「暮さ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 暮さ[動詞]
樂に暮さ  子孫代々まで暮さ  中に入って暮さ  いつまでも味わって暮さ  数十年を暮さ  子と離れて暮さ  僕をこんなに暮さ  氣儘に暮さ  規則立てて暮さ  昨年本ばかり読んで暮さ  幾日か暮さ  心配しずに暮さ  一緒に暮さ  幸福に暮さ  我儘三昧に暮さ  引証で暮さ  面白おかしく暮さ  旅人で暮さ  想いで暮さ  上きりつめて暮さ  鏡を見ずに暮さ  窮屈に暮さ  一人で暮さ  夜を暮さ  思いで暮さ  極で暮して来た、否暮さ  質素にして暮さ  楽に暮さ  ように暮さ  工合よく暮さ  一生仕合せに暮さ  平和に暮さ  チコとともに暮さ  不自由なく暮さ  独身で暮さ  事があったが、それほど貧しく暮さ  世を、寝て暮さ  金のみを眺めて暮さ  ほん大切にして暮さ  寄合って暮さ  神に仕へて暮さ  無駄には暮さ  京都で暮さ  援け合うて暮さ  顔ばかりを見て暮さ  中で暮さ  そばに暮さ  十二年もの間、押しこんで暮さ  先どうして暮さ  振舞もなく安けく暮さ  運動のみに忙しく暮さ  愉快に暮さ  濱邊で暮さ  不機嫌に暮さ  一生別れ別れに暮さ  元日の如く暮さ  愉快でなく暮さ  余りうちで暮さ  牢で暮さ  年寄一人相手に、しよんぼりと暮さ  夏一杯みんなで暮さ  毎日小言を云われずとも、暮さ  安楽に暮さ  なにもなく、暮さ  歌ひ暮さ  茫然として暮さ  気楽に暮さ  さへすれば、きつとどうにか暮さ  本気で暮さ  子供を楽しく暮さ  なかで暮さ  ひとりで淋しく暮さ  何もわざわざ淋しく暮さ  一生淋しく暮さ  接近して暮さ  つて空を眺めて暮さ  安全に暮さ  三日間ぐらゐ水を飲んで暮さ  一室で暮さ  日を暮さ  引籠りがちに暮さ  此処で暮さ  妻として垂れこめて暮さ  最初から京都で暮さ  東京で暮さ  病院に埋れて暮さ  ところをもって暮さ  柵を眺めて暮さ  余生を暮さ  私と暮さ  中に暮さ  貧乏たれで暮さ  標準として暮さ  如何にして暮さ  餓を忍んでも暮さ  自作農として暮さ  生活を暮さ  それを待ち暮さ  外妾として暮さ  夏を暮さ  土地で暮さ  安易に暮さ  一日を暮さ  気をつけて暮さ  退屈つづきに暮さ  台所で暮さ  一生足袋をはいて暮さ  恋人同志で暮さ  一生を、光りなく暮さ  楽には暮さ  リズムに添うて、暮さ  者とばかり暮さ  ことをして暮さ  時間迄をどうして暮さ  一生安楽に暮さ  



前後の言葉をピックアップ
暗けれ  くらげ  海月  水母  クラゲナスタダヨヘル  暮らさ  くらさ  倉沢  暮し  暮らし


動詞をランダムでピックアップ
あらだてる伸び上がら食い下がっ寄こす押し開か見つめれねとり気どら事欠け痴れ探り当てる走り込も低まれ押し流そ身じろぐ付き纏っ聞き取ろ払わしかけ合せ明かそ
形容詞をランダムでピックアップ
っぽかろみじかし黄いろし惨い気持ちよいこわかっ慕わしかっ欲しかっ手早きこぶか差し出がましき空々しゅう度し難きおおき喜ばしくったわいなき口惜しいねばり強うるさかっ辛気臭かっ