「攻める」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 攻める[動詞]
怪塔を攻める  ガムシヤラに攻める  襟もとを、締めて攻める  手段は攻める  近くを攻める  今こそ攻める  手抜かりを攻める  真剣にやろうじゃないか、と攻める  賊軍を攻める  陽城を囲み、攻める  三方からこれを攻める  一岬要塞を攻める  感懐があつたとすれば、攻める  弥を攻める  我らは攻める  奴国を攻める  我は攻める  宮を攻める  城を攻める  荒磯を攻める  遼東を攻める  地球を攻める  火星を攻める  黄祖を攻める  どこを攻める  一国を謀るもよし攻める  蜀を攻める  から、攻めんといい、攻める  我から攻める  小田原へ攻める  上洛に応ぜず、攻める  喉を攻める  氷上づたいに俺たちを攻める  越を攻める  北条氏を攻める  獣にも攻める  獅子を攻める  大物を攻める  鮒を攻める  寄りを攻める  要害で守るに易く攻める  蚊が攻める  搦手から攻める  咽喉輪を攻める  前から佐々が攻める  下から攻める  さもなくば攻める  道で攻める  北九州を攻める  かたちをしており、攻める  佐々木道誉を攻める  人間を攻める  御着を攻める  これを攻める  胆吹山を攻める  両方から攻める  鑛業人一人を攻める  口笛が、守るも攻める  私もうかうか攻める  芝兼さんは攻める  ものは見てゐてもなかなかおもしろく、攻める  てゐて、攻める  人は攻める  ものであるが、やはり攻める  半分冗談で攻める  心を攻めるにはまた攻める  憚らず攻める  事は即ち攻める  乃蛮を攻める  一人を攻める  わしを攻める  空間を攻める  先きに攻める  信濃国を攻める  



前後の言葉をピックアップ
攻め寄ろ  せめりゃ  せめる  セメル  責める  セメレ  せめれ  責めろ  攻めろ  せめろ


動詞をランダムでピックアップ
思へよ舐めん散ずる薙ぎ払わ凋む速まら晴れ上がっ勇まつかもじめつい見くびっ殴りつける撞け行き違っ干からび面さしめれ売りはらえ泣かせよ
形容詞をランダムでピックアップ
毛頭な野暮ったい後暗いとぼしき如才無い辛かれ香ばしかっ薄汚く白い奥深かっ有難く面白き荒い少なかろ小ざかしいかゆしむし暑かっ丸っこそこはかとな