「指揮」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

指揮[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
指揮をはじめた  指揮するフランス軍の侵入のためにそれを抛棄しなければならなくなり  指揮することを望んでいた  指揮のもとに演奏をつづける  指揮はできない  指揮をとって  指揮をしました  指揮を仰ぐ  指揮を取る  指揮されて  指揮を忘れた  指揮する飛行隊に追われ  指揮をした  指揮をとる  指揮しなくてはならず  指揮する弾圧によって殺された  指揮され  指揮の形式は西洋の傭兵時代に生まれた  指揮してゐる  指揮をわたしに任せて下さるなら  指揮かの合図がなければならない  指揮はいらざる  指揮を引受けて申出る  指揮されていた  指揮している  指揮の下に革船を一隻湖水に浮かべて  指揮して根絶やしにした  指揮して操練せしめ  指揮をする  指揮してこしらえた  指揮して枯木枯枝を集めさせ  指揮に従って合理的統整的行動を取る  指揮をしてください  指揮の矛を揚げましょう  指揮の大任をうく  指揮するのに困る  指揮することとなった  指揮をとっている  指揮とを与  指揮してゐたからである  指揮をしていたが  指揮していた  指揮にのぞむ  指揮も当然玄徳に帰していた  指揮して消火に奮闘した  指揮をあやぶんでいた  指揮に出た  指揮ができるか  指揮にあったという  指揮なすところの大江上戦を見物申さん  指揮に声をからしていたが  指揮につれて手を動かし  指揮をうけて  指揮ができると思うておられる  指揮を願うのに  指揮とわが蜀兵の力で破れなかったら  指揮を発し  指揮を仰いだ  指揮もあらばこそ  指揮は取るまい  指揮をかえたが  指揮となって  指揮を受けた  指揮して競走をやらせていた  指揮に任すべく  指揮して是迄悪行を累ねしが  指揮ですぐ腹部の釦鈕を開く  指揮の成田殿が亡くなれば  指揮に依り  指揮は遂にマルヌ会戦の結果となった  指揮を決意したが  指揮して地主高利貸警察署などを屠った  指揮にあたらなければならぬ  指揮し出す  指揮を事務長にやらせる  指揮する臨検隊を迎えた  指揮をとりながら  指揮などしてくれた  指揮をつづけていた  指揮したと云うが  指揮を執り  指揮を執って居た  指揮する所もあった  指揮をしたりして  指揮もやめます  指揮をして  指揮に当って  指揮に属し  指揮をしながら  指揮を待つ  指揮に当る  指揮に違背して  指揮をするという  指揮のもとにおかれる  指揮の下に奮戦してゐる  指揮して居る  指揮の巡査部長が大童の号令ぶりをみせた  指揮に当っとります  指揮がとれる  指揮をして居る  指揮して黒門口を攻撃した  指揮をしていた  指揮せられて  指揮して後方の敵に向うている  指揮さえ下したなら  指揮をとっていた  指揮をとっております  指揮してくだんの賊兵を逮捕せしに  指揮に従った  指揮する回天艦が乗りつけた  指揮にしたがって  指揮がなければ有効な作業は覚束ないことがわかつた  指揮に出でざるも  指揮は一変していた  指揮をしている  指揮に待つを  指揮をとってでもいる  指揮をくだすまで  指揮をとった  指揮をとらせた  指揮をつかさどっていた  指揮に布かれ  指揮をおくだしくださいまし  指揮を鮮やかにやってのけて  指揮を仰がねばならぬという  指揮する手腕が十分でなかった責任は当然彼の上にかかって来るからだ  指揮して攻撃したが  指揮いたしまいてござりまする  指揮を振る  指揮をあやまる  指揮とあっては  指揮のもとに就いた  指揮にまかせ  指揮のもとに全力をつくす  指揮がなッていない  指揮をかたく待てと  指揮はとりえないし  指揮したりした  指揮にあたっていたが  指揮に従ひ  指揮に従って突進しました  指揮をしていましたから  指揮は望月大尉がとる  指揮がはじまった  指揮をして下さい  指揮をするだけでも  指揮するために入れ  指揮いたしますので忙がしくって  指揮することになった  指揮をやらして  指揮して知辺を尋ねたが  指揮してるかもわからなくなり  指揮した方法にたいし  指揮にでる  指揮によってうごく  指揮をさずけてから  指揮する者を除いては  指揮にしたがい  指揮に当ったのみでなく  指揮させる  指揮の資格を以て播州へ入った  指揮で動き  指揮したり俳優の本読みする  指揮の腕を勇ましく打ち振つたり  指揮にもとづきながら懸  指揮の下に闘争する  指揮し演奏し  指揮をしてやる  指揮をとってる  指揮するままに場内に入って  指揮に及ばず  指揮は巧妙を極め  指揮する権威ある  指揮することのできぬ  指揮するためにときどきもどって行く  指揮に来てくれとの  指揮しに音楽会場へやって行かねばならなかった  指揮したところだと立札に書いてあって  指揮となれば  指揮する気勢が分明と手に取る  指揮に安んじていて  指揮はとらない  指揮してゐた  指揮して万端の座持をしてくれますから  指揮して街頭に立ち  指揮しながら騒ぎ立てる  指揮してその場の跡片附をしはじめた  指揮したと云う  指揮して居た  指揮されながら  指揮する力を持っている  指揮をうけずに  指揮してみたい  指揮して見たい  指揮して襲つてくる  指揮の下に行われ  指揮するモーツァルトに興味を持ったりしている  指揮して重要書類を保護させ  指揮することになっていた  指揮した田園交響楽は日本で初めて聴いた  指揮しはじめた  指揮から受けた  指揮する法王の絵入りポスターが貼られた  指揮して手早く右舷速射砲の装填を終わりたる  指揮にしたがう  指揮にしたがった  指揮する癖があった  指揮と見える  指揮し整理する  指揮と指導の性質にひきよせられ  指揮が出来るという  指揮にあたつて  指揮するようにいった  指揮のことでも随分こまかく観察している  指揮する人と自分で作曲する  指揮した義戦隊と云ふ  指揮によつて建築された  指揮していたらしい  指揮は今一等運転士がつかさどつてゐる  指揮に從つて勉強しないか  指揮とによって纔かに事無きを得た  指揮したりする  指揮の下に働く  指揮でここまで来ただけでも  指揮に奮立つ  指揮とに疲れ切つて  指揮を仰がねばならぬ  指揮して忙がしい  指揮もし  指揮してその製作に努めたに  指揮のもとに製作が始められる  指揮は決して受けぬ  指揮のとおりこれを削れ  指揮に従い働く  指揮を待つた  指揮に従って貨物の積降が  指揮しているらしい  指揮を受けましょう  指揮でいち早く救護隊を繰り出した  指揮をとっておられる  指揮をして走って行く  指揮に従って敏速な活動を開始した  指揮して堤防の処どころへ沙俵を積み木杭を打ち込ましていた  

~ 指揮[名詞]1
柔かに悶えさせて指揮  らを指揮  ナポレオンの指揮  ヴァインガルトナーの指揮  試演を指揮  ベートーヴェンの指揮の  君には指揮は  前で指揮  二等運転士が指揮を  ラスキン大尉の指揮  命をなげ出して指揮を  綿密な指揮を  動作の指揮を  所員に指揮  国王は指揮を  世話人が指揮  塩田大尉の指揮  局地ゲリラ戦の指揮を  婦人たちを指揮  これを指揮  実地作業を指揮  彼の指揮  日本人指揮者によって指揮  官軍を指揮  軍勢を指揮  女軍を指揮  苦力どもを指揮  軍隊を指揮  全体を指揮  リボンの指揮  作業の指揮を  通知か指揮かの  公卿様の指揮は  つて馬上に指揮  変つて遠征軍の指揮を  奥から呼び寄せられ指揮  人猿を指揮  ラシイヌ探偵の指揮の  信長が指揮  一世を指揮  兵隊を指揮  戦士を指揮  生徒を指揮  半ば舞台に指揮を  人民を指揮  召使を困りながら指揮  面々を指揮  指揮者の指揮に従って  発声の指揮を  火星探険団の指揮を  隊を指揮  アカグマ国攻略軍を指揮  攻撃戦を指揮  統制と指揮とを  日本人を指揮  ストラヴンスキイ自身の指揮  将軍が指揮  消火の指揮を  味方を指揮  万民の指揮に  ため軍の指揮も  劉岱の指揮の  大軍を指揮  一鼓六足の指揮を  百姓達を指揮  孔明の指揮を  孔明の指揮に  軍の指揮が  原爆作りを指揮  周瑜が指揮  進路を指揮  呉侯に代って指揮  生徒の指揮につれて  軍を指揮  大将の指揮の  孫権の指揮を  火星兵団を指揮  部団が指揮  火葬国建設の指揮を  丞相の指揮と  魏軍を指揮  手を指揮  備えも指揮も  三軍の指揮は  ボーイを指揮  勝見の指揮を  アブラ虫を指揮  消火区長として指揮を  騎兵師団の指揮を  総て我等が指揮  ゼラール中尉の指揮  伯爵夫人の指揮で  部下を指揮  二軍司令官に指揮  適切機敏なる指揮に  不徹底なる指揮は  舞台の指揮を  三軍の指揮を  兵力を指揮  遠征軍を指揮  暴徒を指揮  捜査の指揮に  男達を指揮  岸少尉の指揮  荷役の指揮を  案内者の指揮の  料理の指揮など  者を指揮  大将ぶって指揮  荷夫たちを指揮  荷夫を指揮  冷静な指揮を  軍配をふって指揮  それを指揮  勝家此処に指揮を  信孝包囲軍の指揮の  腰打かけて指揮を  突撃を指揮  臨時雇の指揮を  万事の指揮を  読経一切を指揮  雇人を指揮  ハウス大佐の指揮に  志免警部の指揮の  四人を指揮  荷物片付の指揮を  隊員を指揮  彼の指揮に  連合軍最高司令官の指揮の  傑物林権助の指揮の  精神生活を指揮  上から指揮を  帽子をかぶって指揮  署長の指揮を  屋外警戒の指揮に  完全に指揮が  係官を指揮  兵を指揮  オーケストラで指揮を  飛行艇の指揮を  全員を指揮  官兵を指揮  官僚に指揮  一手を指揮  先生の指揮の  武装隊を指揮  警部がかけつけて指揮を  自分が指揮を  先に立って指揮  ユウノフらを指揮  率先して指揮に  甲賀源内の指揮  のを指揮  マルタンは指揮を  モレロの指揮に  自ら乗船して指揮を  六波羅役人の指揮  本庄鬼六の指揮の  雲水を指揮  彼の指揮が  刑事残らず指揮  閣下の指揮に  僧兵を指揮  三軍を指揮  正成の指揮は  それからの指揮は  蔭の指揮を  どこかで指揮を  四条隆資が指揮を  通例作者の指揮に  土寇作戦の指揮を  一切の指揮を  上申して指揮を  徒士を指揮  仲時の指揮に  声で指揮を  進退を指揮  朝廷の指揮を  十数万を指揮  一隊を指揮  航海を指揮  独断にて指揮  段階へ指揮を  義貞の指揮の  兵隊を指揮を  尊氏の指揮  尊氏の指揮が  上将の指揮という  懸命な指揮の  統一のある指揮は  壮士を指揮  将士の指揮に  捜査の指揮を  四郎の指揮に  人数を指揮  老中の指揮  本営に指揮  大隊を指揮  私が指揮  防護団を指揮  地上の指揮を  あざやかな指揮が  警備隊を指揮  竜造寺隊長の指揮も  群集を指揮  口に指揮  半ば私くしが指揮  演奏会を指揮  彼の指揮の  音楽会を指揮  合唱団を指揮  下稽古の指揮を  土人を指揮  管弦楽を指揮  汗みどろになっての指揮  店員を指揮  一号艇上に指揮を  古谷局長の指揮の  何を指揮  エロイカを指揮  自分が指揮  管絃楽を指揮  楽団を指揮  同艦を指揮  ロングの指揮で  はじめ通詞らの指揮に  明快な指揮を  官兵衛の指揮  自身陣頭の指揮に  彼らの指揮で  権威をもって指揮  俳優を指揮  赤色労働組合の指揮の  速度で指揮  一幕を指揮  演奏を指揮  上り職工を指揮  処へ指揮を  機関銃隊を指揮  家来を指揮  せいとんを指揮  決闘の指揮を  藤村の指揮  留守師団を指揮  軍備を指揮  ラレイの指揮は  彼自らも指揮  行路を指揮  博労を指揮  浪人に指揮  音楽会を指揮に  下稽古を指揮  一方の指揮と  限りに指揮  老婆の指揮に  直接に指揮は  分隊を指揮  駒井船長の指揮を  船夫を指揮  婦人を指揮  女の子を指揮  操舵を指揮  艇尾座にいて指揮  火消人足を指揮  塗込作業を指揮  工手を指揮  篠原と共に指揮  自ら刀を揮って指揮  それぞれ部隊長に指揮  兵卒に指揮を  一個小隊を指揮  店主の指揮を  兵士を指揮  竹田屋人足を指揮  アルセーヌ・ルパンの指揮の  トスカニーニの指揮  警官を指揮  教職員を指揮  田園交響楽などを指揮  序曲を指揮  ワインガルトナーの指揮  レオノーレを指揮  カルメン夫人の指揮から  大砲を指揮  砲員を指揮  クロクロ島を指揮  カルメン・ワインガルトナー夫人の指揮  富士男の指揮に  翌日主任バクスターの指揮の  建造を指揮  艦隊の指揮を  武田大佐の指揮を  裏面にあって指揮を  同心佃三弥に指揮  大江山捜査課長の指揮の  先頭に立って指揮を  地底戦車の指揮を  わしが指揮を  井田一郎の指揮が  奏楽を指揮  娘たちを指揮  給仕人を指揮  実行生活を指揮  フロレンスの指揮と  オーケストラの指揮が  乾坤一擲の指揮に  ベッドから指揮  蜂谷艇長の指揮  それで指揮  人が指揮  衆徒の指揮の  藤島政之進が指揮  隠元の指揮によ  合奏を指揮  船の指揮は  船の指揮を  僕の指揮に  判断と指揮とによって  指導も指揮も  班長の指揮の  隊の指揮を  赤烏帽子を指揮  カークの指揮で  鷹揚に指揮  至尊の指揮に  雇人等の指揮とに  バンドの指揮も  徒弟を指揮  思託の指揮の  とも人の指揮は  親方の指揮の  呉清源は伺ひを立てて指揮を  群羊を指揮  土方歳三が指揮を  貨物掛等の指揮に従って  彼の指揮によって  臺所を指揮  台所を指揮  人造人間部隊を指揮  部長先生の指揮を  全般の指揮を  泰山院長の指揮で  ように指揮  弁天松代の指揮  男共を指揮  ルパンの指揮に従って  計画し指揮  人夫を指揮  

~ 指揮[名詞]2
この指揮  その指揮  にわかに指揮  優に指揮  どんな指揮  いろいろ指揮  とかく指揮  単なる指揮  早く指揮  つよい指揮  専ら指揮  いつも指揮  すぐ指揮  わが指揮  やはり指揮  

複合名詞
指揮官  舞台指揮者  指揮者  指揮台  指揮下  ラスキン大尉指揮  指揮官警部  塩田大尉指揮  指揮権  日本人指揮者  指揮単位  戦闘指揮単位  指揮官フェレラ  指揮いかん  指揮どおり  オーケストラ指揮者  指揮者デニー博士  自ら舞台指揮  指揮すべて  警部補指揮  みずから指揮  自ら指揮  自身指揮  指揮者タリシ以來現代民主國  天皇ニ指揮セラレタル全日本國民  輸送指揮官  指揮等  会戦指揮方針  会戦指揮  射撃指揮  指揮法  自然会戦指揮  指揮機関  企て自ら指揮  指揮杖  舞台指揮  指揮役  指揮剣  指揮官たち  捜査指揮  万事指揮  我指揮  指揮命令  指揮計画者  前線指揮処  大月大佐指揮  戦闘指揮所  指揮者江戸昌  指揮シテ瓊筵ニ  一日中指揮者  指揮刀  指揮者たち  指揮代り  指揮監督  イタリー指揮官  陣頭指揮  指揮者オッペルト  指揮将  指揮ぶり  指揮方  公卿指揮者  指揮者たる  むるものは指揮者  指揮的態度  射撃指揮手  地上指揮所  指揮所  指揮官望月大尉  デミル指揮  ため指揮台  指揮ひとつ  リバプール防諜指揮官ライト大佐  エタ年寄指揮  エタ頭下村勝助指揮  指揮統率  騎兵隊指揮官  親衛指揮官  指揮官勝麟太郎  自ら指揮これ  万事指揮これ  左翼隊指揮官斎藤  戦闘指揮  総督九州大名指揮  指揮室  テディ大佐指揮  軍指揮者  婦人指揮者  兵隊整列指揮  指揮官野津大佐  指揮振り  山口教諭指揮  幽霊指揮官  幽霊指揮官どの  指揮官どの  指揮官マック大尉  一つ指揮官  指揮機  編曲指揮  音楽指揮マルコム・サアジェント博士  国民軍指揮官  受持指揮者  管営指揮使  吏指揮  三指揮者  図指揮  最高指揮者  直接指揮  作者自ら舞台指揮者  指揮官ゴンゴラ大将  指揮官部  ら指揮  指揮塔  指揮塔内  



前後の言葉をピックアップ
  四季  志紀  四季咲き    敷か  敷き  志貴  史記  じき


動詞をランダムでピックアップ
売り飛ばそがんばっつみあげつれよ浮べる行き詰ら説き伏せよ骨折れ蔑むゆっ引き締める逃がさそそぐ労すれたしなん落ち行く知ん達すれさぐりあえうつぶせる
形容詞をランダムでピックアップ
低けりゃりりしく偉くっ苦々しかっ良う辛気臭かっおっきい麗々し虚しけれやにっこい拙くっ誇らしい汚らわし四角い長かっ面白奥深い厚かましい赤から