「敏」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 敏[形容詞]
回敏  才敏  中敏  小松敏  聡明敏  精敏  軽敏  すばやい敏  聡敏  峻敏  警敏  わたくし敏  

~ 敏[形容詞]
万吉の敏  扨も敏  こと誰よりも敏  利害に敏  女中の敏  名を敏  親玉の敏  彼女の敏  良心の敏  生涯は敏  眼の敏  のは敏  父さまは敏  美に対する敏  殊に音楽に対して敏  以上に敏  聴覚の敏  嗅覚の敏  大阪府には敏  

[形容詞]
敏な神経  敏覚  敏われ  敏何  敏これ  敏はじめ  敏は如何  敏な紳士  敏ちや  敏な彼  敏という娘  敏外  敏喬  敏慧  敏堅実  敏なやつ  敏な奴  敏感性  敏さ  敏馬  敏な意識  敏な浜野  敏な私  敏度  敏達  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
敏なることを聞いて驚いて云う  敏はしくしく泣いています  敏は何とも返辞をしません  敏は何と思った  敏は子供を引き寄せて  敏は立っていって  敏へ渡す  敏は明日の朝帰しますから  敏は手にも取らないで  敏は黙って  敏にして  敏なる趙秀才は革命党が城内に入ったと聞いて  敏は日毎に手に取るばかり  敏に拭はれて  敏がこと身にしみ  敏のように自覚して  敏もないその凡人なみな感じ方や赤橋守時の処置ぶりなど見て  敏であったことの一証とするに足るであろう  敏なるこの親爺の商法にさすがのわれわれも聊か敬服して  敏と云う  敏に目をかけていた  敏に逢ってくりゃ  敏の本心を聞かない  敏を見下しながら  敏はやはり手をついた  敏を隠した  敏を疑った  敏が来た  敏の来る  敏の姿が見えないので  敏が湯に行く  敏と一しょに元来た石河岸の方へゆっくり歩き出しましたが  敏は急に顔を赤らめて  敏はただ苦しそうな微笑を洩らして  敏は薄暗がりにつくばっている  敏の顔を見返しました  敏の両親が生きていた  敏の父親に云わせると  敏には幼馴染で母親には姪に当る  敏は母親に死なれると  敏が行く  敏は何も知りませんが  敏が知ってからは  敏が心配して  敏と新蔵との恋の邪魔をするかと云いますと  敏の美しいのに目をつけて  敏を手離すと  敏の体に祈り下して  敏に神を下して  敏を手離さない  敏を妾にする  敏の身になって見れば  敏が新蔵の家から暇をとった  敏へ宛てた  敏を据えようと思った  敏を責める  敏は人手に渡さないと  敏はまっ蒼な顔をして  敏と落合う  敏を手放して  敏を救い出す  敏に逢えなけりゃ  敏に別れて  敏とが秘密の手紙をやりとりしているにも  敏との生死の分れ目が近づいた  敏と新蔵とが日暮に大きな眼の幻を見た  敏へ神を下して  敏が神憑りの真似をして  敏に手渡して来た  敏もこの計画を実行する  敏を湯巻一つにして  敏の前へ立ちはだかりながら  敏の体が仰向けに畳へ倒れるまで  敏の胸の上へのしかかって  敏は泰さんとの約束を守って  敏の視線を吸いよせる  敏に向って  敏は眼を伏せて  敏を妾にしようと云う  敏が泰さんに代って  敏とは愛し合ってる  敏ならば公罪を犯すも  敏に感の鋭かりしほど  

~ 敏[名詞]1
機を見るに敏  便りを敏は  其涙を敏に  矢の根に敏が  思いも設けぬ敏  明察の敏も  機をつかむに敏  機をみるに敏  浜地と敏とは  道を講ずるに敏  神経の敏に  帰趨を観るに敏  

~ 敏[名詞]2
聡敏  聰敏  なく敏  甚だ敏  

複合名詞
敏ちやん  梅澤敏  明治三十八年初秋上田敏ガブリエレ・ダンヌンチオ燕  明治三十八年初秋上田敏海潮音燕  上田敏  上田敏君  如月敏  駿敏  才敏  二月五日上田敏  二月十一日朝上田敏永井荷風様侍史  三月二十一日上田敏永井荷風様侍史  敏ちや  上田敏氏訳  森野敏  敏何もの  計り敏  其通り敏  敏此處  敏こ  内山敏氏  上田敏訳  敏慧さ  日本紀敏達天皇十二年  敏ショウ  当時上田敏さん等  上田敏さん  當時上田敏氏  上田敏氏  中敏  范志清未亡人中敏  敏才  讀書敏求記  上田敏博士  敏達天皇  精敏堅實  小松敏喬  言つて小松敏喬  小松敏喬はじめ  足立敏外和尚  敏外の  敏外住職  河野敏鎌氏  武敏  小森敏保下田  榊木敏君  敏博士  訳者上田敏  敏さん  敏自身  峻敏  訐くに敏  敏ちゃん  敏すぎ  敏達十年紀  村岡敏  村岡敏君万才  村岡敏宛拜啓  草々杞憂六月丗日村岡敏君追伸  村岡敏君  村岡敏宛暑中  村岡敏君七月廿四日  一等石井敏  耳敏川  曉烏敏氏  友人上田敏君  葛卷義敏  敏達天皇紀十年閏二月蝦夷綾糟等  先日上田敏  敏達紀外一个処  敏達天皇十年閏二月  橋本敏  敏鎌  明治四十五年一月上田敏EOS  



前後の言葉をピックアップ
    さとし    聰し  覚ます        さとし


動詞をランダムでピックアップ
言い捨てそそぎ入れるかりだしいたりみまう蒸す移り変り手がけるねぼけとりおさえすりへらす彷徨く狂する表す繰りあげ晴渡っ存ずれあかめなえよ因ん
形容詞をランダムでピックアップ
宜しゅう愉しきさやけし寝苦しく物淋しいいいっひどく名残惜しいうっとうしゅう古臭めでたかろ果敢なき何気無いすいたらしい委しく遠慮なきやるせない冷た四角く