「挙」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 挙[動詞]
鼎をもろに挙    

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
挙に出なかったか  挙となり  挙つたりしてゐた  挙つたかと思ふと  挙の成功を信じ  挙に出でた  挙ぐればいちいち計うるに  挙に出る  挙に出ると  挙にあらず  挙に賛意を表してゐる  挙は見合わせたにしても  挙はまったく別人のような観がある  挙を阻止する  挙に出なかった  挙ぐれば網の細目はおのづか  挙ぐれば衣の裙裾はおのづか  挙ぐれば中州と箱崎町の出端との間に深く突入つてゐる  挙に在り  挙が成就したと云うばかりではない  挙が江戸の人心に与えた  挙を果して  挙を全然忘却した  挙が突出された  挙がつてゐ  挙ぐれば牡丹散って  挙ぐれば木瓜の陰に顔たくひすむ  挙ぐれば河童の恋する  挙ぐれば草霞み  挙に出てくるか分らない  挙に出でしめば  挙に出た  挙に加わりたい  挙ぐれば貴藩においても相呼応して  挙に出でたる  挙に出でざる  挙に出でたり  挙に出でむか  挙に出でたるを歓迎す  挙を目して  挙示して忌憚なき所あるも  挙示す可しと  挙には出でず  挙示して閣下の反省を求めざる  挙に出  挙に出でず  挙に出ようなどとは  挙もありえなくはない  挙ぐれば先刻列挙した  挙て之を説かん  挙て物質的文明の輸入に狂奔せしめ  挙をみるまでの  挙を疑っていたらしい  挙にも出ていない  挙にあたっていちいち都へ使いを往返していてはまにあわないので  挙を扶けんが  挙を評して  挙ぐれば既に述べた  挙に出でしめない  挙を握りしめ  挙に依りて  挙を名けて王政維新と称する  挙は所謂武士の意気地すなわち瘠我慢にして  挙は戦勝を期したるにあらず  挙を美としてその死を憐まざるに  挙に出でしめた  挙つたりするので  挙に相継いで  挙に過ぎないか  挙に出るとする  挙に出でざるをえざるに至らしめた  挙に傚い  挙あるを聞き  挙ありしより同好者の団体組織せられぬ  挙ぐれば中洲と箱崎町の出端との間に深く突入っている  挙て悉く陸軍たるが如き  挙て数ふべからざるなり  挙に出でたかを  挙ありしを察すべく  挙つたりすると  挙が画に心を用いし  挙示していない  挙を敢行する  挙て数ふべからず  挙も発頭人は彼であろうと考えた  挙ぐれば乙はその中に含まれている如く認められていて  挙ぐれば先頃ポオル・モオランが書いた  挙を止めず  挙に賛して  挙に参加し  挙が長いズボンの蔭にブルブルと呻っている  

~ 挙[名詞]1
点を挙  高嶺を挙  ものを挙  出版の挙と  合唱が挙  声が挙  一例を挙  歓声が挙  叫び声が挙  討幕の挙の  優越権を与えるかの如き挙に  悪例のみを挙  二を挙  例を挙  野臭の漲つた挙に  大政奉還の挙に  忘恩無情の挙に  かくの如き挙に  夜の挙は  一勢に挙  外征の挙を  今回の挙なども  茲に挙  一つを挙  先づ綱を挙  先づ領を挙  其二三を挙  観測所改造の挙に  復讐の挙が  復讐の挙を  声などが挙  秀逸一二を挙  奇観を挙  ちやんと挙が  うち数首を挙  十余句を挙  数句を挙  候暴逆の挙に  潮文閣を挙  幻惑するが如き挙に  破壊するの挙に  われわれの挙に  事を挙  名声を傷つくる挙に  自ら脱党の挙に  闕下に待つの挙に  辞職の挙に  苦むるが如き挙に  別人に似たるの挙に  棄つるの挙に  憲政党に引渡したるの挙を  過失を挙  其事実を挙  乞ふが如きの挙には  事実を挙  此の挙に  後者の挙に  勦討するの挙に  皇都脱出の挙に  先帝奪回の挙に  皇子奪回の挙も  人々を挙  人物を挙  一例を挙て  天下を挙て  今一例を挙  われらの挙を  ために挙  奪回するの挙にも  無謀な挙に  込みの挙に  者を挙  ところを挙  各個撃破の挙に  試みに挙  両の挙を  国司に挙  雅経朝臣の挙に  榎本氏の挙は  今回の挙は  先生咸臨丸米行の挙  悲鳴が挙  村重の挙に  無謀の挙に  徹底的糾弾の挙に  糾弾の挙に  啓かしむるの挙に  設るの挙  浮世絵板物展覧会の挙  目を挙  世を挙て  連想を挙  洋行の挙  われを疎んずる挙に  手を挙  防禦の挙に  一事を挙  無謀の挙を  余州を挙  ざるもの挙て  茶の湯を挙  本日の挙も  本日の挙は  道を採るの挙が  ただ一人此処に挙  甲を挙  空へ挙  疎外排斥するの挙を  

~ 挙[名詞]2
その挙  この挙  高く挙  大きな挙  更に挙  一向挙  かの挙  

複合名詞
挙つて  つて挙礼  挙杯先祝天皇寿  世挙つて引三味線  挙ぐる事  挙ぐ  国民挙つて議員  言挙  板挙  羽挙  歌人挙つて古今調  以上挙ぐる所  挙ぐべき妙齢  挙つた終局  挙ぐる  春挙さん  証挙  孔文挙  挙ゲテ遠征シ転運万里  挙人  挙人太爺  挙人老爺  結局挙人老爺  自身挙人老爺  晩挙人老爺  挙ぐる場合  旗挙  挙家  とり挙ぐる棟梁  挙つた  挙ぐる火  らば業挙らむ  一座挙つてこれ  挙揚  湯河板挙  紙鳶挙ぐる子供  銭舜挙風  挙レ首望二山端一  挙レ杯  岳鵬挙  一村挙つて寡婦  挙つて鬼  旗挙公演  苦楽座旗挙公演  ケン挙  一村挙つて此  挙ぐる能はず  挙つて座中  挙つて同人  挙ッ  七たび挙場  その後挙場  挙人中  挙頭空  春挙  挙ぐる能  の挙  挙ぐること  挙つて詩化  挙一  秀雅鮮麗ト挙ゲラレ  挙グ  挙賢才  挙ぐる時  薦挙  挙ゲテ  挙ゲテ以テ相属ス  挙ぐるもの  挙ぐべきであらう  国司挙任  挙ス  挙同行  挙足  挙つてこれ  ビジテリアン大祭次第挙祭挨拶論難反駁祭歌合唱祈祷閉式挨拶会食会員紹介余興  事挙  挙ぐべし  挙ぐべきことであります  国民挙つてこれ  以上挙ぐるところ  挙ぐること必要  挙ぐる文  挙ぐるところ  挙度さ  挙村円満  挙ぐべきかとも  挙族愁歎  挙ぐるよう  挙ぐと  張挙訟  挙豕  謀挙  丁挙人  挙ゲタ  御倉板挙  挙つて感歎  挙ぐる頃  挙家上京  旗挙以来  挙つて尽力  挙つて弥次馬  挙否  挙壁  挙つてヴォルテール  近年詮挙進途  恰度春挙さん  時春挙さん  陳仲挙  衛生状挙  挙子  挙ゲテ愁  挙レ事用  挙朝是  挙ぐる毎  遠近挙つて毎夜銀座  づ挙つたの  挙つて参加  市民挙つてこれ  言挙ぐと  赤松ラ挙ゲテ車駕  挙銃  



前後の言葉をピックアップ
居よ    居住まい  居場所  居屋敷      虚位    きょう


動詞をランダムでピックアップ
負か産み付け切崩す下げ渡さ永らえんなみだぐみ変っ書き散らしなる約める匂わしあなどりとがり洒落れる損ずとまっ見せ付け登りつめれつぐむ具わっ
形容詞をランダムでピックアップ
あたたかし穢かっ切な懐しくっ情深い余儀なかっおめでたかっねばい詳しゅうみよい善かれ気むずかしいちじるしややこしゅう安かっものものしいかしまし温くっおそろしけれ