「拙」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 拙[形容詞]
気拙  才拙  途端拙  今夜拙  かく拙  ない拙  何だか拙  そもそも拙  工業拙  少々拙  根拙  ば拙  如何に拙  一番拙  蕪拙  ウルハナオ拙  かえって拙  清拙  ニ拙  寧ろ拙  甚だ拙  いと拙  一拙  此一拙  早う拙  つと拙  なんぼ拙  ただいま拙  どうか拙  ことごとく拙  愚拙  誠に拙  最も拙  劣拙  ちょっと拙  運拙  且つ拙  卑しく拙  そんなに拙  嘗て拙  却って拙  歌拙  至って拙  齋藤拙  養拙  多少拙  とても拙  万事拙  川上拙  功拙  版拙  まずい拙  運命拙  余りに拙  武運拙  尤も拙  曽根拙  徒に拙  特に拙  つて拙  

~ 拙[形容詞]
俗人は拙  結果で拙  私の運命の拙  私の拙  さと拙  鳥は拙  のが拙  自分の拙  方が拙  工業の拙  文は拙  むるは策の拙  道には拙  武運の拙  業が拙  某々二氏が拙  我が身の拙  武運や拙  技巧の拙  わが身の拙  彼の拙  むかしを拙  要領の拙  技の拙  のは拙  これは拙  僧は拙  操に拙  運命の拙  大意を拙  それは拙  なによりも拙  ところは拙  無策の拙  身の拙  ついでに拙  一に拙  せりふの拙  芸の拙  歌は拙  極端と拙  巧と拙  巧とも拙  今の拙  そこは拙  漢人の拙  世間には拙  写真技術の拙  計も拙  口真似が拙  会話に拙  使い方が拙  行為の拙  目にも拙  手も拙  遥かに拙  通りに拙  為故と拙  わたくしは拙  別紙白峰の拙  三報へ拙  南方先生已下は拙  画の拙  務めは拙  字の拙  神作の拙  毛筆に拙  方は拙  余が拙  手蹟も拙  さや拙  技巧が拙  人間の拙  これほど拙  我ながら拙  小説は拙  私は拙  巧詐は拙  左の拙  ことは拙  万事は拙  老婢の拙  当時の拙  其文の拙  それというも拙  代りには拙  多年苦心の拙  我身の拙  歌の拙  頃は拙  

[形容詞]
拙さ  拙句  拙にして敏捷  拙が一  拙が腕  拙がちょっと  拙などはひそか  拙僧  拙ら  拙吟  拙陋  拙なるもの  拙なる者  拙なるは半分  拙譯  拙は文学  拙なかった  拙訳  拙ずい  拙寓  拙ですよ。  拙ナリ  拙なる戦法  拙派  拙儀  拙堂  拙なか  拙な言葉  拙の一  拙を笑い得るの機会  拙字  拙が溢れてゐると思ふと答  拙を笑  拙なげながら音  拙を守  拙が仙  拙に冷汗  拙がひとり  拙は蔵前  拙老  拙進  拙な山水画  拙から  拙手  拙なのは  拙は藏  拙を藏  拙を告白  拙の気象  拙稾  拙もこれ  拙ニ  拙藩  拙の人種  拙の極端  拙との中間  拙とも申し兼  拙は酢  拙な薄墨  拙も近ごろ  拙の身  拙の柄  拙の  拙を守ると云う人  拙講  拙な花  拙などの医道  拙が神奈川  拙である  拙が家  拙な私  拙なもの  拙なん  拙尼  拙歌  拙齋  拙画  拙考  拙註  拙妻  拙見  拙の手製  拙毫  拙がつて  拙惡  拙なから  拙道  拙なのだ  拙ずく  拙以  拙答  拙の文  拙ヲ  拙案  拙話  拙な声  拙でも云  拙なる丈  拙な詩  拙蔵  拙為  拙を養うにのみ力めているわたし  拙なること  拙ながらも和  



前後の言葉をピックアップ
ツタコトガザンネンダ  ツタコトガナイ  つたっ  伝っ  ツタトホリナンデスモノネ  つたな  拙い  つたない  拙う  つたなう


動詞をランダムでピックアップ
ゆで伺えれ和らぎ毀し措くだきつくのりだすふさい派し切り廻し踏出す見透すふみにじ割れ取り留め蔑んきおいたた取り纏めるこわす
形容詞をランダムでピックアップ
油っこく手強きむつまじき暗けれあさまし忙しなしいたし賑わしき悦ばし眩くつよかっ物すごかっやさしい潔いほしきあぶらっこい淋し久しい恥しかろ善し