「春めい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 春めい[動詞]
さんで春めい  労れて春めい  水のいろも春めい  すつかり春めい  てゐて春めい  ゆつたりと春めい  ぬかるみのもう春めい  道がつづいて春めい  影も春めい  花時風雨多し、春めい  焼芋やいて暮らせて春めい  影あれば春めい  実や春めい  風がほどよく春めい  風も春めい  日光が、いかにも春めい  俳句浮氷鴎が乗って流れけり春めい  のだが、そろそろ春めい  俄に春めい  つた上を、春めい  追羽子の春めい  にわかに春めい  廂に伸びたも春めい  家中がひとしお春めい  心もおのずと春めい  自分自身の春めい  俄かに春めい  日光がそろそろと春めい  影が春めい  鳥は、春めい  急に春めい  独白しながら、幾分もう春めい  暖く春めい  小屋も春めい  木曾路はすっかり春めい  樹を見てもなんとなく春めい  色などももうめっきりと春めい  日、珍しくぽかぽかと春めい  翌朝も快い春めい  三日の春めい  私とは、忽ち春めい  音も春めい  色は春めい  声もひとしお春めい  東山あたりには、もう春めい  外景は、優しく柔かく、春めい  樹によりかかって、春めい  陰影が春めい  山の春めい  二十日過ぎにはもうよほど春めい  中にも、少し春めい  陽気はすっかり春めい  ここらも漸く春めい  數日急に春めい  ぐッともう春めい  から一日増しに春めい  お萩でも食べれば、春めい  きのう一昨日はすっかり春めい  夕方から風が出たが、いかにも春めい  何という春めい  景気も春めい  ように春めい  外記はいよいよ春めい  向うには、すっかり春めい  何んとなく春めい  晴れ晴れと春めい  それに、もういくぶん春めい  そこらが春めい  模様が春めい  神経の春めい  陽気が春めい  陽気も幾分春めい  夕方ですが、春めい  きょうはすっかり春めい  地肌が春めい  窓べりによりかかりながら、春めい  陽気もきっと春めい  二月が来て春めい  



前後の言葉をピックアップ
春美  春見  春洋  ハルミ  ハルムステッド  春めか  春めき  春めく  ハルメソン  原免


動詞をランダムでピックアップ
入替る呼ぶ貸せよ可愛がっ受け取り赦し取り調べれ色めき憂うきめつけよ捩じ向けこと足りうろたえよおおせつける生み出す推せおいつこ出張る読めだしぬか
形容詞をランダムでピックアップ
白くものめずらしくなまあたたかきやすかれ丸っこ委しけれ面倒くさくっ鬱陶しくでかかろつれなき聰き涙脆い手厳し誇らしかっ見にくおとなしかっ物悲しくかしまし賑々しひろく