「掻き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 掻き[動詞]
冷飯を掻き  根を掻き  群集を掻き  あぐらを掻き  三味線を掻き  食器を掻き  頑癬を掻き  髪を掻き  属性は全く掻き  づつ口で掻き  家中を掻き  胸に掻き  ひそかに掻き  脳味噌を掻き  谷間を掻き  風に掻き  瓦を掻き  頭を掻き  お金を掻き  鬢をぐっと掻き  灰の掻き  上を掻き  琵琶を掻き  づぬけた部分で作り、かう掻き  心持を掻き  生活を掻き  なかを掻き  火を掻き  火箸で掻き  灰を掻き  それがすぐ掻き  心は重たく沈んでそのうえ掻き  くるぶしを掻き  チャッチャッチャッと素早く掻き  勝が掻き  草も掻き  やうに掻き  脂肪を掻き  物を掻き  穴を掻き  疲れた鼾を掻き  畳目を掻き  こん畜生、だしぬけに引つ掻き  いばらに傷つけつつ、掻き  魅惑を掻き  水を掻き  髪の毛を掻き  傷口を新しく掻き  押へて掻き  引繰り返して掻き  杓子で掻き  合ひ、引つ掻き  突つこんで掻き  箸で掻き  若者に投げ付け、掻き  髷を掻き  ぼくらの魚を、ぐちゃぐちゃ掻き  衣を掻き  髮を掻き  金貨を掻き  道具を掻き  両手で荒々しく掻き  食いものを素早く掻き  しろへ掻き  突込んで、ごしごし掻き  耻っ掻き  心にまでも喰い入って来て、掻き  姿を掻き  盲滅法に掻き  鎌で掻き  咽喉を掻き  小さな不思議な掻き  爪で掻き  汗を掻き  中を掻き  袂を掻き  前で掻き  液体を掻き  渦を巻いて掻き  急速に掻き  意地悪く、強く掻き  廻わせば掻き  それは少し掻き  両手を掻き  なりもふりもなく掻き  フケを掻き  舳を見ると掻き  處を掻き  垢を掻き  地を掻き  記憶を掻き  胸をとどろかせながら掻き  顔中ぼりぼり掻き  周圍を掻き  火鉢を掻き  戦慄が掻き  襟元などを掻き  そうに掻き  乱雑に掻き  胸を掻き  寝首を掻き  無惨に掻き  膝を掻き  上り口へ掻き  充分に掻き  おみおつけにまぜて掻き  蛇紋が掻き  むちゃくちゃに掻き  自暴に掻き  自棄に掻き  水底を掻き  内を掻き  胸底深く掻き  中へ掻き  ものが掻き  女髪は掻き  前を掻き  ことはありませんが、ついすると掻き  まっちゃん松葉で掻き  下を掻き  駄目を押して、有がたうございますと掻き  嬉し涙に掻き  喉笛を掻き  頸動脈を掻き  前に、何やら掻き  ポケットを掻き  魂を掻き  余韻を曳かせて、やがてまた思ひ切つてドンと打つては慌てて掻き  ようにむごたらしく掻き  一言のみが、掻き  お辞儀して、もう掻き  胡座を掻き  窓へ掻き  ざらいを掻き  畜生、引つ掻き  毛筋を、掻き  腕を掻き  枝を掻き  表情が掻き  首を掻き  曹軍を掻き  胡坐を掻き  彼を掻き  一櫂、掻き  映像はにわかに掻き  人々を掻き  襟を掻き  絃を掻き  堀田ラフトを掻き  前など掻き  ために掻き  咽喉のまえで無暗に掻き  根まで掻き  それを掻き  小鬢を掻き掻き  クシャクシャと掻き  手を以て掻き  袖を掻き  手に掻き  すつかり掻き  ワイシャツもバリバリと掻き  半分以上も掻き  レッテルを掻き  中が掻き  皿を掻き  アグラを掻き  外から勝手に掻き  先に走り込んで掻き  後れ毛を時々掻き  物音を掻き  これを掻き  水が掻き  メチャメチャに掻き  後れ毛を掻き  絵葉書を掻き  のを掻き  鏡もみず掻き  頭を掻き掻き  背後へ向けて掻き  筆をべたべたと掻き  誰かがまた掻き  誰かが又掻き  恥を掻き  縁板を掻き  耳を掻き  天窓を掻き  茶を掻き  しらがハンドバッグを開けてのぞいて掻き  表現力に掻き  落葉を掻き  へんで掻き  方でさんざん掻き  ベソを掻き  やけに掻き  人を掻き  改札口を出ると掻き  寐首を掻き  岩に掻き  ふけを掻き  乱れ髪を掻き  髪の毛までも掻き  ッて、掻き  酒盜の如く、掻き  嘴で掻き  鰻を掻き  燈心を程よく掻き  前に掻き  咽喉笛を掻き  力任せに掻き  そこらを掻き  一面に掻き  何か掻き  夜具を掻き  池を掻き  丁寧に掻き  中を、丸るく掻き  から丸く掻き  角に掻き  上へ掻き  頭をすっかり掻き  足で引つ掻き  兩手を掻き  凉味をすつかり掻き  しづかに掻き  鬢を掻き  右手で掻き  燈火を掻き  燈心を掻き  地面を掻き  方へ忍んで来たが、やがて掻き  却ってそれらをより強く掻き  排け、掻き  乱れを掻き  跡まで掻き  給ひたり、掻き  なかから手前へ掻き  砂を掻き  一反歩以上も掻き  足を縮めると、直に掻き  姿は掻き  音に掻き  二人で掻き  姿は、掻き  露を掻き  さは掻き  氷のぶっ掻き  柚を掻き  湯屋を掻き  一本も乱さずに掻き  無心に掻き  落松葉を掻き  恰度内部を掻き  情熱を再び掻き  薪台と、掻き  土足で掻き  私に掻き  こころは、かゆければ掻き  さきに、掻き  私達は、掻き  和ぎむと見れば、やがてまた掻き  馬へ掻き  馬の背へ掻き  ものを掻き  中のしめ糊を掻き  氷を掻き  嫁さんに掻き  これしきと掻きわけ掻き  群衆を掻きわけ、掻き  おくれ毛を掻き  恥は掻き  ものを、又掻き  塵埃箱を掻き  燃えが通りませんので、掻き  手足で掻き  野いばらを掻き  わらかに湯を掻き  心を更に掻き  粉を掻き  完全に掻き  なかを、しきりに掻き  抽斗を掻き  腹を掻き  豊かなる、掻き  拳には掻き  ことをなるべく思うまいとして、いくら掻き  肩を抱かれて掻き  後頭部を掻き  幻影を掻き  雑音を掻き  一座が掻き  友人には掻き  私はぼりぼりと掻き  葉を掻き  後へ掻き  後を掻き  めちゃくちゃに掻き  竹ベラで掻き  内部へ掻き  内陣を掻き  様子だったが、一度掻き  味噌汁なんどばかり掻き  表現ばかりは掻き  足跡を掻き  それから襟元を少し掻き  から、掻き  膝で掻き  冷汗をしきりに掻き  うちつけに掻き  ように掻き  角は、やはりあざ笑いを掻き  手あらく掻き  一両は、どうやら掻き  鋸屑を掻き  こころを掻き  ほつれを掻き  音を掻き  笛を掻き  毛を掻き  武者嵐に掻き  以上にも掻き  黒髪を掻き  印象を掻き  イビキを掻き  鼾を掻き  影法師、ふっと掻き  病葉を掻き  後ろに掻き  上のものを掻き  数珠を掻き  手の甲を掻き  玉子一つを割って入れて掻き  白身を掻き  サラサラと掻き  箸でよく掻き  割合でよくよく掻き  のを入れてよく掻き  身代を掻き  たぐいを掻き  休みなく掻き  何者にか掻き  柱などを掻き  ここらを掻き  須弥壇を掻き  茶漬を掻き  想像をさえも掻き  まぼろしを掻き消そう、掻き  微かに掻き  伝説がまったく掻き  たまを掻き  染は掻き  屍体を掻き  間を掻き  女が、掻き  姿が掻き  墨跡とが、掻き  中まで掻き  中に掻き  湖面を掻き  咽喉笛でも掻き  ところに掻き  推進機が掻き  白髪を掻き  名残はた掻き  毛虫を掻き  永久に掻き  プディングを掻き  眼鏡を掻き  雪を掻き  それをぐるぐる掻き  間に掻き  箪笥など掻き  想像を掻き  大根おろし、掻き  姿と共に掻き  手は、掻き  めちゃめちゃに掻き  姿さえ掻き  為に掻き  すすきを掻き  キイを掻き  下深く掻き  学校中を掻き  頭髪を掻き  爪先で掻き  息づかいで、ぼりぼり掻き  泥んこを掻き  恥っ掻き  中へ、突っ込んで、掻き  中を、掻き  飯を掻き  部屋を掻き  石鹸のあぶくを掻き  人波を掻きわけ掻き  一緒くたに掻き  突込んで掻き  櫛箱、掻き  平調に下げて掻き  いとど時雨に掻き  十三絃の掻き  燈心を少し掻き  上に掻き  水草を掻き  顔には引き掻き  所の掻き  手で掻き  ただ今も掻き  胡粉を掻き  ちょっと行って掻き  黄鐘調の掻き  夫人の掻き  頸足のそそけを掻き  顔を掻き  涙に咽びながら、掻き  ほろめいて掻き  矢庭に掻き  櫛でもって掻き  のを見ると掻き  手を掻き  心を掻き  一つに掻き  お茶を掻き  茶筌で掻き  上へザラザラぶちまけて掻き  がたがたと掻き  襟を掻き合わし掻き  半襟を掻き  外観を掻き  粘土を掻き  裾を高く掻き  竹を掻き  丹念に掻き  馬鈴薯とをあしらえ、掻き  なほ丹念に掻き  あしらへ、掻き  しろを掻き  肉とを掻き  マメをぼりぼり掻き  無遠慮に掻き  金具類が掻き  ように、掻き  バケツに掻き  足で掻き  唐人どもを掻き  何でもかまわずに掻き  一枚開いておって、掻き  髪を掻きあげ掻き  珈琲を掻き  左へ掻き  紅茶を掻き  何事かを掻き  箏を掻き  客を掻き  急にぼりぼり掻き  指端で掻き  づだかい落花を掻き  夢を掻き  メスで掻き  中に投げ込んで掻き  帯際に掻き  額に掻き  不安を掻き  考えを、掻き  朝を掻き  両側に掻き  明を掻き  脛をぼりぼり掻き  笊で掻き  繁みをやたらに掻き  脇腹などを掻き  口に掻きこむ、呑みこむ、また掻き  ように、ただ掻き  肩を掻き  小児が掻き  恥も掻き  毛髪を掻き  無意識に荒々しく掻き  ストーブを掻き  だんだん姿を掻き  胸許を嬉しく苦しく掻き  大ざっぱに掻き  引出しを掻き  あたりを掻き  叉手で掻き  小石を掻き  秘密を掻き  中を、しきりに掻き  膝へ掻き  醤油ついで掻き  もとへ掻き  全身汗を掻き  中は掻き  どろどろを掻き  浪とに掻き  ときには掻き  山を掻き  脛で掻き  腕をのばして掻き  水垢を掻き  背を掻き  想念を掻き  空気を掻き  指は掻き  先で掻き  白い雪げむりは掻き  雪にさし込んで掻き  温かみを掻き  座蒲団を掻き  大急ぎで掻き  三本の掻き  ところへこんな掻き  幾十とおりにも考えられ、単にこの掻き  しろに大きな掻き  一尺ほど掻き  酒棚を掻き  一心に掻き  そこをガリガリと掻き  曳出しを掻き  棚を掻き  粉の掻き  まわりで擦って掻き  泥を掻き  お湯をじゃぶじゃぶ掻き  水の掻き  襟脚を、すらりと引いて掻き  何ものか掻き  眼を掻き  福利を掻き  咽頸部を掻き  眉を掻き  顔面にはひどい掻き  いくつかの深い掻き  肉體をこそこそと掻き  硝子や掻き  空中を掻き  額から背後へ掻き  爪でガリガリ掻き  からどうしても掻き  体中万遍なく掻き  裏を掻き  微風に揺られてゐる掻き  脚をがりがり掻き  ほつれ毛を掻き  店は掻き  溝などにまだ掻き  肱をポリポリ掻き  後に掻き  烟にして掻き  藁を掻き  辺で掻き  心が掻き  土を掻き  濕つた落葉を掻き  後へ高く掻き  ケースを掻き  両手で掻き  髪を掻き上げ掻き  心をうまく掻き  若葉が掻き  君を掻き  シャベルかなんかで掻き  燠を掻き  トランクを掻き  赤鼻を掻き  草の根を掻き  竹藪などを掻き  根気に掻き  これもまた掻き  門口まで来りて掻き  底部を掻き  手あたり次第に掻き  木刀で、掻き  ほつれ髪を掻き  引出しをあけて掻き  何だか引出しを掻き  光を掻き  先きに掻き  群れに掻き  顏を掻き  中で掻き  材木を、掻き  疑いを掻き  自分で掻き  身を掻き  自分で掻き消すにも掻き  其枝を掻き  二つ三つ廻りながら、掻き  片手でまた掻き  きれいに掻き  爪が掻き  方へ、掻き  隅々までも掻き  指先で掻き  女とが、掻き  小箪笥が、すっかり掻き  はかに掻き  茶碗を掻き  人ごみを掻き  棒状のもので掻き  手許へ掻き  代を掻き  鍬にて掻き  ゃぼじゃぼお湯を掻き  午飯を掻き  奥までも掻き  それから人波を掻き  やっとこさで掻き  私が掻き  土を掻き掻き  岩へ掻き  雲はそのまま掻き  水夫たちを掻き  五回も掻き  中へ、掻き  一人持ち切りで掻き  裸なる掻き  痂を掻き  水悪戯に掻き  処を、すいと掻き  矢鱈に掻き  処をバリバリと掻き  姿、掻き  小指を入れて掻き  さを掻き  響に掻き  鬢櫛で掻き  中をガバガバと掻き  中も掻き  皆を掻き  のに気がつきはしないか、またはよく掻き  厭らしく掻き  突きささり、そして掻き  私は、掻き  服もなにもかも叩き壊され、投げ飛ばされ、掻き  唐芋を掻き  層を掻き  手をさし入れて、掻き  霜を防ぐと掻き  匙で掻き  様に掻き  モジャモジャと掻き  糠味噌もよく掻き  杓子を以て、掻き  乱暴に掻き  私を掻き  瘡病、掻き  色を止むなく掻き  襟をしっかり掻き  ことで掻き  蓬髪を掻き  空を掻き  胸をも、物悲しく掻き  碁石を掻き  不安も掻き  から、引つ掛けて掻き  脇差は旨く掻き  為に、掻き  手を上げて掻き  襟をきちんと掻き  娘死骸を掻き  娘里を掻き  真剣に掻き  屍体が掻き  間を掻きわけ掻き  手で揺り動かしつ掻き  アンナ・カレーニナ様をひしと掻き  原稿を引つ掻き  水面を掻き  両手でがさがさと掻き  水漬けにして掻き  敵を掻き  参考書などを掻き  腕一ぱいに掻き  髪というほどでもないが、掻き  砂濱へ掻き  光に掻き  ゆっくり頭を掻き  丸櫛で、掻き  草むらを掻き  草むらをも掻き  恥辱を掻き  声は掻き  外套さえ掻き  つて音無が掻き  後からのれんを掻き  一文字に掻き  横様に掻き  爪を掻き  さ、掻き  尻を掻き  べそを掻き  無造作に掻き  袂に入れて、掻き  裾を掻き  おかっぱを掻き  ベソを掻き掻き  ベソなんか掻き  両手でゴシゴシと掻き  礼拝しては掻き  



前後の言葉をピックアップ
かがん  かき  書き  下記  花き  花卉  火気  牡蛎  花器  夏季


動詞をランダムでピックアップ
いがみあっ飛び退きけりにげまわっ負ぶさり取り結ぼたれ込んくろ造れ虐げあつめろ生きぬこ流し入れとつげ疵付ける残っいとういたせ威かせまがお
形容詞をランダムでピックアップ
おそかろ心もとなけれすばやい野暮臭い物堅いいやらしく小ざかしおおわずらわしかっ照れくさせち辛いふかくわかい力強けれ情けなあくどし穢しおそろしから賑々しい