「易」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 易[形容詞]
気易  ちょうど易  心易  明易  良夜易  奉公易  明け易  乗り易  サッと易  度易  路易  親しみ易  づみ易  差し易  テ易  坂本易  変り易  丈易  レ易  感じ易  そっと易  いかに易  

~ 易[形容詞]
水も易  水を易  時の易  位置を易  立場を易  身にも易  背景が易  以て易  調子を易  ピヤノに易  問題を易  赤に易  ためにつけ易  時につけ易  姓が易  自負に易  御子は易  色を易  姿を易  二三度身ぶりを易  給料には易  家国に易  命には易  直接に易  牛に易  鶉と易  一碗を易  雑煮に易  軛は易  柊に易  酒に易  位地を易  対人地位なども易  向を易  気分を易  資本に易  言葉を易  

[形容詞]
易さ  易えて床  易るを悟り  易そう  易闌  易える音  易からん  易はず  易えるもの  易えること  易えて文学者  易ん  易へた  易える所  易げ  易朝  易ること  易るなといっても易  易える頃  易ヲ  易える拍子  易徳  易えてもと  易える者  易えて児  易る途端  易えるの  易為  易えて今度  易行  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
易からしむ  易へられた  易へてやらうと  易えさせようとしたが  易に从ふも  易の事と相成  易うるに活動をもってし  易からしめ  易からしむる  易へやうのない生活をして来た  易など支那の古書を引用して書かれた  易に現れた  易を立ててやるといって  易をたてて占ってみた  易を案じて  易えがたき遺物となれり  易はあたっている  易を垂れよ  易を遣  易うること能わざる  易を立て  易の説卦と關係のある  易が經書に列せられた  易は田何の時に始めて  易へて行つたに違ひない  易との分る  易えまする  易やすと空へ舞ひ  易の八卦をはじめて傳へられたとも聞いてゐるが  易へまいとする  易の卦にしても  易はダメだとお叱りを蒙った  易をどうこう云う  易が見破る  易には鬼を一車に載すという  易を占ててきた  易へて食に充てた  易の眞似  易へて居ります  易へたと  易を立てて進ぜましょうかな  易の講釈をつづけます  易を立ててみました  易へて而して  易えられる  易からし  易の卦はよその易者のヘナヘナの見立てとちがう  易を立てて見てくれて  易の卦をオマケにもらって  易っぽいかも知れない  易に動いている  易の卦から取った  易の同人卦からとったので  易の坤卦から取ったので  易わらず長く住みたいと思う  易へたるのみにて同じ祭文あり  易を立てる  易など見ている  易ってゆく  易えなければならなかった  易にして  易はありませぬ  易につく  易の意義に近い象即ち説卦が主として説いてゐる  易から切離して見るとなると  易に關する  易の内容にも變化の起り得る  易や手相のことを書くと笑う  易の適中を知って  易よりも手相を信じている  易の占いして  易の占いをしたかと尋ねると  易だの朱子だのと申す  易えられて  易を立てて見てあげよう  易を読んで  易を読みながら  易にぶっつかって  易をごらんになりました  易を立てて  易はわかりません  易を講じ  易のおもてで言いますると  易を学ぶと仰せられました  易を学べば  易の本来だと承りました  易えよと言ったと  易で神道を解釋した  易を学ばしめば  易を学ぶ  易を学んでいるが  易を学ぶには  易を学んだ  易を喜み  易を読み  易が孔子以前にすでに存していた  易を学ぶなどという  易と亦とは韻が異なるなどという  易の盛行や道教の勢力を顧みるならば  易を立てるやら  易に擬して  易の方ですべての數の根本とする  易へて纔かに目的を達し得た  易からしめる  易やすと踏みのぼったという  易へようと試みて  易の眞似をして  易からしめるには  易さしい  易の太陽の數に因める  易の思想をも含めるを見る  易の思想によりて  易を信じて  易を立てて見ても  易かッただろうと思いますよ  易などに凝り  易の名人がいやはりまして  易の卦では唯今申上げた  易って行く  易へなければならない  易かりしが故に部下に地を踏ましめし  易り之を軽んず  易というものは的中する  易は見て貰ったが  易はきっと中る  易は精神の病を癒す  易の面に現われている  易へさせる  易へるに従うて  易ふれば敵となりて  易ふるをえたれども  易ふとも必ず咎となるにはあらず  易ふるをうる  易ふるに當りては必ずまづ寺院の許諾を受けざるべからず  易へて獻ぐる物前に獻げし  易へうべき物あり  易へうべからざる  易は六家に分れて居るが  易は鄭玄の註を採るが  易につき劇を厭ふて  易についての書物一冊があった  

~ 易[名詞]1
図書に接し易から  字に易  札が懸易へ  水を易へて  之を易  服装を易  つくり時に易に  怨望に易  理解を易から  目につき易から  一時正岡が易を  珍宝にも易  正義で易に  間に合せの易を  大事に易  これに易  これを易  意にふり易へ  愛に易  それが易の  章學誠が易は  口拍子に乗せ易へて  顔をして易を  妄斷に過ぎざるを諭し易  吟者讀者の易との  三たび処を易  旧態を易  舊態を易へ  旧態を易へ  為につけ易  時につけ易  位置を易へ  写真の易は  桜井さんの易を  ところまで易が  子を易へて  太玄は易の  文字を易へて  字を以て易へ  左右に振分けて易の  算木とを取って易を  法を行われ易から  三冊の易の  人相判断と易の  親近し易から  鉄案断乎として易  月並で易  これは易の  同人で易の  これも易の  家屋は易  隊名を易へ  心に易を  道楽で易など  位置を易  交通を易から  大乗は易に  難を去って易に  來の易の  來の易から  其時までは易の  発見された易の  私は易よりも  親は易の  家に建て易  小母さんが易を  銀様は易を  算木筮竹で易を  失物判断縁談金談吉凶禍福に至るまでを易を  五十以て易を  のが易の  内々では易や  羊と易  五十にしてもって易を  五十歳になってから易を  時から易を  晩年に易を  晩にして易を  すべて孔子が易を  漢代における易の  楊雄は易に  それに易の  ノートに易へて  客をして買い易から  壇へ易  表現法を易へ  人に喜ばれ易か  それには易は  人が易の  地を易  禹貢には易の  東洋の易や  私は易を  ばいと易から  弊に陥り易  年とともに易って  階段中に入れ易へ  孤なるにあたりて消し易  これまでも易は  路を易から  汝にさとり易から  根柢を易へて  郡領と呼び易  生活は易へ  此生活を易へ  流行語を易  汝を認め易から  材に易  物を易  中には易へ  北朝では易は  夢と易についての  

~ 易[名詞]2
たまたま易  その易  若い易  まだ易  はじめて易  いと易  この易  ずいぶん易  

複合名詞
易籠  易經  易安  易行  易書  気易  易筮  歓場感易増  ニシテ易レ  易料  易行往生  易つて  路易  いつか路易  路易自身  つた路易  何かしら路易  路易たち  心易立て  易占  易水  白居易  神易  眼易  易風社  易風社店  心易げ  易簡  易理也  易理  易ニ精シ  法易  こと易  土御門家一流易道  易ら  易経  易京楼  易州  ここ易州  ひとり易  周易  元通り気易  易断  易簀当時多く  印シ易キハ豫メ  易尚書論語  周易鄭玄王弼注  就中記憶シ易ク發音シ易キハ  輕クシテ荷ヒ易キ舟  易断所  易つて了  易つて了うた  易行門  易行宗  聖路易  明け易  易筋経  路易十五世時代  心易  霊易  花易水  易牙蒸二其首子一而進レ  易牙爲レ君主レ味  嬖臣易牙  敝邑易レ子而食  民易レ子而食レ  易レ子而食  易牙  二山中賊一易  簡而易レ行  甚者易二其姓氏一爲二胡名一  心易だて  易緯  易部  イ越スハ易ク後人ニ  左國易一家言  易つた  心易立  南洋賢易  いま易筮  人相手相家相周易  親しみ易げ  易求  易筮そのもの  元来易筮  高島易断売  易哲学  綱鑑易知録  易春秋礼記  路易王朝式  路易王朝  易テ二榮枯  気易め  易道  市易  張易  易えさ  リ易キ乳歯時代ニ於テヨク留意シ口腔歯牙  占易  風蕭々易水寒シ  風蕭々易水寒シ壮士一度  変易性  料理人易牙  易童子問  作易年代考  君子所居而安者易  商瞿受易於夫子  羽易娘子  羽易  二羽易娘子  羽易娘子等  易判断  劇易  変易  周易経伝  易伝  易面  梅花心易  梅花心易  賢易商  ヨリ心易  行ッテ心易クナッタラ  相弟子ヤ心易イニ出シテ取出立テ  心易イ者  関川讃岐トイウ易者ト心易イカラ  易簀  親しみ易  坂本易徳氏  鑑識書画ニ比スレバ易シ  山づとと取り易  われ易  易大過  古俗盟約易名  生れ易つた様  易教  易簀当時暹羅公使  多年易  路易十五世式  易也  万古易ら  易らざる者  気易げ  一種レバ則易シレ茂リ  抜キ易シ  蘇易  親易  路易王朝好み  かたわら易占  温柔ニシテ馴レ易ク  易學  居日日易  周易判断金亀堂  文字通り易  僻易  大分僻易  周易活断  シテ理解シ易カラシメンガ爲  移り易  易つた事  易断トランプ  幸易  緒易刀手力男  連長人易名詠  詩人白居易  むかし詩人白居易  議卑而易上レ行也  施氏易  孟氏易  梁丘氏易  京氏易  費氏易  高氏易  易げ  当流易行  



前後の言葉をピックアップ
    駅通り  易から      駅員  駅売り  液化  腋窩


動詞をランダムでピックアップ
吸え振り向こ忍び込み怨み躍り掛っでそろいのみこま威かせ冴え蹲い押さえ付けよ滑らみてとっ止れ連れ帰り聞きとがめる煮え返ら浴びよ強める
形容詞をランダムでピックアップ
美しく重苦しかっ著しゅう熱きひもじ痛きみっともなく恐うわろきてばしこくこむずかしき間遠くてれくさかっよろしかっつらから如何わしいあかるあたたかし