「旧」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 旧[形容詞]
懐しい旧  直ちに旧  

~ 旧[形容詞]
社会そのものが旧  さと旧  上での旧  文章の旧  文学の旧  

[形容詞]
旧友よ  旧さ  旧海軍  旧武庫  旧プロレタリア作家  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
旧の位置に戻って  旧の端午だといふのに  旧の伴の二人も影は見えなかつた  旧のことをいえば  旧に依って  旧を話し  旧の正月が近くなると  旧のようではなくなりました  旧と太陰暦を用ゐ  旧を慕う  旧の醜容を反射する  旧の議員にして  旧の書を輪講するという  旧を忘れぬ  旧の家臣を庭師風に仕立て  旧のフランスに異ならず  旧の平民に異ならず  旧に異ならず  旧の政府なる  旧の政府よりもよき政を行ない  旧の一村にして  旧を信ずるの  旧の如くなるべし  旧の処でお会いいたしとうございました  旧の路に出た  旧の盂蘭盆前に嫁入させるが  旧の財産が買いもどされたと聞いたので  旧にもどらず  旧のご主人といったような気持になるかと思います  旧のように謙吉は静かになった  旧のお盆を思ひ出させる  旧の職にとどまって  旧の丞相の任に復すべしという  旧の士族さんの心が出ましたから  旧が旧でおいでなさるからねえ  旧の家の跡へ親戚で建ってくれたと言う  旧へ復ったとか  旧の真空に復った  旧の椅子にかえっていた  旧に復するの  旧の正月の一日暇が出た  旧を棄てて  旧に復した  旧の如く与うる  旧の方へ引返したが  旧の沼へと立返る  旧の通り差置こうというではなく  旧は夜店で果物なんか売っていた  旧を聞知っている  旧を考えてみろ  旧のお茶屋へ還って往くと  旧を洗ってみた  旧を忘れるくらいな  旧に復った  旧の養家の居周やその得意先へ上って  旧の小心な臆病ものの自分になり切っていた  旧のようになったが  旧の屋敷へ奉公した  旧の座へ帰って来た  旧の四月のある  旧と二つの暦をつかって居る  旧と二度正月があるので  旧の正月を祝う  旧の座へ戻れば  旧にかえったならば  旧の路へ遁げ出した  旧に戻したりした  旧に依るや  旧の七月十七日は新の八月二十五日になるから  旧の居間へ行って見た  旧の友達を迎えた  旧の古巣へ行つて見た  旧に復していたとも言えなかった  旧の通りになった  旧の通りの紳士に立ち帰ろうとして  旧の通りに丁寧に折り畳んで  旧の静寂にかえった  旧の処へ引返すと  旧の正月十五日と考えた  旧の正月十五日を狙った  旧と新とをよせ集めて  旧との渋味を取り  旧の家でも焼けずに在ると  旧の入口があるがね  旧に帰った  旧の形を崩さない  旧の街道は木曾風の屋造の前にあった  旧を語る  旧の禄高または身分に従うというも  旧の所に置き  旧の通りしやが  旧の七月か九月には騒動が起って  旧の座に直りつ  旧は旗野と謂へりし  旧に復するし  旧に復したのみか  旧の領主がこの地にいてくれたなら  旧のごとくならずとするも  旧は戸田様の御家来で三十石も頂戴した  旧の身分を考えれば  旧は士族だけに腕に覚えの有る  旧は武士の娘ですから然んな真似も為たくないと云うから  旧の大晦日と申しますと  旧を厭ふの  旧に仍りて政治的活動を継続せ  旧に仍りて超然主義を唱へたりしが  旧にまさる  旧は彼等で六道銭を取つて  旧の岸に立廻らんとせしに  旧へ戻ってしまった  旧の正月に羽生で挙行せられる  旧とは常に対立して  旧の座になおり  旧のお勢に立戻  旧のようにお成り  旧の腰掛に尻餅を搗いて  旧と来た  旧の思案に戻って苦しみ悶える  旧の草庵の壁やら襖紙に貼った  旧はさる大名に仕えた  旧の正月が来るので  旧に優る  旧へ帰るか  旧を思い  旧に復したりと  旧のごとく文明の唯一中心となるに至った  旧と変つてゐる  旧の通洋燈が見えると  旧の潜門へ押出されます  旧の足で踏みかける  旧の通りの短い呼吸の裡にスヤスヤと眠って行かれた  旧の通り叮嚀に竹の皮に包んで  旧の客間へ還った  旧からもわりあひに  旧は好事でこんなに仕懸けました  旧の座に直って  旧のごとく軒下に蹲んで隠れた  旧の隧道に平行して  旧の閨に帰っております  旧の柏屋の座敷に寝ていた  旧の状態に戻った  旧のやうに面白く遊ばうね  旧を守っていて  旧に復するや  旧に復し  旧に倍しても  旧の体になって  旧の処へ辛うじて辿着きは着いたが  旧を去りて  旧を守るの  旧の如くなるも  旧の部屋へ還つた  旧の寂しさに反った  旧から知っていた  旧の人間にしようっていうにゃ  旧の五月七日に死んだとの  旧とを問はず尽く之を押収し去れり  旧の轍にかえった  旧の静寂に戻った  旧の静寂にもどった  旧の処にはやっぱり丈足らずの骸がある  旧によって貧乏動もしないので  旧の孤家へ引返せ  旧の処には矢張丈足らずの骸がある  旧に依  旧に依りて  旧のままかと二様の考えを持っていた  旧の如くその邸へ戻って  旧が白ロシア人をやとって  旧の存在を充分に考慮する  旧なるものを乗り越す  旧の森に帰って  旧の通りに着せて  旧の通りに釣り上りました  旧の寝台の上に寝た  旧の仕事場の座に返って  旧の場所では無いといふやうな聯想がこの説明し  旧の十三夜ですねと言って  旧に帰ると書いて有るよ  旧にかえらぬ  旧の港をふりかえる  旧のごとくに彼の神経を苦しめた  旧に復しましたが  旧のように樹ち直る  旧を懐うの人情を以て今に処するの  旧のところへ帰って立っていなければならん  旧に復せしめ  旧を思ってみる  旧のままにてはなくなりし  旧のように書物の間に収めて  

~ 旧[名詞]1
二月十四日今日は旧の  処は旧は  今日は旧の  出迎人も旧の  香以は旧に  家に集まって旧を  蔵も旧の  我国は旧と  満足せずして旧を  種族はいぜんたる旧の  有様は旧の  俸給はいぜんとして旧の  過失は追うも旧に  旧が旧で  関係が旧へ  私の旧の  今は破れても旧は  博士は旧の  以前には旧の  蔵人は旧の  それが旧に  米沢三十万石を旧の  白骨が旧の  場所へ旧の  そこは旧の  養家の旧を  精神が旧の  新吉は旧の  ように旧の  新と旧と  九月といえば旧の  文を出して旧の  世の中が旧に  味の旧に  それに拠ると旧の  彼女の旧の  六年ばかりも逢えなかった旧の  そつと旧の  ギイと閉まって旧の  中は旧の  お前の旧の  それを旧の  若と旧と  老と旧との  それが旧からの  方に旧の  墓も旧の  声で旧を  席順は旧の  蓋をして旧の  お婆さんが旧の  冷かに旧の  力によって旧に  一つは旧に  松五郎は旧は  私も旧は  明日は旧の  新を喜び旧を  ざるも旧に  内閣は旧に  河内は旧に  引力に因りて旧の  句作も旧によって  新と旧とは  これは旧と  文三が旧と  詮ずる所は旧の  カブキは旧に  箱館の旧を  何の旧と  姑く旧の  余りを旧の  春日は旧の  十五日は旧の  それも旧の  勇美子は旧の  長峰の旧の  旦那方が旧の  両側とも旧の  猿の旧の  二人で旧の  風景は旧の  因循して旧を  今日の旧  食欲も旧に  書籍は旧に  一八四四年には旧の  今立った旧の  浅井の旧から  のは旧の  ペン先だけが旧の  彼女が旧の  元気も旧に  ッと思うと旧の  新と旧とを  三年前の旧の  谷川を浴びると旧の  妹も旧の  食慾は旧の  壁も旧の  ものをはばむ旧の  累積してる旧  以前に旧の  着物を返して旧の  今夜は旧の  月は旧の  二服呑めば旧に  歴史の旧の  彼を追いかけて旧の  人口を旧に  ここは旧の  のが旧の  便宜も旧の  

~ 旧[名詞]2
いつも旧  依然として旧  その旧  かえって旧  いわゆる旧  再び旧  もう旧  よく旧  どうか旧  ふたたび旧  ない旧  ようやく旧  多い旧  ぼつぼつ旧  すっかり旧  全然旧  難なく旧  もしや旧  よし旧  おして旧  早く旧  すぐ旧  ちょうど旧  全く旧  たしかに旧  いつの間にか旧  果して旧  依然旧  なく旧  あたかも旧  ちゃんと旧  やがて旧  そっと旧  

複合名詞
東北旧  新刊旧刊  みな旧  恰度旧  扨又旧  渓水旧  忽然旧  果赭顔旧  大概旧  二本旧  連年旧  毎年旧  皆旧  傾蓋旧  交情旧  健勝旧  新橋旧売茶亭  坊様旧  御坊様旧  矢張旧  矢張り旧  廻つて旧  程旧  すべて旧  



前後の言葉をピックアップ
  九九  きゅう  急テンポ      九年子正月二十八日土屋相模守  九町  休も  九石


動詞をランダムでピックアップ
放れる立ちこむくわうちよせる奪い立ち迷っ打切らいけるかなう寄ん煽げ乗じるうちまく閉めれ飾りたて取りなせ過れ引き絞るとばし
形容詞をランダムでピックアップ
美しい気遣わし由由しいさうなくめでたいみぐるしい敢なきほどようるわしいとわしかっ胸苦しかっ手厳しかっ貧し鋭きほそ忌々しきあいらしい床しき慌ただしく憎らしゅう