「明け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 明け[動詞]
夜は明け  花に明け  戸棚を明け  戸を明け  んだのにまだ明け  行事がすんでもまだ明け  それは明け  夜が明け  晴、明け  勤をすましてもまだ明け  朝月夜がよかつた、明け  花の明け  唱へをはれば明け  風が明け  只だ明け  六月廿七日曇、よく睡れないので明け  梅雨は明け  梅雨が明け  年が明け  其を明け  雨戸を明け  熱中して、明け  一本も明け  ほのぼのと明け  障子を明け  襖をサラリと引き明け  開き戸を明け  ところを明け  夜の明け  掛鐶を外し明け  夜も明け  蓋を明け  私ゃ夜が明け  文助や明け  店を明け  のだ、一寸明け  誰だ、明け  母が明け  三月二十日夜の明け  雲が明け  うちに明け  夜まさに明け  庵、明け  私は、明け  格子戸をからり明け  一埒を明け  朝に明け  づ、明け  夜はいつも長く明け  あかつきの明け  夜が、明け  窓を明け  頁を明け  のですが、さていよいよ明け  騒音に明け  孔を明け  襖を明け  背を向けて、明け  夜はいま明け  道を明け  一夜が明け  目を明け  夜が再び明け  儘其夜は明け  山が明け  から何をしたかといふと明け  巨燵を明け  頭蓋骨を明け  雨戸などをすっかり明け  頃うちを明け  かがやきやすき、明け  中へ這入ると暫く明け  いつのまにか夜が明け  そのまま夜が明け  ために明け  梅雨はまだ明け  二日をおいて、明け  眼も明け  空ほのぼのと明け  細目に明け  思つて、明け  声で、明け  三寸ばかり明け  真剣にもなれるが、明け  表二階を明け  それから先、明け  葬曲とに、明け  そのまま夜は明け  襷こそ掛けなかったが、明け  三崎丸を明け  何だろうと思って明け  夜はまだすっかり明け  眼だけ大きく明け  打け明け  山から夜が明け  可愛い眼をぱっちりと明け  しづかにほのぼのとすがすがしくも明け  丁寧に明け  日も明け  座敷を明け  間を少しずつ明け  半年程留守を明け  穴を明け  ソッと明け  カーテンを明け  家を明け  庄は明け  全然夜が明け  風穴一つ、明け  戸は明け  ところだけ明け  思つて窓を明け  自分が明け  内夜が明け  冢を明け  一枚だけ明け  事はなし、明け  夜がやっと明け  扉を明け  八五郎の明け  いつまでも戸を明け  梅雨のまだ明け  顔が明け  それ夜が明け  工合致つて宜しく、明け  雨戸をこじ明け  八橋は明け  彼は、明け  ふたを明け  旦那だと思って明け  柏屋の明け  夜は未だ明け  生活に明け  夜もまだ明け  それは、明け  口調を、明け  船室が明け  真先に明け  夜はまだ明け  ショボショボと閉じたり明け  夜が明けるか明け  自家を明け  ちらしておくいつしか明け  たんぽぽちるやもう明け  松かぜ松かげ寝ころんで明け  夜がまだ明け  心もあらず明け  わしはまだ明け  夜は次第に明け  容易に明け  雨戸などを明け  城を明け  皆な明け  星住省吾は、明け  戸も明け  喪もまだ明け  夜はいまだ明け  今店を明け  アノ店を明け  三晩家を明け  から店を明け  其処を明け  襖は明け  朝がだんだんと明け  天まだ明け  雨、明け  左右へ明け  穴を漸く明け  喜連格子を明け  畳二畳を明け  四日も明け  自宅を明け  云わずに一寸明け  唐紙を明け  上総戸を明け  しめやかに明け  /″\と明け  新参小屋を明け  屋敷を明け  ちょと明け  ア仕方がない、明け  破れ障子を明け  仕舞え、一寸明け  窃っと明け  其処をがらり明け  朝はいつの間にか明け  雨戸を繰り明け  行李を明け  夫の明け  空は明け  天が明け  空のしらみ明け  なかに明け  それを明け  夜はようよう明け  梅雨はもう明け  朝、未だ明け  雨季が明け  一方をこじ明け  悽愴粛然と明け  合鍵で明け  硝子窓を押し明け  足で蹴明け  窓はうまく明け  中へ明け  貴女が明け  上に明け  友人鵜照君、明け  どんどん夜が明け  眼を大きく明け  ひとりが明け  内を明け  変化に富み、明け  夜でも明け  私たちは明け  つて、明け  ハイ、まず明け  ひきだしを明け  其年は明け  民子が明け  母から夜が明け  子守り唄夜は明け  手を明け  若水も汲まねばならず、先ず明け  夜のすっかり明け  庭で、明け  夜がすっかり明け  すつかり明け  五日も明け  眼を明け  年季が明け  二階を一度明け  用意して明け  薄目を明け  隣室を明け  鉛色に明け  静かに明け  留守を明け  紙を明け  厠を明け  中を明け  つて鮨桶を、明け  埒を明け  入梅が明け  夜ごとを寒く明け  ぱかりの穴を明け  胴なかに明け  音楽どころか、明け  長夜の暗漸やく明け  障子をそっと明け  古物であったかと思うが、明け  存在ではなく、明け  うつとりとして明け  私、明け  夜も全く明け  引出しを明け  部屋を明け  きれいに明け  ここのみは、明け  押入を明け  梅雨も明け  百鬼夜行の、ふわふわと明け  それから夜が明け  穴が明け  眼を少しく明け  暮れ、明け  年はどうにもならず、明け  死後三ヶ年經つて喪が明け  夜がほんのりと明け  われは明け  桝を明け  注意ぶかく明け  大戸を明け  引出を明け  宅を明け  宅中陰気でね、明け  上がところどころ明け  離家の明け  板戸を明け  扉が明け  年は早く明け  家を一寸明け  自分で明け  朝、まだ明け  冷やかに明け  ・山ほとゝぎすいつしか明け  つた、明け  掃除日ださうで、まだ明け  出立した、明け  青葉の明け  かなかなの明け  山の明け  無事に明け  夜もほの明け  チチチチと囀りに明け  何事もなく明け  三日前に明け  年は明け  十九日も明け  ガラガラと明け  夜はすでに明け  簡単に明け  籠を明け  音で明け  秋雨が吹きすさんで明け  位を明け  夜のしらじらと明け  何日もぶっつづけに、明け  血に明け  三十六峰を白くして明け  髯を落せば、明け  寝床を明け  鼻を明け  ガラス窓に明け  貴方幾日何十日お宅を明け  ような、明け  喪なら、もう明け  服喪は、すでに明け  若宮大路を明け  秒間ならまだしやすいが、明け  三つだけ明け  たくさんに、そうしてできるだけ広く明け  松の内も明け  時日は明け  空気が、明け  探題邸をも明け  以後は明け  喪でも明け  仄白く明け  箱を明け  事なく明け  土用が明け  ようで、明け  格子をがらりと明け  引き綱を解いてそろそろと明け  お腹は明け  姫様は明け  店障子をあわただしく明け  けさも明け  中からあわてて呼び止めて、出てはいけない、明け  ッ、早く明け  あらしは、明け  矢さけびに明け  格子をがたぴしと明け  彼は明け  半分ほど明け  いつか夜が明け  朝のまだ明け  朝は早く明け  店こそ明け  大雨が翔け狂い、明け  五十日が明け  誰も明け  ほんとうに夜が明け  雨戸を少し明け  埓を明け  熊は明け  下の、まだ明け  短夜はすぐ明け  夏じゅう、明け  女中が明け  掘割が、明け  から同時にがらりと明け  ことはいうまでもないと同時に、明け  釘抜藤吉は、まだ明け  いずれも明け  形になって、まだ明け  八日後の、明け  朝は明け  短夜の明け  お爺さん、明け  年季もまだ明け  化物が明け  中障子を明け  目鼻を明け  から夜が明け  其儘夜が明け  ドアを明け  情を明け  夜はわかきうれひに明け  暮れ夜が明け  未明、まだ明け  部屋、明け  四方を丸く明け  夜ももう明け  居處を明け  明け此夜は明け  壮い漁師は白白と明け  朝が明け  もう一度箱が明け  ものは明け  さにかてて加えて、明け  年がまだ明け  財産に明け  夜が全く明け  明けます、明け  口を明け  夜がそろそろ明け  夜がぼつぼつ明け  翌朝は明け  それからほどなく明け  今夜も明け  場所を明け  かば覚むやと明け  長夜もすぐ明け  ちの窓を明け  院は明け  むぞうさに明け  灌木を切り明け  夜はあっけなく明け  せいでまもなく明け  ずんずんと明け  寐ぬに明け  間留守を明け  夜はもうとっくに明け  夜がまだすっかり明け  夜がもう明け  だんだん夜が明け  方を打ち見やれば、明け  朝早く、まだ明け  騷ぎも手に取る如く、明け  潜りを明け  何うでも明け  下を明け  幕を明け  なぞをがたびしと明け  日が明け  ふいに戸を明け  らと明け  窓は明け  所だけ明け  夢おだやかならず明け  未明起床、明け  人声のして明け  更既に明け  破れに明け  者いよいよ明け  もので、明け  三千寵幸一身に集まり、明け  それも明け  江戸を明け  どこかへ明け  紅梅だけが明け  戸をすこし明け  引き出しを明け  來ないで、明け  半分は夜っぴて明け  指図通り戸棚を明け  夜はとうていまだ明け  抽斗を明け  吹雪で明け  雪とで明け  夜が早く明け  時など、明け  年季の明け  谷底はまだ明け  谷底も明け  駒ちやんは、明け  箪笥を明け  暮れ、かつ明け  忌も明け  窓をすっかり明け  窓もすっかり明け  ハンドバグを明け  咲子が明け  とろろに明け  ことなく明け  浅黄に明け  果たして夜が明け  眼口を明け  戸をこじ明け  口をこじ明け  家来に命じてこじ明け  夜も、明け  門をまだ明け  筒をお明け  百姓わざも出来ないで、明け  無理に明け  年期の明け  お早うございます、ようやく明け  彼は刻々に明け  窓をあけて、明け  月みそかか、明け  ためには、明け  世界の夜が明け  夜は、まだ明け  冷ややかに明け  嘴口を明け  暗がりを透すと、明け  朝、明け  夜が白く明け  まひしより、明け  梅雨はすでに明け  席を明け  この声なら明け  地面を空しく明け  お客さんに明け  搦手を明け  一室を明け  事があつて、明け  訳を云わないで、只明け  本人は明け  足音がする、明け  いつか夜は明け  目を醒まして明け  格子を明け  年期を明け  格子窓を明け  中に明け  翌朝四時うっすらと明け  一日が明け  しらしらと明け  夜は間もなく明け  格子戸を明け  女が明け  内から戸を明け  妻戸を明け  物忌が明け  ように明け  邸を明け  夜はもう明け  包みを明け  宅も明け  座敷を明けろとか明け  土用も明け  薄すらと明け  棺桶に入れられましたが、明け  んと明け  頂点から芝居を明け  年も明け  夜がしらじらと明け  夜既に明け  屏風押し明け  いつのまに夜が明け  私は明け  序幕を明け  外から明け  錠が明け  伊織は、明け  大人達はまた、明け  自分は明け  なんでも明け  冬は明け  鉛筆色に萎れるが、明け  ことか、明け  涙に明け  戸を少し明け、またすこし明け  戸をがらりと明け  網扉を明け  中から窓を明け  なかで明け  うちから嘴を引き明け  セリョーシカと明け  木戸を明け  私は押入れを明け  つもりで明け  お前が起き出て明け  障子を引き明け  幾度か明け  大旦那、明け  さに明け  夜はしらじらと明け  十三日、明け  一夜は明け  町家らしく、明け  夜を持ち越して、明け  休みの明け  階を明け  木戸口をあまり大きく明け  開場してみると、明け  事もなく明け  眠い目を強ひて明け  なんだろうと明け  云ひますよ、お明け  晴々と明け  誰が明け  モウ夜が明け  朗々と明け  袋を負うて明け  おりからからりと明け  んだ、明け  夜漸く明け  夜には明け  うそではないくらい、寝ても起きても、明け  徐かに明け  間違ひなく明け  秘密を明け  二荒山いまだ明け  抽斗が明け  その後は打明けるにも明け  夜のまだ明け  十年一日、明け  夜は、ようやく明け  末尾ながら、明け  だって、明け  彼をよびだして、まだ明け  朝の明け  土用の明け  梅雨が漸く明け  年の明け  背丈けに明け  本箱を明け  硯箱を明け  寐たつて宜いやね、起きて明け  そこへ明け  一五九八年が明け  のを明け  間に明け  雨戸すこし明け  町は明け  隅田堤のまだ明け  じき夜が明け  世が明け  いつか忌も明け  手際よく明け  押入もいちいち明け  部屋は明け  扉をグッと明け  通用門を明け  金庫を、たった今、明けてみせるか、それとも明け  金庫を明け  抽匣、明け  ようだ明け  天手力男命が、引き明け  つて夜は明け  三年忌が明け  はるがはる明け  厠通いに明け  ここお明け  寒が明け  いふ小窓を明け  私はそうして、ただ明け  なにしろ夜が明け  硝子戸を明け  しまひに明け  障子ががらりと明け  卓子を明け  薔薇色に明け  通り蓋を明け  暮れ容易に明け  夜はしだいに明け  障子さえ明け  忌が明け  作家の明け  ところどころに刳り明け  甚兵衛は、明け  

名詞

明け[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
明けはなれて  明けはなれる  明け放れまして早晨の爽気が漂うております  明けやらぬ闇に降りいでし  明けはなれたばかりの  明けはなれ  明け放れの早い六月の空には何時か太陽が昇って  明けかけており  明けはなれて行きました  明けすけに話してくれ  明け放れる頃には夜来の嵐は篠つく  明けに網を入れようと思って  明け放れたと思われるくらいであった  明け切らないうちから其処で雉子がけたたましく啼き立てるので  明けしなかった間ぐらいはとも思う  明けになってから  明けないうちに逃げ出したくなって来た  明けはなれてゐた  明けかけていた  明け拡げられた  明けの光の射す迄は  明けはなたれた  明けはなたれていて  明け拡げられて  明けかかる時分に目を覚ます  明けはなれてから  明けはなれて来た  明けの日も爲めにいたく時をうつしぬ  明けないうちに御飯をすまして  明けはなれゆく  明けの大鼓を聞いた  明けの大鼓が鳴りださなかつた  明けはなたれてゐた  明け掛って来て  明けに行ったという  明けに行った  明けはなした  明けの夜は名のみを止めた  明けないうちに逃げ出さなければならないか  明けに出た  明けはなれると  明けなすって下さい  明けない中に東京に着いた  明けはなれた  明けはなれてゐる  明けはなれました  明け切らない内に着きました  明け行く跡の山見えて  明けおそく暮れ早い山峡の第二夜が来た  明け放れたばかりの微靄のある  明け昏れの寂けさに返った  明け昏れの寂けさに返つた  明けやすき紫の理想の雲はちぎれ  明け開いたままの隣の部屋に愛子たちがいる  明けぬればその歌をきかむ  明けやしないかしら  明け初めて来た  明けやらぬうちに神宮へ参拝して  明けささぬやうしてみたい  明けないうちに起きて  明けひろげてある  明けひろげてあった  明けていう事情というのを聞くと  明けないうちから出発した  明けないうちに眼がさめる  明けの鐘がなるまで寝つかれなかつた  明けかけてきた  明けかかっていた  明けかかつてゐた  明けさえすれば  明けはなった  明けを告げていた  明けはなれたが  明けないうちに立ち去った  明けないうちにオーカミイナリを往復する  明けををかしがりはしてゐたものの  明けかけている  明けないうちにこの橋を渡りきらないと  明けの六つに開いて  明けしぶるような雲を低く垂れ  明けもしなかった  明けないうちに船頭たちが帰って来た  明け開いて綺麗に済度してやるが  明けだと道で聞いたが  明けなんとする  明け放れているので  明けにも間がある  明け放れて陽の金色の箭が山の頂きを  明けはなれていたが  明け放れていっても  明けないうちに内所をしまい  明けかかっていたので  明けないうちにどこかへ出かけてしまった  明けないうちに戻って来て  明け切らないうちに浅草の家を出て  明けないうちに埋めた  明け初めてきた  明けないうちに黒松を逃がしてやりました  明けたるやうな気が致しまして  明けないうちに山伐りに出かけてしまう  明けの五つというから  明けはなれるまで  明けを急ぐか  明けそして暮れてゆく  明け放れんとする  明け放れるまで近隣の人たちと共に話をしていたくらいで  明けないうちに帰りたいと思ってる  明け掛けて居る  明け広げた夏座敷の灯が漏れて  明け放れていたので  明け放れて居た  明けはしなかった  明け来ればとひ  明けなんとしました  明けぐれの空かきくらし降る  明けはしなかったが  明けやらで風に吹かるる  明けぐれにいづく  明け暗れの  明けはなれてしまった  明けの月が派手に光を放って  明け放れるのにしたがって霧の濃くなった  明け放れてしまったと見える  明けない内に通ったのよ  明けしらみゆく  明け放れて人に怪しまれなくなるまで  明けない前に草刈りに出ていった  明けの報らせを撞いた  明け放れていて  明けはなして  明けそめた夜が明けそめたと  明け放れて薄すらした  明け行く雪の山を眺めていた  明け放れて山霧全く霽れ  明け急ぐ雲のけはひに包まれて  明けないうちに竜巻にお伴致させます  明けはなれていた  明けね上気せ  明けやらぬ闇にかがまりて  明けたる如き心地が致しまして  明け近くなった  明けないうちに昨夜の写真を焼き付けて  明け切らないうちに一番汽車に乗り込んで  明け放れていた  明けの明星が沈まうとする  明けはなれましたが  明け放れて行くと考へる  明けないうちに押掛けて  明けの日の楽しい眠りに陥ちた  明け退いていたので  明けにかかった  明けもした  明け切られた  明け放ちたる窓のそばに幼兒を抱き行きて  明けの六つには起せ  明け近くなるまで話し合った  明けにけり  明けを待つてゐた  明けすけにぶちまけてしまった  明けなんかしません  明けはなれてをり  明けはなれない  明けの朝色あせて  明けにゆくと  明けすけに話した  明けすけの淫らな冗談さえ一言も云う  明けの靄の中から大きな山葵漬の看板や鯛のでんぶの看板がのそっと額の上に現われて来る  明けはなれてゐました  明けわたして出ていった  明けとまではゆかないが  明けに国太郎は帰り支度をして  明けはなれて行く  明け切った構内を横切って  明け近い月の白茶けた光りが  明けはなれると共に  明けに来ました  明けづきぬらし  明けないうちに近所の寺へ投げ込み  明けないうちに二匹ながら姿を隠してしまいました  明け切るまで待たなくてはならんな  

~ 明け[名詞]1
障子を明け  葉のそよぐより明け  夜の明け  あかつきの明け  夜が明けは  夜は明け  夜は明けは  点々と明け  雪の明けの  何なりと明け  夜が明け  朝は明け  位置に明け  夜の明けは  雨戸は明け  戸を明け  雨戸が明け  まま夜が明けは  中で明けの  すつかり明け  旦那樣が明け  雨戸を明け  水を明けに  戸を明けに  室へ打ち明けに  快活を装う明け  法堂あけはなつ明けは  朝夜の明け  高等学校に移った明けの  清瀧夜の明け  襖を明け  今日は明けの  夜が明けや  私が明け  障子も明け  短夜の明け  日夜の明け  亭主があると明け  観音堂の明けの  らと明け  夜が明けさえ  手で明けは  小鳥が明けを  一夜は明けは  空は明け  寒の明け  夜は明けに  なごやかな夜が明けは  おごそかに明けは  シラジラと明け  襖一重の明け  窓は明け  月は落ちて明けの  ことだけで明け  のが明けの  部屋を明け  奥を明け  穴を明けは  心中を打ち明けは  二階を明け  顔見世は明けの  それをたがいに打ち明けは  夜はの明けやらで  空も知られぬ明け  今はと見えし明け  心もゆかぬ明け  一夜は明け  夜はもうすつかり明けは  八幡鐘も明けの  隙から明けの  障子を明けは  まつたく明けは  静かに明け  夜も明けね  空から明け  智識を有せしものなるや明け  夜も明けは  四時近くには明け  安らかな明けの  城を明け  鉄扉を明けに  夜風が明けは  すべてを忘れて明け  幾度か打ち明けも  縁から明け  花に注ぐ明け  おりから吹きだした明け  窓を明けは  ほととぎすとて明けに  戰つて夜の明けを  十二畳間三座敷を通して明け  春の行きける明けの  門を明けに  前で明け  あなたに明けの  好きな明け  すつかり明けは  屋敷を明け  やうにて明けに  静かに明けは  聲遠ぞきて明け  

~ 明け[名詞]2
すっかり明け  やっと明け  しらじら明け  もう明け  まったく明け  早速明け  ほの暗い明け  ほのぼの明け  やがて明け  青じろく明け  よく明け  なく明け  その明け  はや明け  はっきり明け  いよいよ明け  全く明け  次第に明け  ほし明け  既に明け  ぼんやり明け  ぼつぼつ明け  

複合名詞
引き明け  明け日  明け次第四谷  しらしら明け  明け次第  明けたる  ゆうべ打ち明け  明け話  有明け  明けッ  明け頃  口明け  明け暮旗  梅雨明け  明け烏  明け烏カホオホ  明け太陽  精進明け  うち明け  切明け  一先明け  明け候  明け物  ひき明けごろ  ら明け  ひき明け  酔はず明け  土用明け  幕明け  虫明け  明けツ  山の口明け  明け朝  明け申  明け易  明け崖路  薄明け  明け六つ  明け鴉  明け開げ  靜かに明け  もと明け暮れ  年季明け  年季明け早々  つて明け  明け暮  明け明け  アノ明けッ  明け初め  いつか有明け  明けまぢか  明け六時  矢たけびのなかに明け暮れ  オオ明け  明けぱなしでけなすのであった  明け六ツ半  明け六ツ  雨期明け  明けたて  明け六ツ過ぎ  明け六ツ頃  明け堀  明け切り  明け六つごろ  うち明けよう  明け荷  明け七ツ  うち明け話  明けちや  切り明け  土用明け前  明けはじめ  明け此夜  草山の口明け  明け度  明け寄席  万端埒明け  こぢ明け  其明け  夜どおし明け  夢まくら明け  明けん  明け方眼ざめて村  切り明け道  シラシラ明け  明けりや二十一  明けよう  通夜明け  明け渡つて  一晩じゅう明け  ざつたらしく打明け話  明け浪  明け置願度  明けぎわにざっと一  明け離  九六明け  唐紙明け  戸棚がたがた明け  二あな清明け  あな清明け  ろかす明け  



前後の言葉をピックアップ
開けれ  開けん  空け  飽け  空けよ  明け  明けよ  明けん  明けがた  明方


動詞をランダムでピックアップ
うちたてすごせる代われ聞付ける写せる振り起し霞も思い合せ漕い疲らせよつづい締め付け染め上がっ佇た仰ん刺立ち彫りつけるいがみ合お相成っ見えん
形容詞をランダムでピックアップ
貧し雄雄しき理屈っぽいぎたないきむずかしく久しから生じろほのぐらきいとしなまぬるくみめよく太いなまぐさく薄いあたたかう潔きとろくなつかしけれ悪賢い仰々しから