「曽」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
曽て世間と伴わなった  曽て一人でも実際に賊を見たと  曽て敵の面前で踊った  曽て勘次を想わない  曽て覚えた  曽て掘り倒した  曽て如法寺に駐杖した  曽て高青邱の詩を読みし  曽て一度もこんな不思議に出逢った  曽て一度した  曽て彼らの国主を担いで  曽て考えた  曽て何人も見なかったであろう  曽て初めてリアンクウル町で耕作した  曽てリアンクウルでは馬鈴薯が花の跡に実る  曽て向田大尉の姿を見かけない  曽て東京の人気を湧き立たせた  曽ては同志社女学校に学んだ  曽て深い懊悩を以て見た  曽て芳子に教えた  曽てこんな楽しい記憶があった  曽て視た  曽て美しい稚子として山村蘇門に仕えた  曽て夢みしも  曽て夢みしかど  曽て書いた  曽て小乗の一切経を出版され  

~ 曽[名詞]1
文章は曽て  微笑から曽て  橋梁用に下さうと曽て  わたくしは曽て  彼には曽  覚えは曽て  経験は曽て  而も曽て  生涯中に曽て  者が曽て  芸人が曽て  三字をかれは曽て  なんでも曽て  像はかれの曽て  そは曽て  二人は曽て  今まで曽て  皇帝は曽て  

~ 曽[名詞]2
未だ曽  

複合名詞
曽有  二日曽病アリ  其時件ニ付テハ曽テ木桂ヨリ来書アリ  雪曽  曽孫  曽つて著名  新潟県刈羽郡中通村曽地  巻機権現刈羽郡中通村曽地  曽つて一遍  安井曽太郎  ハ曽而手紙  曽祖母  曽祖父  阿古久曽  曽祖母さん  曽呂利新左衛門  ケレども曽  曽つてヤッキ  曽つて  曽つて雑誌  曽つて何  曽有前代未聞  木イ曽  曽つて時雄  花囚人看守曽  曽遊  将軍家曽  ニ長州ハ曽  曽而馬関  右刀ハ曽而後藤  小弟曽而長崎ニニ  此度小曽清三郎  曽弥虎徹  



前後の言葉をピックアップ
ゼー・ゼー・トムソン              粗悪  ソアレ  ソアレエ


動詞をランダムでピックアップ
成っしょう翔んかかりあわ敬せつみとっぼりしめつけよ無くする見透し温めよ湿そ験すつけ入りにがしからみあい降りかから対せ駆け出そ
形容詞をランダムでピックアップ
いとけないみぐるしから心憎いいとおしいまばゆつたなあったか篤く果敢なくあわく数多くいさぎよし湿っぽく香ばしくいまいましきとてつもなくてっとりばやい若々しい広くっ草深き