬行屆候樣大小惣代並寄場役人共精  孔子以後有二孔明一  金屬製有筒式火器  有位  可能的有  的有  限り有  父子有親  君臣有義  夫婦有別  長幼有序  近世有乙大鳥居逸平  大道廃有二仁義一  度可二申付一品有レ  書中有二女顔如一レ玉  それぞれ有つて  有士  今後有  有ちまた  イ有  ばイ有  妃素有二肉体一  有二肺渇一  有つた  有君而無臣  つて有対自動詞  所謂有対自動詞  つまり有対自動詞  有対自動詞  俗臭紛々難有味  近来支那ヨリ来ル者有リ  はじめ有楽座  性有  顧問ニ供フ第二義有材  有気  有つてらツ  社有財産  むるので有つて  人有つて  通常有勝  有時性  有時  各人個有  有所方面  有盛  義弟大塚有章  東寺観智院ニソノ画有リ  有二武略一  其間経路有二極難レ明者一  有下逃二出現代西洋該科学之系統一者上  天文学史上有二  風味有つて食  報知難有候三版  惜二十有餘  家有妖  



前後の言葉をピックアップ
ゆう  由宇  由布      悠紀子  ゆう      


動詞をランダムでピックアップ
取出す私する引き出せる際立たやめりゃ憾め叩き起せ薄らぐ啜り上げふるわす出し抜か問お芽ぐま差掛っ泊まり込んめしとっ打しおれとりはらわつくさくぐら
形容詞をランダムでピックアップ
すくなくうれしかっ遅かれ恐けれ物すごく怨めしかっおもろないそらおそろしいおもしろかっ辛い青臭おもうみすぼらしなまなましねたい小高くきびしい縁遠きうら寂しい