「数える」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 数える[動詞]
種類を数える  上で数える  ざっと十種を数える  一人に数える  此処とと、数える  辺を数える  ものは、ほとんど数える  部分を数える  札を数える  齢を数える  クラスに数える  ように数える  四七〇六を数える  数万個を数える  百数十社を数える  雑誌は、数える  ものは数える  内には数える  七千万と数える  星を数える  私に、ほんの数える  風を数える  魚を数える  上に立って数える  中に放って数える  義務上一年に数える  電気局を数える  闇に、数える  目かずを数える  ここに数える  不良などを数える  以て数える  諸氏を数える  右翼出版物に数える  日を数える  数字を数える  年齢を数える  ものは一々数える  物を数える  指を折って数える  二朱銀が数える  命数は数える  旗上げから数える  三つに数える  ものばかりを数える  ことは、数える  万を以て数える  日数を数える  一室に数える  日本流に数える  間に数える  柚子を数える  一語一語金貨を数える  特殊民を数える  之に数える  文化風景に数える  等々を数える  社会学者的功績に数える  思想家に数える  岡邦雄氏其他を数える  中に数える  ザッと数える  梅若万三郎は数える  内に数える  損害を数える  開始から数える  十五を数える  銭を数える  懐疑論に数える  何万かを数える  指で数える  七ヶ所を数える  時分まだ数える  月を数える  友人を迎えるというは、数える  八ヵ所を数える  店印をも数える  宵から数える  から、数える  人も数える  百年を数える  脈搏を数える  百万年を数える  方はあげて数える  友人は、ほんの数える  対象を数える  階段を降りながら数える  影響を数える  年を数える  暦を数える  ジャーナリストにも数える  六官に数える  正確に数える  二十五機を数える  政治を数える  新聞現象を数える  土蔵など数える  四つめから数える  志賀直哉等を数える  数を数える  暑気を数える  道楽を数える  さ二丈を数える  人は数える  十まで数える  百本ほど数える  露店商人も数える  人数凡そ十余人を数える  方に数える  人家すべて二十を数える  神主さんは、ほんの数える  一つに数える  ほか一々数える  上に、数える  鼻毛を数える  一枚二枚と黙って数える  御馳走に数える  百段目ぐらいを数える  星座を数える  刻音を数える  幾万とも数える  今、数える  皿を数える  卓子は数える  教授を数える  一生を通じて数える  米友の数える  熊野神社等を数える  月日を数える  幾人かを数える  急に、ほとんど数える  因講までを数える  もの十余万人を数える  苦もなく数える  十名以上を数える  四十と数える  財を数える  十三人を数える  実証主義に数える  幾つか数える  活動に数える  民族主義に数える  日本人といっても数える  ヨーッで数える  人なら、数える  売上げを数える  哲学者は、数える  等を数える  六十八個所を数える  賃銀を数える  指折って数える  念入れて数える  船を数える  ことも、ほんの数える  一つ二つと数える  いくつと数える  月に数える  ことはほんの数える  数を、独りでに数える  これを数える  ばらばらと数える  全市瓦は数える  失業を数える  失業だけ数える  ために数える  百を以て数える  人は、数える  研究会は、ほんの数える  これまた数える  残りなく数える  地下鉄も数える  収入に数える  車中にも数える  姿を描き数える  一本に数える  のは、数える  うちで数える  六百何十戸を数える  一つずつ数える  傷も、もとより数える  ようはありませんし、また一々数える  特色を数える  数で数える  静けさは数える  ものも数える  一生涯に、数える  午後から数える  奥に、数える  家は数える  絵札を数える  お金を数える  以後は、ほんの数える  現今幾百を数える  ストリントベルグとを数える  ピストル強盗と申しても数える  人が知らないのでほとんど数える  飯粒を数える  罪には数える  万をもって数える  紙幣を数える  名所旧蹟は数える  又八は数える  感情で数える  雨氷を数える  宝物を数える  時計が鳴った、数える  事は数える  性質を数える  損害は色々数える  損害のみを数える  ものを挙げ数える  一つ一つ、数える  場所とては数える  ものを数える  間から数える  二人三人と数える  木を数える  振動を数える  露を数える  年で数える  年代を数える  莟とを数える  十台ぐらい数える  誤りなどを数える  大体三つを数える  四冊をも数える  民家を数える  士を数える  先輩を数える  入門者を数える  それを数える  多くを数える  口まねをするから数える  自分で数える  その道を通るかと数える  ほんの数える  部分を、数える  声を数える  乗客はほんの数える  事件を数える  大坂生まれは数える  順に数える  百万を数える  条件では、そういう数える  十万を数える  満で数える  十二日頃から数える  時間で数える  いや日を数える  金を数える  銅貨を数える  味方と数える  息で数える  ところで数える  うちに数える  三度と数える  特に存在判断として数える  縁談は数える  八十六とまでに数える  



前後の言葉をピックアップ
数えたてる  数え年  数え日  かぞえよ  かぞえる  かぞえれ  華族  家族  家族づれ  


動詞をランダムでピックアップ
すくい上げよかいくりいけんおぶっ歴る吸え考え込む憬れる焙る謡えひきい巡らさ癒せる醸さ脹らまし済ません召し抱えるそみ晦まし放りだす
形容詞をランダムでピックアップ
おとなしきやむなく望ましかっ真白いまるかっ残り少ないさうざうし辛うけわしかろくるしかっ並びなき重おもしかっ照れくさねばり強いまずかろあったかいおとなしあたたかい