「振り返る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 振り返る[動詞]
中にふと振り返る  白目をぎょろりとさせて振り返る  寛子が振り返る  菜の花を見ると、珍しく振り返るほどだ、そうやって振り返る  一点を振り返る  ちよつと振り返る  女は振り返る  息を吐いて振り返る  家を出てふと振り返る  上り坂になる、振り返る  急に振り返る  あとを振り返る  町を振り返る  向こう側へ泳いで行き、振り返る  階段を上がっていたが、振り返る  足を止めて振り返る  人が振り返る  後ろを振り返る  腰元を振り返る  首を擡げて振り返る  自分自身を振り返る  十五年ほどたってあらためて振り返る  過去を振り返る  ように凝り固まっていたが、だしぬけに振り返る  しろに振り返る  方を振り返る  物音を聞きつけて振り返る  上で振り返る  圭さんが振り返る  砂浜を歩いていたが、ふと振り返る  甚内が振り返る  ことに気づいて、振り返る  監督は、振り返る  妾が振り返る  時計を振り返る  途中で振り返る  此方を振り返る  から、気がついて振り返る  千穂子が振り返る  吾輩を振り返る  何ごころなく振り返る  わたしは再び振り返る  大胆に再び振り返る  ことを振り返る  ままで、うん、といいながら、振り返る  彼は振り返る  百姓を振り返る  銀場を振り返る  はつとして振り返る  十歩ばかりして振り返る  二人はすぐに振り返る  奴があるので、驚いて振り返る  ように振り返る  人がある、振り返る  藤吉が振り返る  門付だわいと振り返る  二人は振り返る  何心なく振り返る  間隔をとって、振り返る  右衛門が驚いて振り返る  時にははや振り返る  愕然として振り返る  物音がしたので驚いて振り返る  彼は、振り返る  十間ばかり行き過ぎて振り返る  彼は辛うじて振り返る  腰元は振り返る  外を振り返る  ことを恐れて、ついにはもう振り返る  しろを振り返る  仕事を振り返る  参木は振り返る  砂利道を降りて、丁度振り返る  後を振り返る  中に振り返る  門を出て振り返る  三間行きすぎて振り返る  足三足通り越して振り返る  そこで振り返る  ヒドイ事を言われても淋しく笑って振り返る  娘も振り返る  中を振り返る  少年は振り返る  しなに振り返る  私は振り返る  方へ振り返る  巡査が振り返る  木蔭から振り返る  肩ごしに振り返る  橋本を振り返る  そつと振り返る  図私が振り返る  子犬を振り返る  永久に振り返る  のかと思って振り返る  ぎよツとして振り返る  二人が振り返る  俺を振り返る  窓を振り返る  わたくしはまたぎょっとして振り返る  驚きもしないで振り返る  から、もう呼ばれて振り返る  一夜を振り返る  青年が振り返る  喬介は、やがて振り返る  その間から城太郎が振り返る  頃、振り返る  そこら中をくすぐつて、振り返る  間に小さく立つてゐる、振り返る  其處を突きぬけて、ふと振り返る  院長が、ちらとこつちを振り返る  上を振り返る  背後を振り返る  部屋を振り返る  男の近よるを見て、気色ばみて振り返る  足音を聞いて振り返る  足を止めたが、振り返る  から人が振り返る  んじたが、振り返る  何気なく後を振り返る  自転車から降りて振り返る  膝で振り返る  人道主義時代を振り返る  部屋に居て振り返る  殿様が振り返る  庄三郎は振り返る  武士は振り返る  我に還って振り返る  眼が振り返る  早足で行って振り返る  娘を振り返る  クルリと振り返る  気が付いて振り返る  頭に振り返る  のと振り返る  段に立って振り返る  誰にも聞えないとみえて、振り返る  吃驚して振り返る  それを振り返る  倉皇と振り返る  我々を振り返る  僕が思はず振り返る  



前後の言葉をピックアップ
ふりかえっ  振り返ら  ふりかえら  振り返り  ふりかえり  ふりかえる  振り返れ  ふりかえれ  振り返ろ  ふりかえろ


動詞をランダムでピックアップ
またせ摩せふめれ永らえむし返す引き払うあおごのぼせ嘉す行き着か点頭い年老いつらなっ飛び抜けこまねい立てかける起しこぼた行悩ん成りたた
形容詞をランダムでピックアップ
ほろ苦くいとけない恐うかたはらいたきたのもしくくどかっ香しき手早均しく焦れったいたのしけれ気疎ねむたきしろきつましまるっこいあだっぽく醜い恐れ多くここちよき