「旨」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 旨[形容詞]
さ旨  最も旨  から旨  突然旨  さも旨  むしゃむしゃ旨  特に旨  如何にも旨  みんな旨  余り旨  まり旨  時たま旨  実に旨  

~ 旨[形容詞]
さと旨  造語の旨  獵人は旨  父親は旨  つた餠が旨  そればかりを旨  餅を旨  愚直ものの旨  飯を旨  肉を旨  汁を旨  伊太夫も旨  お嬢さんとが旨  隆吉は旨  桝酒を旨  茶を旨  際の旨  甜瓜の旨  狸は旨  男が旨  鹿の子は旨  何だか話が旨  坑夫は旨  それを旨  菜漬を旨  男は旨  牛肉の旨  末代の旨  正像末法の旨  非常に旨  一つを旨  

[形容詞]
旨さ  旨そう  旨こと  旨すぎるやう  旨際  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
旨を催告する  旨に違えりといわざるをえず  旨をつげた  旨を告げた  旨の一項あり  旨しい物を戴いても  旨としても思想的のデモクラシーを主張すれば足れりとは信じない  旨を主張した  旨とした  旨を答えて  旨にあらざる  旨とせよと  旨を味わう  旨を奉じて進んで来た  旨を伝えると  旨を記してやり  旨を信じて  旨を告げると  旨を奏上した  旨を答へると  旨を申しますと  旨を通知しました  旨を通知などもいたしました  旨を伝えて下さい  旨を謙さんにお伝え下さいませ  旨が報ぜられた  旨をうけて  旨をいいだした  旨言ってからする  旨に遵う  旨を奉じて  旨を通告した  旨とする  旨とすべしといふ  旨がる田舎漢では食物の咄は出来ないという  旨をふくんで  旨を伝えた  旨が追記してあり  旨とし  旨を含んで  旨を王に言上し  旨を伝へたが  旨を告げて  旨とまったく相戻る  旨を述べたる  旨をいって  旨としなくてはならぬ  旨さうな料理を運んで来た  旨を御報告お誓い申しあげて来た  旨を承けて  旨を翌日マルクープ老人に伝えてやると  旨を二様に記して  旨を二様に分けて  旨をもって  旨を体し  旨を京の五右衛門のもとへ知らせた  旨を奉行に届け出ると  旨を打ち合せておかなければいけなかった  旨を届け出たので  旨を申出た  旨を答えた  旨を述べると  旨を申し出ると  旨をうけて忍んで来た  旨を答えるとともに  旨を答えてしまった  旨に従ってしまった  旨の返答がありました  旨を直書した  旨にしたがい  旨とされて  旨を申入れた  旨を予言して  旨を訴えるべき  旨を領諾した  旨をつたえて  旨をふくんできた  旨をつたえ  旨のメールが届いた  旨を伝え  旨を伝えにやった  旨を諒せよ  旨を南六波羅へ申しやった  旨申し出ることもできず  旨を誓ったが  旨を語る  旨として大勉強仕  旨を語って  旨をそう伝えた  旨は遺言されてあった  旨を天下に宣した  旨を仔細に語って  旨を聞かせてもらいたい  旨を誓った  旨が解し  旨を安め奉り  旨で貴公を任じられた  旨を厳に訓達しておいた  旨を書きつけておいたから  旨を早馬でいい送り  旨をあやまらず  旨を魏軍へ通告した  旨を返事した  旨を嫂に向けて  旨を書き  旨えものでも沢山喰って  旨を受けて行ってしまうと  旨を主人に申しました  旨を記して  旨お館に申し  旨を有りの  旨の書状を貰った  旨をすぐに死亡診断書に認めてくれた  旨を伺ふ  旨は遂げられ  旨を含め  旨を強調した  旨を返答した  旨が国王より命令せられ  旨を述べている  旨を具申している  旨を受けて  旨を記し  旨を報ぜり  旨を述べ  旨に同心ありて  旨を承知しました  旨を受けた  旨を氏政父子に取次いだが  旨を誓紙に書いて  旨を伝へ  旨を示した  旨をつげるので  旨を神さんに届け出ると  旨を含ませた  旨を彼女に伝へると  旨をありていに述べた  旨を夫に取りついだ  旨も充分言いふくめて  旨を警視庁に急告いたしました  旨を書きつけ  旨を以てするも解し得べく  旨を以てするも解し得べし  旨ありと見ば  旨ありとて  旨とす  旨と戲曲の體と相伴へりとはせず  旨ありて叙情詩の體をなす  旨の戲曲ならぬ  旨をも含むべきを示したるなり  旨なきものに至りては  旨として通ずるなり  旨なき戲曲を現じ來れる  旨を承けたる  旨で秀吉の意を猜すれば  旨を答えると  旨が学校の講堂に掲示された  旨としよう  旨を公けにする  旨を触れしめた  旨えことを考えた  旨を得たる  旨を言ひいでられ  旨を体した  旨を述べた  旨に適えば  旨はこの私が誰よりも一番存じております  旨をのべました  旨を申請した  旨を応えた  旨を云い遣ると  旨を肯いて見せた  旨仰出さる  旨の来信がある  旨の手紙が来る  旨を知らせる  旨を告白した  旨を打ち明けた  旨を答えようとすると  旨を告げ  旨を申し出でた  旨を感謝すると書いて  旨を向へ伝えて下さい  旨を健三に話した  旨を通知してもらう  旨を打ち明けて  旨を云って辞した  旨を応えて  旨とせざるを得なかった  旨を教へて呉れた  旨としており  旨とすべき  旨を倶して  旨を答えたり  旨を新橋署にて調査中なりし  旨を電照して参りました  旨を告げ知らせました  旨を承わりました  旨を答えました  旨をコンドルから聞きましたのみならず  旨を進言しました  旨を申渡し  旨を通じたり  旨を承諾し  旨を通じ  旨を申渡したり  旨を答え  旨を返事すると  旨を伝えに  旨記しておく  旨認められてあった  旨をふくめて  旨を附加えた  旨を陳述した  旨がつて食べる  旨として撮ってるじゃないですか  旨を宣した  旨を河竹へ報せに行くと  旨を附記する  旨にかなう  旨を申述べた  旨を通じてもらった  旨を伝えさせた  旨が書いてあった  旨を述べ合って別れた  旨の御返事を領し  旨とするは  旨をも欠く  旨を忘れたる  旨を含めた  旨としてできる  旨を諭した  旨を語りました  旨を含めて  旨を話すと  旨を答えますと  旨を話してもらう  旨を報せると  旨を先方に話すと  旨を箱書して  旨の命令を受けて  旨を申し込んだ  旨をお詫びし  旨を述べました  旨を答えて帰りました  旨仰せ出されたにつき  旨を松尾氏はありのままに若井氏に物語った  旨を後藤氏へ通じると  旨を一応話し  旨を伝言されたので  旨を私に話されたから  旨をそむく  旨を伯父に至急知らせて貰いたい  旨を大統領に報せるやら  旨を言い渡しました  旨を心得てか  旨を周信にたびたび提案した  旨もある  旨とせよ  旨え物でも食って  旨を届けて  旨の詫状を入れてはないか  旨を強調した程  旨の申立てあるが  旨としたりき  旨をつたえに馳せた  旨とも聞えませぬ  旨をうけた  旨をいま別当職まで申し入れて来た  旨を発表している  旨を希望して  旨も充分に申しふくめておかねばならん  旨をみなと一しょに伺っていたであろうが  旨を願い出た  旨を前もってシナに宣言した  旨をもってした  旨をうけると  旨をふくめ  旨を知らせると  旨を秀林院様へ申し上げ  旨がとどいていたに  旨を代表らへつたえてやると  旨をおびた  旨をふくませて  旨を聞かせてください  旨を幕府に出願された  旨を申し聞け  旨を伝えてくれ  旨の上書を出しかけた  旨を拝した  旨を内外に触れ  旨をおびて  旨の申渡しがありますと  旨を言いだしていた  旨はむしろ軽薄子の軽忽に認むるかの博愛主義に近きところあるも  旨や遠しと言うべし  旨を明らかにして  旨を部長に伝えた  旨を全教授に通告した  旨を尋ねければ  旨だとある  旨もほのめかしている  旨をいつて  旨を本丸番所に告げて  旨として出立する  旨を奉ずべき  旨を仰出されて居りましたが  旨之を申され  旨を発表した  旨を通達した  旨を師団長会議で詳細に訓示しようという  旨をフィリッピン体育協会に打電して  旨を声明し  旨を告げたとある  旨を玄関でいい入れた  旨をいってよこしてある  旨を述べて  旨をお代官の下役に答えると  旨もあれば  旨を言つてもらつておく  旨を言い含めた  旨を申出  旨を言いよこした  旨をたどたどしいサモア語でしたためる  旨を言って来た  旨に従ふ  旨により加藤夫人が皆をつれて去る  旨も忘れずに申されてな  旨を演説せられたり  旨を訴えに来た  旨を申し聞けて  旨を伝えていた  旨があつて申し上げた  旨あい守るべき  旨をうけ  旨を傳へしめた  旨を復命した  旨を電報した  旨を申し込むけれど  旨を告げて退いたが  旨を後悔し  旨を森に告げると  旨を云う  旨を先生に話すと  旨は決して頭取へも何人へも話す  旨を打ち明け  旨を説き  旨を一わたり訊いてみれば  旨はわかります  旨を伝えて来ていたので  旨は測るべからざる  旨の通知に接し  旨は御取あげ無いか  旨御用い下されと願え  旨御用い下さる  旨を書き残して  旨を書いて  旨として調ぶべき  旨とするなる  旨とすると  旨とするとは  旨を主張し  旨が記載してあります  旨としてわずかずつ貯えながら  旨を述べ終ると  旨を庵主に告げると  旨を領して  旨としてしばしば寒暖応答の辞に代へられたり  旨を忘れてき  旨の宣告が下されました  旨を通ずると  旨を脱退組に申し伝えると  旨を声明した  旨を奉答した  旨しかとお伝え下され  旨を奉じて起ち上がった  旨言われた  旨を述べてくれた  旨を回答した  旨を彼はクリストフに打ち明けた  旨をつけ加えておく  旨の名古屋県からの通知があり  旨を口達した  旨を本陣に届けいでよと言われ  旨はかねて触れ置いた  旨を言い聞かせられて  旨の報告書が認められる  旨え酒一つ飲ませようじゃあ  旨として国の煩いになる  旨を誓言させた  旨で繰出されて来る  旨を申し聞けおき  旨を書いた  旨の遺言書を作製して  旨を報告し  旨を云つたことがあるが  旨を下知し給うのみで  旨としてさきには命のままに義経を殺し  旨を密告する  旨を小川部隊長に報告してゐた  旨を報告した  旨え物を食ってみるくれ  旨に反する  旨とせず  旨を記述せられている  旨を説いて  旨の明文を挿入する  旨を言ひ送  旨を告げたからである  旨を申しきかせ  旨をも申し渡す  旨あれば名は名乗らじ  旨を宣言した  旨を届けてきた  旨を伝える  旨を心得  旨がるところが知らぬが  旨を奉じて出る  旨を主張してゆ  旨を朝廷へ対して  旨の話も有力者の口から出たので  旨に忤い  旨仰せられ  旨があると云って  旨に忤って知行宅地を没収せられた  旨の簡単な手紙を出しておきました  旨は留守番の老爺の知らせによって承知していたが  旨の電報が入り  旨申し送られたり  旨を進言した  旨を述べても  旨を承わって  旨を返事する  旨の通知があったので  旨を返事し  旨を三郎治に訴えた  旨をひそかに言うて聞かすが  旨を申し含めて  旨を申し立て  旨をあらかじめ天下に広告しておく  旨を返事して来ております  旨を申し送り  旨を伝えしに  旨を表し置かんと  旨をいいしに  旨を打電したりければ  旨を承諾して  旨申し来るなど  旨言い送りて  旨をしたためた  旨を話そうとした  旨を通じたという  旨その家より知らせあり  旨がって食べるだよ  旨がったのかがおのずから分明になる  旨かあ行かねえ  旨を領した  旨として第一監獄工場で作った  旨しそうにおさつを食べている  旨をカタリナ皇后に言上した  旨を語りつ  旨を白状した  旨を報じた  旨の電報をつづけ  旨の信号を発射し続けつつ  旨知らしてくれ  旨を一々その画工に指摘せしめつ  旨の指令を発した  旨を打電したが  旨を揚言する  旨を規定し  旨の電報を打った  旨を告げました  旨を表情で示すと  旨を話し  旨を云い含めた  旨を大勢の人に云っていたので  旨を書き送った  旨を行う  旨を帯して  旨を含ませたらしい  旨だか解らない  旨と申して  旨として万事に注意の普き事は是だけにて察せらる  旨を弁ぜんとするに  旨を池上侯爵家へ報告しました  旨に叶う  旨を発表する  旨いことったら  旨を帯び  旨を含み  旨を忠告した  旨を越中守の耳へ入れた  旨を答えたが  旨の返事を認めた  旨え乾物など見付けて提げて来よう  旨を話して  旨を満足げに話した  旨を復命しに帰っていった  旨を聞き  旨を返事していました  旨の申込が出ている  旨に背くが  旨お約束がありました  旨通じてはありましたが  旨としておる  旨も亦明らかなるべしと思ひ計りてなせし  旨としますから  旨として作られるなら  旨として出来る  旨として作られているという  旨を御興がてらに申し添えて置きます  旨として居る  旨とするから  旨言って貰う  旨話して置くから  旨あの人にきつく言うと  旨ならばそむかれませぬ  旨をふくめた  旨を宣らせ  旨を布告てまわった  旨告げ遣りぬ  旨を談判した  旨かるべしと想いて  旨を告白したと云う  旨を奨励する  旨に変ずべき  旨を知らざるの  旨も付け加えたが  旨にかなうとするも  旨を述べていけない  旨を頼んだが  旨を知らせて来た  旨をつげ  旨を頭下げつつ答えけるが  旨云うて帰りし  旨え物あ食って  旨の述懐を記されてゐた  旨を断って  旨を申出ました  旨を報告しました  旨とするかの如き  旨に叶つた予言者たり得る  旨が感じられました  旨をほのめかした  旨を断り  旨を申し出  旨を言ってくれたが  旨を知らせ  旨を証明すべし  旨とするに似たり  旨が言明してあった  旨を附記した  旨を付け加えた  旨を伝えて来た  旨を勧告して  旨より外ならず  

~ 旨[名詞]1
居所を転ずべき旨を  大原のでない旨を  細工師谷村三造とを連れて来た旨を  一致する旨を  ことを得る旨の  こいつは旨  お茶がはいって旨  成程旨  圧制を旨としても  退校に処すべき旨を  質素を旨と  教えに行った旨を  承知の旨を  靜肅を旨と  詩の旨を  父母の旨を  禁戒の旨を  法然勧進の旨を  手紙の旨を  半身不随に罹った旨が  毒殺せいという旨を  事がある旨を  ことにした旨  父の旨に  いっさい簡素を旨と  ドダイ西洋料理を旨  公儀の旨を  妥協を旨と  主人の旨を  助力を得ている旨が  ことを旨と  お家様の旨を  使をせられなば存ずる旨  眼光に服しをる旨  秀吉の旨を  自白した旨を  ことを教えられきた旨を  本編の旨に  義を旨と  改進の旨と  せんとするの旨を  追求を旨と  阿波守の旨を  徳川家の旨を  許しがあった旨を  九編学問の旨を  学問の旨を  平生卑屈の旨を  蝮蛇を食うている旨  屍体を見たい旨を  度い旨を  原稿書きである旨を  野盗掠奪を旨と  自由行動をとる旨を  使いの旨を  質素倹約を旨と  堪忍を旨と  承諾の旨を  曹操の旨に  袁術の旨を  順なるを旨と  快諾の旨を  降参の旨を  運命にある旨を  兄の旨を  曹操の旨を  黄蓋が旨を  隊将に旨を  リンクした旨の  大将に旨を  客館へ旨を  勝利の旨を  和親を旨と  親切丁寧を旨として  一謀に過ぎない旨を  皇帝たる旨を  蜀帝の旨を  卜う旨を  享楽主義を旨と  進取膨脹を旨と  自ら西平関へ向う旨を  拝聴に出かける旨を  毎月五圓宛送る旨を  毎月金五円宛送る旨を  それなれば旨  捨三が旨を  云々の旨を  頭をなやましている旨を  横死した旨の  神の旨を  神の旨は  ほか攻撃至難となった旨を  危険な旨を  主上の旨を  歸京する旨を  享けたる旨を  ものなる旨を  護送せられたる旨を  そうに思ふ旨を  心配で堪らない旨を  喜右衛門尉が申す旨に  請けの旨を  領有を許す旨を  氏直追放の旨を  要求に応じる旨を  同感の旨を  頼母に旨を  云ふ旨を  のである旨を  拙者に旨を  地下道にいる旨を  記するを旨と  彼宿命教の旨を以て  耶蘇教の旨を以て  勸懲の旨  詩人の旨と  戲曲の旨と  戲曲の旨  戲曲の旨の  詩の旨をも  所謂沒却理想の旨として  逍遙子が旨を  理を談ずるを旨と  使の旨で  帰国仕るまじき旨の  天子の旨を  発火演習を遣る旨が  雄弁を旨と  酒も旨  奇異を旨と  自ら萬葉の旨を  希望する旨を  使徒の旨を  断頭台を憤る旨を  道子を恨んで居る旨を  喚問せられたき旨を  承知した旨を  当惑し切ったという旨  仲に立つ旨を  帰陣の旨  結婚したい旨の  結婚を急ぎたい旨の  直行く旨を  準備が出来上った旨を  賛成の旨を  ために旅立ちたい旨を  暇をいただきたい旨  お世話になった旨を  要求を断った旨を  負債ある旨を  覚えのあらざる旨を  自分で上ろうと思っている旨を  嫌疑者として捕えられた旨を  血である旨を  質実剛健を旨と  三人ある旨を  參詣したい旨を  中に在る旨を  勝敗だけを旨と  中正を旨と  節度を旨と  三十銭に買い取りし旨を  来着致します旨を  到着致した旨を  準備が整っております旨を  行方を晦ました旨を  取調ぶる旨を  無事帰国せしむべき旨を  服従すべき旨を  遵奉すべき旨を  準備すべき旨を  斉広の旨を  面目ない旨  下男に旨を  依頼してある旨を  今では旨が  絶望である旨を  写実を旨として  限界内で戦う旨を  實用を旨と  典獄に旨を  想を旨と  兵法の旨に  案内する旨を  出入していない旨を  圧制を旨と  喜こぶ旨が  遺憾とする旨を  希望通り取計らいかぬる旨の  復活を旨と  質素正直を旨と  真実正直の旨をも  一部分たるの旨を  弟子たちにも旨を  実用を旨として  美を旨として  珍味を旨と  一室を借りる旨  滞在した旨を  面會する旨を  運転兵に旨を  奉公に参る旨を  許しを得ている旨を  勉強致します旨を  翌日から参る旨を  若を貰いたい旨を  一員として召し出される旨の  事情を話して借りたい旨を  日限に遅れた旨を  わけに行かない旨を  一任する旨を  嘉納あらせられた旨を  君は旨を  相続人と定める旨を  オカネは旨を  豊麻呂の旨を  養ふを旨と  此の旨を  姦したる旨の  虚偽なる旨  為続行ありたき旨を  意に反して犯したる旨  退廷を求むる旨の  証拠調べに移る旨を  全部提出してある旨を  保護するを旨と  閑寂を旨と  二上皇の旨を  交換改鋳する旨を  放任主義を旨と  達意を旨と  報告をしたい旨を  庇護してもらいたい旨を  キリスト教徒たらしめる旨を  念慮にほかならなかった旨を  内匠頭の旨を  依頼されている旨を  帰京の旨を  乞食托鉢を旨と  心得違いである旨を  まま帰って来ない旨を  妹に聞いた旨  切支丹を奉じる旨の  尊氏の旨を  三カ年間公儀へ借り置く旨の  要路の旨を  別な旨を  性理の旨を  北畠親房の旨  実力に出る旨も  今夜アララギ発行所に来てもらひたい旨を  形を旨として  居士のある旨を  禁止すべき旨を  ざるの旨之を  自由を旨と  立論之旨に  精細を旨と  延期する旨を  上演禁止の旨を  大会不参加の旨を  関係を断つ旨を  祝著同心の旨を  来訪の旨を  疎略を存ぜぬ旨を  懇意でない旨を  随筆たるも旨と  挨拶に来られぬ旨を  ハウスへ運ばれて来ている旨を  半減する旨  出席できない旨を  博士の旨により  いっしょに泳ぐ旨も  鞏固になれる旨を  縛に就ける旨  夫の討たれた旨を  懸念する旨を  面識ある旨  ものと思う旨を  聊存ずる旨が  かたがたに旨を  保釋する旨を  招きに応ずる旨を  のを気遣って居た旨を  積りであるとの旨を  遺言状の旨を  我に払うとの旨は  そちたちの旨を  事ある旨を  神のみ旨は  爾後出社に及ばざる旨の  頂戴致したい旨を  右膳申したる旨は  自分の申したる旨  それがしが申したる旨  簡潔を旨と  ことを旨として  歌ふを旨と  述ぶるを旨と  部屋に隠してある旨を  ところはあるべからずとの旨を  研究を引受けた旨が  倹約を旨として  事件当時経蔵にいた旨を  医学士の旨を  当意即妙を旨として  簡勁を旨と  人てふ旨を  銃殺に処する旨の  方に旨を  近藤の旨を  領地に旅立とうとしている旨を  出発する旨を  欠席した旨を  将軍の遺旨を  歓迎する旨を  病中代筆なる旨  作曲したい旨を  自分たちが喜んでる旨を  廃棄する旨を  廃止する旨の  すべて官有地と心得よとの旨を  信仰に任せて聞き届ける旨は  裁断に及ぶべき旨を  簡素を旨として  優美を旨と  意趣をふくまざる旨を  堅実を旨と  注意すべき旨を  時女中に旨を  妻ベシイに遺す旨の  頼朝の旨に  義経を搦め進ずべき旨を  一意恭順を旨として  行はれてゐる旨を  輪廓を見逃せなかつた旨を  独立自尊の旨に  悲を以て旨と  発見せられた旨を  淳朴を旨と  静粛を旨と  傾倒している旨を  参加する旨を  不当とする旨の  歸國の旨を  大岡兵九郎が来た旨を  手にうつった旨を  下僕たる旨をも  彼士存ずる旨  仇討決行の旨を  脱退の旨を  弾圧する旨の  言葉の旨を  物を旨  働きならば旨を  珍種である旨を  大政奉還の旨を  事心配致すまじき旨  時思う旨が  寛延三年に旨に  給ふ旨の  昔を偲んで来た旨の  光来の旨は  二審通り決定した旨の  出張せられたき旨  弄して旨を  首切りがあった旨の  專ら靜かなるを旨と  泰親かねて存ずる旨を  泰親の存ずる旨  同伴せる旨を  病気危篤の旨を  右議決の旨を  旧情を温めたき旨  道徳堅固を旨と  老婆しん病死せし旨  決心をした旨を  みんなが旨がって  芋を旨  安さんの旨を  質素を旨として  火傷を負うた旨を  恋慕してゐる旨を  効果をあげている旨を  募集する旨を  寄稿をも求めねばならぬ旨を  拒否する旨を  侵害する旨を  享有する旨を  神の旨に  別荘へ遅れる旨の  健眼が痛み出した旨を  御意に従う旨を  ことを信じている旨を  佃に旨を  寄附する旨を  焼香式を営む旨を  父の旨を  秀次に旨を  無罪なる旨を  ふだんのいい含めの旨に  同意の旨を  牡蠣の旨  将軍家の旨を  義昭将軍の旨を  快適を旨と  穏でない旨を  迎へに上る旨の  正確を旨と  心を悩ましている旨を  私も旨  簡を旨と  検挙する旨を  返答する旨を  度い旨の  明日たつ旨を  徳川慶喜の旨を  現行法律の旨に  食堂を設けられる旨  供給を旨として  偽ならざる旨も  丈夫を旨と  健全を旨として  丈夫を旨として  内界主觀をのみ旨として  のを旨と  口ならば旨  當の旨を  天皇の旨  彼に旨を  道鏡の旨を  白壁王を立てる旨を  彼の旨を  外出を禁ずる旨を  承諾の旨  かつ神の旨に  十時過ぎ帰宅したと云う旨を  許を去りたがっている旨を  道徳の旨を  自主独立の旨に  自主独立の旨を  理想を旨と  危篤に陥りつつある旨も  聖賢の旨に  無試験で入る旨を  辞退の旨  これを心がけようと思ふといふ旨の  綺麗に済んでいる旨を  農家を訪ねたい旨を  任侠を旨と  心境を旨と  張浩に逢いたがってる旨を  差支えが出来た旨を  覚悟である旨を  旅行に出る旨を  虚無恬淡を旨と  花柳病患者にあらざる旨を  左京に旨を  白昼の如くなるを旨と  迷はずして恋するを旨と  差押をなす旨が  同行した旨を  自尊自重の旨を  

~ 旨[名詞]2
この旨  その旨  ない旨  其の旨  突然旨  難き旨  そんな旨  なき旨  こう旨  然るべき旨  さる旨  わが旨  何らかの旨  おなじ旨  欲しい旨  かたき旨  得難い旨  そう旨  どういう旨  大層旨  一層旨  よい旨  

複合名詞
楽旨  出願致度旨  叡旨  詔旨  詔旨伝達者  詔旨唱誦  此詔旨  奥旨  旨監督  旨編輯長  旨豹一  旨明記  旨申述  旨誓紙  旨ありてい  旨伊助  旨信長公  旨附記せり  密旨  旨女中  旨ア  旨返事  旨仰せら  可差進之旨  旨トシテヰル  旨お答え  天皇詔旨ラマト  明神ト御宇ス天皇ガ詔旨ラマト  八洲一天皇ガ詔旨ラマト  旨内訓  旨訂正  候旨承知  旨入り  二露集会一給上旨  旨国中  下知旨一  任二下知旨一  旨表明  旨め  旨君勇  教旨  旨かん  旨陳述せり  旨そう  旨申  旨令與不空驗優劣  明神御大八洲天皇詔旨  八洲天皇詔旨  御宇日本天皇詔旨  旨否  棋経妙旨  旨トシ  旨意  ア旨  旨返答  旨自白  旨主張  旨申立て  旨申立  旨申請  旨田辺看守長  旨義  防ギ申スベキノ旨院宣  旨通告  旨酒  旨言  一致シテ違反ナカルベキ旨  旨蝶子  旨柳吉  扶けたい旨  玄旨  旨希望  鮎旨  尊王旨義  国民旨義  内政旨義  対外旨義  違乱妨申旨御座候  遂ゲラルベキ旨  ルベキ旨  きの旨  旨通知  旨フィリッピン  申旨  お前様旨  旨奥女中一統  旨上申  旨判明  面會仕度旨  申旨御諚  旨警報  旨航行中  詩旨  哉之旨  付一旨  美旨  興旨  清ムルヲ旨義トスルヨリ  む旨  候旨  一泊致候旨  朝旨  旨同行者  孝庸玄旨法印  旨飯  明神御宇天皇詔旨  天皇詔旨  大倭根子天皇詔旨  旨頭領大石  旨吩咐  旨願  旨奏聞  旨誓言  建つる旨  旨厳命  旨妻  旨返電  旨屹  希む旨  旨初め  逢ひたい旨電話  旨川口  庁ニ於テ罰金弐拾円ニ処スル旨  意志玄旨信道  旨要請  油断取締方屹度可相立旨  旨答  旨申聞  旨其筋  旨年寄  旨云  意旨  旨御沙汰  旨大論  



前後の言葉をピックアップ
むぬれといひし    胸くそ    旨から  むね    棟上げ  胸当  胸当て


動詞をランダムでピックアップ
のせろねぎらっおぎなう焙っ痩せこけ行き合っひきおこさ受けいれ攫い適え煮えくり返る糺し踏み出す啄まふれこん均し言ひ現ししらせせまり起こりゃ
形容詞をランダムでピックアップ
ありがたいきしょう煩わしくむなしゅう生暖かくてれくさかっ弱々しかっつつましくおいしから継しき淡かっ息ぐるしい呆気なかっ堪え難き薄暗かったいそうらしくものものしいおもしろ目映しものみだかく