「拵え」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 拵え[動詞]
噴水からアグリッパの拵え  納豆の拵え  道楽半分に拵え  文句迄拵え  皆私が拵え  精進物を拵え  蒲団のごとく拵え  絹で拵え  拳を固く拵え  茶碗を拵え  ように拵え  籠を拵え  大根卸を拵え  大根おろしを拵え  朝飯だけ拵え  辰代の拵え  幕、そういったあまりに拵え  自分の拵え  幾つか拵え  主人が拵え  情婦を拵え  根城を拵え  兎に角半紙一枚刷りなりとも拵え  冊子を拵え  震災版を拵え  応急的に拵え  ワナが拵え  座敷は拵え  二戸前も拵え  彼の拵え  枠を拵え  どら焼を拵え  目さきを変えて、拵え  饅頭を拵え  カバンを拵え  目的で拵え  オムレツでも拵え  大分ちがうから拵え  子供を拵え  紙屑を拵え  人間を拵え  蝮を拵え  服屋で拵え  金属で拵え  温室を拵え  子供まで拵え  いくら馴染みになっても決して借を拵え  着物を拵え  ふうに拵え  無理に拵え  作業場が拵え  自分が手ずから拵え  ものを拵え  薬を拵え  ちゃんと逃道を拵え  用事を拵え  賢太郎が拵え  知恵で拵え  荒板を打ちつけて拵え  紙で拵え  自分で拵え  中心として拵え  人工で拵え  実で拵え  柩を拵え  植物園に拵え  床を拵え  下物を拵え  口を拵え  金を拵え  叔父に拵え  ために拵え  丹精して拵え  家で拵え  叔父さんにまた拵え  叔父さんが拵え  それを拵え  好奇に拵え  物と言って拵え  弁当を拵え  自家で拵え  路費を少しばかり拵え  身装を拵え  からお袋が見立てて拵え  お前これから帰んで、一寸拵え  傑作を拵え  鞦韆を拵え  段々を拵え  感興などは、いわば拵え  なんのと言い拵え  札を拵え  印刷局で働いて、拵え  贋紙幣を拵え  紙から特別に拵え  手で拵え  帳面を拵え  揃に拵え  世界を拵え  道徳観を拵え  切り傷を拵え  囲いを拵え  林間学校を拵え  ため私が拵え  贋金を拵え  生簀を拵え  五目鮓が拵え  お前の拵え  壊れた椅子を切り縮めて拵え  寝床を拵え  旅費を拵え  とき、拵え  農具を拵え  扮をして、拵え  売物ばかり拵え  床が拵え  翫具を拵え  資本を拵え  作が拵え  支柱が拵え  特殊部落を拵え  つけ用を拵え  処を拵え  影を拵え  御馳走を拵え  襞を拵え  明るみを拵え  こっちで拵え  考えがあるで、さっそく拵え  支那蕎麦を拵え  葱で拵え  時台所へ出て拵え  鍋にうんと拵え  女中たちの拵え  長襦袢を拵え  茶椀蒸を拵え  泥で拵え  びらを拵え  車を拵え  ものは、拵え  目論で、あたじけなく拵え  貴方のと同じに拵え  料理人の拵え  暖室を造って、拵え  様に拵え  自発的に拵え  役割を拵え  人間の拵え  飴細工を拵え  方を拵え  計画を拵え  穴を拵え  ところを拵え  私方で得て拵え  石で拵え  抽象的に拵え  建築社を拵え  転手でわざわざ拵え  もので拵え  大夫様に申し上げて拵え  密夫を拵え  から握飯を拵え  書付を拵え  溜りを拵え  手形を拵え  団子を拵え  肴を拵え  脚半も拵え  笈摺も拵え  笈摺を拵え  い家を拵え  家を拵え  巧く拵え  荷を拵え  箱を割って拵え  設計図を拵え  道を拵え  借財を拵え  幾人子供をお拵え  子供を沢山拵え  豊富に拵え  子供ばかり拵え  無理にも拵え  相当に拵え  服装を拵え  誰かの拵え  時には、拵えてやっても、拵え  底をはたいて拵え  独りで拵え  アリバイを拵え  見世物を拵え  女を拵え  酒を拵え  証拠立てをして拵え  別に嘘を拵え  財産を拵え  そうに拵え  真似をして拵え  薄もので拵え  筏を拵え  欣ばしたいばかりに拵え  櫓を拵え  何かで拵え  増に命じて拵え  うまい物でも拵え  物を拵え  糸をすき直して拵え  巣を拵え  借金を拵え  道具を拵え  居場所を拵え  肴でも拵え  目を拵え  自分も拵え  雰囲気を拵え  菜園を拵え  友達を拵え  時間を拵え  父が拵え  萩などを拵え  生涯父から着物を拵え  話だが、はたして拵え  店を拵え  弁当も拵え  皮で拵え  笛を拵え  手帳を拵え  草履を拵え  焼け穴でも拵え  品とて拵え  病床日誌と金銭出納簿とを拵え  碧梧桐君などと共に拵え  カケを拵え  狐南蛮を拵え  ゆを拵え  何か拵え  足払いと名づけて拵え  小径らしく拵え  着物なんぞ一向拵え  赤ちゃんまで拵え  池を拵え  幅を拵え  テーブルを拵え  廃物をもって拵え  腹を拵え  鎧を拵え  二通りに拵え  袋を拵え  身なりを拵え  内で拵え  身上を拵え  着物を着せたいと思っても、なかなか拵え  菜でも拵え  こないだ仲町で拵え  洋服を拵え  封じ目を拵え  炬燵が拵え  お捻りを拵え  木戸を拵え  はたきでも拵え  ここまで拵え  百円だけ拵え  細引を拵え  凧糸を拵え  唇が拵え  足袋から下駄まで、そっくり拵え  断りなしに拵え  沙汰無しで拵え  奴もなかろう、拵え  浴衣を拵え  つゆを拵え  部分品を拵え  暇にまかせて拵え  一室を特に拵え  どこかに拵え  醵金して拵え  花束を拵え  時に拵え  溝渠が拵え  味噌汁も拵え  あすこへ拵え  好みで拵え  ホテルを拵え  はりを拵え  私は拵え  菱屋で拵え  三千円だけでも拵え  至急二百円ばかり拵え  名前とがまるで拵え  如何ほど拵え  お母さんがよく拵え  お母さんが拵え  つもりで拵え  とげを拵え  覗眼鏡を拵え  誰が拵え  丹念に拵え  樅で拵え  大胆に拵え  土で拵え  何んでも拵え  熊手を拵え  場合に拵え  成立に際して拵え  狆を拵え  苦心して拵え  苞を拵え  形を拵え  矮鶏を拵え  大仏を拵え  張り子で拵え  大仏さんでも拵え  小屋を拵え  形で拵え  仕掛けを拵え  何を拵え  輪などを拵え  鼻筋を拵え  きまりを大握みに掴んで拵え  胸などのふくらみを拵え  顔を拵え  仕事部屋も早速拵え  学校で拵え  料理を拵え  ことを拵え  水戸黄門卿が数多拵え  四年前に拵え  製造場でも拵え  私を拵え  これもいつの間にか拵え  襤褸で拵え  口実を拵え  別に口実なんか拵え  所を拵え  図面を拵え  ご馳走を拵え  赤ん坊を拵え  耕地を拵え  あたいに拵え  切れを集めて、こんなに拵え  着物地で拵え  刀掛を拵え  七人分ほど拵え  身なりに拵え  残酷に拵え  暴力団を拵え  名義を拵え  米国人の拵え  炊あて握りままに拵え  二十両、どうにか拵え  汁なんか拵え  周りに拵え  鼻緒を拵え  亭主の拵え  馬鹿を為て拵え  桟橋を拵え  祭壇が拵え  新種を拵え  女の拵え  銀貨まで拵え  布で拵え  ところに拵え  彼は拵え  用を拵え  それは拵え  火燵を拵え  渦巻きを拵え  桶を拵え  これはこうして拵え  家庭で拵え  西洋菓子を拵え  鉄板で拵え  箱を拵え  牛乳料理を拵え  汁を沢山拵え  鮨はどうして拵え  鮨に拵え  魚で拵え  サンドウィッチを拵え  マイナイソースを少し固く拵え  自宅からサンドウィッチを拵え  ライスカレーの拵え  ハイ一度拵え  面倒だろうと思って拵え  汁を拵え  のはどうして拵え  肉料理を拵え  身で拵え  和女の拵え  余分を拵え  豚料理を拵え  下宿屋生活でも一度拵え  モット美味しく拵え  品物を美味しく拵え  梅干あえを拵え  自分で残らず拵え  何でも沢山拵え  豆腐を拵え  汁をお拵え  シチュウを拵え  三日もかかって拵え  御馳走を沢山拵え  汁物を拵え  スープの拵え  味を美味しく拵え  プデンを拵え  カスターソースを拵え  風に拵え  一つ上等に拵え  親切に拵え  不親切に拵え  白ソースを拵え  柿ナマスを拵え  ハイ何でも出来るだけ沢山拵え  品数を沢山拵え  汁を美味しく拵え  から宅でも拵え  今度ジャムを拵え  薬だと申しますがどうして拵え  トマトソースを拵え  プデンも早速拵え  味噌を拵え  毎日少しずつ使ったら少しずつ拵え  割合で拵え  手打蕎麦を拵え  から家で拵え  パイを拵え  下女に拵え  バターで拵え  脂で拵え  ラードで拵え  上で手速く拵え  パテーなんぞを拵え  故か拵え  皮は一度拵え  皮だけ拵え  二度はお拵え  モット大きく拵え  皮も是非拵え  処は何で拵え  パイばかりは拵え  上手にお拵え  贋物が拵え  誰かが拵え  旗に拵え  男でも拵え  部屋も拵え  工場で拵え  僕に拵え  全速力で拵え  伯父さんの拵え  あとから草鞋をどっさり、拵え  贋物でも拵え  幾つも拵え  木目といい、どう見ても拵え  人から思えばちっと拵え  一人ぐらいは拵え  新規に拵え  捌口を拵え  蒲鉾だけは拵え  茶屋で拵え  たまを拵え  上手に拵え  檻を拵え  御馳走して上げようとして拵え  人の拵え  木で拵え  弓を拵え  たんねんに拵え  物は愛せざるをえない、偽って拵え  日本服を拵え  三人あつまって拵え  擂鉢に拵え  ここは広く拵え  見本を拵え  型に拵え  男を拵え  手紙を拵え  卵酒を拵え  資を拵え  商人が拵え  間自分で拵え  一ヤードずつ、拵え  帽子を拵え  混合物を拵え  火を拵え  此方で拵え  水揚水車を拵え  水揚げ水車が拵え  力で拵え  物で拵え  物語を拵え  キントンを拵え  足掛りを拵え  友達は拵え  中で拵え  線路を拵え  竹で拵え  手袋を拵え  天狗様が拵え  忘れ物を取りになど拵え  場所を拵え  膳を拵え  気まぐれに拵え  三つ組を拵え  お鈴が拵え  人たち、働けば拵え  おやすみになりますの、折角拵え  いいかげんに拵え  泥をこねて拵え  偽札が拵え  偽札は拵え  一ヶ所だけ拵え  鈎裂を拵え  隠れ忍んで、ようよう拵え  釘で拵え  人体を拵え  作者が拵え  人造人間を拵え  中途半端に拵え  定義から物を拵え  確かに拵え  船尾に拵え  船布とで拵え  フリントが拵え  お前さんの拵え  女は笑いながら、しかし拵え  森田が拵え  肥料を拵え  成心あって拵え  処女を拵え  炬燵を拵え  気兼ねとを拵え  作品を拵え  無理算段して拵え  何か、いくら拵え  今が拵え  よけいに拵え  原稿用紙を、わざわざ拵え  職場を拵え  繩梯子を拵え  組合を拵え  足がかりを拵え  庇を拵え  玉を拵え  鞭を拵え  柏餅だけは拵え  一生懸命に働いて拵え  港を拵え  田地を拵え  席を拵え  のを拵え  からば二十五ガルヴァルはというと、それだけなら何とか拵え  幾年かを費して、拵え  印を捺して拵え  自分が拵え  劇場が拵え  閹人を拵え  勝軍して一層多く拵え  名を拵え  二僧を拵え  靴一足を拵え  話を拵え  おもちゃばかりを拵え  おもちゃを拵え  自然としか思えぬならば、拵え  巧妙に拵え  毎度佐藤氏が拵え  記念に拵え  折角人の骨折って拵え  十二神に配して拵え  茶を拵え  自分から進んで拵え  鴫焼を拵え  汁のとを拵え  ぶんの拵え  時間表を拵え  私着物を拵え  今まで拵え  アイスクリームを拵え  幾つもの風呂敷包みを拵え  折角苦辛惨澹して拵え  東京とは少し拵え  卒塔婆を拵え  勘定書きを拵え  代りなど拵え  時ア私がどうともして拵え  母親の拵え  手荷物を拵え  指輪に拵え  それが拵え  網を拵え  出崎を拵え  まむしを拵え  拳骨を拵え  おれが拵え  路として拵え  手数をかけて拵え  人間として拵え  規則を拵え  デザインで拵え  二升釜に拵え  新たに拵え  狐を拵え  枕を急いで拵え  被布を拵え  祖父様が拵え  架空的に拵え  舟を拵え  注文で拵え  着物などを拵え  型を拵え  あなたの拵え  材料を使って拵え  図案は拵え  空洞を拵え  阿賀妻の拵え  あんたが拵え  あたしが拵え  溝を拵え  すぎを拵え  塩水を拵え  塚を拵え  弓矢を拵え  竹馬を拵え  方で後で拵え  オロで拵え  シナガハリを拵え  現実を拵え  奴を拵え  会社で拵え  形に拵え  汁をいっぱい拵え  費用はどうして拵え  昔軍人の拵え  他の拵え  技師の拵え  頭で拵え  中にわざと拵え  小舎を拵え  のばかりで拵え  竈が拵え  棚を拵え  支柱を拵え  茂みを拵え  自分達の拵え  外套を拵え  炬燵でも拵え  材料をできるだけ拵え  いくつも拵え  菜園が拵え  フランスパンを拵え  ことであろう、たいへんに受けて、拵えても拵え  売れ残りを拵え  次第で、拵えても拵え  菓子を拵え  丸太で拵え  四つ目垣が拵え  電気器具を拵え  四足が拵え  広場に拵え  火鉢だってなんだって、拵え  落葉塚を拵え  本をお拵え  本も拵え  人が拵え  切抜きを拵え  子供なんて拵え  他人からクスネたこうじで拵え  裁縫師に拵え  住居を拵え  金紙で拵え  珊瑚で拵え  着物一枚さえ拵え  穿くつもりでわざわざ拵え  構が拵え  もっとずっと安く拵え  健三は新らしく拵え  壁を切り抜いて拵え  からね、わざと小さく拵え  洋服屋で拵え  ノートばかり拵え  半紙を割いて小撚を拵え  蕎麦湯を拵え  俺が拵え  滝は既に拵え  カクテルを拵え  梗概などを拵え  寝所を拵え  植込みが拵え  他人に拵え  それも拵え  各地で拵え  技で拵え  別に汁入も拵え  品を拵え  ものが拵え  棕櫚で拵え  小型も拵え  甕を拵え  御幣餅を拵え  餅を拵え  君を拵え  護身用だと云って、拵え  蝶番もて拵え  翻訳機関でも拵え  洋服なとなんなと拵え  護謨ででも拵え  情夫を拵え  情婦でも拵え  笑靨をなくしたり拵え  小座敷が拵え  砲台を拵え  渦を拵え  小さな運動グループを拵え  グループを拵え  月賦で拵え  俥まで拵え  団子なと拵え  アノ凹込を拵え  草角力に出るので拵え  水溜りを拵え  用心に拵え  偶像を拵え  じゃあねえけれど、拵え  合鍵は拵え  一切経を拵え  しかも拵え  日本で拵え  新聞を拵え  三四年前に拵え  機械を拵え  枕頭で拵え  女中が拵え  輪を拵え  それを手早く拵え  丸薬を拵え  なかった村を新しく拵え  おらが拵え  味噌汁の拵え  春着を拵え  一つも拵え  合同うどんを拵え  芸術で拵え  揚げ豆腐に拵え  飛竜頭に拵え  明日までには是非拵え  総菜を拵え  かねが拵え  肴も拵え  洲などを拵え  夫婦を拵え  花環を拵え  地圖を拵え  台座を拵え  砂を掘って拵え  僕が拵え  表にまで拵え  お粥を拵え  ものをちらりと拵え  対方を拵え  曖昧に拵え  即席に拵え  空洞で、拵え  僕、如何しても拵え  一切自分で拵え  お前を拵え  から早く拵え  凧でも拵え  目的を拵え  人工的に拵え  直ちに氷嚢を拵え  勝手に拵え  小説を拵え  雑誌を拵え  住居が拵え  別に住居を拵え  用意に拵え  羹を拵え  妹が拵え  高等官一等を拵え  二等を拵え  博士を拵え  形式を拵え  ところですが、もしそうするとせっかく拵え  雛形を拵え  学者の拵え  さまざまに言い拵え  内密で、拵え  砲弾を拵え  枕木を黒く焼いて拵え  蔵を拵え  小使をして拵え  オランダ麻で拵え  場所がいるなら拵え  馴染などを拵え  名前を拵え  銭を拵え  借りを拵え  あなたが拵え  大層早く拵え  船を拵え  うまいが、拵え  小さな作業所をどっさり拵え  下に拵え  母親に拵え  火爐を拵え  草を買って拵え  規則は拵え  時間はいくらでも拵え  遠州流はどうもちっと拵え  寄切で拵え  手柔らかな、纏めやすく拵え  子供は拵え  教科書用に拵え  窓掛を拵え  薬局生が拵え  台を拵え  包に拵え  竹楊子を拵え  五目寿司を拵え  着換場を拵え  相手に拵え  宅で拵え  蒸溜して拵え  機会を拵え  原因を拵え  今夜中に拵え  宿へでもそう云って拵え  ものを沢山拵え  食物を拵え  うちに拵え  針金で拵え  誰も知らないうちに拵え  おはぎを拵え  田舎風になって居り、折角拵え  前に拵え  詩を拵え  一つ、拵え  夢まで拵え  背広を拵え  児を拵え  五もくを拵え  正副二枚だけ拵え  模品を拵え  一年かかって拵え  狆なども拵え  匙を初めて拵え  寄木にして段々に積み上げながら拵え  鑿を拵え  米原雲海さんが拵え  父の拵え  原型を拵え  人から頼まれて拵え  無数に拵え  ところは拵え  輸出物を拵え  無尽を拵え  何でも拵え  真面目に拵え  人々の拵え  私の拵え  玉乗などを拵え  背広など拵え  父から金を拵え  風に考えながら拵え  数は沢山拵え  自分勝手に拵え  赤星さんのを拵え  成瀬仁蔵先生を拵え  首は随分拵え  民間で拵え  泥で押えつけて拵え  次から次に叩いて拵え  積りで拵え  期間に早く拵え  夢中になって拵え  ようになって拵え  自分で彫って拵え  聖徳太子を思いながら拵え  意義を目指して拵え  気持で拵え  彫刻を拵え  

名詞

拵え[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
拵えはしたが  拵えで置ぎしから  拵えにかかっていると  拵えがいかにも風変りに旧式なところがあって  拵えがすんでから急に帰って来た  拵えになったので  拵えにかかったくらいだから  拵えにと言って  拵えなどは上品にして  拵えを直しに遣った  拵えにかかっていた  拵えを直そうと思っている  拵え上げられた  拵えの黒塀に薄り立ち  拵えが行われている  拵えに扮装されるまでの  拵えをされた  拵えのついた  拵えのある  拵えをかえて  拵えは掃いて捨てるほど転がっている  拵えも自慢になる  拵えの大小一腰が現われました  拵えで柔和しい  拵えなどして  拵えは命じてある  拵えなすって御覧なさい  拵えになる  拵えになった  拵えになりますか  拵えなすっても沢山出来て  拵え足して行って  拵えにならない  拵えの太短い矢を拾っては  拵えであったと申します  拵えで見るがね  拵えで見ても  拵えだったに曹操急に疑うて  拵えを直させるよ  拵えで再びその茶屋の門に立った  拵えについて注意した  拵えさえすれば  拵えもしない  拵えに出来あがっている  

~ 拵え[名詞]1
独力で拵えは  薬も拵えで  菓子の拵えに  全身の拵えが  古式蒼然たる拵えの  正ちゃんが拵えが  質素なる拵えにて  金を拵えにと  形の拵えなどは  印刷所を拵えに  田舎帰りという拵えの  内の拵えは  差し料に拵えを  図面を引かれ拵え  雪女は拵えの  変化の拵えが  変化の拵えに  変化の拵えを  ものや拵えの  恥かしからぬほどの拵えの  刀や拵えは  これだけの拵えも  のは拵えの  刀の拵えを  姿の拵えが  団子を拵えなど  人を派して拵えは  それらしい拵えの  贅沢な拵え  箱樋でも拵えで  堰を拵えで  われらを饗する拵え  僧庵とも云いたい拵え  ときして行った拵えについて  御殿女中の拵え  種を拵えさえ  理屈を拵えていう  ような拵えは  切下げ髪という拵えに  

~ 拵え[名詞]2
どうしても拵え  いかめしい拵え  堅い拵え  同じ拵え  

複合名詞
拵え方  拵え話  拵えもの  一人俄拵え  拵えかた  食べもの拵え  食べ物拵え  鉄拵え  金拵え  根拵え  木拵え  拵えたて  食事拵え  旅商人拵え  旅拵え  蝦夷拵え柄曲  拵え物  別拵え  まま拵え  上拵え  弁当拵え  拵えもん  拵えよう  副食物拵え  食物拵え  銀拵え  拵え言  田圃拵え  万事万端拵え物  膳拵え  すべて拵え物  ボンヤリ拵えもの  拵え衣服  拵え声  拵え拵え  拵えかけ  



前後の言葉をピックアップ
古称  小正月  古色  コショー  腰弱  こしらえ  拵え  拵えよ  拵えれ  拵えん


動詞をランダムでピックアップ
問い合せれ立並べ呼ばわれふくらせるおおい立ち直ろ召上がれ老いれおしかけ組み伏せうらがれまにあっ薙ぎ払い沸き傷つけよ掘り下げる訪れよ
形容詞をランダムでピックアップ
目覚ましくあしかれ回りくどい白白しいくすぐったくこだかあだっぽく苦々しく下らなややこし口喧しい余儀なきなう手あつ堪え難かっやすくっほどよく賢きものものしいぽき