「撚り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 撚り[動詞]
男と撚り  此絃には好く撚り  中に撚り  同情を寄せて撚り  臍を撚り  引き抜き、一方を細く撚り  心を撚り  髭を撚り  針は、太い撚り  銅線を結びつけ、その撚り  そこには太い撚り  大地とを繋ぐ長い撚り  腕に撚り  紙縷を撚り  丈夫な撚り  先で細かくわって、つないで撚り  伊之助は再び撚り  独自な撚り  ことと撚り  ねじを撚り  先端にからませて撚り  白と撚り  たる白紙を撚り  不安を撚り  先がしっかり撚り  紅との太い撚り  鈎が、太い撚り  混合し、撚り  今度帰って来たからといって、再び撚り  先を撚り  



前後の言葉をピックアップ
由ら  撚ら  より  選り  因り  寄り  寄りかかっ  寄りかから  依り  縁り


動詞をランダムでピックアップ
秘める侍るねじむける明け渡せ請お面食らい立て替えよびさまそ漂わせ散らかすおうもつれ合いふるい心せよ刳る擡げよ攫ま書立てくるめき誓う
形容詞をランダムでピックアップ
嬉し柔かき気高さむくすっごく親しっぽから善かろいらだたし乏しから久し腹だたしく目覚しかたはらいたし聞き苦しかっもだしがたく物々しさくあしかれきつう